公教要理説明/01-15

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-74-

だい十五くわ すくひぬしふくくわつ[編集]

92●イエズス、キリストごしきょのちそのれいこんにくたいとはどうなりましたか[編集]

イエズス、キリストごしがいいわやはかほうむられ、ごれいこんこせいじょくだたまふたのであります。

するとはしんたいれいこんとのわかれることなれば、イエズスおいてもりました。それよくじつだいしゅくじつであったから、

ごしがい[編集]

じふじかよりおろされ、とりいそいで、くにならはししたがって、もつやくおよそきんもっきれまきつゝまれ、きんぼうはかしょ

[下段]

こしらへてあった

いわあなほうむられ、[編集]

そのいりぐちおほきないしまろばされた。まへったとほり、ほうむったのはおもだちたるかしらヨゼフひとと、やちゅうひそかイエズスうかゞひニコデモとである。

ごれいこん[編集]

いはゆる

こせいしょくだたまふたのであります[編集]

93●こせいしょとはなにであるか[編集]

こせいしょとははじめからんだぜんにんれいこんとゞまってをっところでありました。

なぜ

ぜんにんれいこん[編集]

そこ

とゞまって[編集]

ったかとへば、イエズスつみあがないはたたまはず、じげうへててんのぼたままへに、ひとてんごくことできなかったからであります。イエズスれいこんこせいしょおもむたまふたのは、ぎじんれいこんくべきところであって、ぜんにんたちてんごくのぼときちかづいたことげて、これなぐさめるためでありました。

94●イエズス、キリストたまふたまゝでありますか[編集]

-75-

イエズス、キリストおんやくそくとほんでみっかめよみがへたまふた、これごふくくわつまうします。

おんやくそくとほり。[編集]

だい八十のとひはれたごとく、イエズスたびゝゞおんくるしみよげんたまひ、またふくゝわつすることまいどやくそくたまふた。たれひといきかへったれいかねさらいから、てきどもいきかへたまことかんがへたではあるまい、かくこのやくそくわすれず、おそらくはでししがいぬすんで、いきかへったとふかもれずとて、イエズスはかいりぐちいしふういんし、ばんぺいいてこれかたまもらせた。

しかるに

んでみっかめに、[編集]

すなはきんやうびたまふたが、にちやうびあけがた

よみがへり、[編集]

ごれいこんふたゝごにくしんって、はかよりたまふた、

これごふくゝわつまうします。[編集]

ちういよいふくゝわつしたからだもとからだながら、れいてきったので、イエズスはかいしのぞかずにこれとほりぬたまふた。はかよりたまふや、てんしあらはれてはかいしとりのけ、そのうへしたれば、ばんぺいそのかがやきおそれて、しにんどうやうったのである。やが

[下段]

き、けうしらじっさいとゞけたれば、けうしらけうぎして、ばんぺいかねって、ねいってキリストしがいぬすませたとはせたが、これいちじはやりばなしった。れどもばんぺいねいったばつけず、でしぬすみばつけず、おまけねいったものせうにんにしたことなれば、しんずるにらぬことあきらかにれた。

だいでうおよだいでう てんのぼりてぜんのうちゝなるてんしゅみぎし、かしこよりけるひとせるひととをさばかんためきたたましゅしんず。