シリヤの聖イサアク全書/第一説教

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書
苦行的説教

第1説教[編集]

<< つることおよしゅうどうししょうがい。 >>


かみおそるゝはどうとくはじめなり。ふあり、どうとくしんこうしょさんなりと、かれほうしんよりとほざかり、ひょうひょうとしてせんかいするおもいまとめて、みらいこうふくかんがふるにしゅうちゅうするときこころうえけらるゝなり。ひとどうとくもといかんとほっせば、おのれそうぢしてうきこととほざかり、せいえいしゃ聖詠二十二の三百十八の三十五詩編二十三の三百十九の三十五)〕がしんもつしめかつしょうしたるごとただしくせいなるみちり、こうめいほうとどまるにくはなし。ひんせいおいてはてんひとしきものもあるべしといへども、そのたっときをぞくひとありや、あるいはあらん、いなまったくあらざらん、あるひとごとへんすみやかかんじゅするよりしょうずるなり。

せいめいみちはじめは、つねもつかみことばまなぶとまづしきにせいかつおくるとにあり。いつもつおのれうるおすは、せいぜんするにたすけん。もしかみことばまなぶをもつおのれうるおさば、まづしきにしんぽするのたすけすべくして、むよくしんぽするはかみことばまなぶにしんぽするがためかんかときなんぢあたへん。かれこれとのほうほうどうとくかんぜんなるかおくすみやかたかむるにたすけん。

とほざからずんば、たれかみちかづくあたはざるなり。しかれどもとほざかるとはにくたいよりうつるのいいにはあらずして、せじとほざかるをいふ。しかしてどうとくひとのそのためせんゆうせしめざるにあり。ごかんひとせいりょくゆうするあいだねいせいとどまりもうそうなくしてそんするあたはず、あらずんばにくたいじょうよくきゅうしいたらざるべく、あくなるしねんおとろえざるなり。れいこんみづからかんどうするちからけてかみしんずるにかんすいするにいたらざるあいだごかんよわきをいやさざるべく、ないぞくするもののためしょうがいとなるべきゆうけいぶったいちからもつあっするあたはざるべく、じゆうれいてきしょさんかれこれとのけっかかんぜざるべし、すなはちあみよりすくはれざるなり。だいいつしゃ[1]なくんば第二者あらざるべく、だいにしゃ[2]ただしくしんこうするところりてはだいさんしゃ[3]あたかろくひごとむすけらるゝなり。

おんちょうひとぞうしょくするときは、ねがいにより、おそるゝことはひとためぢょうしするにらざるものとなるべくして、かみおそるゝがためかんなんにんたいすべきおほくのりゆうひとはそのこころはっけんせん。みすみすしんたいためにはゆうがいにして、にわかじんせいえいきょうおよぼし、したがっひとくるしむるすべてのものは、これらいのぞところのものとくらぶればごうもそのがんちゅうらざらん。ゆうわくゆるさるゝなくんばわれしんみとむるあたはざるべし。しかれどもひとこのことけるかくしょうはっけんするは、かみひとためおほいおもんばかりてかみしょうかんもとにあらざるひとなしとのがいねんおいてすべくして、かみたづねてかみためなんにんたいするものことぶんみょうこれることたなごころすがごとくならん。さりながらおんちょうすいひとますますくははるときはのすべてのものはひとおいほとんこれはんたいなるじょうたいにてあらはるゝなり。かれためちしきけんきゅうゆえしんこうよりおほいなるべく、かみらいするはいづれのことにもこれあるにあらざるべくして、ひとおけかみしょうかんべつりょうかいせらるゝなり。かくのごとひとつねもつんとしてくらきにまいふくするもの聖詠十の二詩編十一の二)〕のけいおちいらん。

ひとおいしんせいかつはじめかみおそるゝなり。しかれどもひとさいこうちょうともこれをそのしんちゅうまもるにへざるなり、なんとなればかみたのしむをみづからうしなひつゝごかんつとむるがためこころさんらんすればなり、けだしひとびとごとないそうこれらをかんずるをもつこれつとむるかんのうそのものにむすけらるゝなり。

うたがいしんちゅうおそれいんゆうしかれどもしんねんたいせつだんせらるゝさいにもゆういしかくこふばつならしむるをべし。にくたいたいするあいなんぢゆうせいなるほどなんぢあいするところのものをかこおほくのていこうたいゆうかんにしてせんりつせざるものとなるあたはず。

おのれためえいこいねがものかなしみのげんいんすくなくするあたはず。きょうぐうへんかともがんぜんところことかんしてへんかをそのこころかんぜざるひとはあらず。もしよくねんひとびとごとかんしょさんならばおのれしゅちょうしていんゆうさいにもこころへいあんまもらんとものついもくすべし。

ふんとうくぎょうときおいろうために、づべきねんはそのときぜつめつすとみづからおのれことしょうするものは、ていけつなるものにあらず。そのこころしんじつもつてそのちょくかくきよむるものていけつしゃなり、けだしかれほうとうなるねんむちにしてこころめざればなり。そのりょうしんそんせいいっけんしてていしんためしょうときは、はぢしねんひみつなるのうしょけられしまくごとくなるべし、かれてんていけつなるしょじょごとく、ハリストスためしんもつまもらるゝなり。

たましいあらかじせんりょうしたるほうとうかたぶきをとほざけんがためまたにくたいおこりてぎゃくえんみなぎらすさわがしきおくのぞかんがためじゅうぶんなるは、かみしょまなぶをあいするにおのれうづめて、そのふかきをかいするにくはなし。げんちゅうにかくるゝえいかいするのたのしみにおもいぼっするときは、これよりかいめいひきいだすにしたがひ、ひとはいつべく、すべてにあるものをわするべく、すべてのおくとすべてたいしたるせいりょくあるしょうようれいこんしょうめつして、つねてんせいみまきたれるねんようきゅうしきりにへんちゅつせん。さればれいこんせいしょおううみおいところあらたなるけんげんによりおほいよろこばん。

もしすいめんうかび、すなはちかみしょかいめんうかびて、そのふかきにとうてつし、そのふかみにかくるゝことごとくのたからりょうかいすることはあたはずといへども、せいしょりょうかいせんとするねっしんせんりょうせらるゝならば、れそのもっとおどろくべきことをかんがふるどくいつこうもつてそのいしかたきんばくするためにも、ほうしんしゃごとく、いしにくたいせいとっしんするをさまたぐるためにも、これをもつじゅうぶんならん。しかれどもこころれつじゃくにしてないがいたたかいときおこところざんがいふるあたはざるべし。さればあくなるねんいかくるしきことはなんぢこれらん。もしこころしきもつせんりょうせられずんば、にくたいてきとっしんみだれをにんたいするあたはざるべし。

けらるゝもののおもみはかぜあらきによりてんびんどうようするそくりょくさまたぐるごとく、はぢおそれどうようさまたぐるなり。おそれとはぢけつぼうするにしたがひ、えずせんてんせしめられん。さればれいちゅうよりおそれとほざかるにしたがひ、はかりゆうたるもののごとかなたこなたようようとしてさだまらざるなり。さりながらもしはかりはなはおもぶつをそのばんじょうするならば、はやかぜくがためたやすどうようせざるべし。かくのごとかみおそるゝこころはぢとのせきさいしたにあるときは、これどうようせしむるものためてんとうせらるゝことかたし。しかれどもこころおそれとぼしくなるにしたがひ、てんどうへんかいとはこれせんりょうはじめん。ゆえにそのしんこうもといかみおそるゝのこころかんことをまなぶべし、さらばじょうおいせんかいするをさず、ならずしててんごくもんにあらん。

およなんぢせいしょおいところのものは、ことばしゅたんきゅうせよ、せいなるいぎふかきにとうてつしていよいよせいかくこれりょうかいせんがためなり。しんせいなるおんちょうもつてそのせいめいこうめいにみちびかるゝものあたかそうめいなるこうせんありてくくせつせつしるされしものをつうかするごとくなるをかんすべくして、くうげんおほいなるそうもつこころにんしきぐるものとをべつせん。

もしひとちょめいなるくくせつせつおもひひそめずしてむならば、こころまづしくなりおわるべくして、れいこんきいなるりょうかいによりいとかんびなるしゅみこころしむるせいなるのうりょくかれしょうめつせん。

すべてのものつねにそのしたしきものにむかふ。しんわけまえおのれにゆうするれいこんも、おうみょうなるしんてきのうりょくがんゆうすることばをきくときは、そのことばししゅねっしんおのれにいんゆうするなり。れいしんもつおうみょうにしておほいなるちからゆうするものは、すべてのひとかくせいしてきょうたんせしむるにはあらず。どうとくかんすることばためおよちかまじわるがためせんゆうせられざらんこころようきゅうす。どうとくざんじなるものをおもんばかるがためこころくるしめらるゝひとおもいかくせいしてどうとくあいせしめず、これりょうゆうするをたづねしめざるなり。

ぶったいよりげだつするはそのせいりつおいかみけつごうするにさきだつ、おんちょうせつりにより、あるものにはこうしゃぜんしゃさきだちてあらはるゝこともしばしばこれありといへどもぜんしゃこうしゃさきだつ、けだしあいあいにておほはるればなり。せつつうじょうなるちつじょにんげんしゃかいちつじょことなるあり。さりながらなんぢいっぱんきょうつうちつじょまもるべし。なんぢおいおんちょうさきだつあらば、これおんちょうことなり。しかれどももしさきだたずんば、すべてのひとびとたがいしんこうするみちによりてなんぢれいとうたかきにのぼるべし。

すべてちょくかくてきおこなはるゝことにして、これためあたへられたるかいめいしたがじょうじゅせらるべきものは、ゆうけいにはまったえず。しかしてすべてじっけんじょうおこなはるゝことふくざつなり。なんとなればじったいあるものとじったいあらざるものとのためにただいつなるかいめいいはゆるじっけんなるものはかれにもこれにも、ちょくかくにもじっけんにもひつようゆうするによる。けだしいっちとはちょくかくじっけんとのはいごうなればなり。

じょうけつことはいりょするのこうおうあやまちおくするによりかんせらるゝかんじょうあっせず、かえっこれおくするときにかんずるところかなしみをれいよりるべし。さらばこのときよりおくしんしんちゅうえきしょうぜしめん。れいこんどうとくもとむるにかざるは、れいこんけつごうするしんたいけんぜんたるがんよくいちぶんおのれえきむかはしめん。せつはすべてのものかざらん。せつなくんばさいなりとしいせらるゝものもてんじてがいとならん。

かんえきせらるゝにはあらざるたのしみをおのれにかんもつかみまじはらんとほっするか。きょうじゅつつとめよ。きょうじゅつなんぢないにあらはるゝときかみたるせいなるなんぢうちえがかるゝなり。きょうじゅつことほうようせざるところなきは、こうめいえいいっちするがために、なんかんようするなくして、しんせいまじはるをこころしょうぜしめん。

れいてきこうつういんしょうべからざるのおくなり、このおくたいごういっちまもるがためにそのちからかいめいたがはざるよりりつゝ、じんせいふるをもつてするにあらず、またこれしたがふにるにもあらずして、ふんねつなるあいにより、だんしんちゅうえん、けだししんれいちょくかくもつかたたいごうつがためちゅうかしこおいるなり。ゆえににくぞくするとれいぞくするようかんかくとづるにより、こころきょうせん。もしひとわれしゅひしごとちちかんぜんなるがごとはくあいなるものとなるをはじめずんば、えざるしょうようこころいんするれいてきあいじょうたっするがためみちあるなし。けだししゅはそのしたがところものこのもといかんことをかくのごとかいめいたまへり。

じっけんことばべつにして、げんまたべつなり。けいけんじょうなんかくなくしても、ちえはそのことばかざるをくすべく、しんらずしてしんはん。あるものどうとくこうみづからじっちこころみずして、どうとくのことをこうかいべし。しかれどもじっけんよりいづことばぼうたからなり。これはんじっけんもつてそのあらはさざるちえはぢげんなり。

かべみづえがきそのみづもつおのれかつとどむるあたはざるげいしゃと、なるゆめひとと、じっけんもつてそのあらはさざることばとはおなじかるべし。どうとくにつきてみづかじっちこころみたるところものはそのところものこれつたふること、おのれろうもつもとめたるかねにんあたふるものおなじかるべし。またおのれろうにてたるものによりちょうしゃみみおしえものはそのしんふやゆうにしてくちひらくこと、こうろうなるイアコフけつじょうなるイオシフにつぐるごとくなるべし、いはく『だいいちぶんなんぢけいていよりもおほなんぢあたふ、けんとうとをもつアモリじんよりりたるものなり』〔創世記四十八の二十二〕。

いちせいめいすべけつせいかつするひとにはおほいのぞましかるべく、しきうばはれたるものこれぐ。おそれりょうしんめらるゝひとかなしましめんとあるひとへるははなはし、これはんしてぜんなるしょうめいじこゆうするものせいめいねがだけをもねがふ。せいめいためおのれきょういくたらしむるものまことしゃみとむるなかれ。すべてにくたいそうぐうするところのものはぜんなるも、あくなるも、ゆめおもふべし。けだしこれよりだっするはひともつてするにあらずして、するぜんにも、かれなんぢててとほざかることしばしばこれあり。しかれどもこのうちなんぢれいこんかんけいゆうするものあらば、これもつこのおけおのれしょとくおもふべし、かれなんぢともらいせいにもかん。しかしてこれぜんなるものならば、たのしんでそのこころかみかんしゃすべし。されどこれあくなるものならばかなしむべく、たんそくすべくして、なんぢこのゆうするあいだこれよりだっせんことをじんりょくすべし。

すべなんぢしんちゅうおこはるゝぜんは、なんぢみづからもねんれておうみつかんようせよ、けだしなんぢためこれちゅうほうとなるものはせんれいしんこうにして、これによりなんぢわれしゅイイスス ハリストスもつぜんなるおこないされたるなり。かれこうえいそんけいかんしゃこうはいちち及びせいしんともよよす。「アミン。」

脚注 [編集]

  1. 原文注1:世にとほざかること
  2. 原文注2:かみやどするにかんすいすること
  3. 原文注3:自由