公教要理説明/02-21

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-189-

だい四十五くわ たいしんとく(一)[編集]

259●たすかりためもっとひつえうとくなにであるか[編集]

しんぼうあいみつたいしんとくであります。

せいパウロことば

しんぼうあい[編集]

このみつ」とあるが、

たいしんとく[編集]

はれるのは、てんしゅしんじ、てんしゅきぼうし、てんしゅあいすることゆゑ、ちょくせつに、まっすぐてんしゅあたるからであります。てんしゅしんぜず、きぼうせず、あいせぬならば、どうしてたすかり

-190-

られようか、それそのみつとくたすかり

もっとひつえう[編集]

はれる。しんぼうあいうちに、こんぽんるのはむろんしんとくである、しんとくがなくてはぼうとくあいとくられぬからである。りながらみつうちすぐれたのはあいとくである。たとひしんとくぼうとくはあってもあいとくなければねうちはない、それてんごくおいては、しんぼうってえいゑんのこるのはあいのみだからである。

260●しんとくとはなにであるか[編集]

しんとくは、てんしゅあざむたまことなきにって、そのをしへことゞゝしんずるてうせいとくであります。このていぎみつことふくまれてる、だい一、しんとくせいしつすなはてうしぜんとくであることだい二、しんとくはたらきすなはてんしゅをしへことゞゝしんずることだい三、そのわけてんしゅあざむたまはぬとことである、こゝろめいきすべき三てんである。

しんとくてうせいとくである[編集]

とは、すなはかくじんちからによらず、せいてうてらされててんしゅしんかうし、そのをしへしんずるにこゝろかたむかせるからである。

しんとくはたらきてんしゅをしへしんずることであるが、しんずるのは、

[下段]

ことわかってことちがひ、ぬながら、わからぬながらにでもうたがことなく、しんからまことなりとおもことである。そのしんずるわけほかではない、あざむことできたまはぬてんしゅが、かくじんあらはたまはないでも、イエズス、キリストもって、十二しともって、こうけうくわいもって一ぱんをしたまふからである。それ

ことゞゝ[編集]

しんじねばならぬ、一てんでもしんじないなら、てんしゅよりあざむかれるとみなすことにるからこれではしんとくにはらぬ。

ちゅうてんしゅあざむたまことなきによってそのをしへことゞゝしんずるのはしんとくなれば、おほくのひとごとく、せいしょんでそのうちおのことまたきはぬことけて一ぽうしんじ一ぽうしんじないのはてんしゅおんことばしんずるのではなくて、おのすきゞゝことしんずるからしんとくとはいはれぬ。

261◯どんことしんとくそむくか[編集]

しんずべきことうたがひ、こうけうさからしょみ、しんかうあやふきをけず、いせつとなへ、こうけうてるなどしんとくそむきます。しんとくそむことおほい、そのおもなるは、

-191-

しんずべきことうたがひ。[編集]

いよいてんしゅをしへこうけうくわいをしへるところことしんかうかでうみとめながら、一てんでもうたがことしんとくそむくが、これいなめばなおさらことである。

こうけうさからしょもつ[編集]

たとへばそのをしへそのさだめそのぎしきそししょ

み、[編集]

あるひひとませることさうたうがくしきあって、そのしょもつとうべんするためこれむものならかくそれでもしけうゆるしるが、ぶんがくしきかまはずぶようじんむなら、とうべんすることできず、まよはされてしんとくうしなきけんがあるから、つみるにそうゐない。せいふどくやくまたちつじょふうぞくがいするしょせきなどはんばいきんずるごとく、こうけうくわいでもれいこんがいするしょもつきんずるのはたうぜんことである。

しんかうあやふ[編集]

とは、たとへばこうけうはんするしうけうぎしきあづかり、いせつしゃいきょうしゃせっけうき、ようじんせずにこうけうきらひとゞゝはなしあまんじてことなどであるが、「しゅまじはればあかる」とあるごとく、しんかうあやふきをけぬならばひにるにいたる。

[下段]

いせつ[編集]

とは、こうけうくわいをしへるところちがったはなしで、たとへばプロテスタンのうちごとく、こくはくらぬとか、せいしょむだけでるとかふやうなことじぶんへば、じたしんかうがいするのでしんとくそむく。

こうけうてる[編集]

とは、こうけうめるとことであるがこれことさらに「きけう」とひ、そんひとを「きけうしゃ」とふ。それだいおそるべきつみである。たすかりみちこうけういぐわいいから、しんとりかへしできそんがいる。こうけうてず、どこまでもこれまもために、けうりまなぶのがだいじであって、またしんとくそむかぬやうに、てんしゅじょりきかならいのらねばならぬ。せいペトロひとはゞかってあつかましくイエズスらぬと三までったのは、ことさらいましめられたのに、けいかいいのりず、むかずにわるひとなかまいりこんだからである。

など[編集]

とあるのは、いろゝゝあってあるひをしへまなばず、しんずべきたいせつことでもらぬのにけいこおこたり、あるひしんじゃでないとひ、あるひそのふりし、しんかうあらはさねばならぬばあひこれかくなどである。

-192-

ちゅうむやみしんかうあらはさぬでもいが、りながらことちういすべきは、

だい一、十かいせいくわいおきてによっていましめられいひつけられることまたイエズス、キリストめいたまふたキリストけうてきせいくわつぜひまもるべきことまをすにおよばず、ことだい百四十四、五、六、七のとひはれためいしんわざは、おもてむきだけでもけっしてゆるされぬ。たゞおきてらぬことたとへば十じかしるししょくじぜんごいのりごとく、るがい、よろしくすべしくらゐすゝめとゞまことなら、これぢるとか、かまはぬとかこゝろつみなれど、ひとはゞかって、ぬがいとおもばかりではつみにはらぬ。

だい二、けんりこじんしんかうはれたときこたへけてもけれど、しんじゃいとはけっしてってはならぬ。せいペトロイエズスくちばかりでもてたつみほどわすれてはならぬ。

だい三、とひたゞけんりあるひとからはれるか、こたへぬのはひとつまづかせるか、きけうしたとどうやうおもはれるかのときは、おどされてもばつまねいても、イエズス、キリストたいしてはゞからずしんかうあらはさねばならぬ。たとひおそろしくあっても、おのれたのまず、こら

[下段]

ちからてんしゅよりたまはこときぼうして、をしへてるようなことばでもはっしてはならぬ。じゅんけうしゃもはんめのまへくべきである。またイエズス、キリストが「わがためひとゞゝなんぢらのろひ、かつはくがいし、かついつはりて、なんぢらいてあらゆあくせいはなときなんぢらさいはひなるかな、よろこをどれ、てんおけなんぢらむくいはなはおほいからである。けだなんぢらよりさきにあったよげんしゃたちそのとほりはくがいせられた。」と(マテオ五。十一、十二)おっしゃったことわすれてはならぬ、くちさきだけならきけうことばはっしてもさしつかへないなどとおもふはだいなるまちがひである、くちさきだけでもきけうとなる。

ぼうとくとはなにであるか[編集]

ぼうとくは、てんしゅおんやくそくによって、このよではせいてうのちのよではたすかりるときぼうするてうせいとくであります。

このていぎにもみつことすなはぼうとくせいしつはたらきわけとがふくまれてある。

ぼうとくてうせいとくである[編集]

ことは、まへはれたとほせいてうっておことくであるからである。

ぼうとくはたらき

てんしゅおんやくそく[編集]

じつげん

きぼうする[編集]

すなは

-193-

こひねがのぞことである。おんやくそくおもふたつだい一、もとめるひとにはかならせいてうほどこし、すなはつみゆるしごてうあいと、またあくぜんせばみらいたすかりすなはをはりなきさいはひたまはこととである。

れうほうかたのぞわけは、じぶんちからによってゞはない、イエズス、キリストおんあがなひくりきと、かたじけなきおんやくそくがあるからである。しんりそのものなるてんしゅが一どやくそくたまいぜうは、けっしてこれやぶたまはぬからである。

ぼうとくもっもっぱあふぐべきはせいてうおよたすかりことなれど、にくしんいりようをもやくされたから、これきぼうすべきである。イエズス、キリストのたまはく「なんじらなになにんかとおもひわづらふな、これみないほうじんもとめるところにして、なんじらてんぷこれらものみななんじらことたまふ。ゆゑまづかみくにそのぎもとめよ、しからばこれらものみななんじらくはへられやう」と(マ テ オ六。三一、三三)。これたゞあたへられるわけではない、ことわざに「てんおのれたすけるものたすく」とあるごとく、はたらくのはあたりまへである。またみことばとほり「みくにせいぎ」とをもとめ、すなはみこゝろかなふやうにはげむのがだいじであ

[下段]

る。それでもびんぼうすれば、イエズス、キリストが「さいはひなるかなこゝろまづしいひとてんごくかれらものである」と(マテオ五。三)おっしゃったのをわすれず、イエズス、マリアさへもわれゝゝよりひどびんぼうしのたまふたゆゑじぶんおとさず、らくたねことおぼえてきぼうせねばならぬ。

263◯どんことぼうとくそむくか[編集]

たすかりいてしつぼうすることまたみだりたのすごことぼうとくそむく。

せいてうおよたすかりのぞむに、らぬこともあれば、ぎることもある。

だい一、のぞみらぬとは、たすかりえられぬとおもって

しつぼうすること[編集]

たとへばあまつみおほいのでとうていゆるしかうむないとおとしたりいくらどりょくしてもつみぜんにんにはまいとか、われゝゝのやうなものたうていたすかりかなはぬとかおもふがごとことである。なるほどかねもうけべうきぜんくわいなどせぜうしあはせもとよりおんやくそくいからできぬかもれぬ。しかつみいかほどひどくとも、しんくいあらためてイエズス、キリストよりすがれば、このよくるかぎけっしてゆるされぬつみはない。しゅおんあはれみいかなるつみよりもふかくし

-194-

て、まごゝろからくいあらたむればいつでもゆるすとのおんやくそくがあるから、けっしてこゝろおとしてはならぬ。すくいぬしあまくだたまふたのは、とくに「つみびとたづねてすくため」(マ テ オ九。十三)ではないか。よっカインユダごとく、たすかりいてしつぼうするはなによりみこゝろさからひ、ゆるされぬつみり、みづかたすかりみちふさぐのである。

だい二、りながらせいてうたすかりは、たゞかってられるとのおんやくそくい、ためにはみちあるゆゑみちまもらねばられぬことあきらかである。それあるひてんしゅおんあわれみあるひおのれちからみこぎて、たとへばてんしゅわればったまことはあるまひとか、いくらつみかさねてもこくはくさへすればゆるされるとか、まいねんこくはくせいたいはいれうしなくてもいついたさうとか、いまくいあらためぬでも、たうぶんしよくつゞけて、しにぎわくいあらためやうとかおもことは、「くわぼう」のつみ

すなは

たのすご[編集]

つみる。

てんしゅどうでもいつでもつうくわいするちからひまあたたまはなかったのみならず、だうりぜうからってもおんいましめさからってつみかさねたら、てられるはずである。ひっきょうおんあわれみたらずとてしつぼうするより、たのすごつみわりあひかるいけれど、れう

[下段]

ほうともだいざいことうたがひない。

ちゅうまへとひったとほり、にくしんぜういりよういて、あるひみだりこゝろおとし、あるひはたらかずしてむりきぼうするときは、いまのべるやうなしつぼうくわぼうとのつみこともあらう。