公教要理説明/01-13

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-65-


だい十三くわ きうせい (一)[編集]

81●イエズス、キリストいっさいにんげんすくためとくなにたまふたか[編集]

イエズス、キリストいっさいにんげんすくためくるしみじふじかくぎづけられてたまふたのであります。

いっさいにんげんすくため[編集]

こゝにんげんすくふとは、そのつみかはりさうとうつぐのひさゝげてそのゆるしさせ、をはりなきたすかりいたらしめるとことであるが、イエズス、キリストごじゅなんそのもくてきであります。

くるしみけ。[編集]

ごじぶんいさゝかつみなけれど、にんげんみがはりとして、さまゞゝくるしみもっそのつみあがなたまふたのであります。すうねんいぜんからよげんしゃイザヤこれいて、いてりま

-66-

した「かれわれらとがためきずつけられ、われらふぎためくだかれ、みづかこらしめけてわれらあんわあたへ、そのうたれたきずによってわれらいやされた。みなひつじごとまよひ、おのゝゝおのみちふみこんだ、しかるにてんしゅみなふぎかれはせたまふた」と(イザヤ書 五三。六、七)

じふじかくぎつけられ。[編集]

これいちばんくるしいいちばんはずかしいしけいでありまして、ほとんどれいだいざいにんかぎるものであった。

たまふた。[編集]

すなはぎせいにして、せいめいたまふたのであります。まへからおっしゃってりました、「ふたゝこれためいのちてるが、たれこれわれよりうばものはない、われこそみづかこれてるのである。われこれてるのけんもあれば、またふたゝこれるのけんをもってる」と(ヨ ハ ネ十。十七、十八)おもふににんげんうちひとりでもそんなにへるものがあらうか。

これみなきうしょくげんぎ」とふもので、すなはイエズス・キリストひとみがはりり、くしもっじんるゐあがなたまふたと

[下段]

かしぎけうりであります。だい五十五のとひちゅうえるさんばんめげんぎそれであります。

82●イエズス、キリストおもなるくるしみどんことでありますか[編集]

イエズス、キリストごしんつうあまあせながし、ざいにんごとさいばんしょかれ、むちうたれ、はずかしめられ、いばらかんむりかむらせられ、じゅうじかになうてカルワリヨところのぼり、ふたりとうぞくあひだはりつけにせられたまふたことなどであります。イエズス、キリストおんくるしみまこといひつくされぬほどでありましたがその

おもなる[編集]

ものをへば、

ごしんつうあまり。[編集]

みこゝろいたみひどくしてとのいみで、ゲッセマニそのうちって、(一)にんげんつみひきうだいざいにんありさまびてひぜうかなしみ、てんあふらず、おんちちみまえひれふしておそれいり、(二)またにんげんからけるはずひどくるしみいちゝゝしって、にんぜうによってそれみ、(三)またそれほどくるしんでもおほくのひとってはむえきことうれへて

[編集]

-67-

あせなが[編集]

たまふた。ひとひどびっくりすればひやあせことがあるが、イエズスあせちぜうにまでながほどでありました。

ざいにんごとく。[編集]

すなはなわめって、またさいばんせぬでもゆうざいきまったものとどうやう

さいばんしょかれ。[編集]

やちうながらもさきだいしさいアンナ(ス)やかたに、またいまだいしさいカイファ(カヤファ)さいばんしょに、あさってそうとくピラトさいばんしょに、またガリレア(ガリラヤ)こくわうヘロデのたくに、またふたゝピラトさいばんしょかれたまふた。

むちうたれ。[編集]

さんじゃくばかりいしばしらしばられて、むちとげいたかはひももっむざんむちうたれ、よげんとほからだじゅうきずだらけにたまふた。

はずかしめられ。[編集]

おほはれてほゝたれ、たれったかとはれ、かほつばきはきかけられ、すうじかんなぶりものられたまふた。

いばらかんむりかぶらせられ。[編集]

へいそついばらぼうしんでみかしらかぶらせ、よしうちこみ、またふるあかぐんぷくせ、よしたせて、ぶたいわうのやうにあざけり、じんみんみせものとし

[下段]

た。

じゅうじかになふて。[編集]

おもじふじかみづかになたまふたが、これたへかねるをへいそつらシレネシモンひとひてイエズスあとになはせた。

カルワリヨところのぼり。[編集]

ほんとうゴルゴタカルワリヨしゃれかうべ)とやくされたが、やまではない、しゃれかうべみたやうなちょっとこだかところであった。

ふたりとうぞくあいだに。[編集]

すなはとうぞくよりもだいざいにんとのしるしに、まんなかかれたまふた。ひとりイエズスのゝしるのに、ひとりこれとがめ、またイエズスむかひ、「しゅみくにいたったときわれおもたまへ」とまうしたれば、「きょうわれともらくえんらう」とはれた。

はりつけにせられたまふた。[編集]

すなはてあしかなくぎじふじかうちつけられたまふたがそのとほりじふじかたてられて、イエズスさんじかんてんちあひだつるされ、おんちどっとながれ、ばりされるのに、てきためゆるしいのたまふたなど、なほたくさんことがあって、むほんでしからてきわたされ、ペトロからさんどいなまれ、でしからげられ、ひとごろしバラバくらべられ

-68-

て、ゆるしてはならぬものとせられ、いふくくじどりにせられ、ませられたまなどしました。

ちゅうイエズスじうじかうへのたまふたなゝつありがたいおことばあれど、しょほえぬからこゝにもりゃくする。しかひとつだけ「かみよ、かみよ、なんわれたまふたか」とおっしゃったのはことちゅういすべきものであります。これてんにもうちすてられたやうなこゝちからたものにせよ、きうやくせいしょだい二十一ぺんはじめことばであることわすれてはならぬ。そのしにぶんわかたれるが、そのだい一は、ひぜうくるしものこゑとして、いろゝゝうちいてある、「すべわれものわれあざわらひ、くちびるそらし、かうべりてふ、かれしゅよりたのめり、しゅたすくべし……わがておよわがあしさしつらぬけり、わがほねことゞゝかぞふるばかりにりぬ……かれらたがひわがころもわかち、わがしたぎくじとりにせり」とこれイエズスおんくるしみよげんではないか。またつぎぶんたすけたるかんしゃことばあって、たとへば「われしゅみなわがけうだいのべつたへ、くわいうちしゅほめあげんとす……だいくわいうちしゅほめあぐるは、しゅよりづるめぐみにして、ちかひしことことゞゝ

[下段]

まったうせん……はてみなおもひいでてしゅかへり、しょこくやからみなみまへふしをがむべし……のちすゑしゅつかまつり、しゅことしそんかたりつたへらるべし、ひときたりてしゅあらたなるたみかたらん、しゅみわざたまひたるゆゑなり」などいてあれば、イエズスそのはじめことばとなたまふをもっいまめてられぬごじぶんありさまと、さきごふっかつなどくわうえいとは、すうねんぜんからよげんされたことおぼえさせたまふたのであります。

83●イエズス、キリストかほどくるしみけずともひとすくたまことできなかったか[編集]

できことはなかった、なぜなればイエズス、キリストてんしゅにてましませば、いさゝかわざでもそのくどくかぎりないからであります。ひとしわざねうちは、なによりそのしかくによります。おなわざるにも、こくわうたまふのと、つねひとるのとは、うんでいちがひである。……

-69-

……わづおんちいってきおんなみだひとたらしで、じふぶんであったことうたがひない。

84●なんためにイエズス、キリストはかほどくるしたまふたか[編集]

イエズス、キリストかほどくるしたまふたのは、ひとふかあいすることと、つみひどことと、たすかりたいせつこととをさとためであります。

それおもみつわける。しかそれただわれゝゝってけうくんところであるが、イエズスたまふたことは、ことゞゝおんちちくわうえいためなれば、ごじゅなんおもなるわけは、ひとてんしゅつやはずぎむことれいはいかんしゃせいぐわんしょくざいふそくおぎなひ、もっぱてんしゅくわうえいせるためふがほんとうである。これもっまたゝみつことをしたまふた、すなはち、

[下段]

だい一、

ひとあいするのふかこと[編集]

イエズスかねて「ともだちためいのちてるよりまさあいはない」と(ヨ ハ ネ十五。十三)おほせられたが、ごじぶんともだちためどころでなく、てきためことてんしゅたるものがいやしいにんげんためひとために、それほどくるしみあまんじたまふたのはなんふべきあいであらうか。これにんげんあいらしいからではない、ぜひなくひとこゝろてんしゅたいしてあいおこさせるためであります。てんしゅおんこさへおしたまはずかくまでふぜうなるわれらあいたまふたれば、われらむろんぎりためなりともほねをりをしまず、つくし、あいもっあいむくたてまつるべきはずではないか。

だい二、

つみひどこと[編集]

あくまエワだましたときてんしゅのやうにってよしあしるであらう」とったが、ほんてんしゅでなければつみどれほどひどいとことわかりませぬ。イエズスこそごぞんじでありまして、ぜんしんからのなみだもっこれなげげきらずそのゆるしいのたまふたのである。つみひどことイエズスからだぢうおんきずごともんじもっいてありま

-70-

す。これながめるたびごとめんゝゝつみしからしめたものとおぼへておそれいり、つみいっしんくやみ、またをかしてはあらたイエズスきづはせ、じふじかはりつけるとどうやうであることかんがへて、うあってもをかさぬやうにつとめ、をかしたつみをしまずつぐのはねばなりませぬ。

だい三、

たすかりたいせつこと[編集]

たすかりひとってなによりたいせつなもので、これればをはりなくてんしゅみたてまつり、てんしゅよりあいせられるはずなるに、これうしなへばをはりなくてられて、あがなはれたかひなく、とりかへしできぬ。それイエズスは「ひつえうことたっひとつ」と(ル カ十。四二)おっしゃって、これさせるためつくされるだけくるしみあまんじたまふたのであります。れどてんしゅあいしてこそたすかりこときまゆえひっけうてんしゅたいするつとめひとつくさせ、おんちちほまれためである。

これわれらかたときわすれず、ぜひこゝろしみこませねばならぬだうりであります。