公教要理説明/03-15

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-266-

[下段]

だい六十一くわ つみゆるし[編集]

379◯こくはくいのりをはってのちどうしますか[編集]

しさいことき、まためいぜられるつぐのひこゝろとゞこゝろから、つうくわいいのりとなへます。

こくはくんだならば、しさいくんかいつつしんでくべきである。それつみのこしてはないかなどかんがへてこゝろらしてはならぬ。みゝすましてしさいいけんき、はれることがあればめいれうたんじゅんこたへなければならぬ。つぎつぐのひめいぜられる。めいぜられるつぐのひはたことくわいしゅんひせきの一ぶぶんであるからこれはたさうとのこゝろざしがなければこくはくむこうになるからちういせねばならぬ。しさいいまゆるしあたへますとおっしゃれば、つうくわいいのりこゝろからとなへねばならぬ。

-267-

ちゅうだい一、てうざいしつみゆるすにあたらてんごこくはくいのりつぎにある「ねがはくは」などふたとなへてから、こくはくしゃむかげて「ねがはくはわがしゅイエズス、キリストなんぢつみゆるたまはんことを。われしゅけんりょくによってかなことなんぢえうすることおうじて、はもんせいむきんしとのすべてのほだしき、ちゝせいれいとのみなによってなんぢつみをもゆるす。ねがはくはわがしゅイエズス、キリストごじゅなんしうせいどうていなるせいマリアおよしょせいじんいさをしと、なんぢすべてのぜんげふしのこんなんとはなんぢつみゆるされるもととなり、せいてうぞうかとなり、えいゑんいのちむくひれかし」のいのりとなへる。

だい二、つみゆるされることを「しゃざい」とふが、しゃざいかうくわおもよつある、(一)だいざいみなゆるされてれいこんよりせいうつり、せいてうくわいふくされてこゝろきよくせられ、てんしゅみこゝろかなふものとる。(二)をはりなきばつをもゆるされ、てんごくくべきものとる。(三)つみをかしたためうしなったいさをしかへされ、ふたゝらいせまうけるいさをしられるやうにる。(四)ふたゝつみをかさぬけっしんまもために、とくべつじょりょくかうむる。またせうざいのみのときしゃざいでは、(一)

[下段]

つうくわいするせうざいゆるされ、すでゆるされただいざいけがれいよいきよめられる。(二)せいゝゝせいてうし、こゝろきよめられ、ますゝゝてんしゅみこゝろかなふものとり、ひとしほてんごくおいえいふくくべきものとる。(三)つみふせねっしんつとめるためじょりょくいたゞく。

380◯こくはくすればいつでもしさいからつみゆるしけますか[編集]

いなつみゆるしけるのはほんにんかくごります。

しさいてんしゅめうだいであるから、かってつみゆるわけにはかぬ。しんじつこゝろあらためるとのしるしのないときゆるしあたへることできぬ。たとへばるべきをしへらず、あるひならはず、あるひしじょならはせず、しんずべきかでうしんぜず、あるひこゝろあらたやうともせず、ゐこんうらみめず、わぼくせず、ぬすんだかねむりおさへたしなものかへさず、たにんけたそんがいおぎなことのばし、だいざいめず、そのちかきくわいけず、くせためなほさず、おほやけしきかゞみとなったり、さうおうつぐのひはたさぬひとなどは、たとひつみゆるしねがうても、すぐこれつみゆるしあたへるのは、しさいとしてはせいなるひせきけがし、せいなるおのぎむそむことになる、それしんじつくいあらためしるし

-268-

へるまで、ゆるしさしのばことあたりまへである。ときにはこくはくしゃは、ひときわふかけんそんこゝろもって、てうざいしいけんしたがっておのれかへりおのれためわきまへて、ふそくせるところおぎなひ、あらためてこくはくせねばならぬ。

381◯こくはくつみゆるされぬひとどうするはずでありますか[編集]

かくごしてふたゝしさいゆるしねがはずであります。

かくごして[編集]

とは、てうざいしふまんおもはず、そしらず、しんじつつみくいあらため、それゞゝつとむべきことたとへばをしへならひ、ひとわぼくし、しきくせためなほし、しきえんち、

ふたゝしさいゆるしねがはず[編集]

まへおなしさいならばこくはくしなほさぬでもことあれど、ちがったしさいならばまへこくはくしなほし、またつみゆるしこばまれたことそのわけあきらかにあらはさねばなりませぬ。

382●しさいこくはくかゝはことがらたにんもらことできませぬか[編集]

しさいこくはくかゝはことがらけっ

[下段]

たにんもらことできませぬ。

てうざいしどんことがあっても、たとひころされやうとも、こくはくいたつみたにんもらことけっしてできぬ。またじじつもらしもしない。もらこといなんでころされたしさいはあるけれどももらしたれいひとつもない。おもふにこれにんげんではむしふかのうともふべきことでありながらじっかうされてるのをるとまったてんしゅおたすけるとわねばならぬ。

てうざいしひとこくはくしたつみこくはくぜういぐわいところにてはそのほんにんにさへもはなことできぬ。てうざいしかくまでげんみつまもこくはくひみつこくはくしたひとどうやうげんみつまもらねばならぬ、けっしてたにんはなししてはならぬ。それもしじぶんまんこくはくときつみさそはれるやうことがあるならばうったふべきであるけれどもそのほかにはじぶんはくぜうしたことでも、いひつけられたつぐのひまたすべしさいからはれたこと、一さいほかもらことできぬ。またひとこくはくするところきゝつけることつみである。みゝるならば、きこえぬやうにするか、ざせきへねばならぬ。またみゝったつみひともらしてもならぬ。だいじいてひとつみへば、だいざいるにさうゐない。

-269-

ちゅうこくはくひみつまもるべきものは、ちょくせつかんせつはくぜうくわんすることったひとみなである。れば(一)ほんたうてうざいしばかりでなく、じぶんしさいっていつはってこくはくいたひと、(二)こくはくつうべんをしたひと、(三)ひとこくはくもれきいたひと、(四)ひとこくはくじゅんびときなにこくはくすべきか、とほりにこくはくすればいかをたづねられたひと、(五)きうめいるのにこくはくしゃをしへ、あるひたすけたひと、(六)つみいたかみんだひとかみみいだそれったときは、よみやめてやぶってしまはねばならぬ。

383●こくはくぜうしりぞいてのちどうせねばなりませぬか[編集]

しばらくてんしゅみまへつみゆるされたことかんしゃし、かなりはやめいぜられたつぐのひはたさねばなりませぬ。

しゃざいかうむったときけっしてぢきみだうず、しばらとゞまって

つみゆるされたことしゃし、[編集]

てうなはめかれたざいにんしけいほうめんされたざいにんどうやうきずだらけであったのににはかいやされたのとどうやうひんせまられてたのにたいきんほどこされたのとどうやうに、よろこんでてんしゅみまへひれふして、かたじけなくおんちゝあはれみかうむ

[下段]

り、みすてられず、イエズス、キリストおんくるしみおんちもっきよめられ、ぢごくのがてんごくかれるやうにったことこゝろからおんれいまうしあげなければならぬ、またしさいからさとされたことおもひだしてかんがへ、これまもけっしんかため、つみたよりけ、しきくせためなほじっかうはうはふさだめ、これじっかうてんしゅおたすけねっしんいのらねばならぬ。

めいぜられたつぐのひかならはたさねばなりませぬ。[編集]

さきにもったとほつぐのひくわいしゅんひせきの一ぶぶんであって、これけてはひせきくわんぜんではない、したがっそのかうくわを十ぶんせうじないから、るべくはやはたさねばならぬ、だいざいためめいぜられたじうだいつぐのひおこたったならばだいざいになりる。

ちゅうじぶんつぐのひめることあるひへることできぬ。てうざいしこれいひつけることわすれたならば、せいきゅうし、こくはくしゃおもひださぬときてうざいしさいそくし、おこなひかねるならば、とりかへることねがひ、たにんあらはしてはならぬ。