公教要理説明/01-16

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-75-

だい十六くわ すくいぬしせうてん[編集]

95●イエズス、キリストごふくくわつのちなにたまふたか[編集]

イエズス、キリストごふくくわつのち四十にちあいだしばゝゝでしたちあらはれ、そのふくくわつせうし、まらせいくわいことをしたまふたのであります。

-76-

四十にちあいだしばゝゞでしあらはれ。[編集]

すなはペトロまたににんに、じふにんに、十一にんに、七にんに、五百にんまでまたほかひとにもあらはたまふた。さうしてこれやぶんでなくひるまあきらかにものいひ、かつしょくし、からだきずとをせ、これけさせ、でしうたがひはらさせ、

ふくくわつせう[編集]

たまふた、すなはいよいふくくわつしたとことさまゞゝせうこもっみとめさせたまふた。なぜなればキリストごふくくわつなによりしんかうどだいるからであります。しもごふくくわつかったらキリストはいつはりものはれることまぬがれず、せいパウロあきらかにった、「キリストふくくわつたまはなかったらわれらせんけうむなしく、なんじらしんかうむなし」と(コリント前書十五。十四)

しかれどもおんやくそくとほふくくわつたまふたならたゞひとではない、たれでもことできよりもつよい、てんしゅちからふくくわつたまふたとすれば、てんしゅみずかそのをしへまことなるをほせうたまふたことる。ごじぶんちからふくくわつたまふたとすれば、ごじぶんいよいおっしゃったとほてんしゅおんこなることあきらかにれる。それごふくくわつわれゝゝしんかうもっとかんえうどだいであります。

またせいくわいことをしたまふた。[編集]

すなはせうらいしんじゃをしかつをさめるみちしとたちをしたまふた。ことさらに、

だい一、みづかおんちちよりつかはされたごとじぶんしとたちつかはし(ヨハネ廿。廿一)

だい二、ひとつみゆるまたゆるさぬけんりょくしとたちあたへ(ヨハネ廿。廿三)

だい三、ペトロけうくわいそうぼくしゃし(ヨハネ廿一。十五)

だい四、しとたちぜんせかいをしへべ、せんれいさづけ、おっしゃったところひとまもらせることめいじ、をはりまでともことやくそくたまふた(マテオ廿八。十八)のであります。

ちうてんしゅおはからひで、キリストごふくくわつしんかうかたどだいばかりでない、れきしぜうでもうごかすべからざるいちじるしいじじつであります。そもそれきしもっいろゝゝじじつつたはってるがりながらけっしてかるゞゝしくしんずべきものではない。そのしんぎすなはまことであるかないかをしらべることひつえうであります。いよいまことさうゐないとのせうこあらば、しんがたことでもしんずるほかはない。それじじつしんぎたしかめるにへうろんふものがあって、これによるのがかんえうである。れきしぜうへうろん

-77-

にてんきまる、だい一、ことつたへたひとはたしてあざむかれたではないか、だい二、あるひひとあざむきはぬか、このにてんしらべるはずである。ごふくくわついてこのにてんろんずれば、だい一、ごふくくわつせうこにんけっしてあざむかれてらぬ。なぜなれば(一)なかばなししんじたではなく、じぶんどもなんにんも、いくども、いろゝゝところで、たり、おことばいたり、あつかったりどこまでもあきらめたりしたのであります。(二)またけいそつしんじたでもない、あとうたがひかどすこしものこらぬやうに、めううたがひれた。(三)やうやしゅゞゝしるしもっそのうたがひりっぱはらしたのであるから、あざむかれてらぬことあきらかであります。

だい二、またごふくくわつせうこにんあざむかぬのはなほあきらかである。なぜなれば(一)いったんおくべうげたのに、ごふくくわつがなかったらいっそうちからおとして、やはりもとしょくげうもどほかはなかった。

(二)それみなたちかへって、むがくながらまるかはったやうに、たれにもはゞからずこうぜんごふくくわつげたばかりでない、(三)みなみをしまず、いましめられても、たれても、はずかしめられても、くるしめられても、あいかはらずいのちめて、ごふくくわつせうしたのであり

[下段]

ます、(四)いのちめてじじついひとほせうにんは、なかなかあざむくものではない。

これもっにてんそろってるから、ごふくくわつしんずべきことあきらかにれる。しもいろゝゝつたはってむかしばなしいていちゝゝこのにてんしらべてたら、いままでかたしんじられたことでもしんずるにらず、しんじられぬとみとめられることはたくさんあるにさうゐない。

しかるにごふくくわつせうここれとゞまらぬ。すこしもぬけめのないやうに、なほだいじわけこのにてんくわはった。すなはでしたちたとかりひとあざむきたいとおもったにしても、けっしてあざむことできぬやうにったとことで、そこなかゝゝだいじであります。かんがへてよ、イエズスごしがいはかってばんぺいまもられたのに、ごふくくわつしたとはせるやうにすれば、うしてもなによりさきそのしがいうまってかねばならぬが、でしたちしがいぬすことできたらうか、それくはだてさうもなかった。みないったんにげ、さすがかしらペトロさへもげじょおそれて、あつかましくもイエズスらぬとさんどまでいひはくらひおくべうなれば、

-78-

とてイエズスしがいぬすむやうなくはだてものでない。ことみっかのちふくくわつするとのおんやくそくなれば、それまでなりともってはずであった。しかまんいちぬすみたいとおもったにせよ、ぬすまれぬやうにちゃんばんぺいくにかしらからかれてれば、うしても(一)まいなひもったぶらかことできず、(二)なほさらぼうりょくもっうばことできず、これしかけたばかりでもばつまぬがれなかったであろう。(三)それならばんぺいらないやうにぬすことできぬかとふに、なほさらできぬ、ぬすまれぬやうにかれたばんぺいだもの。(四)そればんぺいかはるゞゝゝねるにしても、みないっぺんねいはずがない。(五)ねいったにせよ、でしおもてからはかいしとりのけてしがいぬすみ、あるひわきからあなってらうとしても、おとさせずにはできぬ。(六)ひとりでもめたらかならともだちおこしてしがいとりとめ、ぬすびとをもつかまへたはずではないかうしてもぬすしやうがない。(七)またいはれたとほばんぺいねいったあひだぬすまれたとすれば、ねいったものせうにんとするのはふでうりではないか。(八)それでもぬすまれたのをよみがへったとひとしんぜさせることは、たうていかおくべうむがくでしできこと

[下段]

ゆゑ、どこからろんじてもキリストごふくゝわつしんかうぜうのみならず、れきしぜうかならうごかすべからざるじじつはねばなりませぬ。キリストふくゝわつまことでなければ、キリストけうさへるにられぬわけである。

96●イエズス、キリストごふくくわつのち四十にちめなにたまふたか[編集]

イエズス、キリストごふくゝわつのちしじふにちめに、でしたちめのまへてんのぼたまふた、これごせうてんまうします。

イエズス四十にちめに、ヱルザレムからおよそてうほどへだゝったゲッセマニそのうへあたオリベトかんらんざん)とやましとたちつれゆき、こんゝゝゆゐごんあたへ、ぜんせかいをしへひろめることなどめいじ、をはりまでともことやくし、しゅくふくしながら、みなこれそゝいでったときよりあがたまことみえ、みなしきりあふいでたがくもさへぎられてえなくたまふた、イエズス

てんのぼたまふた[編集]

だい一のわけは、ひととしていつまでもこのよたまことできねば、かずゝゞはたらきくるしみほうしうれいこん

-79-

にくしんけるためである、イエズスおいても「らくたね」とりました。だい二のわけは、おんやくそくとほてんごくおいしんじゃるべきばしょそなへるためである、それわれらおんあとしたったならばかならともよろこびはずであります。だい三のわけは、おんきずおんちちみまへそなへて、えずひととりつぎたまためであります。かねこせいしょとゞまってったれいこんてんごくひきつたまふたのであります。

ちゅうイエズスごじぶんちからてんのぼたまふたによって

これを「ごせうてん[編集]

なづける。せいマリアいてときは、ごじぶんちからでなくてんしゅよりてんげられなさったによって「ひせうてん」とまうします。

97●ちちなるてんしゅみぎたまふとはなんいみでありますか[編集]

イエズス、キリストひととしてもてんおいおんちゝともさかえばんぶつつかさどたまふとのいみであります。

とひことばは、しとしんけういてあるからそのわけたづねる。

[下段]

て「ひとみぎす」とは、むかしからのけいようごであって、じっさいいまみぎすわってるとのいみでない、ぢきつぎくらゐるとだけとゞまる。それてんしゅおんちゝみぎひだりことまうすにおよばず、またイエズス、キリストじっさいざしてられるとわけでもない、むしおやすみったとはねばなりませぬ。

イエズス、キリストてんしゅとしておんちゝならたまことは、だい五十二のとひはれたとほりで、これしてイエズスはゞからず「われちゝとはひとつである」と(ヨ ハ ネ十。三十)おっしゃった。しかひととしてはうでない、またちゝわれよりさらおほきくまします」と(ヨ ハ ネ十四。廿八)おっしゃったとほりであります。りながら

ひととしても[編集]

すなはひとたるところでも、ばんぶつうへばんみんうへって、おんちゝぢきつぎくらひましまして、

おんちゝとも[編集]

たっとばれ、れいはいせられ、

ばんぶつつかさどたまふ。[編集]

ればおんちちごとくにれいはいし、けいあいし、もっぱつかまつるべきものであります。それおんちゝみぎたまふとはれる。

98●イエズス、キリストいまどこましま[編集]

-80-

[編集]

イエズス、キリストてんしゅとしてはどこにもましませど、ひととしてはてんごくせいたいひせきうちましますのであります。

かたときわすれてはならぬが、イエズス、キリストひとたまふたてんしゅだいにてましませば、しんじんりょうせいすなはてんしゅひととのもちまへねてられますから、

てんしゅとして[編集]

むろんてんにもにもましまさぬところなし、

ひととしては[編集]

われらおなじく五しゃくからだたまふによって、そのからだどこにもられるわけにはかず、てんのぼたまふたので、

てんごく[編集]

すなはせいじんたちられたまところまします、またちぜうえずながらわれらともとゞまためまたわれゝゝれいこんかてためかたじけなくさだたまふた

せいたいひせき[編集]

こもってられます。(だい三百二十いかとひゆ)

99●イエズス、キリストふたゝてんよりきたたまはずでありますか[編集]

しかイエズス、キリストをはりあたって、すべてのひと

[下段]

ぜんあくさばために、ふたゝてんよりきたたまはずであります。

イエズス、キリストいちどひとすくためこのよくだたまふたのに、またさいりん」とて

をはりしんぱんするため[編集]

ふたゝくだるとのやくそくたまひ、ごせうてんとき、二てんししとたちこれげたのであります。そのさばきは「こうしんぱん」とふがそのわけは、いまではたれたすかりるか、たれぢごくばっせられてるかはれず、イエズス、キリストかたしんかうするひとおほいのに、またかろんじてしきりきらひともあるればイエズス、キリストはじそのしんじゃとくをも、またそのてきおよあくにんあやまちをも、そのせうばつをも、おほやけらせるために、

ふたゝてんよりきたたまはずであります[編集]

だい百三十四のとひよ)

だいでう せい れい