公教要理説明/03-08

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-230-

だい五十四くゎ せいたい[編集]

320◯もっとたうとひせきなにでありますか[編集]

もっとたうとひせきせいたいであります。

もっとたふとひせき[編集]

とは一ばんくらゐたかい、一ばんねうちある、一ばんたふとひせきとのいみであるがそのわけほかひせきせいてうしるしばかりでたゞせいてうほどこすのであるのに、せいたいにはせいてうばかりでなく、せいてうみなもとにてましますべてのひせきさだたまふたイエズス、キリストこもたまふからであります。たとへば一ぱいみづよりもそのいづみくだものはなよりもこれせうずるそのねなほねうちあるがごとせいたいひせきいづれのひせきよりもたふとい。

321●せいたいひせきとはなにでありますか[編集]

せいたいひせきとは、パンとぶどうしゅとのぐゎいくゎんもとに、イエズス、キリストおんからだおんちとが、じっさいましまたまひせきであります。

せいたい[編集]

ことばせいなるからだすなはイエズス、キリストおんからだ

[下段]

いみである。イエズス、キリストが十じかはりつけられたまうたときせいたいとははれたが、しかせいたいひせきとははれなかった、ひせきるにはしるしゆゑおんからだしるしなるパンのかたちいろもとかくれたときでなければひせきとははれぬわけである。

せいたい

イエズス、キリストおんからだおんちであります。[編集]

ひせきは一じてきしきむとすぐぎ、たゞけっくゎのこすのみであるが、せいたいこれちがうて、イエズス、キリストである。ひせきそんざいたまイエズス、キリストおんからだおんちそのものであって一じてきでなく、せうひつくされるまではそのまゝとゞまたまふものである。ひせきてきそんざいたまふとへば五しゃくおんからだまゝではない。おなおんからだではあるがれいごとくにしてにくしんにはえず、パンぶどうしゅぐゎいくゎんもとかくれてまします。イエズス、キリストおんからだおんちありていえるならば、ひとおそれいって、ちかよことはいれうすることたうていできないから、イエズスごじぶんをパンとぶどうしゅとのぐゎいくゎんもとかくたまうた。しかけてもらひたい、パンとぶどうしゅとの

-231-

うちでなく、

パンとぶどうしゅとのぐゎいくゎんもと[編集]

にとはれてる。すなはちパンとぶどうしゅじったいせいへんかよってはイエズス、キリストおんからだおんちなりかはりパンとぶどうしゅぐうせいすなはかたちいろあぢはひすなはぐゎいくゎんもとじっさいましますのである、これせいたいひせきである。

こもって[編集]

とは、みぎべたとほりパンのぐゎいくゎんもとじっさいましますといみである。

ちゅうイエズス、キリストひとこゝろくだりたいと、おのぞみになっても、せいたいうちありまゝたまふなら、たれこれいんしょくようぞ、それてんしゅもとよりはゝせいぶんこどもけつにくくゎするためこれあまちゝへんぜしめたまごとく、イエズス、キリストおんからだおんちをばパンとぶどうしゅとのぐゎいくゎんもとこもらせたまふのである。ゆゑれ、あぢはところではふつうのパンにぎないけれどもじったいはパンではなく、イエズス、キリストみづからのおんことばとほりそのおんからだおんちそのものである。

[下段]

ちゅうイエズス、キリストがパンのぐゎいくゎんもとましまたまふはひとしつないすまごとことでない、むしれいこんしんたいうちるがごとくである。こゝゐたまことそのけいしょくそんするあひだであって、かたちいろあぢなどきえうせてパンとおもはれぬやうになったらイエズス、キリストたまふ、さうしてそのけいしょくかれるときごけつにくかれぬのはふにおよばず、そのいづれのぶぶんにもとゞまたまふ。たとへてへば一めんかゞみうつかほは一つであるがまたそのかゞみこはれるとそのはへんいづれにもくゎんぜんかほえるとやゝにことである。

322●せいたいひせきうちにはイエズス、キリストおんからだおんちとだけがましますのでありますか[編集]

せいたいひせきうちにはイエズス、キリストおんからだおんちばかりでなく、そのごれいこんてんしゅせいもすべてましまたまふのであります。

ごれいこんこもってある[編集]

とはからだれいこんわかれればことになるから、イエズス、キリストおんからだおんちばかりせいたいうちるならば、てうど十じかぜうったごとくで、

-232-

るとははれない。しかごふくくゎついごすなはいきかへたまうたうへでは、おんからだおんちごれいこんともはずである。

てんしゅせいもすべてましまたま[編集]

とはおんからだおんちごれいこんとはてんしゅおんこのものときまってあれば、てんしゅせいすなはまことかみたるもちまへいはゞぜんちぜんのうぜんゞゝしょとくせいたいひせきうちにすべてましまたまふのである。

ちゅうせいたいてんしゅにてましまイエズス、キリストであるから、れいはいすべきものでつねみどうさいだんせいひつなかたもつが、せいたいましましるしに、きそくとしてそのまへちゅうやぜうとうともされてる。ゆゑひとそのまへとほたびごとけいれいばかりでなくかたひざあるひせいたいげんけんしされてときれうひざげてれいはいへうするはずである、こゝろがけてていねいいたさねばならぬ。

みどうでいりときおんあるじあいさつれいはいするためつぎことばとなえればい。

しゅイエズスキリストしゅじつせいたいひせきちういまたまふ、われてんしゅたりひとたるしゅはいれいさんびし、かんしゃたてまつる。アメン

[下段]

323◯イエズス、キリストいつせいたいひせきさだたまうたか[編集]

ごしきょぜんじつばんさんときせいたいひせきさだたまうたのである。

ばんさん[編集]

とは、ゆふはんばんめしことである。

ちゅうせいたいいよいイエズス、キリストよりさだめられたことせいてうあたへることそのしるしにパンのかたちいろもっなりたこととの三えうけんそろってるからひせきである。

324◯イエズス、キリストはどのやうにしてせいたいひせきさだたまうたか[編集]

イエズス、キリストせいたいさだたまふに、パンをり、これしゅくし、しとたちあたへてのたまはく「なんぢらけてこれしょくせよ、これなんぢらためわたされるわがからだである」と。つぎさかづきり、これしゅくし、しとたちあたへてのたまはく「けてこれめ、これわがちである」と。またし

-233-

とたちのたまはく「なんぢらわがかたみとしてこれおこなへ」と(ルカ二二。十九)。

パンをしゅくする[編集]

はパンのうへてんしゅめぐみよびくだことである、

のたまはく[編集]

とは、おっしゃったとのいみ

これなんぢらためわたされるわがからだである[編集]

おっしゃったのをおぼえてもらひたい。このうちわがからだってあるとはおっしゃらないで、これわがからだである、パンとえてもパンではないわがからだであるとおっしゃったことさらあすなんぢらためわたされるはずわがからだでるとおっしゃらないで、いまげんなんぢらためわたされるわがからだであるとおっしゃったことわすれてはならぬ。またさかづきってこれしゅくたまうにもやはりぶどうしゅうへめぐみよびくだたまうたので、これわがちであるとおっしゃって、このうちわがちってあるとはおっしゃったことわすれてはならぬ。それせいたいはパンとぶどうしゅとのぐゎいくゎんながらパンぶどうしゅでなくてまことてんしゅまことひとなるイエズス、キリストおんからだおんちである。またなんぢらわがかたみとしてこれおこなへとおっしゃったのはわがかたみとしてわがいまいた

[下段]

したとほなんぢらおこなへとのいみである。

325◯イエズス、キリストがパンとぶどうしゅとをって「これわがからだであるわがちである」とおっしゃったときパンとぶどうしゅどうなりましたか[編集]

このことばによってパンはへんじておんからだとなり、ぶどうしゅへんじておんちりました。

へんじて[編集]

とは、なりかはったとのいみ

イエズス、キリストかねべうにんむかってはなほれ、しにんむかってはきよ、あらなみむかってはしづまれなどおっしゃるたびに、一としておんことばとほりにらぬことはなかった。されば、いまパンをってこれゆびさしてこれわがからだであるまたぶどうしゅってこれゆびさしてこれわがちであるとおっしゃるならばかならおことばとほりるにちがひない。てうはじめに、てんしゅひかりあれとのたまうたに、ひかりったとおなじである。われゝゝこれぜんのうてんしゅおことばおわざなるがゆゑなんらうたがところなくやすんじてかたしんずるのである。

ちゅうイエズス、キリストとつぜんさうおっしゃったばかりな

-234-

らば、あるひかねて十じかになふべしとおっしゃったときごとたとへばなしかとおもはれるかもれぬ。しかせいヨハネふくいんしょだいせうつまびらかにえるごとすでに一ねんいぜんからじゅんびたまふたのであった。すなはいつゝぱんもって五千いぜうひとやしなたまふた。しかしてそのきくゎいわれこそはてんよりくだったきたぱんである、あたへるところぱんかすためわがにくである、わがにくじつたべものでありわがちじつのみものである、われしょくするひとわれによってきるなどいくどもゝゝゝゝおっしゃってもとよりひとわからないでつぶやいたしかまことてんしゅまことひとたるイエズス、キリストおんことばきょぎがあるはずがないから、たとひにくがんにはえないけれども、じっさいイエズス、キリストそのごけつにくである。これしんぜないならじぶんでしにはられぬときびしくおほせられたゆゑこうけうくゎいでは、イエズス、キリストてんごくましまごとせいたいにもましますとかたしんじてるのである、したがっせいたいひせきイエズス、キリストごけつにくじつざいしんぜられないならばこうけうしんじゃでなくまたしんじゃたることできないわけである、このゆゑこうけうくゎいこのしんかうゐろんとなへたるひとはもんしたのである。

[下段]

このふしぎへんくゎこうけうくゎいじったいぜんへんくゎまたくゎたい(Transsbstantiatio)となづけるが、イエズス、キリストおことばこうけうくゎいていぎによってひとたすかりためかならしんずべきしんこうかでうである。ばんぶつよりつくりだたまてんしゅぜんのうわざかられば、せいたいひせきしんじがたいことはない、あぢは、あめとのえいけうよっしょくぶつじゅえきり、あるひり、はなり、ごこくり、いしのやうなかたさねり、たいぼくる、またしょくもつまいにちわれゝゝけつにくくゎするではないか。てんしゅぜんちぜんのうみづかよりでかたまふたどうしょくぶつきくゎんもって、だんゞゝしぜんらせたまところを一しゅんかんてうしぜんてきないはずはない。あだかキリストカナこんえんおいみづを一しゅんかんにしてぶどうしゅへんくゎさせ、ぜんごくゎいわたってわづかのぱんもっすうにんやしなひ、またたゞごんもっしにんいきかへらせたまうたことなどかんがあはせるとせいたいひせきしんずるになんらがたくはない。

326◯「なんぢらわがかたみとしてこれおこなへ」とのみことばなにいみするのでありますか[編集]

この

-236-

ことばによってしとおよそのさうぞくしゃめいれいともに、せいたいつくけんけたこといみするのであります。

しとおよさうぞくしゃ[編集]

すなはち十二しとおよそのさうぞくしゃまではれるは、イエズス、キリストさだたまふたことは十二しとたちだいためばかりでないからである。てんのぼたまふたとき、「われよをはりまでまいにちなんぢらともります」とおっしゃったごといま十二しとこのとほりよ、すなはせいたいつくれとはれたのであるからこれたゞキリスト

いひつけ[編集]

ばかりでなくどうじに、

せいたいつくけん[編集]

すなはキリストごとくパンとぶどうしゅおんからだおんちへんくゎさせるちからたまはったにさうゐない、しかしてをはりまでかれらさうぞくしゃうである。じぶんどもせいたいつくけんすなはちパンとぶどうしゅイエズス、キリストごけつにくへんくゎさせるちからないならばどうしてそのめいれいじっかうすることできようかできないことである。ゆゑそのめいれいともそのちからたまはったことうたがよちがない。

327◯イエズス、キリストなんためせいたいひせきさだたまふたか[編集]

せいたいひせきさだたま

[下段]

たのは(一)ひととしてもこのよとゞまり(二)そのみぎせいとしておんちゝさゝげ(三)ひとれいこんやしなためであります。

だい一、てんしゅとしてはイエズス、キリストどこにもましませど、

ひととして[編集]

おんからだはれぬ、たゞてんのぼっててんしせいじんたまふに、ひとあひだにもえないながらよるひるとゞまり、なぐさめ、ねがひごとき、て、てんごくみちびきたいとののぞみもってパンぶどうしゅぐゎいくゎんもとそんざいすることさだたまふたのである。

だい二、イエズス、キリストだいまではてんしゅよりさだめられたきうやくじだいいけにへなどさまゞゝほうけんがあったが、すべはいされて、たゞイエズス、キリストいけにへのみとなった、そのためイエズス、キリストおんみづかせいたいひせきさだたまふたのである。

だい三、

ひとれいこんやしなため[編集]

とはめうこへるかもしれないが、しかきるものは、みなやしなひる、しょくぶつどうぶつやしなひり、くさきさへもやしなひがなければれてしまふ、どうぶつのうりょくこれやしなひあたへていぢするごとえうす。ひとの……………、しぜんいのちくはへられたてうしぜんいのちすなはせい

-236-

てうてんしゅこどもたるのいのちたもつにやはりやしなひる、しぜんいのちつなぐはごこくやさいにくるゐごとぶっしつてきのものであるに、れいこんてうしぜんいのちたもつのはれいてきやしなひすなはイエズス、キリストごけつにくすなはイエズス、キリストごじしんである。しかせいたいはいれうぶっしつてきしょくもつごとわれゝゝイエズス、キリストどうくゎするのではなくわれゝゝイエズス、キリストどうくゎせられるのである。

ちゅうイエズス、キリストえずわれらそばとゞまたまゆゑわれゝゝこれふかありがたがって、できるだけたびゝゞごほうもんし、イエズスまへて一しんをがみ、かんしゃし、つみゆるしおんめぐみねがことわすれてはならぬ、またみいけにへさゝたまふにより、じぶんそのさゝげあづかり、おのれをもともさゝげねばならぬ、またますまてんしゅこどもらしくなるために、れいこんやしなひそなへられたるせいたいはいれうするやうはげまねばならぬ。

328◯いつイエズス、キリストそのみいけにへとしておんちゝさゝたまふたか[編集]

イエズス

[下段]

キリストは十じかかゝっていけにへさゝたまふた。しかしていまもミサせいさいもっごじしんいけにへとしておんちゝさゝたまふのであります。

ちゅうだい一、せいパウロことばによれば「キリストたまひしときおんちゝむかってのたまふにはしゅよ(いままでの)いけにへさゝげものとをいなみてにくたいわれそなたまへり、はんさいれいはいためさゝげるいけにへ)とざいさいつみつぐのひとしてさゝげるいけにへ)とはみこゝろかなはざりしをもって、われいへらくみたませいしょはじめわれきてかきしるしたれば、てんしゅわれみむねおこなはんがためきたれり」(ヘブレオ十。五)と、それほんとうへばイエズス、キリストごせうがいきうやくじだいぎせいかはりごじしんぎせいとなってこゝろぎせいけうたまふたことになる。すなはちベトレヘムのうまやうまたまふたときから十じかぜうたまふたときまでごじぶんいしのまにゝゝせいくゎつたまことは一しゅんかんとてなかった。

だい二、三十さいまではせいひんあまんじふじいうめ、いやしいしょくげふいとなみ、しせいくわつもっいけにへたまふた。

だい三、ふけうはじたまふやせんしゃヨハネより「つみのぞてんしゅ

-237-

こひつじ」となづけられ、じいうめいよぎせいにしてたのしみもとめず、「ちゝおぼしめしまったうするはわがしょくもつである、たのはひとゞゝつかためでなくひとゞゝつかへるためまたしうじんあがなひとしていのちてるためである」とてみぶんましましながらかへってわがでしたちつかきふじのやうに、へりくだたまふた。

だい四、ひとためくるしんでながことふかきぼうし、たびゝゞよげんし、「げるにいたるまでこゝろせっぱくしてる」とおほせられ、つひに十じかはりつけられて「つくした」とのたまひつゝいのちてゝせうがいぎせいまったうしたまふたのである。

だい五、いまそのぎせいそのまゝにそうくゎつして、せいたいぎせいすなはちミサせいさいもっにちゝゝさゝたまふのである。