公教要理説明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


公教要理説明こうけうえうりせつめい

書名しょめい………………一

緒言しょげん………………一

だい 序言じょげん--緒言しょげんつづきであるが、…………………五

だい しんずべきこと[編集]

だいくわ 使徒信経しとしんけう……………………九

だいくわ 天主てんしゅ……………一〇

だいくわ 創造及さうゞゝおよ主宰しゅさい……………二〇

だいくわ 天使てんし…………………二四

だいくわ ひと……………………三〇

だいくわ 原罪げんざい…………………三五

だいくわ 旧約時代きうやくじだい……………………三九

だいくわ 三たい……………………四〇

だい十二くわ イエズス・キリストの公生活こうせいかつ…………五七

だい十三くわ 救世きうせい(一)…………………六五

だい十四くわ 救世きうせい(二)…………………七〇

だい十五くわ 救主すくひぬし復活ふくくわつ…………………七四

だい十六くわ 救主すくひぬし昇天せうてん…………………七五

だい十七くわ 聖霊降臨せいれいかうりん……………七五

だい十八くわ 公教会こうけうくわい:ローマ・カトリック教会きょうかい…………八三

だい十九くわ まこと教会けうくわい特徴とくてう………………八九 

だい二十くわ 公教会こうけうくわい教権けうけん…………………九一 

だい二十一くわ 諸聖人しょせいじん通功つうこうつみ赦免ゆるし………………九五

だい二十二くわ 私審判ししんぱん…………………一〇二

だい二十三くわ 天国てんごく地獄及ぢごくおよ煉獄れんごく……………………一〇四

だい二十四くわ 肉身にくしん復活よみがへり公審判こうしんぱん………………一〇八

だい まもるべきこと[編集]

第二部だいにぶ 序文じょぶん(宗教信仰と守行動(善業ぜんげふ))…………………一一一

だい二十五くわ 天主てんしゅの十かい…………………一一一

だい二十七くわ だいかい(二)………………一一五

だい三十五くわ だいかいだいかい…………………一四三

だい三十八くわ 公教会こうけうくわいの六つの律令おきて……………一五四

だい三十九くわ だい一とだい二との律令おきて………………一五六

だい四十くわ だい三とだい四との律令おきて………………一六一

だい四十一くわ だい五とだい六との律令おきて………………一六三

だい四十二くわ つみ……………………一六九

だい四十三くわ 罪源ざいげん…………………一七九

だい四十四くわ キリスト教的徳けうてきとく……………………一八七

だい四十五くわ 対神徳たいしんとく(一)いち…………………一八九

だい四十六くわ 対神徳たいしんとく(二)つけたり倫理徳りんりとく…………………一九四

だい 聖寵せいてうける方法みち[編集]

第三部だいさんぶ 序文じょぶん(聖寵を受ける方法ほうはふ…………二〇一

だい四十七くわ 聖寵せいてう…………二〇一 

だい四十八くわ 祈祷いのり……………二〇七 

だい四十九くわ 主祷文しゅたうぶん天使祝詞てんししゅくし…………二一三 

だい五十くわ 秘跡ひせき……………二一八

だい五十一くわ 洗礼せんれい(一)……………二二二

だい五十二くわ 洗礼せんれい(二)………………二二四

だい五十三くわ 堅振けんしん…………………二二七

だい五十四くわ 聖体せいたい……………二三〇

だい五十七くわ 悔悛くわいしゅん秘跡ひせき……………二四八 

だい五十八くわ 痛悔つうくわい(一)……………二五三 

だい五十九くわ 痛悔つうくわい(ニ)……………二五六

だい六十くわ 告白こくはく……………二六〇

だい六十一くわ つみゆるし……………二六六

だい六十二くわ つぐのひ……………二七〇

だい六十三くわ 終油しゅうゆ…………………二七八

だい六十四くわ 品級ひんきゅう …………………二八五

だい六十五くわ 婚姻こんいん……………二八九

だい六十六くわ 信者しんじゃとしての心得こゝろえ……………三〇三

付録ふろく…………三〇九

この著作物は、1929年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。