公教要理説明/01-12

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-57-

だい十二くわ イエズス、キリストのこうせいかつ[編集]

75●イエズス、キリストは三十さいあたってなにたまふたか[編集]

イエズス、キリストは三十さいあたり、せんしゃヨハネからせんれいけ、しじふにちあひだだんじきし、またじふにしとえらんでこれともふくゐんたまふたのであります。

それよつことる。

だい一、

せんしゃヨハネからせんれい[編集]

たまふた。

せんしゃヨハネしとヨハネとをこんじてはなりませぬ。しとヨハネは十二のおでしうちとくべつイエズスあいせられ、ごしきょときせいぼマリアあづけられたものであるが、せんしゃヨハネこくはくいのりかきのせたもので、せいぼマリアしんぞくエリザ

-58-

ベトよりうまれたものである。そのごたんぜうしゅくじつは六がつ二十四あたる。じんみんイエズスことらせ、こゝろあらためさせるために、てんしょくとしてせっけうかつくげうしつゝあったものなれば「せんくしゃ」とばれた、すなはイエズスさきだってそのみちそなへたものいみである。つひこくわうヘロデあにつまめとったこととがめたので、かんごくれられ、くびねられたものである。つみくひあらためるしるしに、ヨルダンかはせんれいほどこったから、もっぱら「せんしゃ」、すなはあらものせんれいほどこものなづけられたが、そのせんれいいまひせきったものとはちがって、じっさいつみゆるされるものでなく、つみくひあらためるしるしばかりにとゞまったけれど、イエズスもとよりこれたまはずはなかったに、ひとみなぜひつみつぐのはねばならぬとさとためみづかざいにんおもはれるをいとはず、ヨハネことわるのにしひせんれいねがたまふたのであります。

そのときてんよりこゑひゞいて、「これわれこゝろやすんずるあいしである」ときこえた。またせいれいはとかたちもって、イエズスうへくだたまふのがえました。われゝゝせんれいければてんしゅ

[下段]

あいしすなはかあいらしいり、せいれいわれらこゝろやどたまふのであるから、つみもっそのめぐみうしなはぬやうにつとめねばなりませぬ。

だい二、

四十にちあひだだんじき[編集]

たまふた。だんじきとは、しょくつとことばで、たいさいちがひ、よるひるすこしもたべのみせぬことである。イエズスをしへのべはじめるまへに、あれのってごくさびしいところやじうばかりったところひきこんで、四十にちあひだだんじきたまふたのは、てんしゅみめぐみいたゞくにだんじきなどくげうおほいかうのうのあることしめためである。こうけうくわいで「しじゅんせつすなはち四十にちあひだたいさいさだめたのはイエズス、キリストだんじききねんするためであります。

イエズスそのときあくまいざなひたまふたことしょほえぬからこゝにもりゃくする。

だい三、

十二しとえら[編集]

たまふた。すなはおびたゞしいしんじゃうちに、七十二にんことさらでしとし、また十二にんを「しと」とさだたまふたが、しととは、つかはされるでしとのいみで、イエズスあとくにゞゝつかはされるはずものでありました。十二しと

-59-

は、だいペトロそれからそのけうだいアンデレアまたふたりけうだいだいヤコボヨハネまたフィリッポバルトロメオトママテオふたりイエズスいとこせうヤコボユダタデオシモンつひむほんにんったユダであります。

だい四、

これともに、[編集]

すなはち十二しとれて、

ふくゐんたまふた。[編集]

ふくゐんとは、イエズスみづかそのをしへなづたまふたであります。ふくゐんべ、すなはかせたまふたのは三ねんあひだおもガレリアユデアサマリアベレアよつちひさくにしょゝゝほうゞゝでありました。

76●ふくいんとはなんであるか[編集]

ふくゐんさいはひおとづれで、ひとしんかつまもるべきたすかりみちであります。

ふくゐんは、さいはひおとづれとのもんじで、げんごエヴァンゼリウムつげいみである。しんぶんしぜうはいべうしゃふくゐんとかたれかれふくゐんとかくわうこくえるのは、やはりイエズスをしへならったのであります。いよいイエズス

ふくゐんさいはいおと[編集]

[下段]

づれ[編集]

のちのよさいはひばかりでなく、このよからのほんたうさいはひすなはこんなんうちでもこゝろまんぞくまたなにより、たすかりすなはをはりなきさいはひみちである。「まづしいひとひとくるしひとさいはひなるかな」とはれたのははじめであって、なんありがたいおはなしではないか、たれさいはひのぞまぬひとがあらうか、そのみちきたくないものがあらうか。りながらたゞではられぬ、そのためしんずべきこともあって、これさいはひみちであります。

しんずべき[編集]

ことは、おもてんましまちゝのあることばんぶつつかさどたまことイエズス、キリストてんしゅおんこたることそのおんすくひいたゞくべきことそのけうくわいきふくすべきことなどであります。

まもるべき[編集]

ことは、なによりかいしんしててんしゅばんじえてあいすることてんぷくわんぜんましまごとめんゝゝくわんぜんるやうにはげことひとあやまちゆるし、ひとおのれごとあいすることひとつまづかせぬことなどであるが、これまなぶべくまもるべき

たすかりみちであります。[編集]

みなこれまもるならばこのよからごくらく

-60-

うかまなんでまもりたいものである。

ちゅうふくゐんたっひとつなれど、これいたほんしさつあって、「せいふくゐんしょ」となづけてしんやくせいしょはじめえる。ミサのときしさいさいだんひだりほうむのは、やはりふくゐんって、せいふくゐんしょうちからばっすゐしたものであります。せいふくゐんしょいたひとやはりにんで、「ふくゐんしか」とふ、すなはふくゐんれきしいたひととのいみであります。ににんマテオヨハネであって、十二しとうちであるが、ほかににんマルコルカとは、たゞしとたちでしでありました。

ふくゐんことがらいちゝゝせつめいするのはもっとだいじであるが、しょほせうりゃくしてあるからしょせきゆづる。