シリヤの聖イサアク全書/第三説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第3説教[編集]

<< 霊魂れいこん世慮せいりょとおざかりて沈黙するならば、神の睿智えいちと神の造物ぞうぶつたやすく認識するにいたらん、けだし其時そのときおのれせいと己の内部にかくるるたからとを認識するをるなり。 >>

うきおもんばかりのほかより霊中れいちゅうるあらずして。霊魂れいこん天性てんせい自然しぜん状態じょうたいるならば、その辛労しんろうひさしからずして、かみ睿智えいち認識にんしきするにたっせん、なんとなれば霊魂れいこんとおざかるとその沈黙ちんもくとは、かれをして自然しぜんかみ造物ぞうぶつ認識にんしきせしむべく、これによりかれかみげられ、驚嘆きょうたんしてかみともとどまらん。けだし心霊しんれいいづみほかよりみづきたるあらざるときはかれあふるる天然てんねんみづは、かみ奇蹟きせきかんがふる思想しそう不断ふだん霊中れいちゅうしょうぜしめん。これはんして霊魂れいこんこれらの思想しそうゆうせざるものとしてあらはるるならば、あるい記憶きおくもっ源因げんいんあたへられたると、あるいかん外物がいぶつ逢着ほうちゃくしたるにより、霊魂れいこんみだれを引越ひきおこしたるとをしめすなり。しかれどもかん沈黙ちんもくもっとざされ、外部がいぶ突出とっしゅつするをゆるされずして、沈黙ちんもくたすけにより記憶きおくおとろふるときは、霊魂れいこん天然てんねん自然しぜん意志いし如何いかなるか、霊性れいせいそのものは如何いかなるか、如何いかなるたからこれかくるるかを発見はっけんせん。それこのたから形体けいたいなるものをるの認識にんしきにして、これさきだつの意志いしあるなく、これためろうすることもあらずして、ぜんしんちゅうしょうずるものなり。しかのみならずひとはかくのごとねんひと性中せいちゅうしょうずるをらざることさへこれあり。けだしたれひとためとなるか、あるいりょくにより想像そうぞうしつつため説明せつめいべからざるものをひと如何いかにしてかいするか、あるいひとすこしもよりまなばざるところのものにおいたれかそのきょう導者どうしゃとなるか。

霊魂れいこん天性てんせいはかくのごとし。ゆえによく附加ふかぶつにして霊魂れいこんおのづからこれ本源ほんげんたるなり。けだし天性てんせいによれば霊魂れいこんよくなり。されば聖書せいしょおい霊魂れいこんよく肉体にくたいよくことるあらば、よく原因げんいんかんしてふものなることはなんじため明白めいはくなるべし。しかれども霊魂れいこん天性てんせいればよくなり。がいてき哲学てつがく固守こしゅするもの此説このせつらず、かれおなじくそのもんまたしかり。これはんしてわれしんかみぞうによりてつくところのものをよくつくたまひしを。ぞうによりてつくところのものとは肉体にくたいかんしていふにあらずして、えざる霊魂れいこんにつきてふなり。けだしおよそぞう眼前がんぜんにあるところ形状けいじょうよりえがきらるべし。眼前がんぜんにあらはれたる同形どうけいなくんば、いかなるぞうをあらはすをべきか。ゆえにわれ前文ぜんぶんべしごとく、よく霊魂れいこん天性てんせいそんするにあらずるを確信かくしんすべし。もしたれこれ抗言こうげんするならば、われかれもん提出ていしゅつせん、かれわれこたふべし。

問 霊魂れいこんせい如何いかなるか。よくにしてひかりたさるものなるか、あるい有慾ゆうよくにしてくらまされたるものなるか。

答 それ霊魂れいこんせい有福ゆうふくなるひかりおのれにうけしものなるがゆえさきには光明こうめい純潔じゅんけつにしてげん秩序ちつじょ回復かいふくせらるるときもこれ同様どうようにあらはるるならば、教会のきょう育者いくしゃ断定だんていするごとく、よく感動かんどうするあるや、霊魂れいこんはその本性ほんせいほかにあることははやうたがいれざるなり。ゆえよく後来こうらい霊魂れいこんにゅうしたるなり、されば霊魂れいこんはたとひ感動かんどうせらるるもよくもっ霊魂れいこん本性ほんせいうちこれあるごとふは真実しんじつにあらざるなり。ゆえに霊魂れいこん自己じこゆうにあらざる外物がいぶつもっ感動かんどうせらるることはあきらかなり。もし霊魂れいこん身体しんたい関係かんけいはなれてよくうごかさるるにより、よくもっれいぞくするものとづくるならばかつ睡眠すいみんれいぞくするものとならん、なんとなれば霊魂れいこんこれのものにおいても、これおなじくたい切断せつだんせらるるさいおいても、熱病ねつびょう疾病しっぺいおよびそのこれるいするものにおいても、肉体にくたいともにするにより、これともうれいわかつは、なお肉体にくたい霊魂れいこんともうれいわかつがごとし、霊魂れいこん肉体にくたいたのしむときにはともたのしみ、そのうれいをもおのづからともにするなり。我等が神に光栄と権柄けんぺいは世々に。「アミン」