公教要理説明/03-16

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-270-

だい六十二くわ つぐのひ[編集]

384◯つぐのひなにためめいぜられますか[編集]

つぐのひめいぜられるのは(一)てんしゅしたるぶじょくつぐのひ、(二)つみたいするいうげんばつあがなひ、(三)おこなひあらためるためであります。

てうざいしひとつみおうじてさうたうつぐのひめいずるはづであるそのわけ

だい一、

てんしゅしたるぶじょくつぐのひ、[編集]

すなはひとつみもってんしゅけんゐさからひ、いましめけいべつし、おんそむき、イエズス、キリストおんくるしみむだにし、ふたゝび十じかはりつけるもどうやうにして、はなはだしきぶじょくけ、をはりなきばつはされたものであるからしんじつつうくわいがあるひとならば、いとはず、できるだけのつぐのひをしたいとのぞはずである。てうざいしめいずるのは、いくぶんそのぶじょくつぐのはせるためである。

だい二、

つみたいするいうげんばつあがなひ、[編集]

すなはだいざいためくべきかぎりなきばつかはりに、いうげんすなはかぎりあるばつつねのこる。それこれつぐのふにはてうざいしよりめいぜられるつぐのひめいぜられ

[下段]

とほりにくわんぜんたさねばならぬ。

だい三、

おこなひあらためるため[編集]

すなはしきくせためなほし、ひとざいさんあるひめいよけたそんがいがあるならばこれおぎなひ、しきかゞみったことがあるならばこれつくろなどためである。

385●つみゆるされたときそのばつともゆるされませぬか[編集]

つみゆるされるときえいゑんばつかならゆるされますけれどもいうげんばつのこことがあります。

かのマリア、マグダレナごとく、じぶんつみひどことさとって、一しんこれくやみ、ひとはゞからず、イエズスあしもとひれふし、なみだながし、つみたよりになったりつみをかためもちゐたきぐうちこはして、つみきくわいをもだんぜんすてるけっしんしめものならば、あるひイエズスかたはらはりつけられたたうぞくごとく、しゅのゝしなかまはなれ、じぶんつみひどことおもひこみ、どんばつでもあたりまへであるとして一しんすくひぬしよりすがものならば、せんれいけたときおなじくつみゆるされるとともそのばつことゞゝゆるされることるけれども、一たんせんれいけてから、つうくわいくわんぜんならずしてふくわんぜんつうくわい

-271-

もってでもたちかへときてんしゅおんさだめにより、

だいざい[編集]

いく百あってもこくはくよっ

ゆるされをはりなきばつをもゆるされる。[編集]

れど、これだけなにんだとおもふてはならぬ、あだかしけいむきてうえきしょせられたざいにんたいしゃおんてんかうむっても、そのまゝむざいはうめんになるのではなく、けいは一だんさげられていうきてうえきになるとおなだうりで、ぢごくむげんばつゆるされても、いうげんばつすなはかぎりあるれんごくこのよでのばつのこるのはつねである。こゝろあるひとならばいひつけられたつぐのひこゝろよねっしんはたすのみではらずとしてなほできかぎりのつぐのひはたしたいとおもふのがつねである。

386◯いうげんばつとはなにでありますか[編集]

いうげんばつこのよまたれんごくはたさねばならぬつぐのひであります。

いうげんばつ[編集]

とはかぎりあり、をはりあるばつとのいみである。ぢごくむげんたいしてふ。

このよまたれんごくはたさねばならぬつぐのひ[編集]

このよでのつぐのひかなしみくるしみさいなんなどである。たと

[下段]

へばきうやくじだいモイゼアーロンそのいもうとミリアムなどてんしゅつぶやいたつみゆるされたど、そのばつとしてやくそくらないうちんだことダヴヰドわうふぎまうけて、そのつみゆるされたけれども、いくらいのりしてもよぎなくんだことなどごとし。れんごくでのつぐのひつみつぐのはたすまでみらいくるしことであるが、れうはうともつみばつはれるしかこのよくるしみこゝろよけてさゝげたなら、さきゞゝほうしゅうたねにもるから、むしつぐのひなづけるがい、れんごくくるしむのはばつばかりであってのちためらぬ、それあのよばつせられるよりはこのよつぐのふやうにはげはうとくである。

387◯つぐのひめんじょされるためとくべつはうはふがありませんか[編集]

△それはこうけうくわいほどこしょくいうであります。いうげんばつあがなはうはふいろゝゝあるが、そのだい一はこくはくときいひつけられたつぐのひこゝろよくわんぜんはたことであって、だい三百八十四のとひはれたとほりそのつぐのひくわいしゅんひせきの一ぶぶんであるから、ひせきてきこうのうがある。てうざいしつみおうじてつぐのひめいずるはずではあるが、つみひどものおほためか、またつみびときよわこと

-272-

おそれて、ひかへめいひつけることおほい。それつみびとまごゝろがあるなら、いひつけどほりこゝろよはただけではれりとせず、もっとひどつぐのひねがったり、またみづかくふうしてつみつぐのふやうにはげむのがあたりまへである。

だい二、こくはくぐわいつみつぐのひるのはいのりであって、すなはもくたうこうたう(二百八十一のとひよ)ミサせいさいせいたいかうふくしきなどせいしきあづかり、十じかみちゆきし、ロザリオをとなへ、しんぼうあいとくつうくわいいのりし、またことしょくゆうしたるいのりねっしんとなふることである。

だい三、すべてのこくきこらことだんじきだいさいせうさいきんしゅなどくげうあるひいんしょくげんじ、ふじいうあまんじ、くわいらくひかへ、ぜいよくせいし、五くわんつゝしみ、すべにんぜうさからことさげすみぶじょくはねつけられることなどけられることなどてんしゅためこらへることである。

だい四、れいこんぜうじぜんげふつとめることだい二百六十九のとひよ)。

だい五、すべてのこんなんくらうわざはひこゝろよさゝげることてんしゅこれはからたまふは、およひとをしんで、つみつぐのくげう

[下段]

るとみそなはして、そのかはりにならせるためである。(だい二十五のとひよ)しかいぜうのせたることみなてんしゅためまたイエズス、キリストおんくるしみあはおのつみつぐのひとしてねっしんさゝげるほどこうのうがある。

だい六、おのれおもはず、いのりぜんげふなどもっつぐのひところたにんゆづことであるが、いかなるぜんげふもこのいちじるしきけっくわせうずる。すなはち一はじぶんためになってたにんにはゆづられぬもの、の一はつぐのひるとどうじたにんにもししゃにもゆづことできるもの、たとへばてがらためくんせうおんしきんもらったものは、そのくんせうたにんゆづことできないけれどもおんしきんたにんあたふることできまたこれもったにんたすけることできるとどうやうである。しかしてたにんゆづつぐのひあいげうり、じぶんうへにも一そうおほいなるいさをり、えきになる。

だい七、こというげんばつゆるとくべつはうはふがあるが、

これこうけうくわいほどこしょくゆうである。[編集]

388●しょくゆうとはなにでありますか[編集]

しょくゆうとはつみゆるしではなく、すでゆるされたつみたいするいうげんばつくわいしゅん

-273-

せきほかこうけうくわいめんじょすることであります。

しょくいう[編集]

つぐのひゆるしとのいみであるが、しゃざいしゃいうとはちがひ、けっしてつみゆるしではない。しゃいうしゃざいつみゆるしであって、せんれいくわいしゅんおよくわんぜんつうくわいもっられるに、しょくゆうたゞつみつぐのひゆるしでもない、つみあひだこれつぐのふべきことちゃんのこる、それつみゆるされたのに、三百八十五のとひはれたごとく、そのつみためなほのこつぐのひゆるしである、これ

くわいしゅんひせきほか[編集]

おこなはれ、

こうけうくわい[編集]

よりことさらほどこされるものである。

ちゅうしんけうおこりこうじつは、しょくいうしゃざいしゃいうとて、つみゆるしであるといひなしたことによる、すなはかねなどかはりつみゆるされるとははなはだしいことであるとったが、こうけうくわいではしょくゆうつみゆるしであるとはけっしてってない。こうけうくわいではくわいしゅんひせきもっゆるされたるつみなほのこばるあるひつぐのふべきところのあるのを、ことさらぜんげふゆゑゆるされることしょくいうふのである。

389◯しょくいうなにからますか[編集]

しょくいうイエズス、キリストせいぼマリアおよしょせいじんつぐのひよぶんからます。

[下段]

イエズス、キリストせうがいげうおよくるしみかぎりなきくどくり、一さいにんげんつみつぐのふにあまりあるにさうゐない、

また

せいぼマリア[編集]

いさゝかつみはなかったし、

しょせいじん[編集]

ちからつくしてつみをかさぬやうにちゅういするかたはらつぐのひとしてひぜうくげうあまんじてさゝげてるので、じぶんつみつぐのひにはあまったにちがひない。それこうけうくわいたからものとしてまれこれが百十四のとひはれてとほり、しょせいじんつうこうもっおのゝゝしんじゃほどこされるのである。

ちゅうしょくいうもっぱイエズス、キリストが十二しとむかひ「すべなんぢらちぜうにてつなところてんにてもつながるべし、またすべなんぢらちぜうにてところてんにてもかるべし」と(マ テ オ十八。十八)おほせられたことばもとづく、またくどくきよすなはくどくゆづことしょせいじんつうこうとによるが、そのゆらいせいパウロが、かんいんをかしたひとりしんじゃたいして「にくたいほろびるともせいしんわがしゅイエズス、キリストおいすくはれんため」とて(コリント前五。五)はもんせんこくいひだしたるに、つひコリントしんじゃたいして、「キリストみまへゆるす」と(コリント後二。六以下)ったのがはじめれい

-274-

である。

これによってこうけうくわいしょだいつみひどことようしゃなくつぐのふべきことさとためはくがいときだらくしたり、きけうかんいんなどもっひとしきかゞみったりしたものむかっては、おほやけしかながねんわたくげうつぐのひとしてめいじ、しんじゃみらいばつなほくるしいことさとって、これのがれるためあまんじてこのめいふくし、いくねんかんだいさいせうさいおこなひ、しんじゃあつまりくわいしうがいとゞまことなどこゝろからふくしてた。たとへば、うらないしゃきっけうたづねたしんじゃは五ねんかんおほやけてんしゅもしくはせいじんぼうとくしたものは七しうかんにちようびはたらいたものは三かかんおやのろひけたものは四十にちかんひところしたものせうがいつぐのひめいぜられてた、そのあひだみづかとくべつてがらしたか、あるひはくがいしのぎつゝあるしんじゃじゅんきょうしゃどうとくしゃなどとりつぎにまって、とくしゃかうむことしばゝゞあった、これしょくいうふものである。すなはおのれことさらげうあるひねっしんかとりつぎたいして、こうけうくわいからことさらたいしゃまたとくしゃかうむことである。

390◯しょくいういくとほりありますか[編集]

しょくいうふたとほりあります、ぜんしょくいうぶんしょくいうとであります。

[下段]

ぜんしょくいう[編集]

とはまったしょくいういみ

ぶんしょくいう[編集]

とはいくぶんかのしょくいういみである。

391●ぜんしょくいうとはなにでありますか[編集]

ぜんしょくいうとはいうげんばつことゞゝゆるすものであります。

つみゆるされてもなほこれためつぐのひのこる。ぜんしょくいうとはこのつぐのひことゞゝゆるしてしまふとのいみである。それこれいたゞいてぢきぬならば、てうせんれいごぢきぬとおなじくれんごくずしててんごくられる。

ちゅうぜんしょくいうそのものは、のこるだけのつぐのひすっかりゆるしてしまことであるが、しかそのとほゆるされるには、ひとこゝろざししだいねつあいしだいであるから、このふたつことふそくするときまったくはられず、いくぶんかしかまうけることできないで、ぶんしょくいうのやうにばあひしばゝゞある。それこれよろしくかついくどまうけるやうにつとめるのはだうりあるはうはふである。

392◯ぶんしょくいうとはなにでありますか[編集]

ぶんしょくいうとはいうげんばつる一ゆるすものであります。

-275-

たとへば百にち、三百にち、七ねん、七四じゅんなどつぐのひおぎなゆるしとのいみである、れどそれだけれんごくばつみじかくなるとのいみではない、三百八十九のとひはれたとほり、こうけうくわいしょだいそれだけのつぐのひおこなふたとどうやうゆるされるとのいみである。これれんごくたいしてわりあひるかは、てんしゅおぼしめしほかはない。

ちゅうしょくいうなづけるにぜんしょくいうたんぜんしょくいうひ、ぶんしょくいうすうじもっなんねんなんにちしょくいうふ。

393◯しょくいうどなたからほどこされますか[編集]

けうくわうおよしけうからであります。

てんごくかぎあたへられたせいペトロあとつぎなるけうくわうは、いかなるしょくいうをもほどこことできる。だいしけうは百にちしけうは五十にちしょくいうほどこことできる。

394●しょくいうかうむためどうせねばなりませぬか[編集]

しょくいうかうむるにはこれのぞみ、さだまったぜんげふきよこゝろもっつとめなければなりませぬ。

このてんもっとちゅういすべきところであって、しょくいうられるかと

[下段]

らずとも、これまうけるでうけんつとめればまうけるが、これそなへねばしょくいうられぬわけである。そのでうけんないぶぐわいぶとにる。ないぶだい一のでうけん

きよこゝろもっ[編集]

つとめをすることであるが、さだまったぜんげふを、だいざいなくつうくわいこゝろもっおこなことである。たとへばたいしゃしょくいうもうけるためには、だいざいちながらせいだうさんけいせいたいはいれうまへに、くわいしゅんひせきもっつみゆるしけることひつえうである。ぐわいぶでうけんことさら

さだまったぜんげふつとめること[編集]

であるが、くとは、きまったこときまったとほきまったときねっしんつとめることである。きまったことへばいろゝゝあるが、おもいのりことけうくわうこゝろあておうじていのことみだうさんけいすることほどこしぜんげふしゅげふせっけうてうもんこくはくせいたいはいれうなどである。

-276-

さていのりあるひよこくごとみじかいものなら、たとへば十じかしるしし(五十にち)、たがひあいさつするに「イエズス、キリストさんびせられたまへ」とはれて「アメン」とこたへ(五十にち)「わがイエズスあはれたまへ」(百日)「げんざいなくしてやどたまひしせいマリアなんぢよりたのたてまつわれらためいのたまへ」(百日)、りんじうさいしてくちあるひくちかなはぬときこゝろで「イエズス」のみなよびたのむ(ぜんしょくいうなどつうくわいこゝろしんゞゝもっとなへるがかんえうである。ながいのりたとへばロザリオなどできるだけねっしんとなへることひつえうである、またけうくわうこゝろあて」とへばおもせいくわいりうせいいたんこんぜつふけうせいこうつみびとかいしんしょこくわぼくなどである、これを一ゝおぼえなくても、けうくわうのぞみしたがっていのるとこゝろしゅとうぶんてんししゅくしを五へんぐらいねっしんとなへればい。

みだうさんけいするとは、みだうはいってしばらいのことである。ほどこしとはあるひひんきうじんあるひじぜんくわいあるひみだうなどきんせんぶっぴんほどこことである。ぜんげふとはあるひなにゝゝくわいかにふしてそのきそくまもり、あるひひとをしへかせ、あるひじぜんげふおこなことである。しゅげうとはあるひもくそうなどいたし、あるひすうじつわたもくそうくわいあづかり、あるひロザリ

[下段]

つきあつまりしゅっせきすることなどである。せっけうてうもんとはあるひせっけうき、あるひをしへけいこことなどである。こくはくせいたいはいれうじっさいよくこくはくし、せいたいはいれうすることである。

つうれいしょくいうまうけるにきまったことそんなものであるが、きまったとほりとはちゃんめられたことそのまゝまもことである。きまったときとはおよなにしゅくじつあたり、いつかなんかげつあひだとかはれたときである。たゞさうたうさまたげがあっていひつけられたでうけんまもことできないならばてうざいしこれへんかうすることできる。しかしてしょくいうにはこくはくせいたいはいれうでうけんことおほいが、そのひできかねるばあひさうゞゝしていうよあたへられてる、すなはこくはくそのひちうしんとして一しゅうかんぜんから一しゅうかんごまであひだにすればことになってる。れんじつわたしげういてすべきこくはくならば、そのしうげうをはってから一しゅうかんないにしてもい。せいたいはいれうびさだまってるならば、そのひぜんじつあるひつぎの一しゅうかんないにすればい。

にちゝゝでももうけられるしょくいうでうけんおうずるには、つきに二どこくはくすればる。またまいにちやうせいたいはいれうするひとならばかつすくな

-277-

してもい。

ちゅうぜんしょくいうまうけるためにはめられたでうけんまもらねばならぬ、たとへば十じかみちゆきをするに、できるだけかくりうちかづき、イエズスおんくるしみごとく、ごくなんおもひめぐらして、おのつみを一しんくやみ、イエズスくるしみわがこゝろしみこませてこそ、エルザレムまうでたとどうやうしょくいうまうけることできるが、うはづらそのつとめばかりではらぬ。

またきたうぶん百八ページかゝげられたいのりせいたいはいれうご、十じかかゝれるイエズスおすがたまへしんゞゝもっとなへ、そののちけうくわうしんてきおうじてしばらいのりくはへれば、ぜんしょくいうまうけられるが、しかそのいのりいみさとり、イエズス、キリストいつゝきずわがめまへき、これおもひめぐらし、しんぼうあいはげしきかんかくまことつうくわいつみあらためるかたけっしんとをわがこゝろしみこませることねがふとあれば、くちばかりでなく一しんに、となへなければ、ぜんしょくいうまうけられない。

395●れんごくれいこんしょくいうゆづことできますか[編集]

けうくわうよりほどこされたるしょくいうみなれんごくれいこんゆづこと

[下段]

ます。

これけうくわいほうだい九百三十でうあきらかにしめされてあるが、しかきてひとゆづことできぬ。

ちゅうこうけうくわいではきてしんじゃしょくいうほどこときは、ちょくせつせんこくのやうにするがしたるひともはやこうけうくわいかしらあたへられたるけんげんだっしたものであるからちょくせつほどこわけにはかぬ。たゞこんぐわんてきてんしゅさゝげて、これししゃゆづたまふやうにねがばかりである。これいてはてんしゅことさらおやくそくはないけれども、おんじひによりてそのねがひきゝいれてれんごくれいこんたすたまことは、こうけうくわいしんかつきぼうしてところこれいろゝゝあらそふべからざるしるしによってたしかである。すなはかくごとこのよよりおくったしょくいうれんごくよりすくひあげられたれいこんとりつぎによって、ひとねがひてんしゅきゝとゞけられたじつれいすくなくない。

おもへばれんごくれいこんもっとどうぜうへうすべきものである。せうざいためあるひつみつぐのひらざるためいかてんしゅあいこれみたてまつらんとのぞんでも、ゆるされない。しかかれらもはじぶんくりきてることできないのである。ちぜうしんぞくいうじんまた

-278-

こゝろざしあるひとたすけあふほかしかたなくわがともせめなんぢなりともわれあはれめよ。けだしゅおんてわれたまへり」とさけんでる。われさけびつゝあるれいこんうちにはあるひわたしゆゑつみをかそのつみゆゑに、れんごくくるしんでるものがないともかぎらぬ。それこゝろがけてぜんげふことしょくいうもっれんごくれいこんたすけるやうにはげはずである。

ことに「えいゆうてきせいぐわん」とばれるものである、これつとめてまうけられるだけのしょくいうじぶんためにせず、ことゞゝれんごくれいこんゆづるばかりでなく、じぶんしたあとにでも、たにんからさゝげられるつぐのひいたるまで、のこらずれんごくれいこんゆづるとのけっしんである、これもっとせうさんすべきあいげふである。これいたしたものには、たとひれんごくれいこんゆづられぬしょくいうでも、とくべつゆづられることは、せいくわいさだめである。うしたときでもじぶんためきづかはれ(:ない)わけはない、イエズス、キリストあきらかなおことばに「あたへよらばなんぢらあたへられん」、またなんぢらひとはかりたるはかりもっじぶんはかられん」とのかたじけなきおやくそくがあるいぜうばんじおんじひかぎりなきせつりうちまかせることは、なによりことである。えうするにしょくいうぜんげふしょく

[下段]

ざいおこたらせないのみしじうせいてうちいたもことえうきうし、ぜんげふはげまし、おのれとたにんたすかりひぜうりえきになるものである。