公教要理説明/03-11

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-248-

だい五十七くゎ くわいしゅんひせき[編集]

くわいしゅん[編集]

とはくいあらためるとおもみつことす(一)たゞくいあらためることあるひは(二)くわいしゅんとくすなはつみくひあらためることつねおもひこんでしきりこれつぐのひ、つみきくわいけんそんくぎょうとうあまんずるにこゝろ

-249-

かたむけるとくす、或は(三)悔悛の秘蹟をことばである。

345●くわいしゅんひせきとはなにでありますか[編集]

くわいしゅんひせきとはしさいてんしゅだいりしゃとしてせんれいごつみゆるひせきであります。

しさい[編集]

とはひんきふひせきさづかってしとたちあとせいしょくしゃ

てんしゅだいりしゃとして[編集]

とはてんしゅほかつみゆるものなきはまうすまでもないけれども、てんしゅたまはぬからゆるだいりしゃちぜうかれひとつみゆるせばてんしゅゆるたまふとのかたじけなきおんやくそくがある。このおことばよってんしゅそのだいりしゃたるしさいもちひてひとつみゆるたまふのである。しかしさいひとつみゆるけんりはあってもおのれつみみづかゆることできない、ゆるされるためにはじぶんくわいしゅんひせきけねばならぬ。

せんれいごつみ[編集]

とはせんれいけてからをかしたつみとのいみせんれいまへつみせんれいもっゆるされくわいしゅんひせきかゝわらぬわけである。

ゆる[編集]

へばつねゆるされるとあるひなぐさめてひ、あるひ

[下段]

せんこくするばかりでない、しさいてんしゅだいりしゃとしてつみほんたうゆるすのである。

ひせきである。[編集]

ひせきえうする三えうけんすなはつみびとがはではつみめるとのしるしがあり、なほイエズス、キリストおんさだめによるもので、つみゆるしなるせいてうほどこすをもっひせきたるにさうゐない。

ちゅうくわいしゅんひせきせんれいつぎもっとひつえうなるものである。たいざいをかしたうへではたすかりみちがないからくわいしゅんひせきたすかりだい二のえうさくである。

346◯しさいつみゆるけんりょくあたへたのはたれでありますか[編集]

イエズス、キリストであります。すなはち「なんじらたれつみゆるすともそのつみゆるされん、たれつみとゞめるともそのつみとゞめられん」と(ヨ ハ ネ二十。二三)のたまうて、しとおよそのさうぞくしゃこのけんりょくあたたまふたのであります。 イエズスちうぶしゃむかひ「なんぢつみゆるさる」とおっしゃったときてきらつぶやいて、ぼうとくことばものよ、かみほかつみゆるものがあるかとったが、もっともである。しさいじぶんちからつみ

-250-

ゆるすとったら、ぼうとくである。しかしさいくわいしゅんひせきよりひとつみゆるしあたふるのはまったイエズス、キリストあきらかなおんことばによってけんりょくさづけられてるからである。イエズスかねでしたちむかひ「すべなんぢらちぜうにてつなところてんにてもつながるべし、またすべなんぢらちぜうにてところてんにてもかるべし」と(マ テ オ十八。十八)のおやくそくがあったうへに、ヨハネせいふくいんしょ二十せう十九せつによってれば、ごふくくわつたうじつイエズスでしたちあらはれて「ちゝわれつかはたまひしごとわれなんぢらつかはす」とおっしゃっていきふきかたまふたがそれとくべつなにかをあたへるとのしるしであったさうしておっしゃるには

せいれいけよなんぢらたれつみゆるすともそのつみゆるされん、たれつみとゞめるともそのつみとゞめられん」[編集]

と。

このことばもっイエズスが十二しとおよそのさうぞくしゃせいれいおんちからによってひとつみゆるすのけんあたたまふたとこうきょうくわいではかたしんじてる。すなはひとつみゆるせばそのつみゆるされようとのたしかおんやくそくであるがしかまたたれつみとゞめるにもそのつみとゞめられん」と

[下段]

あれば、とゞめるはゆるすのはんたいゆえ、ちぜうおいなんぢらゆるさぬつみならばてんおいてもゆるされないとのいみあきらかであって、しさいとゞめられたときべつゆるされるみちのないことこれられる。

ちゅうしんきょうとごとたゞつみびとなぐさめばかりでなく、イエズス、キリストおんちゝよりつかはされたそのしめいすなはひとつみよりすくひだことをはりまでつゞかせるおぼしめしであれば、いうめいむじつでなくじっさいゆるされることうたがふべからざることである。

347●かいしゅんひせきもっつみゆるされるためいくつのことりますか[編集]

▲五のことります。だいいのりきうめいだいつうくわいだいこくはくだいつみゆるしだいつぐのひであります。

それこくはくさへすればつみゆるされるとおもってはまちがひである。ここならべたいつゝことそろはなければつみゆるされぬ。

348●こくはくするまへなにいのらねばなりませぬか[編集]

きうめいつうくわいこくはくし、つみゆるされること

-251-

祈らねばなりませぬ。

こくはくするにさきだって、なによりひつえうなのはいのりである。しかいのりとはきまったもんくくちさきとなへるばかりでなく、つみびとてんしゅよりてられてしまはずであれば、おのつみこうくわいしてちゝあしもとひれふして、そむきたるつみゆるしねがほうたうむすこごとく、てんしゅみまへひれふしてこゝろからいのらねばならぬ。なにいのるべきかとふに

だい一、

きうめいすること[編集]

さうぢしたいへにはごみさゝうにへても、あまどあなからでもたいやうひかりせば、そのうちおそろしいほどたくさんごみんでるではないか、わがこゝろそのとほり、つみがなささうにおもってもせいてうてらされるならば、おそろしいほどのつみのあることわかってくる

これきうめいできためてんしゅおんひかりてらされることいのらねばならぬわけである。

だい二、

つうかい[編集]

することたゞこうくわいではつみゆるされず、またほんとうつうくわいなかゝゝちゅうもんどほりかぬ、こといままでをかれたつみは、

[下段]

うしてにはかしんにくきらひ、かならこれけるとのけっしんできようか。これこそこゝろてらつよめるのはおんてうによることで、こゝろいれかへるめぐみねっしんいのらねばならぬわけである。

だい三、く、

こくはく[編集]

することすなはおそれめんぼくためつみかくしたがるこゝろおさへ、これこのよけるわがさいごこくはくおもってつみるがまゝにはくぜうするちからいのことである。

だい四、

つみゆるされることいのらねばならぬ。[編集]

われつみゆえてんしゅよりてられるものならば、こんどかいしんおんてうじょりきによってわがなすべきことなしとげ、まったゆるしいたゞかれるやうにいのことであるが、これみなおんてうによらねばできことゆえ、いのりだい一にわけである。

349●つみきうめいとはなにでありますか[編集]

つみきうめいとはつみをかしたかとくはしくかんがへだことであります

きうめい[編集]

とは、ひとをかしただいざいのこらずこくはくすべきぎむがあるから、きうめいしてこれさがさねばならぬ、ゆゑてんしゅひかりてらされるやういのってからまじめかんがへめぐらして、つみをか

-252-

したかとかんがへだすやうにすべきである。

350●なにいてきうめいするはずでありますか[編集]

てんしゅの十かいけうくわいの六つのおきてなゝつざいげんおのゝゝしょくむいて、おもひのぞみことばおこなひおこたりによってをかしたつみさがしださねばなりませぬ。

なるだけ

てんしゅの十かいけうくわいおきて[編集]

を一ゝゝくりかへして、なにめいずるかなにきんずるかとおもひだし、それそむいたことはないかとかんがへる。

なゝつざいげん[編集]

ことじぶんかくべつけいかうってるものをしらべ、これいてつみをかしたことはないかときうめいする。

おのゝゝしょくむ[編集]

たとへばおやたるものはこどもき、こどもおやたいし、しゅじんめしたとりあつかひき、げなんげじょしゅじんらたいするつとめかたき、あきんどうりかひしょくにんしごとけうしけうじゅついて、つみをかしたことはないかとかんがへる。それためじぶんったところつきあったひといたしたしごとなどおもひだし、げたわざばかりでなく、おこたったことったりいたりしたはなしおもひのぞみもっをか

[下段]

したつみおもひだじぶんいましひんしてものだとかんがへもっしんじつきうめいする。

ちゅうきうめいなほまへゝゝこくはくいてはじめるがい、すなはまへたびは、きうめいそまつにしたためたいざいいひをとしたことはないか、ほんたうつうくわいしてったか、いよいこゝろあらためるかたけっしんがあったか、つみかくしたことはないかなどいて、きうめいもしそんことがあったなら、そうこくはくもっしなほさなければならぬ。

りっぱきうめいこくはくまへちょっとばかりではできかねるが、まいばんしてけば、こくはくときにはなんなくできる。ねっしんひとつとめてまいにちいくどおのれかへりきうめいしてしじゅうあらためるやうにこゝろがけるものであるが。これとくすゝむによほどたすけとなるはうはふである。

351●つみかずきうめいせねばなりませぬか[編集]

しかり、せめだいざいかずきうめいせねばなりませぬ。

つみかず[編集]

とはおなつみいくたびをかしたか、あるひいったんつみだんねんしたあとまたゝゝやりかゝったのはなんべんであったかとことである。

だいざいことゞゝこくはくせねばならぬから、それだけきうめいひつえうであ

[253]

る。たとへばにちえうのミサせいさいおこたったことなんべんまいねんこくはくせいたいはいれうおこたったことだいさいせうさいやぶったことぬすみじゃいんわざおもひのぞみなんべんあったかときうめいするやうにせねばならぬ。