公教要理説明/02-15

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-157-

だい三十九くわ だい一とだい二とのおきて[編集]

211●けうくわいだい一のおきてぶんいかゞ[編集]

まもるべきしゅくじつせいとすべし。………まもるべきしゅくじつだけは、しゅじつどうやうらうどうやすんで、

せいじつとすべき[編集]

ものである。

212●しゅじつほかまもらねばならぬしゅくじついくにちあるか[編集]

にっぽんでは四あります。すなはイエズス、キリストごかうたんさい(十二月廿五日)ごせうてんさいせいぼマリアひせうてんさい

[下段]

(八月十五日)、しょせいじんさい(十一月一日)であります。

にっぽんでは四[編集]

あるが、ぜんけうくわいめいぜられてあるのは、なほほかに六ある、すなはイエズスごかつれい(一月一日)、ごこうげん(一月六日)、せいぼげんざいなきおんやどり(十二月八日)、せいペトロせいパウロ(六月廿九日)せいたいしゅくじつせいヨゼフしゅくじつとである。ほかごふくくわつさいせいれいかうりんさいとの二だいしゅくじつあれど、つねしゅじつあたるから、こゝには

しゅじつほか[編集]

はれたのである。……………(云々)

ちゅうしゅくじつせいじつとするにはしごとやすみミサにあづかりさへすればつみまぬがれるけれど、こうけうくわいもっぱのぞところしゅくじつもっしんじゃ

-158-

ねっしんふるはすことである。それイエズス、キリストごせうがひまいねんくりかへおもひおこさせごおんさとらせ、そのもはんしたがはせたいとのことなれば、しゅくじつりようするのはれいこんひぜうしんぽみちりながらことこゝろがくべきは、

だい一、しゅくじつじゅんびことごこうたんさいまへにはたいこうせつとて、キリストらいりんあふぐ四しゅうかんあり、ごふっかつさいまへには四じゅんせつまたごじゅなんせつあり、せいれいこうりんさいまへには九かかんいのりあり、だいしゅくじつぜんじつにはだいさいせうさいめいぜられるのはみなせいしんじゅんびうながためであってしんじゃだいしゅくじつちかづくにしたがってこゝろいれかへ、くわいしゅんひせきもっつみゆるしねがひ、せいたいはいれうしてなほイエズス、キリストと一するやうにはげめばなによりのしゅくじつかうくわげるにちがひない。

だい二、しんじんもっしゅくじつすごことしゅくじつもくてきてんしゅごおんかんしゃするこゝろおこさせるためであるから、しゅくじつうはべとゞまらず、きねんせられることがらをばのあたりにながら、しんこれありがたがり、そのかうくわいたゞたいのぞことかんえうである。

だい三、できるだけしゅくじつせいしんおぼえるやうにつとめること

[下段]

たとへばごこうたんさいにはイエズスうまたまふたうまやってるがごとく、おんもはんしたがってけんそんせいひんかんにんこゝろおこし、ごじゅなんときにはしんイエズスおんくるしみいたはり、そのもとおのつみくいあらため、ごふくくわつさいにはキリストともいきがへことつとめ………………またかくしゅくじつにあったこゝろざしおこさばいちじるしくそのかうくわかうむる。

だい四、だいしゅくじつは一とうしゅくじつせうせられてやくかかんつゞくもので、これさうたうするこゝろざしながたもち、じっかうてきそのかうくわあらはことちういすべきである。

だい五、しゅくじつにはにくしんぜうにもしゅくじつしるしとしてさうたういふくちゃくごちさうむがいごらくすはてきたうなれど、めいていあらそひさわぎなどもったにんしきかゞみとならず、じゅんけつこゝろよろこびあらはすがかんえうである。

213●けうくわいだい二のおきてぶんいかゞ[編集]

しゅじつ

-159-

(ローマ・カトリックこうけうくわいのキリストとしょせいじんの)しゅくじつとにはつゝしんでミサにあづかるべし。

ミサせいさいことは…………

つゝしんでミサにあづかる[編集]

とは、けてミサせいさいあづかことである。

………………ぎしきばかりでない、ぎせいである、しかも十じかぜうぎせいおなじものであって、………………

[下段]

(三)………おんあがなひもくてきまったうして、われられいはいかんしゃふそくおきなひ、つみつぐのひ、おんめぐみもとめるになによりてうほうみちであるから、これもって、ありがちふそくあやまちせいじつごとあがなひ、…………こゝろいれかへるきかいあたへられるので、かならおろそかにしてはならぬ。

(四)つひイエズス、キリストぎせいあはせておのれをもぎせいけうし、いごなほよほんぶんつくしたい、おしまずはげみたいとののぞみおこし、そのちからを一しんねがへばこれぞミサせいさいあづかおきてまもみちであって……………

(五)………………せいたいはいれうそうたうこゝろざしじゅんびとをもってすれば、これこそイエズス、キリストとの一ますまかため、うまれかはったやうにどんぎむにもにもふるちからいたゞからる。してひとりゝゝゝばかりでなく一かこぞってミサせいさいあづかったたびごとに、これもっはげますならば、おやこますまむつみ、なほよつとめるものり……………

-160-

…………

かまはずにミサせいさいおこたらば、イエズス、キリストごおんらず、おんめぐみかうむみちたすかりいたみちみずかとほざかるのである。またミサせいさいってもからだばかりで、キリストこゝろあはせていのことつとめぬならば、たからやまってむなしくしてかへものおなじである。

214●どんひとけうくわいだい二のおきてそむくか[編集]

しゅじつおよまもるべきしゅくじつにミサせいさいおこたり、あるひはミサのおもなるぶぶんき、あるひはミサのあひだこゝろちらし、ふけいひとだい二のおきてそむきます。

ミサせいさいおこた[編集]

とは、ミサせいさいかれるのにせいさい

[下段]

かぬことである。……………しんじゃが「わたしじっさいミサせいさい……………うもかれぬのはざんねんだ」と、まじめはれるときつみまぬがれる。

ミサせいさいおもなるぶぶん[編集]

とは、づミサせいさいおもなるぶぶんは三、すなはほうけんせいべつはいれうとである。…………そのいつことだいざいなれども、せうぶぶんおこたってもつみらぬとおもふならたいしたまちがひである。なぜなれば、あづかるべきはミサせいさいぜんたいで、はじめからをはりまでゞあるゆゑはじめからあづかり、をはらぬうちにはせいどうてはならぬ、なおざりにしてこれいたときは、たせうつみまぬがれぬ。おもなるぶぶんいたときは、できるだけほかのミサせいさいあづかるのがほんたうである。

ミサせいさいあひだこゝろちら[編集]

とは、………ぼんやりしてさいだんほかあちこちみたり、ほんんだり、ものみたやうなたいどでミサせいさいこころがけぬなら、つゝしんであづかるとははれず、つみ

-161-

る。

ふけい[編集]

………………はなはだしきぶじょくるから、うかできるだけせいさいちういして、みなイエズス、キリストともに、こころあはせていのりさゝぐべきである。