シリヤの聖イサアク全書/第二説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第2説教[編集]

<< 神に感謝することならびに初等のおしえかんたんなる説明。 >>

くるものかんしゃあたふるものをしてさきけたるよりもおおくのたまものあたへしむ。すくなものためかんしゃせざるものおおものおいてもいつわりなり、ふしんじつなり。

んで、そのやまいものかならりょうほうたづねん。おのれやまいぐるものぢりょうちかづきてそのりょうほうたやすはっけんせん。こころかたくななるによりてかれやまいぞうかす、もしびょうしゃはんたいするならば、そのくつうますますだいならん。いざるつみほかゆるべからざるつみなし。しかしてたまものはただこれためかんしゃすることなきときほかかぞうなくしておわらざるなり。ぐどんなるものくるぶぶんはそのがんちゅうしょうなり。

とくこうおいなんぢよりゆうえつなるものつねきおくそんしてわすれざるべし。かれらのしゃくどたいしておのれらざるをふだんんがためなり。うれふるものけいべつせられたるものいとくるしきゆうしゅうつねこころそんすべし、なんぢみづかところびしょうにしてろんずるにらざるゆうしゅうためにもとうぜんかんしゃよろこんでこれにんたいするをんがためなり。

だげきすいじゃくたいまんときあたり、てきためくるしきひろうつみおもきとにこうけいよくりゅうせらるるものいぜんべんれいときをそのこころおもうかぶべし。なんぢすべしょうなることをさへいかおもんばかりしか、いかなるくぎょうをあらはしたりしか、なんぢしんこうさまたげんとほっしたるものいかなるねっしんもっていこうしたりしか。しかのみならず、なんぢたいまんにより、なんぢあらはれたるかきんためなんぢいかなるつうしんたんそくをなしたりしか、のすべてのさいなんぢいかなるしょうりかんをうけたりしかと、これおもし。けだしすべてかくのごとそうしゅつによりなんぢれいこんかんきせらるるはふかみよりするごとくなるべく、ゆるがごとくなるねっしんるはししゃほうむられたるよりふっかつしておきあがごとくなるべくして、まきつみとにねっしんていこうするをもってそのげんしちつじょたちかえらん。

ゆうりょくしゃおちいりしをきおくして、おのれぜんこうけんそんせよ。むかしおちいりてかいかいしたるものおもついだそうきせよ、しかしてこれおなじかれらがそののちたまはりたるたかきとそんけいとをそうきせよ、さらばおのれかいかいゆうかんならん。

みづからおのれめよ、さらばなんぢてきなんぢちかづくによりおいはらはれん。みづからおのれせよ、さらばてんなんぢせん。おのないぶしつらんことをつとめよ、さらばてんしつなんとなればかれこれとはどういつにしてひとつりつつふたつながらるべければなり。くにかいていなんぢないぶなんぢれいちゅうひぞうせらる、つみはなれてじこちんぼつせよ、しからばかしこのぼるべきみちはっけんし、これによりてのぼるをん。

せいしょらいせいいかなるもののあるをわれらにときしめさず。しかれどもてんねんへんかいたりてこのせかいよりづるにさきだち、みらいたのしみのいかなるをここおいかんちべきことをべんぎわれらにおしふるなり。さりながらたとわれらをかんきしてみらいこうふくねがはしめんがために、われらにしたはしくしてかつこうえいなるゆかいにしてかつきちょうなるものもっこれびょうしゃすといへども、『いまみみいまかず』うんぬんコリンフ前二の九〕とへばこれによりみらいこうふくはかべからずして、こここうふくとはなんおなじきこともあらざるをわれらにらしむるなり。

しんしんたのしみくるものれいせいほかどくりつしてそんざいするなんらのものをもりようすることあらず。しかれどもべつに『てんごくなんぢうちにあり』〔ルカ十七の二十一〕とひ、またなんぢくにきたれ』〔マトフェイ六の十〕といへば、すでわれらはおのれないぶかんかくぞくするじったいかんじ、このうちこもところたのしみをへいちとしてけたるをしめすなり。けだしたるそのものはかならへいちおなじきものなるべく、まったきものはぶぶんがっしたるものならざるべからず。ゆえに『かがみりてるがごとし』〔コリンフ前十三の十二〕といふは、独立的にそんするものしめさずといへども、おなじきものをけたるをいみするなり。しかしてかんちせいしんちえあるさようなりといへる聖書解釈者の証明は、もししんならば、このかんちまたすでまったきもののぶぶんなるなり。

たたかっぜんものどうとくあいするものにあらず、これしたがつてしょうずるふこうよろこんでくるものどうとくあいするものなり。ひとどうとくためかんなんにんたいするはおおいなるこういにあらず。ごかんゆうわくてきにくようときあたり、ぜんいせんたくすがためまどはざるは、おおいなるこういなり。

すべてこうかいじゆううばはるればよろこびをもしょうぜず、またこれししものおんしょうたいするけんりをもあたへざるなり。

もしなんぢがいなくんばおちいものひごすべし、しからばかれにもぜんしんふべく、なんぢしゅさいあわれみはなんぢをもたすけん。れつじゃくなるものしょうしんするものとはことばもっこれかたむべく、なんぢとどだけすべてのほうほうもっかためよ、しからばぜんさいなるみぎなんぢかためん。きとうろうもってもちゅうしんあいじょうもってもしょうしんするものしんよせよ、しからばなんぢねがいためあわれみのいづみひらかれん。

かんどうたさるるきよしねんこころゆうするかみまえきとうもっつねおのれつからすべし、しからばかみなんぢふけつおかいなるしねんよりまもり、かみみちなんぢによりてはづかしめられざるべし。

かみしょみ、そのかくじつなるりかいもっつねもくそうれんしゅうせよ、なんぢかんなるにじょうじて、なんぢしかくいまらざるほうとうおかいもっけがされざらんためなり。

たれざるべしとおもときにも、あるいほうとうなるしねんもっても、あるいなんぢゆうわくるるようがんるをもってもおのれこころみるをけっこうするなかれ、なんとなればけんしゃかくごとくしてくらまされきょうごうおちいりたればなり。そのにくたいつようれいなくしてかえんをそのふところかくすなかれ。

せいねんにはまなばずしてせいぶつやくかみづからとうすることかたし。こんまいはじめは、(そのちょうこうしんちゅうはじめあらはるるときかみつとめにおこたると、きとうたいまんなるとにおいはっけんせらるべし。けだしれいこんこれよりはなれずば、しんれいじょうゆうわくるべきみちなければなり。しかしてれいこんかみたすけうばはるるならば、そのてきたやすおちいらん。かつれいこんどうとくおこないとうかんしするものとなるや、かならこれはんたいなるものにいざなはれん。けだしいかなるほうめんなりとも、これよりてんずるは、もはやはんたいなるほうめんはじめなり。どうとくのため、およれいこんためところあらば、むえきことけねんするなかれ。おのれよわきをふだんかみうちあかすべし。しからばほごなくしてひとるも、ためいざなはれざるべし。

じゅうじかてきじっけんにようあり。せいにようなるによりかれにぶわかたるるなり。そのいつれいこんしげきてきぶぶんはたらきによりおこさるるにくたいうれいにんたいするにありて、いはゆるじっけんなり。これはんしてさいちえいびんなるかつどうしんせいなるもくそうとにあり、おなじまたきとうもっぱらにするとうにありてかれれいこんがんぼうてきぶぶんおこなはれちょっかくづけらるるなり。しかしていっしゃすなはちじっけんなるものはねっしんちからによりてれいこんよくぞくするぶぶんきよむべく、じしゃしんじつなるあいはたらきにしてすなわれいこんそうめいなるぶぶんこうしょうするてんねんがんぼうなり。すべだいいちぶぶんおいかんぜんがくしゅうすにさきだち、だいにぶぶんうつり、そのこころうばはるるひとのことは、もはやそのたいまんはざるべきも『したい』〔コロサイ三の五〕をころさざるがために、いかりかれおよばん、すなはちじゅうじかてきおじょくこういにんたいれんしゅうするをもっいしよわきをいやさず、かえっじゅうじかてきこうえいのことをそのこころもうそうするをあえてしたるがためいかりおよばん。こせいのいはゆるそのかんのうよわきをいやして、せいもくたっするにさきだち、じゅうじかあがるをくわだつるならば、かみいかりおよばんといふは、またこのしめす。いかりまねくべきじゅうじかあがるのことゆうしゅうにんたいする、すなはちにくたいくぎするだいいちぶぶんにあるにはあらずして、ひとちょっかくらんとするときにあり、されどこはれいこんいやしたるのちしたがふべきだいにぶぶんあり。づべきよくためけがされたるものきょもうねんもったさんといそものとは、ゆうしゅうもっこころきよめず、にくたいがんぼうせいせずして、みみくものとぼくじゅうにてしょしたるものとにいらいし、みづからくらまして、あんこくたさるるみちかんとばくしんするがためにそのくちふさがれん。けだししかくけんぜんなるものは、ひかりたされ、おんちょうきょうどうおのれにるとも、にちやせんせんきょうきょうとしてそのなみだたさるるなり、しかしてかれらをみちようするはなはおそるべきものとそのそうぐうするおそるべきけんがいと、あざむかれやすげんしょうあいこんじてあらはるるしんりかそうゆえかれらはきとうていきゅうとにおいてそのつとめしゅうじつぞっこういたらんとす。

あるひとふ『かみよりするものはしぜんきたる、しかれども、なんぢかんちせざるなり』と。しんじつなり、しかれどもただねがはくはばしょじょうけつにして、けがさるるからんことを。もしなんぢこころひとみふけつならば、たいようきゅうたいあえちゅうするなかれ、おそらくはなんぢしょうなるこうせんをもうしなひ、すなはちいっぺんしんこうけんそんこころしんにんなんぢちからじゅんするしょうなるこういをもうしなひて、れいぶつゆいいつはんいとうぜられん、すなはちかみほかにありてがいいきゆうあんしょうするぢごくおなじきところとうぜらるること、ふけつころもふくしてこんいんきたるをぢざりしものとうぜられしごとくなるをまぬかれざらん。

おもいじょうけつろうくおのれまもるとよりながづべく、しりょあることのひかりおもいじょうけつよりながでん。これによりさいちおんちょうりみちびかれて、ごかんけんゆうせざるものとおしへざるものとまなばざるものとにいたらん。

どうとくすなはちたいにしてちょっかくすなはれいなるをおもふべし、しかしてかれこれとは、ごかんぞくするとれいちぞくするふたつぶぶんよりして、せいしんもっごうせいせらるるいつかんぜんなるひとす。にくたいとそのぶぶんかんぜんかたちづくらるるなくんば、れいこんそんざいけてしょうずるあたはざるべし、かくごとれいこんためだいにちょっかくたっするすなはちもくしせいしんたっし、れいてきしゅしじっしつおのれにくるしきゅうおいけいせいせらるべきちょっかくたっするのことも、どうとくこういすなくしてはあたはざるべし、しかしてすなはちてんけいおのれにくるちからにんしきするものらのところなり。

ちょっかくものとそのげんいんとにかくるるしんせいなるおうひかんちするこれなり。とおざかるとつると、にあるすべてのものよりきよまるのことときは、づ「」といふめいしょういかなるいみなるといかなるくべつによりこのなるとをりかいかつにんしきするにつうぞくいみもってせず、じゅんりけんかいもってせんことなんぢようようなり、しからばなんぢじこれいこんいくばくとおざかるとよりこれなにこんぜらるるとをにんしきするをん。「」といふことばわれらがけいさんするしょよくみづからほうかつするしゅうごうめいじなり。もしひといかなるをかくちせずんば、なんしたいもっとおざかり、なんしたいもっむすばるるをにんしきするまでいたたっせざるべし、にさんしたいもっよりだっし、これもっまじはるをけ、ひそかおのれもってそのせいかつとおざかれりとおもものおおし、けだしかれらはただぶぶんにてためしたれど、したいもってはくるをりかいせず、えいちもっさとらざるなり。しかしてかれらはみづからおのれよくをもじかくするあたはずして、すでこれじかくせざれば、これりょうすることにもいたさざるなり。

りろんてきすいきゅうによればとはわかところしょよくみづからほうかつするしゅうごうめいじそせいをもづく。さればよくそうかつしてこれくださんとほっするときは、これといへども、そのくべつによりこれわかたんとほっするときは、これよくづくるなり。よくれんめんとしてけいけいしょうしょうするながれのぶぶんなり、ゆえによくはいぜつするところおいてははそのれんめんたるけいしょうとどめん。よくとはごとし、とみためおよぶったいあつむるがためねっちゅうするなり、にくたいじょうかいらくなり、けっこんねつじょうこれよりしょうそんきねがいなり、しっとこれよりながる、しゅりょうとなりてれいせんとのねがいなり、けんせいたかきにごうぜんとしてほこるなり、しゅうしょくしてよろこばせんとのねがいなり、にんげんめいよもとむるなり、うらみげんいんなり、にくたいためおそるるこころなり。これらのよくのそのながれとどむるところおいては、すべく、これらのよくぶぶんかしこふそくするほどは、それにしたがひて、はそのそしきのそのぶぶんおいてはかつどうせずしてきゅうしするなり、せいしゃのことについあるひとひしごとし、いはかれらはせいぞんしつつせり、なんとなればにくおいくれども、にくしたがはずしてくればなりと。ゆえになんぢこれらのうちなんぶぶんもっくるをよ、そのときなんぶぶんもっきてなんぶぶんもっせるをなんぢにんしきせん。いかなるものたるをかくちするときはのすべてのくべつによりなにもっむすばれ、なにもっよりだっするをかくちせん。りゃくしてこれへばとはにくたいてきしょうがいにくたいねんりょをいふ。ひとおのれこれよりうばることにひとよりでたることはにんしきせらるるなり。さればよりとおざかることもふたつちょうこうによりにんしきせらるべし、すなはちちょうぜつなるしょうがいおよびそのちけんたくえつなるにり、にんしきせらるるなり。これよりしてついしょぶつたいするがいねんなんぢおもいしょうじて、そのがいねんによりおもいしょぶつうえひるがえらん。さればせいおのれひずしてがんよくするものはなになるか、なんぢにあるところほうがほろぼさるるあたはざるものなるか、あるいはただぐうぜんしょうずるものなるか。まったむけいたいなるものをりかいにんしきするにとうたつしたるか、あるいまったゆうけいぶったいなるものにうごかされてぶったいなるものはしよくてきなるか。これあいじゅんじてなんぢはそのしょうがいしゃくどん。けだしすべておこなところのものにしぜんにあらはるるこういぐたいかしたるいんしょうこれすなはちどうとくなる。ぜんなるもくてきとももっろうせんとするしねんねっせつしゅうちゅうは、もししよくてきにあらずんば、ねっせつれんしゅうするがために、げんいんみづからこれらのいんしょうよりけんぜんきたるべくして、これらのしねんひそかなるいんしょうあいかいしつつ、かみおけさいりょうなるねっしんためむえきなるきおくつねかつだんせらるるによりよわるなるやいなやをさっすべし。

このしょうおいしめしたるこれらのきんしょうなるちょうこうは、もしひともくそうもっぱらにしてとんせいせいかつすときはひとこうしょうするがためじゅうぶんにして、こはおおくのしょふるをん。にくたいためおそれはひとびとおいゆうりょくにして、これによりひとびとめいよなることまたそんけいすべきことをもすにへざるものとなりおわることしばしばこれあり。しかれどもにくたいためおそれにれいこんためおそれがのぞむときは、にくたいじょうおそれはしんれいじょうおそれにたいしてむりょくなること、あたかろうこれちからおけごとくなるべし。われかみこうえいよよに。「アミン」