公教要理説明/03-13

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明

-256-

だい五十九くゎ つうくゎい(二)[編集]

358●まことつうくゎいにはいくとほりありますか[編集]

まことつうくわいふたとほりあります、くわんぜんつうくわいふくわんぜんつうくわいとであります。

つうくわいふたとほりあります[編集]

とはかねべたごとしんじつ、一ぱんてうせいてきであるかないかとのわけによってちがふのではない、それだけそろはぬならばほんたうつうくわいはれぬ。そのちがところふたつ、すなはつうくわいするわけそのけっくわいちじるしくちがことである。

359●くわんぜんつうくわいとはなにでありますか[編集]

くわんぜんつうくわいてんしゅふかあいするところから、みこゝろさからったわけもって一しんつみくやきらことであります。

くわんぜん[編集]

すなはまったくしてけたるところなき

つうくわい[編集]

おのれわすれてもっぱてんしゅおもかつふかあいたてまつところから、じぶんつみをかしたので、てられてもぢごくられてもあたりまへであるとあきらめるが、しかかぎりなくあいすべきおんちゝそむき、このうへなきおんじんみこゝろさからったことがくやしい、イエズスさまわたしためかくまでくるしたまふたの

-257-

おんきずむだにしつみをかしたごとあらたつばきくぎうちこんだのはほんまうしわけがないわたしこそわるかった、くやしさにむねはりさけんばかりである。わたしこそどんばつにもあたるべきものであるが、あゝどうぞそのつみだけはゆるしていたゞきたい、こんごどんことでもいたしたいと、一しんねがことである。

360●ふくわんぜんつうくわいとはなにでありますか[編集]

ふくわんぜんつうくわいたゞつみにくいとかあるひばつまねくからこれくやことである。たとへばてんしゅそむいたことよりも、じぶんてんごくかれず、ぢごくくべきをおもかなしむやうなことである。

ふくわんぜん[編集]

とはまったからぬとのいみで、これまへったとほり、こゝろからでもあり、一ぱんまたてうせいてきでもある、すなはてんしゅあいするこゝろはありながら、てんしゅおもふよりはおのれおもひ、じぶんそんがいこともっぱくやしくおもふのである。あゝつみにくい、わがれいこんつみゆゑけがきづついてしまったてんしゅみたてまつことできをはりなきさいはひけられなくなりそのはんたいにくゝゝしいあくまだいざいにんともをはりなきかれるとはじつくやしい。かへすゞゝゝもざん

[下段]

ねんである。あゝあはれみふかてんしゅわれあはれわがつみゆるたまひてぢごくまぬかれしめ、てんごくらしめたまなどおもって、いくらてんしゅあいするこゝろあらはすけれども、てんしゅそむいたことよりはじぶんそんがいけることおもくやむのがふくわんぜんつうくわいである。

ちゅうこれればくわんぜんつうくわいふくわんぜんつうくわいとのちがふのは、つうくわいするわけによる。たとへてへば、わかものにんおやからかんどうけてたがひくやみばなしをしてひとりふ、あゝわしかんどうけたのはけっしてむりでない、わしこそむりことをしたのだからこのばつあたりまへで、らぬくらゐおもふ、わたしほんたうわるかった、しかたがない、しかたまらぬのはあいふかきおとうさんおかあさんをかなしませたことである、ほんわるかった、そのかはりどんばつけてもよいが、うかしてちゝはゝよろこばせるやうなりたいものだと。またひとりは、わしけっかうかとくうしなったのでざんねんいままでりっぱいへにあって、あんらくくらしたのに、いまゆくさきもなくしてるらうせねばならぬ、これくやしくてたまらぬと。またひとりは、いままでだうらくしたり、さけんだにするのにおやかねぬすんで十ぶんであったのに、かんだうけては一りんたず、なんともしかたがない。

-258-

これざんねんたまらぬと、このにんつうくわいどうかとふに、はじめひとりくわんぜんつうくわいであって、おのれおもはずちゝはゝのみをおもひ、ちゝはゝこれいたら、おやごゝろからまへことわすってよろこんでゆるしてさいどわがやらせるにさうゐない。二ばんめのはおやあまおもはず、おのれそんがいくやばかりでふくわんぜんつうくわいあたる。三ばんめのはつうくわいにならぬ。

361●くわんぜんつうくわいかうくわいかゞ[編集]

くわんぜんつうくわいではひせきたずつみゆるされます。

ひせきたず[編集]

とはひせきけぬでもよいとことではない。てんしゅもっぱあいたてまつこゝろあるいぜうそれできしだいぜひせんれいくわいしゅんひせきさづからねばならぬ。しかつみひせきたず、すなはせんれいまへあるひこくはくしてしさいよりゆるされるまへから、てんしゅよりゆるされ、そのまゝんだならてんごくかれる、たゞそのゆるされたしるしがないからひせきる。

ちゅうこのだうりって、三百ねんまへにっぽんしんじゃあひだに「コンチ

[下段]

リサンのりゃく」とてくわんぜんつうくわいだいするしょもつのこされた、しんじゃたいていこれあんきして、こくはくできなければ、べつだいざいゆるされるみちすなはたすかりみちいから、こゝろからつうくわいおこし、そのいのりいくたびとなくとなへてったが、きたうぶん二百八十ページせてるのはこれげんだいぶんなほしたものである。

362●ふくわんぜんつうくわいでもひせきたずつみゆるされますか[編集]

ふくわんぜんつうくわいではせんれいあるひくわいしゅんひせきらねければだいざいゆるされません。

ふかんぜんつうくわい[編集]

ばかりではつみぢきゆるされぬ、たゞくわいしゅんせんれいもっはじめてゆるされる。せんれいくわいしゅんひせきできときつみゆるされるみちくわんぜんなるつうくわいかぎることをわすれてはならぬ、ゆゑしさいふざいときりんじうひとこれすゝめるはなによりかんえうである。

363●つうくわいともなはねばならぬものはなにでありますか[編集]

こゝろあらためてつみそのたよりとをふせぎ、しきくせためただけっしんつうくわいともなはねばなりませぬ。

-259-

つうくわいともな[編集]

とはつうくわいともになければならぬとのいみ

こゝろあらためて[編集]

とはかいしんして、こゝろいれかへるとことこれイエズス、キリストおほせとほなによりだいじえうけんである。

つみそのたよりとをふせぎ。[編集]

つみふせぐとはつみめて、ぜひをかさぬやうにすることである。たとへばふわあひだがらではなかなほりし、じゃいんくわんけいや、しきつきあひち、ぬすみものかへし、くはへたがいつぐのひ、きずつけためいよおぎなこゝろがなければつうくわいしんじつではない。しかつみめるにはぜひつみたよりふせぎ、しきくせためなほかたけっしんる。

つみたより[編集]

とはつみいざなきくわいである。たとへばあるところき、あるひとつきあひ、あることときつみおちいるやうになれば、それつみきくわいふ。とほきくわいまでもふせがねばならぬなら、きくわいだらけのなかとてられまい、これけぬかたけっしんるだけである。しかたれにしても、じぶんではないきくわいなら、できかぎとほざからねばならぬ。げてこそこれ

[下段]

つ。まことつうくわいにはたよりまでふせがうとのかたけっしんるが、どうしてけることできばあひには、かぶとめてきぜうぶていこうするだいかくごる。

しきくせためなほす。[編集]

たとへばおやしたがはぬくせぬすくせじゃいんくせさけなどくせだんぜんやめるとのだいけっしんじっかうとがなければならぬ、もなければ、たゞまもりみづぬぐふだけにとゞまって、やねなほさぬならば、あめごとふりこむとどうやうたとひつうくわいはしても、やはりまへおなつみおちいる。

364◯なぜこゝろあらためることつうくわいともなはねばなりませぬか[編集]

どれほどつみくやんでも、いごをかさぬとのかたけっしんがなければ、まことつうくわいにならぬからであります。

じっさいつみくやきらふなら、かならをかさぬやうにするはずである、

その

かたけっしんがなければ、[編集]

くちだけ、つもりだけのつうくわいとゞまって、こゝろからのつうくわいとははれぬ。こゝろみにおもこどもおやむかって、わたしはおとうさんやおかあさんにしたがはなかったことざんねんおもひますが、しかいまからそむきませぬとははないで、たゞど

-260-

うぞゆるしてくださいとふばかりでは、いくらおやごゝろでもゆるしてやるこゝろにはならぬ。一たんけっしんしたとってあとで、またゝゝつみおちいるのは、あるひけっしんよわいか、あるひこれじっかうするやうにどりょくしないからではなからうか。

ちゅうかたけっしんていどはかるのは、(一)あらためるにせいだこと、(二)つみきくわいふせこと(三)いぜんつみおちいらぬやうにくせためなほこといかんによってきまる。じぶんにははたしてかたけっしんがあるかりたければ、りょうしんふて、わしいよいいままでかゝったこのつみあのつみを、んなこんなんがあってもをかさぬとのかくごであるが、またそのつみふせぐにかれこれかねばならぬ、たとへばくせなほことと、たよりふせぐべきほうはふわかってるならばこれじっかうするかくごであるかと、まじめたゞしてればれる。