公教要理説明/03-12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明

-253-

だい五十八くゎ つうくゎい(一)[編集]

352●つみゆるされるためもっとひつえうこと[た?な]にでありますか[編集]

もっとひつえうことつうかいこゝろあらためることであります。

もっとひつえう[編集]

とはぜひなくてはならぬことしたがっなにごとよりもだいじことふ、たとひつみこくはくしてもしさいゆるしあたへても、つうくわいなしにはどんちいさなつみでもゆるされず、しゅうゆひせきけても、いったんいよいつうかいしたうへでなければつみゆるされぬ。これはんしてべうきけがなどためはくぜうできときでもつうくわいさへあればゆるしられぬことはない。つうくわいなきときこくはくしさいゆるしやくたぬ、かへってつうくわい一つでことおぎなはれるからつうくわいもっとひつえうはれるわけである。

[下段]

こゝろあらためる[編集]

とはイエズス、キリストが「かいしんせぬならばみなほろびるぞ」とたびゞゝおっっしゃたかいしんすなはこゝろいれかへることである。

353●つうくわいとはなにでありますか[編集]

つうくわいおのつみを一しんかなしきらひ、いまからこれをかさぬとけっしんすることであります。

つうくわい[編集]

いたくやむといみで、ぞくこうくわいすなはあとくやみとはちがふ、たゞくやむのみではなく、しんからくやことである。げんごコントリチオ(ン)って、こころくだかれるとのいみである。すなはつみもっかたまったこゝろみじんくだかれるとのいみである。つうくわいふたつことふくむ、すなはきおうおもってはこれまでのつみしんくやきらことで、これけっしんふ。このふたことそろはぬならばつうくわいにはならぬ。

354●うはべばかりでつみくやんでりますか[編集]

りませぬ、こゝろそこからつみかなしきらひ、これをかしたことしんじつくちをしおもはねばなりませぬ。

-254-

うはべばかり[編集]

とはうはつらおもてむきくちばかりでとことであるが、これらぬことまうまでもない。こゝろそこからおこるのでなければほんとうつうくわいではない、たとひなみだながしたからとてせうこにはらぬ、じっさいゝゝあいてんしゅそむいたのがかなしい、じつざんねんであるとおもってこゝろいれかへるけっしんがなければ、ほんとうつうくわいでない、「つうくわいしんじつなるべし」とはれるのはそのことである。

355●をかしただいざいひとつでもくやまぬときいかゞ[編集]

だいざい一つもゆるされませぬ。

ひとつでも、[編集]

とあるはたとへば十あるうちに一はことさらたのしかったので、それだけはくやきらざんねんはれぬとやうことである。だいざいそのひとつゝゝゝてんしゅて、イエズス、キリストさらに十じかたてまつり、ぢごくばつまねく。ゆゑだいざいひとつゝゝゝうへつうくわいおよばなくてはならぬ。つうくわいおよばぬだいざいひとつとしてゆるされぬ。またひとつでもつうくわいしないだいざいがあってはすべてのだいざいゆるされない。このゆえに「つうくわいは一ぱんなるべし」とはれるのである。

[下段]

ちゅうだいざいひとつづゝにいてつうくわいおこさぬでもい、たゞおかしたのをのこらずつうくわいするはずである。だいざいなくしてせうざいばかりあるときは、そのせうざいひとついてなりともつうくわいがないならばくわいしゅんひせきむこうになる。うならぬためにはつうくわいするいぜんつみでもこくはくせるがい。

356●せけんばつあるひそんがいちじょくなどってつみかなしめばゆるされるにりますか[編集]

それではらずしんかうぜうわけもっつうくわいせねばなりませぬ。

せけんばつ[編集]

たとへばたれた。かんだうけた、ばっきんられた、てうえきをさせられたとふやうなことで、せけんばっせられても、なほてんしゅそむいたのでらいせいばっせられることまぬがれぬ。

ちじょく[編集]

とははずかしめられることで、たとへばめんぼくうしなった、さいばんけた、しんぶんしぜうはぢさらされたなどことである。

そんがい[編集]

たとへばだうらくさけためべうきおこした、しんだいつぶした、ゐかいやくめうばはれたなどことである。

せけんばつちじょくそんがいなどこくかはふりつまたしゃくわいせいさいそむ

-255-

いたためきまったことであって、これせけんてまへつみえるにしても、てんしゅそむいたつみなかゝゝきえず、そのわけもっくやんでもてんしゅよりゆるされるにらぬ、こうけうえうりそんつうくわいてうしぜんでないとあるのはそのわけである。しんかうじごくれんごくらいせばつことさらつみけさすためてんしゅよりさだめられたるものなればこれおそれてくやむにはてうしぜんてきつうくわいはれる。

357●どんわけもっつみつうくわいせねばなりませぬか[編集]

だい一、つみもっもっとあいすべきちゝそむき、またイエズス、キリストを十じかくぎつけていたらしめたわけだい二、をはりなきさいはひうしなひ、をはりなきくるしみけるわけなどもっつうくわいせねばならぬ。

つうくわいおこすにしんからいのってつぎのやうなことかんがへるが


だい一、

もっとあいすべきちゝそむいた。[編集]

てんしゅばんぶつつくかつつかさどたまふにみなそのめいれいどほりりっぱまもってる。

にんげんばかりこれそむき、わたくしてんしゅよりつくられて、っただけものてんしゅよりいたゞかぬものはない、かみげぽんかってにならず、いき

[下段]

ながらへるのもまったおんめぐみによるほかはない、かくあいすべくかんしゃすべくしたがふべきおんちゝいままでそむたてまつったことは、いかにもはんぎゃくぼうおんあつかましさのさたではないか。あゝてんちゝぎみつみどれほどにくきらふべきものかをわれさとらせたまへとかへすゞゝゝねがはねばならぬ。

またイエズス、キリストを十じかくぎつけていたらしめたわけ[編集]

じかってあるひしたひれふして、イエズスさまこれはりつけられてくるしたまふのをこゝろひらいてながらおもよ十じかかゝたまふのはそもどなたであるか、たれためこんひどはされたまふのか、おんくるしみどれほどであるか、これいちゝゝおもひやって、わたしつみをかたびごとそのてきなかまり、イエズスさまかまはずむざんむちうち、みかほつばきし、いばらかむせ、十じかおもくならせて、とちうたほし、おんてあしくぎうちこみ、おんちながさせたてまつるのではないか。それおんあしもとひれふし、はぢいり、なげき、こゝろからのわがつみおんゆるしねがひ、せいぼマリアおんとりつぎもとめて「あゝせいぼよ、十じかくぎつけられたまへるおんこきずわがこゝろふかくつらぬかせたまへ」といのるがい。

-256-

だい二、

をはりなきさいはひうしなひ。[編集]

わたしつみをかしたから、てんしゅみたてまつことできなくなる、すなはイエズス、キリストおんくるしみおんちもっまうけられたてんごくさいはひことできなくなる。

おもへばつみいかにもにくきらかなしむべきものではないか。

をはりなきくるしみけるわけ[編集]

わたしつみためてんしゅよりてられて、イエズス、キリストくるしめたあくたうせかいだいざいにんあくまともをはりなくくるしはずであるが、イエズス、キリストじごくくるしみであるとおっしゃってる。われらゆびさきを一ぷんかんなかことたまらぬのに、をはりなくなかくるしむとはなんおそろしいことであろう、しかみづかつみもってんしゅたてまつるから、てんしゅよりてられるのもあたりまへで、わたしこそわるかった、ほんたうおそろしくもまたざんねんである。どうあってもゆるしていたゞいて、これからはつみをかさぬとけっしんすべきであらう。

など[編集]

とあるは、できかぎいろゝゝはうめんからつみにくきらふべきことかんがへて、ぜひつうくわいこゝろおこさねばならぬとのいみである。