公教要理説明/02-22

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


だい四十六くわ たいしんとく (二)つけたり りんりとく[編集]

462●あいとくとはなにであるか[編集]

あいとくとは、てんしゅかぎりなきぜんいますがゆゑあいまたてんしゅためひとあいするてうせいとくであります。

このていぎにもみつことふくまれてる。

あいとくてうせいとく[編集]

で、せいてうっておこるが、そのはたらきは、てんしゅあいすることひとあいすることにきまる。

てんしゅあいするわけは、たゞたすかりためではない、てんしゅばんいうげんいんむげんくわんぜんぜんいまして、ばんとくそなはり、したがっばんじばんぶつへてあいすべきものにいますからである。ひとあいするのは、あいらしいからではない、てんしゅためであって、みなてんぷこどもであれば、たがひけうだいであるわけであります。それてんしゅあいするばかりでは

-195-

らず、ひとをもかならあいせねばならぬ。しとヨハネことさらに「ひとあってわれかみあいたてまつるといひつゝおのけうだいにくまば、きょげんしゃである、けだえるけうだいあいせぬものうしてたまはぬかみあいたてまつことやうぞ、かつかみあいたてまつひとおのけうだいをもあいすべしとは、われらかみよりたまはったおきてである」と(ヨハネ一書四。二十、二一)はれた。

265●てんしゅどれほどあいせねばなりませぬか[編集]

てんしゅなによりもあいせねばなりませぬ。イエズス、キリストは「こゝろつくちからつくしててんしゅあいすべし」とのたまふた。

てんしゅなにものよりもあいせねばならず、はゞばんじえて、すなはなにびとよりも、なんたからものよりも、なにたのしみよりも、わがいのちよりも、あいせねばならぬ。イエズス、キリスト

こゝろつくちからつくしててんしゅあいすべし」[編集]

おっしゃったばかりでなく、ことばかさねて「こゝろつくし、れいつくし、つくし、ちからつくして」とおっしゃったのは、すべてをげててんしゅあいたてまつためもちひねばならぬことををしたまふたのである。

[下段]

ちゅうあいするがためこゝろえるがごとあいぜうおぼえるひつえうはない。おのれをしまず、たとひなにびとにもてられ、いかなるたからうしなふとも、いのちうしなふともてんしゅみこゝろかなはぬことはしないとのかくごがあればる。これこそてんしゅなによりもあいするまぎれなきしるしである。もなくばあいくちこゝろとゞまばかりで、いうめいむじつる。

266●なにもってんしゅあいすることれますか[編集]

てんしゅあいすることは、てんしゅためあくけ、ぜんおこなふをもっれます。

このこたへよほどだいじである。たれでもてんしゅあいするやいなやはりたいが、そのしるしまちがってはならぬ。たとひなみだながすほどむねねっしんえても、ひとなみだながさせるほどかんどうぶかはなしをしても、しんてんしゅあいするしるしにはらぬ、そんことしんけいのうべんあくまわざによってゞもおこことがある。またいのときしゅみおぼえるのもしるしではない、むししゅみなしにしんぼうしていのるのはしるしちかい。またしばゝゞせいたいはいれうするのもあいしるしではない、むしはいれうじゅんびまたかんしゃとして、まいどそうはげむのはしるしらう。つまりほんたうしるし

-196-

たゞひとつ

あく[編集]

るやうに、こゝろがけるかまたできるだけ

ぜんおこな[編集]

かである、しか

てんしゅため[編集]

とあるからにはためあるひほまれためでなく、てんしゅたいしてうするにかぎったことである。ねっしんしゅみおぼえぬときでも、へりくだってみこゝろかなふやうにはげみ、いのりしょくげふなどすべてのぎむちうじつつくほどあきらかにてんしゅあいたてまつしるしことできる。せいパウロいはく「あくますらみづかひかりつかひおのれよそほものである」と(コリント後書十一。十四)またいはく「たとひにんげんてんしとのことばかたるとも、あいなければかねねうはちごとくにりたるのみ。たとひよげんすることて、一さいおくぎさいかくくわり、またたとひやまうつほどの一さいしんかうあっても、あいなければなにものでもない。たとひわがざいさんことゞゝひんじゃしょくもつとしてわけあたへ、またわがみかれるためわたすとも、あいなければいさゝかじぶんえきあることなし。

あいかんにんし、なさけあり、あいねたまず、じまんせず、たかぶらず、ひれいさず、おのれためはからず、いからず、あくはせず、ふぎよろこばずしてしんじつよろこび、なにごとつゝみ、なにごと

[下段]

をもこらへるのである」と(コリント後書十三。一-七)

267●ひとやうあいするはずであるか[編集]

ひとおのれごとあいせねばなりませぬ。

やう[編集]

にとは、どのほどちがって、ほど(程度)をふのではない、しかたふのである。ほどへば、おのれひとよりさきあいするのは、あたりまへである。それひとためおのれぎせいけうするのは、このうへもないてがらる。しかれいこんたすかだけだれためにもうしなってはならぬ。えいえんとりかへしできまるぞんるからである。またたにんよりもちかものちかほどたとへばつれあひおやこどもけうだいしんぞくともだちたにんよりさきあいするのはじゅんじょである。あいするしかただけは、

おのれごと[編集]

はねばならぬ、そのいみつぎとひえる。

268●ひとおのれごとあいするとはなにであるか[編集]

じぶんのぞまぬことひとにもず、じぶんのぞことひとにもことであります。

おのれごとあいする[編集]

とは、まへとひはれたとほおのれほど

-197-

はない、あいするしかただけである。

じぶんのぞまぬことひとにも[編集]

とは、せけんで「おのれほっせざるところひとほどこなかれ」とふとおなじものである。そのとほりすれば、うらみあだがへしそねみひとごろしかんいんぬすみなどさらく、ほゞじっかいいましめられたとほりって、こうしをしへたがたれでもおのれかへりみれば、はずことわかる。そのつぎことばすなは

じぶんのぞことひとにも[編集]

とは、これイエズス、キリストかたじけなきおほせで、すべてもけんしんのりって、だい二百六十九のとひはれることく、キリストけうおいて、おどろかほどえてじぜんじげふまたせきじうじしゃじげふも、このみことばむすんだくわじつである。

269◯なにもったにんあいすることあらはすか[編集]

れいこんぜうおよにくしんぜうじぜんげふもっあらはします。

れいこんぜうじぜんげふ[編集]

とは、ひとれいこんたすけるにほどこところであるが、とくせいしょせたのはなゝつある。すなはち、だい一、ひとまどひいてさしづことだい二、むがくひとをしへることだい

[下段]

三、つみをかひといさめることだい四、かなしひとなぐさめることだい五、ひとあやまちかんにんすることだい六、ぶじょくなどゆることだい七、せいしゃししゃためいのこと

にくしんぜうじぜんげふ[編集]

とは、からだたすけるしゅだんで、せいしょせたのはまたなゝつある。すなはだい一、ひもじい人にべさせることだい二、かわいたひとませることだい三、きものたぬひとせることだい六、ほりょなどあがなことだい七、ししゃほうむこと

ほりょなどあがなことは、いまおこながたことなれど、ひさしいあひだことせんそうはいぼくしたひとどれいあくへいあったじだいまたばいどうりかひするくにではひつえうなものであってそれためせいかいおいいくつしうだうくわいせっていされ、またせいじんうちノラせいパウリノ(六 月十七日)、せいライムンド(八 月卅一日)パウラせいヴィンセンチヨ(七 月十八日)のごとく、どれいかはりったれいさへもある。げんこんおこなはれるじぜんおもほどこしとて、こじんりさいしゃじぜんくわいなどきんせんしょくもついふくなどきふすることであるが、てんしゅみまへねうちせうずるには(一)てんしゅたいして、(二)しんこうぜうゆゑもって、(三)

-198-

こゝろよく、(四)めいよもとめず、ほどこすのがほんたうである。くすればほどこしそんにならぬばかりか、てんしゅしたとどうやうに、このよおいりえきこともあり、またれいこんっては、ちょくせつつみゆることはなけれど、ゆるしいたゞかれるおんめぐみまねき、つぐのひり、いよいてんごくふくらくたねる。じゅんたくてばじゅんたくほどこし、わづかしかたぬときわづかでもこゝろよほどこことひつえうである。ほどこかねがなくとも、せめなんぎひとしんせつあらはし、なぐさめ、ひきたて、ためさしづあたへ、あるひいのりなりともできるによって、なにびとこゝろしてあいじっさいあらはすやうにこゝろがくべきである。たとひひとおんらずとも、これこそてんしゅより一そうむくいらるべきものとゆゑよしあいそきるやうにってもしんぼうして、イエズス、キリストおもひ、かくごとわざひとほどこあるひこばんだときごじしんほどこされあるひこばまれたとどうやうせうばつのあることをしたまふたのをおぼえて、はげむほどい。

270●てきをもあいせねばならぬか[編集]

しかり、てきをもあいし、これためいのらねばなりませぬ。

[下段]

これまったイエズス、キリストみことばによることである。おっしゃった、「なんぢてきにくむべしとはれたのは、なんぢらかねいてるが、われなんぢらふ、なんぢらてきあいせよ、なんぢらにくひとめぐめ、なんぢらはくがいかつざんぼうするひとためいのれ、これてんましまなんぢらちゝこどもためである。」と(マ テ オ五。四三、四五)

てきあいする[編集]

とは、けっしていうじんほどでもなければ、またゆめにもてきはなしくはだてわざなどあいし、あるひたすけるとことではない。わるものならどこまでわかってい、ただことわざに「つみにくんでひとにくまず」とはれるとほり、あくまでてきはかりごとやぶるやうにはげむ一ぽうに、てきそのものにくまず、イエズス、キリストおほせとほりまたことさらに、十じかはりつけられたまふたときてきからのゝしられつゝも、「あゝちゝかれらそのなところらざるによってゆるたまへ」といのたまふたもはんしたがって、てきゐこんふくまず、ゆるしねがへばこれこばまず、さうたうそんがいばいせうかたせいきうしつゝもきふくするのをしりぞけず、せうらいようじんしながらゆるしてりたい。おのれごとこれあいしたいとおもことである。

ちゅうせきじしゃしかたればわかやする。一せうけんめいてき

-199-

うちかつやうにつくせども、てきだからとってうちすてるではなく、たふれるやみかたどうやうこれしうようし、いんしょくあたへ、ちれうなどつくし、よくなるやうにこゝろがけるではないか。これまたせいパウロろうまじんかきおくったとほりになる。すなはち「なんぢらちからおよかぎり、できるだけしうじんあいわせよ。しあいなるものよ、みづかふくしうせずしてかみいかりまかせよ、せいしょに『しゅのたまはふくしうわがことである、われむくいるはず』と。かへってきゑればこれべさせ、かわかばこれませよ、うすればなんぢかれかうべもえずみむであらう。あくたれることなく、ぜんもっあくて」と(ロ マ 書十二。十八-二一)こゝもえずみてきかうべむとは、まごゝろかんしんさせてたまらなくらせることであるが、これこそキリストけうしゅいである。

271●なぜすべてのひとあいせねばならぬか[編集]

すべてのひとあいせねばならぬのは、イエズス、キリストめいたまひ、またひとみなけうだいであるからである。

すべてのひとあいする[編集]

のは、かた

イエズス、キ[編集]

[下段]

リストめいたま[編集]

ことさらに「なんじらひとゆるさずばじぶんざいてんちゝからゆるされまい」(マ テ オ十八。三五)、またなんぢらあいしたごとたがひにあいせよ。ひとなんぢらあひあいするをて、わがでしたることるであらう」(ヨ ハ ネ十三。三五)と、しきりおっしゃった。またことわざに「四かいけいていはれるがごとくに、

ひとみなけうだい[編集]

であって、てんしゅちゝいたゞいてれば、できかぎけうだいのやうにねばならぬ。

272◯どんことあいとくそむくか[編集]

すべてんしゅそむことまたひとにくみ、うらみ、つまづかせ、つみいざなことなどあいとくそむきます。

すべてんしゅそむこと[編集]

つみだいせうかゝはらずてんしゅたいするあいせいはんたいである。てんしゅあいするといくらいっても、つみをかすならいつはりである。

ひとにくみ、[編集]

すなはがいくはへたひとでも「あくにくんでひとにくまず」とはれたごとあはれむがほんたうである。

うらみ、[編集]

すなはゐこんふくんでものはず、ゆるしねがはれてもわがふ

-200-

こばなどことであるが、「ひとゆるさずばみづからもてんしゅよりゆるされず」とのイエズス、キリストおんことばと、また「{ひとゆるごとわれらつみゆるたまへ」とのいのりわすれてはならぬ。

つまづかせ、[編集]

すなはことばおこなひもっしきかゞみしめし、たにんつみおとことである。ひとさうごかゞみるやうにはげまねばならぬ、これを「ひととくて」るとふ。

つみいざな[編集]

ことあいそむくは、だい二百四十五のとひはれたことれば、ひとれいこんがいするからである。

ちゅうたいしんとくすなはてんしゅちょくせつたいするとく)のほかまたいろゝゝりんりとくがある、すなはをさおこなひイエズスをしへしたがってくするととくである。

りんりとくうちもっとかんえうなのは「けんゆうせつ」でこれよつの「すうえうとく」とふ。すうえうとはかなめるとのいみで、せんすかなめのやうにかんえうであるからづけられたのである。

けんとく」はたすかりきけんおもんぱかとくである。すなはようじんすべきことようじんし、つとむべきことつとめさせるのである。

ぎとく」はてんしゅたいし、おのれ(:のとく?)たいして、つくすべきこと

[下段]

てきゞつくとくである。これを「せいぎ」ともふ。

ゆうとく」はゆうきもっれいこんみつとくてきなるあくませけんおのれとにうちかとくであってこれじゅんけうしゃせいじんいちじるしくえる。

せつとく」はくわいらくすごさぬやうにひかへるとくである。せっさうせっしょくせっしゅなどそのぶぶんである。

すうえうとくほかいろゝゝりんりとくがあるが、おもなるはけいしんとくおよけんそんにうわかんにんていさうじゅうじゅんなどである。

とくおもなるみちは、だいせいてうじょりきいのり、だいイエズス、キリストせいぼせいじんがたもはんならひ、だいできるだけとくおこなことである。