公教要理説明/01-04

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-24-

だいくわ てんし[編集]

26◯えるものほかなほてんしゅつくたまふたものがないか[編集]

ります、てんしゅおほくてんしつくたまふたのであります

えるものほか[編集]

すなはつきほしくさけだものにんげんほかに、えぬもの。

てんし[編集]

とは、てんつかひあまつつかひしゅつかひともふ。

あまた[編集]

とは、てんごくありさままぼろしせられたよげんしゃダニエルてんしいていはく「つかまつものせんゝゝみまへはべものまんゝゝ

-25-

ったと」と(ダニエル書七。十)。せんゝゝとはひゃくまんまんゝゝとはいちおくことであるが、たくさんたくさんいみである。イエズスとらはれたまふたときに「われちゝもとずとおもふか、ちゝたゞちに十二たいにもあまてんしわれそなたまふべし」と(マ テ オ二六。五三)おっっしゃたが、そのときいったいおよそろくせんにんとすれば、せめしちまんにせんてんしおはなしる てんしかぞへられぬほどおほことうたがいなし。

27◯てんしとはなんであるか[編集]

てんしひとすぐれてちゑちからとをそなへたれいであります。

てんしれい[編集]

である。   

れいことだい十四のとひえる。りながら、てんしにんげんれいこんごとしんたいあはせられてないから、ほんとうへば「じゅんれいすなはまじりなくじゅんすゐれいであるそれにんげんよりもてんしゅたものであります。

ひとすぐれてちゑちからとをそなへたれい[編集]

とは、ひとよりもちゑちからとがおほいとことそれひとらぬことをもり、ひとできことでもできる。ゆゑにんげんおよばぬふしぎすなはきせきのやうなものができる。りながらぜん

[下段]

ちぜんのうではないから、てんしゅごときせきすなはしにんよみがへらするやうなことできぬ。てんしゅたまきせきよりははるかおとる。

ちゅうてんしいたことないか。つばさいたうるはしいわかもののやうにいてあるが、もとよりじゅんれいであるからかゝかたちましかれるかたちいのに、うしたわけそんなにくか。これわれゝゝをしへるためせんかたなしにそんくが、ひとのやうにくのは、そのかたちりてあらはれたことがあるからである。うるはしいわかもののやうにくのは、としよことなく、はれぬほどあいらしいからである。またつばさけてゑがくのは、そのとほりよげんしゃたちえたことがあるし、またつねひとではなくて、とりよりもはやく、どこにでもてんしゅめいまったうするとのしるしである。

28●てんしなにるか[編集]

てんしてんごくってつねてんしゅつかへ、またにんげんしゅごします。

それみつことる、すなはてんしだい一、てんごくります、だい

-26-

二、しじゅうてんしゅつかへます、だい三、にんげんしゅごします。

だい一、だい二十七のとひときあかときに、てんごくてんしゅみたてまつって、てんしゅよりあいせられ、をはりなくたのしところひますが、てんしゅるのとこれあいせられるのとは、てんごくさいはひであるてんしゅましまさぬところがないからどこでもられます、みたてまつものってはてんごくである。てんしそのとほり、どこってもてんしゅみはなさず、てんしゅよりあいせられてをはりなくたのしゆゑどこるにしてもてんしっては

てんごく[編集]

のであります。

だい二、てんし

-28-

31●てんしみなよいものであるか[編集]

[下段]

てんしみなよいものであったけれども、てんしゅそむいてぢごくおとされたものおほい、これあくまひます。

どこくにでも、なにものあくかたまって、にんげんがいするものがあるとのはなしがあって、あくまあくきおにてんぐなどいろゝゝけられてある。しかしながらてんしゅもとよりわるものけっしてつくりなさるものではない、あくまでももと

よいもの[編集]

すなはてんしつくられた、わるったのはじぶんあやまちである。そのあやまちいつんなこととはせいしょあきらかにいていからたしかにはれぬ。れどにんげんだらくよりさきまたじゅんれいであるからしょくもつにくよくつみでなくて、むしがうまんつみであったらう。さうしてそむいたてんしかずれず、三ぶんの一とひとあれど、まではれぬ、

おほい、[編集]

はれるだけである。かくイエズス、キリストみことばによれば、

じごく[編集]

ばつそなはったのは、

あくま[編集]

それたいするものためである。やはりてんしながらもてんしゅごおんらず、そむいたためそのゆるしけず、そのまゝてんしゅよりてられたわけである。それでももちまへちゑちからとをうしなはず、あくかたまってあくじためこれもちゐるものったの

-29-

である。

32●あくまなにるか[編集]

あくまてんしゅうらみ、ひとあくいざなひます。あくまことおもふたつ。

だい一、

てんしゅうらむ。[編集]

ゆるされなかったためか、むやみてんしゅきらって、ひととほざらかせ、をがませぬやうにする。またきつねとかたぬきとかかはたろうとか、いろゝゝもとひとおどろかあざむいて、じぶんてんしゅかはりにをがまれようとくふうする。くにによってしかたとかいくらちがふだけで、どこつまりおなじやうなおもむきである。

だい二、

ひとあくいざなふ。[編集]

にんげんつみよりすくはれたためか、あくましきりねたみ、いろゝゝくはだてゝ、つひじぶんともじごくおとしいれるためつみをかさせようとする、それあくまいざなひひます。せいペトロいはく「なんぢらせっせい(ヒカヘテ)してけいかい(ヨウジン)せよ、なんぢらあだたるあくまへるしゝごとく、くいつくすべきものをさがしつゝゆきめぐるからである。………しんかうこゝろかためてこれていこうせよ」と(ペトロ前書五。八、九)

[下段]

33●なぜてんしゅあくまいざなひたまはぬか[編集]

あくまいざなひひとじゆうがいすることできず、かへっこうてるたよりるからであります。

てんしゅぜんちぜんのうおぼしめしは、たうていわれゝゝあさぢゑもっはかるべきものでなく、うやゝゝしくこれくふくするほかはない。しかかんがへてれば、おそろしいのはあくまふよりは、むしあくまちかづいてこれしたがことである。あくまいくへるしゝごとくであっても、つながれたやうで、こちらからまかせぬならばかみつことできぬ。いくいざなはれても、いやとさへへばそれる。せいパウロいはく「かみしんじつにてましませば、なんぢらちからいぜうこゝろみられることゆるたまはず、かへっこらへることさせるために、こゝろみともつべきはうはふをもたまふべし」と(コリント前書十。十三)

にんげんにはじゆうがあるが、わることをしてもいとのじゆうではない、みづかえらんでことをするためじゆうである。じゆうかこつけてわることをするのは、「じゆうらんよう」とって、じゆうあべこべに、みだりもちゐることである。さすがあくまでも、けっしてわれゝゝ

-30-

じゆうがいすることできぬ。[編集]

いくつみいざなはれても、これけぬやうにすれば、かへってんしゅみまへてがらり、をはりなきさいはひためる。

あくまいざなひかへっいさおてるたより[編集]

から、てんしゅこれたまはず、うちかちからいのればかならあたたまふのである。

ちゅうわすれるなよ、ようじんせずいのりおこたって、あくままけるやうにするから、ますまよわって、つひあくまどれいり、つみめたいとおもっても、められなくる。うかちかららぬところいのって、ぜひまけぬはげみなさい。