シリヤの聖イサアク全書/第二説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第2説教[編集]

<< 神に感謝することならびに初等のおしえ簡短かんたんなる説明。 >>

くるもの感謝かんしゃあたふるものをしてさきけたるよりもおおくのたまものあたへしむ。すくなものため感謝かんしゃせざるものおおものおいてもいつわりなり、不真実ふしんじつなり。

んで、そのやまいものかなら療法りょうほうたづねん。おのれやまいぐるもの治療ぢりょうちかづきてその療法りょうほうたやす発見はっけんせん。こころかたくななるによりてかれやまい増加ぞうかす、もし病者びょうしゃ反対はんたいするならば、その苦痛くつう益々大ますますだいならん。いざるつみほかゆるべからざるつみなし。しかしてたまものはただこれため感謝かんしゃすることなきときほか加増かぞうなくしておわらざるなり。愚鈍ぐどんなるものくる部分ぶぶんはその眼中がんちゅうしょうなり。

徳行とくこうおいなんじより優越ゆうえつなるものつね記憶きおくそんしてわすれざるべし。かれらの尺度しゃくどたいしておのれらざるを不断ふだんんがためなり。うれふるもの軽蔑けいべつせられたるもの最苦いとくるしき憂愁ゆうしゅうつねこころそんすべし、なんじみづかところ微小びしょうにしてろんずるにらざる憂愁ゆうしゅうためにも当然とうぜん感謝かんしゃよろこんでこれ忍耐にんたいするをんがためなり。

打撃だげき衰弱すいじゃく怠慢たいまんときあたり、てきためくるしき疲労ひろうつみおもきとに拘繋抑留こうけいよくりゅうせらるるもの以前いぜん勉励べんれいときをそのこころおもうかぶべし。なんじすべしょうなることをさへ如何いかおもんばかりしか、如何いかなる苦行くぎょうをあらはしたりしか、なんじ進行しんこうさまたげんとほっしたるもの如何いかなる熱心ねっしんもっ抵抗ていこうしたりしか。しかのみならず、なんじ怠慢たいまんにより、なんじあらはれたる瑕瑾かきんためなんじ如何いかなる痛心嘆息つうしんたんそくをなしたりしか、のすべてのさいなんじ如何いかなる勝利しょうりかんをうけたりしかと、これおもし。けだしすべてかくのごと想出そうしゅつによりなんじ霊魂れいこん喚起かんきせらるるは深処ふかみよりするごとくなるべく、ゆるがごとくなる熱心ねっしんるは死者ししゃほうむられたるより復活ふっかつして起上おきあがごとくなるべくして、魔鬼まきつみとに熱心抵抗ねっしんていこうするをもってその元始げんし秩序ちつじょ立帰たちかえらん。

有力者ゆうりょくしゃおちいりしを記憶きおくして、おのれ善行ぜんこう謙遜けんそんせよ。昔陥むかしおちいりて悔改かいかいしたるものおも墜堕ついだ想起そうきせよ、しかしてこれおなじかれらがそののちたまはりたるたかきと尊敬そんけいとを想起そうきせよ、さらばおのれ悔改かいかい勇敢ゆうかんならん。

みづからおのれめよ、さらばなんじてきなんじちかづくにより逐払おいはらはれん。みづからおのれせよ、さらばてんなんじせん。おの内部ないぶしつらんことをつとめよ、さらばてんしつなんとなればかれこれとは同一どういつにしてひとつりつつふたつながらるべければなり。くに階梯かいていなんじ内部ないぶなんじ霊中れいちゅう秘蔵ひぞうせらる、つみはなれて自己じこ沈没ちんぼつせよ、しからば彼処かしこのぼるべきみち発見はっけんし、これによりてのぼるをん。

聖書せいしょ来世らいせい如何いかなるもののあるをわれらに説示ときしめさず。しかれども天然てんねん変化至へんかいたりて此世界このせかいよりづるにさきだち、未来みらいたのしみの如何いかなるを此処ここおい感知かんちべきことを便宜べんぎわれらにおしふるなり。さりながらたとわれらを喚起かんきして未来みらい幸福こうふくねがはしめんがために、われらにしたはしくして且光栄かつこうえいなる愉快ゆかいにして且貴重かつきちょうなるものもっこれ描写びょうしゃすといへども、『いま耳未みみいまかず』云々うんぬんコリンフ前二の九〕とへばこれにより未来みらい幸福こうふくはかべからずして、此処ここ幸福こうふくとはなんおなじきこともあらざるをわれらにらしむるなり。

心神しんしんたのしみくるもの霊性れいせいほか独立どくりつして存在そんざいするなんらのものをも利用りようすることあらず。しかれどもべつに『天国てんごくなんじうちにあり』〔ルカ十七の二十一〕とひ、またなんじくにきたれ』〔マトフェイ六の十〕といへば、すでわれらはおのれ内部ないぶ感覚かんかくぞくする実体じったいかんじ、此中このうちこもところたのしみを聘質へいちとしてけたるをしめすなり。けだしたるそのものはかなら聘質へいちおなじきものなるべく、まったきものは部分ぶぶんがっしたるものならざるべからず。ゆえに『かがみりてるがごとし』〔コリンフ前十三の十二〕といふは、独立的にそんするものしめさずといへども、おなじきものをけたるを意味いみするなり。しかして感知かんち聖神せいしん智慧ちえある作用さようなりといへる聖書解釈者の証明は、もししんならば、此感知このかんち亦既またすでまったきものの部分ぶぶんなるなり。

たたかっぜんもの道徳どうとくあいするものにあらず、これしたがつてしょうずる不幸ふこうよろこんでくるもの道徳どうとくあいするものなり。ひと道徳どうとくため患難かんなん忍耐にんたいするはおおいなる行為こういにあらず。五官ごかん誘惑的ゆうわくてき肉痒にくようときあたり、善意ぜんい選択せんたくすがためまどはざるは、おおいなる行為こういなり。

すべて後悔こうかい自由じゆううばはるればよろこびをもしょうぜず、又此またこれししもの恩賞おんしょうたいする権利けんりをもあたへざるなり。

もしなんじがいなくんばおちいもの庇護ひごすべし、しからばかれにも善心ぜんしんふべく、なんじ主宰しゅさいあわれみはなんじをもたすけん。劣弱れつじゃくなるもの傷心しょうしんするものとはことばもっこれかたむべく、なんじとどだけすべての方法ほうほうもっかためよ、しからば全宰ぜんさいなるみぎなんじかためん。祈祷きとうろうもっても中心ちゅうしん愛情あいじょうもっても傷心しょうしんするもの親與しんよせよ、しからばなんじねがいためあわれみのいづみひらかれん。

感動かんどうたさるるきよ思念しねんこころゆうするかみまえ祈祷きとうもっつねおのれつからすべし、しからばかみなんじ不潔ふけつ汚穢おかいなる思念しねんよりまもり、かみみちなんじによりてはづかしめられざるべし。

かみしょみ、その確実かくじつなる理解りかいもっつね黙想もくそう練習れんしゅうせよ、なんじかんなるにじょうじて、なんじ視覚しかくいまらざる放蕩ほうとう汚穢おかいもっけがされざらんためなり。

たれざるべしとおもときにも、あるい放蕩ほうとうなる思念しねんもっても、あるいなんじ誘惑ゆうわくるる容顔ようがんるをもってもおのれこころみるを決行けっこうするなかれ、なんとなれば賢者けんしゃかくごとくしてくらまされ驕傲きょうごうおちいりたればなり。その肉体にくたいつようれいなくして火焔かえんをそのふところかくすなかれ。

青年せいねんにはまなばずして聖物せいぶつ軛下やくかみづからとうすることかたし。昏昧こんまいはじめは、(その徴候ちょうこう心中しんちゅうはじめあらはるるときかみつとめにおこたると、祈祷きとう怠慢たいまんなるとにおい発見はっけんせらるべし。けだし霊魂れいこんこれよりはなれずば、心霊上しんれいじょう誘惑ゆうわくるべきみちなければなり。しかして霊魂れいこんかみたすけうばはるるならば、そのてきたやすおちいらん。且霊魂かつれいこん道徳どうとくおこない等閑視とうかんしするものとなるや、かならこれ反対はんたいなるものにいざなはれん。けだし如何いかなる方面ほうめんなりとも、これよりてんずるは、最早反対もはやはんたいなる方面ほうめんはじめなり。道徳どうとくのため、およ霊魂れいこんためところあらば、無益むえきこと掛念けねんするなかれ。おのれよわきを不断ふだんかみ打明うちあかすべし。しからば保護ほごなくしてひとるも、ためいざなはれざるべし。

十字架的実験じゅうじかてきじっけん二様にようあり。せい二様にようなるによりかれ二部にぶわかたるるなり。そのいつ霊魂れいこん刺激的部分しげきてきぶぶんはたらきによりおこさるる肉体にくたいうれい忍耐にんたいするにありて、所謂いはゆる実験じっけんなり。これはんして才智さいち鋭敏えいびんなる活動かつどう神聖しんせいなる黙想もくそうとにあり、おなじまた祈祷きとうもっぱらにするとうにありてかれ霊魂れいこん願望的部分がんぼうてきぶぶんおこなはれ直覚ちょっかくづけらるるなり。しかして一者いっしゃすなはち実験じっけんなるものは熱心ねっしんちからによりて霊魂れいこんよくぞくする部分ぶぶんきよむべく、次者じしゃ真実しんじつなるあいはたらきにしてすなわ霊魂れいこん聡明そうめいなる部分ぶぶん光照こうしょうする天然てんねん願望がんぼうなり。すべ第一だいいち部分ぶぶんおい完全かんぜん学習がくしゅうすにさきだち、第二だいに部分ぶぶんうつり、そのこころうばはるるひとのことは、最早もはやその怠慢たいまんはざるべきも『肢体したい』〔コロサイ三の五〕をころさざるがために、いかりかれおよばん、すなはち十字架的じゅうじかてき汚辱おじょく行為こうい忍耐練習にんたいれんしゅうするをもっ意思いしよわきをいやさず、かえっ十字架的じゅうじかてき光栄こうえいのことをそのこころ妄想もうそうするをあえてしたるがためいかりおよばん。古聖こせいのいはゆるその官能かんのうよわきをいやして、静黙せいもくたっするにさきだち、十字架じゅうじかあがるをくわだつるならば、かみいかりおよばんといふは、亦此またこのしめす。いかりまねくべき十字架じゅうじかあがるのこと憂愁ゆうしゅう忍耐にんたいする、すなはち肉体にくたいくぎする第一だいいち部分ぶぶんにあるにはあらずして、ひと直覚ちょっかくらんとするときにあり、されどこは霊魂れいこんいやしたるのちしたがふべき第二だいに部分ぶぶんあり。づべきよくためけがされたるもの虚妄きょもうねんもったさんといそものとは、憂愁ゆうしゅうもっこころきよめず、肉体にくたい願望がんぼうせいせずして、みみくものと墨汁ぼくじゅうにてしょしたるものとに依頼いらいし、みづからくらまして、暗黒あんこくたさるるみちかんと驀進ばくしんするがためにそのくちふさがれん。けだし視覚しかく健全けんぜんなるものは、ひかりたされ、恩寵おんちょう嚮導きょうどうおのれにるとも、日夜にちや戦々兢々せんせんきょうきょうとしてそのなみだたさるるなり、しかしてかれらをみちようするはなはおそるべきものとその遭遇そうぐうするおそるべき懸崖けんがいと、あざむかれやす幻像げんしょう相混あいこんじてあらはるる真理しんり仮装かそうゆえかれらは祈祷きとう涕泣ていきゅうとにおいてそのつとめ終日続行しゅうじつぞっこういたらんとす。

或人あるひとふ『かみよりするものは自然しぜんきたる、しかれども、なんじ感知かんちせざるなり』と。真実しんじつなり、しかれどもただねがはくは場所ばしょ浄潔じょうけつにして、けがさるるからんことを。もしなんじこころ眸子ひとみ不潔ふけつならば、太陽たいよう球体きゅうたいあえちゅうするなかれ、おそらくはなんじしょうなる光線こうせんをもうしなひ、すなはち一片いっぺん信仰しんこう謙遜けんそんこころ信認しんにんなんじちからじゅんするしょうなる行為こういをもうしなひて、霊物れいぶつ唯一ゆいいつ範囲はんいとうぜられん、すなはちかみほかにありて外域がいいき幽暗ゆうあんしょうする地獄ぢごくおなじきところとうぜらるること、不潔ふけつころもふくして婚姻こんいんきたるをぢざりしものとうぜられしごとくなるをまぬかれざらん。

おもい浄潔じょうけつ労苦ろうくおのれまもるとよりながづべく、思慮しりょあることのひかりおもい浄潔じょうけつよりながでん。これにより才智さいち恩寵おんちょうりみちびかれて、五感ごかんけんゆうせざるものとおしへざるものとまなばざるものとにいたらん。

道徳どうとくすなはちたいにして直覚ちょっかくすなはれいなるをおもふべし、しかしてかれこれとは、五感ごかんぞくすると霊智れいちぞくするふたつ部分ぶぶんよりして、精神せいしんもっ合成ごうせいせらるるいつ完全かんぜんなるひとす。肉体にくたいとその部分ぶぶん完全かんぜん形作かたちづくらるるなくんば、霊魂れいこん存在そんざいけてしょうずるあたはざるべし、かくごと霊魂れいこんため第二だいに直覚ちょっかくたっするすなはち黙示もくし精神せいしんたっし、霊的れいてき種子しゅし実質じっしつおのれにくる子宮しきゅうおい形成けいせいせらるべき直覚ちょっかくたっするのことも、道徳どうとく行為こういすなくしてはあたはざるべし、しかしてすなはち天啓てんけいおのれにくるちから認識にんしきするものらのところなり。

直覚ちょっかくものとその原因げんいんとにかくるる神聖しんせいなる奥秘おうひ感知かんちするこれなり。とおざかるとつると、にあるすべてのものよりきよまるのことときは、づ「」といふ名称めいしょう如何いかなる意味いみなると如何いかなる区別くべつにより此名このなるとを理解りかい且認識かつにんしきするに通俗つうぞく意味いみもってせず、純理じゅんり見解けんかいもってせんことなんじ要用ようようなり、しからばなんじ自己じこ霊魂れいこんいくばくとおざかるとよりこれなにこんぜらるるとを認識にんしきするをん。「」といふことばわれらが計算けいさんする諸慾しょよくみづから包括ほうかつする集合しゅうごう名辞めいじなり。もしひと如何いかなるを覚知かくちせずんば、なん肢体したいもっとおざかり、なん肢体したいもっむすばるるを認識にんしきするまでいたたっせざるべし、二三にさん肢体したいもっよりだっし、これもっまじはるをけ、ひそかおのれもってその生活せいかつとおざかれりとおもものおおし、けだしかれらはただ部分ぶぶんにてためしたれど、肢体したいもってはくるを理会りかいせず、睿智えいちもっさとらざるなり。しかしてかれらはみづからおのれよくをも自覚じかくするあたはずして、すでこれ自覚じかくせざれば、これりょうすることにもいたさざるなり。

理論的りろんてき推究すいきゅうによればとはわかところ諸慾しょよくみづから包括ほうかつする集合しゅうごう名辞めいじ組成そせいをもづく。さればよく総括そうかつしてこれくださんとほっするときは、これといへども、その区別くべつによりこれわかたんとほっするときは、これよくづくるなり。よく連綿れんめんとして継々承々けいけいしょうしょうするながれの部分ぶぶんなり、ゆえによく廃絶はいぜつするところおいてははその連綿れんめんたる継承けいしょうとどめん。よくとはごとし、とみためおよ物体ぶったいあつむるがため熱中ねっちゅうするなり、肉体上にくたいじょう快楽かいらくなり、結婚けっこん熱情ねつじょうこれよりしょう尊貴そんきねがいなり、嫉妬しっとこれよりながる、首領しゅりょうとなりてれいせんとのねがいなり、権勢けんせいたかきに傲然ごうぜんとしてほこるなり、修飾しゅうしょくしてよろこばせんとのねがいなり、人間にんげん名誉めいよもとむるなり、うらみ原因げんいんなり、肉体にくたいためおそるるこころなり。これらのよくのそのながれとどむるところおいては、すべく、これらのよく部分ぶぶん彼処かしこ不足ふそくするほどは、それにしたがひて、はその組織そしきのその部分ぶぶんおいては活動かつどうせずして休止きゅうしするなり、聖者せいしゃのことについ或人あるひとひしごとし、いはかれらは生存せいぞんしつつせり、なんとなればにくおいくれども、にくしたがはずしてくればなりと。ゆえになんじこれらのうちなん部分ぶぶんもっくるをよ、そのときなん部分ぶぶんもっきてなん部分ぶぶんもっせるをなんじ認識にんしきせん。如何いかなるものたるを確知かくちするときはのすべての区別くべつによりなにもっむすばれ、なにもっよりだっするを確知かくちせん。りゃくしてこれへばとは肉体的にくたいてき生涯しょうがい肉体にくたい念慮ねんりょをいふ。ひとおのれこれよりうばることにひとよりでたることは認識にんしきせらるるなり。さればよりとおざかることもふたつ徴候ちょうこうにより認識にんしきせらるべし、すなはち超絶ちょうぜつなる生涯しょうがいおよびその智見ちけん卓越たくえつなるにり、認識にんしきせらるるなり。これよりしてつい庶物しょぶつたいする概念がいねんなんじおもいしょうじて、その概念がいねんによりおもい庶物しょぶつうえひるがえらん。さればせいおのれひずして願欲がんよくするものはなになるか、なんじにあるところ萌芽ほうがほろぼさるるあたはざるものなるか、あるいはただ偶然ぐうぜんしょうずるものなるか。まった無形体むけいたいなるものを理解りかい認識にんしきするに到達とうたつしたるか、あるいまった有形物体ゆうけいぶったいなるものにうごかされて物体ぶったいなるものは嗜慾的しよくてきなるか。これ相準あいじゅんじてなんじはその生涯しょうがい尺度しゃくどん。けだしすべておこなところのものに自然しぜんにあらはるる行為こうい具体化ぐたいかしたる印象いんしょうこれすなはち道徳どうとくなる。ぜんなる目的もくてきとももっろうせんとする思念しねん熱切ねっせつ集中しゅうちゅうは、もし嗜慾的しよくてきにあらずんば、熱切ねっせつ練習れんしゅうするがために、原因げんいんみづからこれらの印象いんしょうより健然けんぜんきたるべくして、これらの思念しねんひそかなる印象いんしょう相会あいかいしつつ、かみおけ最良さいりょうなる熱心ねっしんため無益むえきなる記憶きおくつね割断かつだんせらるるによりよわるなるやいなやをさっすべし。

此章このしょうおいしめしたるこれらの僅少きんしょうなる徴候ちょうこうは、もしひと黙想もくそうもっぱらにして遁世生活とんせいせいかつすときはひと光照こうしょうするがため充分じゅうぶんにして、こはおおくのしょふるをん。肉体にくたいためおそれは人々ひとびとおい有力ゆうりょくにして、これにより人々ひとびと名誉めいよなることまた尊敬そんけいすべきことをもすにへざるものとなりおわること屡々しばしばこれあり。しかれども肉体にくたいためおそれに霊魂れいこんためおそれがのぞむときは、肉体上にくたいじょうおそれは心霊上しんれいじょうおそれにたいして無力むりょくなること、あたかろうこれちからおけごとくなるべし。我らが神に光栄は世々に。「アミン」