公教要理説明/01-03

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明

-20-

だいくゎ さうぞうおよしゅさい[編集]

20●なぜてんしゅてんちさうぞうしゅまうしますか[編集]

てんちばんぶつよりつくたまふたにって、てんちさうぞうしゅまをします。

しとしんけうに、「てんちさうぞうしゅ」といてあるので、そのことばわけたづねるのである。こたへにある

てんちばんぶつ[編集]

いみは、だい十三ばんとひえる。

より[編集]

とは、かったのに、ところから、なにしにとのいみさうぞうとは、はじつくる、またなにしにとのいみで、

さうぞうしゅ[編集]

とは、なにしにつくたまふたおんあるじいみである。にんげんものつくるのは、なにしにつくるのではなく、かならなにかをもっつくるから、さうぞうとははず、たいていせいぞう

-21-

いふ

21●てんしゅどうしててんちばんぶつよりつくたまふたか[編集]

てんしゅそのぜんのうもってんちばんぶつよりでかたまふたのであります。

ひとなにしにつくことできぬのに、どうしててんしゅつくたまふたかとふに、そのぜんのうすなはかぎりなきおんちからによってでかたまふたとほかはない、ひとできぬのは、それだけのちからいからである。

ちゅうせいしょればてんしゅめいたまふたのでものできたとあるが、れいにてましませばこゑごときものをたまふたのではなくおぼしめしじっさいあらはたまふたわけである。またむいかあいだちぜうばんぶつつくたまふたとはあれど、こんにちのやうな二十四じかんむいかではない、しうかんせいどさだめるために、ながねんすうむいかたとへたにぎぬ。またどうしょくぶつかくしゅるゐいちゝゝちょくせつつくたまふたとひとあれども、それにはかぎらぬ。そのしだいむしがくしゃけんきうまかせられたことである。しんくわしたとっても、そのしんくわ

[下段]

しぜんとははず、てんねんすなはてんしゅおんさだめによってうなったとへば、こうけうくゎいしんかうかでうそむかぬ。しんかうかでうは、ばんぶつはじめあることとの二てんぎぬのである。

22●てんしゅてんちばんぶつつくたまふたばかりでありますか[編集]

てんしゅてんちばんぶつつくたまうたばかりでなく、つねこれたもち、かつつかさどたまふのである。

てんしゅせっかくでかたまふた

ばんぶつ[編集]

ってたまふものではない、たえまなくこれ

たもち、[編集]

またばんぶつつりあったはふそくて、これおうじてえず

つかさどたまふ。[編集]

えかねるちいさむしいたまでおのゝゝそのもくてきげるために、きめうよそほはせた[ま]ふ。

ちゅうてんしゅばんぶつそのもくてきあはせてはからたまことてんしゅの「せつり」、または「おはからひ」とまをす。てんしゅせつりによらではかみのけいっぽんけず、すずめいちはでもくなることはないと、イエズス、キリストおっしゃったのである。

-22-

りながらごせつりめいれいかぎるのではない、これふたどほりあって、(一)めいれいもあれば、また(二)さしおたまばかりのこともある。(一)ばんぶつさうたうするはふそくたまふたによって、ぜひなくこれまもらせたまふのはめいれいである。はふそくぐわいできごととくべつおぼしめししるしであってきせきまをす。(二)あくじてんしゅいましたまところなれば、さつぱりできぬやうにめさうなものとおもはるれど、いかんせんかたじけなおぼしめしによって、にんげんじゆうあたへ、どうぶつかくしゅるゐほんのうあたへ、ばんぶつさまゞゝはふそくめ、いっぱんげんいんけっくわつりあひたまふたによって、いちゝゝあくじめれば、えずおんさだめやぶらねばならぬから、むしいちじさしおいてつまりためになるやうにはからふがいと、ぜんちもっおもんぱかたまふたのである。せいパウロいはく「あゝひとなんぢたれなればかみいひさからふぞ。どきおのれつくったひとむかって、なぜわれこのとほつくったぞとふか。やきものしおなつちくれもって、ひとつうつはたっとようためひとつうつはいやしいようためつくけんあるではないか」と(ロ マ 書九。二十)

[下段]

23●てんしゅかくだんひとことはからたまふか[編集]

てんしゅおやそのこたいするごとひとことはからたまふのであります。

だい一、せけんごとく、てんしゅにんげんばんぶつれいてうすなはかしらさだめ、ばんぶつこれまかたまふたばかりでない。

だい二、てんしゅひとちゝたることおっしゃって、ばんじひとためちゝごとはからことしめたまふたのであります。

だい三、りながらせけんおやごとく、このよためにのみはからたまふのでない、むしのちためひとなによりだいじたすかりためもっぱはからたまふ。せいパウロいはく「かみあいするもの………にはばんじともはたらいてそのためえきらぬはない」と(ロ マ 書八。二八)。それはざはひでも、そんがいでも、あやまちいたるまで、たすかりためりようされぬものはない。

24●てんしゅあいふかちゝなればひとてんしゅたいしてどうせねばならぬか[編集]

ひとごとてんしゅこうつくし、ばんじえてあいたてまつらねばなりませぬ。

-23-

てんしゅちゝらしくしたまふのは、われゝゝらしくするしだいである。らしくすれば、てんしゅめぐみいたゞく、らしくつとめぬならば、かんだうけててられるはずればわれゝゝおのれて、てんしゅ

[編集]

どもらねばならぬ。おしまず

かうつく[編集]

やうにくめんせねばならぬ。

ばんじえて[編集]

すなはたれかれよりも、なによりも、こゝろから

あい[編集]

たてまつり、おいひつけおいましめまもばかりでなく、およろこびるやうにはげまねばならぬのである。

25●てんしゅひとちゝであるのになぜひとわざはひとりのたまはぬか[編集]

ひとわざはひあるわけおもみつすなはあるひためしり、あるひつみつぐのひとなり、あるひみらいさいはひたねるからであります。にんげんじぶんことばかりをおもふに、てんしゅばんぶつそうたいはからたまふ。にんげんこのよことばかりをかんがへるに、てんしゅのちもっぱおもんぱかたまふ。にんげんいんえんことわすやすいに、てんしゅげんいんけっくわつりあひかたたもたせたまふ。それわざはひあるときひとうろたへてそのわけかんがへず、むやみつぶやく、りながらどんわざはひ

[下段]

そのわけたづねれば、たいていつぎみつわけによらぬものはめったにない。

だい一、

わざはひためしる。[編集]

このよことさらためしである、すなはらくにあってもにあっても、ぞんぶんあたへられてもうばはれても、てんしゅおぼしめしおもんずるか、そのしゅけんきふくするかと、こゝろみられることおほい。むかしヨブひとなにふそくなくたいそうりっぱくらしをしてたのにとつぜんためしって、むすこむすめみなしなれ、おびたゞしいざいさんうしなひ、じぶんひどみにくびゃうきかゝり、つらはせられたところつまからばかにされて、てんしゅのゝしことすゝめられたれど、もっぱら「てんしゅあたへててんしゅうばたまふた、てんしゅしゅくせられたまへかし」とって、ばんみんもっとかんずべきかゞみったが、つひまへよりばいにもざいさんなどくわいふくしたのはなだかためしである。

だい二、わざはひ

つみつぐのひ[編集]

る。もとよりつぐのひばつとはちがふ。ばつつみかはりばかりであるのに、つぐのひつみかはりにもれば、またよこらへたさきためてがらにもる。のちしゃうばつであるからいくらくるしんでもしかたないが、このよではむしつぐのひ

-24-

り、こらへしだいまたてがらにもる。

おほくのわざはひいっしんじゃうざいさんじゃうかゝはらず、じぶんおやせんぞつみあるひおこたりふちゅういしそこないなどよりおこるが、わるげんいんあったときに、わるけっくわしゃうじるのはあたりまへである。てんしゅそのわざはひいちゝゝとりのたまふとすれば、ばんぶつつりあひちつじょはふそくなどいちゝゝやぶらねばならぬ、それむしつみつぐのひまたてがららせるために、とりのぞかぬほういとのおぼしめしである。じごくれんごくばつせられるよりは、むしこのよつみつぐのひとして、こゝろよくるしむこそしあはせである。

だい三、わざはひ

みらいさいはひたね[編集]

る。ことわざに「らくたね」とふが、イエズス、キリストってもうであった、せいパウロいはく「キリストみずかへりくだってし、しかじふじかじゃういたまでしたがものたまふた。このゆゑかみこれさいじゃうげて、いっさいまさたまふた」と(フィリッピ書二。八、九)。またいはく「それわれらみじかかるげんざいくわんなんが、われらえいゑんぢゅうだいにしてむひくわうえいじゅんびするからである」と(コリント後書四。一七)

[下段]

わざはひかゝったときこのみつわけかんがへれば、てんしゅおはからひつぶやくよりは、むしうもあるべきことさとって、ほどしのやする。てんしゅこのよひとぜんあくかゝはらず、かうふかうくだたまごとくにゆれど、じっさいそのわけけっくわとはかくじんりててんちちがひである。かくなにおいても、てんしゅぜんちみどころと、われわれあさぢゑみどころちがはづかたときわすれてはならぬ。