公教要理説明/02-03

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-115-

だい二十七くわ だいかい(二)[編集]

142●だいいっかいにはなにきんずるか[編集]

だいいっかいにはとくせいめいしんとをきんじます。

だいいっかいあとぶんいましめであって、おもふたつことすなは

とくせいめいしんとをきんずる[編集]

のである。ほかなほモイゼことばなにすがたでもつくことこれつかへることきびしくいましめてったが、これてんしゅかたちもって、いまあらはたまはぬときであって、たうていゑがことできず、またことさらえらまれたじんみんぐるりゐけうじんぐうざうはいおちゐやすかったから、ぜったいてきいましめられたのである。てうモイゼじっかいさづけときは、じんみんエジプトじんまねぎうぞうつくり、かみとしてたっとんでったほどであったからそのかいひつえういちじるしくえる。りながらのちてんしゅいろゝゝかたちもっよげんしゃなどあらは

-116-

れ、ことイエズス、キリストもっせいくわつたまふたので、こうけうくわいでは、ぐうぞうなどつかへることいぜんまゝいましめられてあるが、ぐわぞうつくいましめだけはすではいせられたとをしへるのであります。

143●とくせいとはなにであるか[編集]

とくせいとはせいなるものをけがことであります。たとへばあしきこゝろもっひせきけるなどであります。

せいなるものとは、みとほりすなはじんぶつじぶつばしょとをふ。じんぶつとは、ひんきふひせきまたこうせいぐわんもって、てんしゅほうじゆだねたひとじぶつとはてんしゅほうじもちゐるにきまったもの、たとへばなゝつひせきせいゆさいきさいふくせいしょじふじかせいいぶつなどばしょとは、しゅくべつされたみどうぼちなどである。

せいなるじぶつ

けが[編集]

とは、あるひかゝじんぶつそのみぶんためぎゃくたいばりし、そのふぼんやぶことなどあるひかゝじぶつことさらぶれいあつかひ、たとへばしきこゝろもっひせきさづかまたさづけ、せいしょじふじかけいべつしてわざやぶことなどあるひかゝばしょひとごろしぬすみじゃいんまたはなはだしきふけいもっけがことなどであります。

[下段]

144●めいしんとはなにであるか[編集]

めいしんすべまよひしんかうであります。

もんじ

まよひしん[編集]

とのいみで、すべもとづかぬしんかうむりまたみだりしんかうごときものをふ、めいしんいろゝゝあるが、

だい一、ぞうぶつすうはいすなはなにによらずてんしゅよりつくられたものをてんしゅかはりに、あるひてんしゅどうやうに、てうしぜんしゃはゞしぜんえたものとしてをがみ、たふとび、いのなどことであります。

だい二、ぐうぞうすうはいすなはぐうぞうゑすがたれいのうこもってあるごとく、そのものたっといのことたとへばほとけぞうでたじぶんさすり、れいのううつさうとするがごとことである。

だい三、うらなひこれげんれぬことみらいことでもために、いろゝゝふたうみちもっはんだんすることである。そのはふはふあまたあるが、こゝはやるのは、にんさうみてさうみつじうらみくじはっけほしうらとりなきこゑあるひゆめはんだんひえらみほうがくえらみさいみんじゅつかうしんじゅつコックリきぼくすなはかめかうさけめもっきっけうはかことなどである。

だい四、まじなひこれしんぶつつうりきもしくはいっしゅはふりきもって、やまひ

-117-

いやし、さいなんふせぎ、ひとがいおよぼさうとするじゅつである。たとへばうらみはらさうとおもってたいぼくくぎち、ゑすがたみづながし、かたけるなどこのるいである。

だい五、まじゅつこれきじゅつてじなちがひ、あくまちからちょくせつあるひかんせつりて、ひとちからおよばぬふしぎことたとへばにはかかぜかせ、いしらし、かみなりおとをさせるなどことである。

だい六、きょじゅつすなはむなしきわざもって、にあはぬかうくわようとすることで、れいげれば、ふじょうべうきなどけるためしめなはり、あくじさいなんふせためのきせうぶし、ふくまねためいへうちまめき、しにんれいこんむかへるためかどびき、りうかうべうくわなんとうなんのがれるためまもりふだいへあるひけ、せうばいはんぜうためまねきねこみせさきくがごとことである。

いぜうのべたさまゞゝわざめいしんるのは、てんしゅさだめによるみちでなく、こうのういのに、こうのうがあるとおもっててんしゅはんするちからたのみにするからである。

ちゅうめいしんまことしうけうおいてもことはない、れいせばてんしゅよりもせいじんなどだいじにしにせきせきなどかたり、ふつうしんじゃしさい

[下段]

どうやうつとめこゝろみ、あるひごゑごぞうれいのうあるがごとおもひ、そのものたっとび、これいのり、あるひてんしゅもしくはこうけうくわいさだめでないはうはふもって、たとへばきうやくしきなどもってんしゅたっとび、あるひをしへまたてんしゅやくそくはんゐすごして、しゅくすゐくすりであるとか、だいざいあってもせいぼきものさへてばたすかるとか、おすがたければかならけがせぬとかおもふがごとことめいしんさうゐない。てんしゅおんめぐみかゝるものにつながれず、まったおぼしめしによるからである。

145,146●ひぞうぶつしんかうし、これいのるはいかゞ[編集]

てんしゅきらたまめいしんつみであります。

しんかうする[編集]

とは、しんあほぐとことで、たゞえらじんぶつとしてあがめるばかりでなく、げんたふといもの、たふとぶべく、たのむべきものとしんじ、そのをしへまもり、このよあるひのちために、たすけあほことである。しんかうにんげんどうししんようちがって、しうけうげふり、しんじゃもっぱことである。

147●うらなひまじなひひえらみなどいかゞ[編集]

これみなめいしんであります。うらなひまじないひえらみなどは、だい百四十四のとひべためいしんだいだい四のしゅるいあたるものであります。