公教要理説明/01-01

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明

-9-

だいしんずべきこと[編集]

だいくゎ しとしんきゃう[編集]

11●しんずべきことほゞかきしるしたものがあるか[編集]

ります、すなはち十二しとからつたへられたしとしんきゃうであります。

しんきゃう[編集]

とは、しんずることのりはふみちいみである。

しとしんきゃう[編集]

とは、いちばんみじかいもので、しさいがミサにとなへるニケアしんきょうほとんばいほどながい。しとしんきゃうは十二かでうわかれてあるが、十二しとひとつづつこれつくったわけではない、じっさいいまぶんは、しとからそのまゝしたゝめられたとははれぬ、しとしんきゃうばれるのは、しとたちをしへたことせたからであります。うかしとしんきゃうたびゝゝよくとなへ、るべきところって、かうしゃくてらし、いみわかってるか、ってるがい。

12●しとしんきゃうはどうとなへるか[編集]

われは、てんちさうざうしゅぜんのうちゝなるてんしゅしんず。またそのおんひとりごわれらしゅイエズス・キリスト、すなはち、せいれいによりてやどり、どうていマリアよりうまれ、ポンシオ・ピラトのくわんかにて

-10-

くるしみけ、十じかけられ、してはうむられ、こせいしょくだりて三かめししゃうちよりよみがへり、てんのぼりてぜんのうちゝなるてんしゅみぎし、かしこよりけるひとせるひととをさばかんためにきたたましゅしんず。われは、せいれいせいこうくわいしょせいじんつうこうつみゆるしにくしんよみがへりをはりなきいのちしんたてまつる。アーメン。

だいぜう われてんちさうぞうしゅぜんのうちゝなるてんしゅしんず。