シリヤの聖イサアク全書/第七説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第7説教[編集]

<< じゆうなるつみじゆうならざるつみことおよあいおかつみこと。 >>

じゆうらずして、ひとひきれられ、よわきによりておこなはるるつみあり、またじゆうむちためおかつみあり。これおなじしゃあいによりまたひさしくあくとどまりてこれみたるによりつみおかすことあり。つみのすべてのしゅるいじょうたいにしてこれみなせきせらるべきものなりといえども、つみためさだめられたるばつこれかくするならば、かれこれとのけいじゅうもあらはるるなり。あるものさいだいなるざいおちいからうじてかいかいちゃくしゅせん、しかれどもあるものつみゆるさるるにちかし。アダムエワへびとはつみためむくいかみよりのこらずけたれど、かれのろいふくしたるていどきわめておなじからざるごとく、かれそんためにもまたしかるなり。かくじんためばつけいじゅうはそのいしとそのつみかたぶへんこうとにあいじゅんずるなり。もしひとつみじょせいするいしたざれども、どうとくとうかんにしこれれんしゅうせざるがためつみさそはるるならば、かくのごとものつみとどまることおもくしてばつまたおもからん。これはんしてどうとくべんれいするものなんつみにかいざなはるるならば、そのつみまっさつするがためあわれみかれちかきことうたがいなし。

あるいひとどうとくべんれいかつどうしてはらざるものとしてあらはるるときおかところつみこれおなじからず、けだしそのおもんばかところことためそんけざらんとしんしつつねず、ひるはそのおもくびきとそのとくこうためおもんばかるすべてのしんいづこにもみづからふありといえども、これはいりょときさいし、あるいむちにより、あるいはそのこうすなはちとくこうみちなんぼうがいおこるあるにより、およいづれのときにもそのたいゆうするろうにより、またはそのじゆうこころみんがためゆるさるるへんちょうによりて、そのてんびんばんすこしくほうかたぶき、にくたいよわきがためつみしゅるいいついんゆうせらるることあり、さればこのときおいて、かれてきよりおこされたるさいなんによりれいこんためうれかなしみて、いたたんそくせん。

あるいひとどうとくれんしゅうよわかつかんまんなるをもってあらはるるときおかところつみあり、これまたおなじからず、かれどうとくみちまったつべく、すべゆうざいなるたのしみにしたがふにしゅうそうすることぼくごとく、たのしみきはめんために、そのほうほうもとむるにべんれいすることじゅうそつごとくして、そのてきむねつとめてすいこうし、おのれたいまきかいそなへて、すべてかれしたがふのよういすも、かいかいことおもひ、どうとくちかづき、あくちて、めつぼうみちおわりかんことはすこしもおもんばからざるなり。

あるいどうとくみちおいても、みちおいても、ふいおこらんとするてつついによりおかところつみあり。けだししんことばるにどうとくみちおいても、みちおいても、ついぼうがいきょうはくおよびそのこれるいするものにぐうかいするありと。

あるいれいこんついと、そのすべてのめつぼうと、まったくのじきとあり。これまたべつなり。これのもののすうけんぜんとしてぞくするものは、もしこれおちいるときは、ちちあいわするるなかれ、もしかれふぎおちいりておおくのつみおかすこともあらば、ぜんべんれいするをむるなかれ、そのしんこうとどむるなかれ、しかしてふたたたるるものも、ちてそのてきたたかふべく、かいせられしけんちくためもといかんことをひびけいすべく、みづかこのるにいたまでげんしゃことばくちたざるべし、いはく『わがてきわれにつきてよろこぶなかれ、われたふるればまたおきあがる、ゆうあんればしゅわれてらたまふ』と〔ミヘイ七の八しかしてこきゅうのあるあいだいたまですこしもたたかいめざるべく、てんぷくときいたっても、そのたましいしょうわたすなかれ。さりながらもしそのぶねひびやぶられ、さいまったそんがいにかかるあるときも、みづからしんし、みづからちょし、たとひしゃくをなすとも、おおいなるふねうつり、きぼうともうかんでしゅがそのぎょうかえりみ、そのせつあわれみれ、そのめぐみくだつかはして、てきひやむかへしめ、これにんたいするにつよべんれいあたふるにいたまでまざるべし。かみよりあたへらるるえいはかくのごとくそののぞみうしなはざるけんなるびょうしゃかくごとし。われはたとひこうによりつみせらるるとも、まったくのじきためつみせられざらん。ゆえにちちなるマルティニアンぎょうおおきによりよわらざらんことと、みちあたしゅじゅなるたたかいしばしばおこるによりしゅんじゅんするをさずして、われためづべきじょうたいもっみづからしょうてきゆづなからんこととをかんす。けだしかれじふごとく、たんせいせいぜんたるちつじょによりぶることつぎごといはく、こらよ、なんぢじつどうとくしんこうするくぎょうしゃにしてしんじつなるこころがけゆうするならば、なんぢしんきよめてハリストスまえあらはし、かれよろこばるるおこないさんことをねがふべし。けだしなんぢこれもってんねんよくと、このていこうなんぢつねこうげきしてはらずまざるまきぞうと、ことごとくのけいによりおこところのすべてのたたかいにんたいせざるべからず。たたかいさんじょうれんめんとしてつづくをおそるるなかれ、ふんとうひさしきにわたるがためどうようきたすなかれ、てきぐんはるなかれ、かんしんするなかれ、もしなんぢいちてつしてつみおかすことありとも、ぜつぼうふちおちいるなかれ。しかのみならず、もしだいなるたたかいおいなんがいをかけ、おもてたれ、きずこうむることありとも、これによりなんぢぜんりょうなるもくてきしんこうするをすこしもそしするなかれ、ことなんぢせんたくしたるこうとどまりてねがはしくかつしょうさんすべきおわりにたっせよすなはちたたかいおいけんなるものとなり、たれざるものとなり、そのきずくれないまるものとならんことをして、いかなるほうほうもちふるもてきたたかふをむるなかれ。

だいなるろうじんきょうくんかくごとし。じょうぶんのぶところのもののためなんぢよわり、あるいろうすべからず。わざわいなるかなおのれやくそくいつわり、そのりょうしんじゅうりんして、まきし、かれをしてなんぢしょうなるあるいだいなるつみしゅるいひきれたるにより、みづからほこらしめ、そのれいこんくだかれたるぶぶんもってきめんぜんふたたあたはざるしゅうどうよ、かれはそのほうゆうせいけつたっしてたがいあいむかへんとするときかれじょうあいわかれて、めつぼうみちたどり、こくしょうしゃかみまえゆうするゆうをも、またそのきよこころよりづるとうをもうしなひしならば、すなはちてんぐんよりもたかじょうしょうして、ねがところのものをうけ、そのささげたるくちよろこびとともかえきたるにいたまでいかにしてもみづからきんぜざるべきところのものをうしなひしならば、なんかんばせもっしんぱんしゃえっけんせんとするや。しかしていとおそるべきは、ここにかれじょうおいあいわかれしごとく、こうめいなるくもせいけつもっひかかがやたいをそのりて、これてんもんてんとするおいて、ハリストスかれかれわかつことこれなり、けだしここおいかれおこないはやていざいせらるべきにより『あくにんしんぱんつをず、ざいにんじんかいつをざるなり』〔聖詠一の五詩編一の五)〕。