シリヤの聖イサアク全書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


目録[編集]

苦行的説教[編集]

第一説教 つる事及び修道士の生涯 / 1p

第二説教 神に感謝することならびに初等のおしえ簡短かんたんなる説明。 / 11p

第三説教 霊魂は世慮せいりょに遠ざかりて沈黙するならば神の叡智と神の造物をたやすく認識するに至らんけだし其時そのときは己の性と己の内部に隠るる宝とを認識するを得るなり。 / 22p

第四説教 霊魂の事慾の事及び智の浄潔の事についての問答。 / 25p

第五説教 感覚の事あわせて誘惑の事。 / 33p

第六説教 主宰が尊威の高きより人間の弱きにくだたまふ仁慈の事及び誘惑の事。 / 41p

第七説教 自由なる罪と自由ならざる罪の事、及び場合に依り犯す罪の事。 / 45p

第八説教 衰弱して怠慢なる人々より己を守りて自省すべき事、彼等と親むにより怠慢と衰弱が人に主となりて、種種なる不潔の慾に充たさるる事、放蕩なる思念を以て心を汚されざらんがため少年と近づくより己を守るべき事。 / 50p

第九説教 新進修道士の秩序、及び規則、及び彼等に適当なる行為の事。 / 60p

第十説教 聖なる人々の記事、及び彼等が聖なる訓言と奇異なる生涯。 / 65p

第十一説教 高老なる老人の事。 / 67p

第十二説教 他の老人の事 / 70p

第十三説教 ある兄弟けいていの問。 / 72p

第十四説教 詰責きっせきを受けたる一兄弟いちけいていの事。 / 74p

第十五説教 第十五説教 黙想の種々なる卓越の事、けんの事、及び祈祷きとうの各種類に対して智はその活動を起すに幾何いくばくけんあるか、祈祷きとうには如何なる界限かいげんを天然に与へらるるか、汝は如何なる界限かいげんまで祈祷きとうを以てねがふのけんあるか、その界限かいげんゆれば汝がおこなふ所は祈祷きとうづけらるるといえど最早もはや祈祷きとうにはあらざる事。 / 81p

第十六説教 清潔せいけつなる祈祷きとう。 / 82p

第十七説教 物の記憶を以て喚起せらるる肉体の念を離れて深く直覚に入らんをたずぬる霊魂の仮定かてい。 / 92p

第十八説教 無形体なる者の本性を観察するについて問答。 / 98p

第十九説教 主日しゅじつの事及び「スボタ」の事に関する理論の標準及びその比喩的意義。 / 105p

第二十説教 常に庵中あんちゅうに居りて独り己を省みんと決心せし者にもっとも必要にしてもっとも有益なる日々の想起。 / 109p

第二十一説教 種々しゅじゅなる事項についての問答。 / 111p

第二十一説教の一 / 111p
第二十一説教の二 / 122p
第二十一説教の三 / 129p
第二十一説教の四 / 142p

第二十二説教 わくを恐るる身体は罪の友となる。 / 150p

第二十三説教 黙想を愛する一兄弟いちけいていつかわす書。 / 152p

第二十四説教 同胞にして同教なる兄弟けいていつかわす書。彼は世に居りてイサアクにはんと欲し、そのきたらんことをしょもっつとかつ懇願こんがんしたるによる。 / 159p

第二十五説教 知識のみつの方法の事、その作用とその意味の同じからざる事、心の信仰の事、信仰にかくるる奥密おうみつなるとみの事、此世このよの知識はその方法において信仰の正直せいちょく明白めいはくいくばく差異さいある事。 / 161p

第二十六説教 知識の第一階級。 / 171p

第二十七説教 知識の第二階級。 / 175p

第二十八説教 知識の第三階級、すなわち完全の階級。 / 176p

第二十九説教 知識の他の方法とその種々なる意味。 / 181p

第三十説教 祈祷の状態の事、及び其他そのた読者が小心に守るならは、不断の記憶の為に必要にして多くの関係に有益なる者の事。 / 183p

第三十一説教 遁世的生活の事、及び我等はおそれずおどろかず神に依頼して心をかたむべく、確たる信仰を以て勇気なるべし、何となれば神を看守者とし守護者とせばなり。 / 191p

第三十二説教 心中内部の奥密おうみつなる儆醒けいせい如何いかんして守らるるか嗜眠しみんと冷淡は何処いづこより心中にきたりて聖なる熱愛を霊底れいていに消し、霊界天上の事に熱心する精神をうばふて神にむかふを減殺げんさいするか。 / 196p

第三十三説教 心中に続生ぞくせいし、祈祷をもって試みらるる多くの変化の事。 / 200p

第三十四説教 神に近づきて生存し、認識の生活にて日を送る事。 / 202p

第三十五説教 世に服従する事。 / 205p

第三十六説教 顕然けんぜんなる奇徴きちょうを己の手に有せんことを必要なくして願ひかつ求むべからざる事。 / 210p

第三十七説教 神は何故なにゆえ神を愛する者に誘惑を放任するか。 / 214p

第三十八説教 人におこる所の念頭ねんとうにより如何いかなる階級にあるを察知すべし。 / 217p

第三十九説教 霊に属する人々は、身体の肥満に準じ、他の霊界に属するものを知識により幾許いくばく看破すべきか、如何いかんしてその肥満より上に高めらるべきか、之より自由をざるは何故なにゆえなるか、智は何時いつ如何いかなる方法により祈祷の時、妄想なくしてとどまるをべきか。 / 225p

第四十説教 叩拝こうはい及び其他そのたの事。 / 229p

第四十一説教 沈黙の事。 / 234p

第四十二説教 れイサアクが愛する所の一人ひとりに与ふる書にして、彼は此中このうちに(ア)黙想の奥義おうぎに関する教訓を著し、多くの者がこの奥義おうぎを知らざるにり、此の神妙なる練修を等閑とうかんにし、往往修道士の間に行はるる伝説により庵中あんちゅうとどまることをぶ(カ)黙想のことに関する訓話の摘要てきよう。 / 241p

第四十三説教 種々なる予想の事、及び各予想の為に必要なる者の事。 / 248p

第四十四説教 黙想をつとむるは思慮ある者に肝要なる事。 / 254p

第四十五説教 精細なる思慮の階級。 / 259p

第四十六説教 真実なる知識の事、わくの事、及び陋劣ろうれつ薄弱はくじゃくにして学ばざる人のみならず、いちよくたまはり、思想の有様においては完全に達して、死者の如くなれると共に一分いちぶんは浄潔に近づきし者等も〔欲の上に高く立ちし者等もこのにある間はその生命を慾なる肉体と結合するにより、神意により格闘の中に居りて肉体の故に慾より擾乱じょうらんを受く、故に〕驕傲きょうごうに陥りて滅ぶるがため憐みによりて彼等にわくつかはさるるを確知するの緊要なる事。 / 265p

第四十七説教 このしょうの意義及び祈祷の事。 / 273p

第四十八説教 道徳の各種及びおよその道の完備 / 279p

第四十九説教 信仰と謙徳の事。 / 290p

第五十説教 遁世の益。 / 303p

第五十一説教 人は何にりて生命の外部の状態の変ずると共に神秘なる思想にも変化をきたすか。 / 305p

第五十二説教 夜間やかん儆醒けいせい及びその行為こうい種々しゅじゅなる方法。 / 311p

第五十三説教 謙遜は如何なる尊敬をうくるか、その階級は如何いか高尚こうしょうなるか。 / 314p

第五十四説教 問答各種。 / 322p

第五十五説教 克肖こくしょうなる父、奇蹟者シメオンにあたふる書。 / 326p

第五十六説教 神を愛する事、くる事、及び神においやすんずる事。 / 373p

第五十七説教 世より遠ざかる事、及びすべみだすものより遠ざかる事、 / 391p

第五十八説教 神は霊魂をえきするがためよく近接きんせつするをゆるす事、及び苦行的行為の事。 / 411p

第五十九説教 修道士の生活の秩序及びその梗概こうがいと区別、徳行とくこう如何いかなる様子にてたがいあいしょうずるか。 / 428p

第六十説教 よりきわめうえなるせまみち進行しんこうする者に対し魔鬼まきたたか種々しゅじゅなる手段の事。 / 430p

第六十一説教 心を神にちかづかしむるために人に益するものの事、如何いかなる真実の源因げんいんは人にたすけひそかちかづかしめて、如何いかなる源因げんいんは人を謙遜に導くか。 / 443p

第六十二説教 神聖なる書の悔改かいかい奨励しょうれいする諭言ゆげん、及び人間の弱きに対してこれべられしは人々生活の神より離れて亡ぶるをまぬかれんがためなる事、及び之を転じて罪を犯す縁由えんゆすべからざる事。 / 450p

第六十三説教 修道士の生涯の美は如何いかんして保護せらるるか、神にさかえするの順序。 / 453p

第六十四説教 神より定められたる黙想の路を進行する者に如何なる転変変化を生ずるか。 / 456p

第六十五説教 黙想者の事、黙想者がそのこうもっへんの海に至る、即ち沈黙の生涯に至るを理会し始むるはなんときなるか、その労の結果を産するを多少望むを得るはなんときなるか。 / 457p

第六十六説教 貧者ひんしゃとなりてかみたづぬるために出発したる神のぼくは真理の了解に達せざらんを恐れてたづぬるを停止すべからず、又神聖なるものと神の奥義おうぎの研究を愛するにより生ずる熱愛をひややかにすべからざる事、及びよくの記憶によりみださるる事。 / 460p

第六十七説教 神に倚頼いらいする種類、当然に神に倚頼いらいする者と無思慮にかつ無智にして倚頼いらいする者の事。 / 462p

第六十八説教 世をすつる事及び自由の交際をつつしむ事 / 468p

第六十九説教 掛念けねんを有せざるは黙想者の為に有益にしてその出入しゅつにゅうは有害なる事。 / 472p

第七十説教 夜間やかん儆醒けいせいおこない愉快ゆかいにより神に接近し人に顕然たる者の行路こうろの事及びの本人はその生活のすべての日をみつにてやしなはるる事。 / 475p

第七十一説教 罪なる敗壊はいかい如何いかんしてしょう如何いかんしてむか、そのちからと勢力の事。 / 481p

第七十二説教 心を守る事、及び幾微なる直覚の事。 / 489p

第七十三説教 神を愛する表徴及びそのはたらきの事。 / 491p

第七十四説教 徳行の種類。 / 493p

第七十五説教 不断の禁食きんしょくの事、自己に集中して一所いつしょとどまる事、その結果の事、及びすべこれを正しく適用するを知識により区別するを学ぶ事。 / 496p

第七十六説教 沈黙と黙想の事。 / 507p

第七十七説教 肉体上の感動 / 508p

第七十八説教 誘惑の各種類、及び真理の為に起る誘惑を忍耐するは幾許いくばく愉快にして、善智なる人は如何なる階級により昇進するか。 / 512p

第七十九説教 驕傲きょうごうの事、驕傲なる神の敵のわく。 / 517p

第八十説教 徳行とくこうの種類の説明及び彼等は各々如何なる価値と如何なる特質を有するか。 / 521p

第八十一説教 肉体と霊魂と智の浄潔。 / 525p

第八十二説教 霊的智慧に充たさるる有益なる主眼 / 526p

第八十三説教 悔改の事。 / 527p

第八十四説教 智識の尺度と信仰の尺度は如何いかほどだいなるか。 / 530p

第八十五説教 謙遜にしてく者に愛をもっぐる有益なる教訓。 / 534p

第八十六説教 心が霊界に進歩するため神の照管しょうかんり我等にかんせらるる天使的行動。 / 546p

第八十七説教 人にける第二の行為。 / 548p

第八十八説教 ひかりやみ更迭こうてついづれの時にも霊中におこる事、及び霊魂は右にも左にも傾く事。 / 550p

第八十九説教 神聖なる熱心の仮面におおはるる無智なる熱心の有害なる事、温良及びそのの徳性より生ずるたすけの事。 / 553p

第九十説教 心ならざるあくなる念頭ねんとうこれに先だつ思念を等閑とうかんにして注意せざるより生ず。 / 564p

第九十一説教 神を愛するより生ずる忍耐の事、及び忍耐によりたすけを得らるる事。 / 571p - 574p

目録/終わり

出典[編集]

シリヤの聖イサアク全書 国立国会図書館 デジタルコレクション
この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この著作物は1924年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。