シリヤの聖イサアク全書/第七説教

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > シリヤの聖イサアク全書

第7説教[編集]

<< 自由じゆうなるつみ自由じゆうならざるつみの事、及びあいおかつみの事。 >>

自由じゆうらずして、ひとひきれられ、よわきによりておこなはるるつみあり、また自由じゆう無智むちためおかつみあり。これおなじしゃあいによりまたひさしくあくとどまりてこれみたるによりつみおかすことあり。つみのすべての種類しゅるい状態じょうたいにしてこれみなせきせらるべきものなりといえども、つみためさだめられたるばつこれかくするならば、かれこれとの軽重けいじゅうもあらはるるなり。或者あるもの最大さいだいなるざいおちいからうじて悔改かいかい着手ちゃくしゅせん、しかれども或者あるものつみゆるさるるにちかし。アダムエワへびとはつみためむくいかみよりのこらずけたれど、かれのろいふくしたる程度ていどきわめておなじからざるごとく、かれそんためにもまたしかるなり。各人かくじんためばつ軽重けいじゅうはその意思いしとそのつみかたぶ偏向へんこうとにあいじゅんずるなり。もしひとつみ助成じょせいする意思いしたざれども、道徳どうとく等閑とうかんにしこれ練習れんしゅうせざるがためつみさそはるるならば、かくのごとものつみとどまることおもくしてばつまたおもからん。これはんして道徳どうとく勉励べんれいするものなんつみにかいざなはるるならば、そのつみ抹殺まっさつするがためあわれみかれちかきことうたがいなし。

あるいひと道徳どうとく勉励べんれい活動かつどうしてはらざるものとしてあらはるるときおかところつみこれおなじからず、けだしそのおもんばかところことためそんけざらんとしんしつつねず、ひるはそのおもくびきとその徳行とくこうためおもんばかるすべてのしん何処いづこにもみづからふありといえども、これ配慮はいりょときさいし、あるい無知むちにより、あるいはそのこうすなはち徳行とくこうみちなん妨礙ぼうがいおこるあるにより、およいづれのときにもそのたいゆうするろうにより、またはその自由じゆうこころみんがためゆるさるる偏重へんちょうによりて、その天秤てんびんばんすこしくほうかたぶき、肉体にくたいよわきがためつみ種類しゅるいいつ引誘いんゆうせらるることあり、されば此時このときおいて、かれてきよりおこされたる災難さいなんにより霊魂れいこんためうれかなしみて、いた嘆息たんそくせん。

あるいひと道徳どうとく練修れんしゅうよわかつ緩慢かんまんなるをもってあらはるるときおかところつみあり、これまたおなじからず、かれ道徳どうとくみちまったつべく、すべ有罪ゆうざいなるたのしみにしたがふにしゅうそうすることぼくごとく、たのしみきはめんために、その方法ほうほうもとむるに勉励べんれいすることじゅうそつごとくして、そのてきむねつとめて遂行すいこうし、おのれたい魔鬼まきかいそなへて、すべてかれしたがふの用意よういすも、悔改かいかいことおもひ、道徳どうとくちかづき、あくちて、滅亡めつぼうみちおわりかんことはすこしもおもんばからざるなり。

あるい道徳どうとくみちおいても、みちおいても、不意ふいおこらんとするてつついによりおかところつみあり。けだししんことばるに道徳どうとくみちおいても、みちおいても、つい妨礙ぼうがい脅迫きょうはくおよびそのこれるいするものに遇会ぐうかいするありと。

あるい霊魂れいこんついと、そのすべての滅亡めつぼうと、まったくの自棄じきとあり。これまたべつなり。これのもののすう顕然けんぜんとしてぞくするものは、もしこれおちいるときは、ちちあいわするるなかれ、もしかれ不義ふぎおちいりておおくのつみおかすこともあらば、ぜん勉励べんれいするをむるなかれ、その進行しんこうとどむるなかれ、しかしてふたたたるるものも、ちてそのてきたたかふべく、かいせられし建築けんちくためもといかんことを日々ひびけいすべく、みづかこのるにいたまで言者げんしゃことばくちたざるべし、いはく『わがてきわれにつきてよろこぶなかれ、われたふるればまたおきあがる、幽暗ゆうあんればしゅわれてらたまふ』と〔ミヘイ七の八しかして呼吸こきゅうのあるあいだいたまですこしもたたかいめざるべく、顛覆てんぷくときいたっても、そのたましいしょうわたすなかれ。さりながらもしそのぶね日々ひびやぶられ、さいまった損害そんがいにかかるあるときも、みづからしんし、みづからちょし、たとひしゃくをなすとも、おおいなるふねうつり、希望きぼうともうかんでしゅがそのぎょうかえりみ、そのせつあわれみれ、そのめぐみくだつかはして、てき火箭ひやむかへしめ、これ忍耐にんたいするにつよ勉励べんれいあたふるにいたまでまざるべし。かみよりあたへらるるえいはかくのごとくそののぞみうしなはざるけんなる病者びょうしゃかくごとし。われはたとひこうによりつみせらるるとも、まったくの自棄じきためつみせられざらん。ゆえにちちなるマルティニアンぎょうおおきによりよわらざらんことと、みちあた種々しゅじゅなるたたかい屡々しばしばおこるにより逡巡しゅんじゅんするをさずして、われためづべき状態じょうたいもっみづからしょうてきゆづなからんこととをかんす。けだしかれ慈父じふごとく、端正たんせい整然せいぜんたる秩序ちつじょによりぶることつぎごといはく、子輩こらよ、なんじじつ道徳どうとく進行しんこうする苦行くぎょうしゃにして真実しんじつなるこころがけゆうするならば、なんじしんきよめてハリストスまえあらはし、かれよろこばるるおこないさんことをねがふべし。けだしなんじこれもっ天然てんねんよくと、この抵抗ていこうなんじつね攻撃こうげきしてはらずまざる魔鬼まきぞうと、ことごとくのけいによりおこところのすべてのたたかい忍耐にんたいせざるべからず。たたかい惨状さんじょう連綿れんめんとしてつづくをおそるるなかれ、奮闘ふんとうひさしきにわたるがため動揺どうようきたすなかれ、てきぐんはるなかれ、寒心かんしんするなかれ、もしなんじいちてつしてつみおかすことありとも、絶望ぜつぼうふちおちいるなかれ。しかのみならず、もしだいなるたたかいおいなんがいをかけ、おもてたれ、きずこうむることありとも、これによりなんじ善良ぜんりょうなる目的もくてき進向しんこうするをすこしも阻止そしするなかれ、ことなんじ選択せんたくしたるこうとどまりてねがはしくかつ頌讃しょうさんすべきおわりにたっせよすなはちたたかいおいけんなるものとなり、たれざるものとなり、そのきずくれないまるものとならんことをして、如何いかなる方法ほうほうもちふるもてきたたかふをむるなかれ。

だいなる老人ろうじん教訓きょうくんかくごとし。上文じょうぶんのぶところのもののためなんじよわり、あるいろうすべからず。わざわいなるかなおのれ約束やくそくいつわり、その良心りょうしん蹂躙じゅうりんして、魔鬼まきし、かれをしてなんじしょうなるあるいだいなるつみ種類しゅるいひきれたるにより、みづからほこらしめ、その霊魂れいこんくだかれたる部分ぶぶんもってき面前めんぜんふたたあたはざる修道しゅうどうよ、かれはその朋友ほうゆう清潔せいけつたっしてたがいあいむかへんとするときかれじょうあいわかれて、滅亡めつぼうみち辿たどり、克肖こくしょうしゃかみまえゆうするゆうをも、またそのきよこころよりづるとうをもうしなひしならば、すなはち天軍てんぐんよりもたか上昇じょうしょうして、ねがところのものをうけ、そのささげたるくちよろこびとともかえきたるにいたまで如何いかにしてもみづからきんぜざるべきところのものをうしなひしならば、なんかんばせもっ審判しんぱんしゃ謁見えっけんせんとするや。しかしていとおそるべきは、ここにかれじょうおいあいわかれしごとく、光明こうめいなるくも清潔せいけつもっひかかがやたいをそのりて、これ天門てんもんてんとするおいて、ハリストスかれかれわかつことこれなり、けだし此処ここおいかれおこないはや定罪ていざいせらるべきにより『悪人あくにん審判しんぱんつをず、罪人ざいにんじんかいつをざるなり』〔聖詠一の五(詩編一の五)〕。