公教要理説明/03-05

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-222-

だい五十一くわ せんれい(一)[編集]

306◯たすかりるにもっとひつえうひせきなにでありますか[編集]

もっとひつえうせんれいであります。

たすかりるにせんれいもっとひつえう[編集]

わけは、これけずしてはたすかりことできぬからである、イエズス、キリストのたまはく「ひとみづれいとによりあらたうまれるにあらずばてんしゅ

[下段]

みくにることあたはず」と(ヨハネ、三。五)、またせんれいもっひとはじめててんしゅとなりこうけうくわいる。したがっせんれいけたうへでなければ、ひせきけることゆるされない。

ちゅうたすかりえうするはほんしょみづせんれいであるが、こゝろからせんれいのぞんでもこれさづかることできず、くわんぜんつうくわいおこしてんだならたすからぬことはない。それせんれいしぐわんしゃにしてやむをえざるじゆうためじゅせんしないまゝでんだときは、しんじゃどうやうとりあつかはれる。またせんれいけないひとてんしゅためころされるひとたとへばイエズス、キリストたんぜうあたむざんころされた二さいいかこどもごときはたすかりる。ればせんれいは、みづせんれいのぞみせんれいせんれいみとほりあるとことできる。

307●せんれいとはなにでありますか[編集]

せんれいみづてんしゅみなもって、げんざいじざいそのつぐのひをも、まったゆるし、てんしゅらせるひせきであります。

せんれい[編集]

とは、あられいである。

みづてんしゅみなもっ[編集]

とは、「てんしゅさんゐみなによってあらふ」とひな

-223-

がらみづあらことすが、せんれいおいしるしるのはそれである。

つぎことばそのしるしかうくわふ、すなはつみゆるまたしかくあたへる。ゆるされるのは

げんざいじざい[編集]

とで、すなはじんそアダムよりつたはったつみと、じぶんそれまでをかしたつみとをことゞゝゆるされ、また

そのつぐのひ[編集]

すなはつみためれいこんくべきばつまでも

まったゆるされる。[編集]

それせんれいけてすぐものは、かならちょくせつてんごくはずである。

てんしゅらせる。[編集]

すなはせんれいければせいてういたゞいていよいてんしゅあいしり、イエズス、キリストけうだいとなり、かとくとしててんごくをはりなきさいはひくべきものとる。

せんれい

ひせきである[編集]

ことなによりあきらかである、すなはだい三百〇一のとひみつえうけんが、あきらかにそろってる。

308●せんれいときなにやくそくしますか[編集]

あくまそのわざとをて、こうけうしんじつまもことやくそくします。

[下段]

せんれいにはふたつやくそくふくまる。だい一、

あくまそのわざとをて、[編集]

あくまてるとは、いごこれくわんけいこれしたがはず、かへっこれてきとすることである。あくますゝめるあくじすべてのつみおよそのきくわいけることである。しさいが三どあくまてますか、あくまわざてますか、あくまおごりてますかとへば、ほんにんもしくはだいふだいぼまいどこたへて、てますとふ。あくまおごりとは、ひとつみさそためもちゐるくわいらくきょしょくなどふ。

だい二、

こうけうしんじつまもこと[編集]

しきはじめつぎもんどうがある。

とひてんしゅけうくわいなにねがひますか(こたへしんかうねがひます。

とひしんかうもっなにますか(こたへをはりなきいのちます。

またせんれいけるまへに、あらためてつぎもんどうがある。

とひてんちさうゞゝしゅぜんのうちゝなるてんしゅしんじますか、(こたへしんじます。(とひそのおんひとりごわがしゅイエズス、キリストこのようまれてくるしみたまうたことしんじますか(こたへしんじます。(とひせいれいせい

-224-

こうくわいしょせいじんつうこうつみゆるしにくしんよみがへりをはりなきいのちしんじますか、(こたへしんじます。(とひなにねがひますか、(こたへせんれいねがひます。(とひいよいせんれいのぞみますか、(こたへのぞみます。

これこそこうけうくわいおよびそのをしふるところかたしんじて、これしたがふとのやくそくである。

ちゅうせんれいだいふだいぼもちゐるは、じゅせんしゃおとなならばてんしゅつるそのやくそくせうにんり、こどもならばこれかはっててんしゅやくそくて、みのおやともに、あるひこれかはってでもそのやくそくまもらせるためである。だいふだいぼじゅせんしゃっておやごとものなればこれこんいんむすことゆるされぬ。

309◯なんためれいめいけますか[編集]

れいめいけるのは、せいじんもっおのれとし、そのせいじんほごたのみ、かゞみにするためであります。

れいめいける[編集]

とは、せいめいほかしんじゃとしてのけられることである。

せいじんもっおのれとす[編集]

せいじんかぎことはないけれども、せいくわいのぞところは、せいじん

[下段]

うちじぶんさうたうするかたみとめて、そのなことである。

そのせいじんほごたのむ。[編集]

いたゞいたれいめいせいじんことようごしゃふが、これとくべつそんけいし、またおんとりつぎいらいすることことそのせいじんしゅくじつたっとこともっとふさわしいことである。

かゞみにする。[編集]

これなによりてんしゅみこゝろかなひ、ようごしゃけいあいするみちである。