公教要理説明/03-01

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


だい四十七くわ せいてう[編集]

273●ひとじぶんちからばかりをしへまもたすかりことできますか[編集]

いなせいてうによらねば、をしへまもたすかりことできませぬ。

だい一、

ひとじぶんちからばかりをしへまも[編集]

ぬのは、をしへもとよりひとちからおよばぬとわけではない、てんしゅちからおよばぬことけっしてめいたまはずはない、たゞひといろゝゝじゃよくくらまされやすまたあくまだまされやすいので、しじゅうこれ

[下段]

すこしもつみをかさにやうにはつとめかねる。せいじんたちがよくをしへまもったのは、えずようじんまたせいてうちからあはせて、おのぜんりょくげてはげんだためである。せいパウロいはく「いまごとくなるはてんしゅおんてうによれり」(コリント前書十五。十)と。

だい二、

じぶんちからばかりたすかりられぬ[編集]

のは、たすかりとはりもなほさずてんしゅみたてまつり、てんしゅよりこどもとしてあいせられ、てんごくをはりなく……………ひとちかららぬところは、せいてうによってできるやうになる、せいてうてんしゅひととのあひだへだてるふちひとてんしゅけつがふせしめるものである。

274●せいてうとはなにでありますか[編集]

せいてうたすかりためてんしゅたまてうしぜんめぐみであります。

ゆゑせいてうついてはつぎみつことみとめねばならぬ。(一)せいてうてんしゅめぐみ、(二)てうしぜんおんめぐみである、(三)あたへられるのはこのよためでなくえいゑんたすかりためであるとこと

だい一、せいてうことばは、てんしゅいつくしみてんしゅよりあいせられるとことであるが、ひぞうぶつたるにんげんそのつくりぬしてんしゅより

-202-

としてあいせられるのはあたりまへことではない。まったてんしゅかぎりなきおんじひによってほどこされるとくべつおんめぐみである。

だい二、にんげんうまれたのも、ちゑちからまたなにあたへられるのも、みなもとよりてんしゅおんめぐみである、けれどもにんげんであるいぜうそれだけしぜんふよされたるいはゆるしぜんめぐみ」である、せいてうあたりまへではない、まったにんげんあまるもの、すなはしぜんえためぐみである。よっこれを「てうしぜんめぐみ」とふのである。こゝおいてうしぜんことばれうかいするのはだいじである。たとへばみずこうりゆげくもあがるのはしぜんことである、かひこさなぎてうるのは、ふしぎであってもざうぶつしゅよりきめられたじゅんじょしぜんである。びんぼうにんかねもちり、おはりゐなかひゃくせうむすこうまれたひよしでもだんゝゝとよとみひでよしたいかふひでよしのやうなだいじんぶつったのは、いくめづらしくてもやはりにんげんせいえたことではないから、てうしぜんとははれぬ。いしはなき、はなとりり、さるひとるとふならそれはそのものほんらいせいえたことであるからてうしぜんはねばならぬ。そこびんぼうにんかねもちやうしになったり、こくわうやうしになったりする

[下段]

ことおなにんげんどうしゆえてうしぜんこととははれぬ、しかにんげんてんしゅこどもになるのはこれこそにんげんせいにあはず、みぶんえたことはねばならぬこれてうしぜんふべきものである。またほねをってかねまうけられるのはあたりまへなれどそのはたらきてんごくっててんしゅみたてまつり、てんしゅよりあいせられ、をはりなきさいはひられるのはあたりまへでない、すなはてうしぜんであっててんしゅかたじけなきごあいれんことさらおんめぐみによる。せいてうそんなものである、てられるはずなのにつみゆるされ、てんしゅこどもり、みこゝろかなひ、おんともをはりなきさいはひられるのは、にんげんうまれつきえたものゆゑてうしぜんほかなし。ればせいてうにんげんからせいきうすることたうていできぬものであってたゞてんしゅかぎりなきおんじひまたイエズス、キリストわれゝゝすくうてくださったけっくわかうむるものである。とくいても、てうしぜんとくはれるのは、そのとくおこなことにんげんしぜんりゆうもとづかず、にんげんいぜうげんいんによるからである。

だい三、めぐみおもこのよためあたへられるが、せいてうたゞえいゑんたすかりためあたへられる。すなはせいてうてんごくおいてんしゅちょくくわんするさいはひせしめる。しかして、てんしゅよりこれたまはるのは、

-203-

まったキリストごくりきによるのである。

ちゅういったいせいてうとはらてんごグラチアやくしたことばであるがむしろ「おんてう」とふのがてきたうでらう。

275◯せいてういくとほりありますか、[編集]

せいてうふたとほりあります、じょりきせいてうせいゝゝせいてうとであります。

じょりきせいてう[編集]

すなはちからたすけてかせいになるせいてうとのいみ

せいゝゝせいてう[編集]

すなはひとせいならしめるせいてうとのいみである。れうはうちがところいませつめいする。

276●じょりきせいてうとはなにでありますか[編集]

じょりきせいてうあくぜんおこなはせるために、ひとこゝろてらつよめるてんしゅおんたすけであります。これてんしゅじょりきともひます。

じょりきせいてう

ぜんおこなあくけるため[編集]

あたへられる。それしじゅうではない、一じてきかせいであるから、ときだけ、すなはことぜんはずときだけである。

じょりきせいてうはたらきふたつすなはことぜんはずときあるひあくくべきときだけである。

じょりきせいてうはたらきふたつすなはち(一)こゝろてらす、(二)こゝろつよめる

[下段]

ことである。

だい一、

こゝろてらす。[編集]

ひとこといてあかるくあってもぜんあくいては、めうあきめくらのやうで、これい、ねばならぬ、それわるい、うしてはならぬと、れうしんさとされながらあはむかず、あるひしよくくらまされるためすべきぜんさず、すべからざるあくばあひおほい。じょりきせいてうさまさせて、いよいねばならぬ、てはならぬとことなほあきらかにさとし、こゝろくのである。せいパウロかいしんするためさまさせたのはそれである。

だい二、

こゝろつよめる。[編集]

さとりながらもちからよわくてぜんきらず、あくけきらず、あくませけんまたおのれけて、もろくもつみおちいことたびゞゝある、これうちかつやうに、ちかららぬところあたへるのはせいてうであって、それじょりきせいてうふ。せいパウロいはく「われつよたまおんものおいいっさいことわざるはなし」(フィリッピ四。十三)と。せいじんたちねっしんつとめたのも、じゅんけうしゃたちくるしみけなかったのもてんしゅじょりきによる。

ちゅう)、だい一、じょりきせいてうけるのはしんじゃばかりでない、ひと

-204-

みなであって、こゝろうちばかりにおこときたとへばかんがへのぞみれうしんすゝめかしゃくも、これを「ないぶおんてう」とふ。ぐわいらいしげきたとへばはなしもはんあるひこんなんしっぱいなどもっうごかされるのは、ことに「ぐわいぶおんてう」とふ。

だい二、じっさいてんしゅじょりきらぬことはない、ひとこれおうじてはげことらぬのがつねである。それせいてうてらされつよめられながらつみおちいるのは、おのちからせいてうあはせず、かへっこれはんするからである。ゆゑなによりだいじなのはせいてうさからはずこれおうじてはげことである。

だい三、せいてうによってことすゝめられるのは、「おんてうすゝめ」とふが、これみゝさず、したがはぬのは「おんてうさからふ」とふ。おんてうさからへばてんしゅめぐみないがしろにし、せっかくごじょりきて、おんてうかんじにぶり、ますますめくらまされ、こゝろあくかたまり、つみくせり、とくべつじょりきがなければほろびいたる。

277●せいゝゝせいてうとはなにでありますか[編集]

せいせいせいてうれいこんきよめ、みこゝろかなはせるてんしゅおんめぐみであり

[下段]

ます。これとくせいてうともひます。

それせいゝゝせいてうはたらきおもふたつ、(一)れいこんきよめる(二)てんしゅみこゝろかなはせる。このふたつえうけんもっせいじんられる、ゆゑせいゝゝせいてうすなはせいならしめる、せいじんらしめるせいてうなづけられてある。

だい一、

せいゝゝせいてうれいこんきよめ。[編集]

だいざいがあるときでもせいてうかうむればつみまったゆるされてこゝろきよる。よげんしゃことばに「たとひなんぢらつみごとくなるもゆきごとしろくならん」と(イ ザ ヤ一。十八)あるがごとし。だいざいがないときすなはせいてうぜうたいにあって、さらせいてうかうむればせいてうこゝろますまきよくなりてんしゅとの一ますゝゝしんみつになる。

だい二、

みこゝろかなはせる。[編集]

すなはだいざいもってきであったのに、せいてういたゞけばてんしゅあいしる。すであいしひとせいてうかうむればますますみこゝろかなものる。

これとくせいてうふ。[編集]

たとへばてんししゅくしに「せいてうみちみてるマリア」とふがごとし。そのいみせいマリアれいこんすみゞゝまできよくして、まったてんしゅみこゝろかなってられるとのこと

-205-

である。

ちゅうだい一、ほんとうへばせいてうあいとくとはつまりひとつのものにる。すなはてんしゅしんじつあいたてまつれば、つみゆるされ、てんしゅよりあいせらる、これせいてうである。イエズス、キリストのたまはく「ひともわれあいせばわがことばまもらん。かくわがちゝかれあいたまひ、われらかれいたりてそのうちまん」と(ヨ ハ ネ十四。二三)。またしとせいヨハネいはく「てんしゅあいにてまします、しかしてあいとゞまものてんしゅとゞまたてまつり、てんしゅまたこれとゞまたまふ」と(ヨ ハ ネ一書四。十六)。ればてんしゅあいすればあいするほどますまみこゝろかなものり、あいやぶればせいてううしなふ。

だい二、せいてうもとじんそアダムとくべつたまはったのにじんそてんしゅいましめそむいて、じぶんにもしそんぱんにもうしなうたれば、やうやイエズス、キリストおんあがなひくりきによってせいてうぜうたいくわいふくするにいたった。しかしてひとは、せんれいよっこれいたゞく。

だい三、せいゝゝせいてうじょりきせいてうとのおもちがふのは(イ)じょりきせいてうは一じてきであるにせいゝゝせいてうころもまとうたがごとこゝろとゞまる。(ロ)せいゝゝせいてうぎじんばかりにあるに、じょりきせいてう

[下段]

ぎじんにもあくにんにもあたへらる、すなはぎじんぜうたいつづけるためこれけ、あくにんくいあらためるためこれける。(ハ)せいゝゝせいてうたもてばかならてんごくける、じょりきせいてううまではかぬ。

278◯せいゝゝせいてうてばどんえきがありますか[編集]

せいゝゝせいてうてば、てんごくるべきてんしゅあいしり、そのぜんかうすべをはりなきさいはひくべきくりきいうするものとなる。

せいてう[編集]

ことは、「せいてうぜうたいる」ことでべつことばへばだいざいいことをふ。


だい一、

てんごくるべきてんしゅあいしる。[編集]

せいてうなきあひだてんしゅあいしはれず、むしてきのやうなものである。せいてういたゞいてこそあいしる、あいしならばかとくとしててんごくさいはひけるはず

だい二、

をはりなきさいはひくべきぜんげふすをる。[編集]

すなはせいてうもってんしゅあいしならば、ぜんれば

-206-

るほどてんごくをはりなくむくいられるべきものである、ればいのりぜんげふはたらきかなしみくるしみなにごとこゝろよさゝげればいちゝゝえいふくたねてんごくことになる。

279●せいゝゝせいてううしなことがありますか[編集]

だいざいをかすとせいゝゝせいてううしなひます。

だいざい[編集]

だいじいてまったせうだくしててんしゅそむことであれば、これをかとき

せいてううしな[編集]

てんしゅてきり、そのまゝのぜうたいまるならば、をはりなくてられるものとる。てんしゅおんあはれみによってだいざいゆるされゝばふたゝせいてうかうむり、またてんしゅあいしだいざいもっくしたてがらくわいふくすることできる。

ちゅうだい一、だいざいをかしてもてんしゅたるしかくうしなふのではない、たゞふかうきはまり、ちゝよりかんだうけるものる。ればそれまでにいかほどてがらしたひとでもそのてがらかいむり、ぢごくられるほかはない。さうしてだいざいあるあひだおこなぜんてうたからものそこけたふくろれるとどうやうであって、てんしゅはなれてあひだねうちがない。しかそれでもむえきおもってはならぬ、

[下段]

つとむべきことたとへばいのり、ミサはいてうなどおこたってはつみはますゝゝおもり、いよいてんしゅよりてられるべきものゆゑなによりおそるべきわざはひである。それだいざいあるときでもいよいてられてしまはぬやうにてんしゅおんあはれみねがひ一こくはやくいあらためてつみゆるしこうむらねばならぬ。

だい二、ことわざに「いのちあってのものだね」とふが、きてこそはたらことできる、んだときたべものくすりようたず、はたらことみうごきさへもできぬものとる。ごとせいてうのあるあひだてんごくためはたらことできるけれどもこれうしなときなにごとえきらぬので、せいてうことさらに「れいこんいのち」とはれてある、もちろんひとたるのしぜんいのちではない、これくはへられたてんしゅたるてうしぜんいのちであります。てうれいこんにくしんとがいっちするのはひとたるのしぜんいのちるがごとく、れいこんせいれいもってんしゅいっちすればてんしゅたるてうしぜんいのちかうむったものとる。

だい三、うまれるときしぜんいのちて、それからそうけんったり、ふぐあひったりするごとく、せんれいもっけるせいてういのちも、いのりぜんげふなどもっさかんり、おこたりせうざいなどもっおとろへ、だい

-207-

ざいもっる。それだいざいれいこんはれる、それはれいこんだいざいもってうしぜんいのちうしなふからである。

280●なにもっせいてうますか[編集]

せいてうこといのりひせきもっられるれどせいゝゝせいてうるにはくわんぜんつうくわいせんれいくわいしゅんかぎります。

いのりひせき[編集]

ことのちせつめいするが、せいゝゝせいてうみちついて一げんすればせいゝゝせいてうかうむるにはいのりだけではらず、またたゞひせきでもらず、これほどこすにきまったひせきせんれいくわいしゅんだけであって、それかなはぬときこれさづかりたいとののぞみともに、くわんぜんつうくわいおこすにかぎる。(だい三百六十一のとひよ)