公教要理説明/01-14

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-70-

[下段]

だい十四くわ きうせい(二)[編集]

85●イエズス、キリストなんところたまふたか[編集]

ヱルザレムきんぼうなるカルワリヨところであります。

ヱルザレム[編集]

ユデアこくみやこで、しごくびれいせいでんてんしゅどう)をもっなだかまちであったが、きんぼうだい八十二のとひはれたカルワリヨしけいばがあって、イエズスそこはりつけにせられたまふた。そのときカルワリヨまちとりでそとにあったけれど、のちとりでえんちょうしたためいまではまちへんにふされてあります。

ちゅうイエズスうまれるにかたいなかうまやえらたまふたに、ぶじょくきょくなるしけいけるにみやこえらたまふたのは、めいよもとめるひとせいはんたいで、かんずべきことではないか。じつつくされるだけつくたまふたのであります。

86●イエズス、キリストしけいさだめたのはたれであるか[編集]

ユデアこくそうとくポンショ、ピラトであります。

ユデア[編集]

そのときどくりつありさまなるも、じっさいろうまていこくぞっこくで、そうとくもっしはいされ、そうとくのみしけいしょするけんがあった。とき

そうとく[編集]

ポンショ、ピラト[編集]

であったが、イエズスさきしさいちょうカイファ(カヤファ)さいばんしょで、てんしゅおんこなることのたまふたため、「かみみなけがしてしけいあたいする」とはれたれど、そのせんこくけるためピラトさいばんしょおくられたまふた。ピラトじんもんして、むざいなることみとめ、てきねたみためわたされたことさとって、うかしたいとおもった。それイエズスガリラヤじんなるをくや、ガリラヤこくおうヘロデとうじヱルザレムるのをさいはひに、そのところイエズスおくった。

イエズスヘロデところあざけられたばかりでピラトおくりかへされたまふたたれば、ピラトだい二のさくこころみた。すなはだいしゅくじつためひとりざいにんゆるはずゆゑ、イエズスゆるしてりたいとった。がじんみんけうしらからおだてられて、むしだいざいにんバラバゆるされることねがった。だい三のさくとしてピラトイエズスあはれはせたなら、じんみんこれなだまるであらう

[下段]

おもってむちうたせたれどなほころせゝゝゝ、ゆるすならばていわうちゅうゆうでない」とさけばれたので、これおそれて、じぶんそのつみかぶらぬとのしるしに、みなまへあらひ、イエズスしけいめたものはれて

87●イエズス、キリストたまふたのはなにやうびでありますか[編集]

イエズス、キリストたまふたのはきんやうびごゝじごろであります。イエズス

きんやうび[編集]

たまふたから、こうきょうしんじゃきんやうびごとせうさいしてとりけものにくたべないことになっております。

イエズスじうじかげられたまふたのはせうごで、いきたたまふたのは

ごごじごろ[編集]

あったが、そのじだいじかんかぞへるのは六から六までゞあったゆえせいふくいんしょにはせうごだいひ、ごゞを九いてある。

88●イエズス、キリストたまときど[編集]

-72-

ふしぎがありましたか[編集]

イエズス、キリストたまときには、ひにわかくらみ、ちふるひ、いわやぶれ、はかひらけ、しにんよみがへなどことがありました。

ひにわかくら[編集]

ましたのはけっしてにっしょくではない。にっしょくしんげつときかぎるが、イエズスごしきょすぎこしだいしゅくじつぜんじつで、まんげつときでありました。またにっしょくは五ふんかんつゞかぬのにそのときやみは十二から三までつゞきました。

ちふるひ。[編集]

すなはひどじしんがした。ひゃくふちょうはこのありさまおどろき「このかたてんしゅおんこであったものを」とって、むねちながらかへった。

いわやぶれ。[編集]

せきりはんしてやぶれたのは、いまでもえるとはなしである。

はかひらけ。[編集]

そのくにはかは、すべいわできもしくはられたあなであったから、じしんためはかひらけることがあった。

しにんよみがへる。[編集]

あるせいじんよみがへって、ごふくくわつのちみやこあらはれたと、せいふくいんしょいてあります。

[下段]

など[編集]

とあるが、たとへばてんしゅどうせいしょしせいしょとをけてあったおほきなまくうえからしたまでけたとこともある。

89●しんじゃしるしはないか[編集]

△あります、じふじかしるしであります。

こうけうしんじゃたるしるしいろゝゝあるうちに、もっとかんべんなのは

じふじかしるし[編集]

である。くにでも、たとひことばつうじなくても、そればかりでしんじゃれる。またひとこうけうしんじゃなのってとき、十じかしるしをさへらぬならばしんようされぬ。

90●どうして十じかしるしるか[編集]

△「ちゝせいれいとのみなりて、アメン」、ととなへながら、みぎひたひて、むねしたくだし、ひだりかたよりみぎかたきます。

おのれに十じかゑがときうであるが、ほかしかたまたおもふたつある。

だい一、たにんに、あるひなにものかにむかってべ、くうに十ゑがことたとへばしゅくふくしゅくべつするときなどだい二、おほゆびさきばかりで、あるひこれせいゆけて、からだあるひなにかに十ちいさ

-73-

ゑがことたとへばミサにおいせいふくいんよみはじめるをりそのしょもつに、あるひおのひたひくちむねとに十ゑがときまたせんれいけんしんしゅうゆなどひせきさづけるために、せいゆけるときなどであります

………………

        だいぜう こせいじょくだりて三かめししゃうちよりよみがへ