シリヤの聖イサアク全書/第一説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書
苦行的説教

第1説教[編集]

<< つること及び修道士の生涯。 >>

かみおそるるはどうとくはじめなり。ふあり、どうとくしんこうしょさんなりと、かれほうしんよりとおざかり、ひょうひょうとしてせんかいするおもいまとめて、みらいこうふくかんがふるにしゅうちゅうするときこころうえけらるるなり。ひとどうとくもといかんとほっせば、おのれそうぢしてうきこととおざかり、せいえいしゃ〔聖詠二十二の三、百十八の三十五(詩編二十三の三百十九の三十五)〕がしんもっしめかつしょうしたるごとただしくせいなるみちり、こうめいほうとどまるにくはなし。ひんせいおいてはてんひとしきものもあるべしといへども、そのたっときをぞくひとありや、あるいはあらん、いなまったくあらざらん、あるひとごとへんすみやかかんじゅするよりしょうずるなり。

せいめいみちはじめは、つねもっかみことばまなぶとまづしきに生活をおくるとにあり。いつもっおのれうるおすは、せいぜんするにたすけん。もしかみことばまなぶをもっおのれうるおさば、まづしきにしんぽするのたすけすべくして、むよくしんぽするはかみことばまなぶにしんぽするがためかんかときなんぢあたへん。かれこれとのほうほうどうとくかんぜんなるかおくすみやかたかむるにたすけん。

とおざからずんば、たれかみちかづくあたはざるなり。しかれどもとおざかるとはにくたいよりうつるのいいにはあらずして、せじとおざかるをいふ。しかしてどうとくひとのそのためせんゆうせしめざるにあり。ごかんひとせいりょくゆうするあいだねいせいとどまりもうそうなくしてそんするあたはず、あらずんば肉体上のよくきゅうしいたらざるべく、あくなるしねんおとろえざるなり。れいこんみづからかんどうするちからけてかみしんずるにかんすいするにいたらざるあいだごかんよわきをいやさざるべく、ないぞくするもののためしょうがいとなるべきゆうけいぶったいちからもっあっするあたはざるべく、じゆうれいてきしょさんかれこれとのけっかかんぜざるべし、すなはちあみよりすくはれざるなり。だいいつしゃ[1]なくんば第二者あらざるべく、だいにしゃ[2]ただしくしんこうするところりてはだいさんしゃ[3]あたかろくひごとむすけらるるなり。

おんちょうひとぞうしょくするときは、ねがいにより、おそるることはひとためぢょうしするにらざるものとなるべくして、かみおそるるがためかんなんにんたいすべきおおくのりゆうひとはそのこころはっけんせん。みすみすしんたいためにはゆうがいにして、にわかじんせいえいきょうおよぼし、したがっひとくるしむるすべてのものは、これらいのぞところのものとくらぶればごうもそのがんちゅうらざらん。ゆうわくゆるさるるなくんばわれらはしんみとむるあたはざるべし。しかれどもひとこのことけるかくしょうはっけんするは、かみひとためおおいおもんばかりてかみしょうかんもとにあらざるひとなしとのがいねんおいてすべくして、かみたづねてかみためなんにんたいするものことぶんみょうこれることたなごころすがごとくならん。さりながらおんちょうすいひとますますくははるときはのすべてのものはひとおいほとんこれはんたいなるじょうたいにてあらはるるなり。かれためちしきけんきゅうゆえしんこうよりおおいなるべく、かみらいするはいづれのことにもこれあるにあらざるべくして、ひとおけかみしょうかんべつりょうかいせらるるなり。かくのごとひとつねもっんとしてくらきにまいふくするもの聖詠十の二詩編十一の二)〕のけいおちいらん。

ひとおいしんせいかつはじめかみおそるるなり。しかれどもひとさいこうちょうともこれをそのしんちゅうまもるにへざるなり、なんとなればかみたのしむをみづからうしなひつつごかんつとむるがためこころさんらんすればなり、けだしひとびとごとないそうこれらをかんずるをもっこれつとむるかんのうそのものにむすけらるるなり。

うたがいしんちゅうおそれいんゆうしかれどもしんねんたいせつだんせらるるさいにもゆういしかくこふばつならしむるをべし。にくたいたいするあいなんぢゆうせいなるほどなんぢあいするところのものをかこおおくのていこうたいゆうかんにしてせんりつせざるものとなるあたはず。

おのれためえいこいねがものかなしみのげんいんすくなくするあたはず。きょうぐうへんかともがんぜんところことかんしてへんかをそのこころかんぜざるひとはあらず。もしよくねんひとびとごとかんしょさんならばおのれしゅちょうしていんゆうさいにもこころへいあんまもらんとものついもくすべし。

ふんとうくぎょうときおいろうために、づべきねんはそのときぜつめつすとみづからおのれことしょうするものは、ていけつなるものにあらず。そのこころしんじつもってそのちょくかくきよむるものていけつしゃなり、けだしかれほうとうなるねんむちにしてこころめざればなり。そのりょうしんそんせいいっけんしてていしんためしょうときは、はぢしねんひみつなるのうしょけられしまくごとくなるべし、かれてんていけつなるしょじょごとく、ハリストスのためしんもっまもらるるなり。

たましいあらかじせんりょうしたるほうとうかたぶきをとおざけんがためまたにくたいおこりてぎゃくえんみなぎらすさわがしきおくのぞかんがためじゅうぶんなるは、かみしょまなぶをあいするにおのれうづめて、そのふかきをかいするにくはなし。げんちゅうにかくるるえいかいするのたのしみにおもいぼっするときは、これよりかいめいひきいだすにしたがひ、ひとはいつべく、すべてにあるものをわするべく、すべてのおくとすべてたいしたるせいりょくあるしょうようれいこんしょうめつして、つねてんせいみまきたれるねんようきゅうしきりにへんちゅつせん。さればれいこんせいしょおううみおいところあらたなるけんげんによりおおいよろこばん。

もしすいめんうかび、すなはちかみしょかいめんうかびて、そのふかきにとうてつし、そのふかみにかくるることごとくのたからりょうかいすることはあたはずといへども、せいしょりょうかいせんとするねっしんせんりょうせらるるならば、れそのもっとおどろくべきことをかんがふるどくいつこうもってそのいしかたきんばくするためにも、ほうしんしゃごとく、いしにくたいせいとっしんするをさまたぐるためにも、これをもっじゅうぶんならん。しかれどもこころれつじゃくにしてないがいたたかいときおこところざんがいふるあたはざるべし。さればあくなるねんいかくるしきことはなんぢこれらん。もしこころしきもっせんりょうせられずんば、にくたいてきとっしんみだれをにんたいするあたはざるべし。

けらるるもののおもみはかぜあらきによりてんびんどうようするそくりょくさまたぐるごとく、はぢおそれどうようさまたぐるなり。おそれとはぢけつぼうするにしたがひ、えずせんてんせしめられん。さればれいちゅうよりおそれとおざかるにしたがひ、はかりゆうたるもののごとかなたこなたようようとしてさだまらざるなり。さりながらもしはかりはなはおもぶつをそのばんじょうするならば、はやかぜくがためたやすどうようせざるべし。かくのごとかみおそるるこころはぢとのせきさいしたにあるときは、これどうようせしむるものためてんとうせらるることかたし。しかれどもこころおそれとぼしくなるにしたがひ、てんどうへんかいとはこれせんりょうはじめん。ゆえにそのしんこうもといかみおそるるのこころかんことをまなぶべし、さらばじょうおいせんかいするをさず、ならずしててんごくもんにあらん。

およなんぢせいしょおいところのものは、ことばしゅたんきゅうせよ、せいなるいぎふかきにとうてつしていよいよせいかくこれりょうかいせんがためなり。しんせいなるおんちょうもってそのせいめいこうめいにみちびかるるものあたかそうめいなるこうせんありてくくせつせつしるされしものをつうかするごとくなるをかんすべくして、くうげんおおいなるそうもっこころにんしきぐるものとをべつせん。

もしひとちょめいなるくくせつせつおもいひそめずしてむならば、こころまづしくなりおわるべくして、れいこんきいなるりょうかいによりいとかんびなるしゅみこころしむるせいなるのうりょくかれしょうめつせん。

すべてのものつねにそのしたしきものにむかふ。しんわけまえおのれにゆうするれいこんも、おうみょうなるしんてきのうりょくがんゆうすることばをきくときは、そのことばししゅねっしんおのれにいんゆうするなり。れいしんもっおうみょうにしておおいなるちからゆうするものは、すべてのひとかくせいしてきょうたんせしむるにはあらず。どうとくかんすることばためおよちかまじわるがためせんゆうせられざらんこころようきゅうす。どうとくざんじなるものをおもんばかるがためこころくるしめらるるひとおもいかくせいしてどうとくあいせしめず、これりょうゆうするをたづねしめざるなり。

ぶったいよりげだつするはそのせいりつおいかみけつごうするにさきだつ、おんちょうせつりにより、あるものにはこうしゃぜんしゃさきだちてあらはるることもしばしばこれありといへどもぜんしゃこうしゃさきだつ、けだしあいあいにておおはるればなり。せつつうじょうなるちつじょにんげんしゃかいちつじょことなるあり。さりながらなんぢいっぱんきょうつうちつじょまもるべし。なんぢおいおんちょうさきだつあらば、これおんちょうことなり。しかれどももしさきだたずんば、すべての人々がたがいしんこうするみちによりてなんぢれいとうたかきにのぼるべし。

すべてちょくかくてきおこなはるることにして、これためあたへられたるかいめいしたがじょうじゅせらるべきものは、ゆうけいにはまったえず。しかしてすべてじっけんじょうおこなはるることふくざつなり。なんとなればじったいあるものとじったいあらざるものとのためにただいつなるかいめいいはゆるじっけんなるものはかれにもこれにも、ちょくかくにもじっけんにもひつようゆうするによる。けだしいっちとはちょくかくじっけんとのはいごうなればなり。

じょうけつことはいりょするのこうおうあやまちおくするによりかんせらるるかんじょうあっせず、かえっこれおくするときにかんずるところかなしみをれいよりるべし。さらばこのときよりおくしんしんちゅうえきしょうぜしめん。れいこんどうとくもとむるにかざるは、れいこんけつごうするしんたいけんぜんたるがんよくいちぶんおのれえきむかはしめん。せつはすべてのものかざらん。せつなくんばさいなりとしいせらるるものもてんじてがいとならん。

かんえきせらるるにはあらざるたのしみをおのれにかんもっかみまじはらんとほっするか。きょうじゅつつとめよ。きょうじゅつなんぢないにあらはるるときかみたるせいなるなんぢうちえがかるるなり。きょうじゅつことほうようせざるところなきは、こうめいえいいっちするがために、なんかんようするなくして、しんせいまじはるをこころしょうぜしめん。

れいてきこうつういんしょうべからざるのおくなり、このおくたいごういっちまもるがためにそのちからかいめいたがはざるよりりつつ、じんせいふるをもってするにあらず、またこれしたがふにるにもあらずして、ふんねつなるあいにより、だんしんちゅうえん、けだししんれいちょくかくもっかたたいごうつがためちゅうかしこおいるなり。ゆえににくぞくするとれいぞくするようかんかくとづるにより、こころきょうせん。もしひとわれしゅひしごとちちかんぜんなるがごとはくあいなるものとなるをはじめずんば、えざるしょうようこころいんするれいてきあいじょうたっするがためみちあるなし。けだししゅはそのしたがところものこのもといかんことをかくのごとかいめいたまへり。

じっけんことばべつにして、げんまたべつなり。けいけんじょうなんかくなくしても、ちえはそのことばかざるをくすべく、しんらずしてしんはん。あるものどうとくこうみづからじっちこころみずして、どうとくのことをこうかいべし。しかれどもじっけんよりいづことばぼうたからなり。これはんじっけんもってそのあらはさざるちえはぢげんなり。

かべみづえがきそのみづもっおのれかつとどむるあたはざるげいしゃと、なるゆめひとと、じっけんもってそのあらはさざることばとはおなじかるべし。どうとくにつきてみづかじっちこころみたるところものはそのところものこれつたふること、おのれろうもっもとめたるかねにんあたふるものおなじかるべし。またおのれろうにてたるものによりちょうしゃみみおしえものはそのしんふやゆうにしてくちひらくこと、こうろうなるイアコフけつじょうなるイオシフにつぐるごとくなるべし、いはく『だいいちぶんなんぢけいていよりもおおなんぢあたふ、けんとうとをもっアモリじんよりりたるものなり』〔創世記四十八の二十二〕。

いちせいめいすべけつせいかつするひとにはおおいのぞましかるべく、しきうばはれたるものこれぐ。おそれりょうしんめらるるひとかなしましめんとあるひとへるははなはし、これはんしてぜんなるしょうめいじこゆうするものせいめいねがだけをもねがふ。せいめいためおのれきょういくたらしむるものまことしゃみとむるなかれ。すべてにくたいそうぐうするところのものはぜんなるも、あくなるも、ゆめおもふべし。けだしこれよりだっするはひともってするにあらずして、するぜんにも、かれなんぢててとおざかることしばしばこれあり。しかれどもこのうちなんぢれいこんかんけいゆうするものあらば、これもっこのおけおのれしょとくおもふべし、かれなんぢともらいせいにもかん。しかしてこれぜんなるものならば、たのしんでそのこころかみかんしゃすべし。されどこれあくなるものならばかなしむべく、たんそくすべくして、なんぢこのゆうするあいだこれよりだっせんことをじんりょくすべし。

すべなんぢしんちゅうおこはるるぜんは、なんぢみづからもねんれておうみつかんようせよ、けだしなんぢためこれちゅうほうとなるものはせんれいしんこうにして、これによりなんぢわれしゅイイスス ハリストスもっぜんなるおこないされたるなり。かれこうえいと尊敬と感謝とこうはいちち及びせいしんともよよす。「アミン。」

脚注 [編集]

  1. 原文注1:世にとおざかること
  2. 原文注2:かみやどするにかんすいすること
  3. 原文注3:自由