公教要理説明/01-24

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-108-

だい二十四くわ にくしんよみがへりこうしんぱん[編集]

133●ひとにくたいふくくわつせぬか[編集]

ひとにくたいをはりこうしんぱんけるためふくくわつし、れいこんともをはりなくせうばつけるはずであります。

しとしんけうに「にくしんふくくわつしんたてまつる」とあるのは、イエズ

[下段]

ス、キリストたびゝゞおっしゃったことばしたがって、めんゝゝからだは一たんふはいしても、かなら

をはりふくくわつ[編集]

するとことであります。そのわけひとれいこんばかりでない、れいこんからだあってこそ、あせみづながしてはたらき、かつさまゞゝくるしみ、をしまずひとみちつくしたもの、あるひおもほねおりをしみ、にくしんくわいらくかされてあくじしたものゆゑやはりからだとも

せうばつける[編集]

したうであります。しかるにからだぶぶんちりゞゝり、ものにもへんじてるのに、うしてふたゝあつめられようか。かねわがからだったのは、がんらいたえまなくおなぶぶんおなぶんしおなぶっしつあってのわがからだではない、がくしゃとほり、うまれてからぬるまでに、そのぶんしいくどとなくいりかはったにもかゝはらず、わがからだはれたのはぶんしでなく、そのぜんたいであって、わがものいしきしてこそわがからだであったゆゑふくくわつしたときやはりそのとほり、ぶっしつぶんしみなちがっても、わがものわがからだとならばふそくはない。それふくくわつするからだれいこんにあったものであって、たゞぜんにんからだくわうえいび、あくにんからだいやしくえるにさうゐありませぬ。

-109-

134●こうしんぱんとはなんであるか[編集]

こうしんぱんをはりあたにんげんみなふくくわつして、イエズス、キリストからおほやけぜんあくたゞされることであります。

こうしんぱん[編集]

とはおほやけしんぱんいみまたそうしんぱん」ともふが、やはり

にんげんみな[編集]

のこらずこれけるわけであります。

こうしんぱんあるべきことイエズス、キリストいくどおっしゃったが、ししんぱんでは一にんづつに十ぶんであるにしても、しゃくわいには、すなはにんげんぱんにはぶんであるからであります。だい九十九のとひちょっといったが、なほこゝろみおもへ、

だい一、ひとぜんあくえいけうそのだいかぎらずずっあひつゞき、どれほどおやこどもを、けうしでしを、ちょしょよみてを、ひとかゞみまねひとあるひわるらせたかはぢきれず。

だい二、ぜんにんかへっあくにんみなされ、はづかしめられ、くるしめられ、あるひは一ぱんふじゆうったのに、これはんしてあくにんせいこうしておほいさかえ、わがまゝとほし、くらいらくきはめてすごしたやうにおもはれる。

[下段]

だい三、ぜんあくはたらいたからだししんぱんときせうばつず。

だい四、イエズス、キリストさへも、ひぜうあいせられたまふたこともあれば、おほいきらはれたまふたこともあって、じっさいしかくみとめられてらず、しんじゃふしんじゃゆうれつはっきりせず。

だい五、このよぜんあくさうたうせうばつほどこされず、てんしゅおはからひたびゝゞふこうへいなやうにそしられることなどつねにあるではないか。そのてんしゅこうへいおほやけらせるために、こうしんぱんおこなはれるはずであります。りながらだい二十三のとひはれたごとく、じかんことではない、またゝにでもおほやけはっぴょうされるものであります。

135●ひとは四しうことしばしばおもはねばならぬか[編集]

しかり、あくぜんはげためしばゝゞしうことおもはねばなりませぬ。

しうことおも[編集]

とは、にんげんぱんいてよりは、じぶんいてはやかれおそかれぜひしぬべきことればあくそくもとめつゝあるざいさんなどいやおうなしにてばなしはずいまあまたいせつにする

-110-

からだあてられぬほどみにくり、よりつかれぬほどくさり、くさってしまはずいまそまつにするれいこんだけいきのこはずまたなにいてもかならしんぱんけ、てんあみのがれることできぬ、いさゝかぜんでもわづかあくでも、かならせうばつたねことじっさいてきしばしばかんがへることであります。

これ

あく[編集]

ためで、これまさみちはない、せいしょに「すべてのわざおいおのれをはりきおくせよ、らばいつまでもつみをかことあるまい」と(集会書 七。四〇)あるがごとし。あくけやうかとするときに、いまをかつみかくさうとしてもかならめんみつてんしゅよりはれる、そのばつうしてもまぬがれまいとおもったならば、いかつみをかされやうか、また

ぜんはげため[編集]

すなはよわくてつとめきらぬとおもときこのこんなんうちかつならばてんしゅみこゝろかなひ、そのかはりいつまでもてんごくおいよろこたのしむにさうゐないとかんがへれば、かならはげみいてなにごとできことはない。

りながら「やとはれびとこんぜう」のやうに、おのそんえきばかかんがへてつとめるのはぜうさくでない、たとへばてんごくあるひぢごく

[下段]

ったならばつとめまいとおもふがごとこゝろあいではないむししよくである。らばてんましまおんちゝたいし、イエズス、キリストごくなんたいして、おのれち、にちゝゝきはげまし、ちからつくして、すべてのぎむはたすやうにするのがしんじゃほんぶんである。ぎむひとり、てんしゅこどもり、イエズス、キリストちうじつしんじゃるのはわれゝゝてんしょくである。

いくつくしてもまんの一にもるまいけれども、ほうしうかへりみずばんじてんぷうちまかせてもっぱみこゝろかなためはげむならば、あまり、のぞみあまって、まんそうばいむくいられることわすれてはならぬ。