ヘルプ:はじめに

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
ヘルプ:はじめに
クイックガイド:はじめに読む編集新しい資料の追加ファイルの追加その他のヘルプ

このページではウィキソース全般について紹介しています。ウィキソースの個々の側面については上記のリンクを参照してください。新規の方は、まずこのページを最初に閲覧することをお勧めします。

ウィキソースについて[編集]

ウィキソースは、ウィキの機能を利用して日本語の資料を収集するプロジェクトです。そしてウィキソースはどなたでも簡単に参加することができます。ウィキソースはウィキメディア財団の一部であり、フリー百科事典ウィキペディアの姉妹プロジェクトにあたります。ウィキソースにある資料は、ウィキペディアなどの項目と連携することにより、効果的に利用することができます。

参加のすすめ[編集]

編集をおそれてはいけません。たといミスをおかしても、他の利用者が正しく直してくれます。助けを求めれば、助言してくれるでしょう。ウィキソースでは、ログインしていようとなかろうと、自身が思うときにいつでも資料を追加・編集できます。コミュニティーと連絡をとりたい場合はWikisource:井戸端にコメントを送ることをお勧めします。

ウィキソースでは、編集者が常時、新しい資料を追加したり、編集によって既存の資料の補完を行っています。最近更新したページでは最近の編集記録がリストとして表示されます。編集者のお陰で現在9,454ページもの資料が収集されています。

資料を追加する前に、これらの手引きを必ず読むよう心懸けてください。

ウィキソースの特徴[編集]

タブ: すべてのページには、議論や履歴表示といった”タブ”が附属しています。”議論”では、そのページについて他の編集者と意見交換したり、本文に記す必要のないちょっとしたことなどを記すことができます。”編集”タブをクリックすれば、今見ているページを編集することができます。編集の履歴や過去のバージョンを知りたい場合は、”履歴表示”タブを参照してください。ログインしていれば、ページを他の名称に”移動”することもできます。

他にもサイドバーに4つのメニューボックスがあります。

案内: ”案内”はウィキソースの重要なページがリストアップされています。メインページを初めとして、井戸端、最近更新したページ、おまかせ表示、ヘルプ、寄付があります。

検索: ウィキソース内のページを検索することができます。ページの名称を知っているのなら、[表示]のボタンを、キーワード検索をしたいのなら、[検索]のボタンをそれぞれ押してください。その他くわしいことはヘルプ:検索をご覧下さい。

ツール: このメニューでは有用なツールがリストアップされています。リンク元では、ページへとリンクされているページ(ウィキソース内に限ります。)がリストとして参照できます。関連ページの更新状況では、ページからリンクしているページの最近の更新状況がリストとして参照できます。特別ページでは、ウィキソースが自動的に作成するデータを参照できます。(特別ページは編集できませんのであしからず。)

他言語版: 他言語のウィキソースにある同じ内容のページを参照できます。