公教要理説明/03-09

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


だい五十五くゎ ミサせいさい[編集]

329●ミサせいさいとはなにでありますか[編集]

▲ミサせいさいとはしさいがパンとぶどうしゅとをイエズス、キリストおんからだおんちとにへんくゎさせ、これいけにへとしててんしゅさゝげるまつりでありま

[下段]

す。

ミサ[編集]

ことばラテンごであって、もとおくりかへすとのいみであった。そのわけいのりおはってとうといけにへはじめるときいたれば、いませんれいけてないひとゞゝにはさんかいげるあいづことばであった。これしぜんせいさいになったのである。

ミサせいさいちうにはいのりもあり、ぎしきもあるけれども、そればかりではない、これまつりとかせいさいとかってるけれどもつねまつりたとへばかみほとけまつりごゞまつりなどとはまったちがふ。ミサせいさいじっさいぎせいさゝげるのであるからむしぎせいSacrificiumとふべきである。

ミサせいさいさゝげるにはしかくあるひとすなは

しさい[編集]

る、しさいどうするかとへば、ひんきふけたけんりょくにより(だい四百五のとひ)、イエズス、キリストおんさだめとほり(三百二十六のとひ

パンとぶどうしゅとをイエズス、キリストおんからだおんちとにへんくゎさせる。[編集]

さうしてこれ

いけにへきたさゝげもの)としててんしゅさゝげる。[編集]

-238-

そのへんくゎさゝげとがすなはちミサせいさいぎせいである。

330◯イエズス、キリストを十じかうへさゝたまふたのとミサせいさいさゝたまふたのとはちがひますか[編集]

さゝげかたちがへどもそのじつたいいてはまったおないけにへであります。

さゝげかたちが[編集]

とはさゝげるしかたちがことでもつぎとひくはしくせつめいする。

おないけにへである[編集]

とは十じかうへでもミサせいさいおいてでも(一)おなさゝげぬしすなはイエズス、キリストが(二)おなさゝげものすなはごじぶんを(三)おなおんかたすなはおんちゝに(四)おなもくてきもって(だい三百三十二のとひえるとほり)さゝたまふからである。

ちゅう)ミサせいさいおいては十じかぜうさゝげすがたでありつゞきである。すがたとは十じかぜうさゝたまふたものをミサせいさいおいたえまなくさゝつゞけ、キリストおんもくてきをはりまでつゞかせて、

[下段]

そのくりきよりたのひとゞゝこれてきようするからである。しかし十じかぜうくりきがミサせいさいよっえるのではないがこれかうむひとえる。それはたとへてへば十じかすゐげん、ミサせいさいおいてのすゐだうもっはうゞゝひといつまでもとゞけられるやうなものである。

331◯さゝげかたちがふとはいかゞ[編集]

△十じかうへではイエズス、キリストくるしながして、みづかさゝたまふたが、ミサせいさいではくるしまずながさずなず、しさいもっさゝたまふとふことであります。

それさゝげるはうはふおもなるちがひよつある。

だい一、十じかぜうでは

イエズス、キリストくるし[編集]

たまうたけれども、ごふくくゎついらいさらくるしことできぬから、ミサせいさいではくるしたまはない。

だい二、十じかぜうでは

おんちなが[編集]

たまふたけれどもミサせいさいではこれできず、りながらおんちすでながされたがごとく、おん

-239-

きずよりながれでるのをさいしゃくけたやうにえる。

だい三、十じかぜうじっさい

[編集]

たまうたけれど、これいまできず、しかしミサせいさいおいてもしぶつもとあっうごかず、しにいろしたやうにえ、ことおんからだおんちべつゞゝわかたすなはおもはせる。これをミサせいさいおいてキリストのしんぴてきしふ。

だい四、十じかぜうではちょくせつごじしん

さゝたまふたが、[編集]

ミサせいさいではしさいもっさゝたまふ。たゞえるものはたゞかりしさいであってほんしさいりもなほさずイエズス、キリストである。

332●なにためにミサせいさいさゝげますか[編集]

▲ミサせいさいさゝげるのはてんしゅれいはいし、かんしゃし、つみあがなひ、おんめぐみもとめるためであります。

なにため[編集]

へば、ミサのもくてきであってよつあるが、やはりごたくしんすなはてんしゅおんこひとたまふたおんもくてきおなじもので、ミサせいさいもっなほゝゝあきらかげられるものである。

だい一、

てんしゅれいはいするため[編集]

イエズス、キリスト

[下段]

くだってもてんしゅたることかくたまふたけれどもせいたいひせきうちにあってはひとたることまでもおんちゝみまへこのうへなくへりくだみいづおうじ、にんげんれいはいふそくおぎなたまふ。

だい二、

かんしゃするため[編集]

にんげんてんしゅむすうごおんわすれがちであるから、イエズスおんみづかへんれいたまふ。それせいたいひせきさだたまときことさらかんしゃたまふたのである。

だい三、

つみあがなため[編集]

つみこれつぐのはれぬかぎばつまぬかれない、キリストひとつみあがなひとして、くるしかつしたまふたが、つみなほひゞをかされるからひゞひとつみあがなためしんぴてきしもっおんみいけにへさゝたまふ。

だい四、

おんめぐみもとめるため[編集]

ひとなにもとむべきかさへらず、なほつみびとであればそのねがひきゝいれられるねうちなきばかりでなくかへってられるはずなので、キリストにんげんかはりとなってもとたまふ。りながらキリストてんしゅにてましませばわれらためいのたまふとははれない。むしわれらいのりひきうけてこれ

-240-

かなはせたまふとふべきである。

ちゅう)ミサせいさいにんげんふそくおぎなためおこなはれるものなればそのもくてきげたいときはミサさいさいあづかるにまさみちはないとさとらねばならぬ、これイエズス、キリストともこれつとめるからである。それことさらてんしゅれいはいしたい、あるひごおんしゃしたい、あるひおんめぐみもとめたい、せうざいゆるしねがひたいとおもへば、ミサせいさいあづかるがもっとい、せうざいゆるしいたゞくにミサせいさいことさらこうのうのあるものである。げんだいでは一べうごとよつさゝげおこなはれしたがっキリストたえまなくミサせいさいもっこのよつもくてきげ、おんちゝたいするつとめつくし、にんげんふそくおぎなたまふ。よって、われゝゝいつであってもおもこゝろあはれいてきにミサせいさいあづかることできる。じつありがたしだいである。

333●たれためにミサせいさいさゝげますか[編集]

このよひとためにもミサせいさいさゝげます。

このよひと[編集]

とは、げんきてひとであって、しんじゃもちろん

[下段]

つみびとみしんじゃためにもそのかいしんもとまためいしんらぬもくてきためにもさゝげることできる。

れんごくれいこん[編集]

んでいよいてんごくあるひぢごくってるまいとおもはれるひとゞゝふ。ればせいじんためにミサせいさいえうせず、またたすかりおぼつかないいけうじんいたんしゃはもんしゃじさつしゃなどためおほやけにミサせいさいさゝげられぬ。しんじゃしぼうにんためことこうけうくゎいでミサせいさいさゝげるはさうしきおよしごあるひさうしきごかめ、七かめ、三十にちめまたねんきである。このときしにんのミサせいさいとくべついのりがある。

334●とほりにミサせいさいあづからねばなりませんか[編集]

▲ミサせいさいときうやまひしんかうとをつくし、イエズス、キリストごくなんごしきょおもひだし、さいだんかうりんたまイエズス、キリストつゝしんでれいはいせねばなりませぬ。

うやまひつく[編集]

とはうやゝゝしくきんしんたいどたもことである。

しんこうつく[編集]

とはしんかうまなこひらいてげんに十じかはりつけられてさゝたまイエズス、キリストながたてまつり、むしん

-241-

きゅうせいげんぎもくそうすることである。

ごくなんごしきょおもひだ[編集]

とは、ミサせいさいときごくなんごしきょありさまさいだんうへくりかへされるから、そのくどくいたゞくやうにこゝろがけることである。イエズス、キリストじっさいさいだんあまくだたまふから、けっしてぶれいさず、一しん

れいはい[編集]

してたのたてまつらねばならぬ。もなければかへっイエズス、キリストごしんせつないがしろにすることる。

ちゅう)ミサせいさいときなによりたいせつこゝろがへはイエズス、キリストぎせいあはせて、こゝろまたはたらきくるしみかなしみしんぱいをもみなともいけにへとしてさゝげ、こらへ、つとめることいのり、ますまはげこゝろおこことである。一しうにちようでもミサせいさいあづかれば、一しうかんくらうこゝろよさゝげ、をかしたせうざいゆるしねがひ、れいこんしんせんちからうまれかはったごとくになりつぎしうかんつとめるちからかうむる。