シリヤの聖イサアク全書/第三十七説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第37説教[編集]

<< かみ何故なにゆえかみあいするもの誘惑ゆうわく放任ほうにんするか。 >>

しょ聖人せいじんかみためくるしみけて、そのあいかみにあらはしたるにより、かみかれ困難こんなんとめくも、そのあいするところものよりはなれざるときは、しょ聖人せいじんこころめんもっかみるのゆうけ、希望きぼうもっかみもとめん。勇気ゆうきあるとうちからおおいなり。ゆえかみ放任ほうにんするは、その聖者せいしゃ種々しゅじゅかなしみをもっこころみられんためにして、これおなじかれかみたすけかみかれいくばく照管しょうかんするとを実験じっけんもっ試知しちせんためなり、なんとなれば、わく尊敬そんけいうくるによる。これ放任ほうにんするは、かれがくにしてそんすれどかれこれとにならふをうばはれずして、経験けいけんによりすべてのためしきて、魔鬼まきよりわらはれざらんためなり、なんとなればもしかれをただ善良ぜんりょうなるものをもっこころみたらんにはぶんおい学習がくしゅうすることがかれ欠乏けつぼうし、戦闘せんとうおいかれ盲目めしいなるべきによる。

もしかみかれこれらしめずして、かれこれならはすとふならば、すなはかみかれぎゅうどうして、なに自由じゆうをもゆうせざるものさんをほっすとふを意味いみするなり、ひとあくなるものの実験じっけんもっこころみられずんば、ぜんなるものにしゅゆうせずして、ぜんなるものにふときは、認識にんしき自由じゆうとをもっこれ益用えきようすること自己じこ所有しょゆうごとくせざるべし。経験けいけん練習れんしゅうとにより、実際じっさい借来かりきたれるしき如何いかかいにして、ひさしき経験けいけんもっこれ自己じこたるもの如何いかなるちからあたふるか、此事このことしきたすけをも、おなじまた天性てんせい劣弱れつじゃくかみちからたすけとをも経験けいけんしてこれ確信かくしんしたるものこれ認識にんしきするなり。けだしかみづそのちからとどめてかれたすけず、かれをして天性てんせいりょくわく困難こんなんてき悪謀あくぼうと、かれ何者なにものたたかひて天性てんせい如何いかなるものをると、かみちからもっ如何いか保護ほごせらるると、そのみち幾何いくばく進行しんこうすると、かみちからかれ幾何いくばくたかうすると、またこのちからかれとおざかるならば、よくたたかふに幾何いくばくりょくなるとをかくせしむるならば、ただそのときおいかれこれ認識にんしきせん、りてかれこのすべてにより謙遜けんそんけて、かみちかづき、そのたすけちて、とうもっぱつとむるをはじむるなり。もししんによりおおくのあくおちいりてこれため経験けいけんもとめずんば、のすべてを何処いづこよりきたるべきか、使徒しとごとし、いはく『もくだいなるによりてたかぶらざらんためひとつとげ肉体にくたいあたへられたり、すなはちサタナ使つかいなり』〔コリンフ十二の七〕。さりながらひとわくおいかみたすけ幾回いくかい実験じっけんして、かた信仰しんこうもとべく、これによりおそれざるものとなるべく、そのたる練習れんしゅうによりわく勇敢ゆうかんなることをももとべし。

わくすべてひとえきあり、けだしわくパウェルえきあるときは『およそくちふさがり、みなかみまえつみあるをいたす』〔ロマ三の十九〕。ぎょうしゃこころみらるるはかれにそのとみさんためなり、衰弱すいじゃくしゃこころみらるるはかれおのれ有害ゆうがいなるものより保護ほごせんためなり、睡眠すいみんふけるものこころみらるるは覚醒かくせいじゅんせんためなり、とおはなれしものこころみらるるはかみちかづかんためなり、かみしたしきものこころみらるるは勇気ゆうきもったのしまんためなり。すべまなばざるちちいえよりとみうくるは、おのれたすけとならざらん。これによりかみつからして、そののちたまものほどこす。にがくすりもっわれ健康けんこうたのしむをべからしむる主宰しゅさい光栄こうえいす。

学習がくしゅうときあたりてうれへざらんひとはあらじ、わくどくときにがしとおもはざるひともあらず。これなくんばけんなる体格たいかくうくあたはざるべし。さりながらわく忍耐にんたいするはわれちからにあるにあらず。けだし神聖しんせいなるもっかためずんば、如何いかんして土器どきよりみづるるをとどめんや。もしえざるねがいとも謙遜けんそんしてもとめ、忍耐にんたいしてかみしたがふならば、われしゅハリストス イイススによりすべてをけん。「アミン」。