公教要理説明/03-06

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-224-

だい五十二くわ せんれい(二)[編集]

310◯せいちょうしたひとせんれいさづかるためにはどんじゅんびりますか[編集]

てんしゅをしへわきまへ、これかたしんじ、つみを一しんくいあらためねばなりませぬ。

こどもせんれいけるに、べつじゅんびえうしないけれども

せいちょうしたひと[編集]

すなはじりわきまへるひとは、さうたうじゅんびる。

だい一、

てんしゅをしへわきま[編集]

ことそれつねこうけうえうりまなび十かいしゅえういのりさきおぼえねばならぬ。

-225-

だい二、

これかたしんじ。[編集]

すなはうはべばかりでなく、まごゝろからしんじなければならぬ。

だい三、

つみいっしんくひあらた[編集]

ことは、なによりひつえうである、つみくやまぬならけっしてゆるされず、またうまかはったくらゐあらためぬならてんしゅほんたうこどもにあはぬ。

311●せんれいさづけるのはたれでありますか[編集]

せんれいさづけるのはしけうしさいであります、れどひつえうばあひにはたれでもできます。

しょくむぜう

せんれいさづけるけんのういうするのはしけうしさい[編集]

およびじょさいだい四百三のとひよ)であるから、これわすれてふつうしんじゃすゝんでかるゞゝしくせんれいほどこわけにはかぬ、しさいうかゞふがほんたうである。

れどひつえうばあひには[編集]

どんひとでも、いけうしゃでも、しかたってさへすればせんれいほどこことできるにさうゐない。もっとひつえうひせきであれば

たれでも[編集]

これさづけること

でき[編集]

るのはじつありがたいしだい

[下段]

ある。

312◯ひつえうばあひとはなにでありますか[編集]

こどもやまひあやうときあるひせいてうしたひとのぞんでせんれいねがときであります(このときおしふべきことふろくゆ)だけしさいたのはずであるが、ふざいなるか、あるひつがうわるくしてはぬときには、しかたこゝろえひとさづけるがい。りながらもっとちういすべきは、おとなにはいりようことできるだけかせ、またなによりてんしゅあいし、イエズス、キリストありがたがり、いままでのつみしんくひあらため、ほんとうに、たすかりしきりのぞこゝろおこさせることもっとだいじである。ようするこゝろざしなきときせっかくせんれいこうなしとわすれてはならぬ。

313●どうしてせんれいさづけますか[編集]

せんれいさづけるには、ほんにんひたひみづそゝぎながら「ちゝせいれいとのみなよりなんぢあらふ」ととなへます。

こゝちういすべきてんである。

ほんにんひたひみづそゝぎながら[編集]

ひたひとあれば、ぶぶんでなく、やむ

-226-

ぶぶんそゝいだならば、できときひたひそゝなほさねばならぬ。またかみげでなく、ひふみづくやうにそゝがねばならぬ。

みづ[編集]

とあれば、てんすいでもかいすいでもさゆでもいが、かくほんたうみづひつえうである、ちゃさけまたたものではかぬ。

そゝ[編集]

とあれば、すなはれたきれひたひぬぐばかりでらず、みづながれるがほんたうである。しさいこうしきおいて三しかも十じかかたちながしかけことめいぜられても、つねひとうせずともい。

ながら[編集]

とあれば、みづながことことばとなへることとをけっしてはなさず、れうはうどうじにすべきものである。どう一のしかたであるからことばまちがはぬやうにするとともに、またうろたへぬやうにするがだいじである。たとへばうろたへてたゞちゝせいれいとのみなよってアメンととなへてはせんれいらぬ。

314◯のぞんだ七才以 下)にせんれいさづけるのはいかゞ[編集]

ひとれいこんすくことであれば、しんじゃおこたってはならぬことであります。

[下段]

ちゅう)、おやゆるさぬのに、みしんじゃこどもせんれいさづけることできぬ、そのこどもしんけんもととゞまってキリストけうてきけういくけるみこみがないからぜったいてきさづけることゆるされぬ。なんとなればせんれいけるばかりでせうらいキリストけうてきそだてられぬならせっかくせんれいかへっけがされるからである。

たとおやねがってもいよいキリストけうてきけういくけさせるとのやくそくがなければそのこどもせんれいさづけることできことであって、そのじぜうはんだんするのはしさいせきにんである。ふつうしんじゃではかなはぬことである。

だい一、じっさいしにかかってときである。りうかうべうがあってぬかもれぬときけんだけではらぬ、いよいそのこどもべうきかゝながらへるみこみのないときかぎる。あるひいよいよ七さいまでながらへるみこみのないときうであるが、しかかるゞゝしくてはならぬ、キリストけうひとにくませしんじゃはくがいきたさせぬやうにちういすべきである。

だい二、みしんじゃこどもあるひしんじゃわたし、そのこおけ

-227-

しんけんはうきするならさづけてもい。

だい三、うまれながらのむちせうらいちえづみこみのないひとは、せいてうしてもこどものやうにられ、しにかかったものとどうやうせんれいさづけることできる。

かゝものおやらずあるひこのまぬでもせんれいさづけるは、うたがひなくれいこんぜうじぜんげうおこなことなればさづけるがい。たゞさきまをしたとほかるゞゝしくさづけていけうじんにくみおこさせるやうことがあってはならぬ。まんつねひとせんれいさづけたこどもが、あんぐわいながらへたときかならしさいげて、じぶんちからおよぶだけキリストけうてきけういくけさせるやうにするぎむがある。

せんれいしきいては『キリストしんじゃほうかん』四はんの七百十ページから七百四十六ページまでにくわしくしるされてあるからさんせうされい。