公教要理説明/02-01

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明

-111-

だい二十五くわ てんしゅじっかい[編集]

137●てんしゅじっかいとはなんであるか[編集]

じっかいてん

[下段]

しゅむかしモイゼせいじんさづたまふた十のいましめであります。

じっかい[編集]

てんしゅからちょくせつたまはったものである。

むかし[編集]

とはイエズス、キリストよりおよそ一千五百ねんまへ

モイゼせいじん[編集]

てんしゅえらまれたじんみんが、エジプトくにで四百ねんあひだひぜうなやまされたのに、これすくいだしてやくそくみちびために、てんしゅことさらえらたまふたひとである。せいじんはれたのは、もっぱてんしゅみこゝろかなふやうにはげんだからであります。

てんしゅが………さづたまふた。[編集]

てんしゅにくがんたまはぬのに、かくべつかたちあらはたまふたが、モイゼちういためえながらけぬいばらなかからこれたまふたのである。じっかいたまはったばしょにしアジアはてアラビアこくそびへる、シナイやまうへであった。そのときありさまはげしきかみなりいなびかりあって、やまぜんたいえるがごとくろけぶりおほはれてあったが、これてんしゅゐげんしめすとともに、てんしゅそむけばかならおそろしきばつくべきことさとしたのであります。

-112-

とをいましめ[編集]

まいいしいたいたもので、てんしゅゆびいたとあるが、てんしゅゆびとはぜんのうかへなである。

はじめの三かいてんしゅたいし、あとの七かいひとたいするものである。しんじゃじっかいまもためかならそのぶんきおくし、そのいみをもがてんせねばならぬのであります。

ちゅうじっかいほかてんしゅモイゼめいたまふたことおびたゞしく、ことじんみんはふりつまたさゝぐべきまつりはうそくなどいろゝゝあったが、これモイゼはふなづける。モイゼはふきうやくじだいすなはイエズス、キリストいたるまでとゞまったが、じっかいだけはせいはふすなはじんゝゝきざみつけられたぜんあくのりせたものゆゑいつまでもまもるべきものであります。