公教要理説明/03-03

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-213-

だい四十九くわ しゅたうぶんてんししゅくし[編集]

289●もっとすぐれたいのりなにでありますか[編集]

もっとすぐれたいのりしゅたうぶんであります。

しゅたうぶん[編集]

すなはてんましますのいのりであるが、そのわけだい一、これイエズス、キリストしたしくをしたまうたいのりだからである。つくっつたいのりたいせつにするならば、イエズス、キリストみずかつくり、をしかつめいたまうたものは、なほさらたいせつである。

だい二、かんたんではあるが、てんしゅためわれゝゝために、ねがふべきいっさいことふくみ、そのじゅんじょまでしめされてる、すなはてんしゅごこうえいさんびし、のちわがいりようねがふやうにできる、だい三、てんしゅきゝいれられやすいから、したがっそのこうくわもあるはずである。ればぶんせうたくみいのりよりも、しゅたうぶんいみさとあぢはひながら、おちついてねっしんとなふれば、てんしゅみこゝろかなふにさうゐない。

290◯なぜこのいのりしゅたうぶんひますか[編集]

しゅイエズス、キリストみずかこのいのりかたをしたまうたからであります。

でしたちイエズス、キリストむかひ、「しゅわれらいのことをしたまへ」とひたれば、「なんじらいのときへ」と(ル カ十一。一)おっしゃって、「てんまします」(英文、羅甸(ラテン)文の言い方「(天の~of-Heaven)我らの父(ノーストレ(アワー)・パーテレ(ファーザー))」の祈り)をならはせてくださったが、これしゅたうぶん

-214-

すなはみあるじいのりかたなづけられた。しゅめいたまところであれば、せいくわいではこれひぜうおもんじてる。れば、しんじゃあんきしてたびゞゝとなへるやうつとめねばならぬ。このうちにちようかてこんにちあたたまへ、つみゆるたまへ」などあれば、にちゝゝとなふべきはずであらう。

291◯しゅたうぶんいくつのねがひふくみますか[編集]

しゅたうぶんなゝつのねがひふくみます。

なゝつのねがひ[編集]

すなははじめつはてんしゅみさかえためにして、あとつはひとれいにくぜういりようもとめるのである。

ちゅうなゝつのねがひほかはじめにはこゝろてんしゅげるじょぶんすなはまへがきがあって、をはりにはけつぶんすなはむすびがある。じょぶんは「てんましまわれらちゝよ」とことばであるがてんしゅさまきうやくじだいごとく「יהוהyhvhアドナヰ」(主)ともはず、またいまごとてんしゅとか、ぞうぶつしゅとか、つくりぬしともはずして、ことさらちゝなづけるのは、いかにもしたしみふかありがたいことばで、ひとこゝろもっいのるべきかをしめしてる。このよちゝはゝいのちつたへても、かってこれあたへたり、たもことできない。てんしゅのみができたまうがゆゑまこと

[下段]

われらちゝにてましますのである。しぜんかいおいすでわれゝゝちゝにてましますのに、てうしぜんかいおいてはせいてうよっわれらこどもとしてひきうけ、おんひとりごイエズス、キリストもったすけ、かとくとしててんごくやくたまうたれば、なほさらわれらちゝはねばならぬ。

わがちゝはずわれらちゝとあれば、じぶんことばかりおもはずして、みなけうだいであることみなこゝろちからとをあはぜてあひたがひためいのり、あいたすけねばならぬことしめすのである。またてんましますとあるは、てんあふげばてんしゅくわうだいむへんにてましまし、このげかいよりはかぎりなくてうえつたまことかる。てんわれらつひちゝみたてまつためされるところであれば、われゝゝこゝろつねげかいよりひきあぐべきことかくごし、しゅたうぶんとしてはもっとふさわしいじょぶんである。

292◯「ねがはくはみなたふとまれんこと」をとのいみいかゞ[編集]

てんしゅみなけがされずしてあまねられあがめられることねがふのいみである。

てんしゅさんびするにもぼうとくするにもそのないだすものであれば、

みな[編集]

てんしゅどういつのものとことできる。てんしゅ

-215-

けがされずして[編集]

とは、だい百五十五のとひはれたとほり、てんしゅだいかいもっいましめられたるぼうとくなどさらくして、

ぜんせかいに、てんしゅらぬひとかぞへられぬほどあるから、うかいづくにもみなれ、ばんこくばんだいひとゞゝてんしゅいかたふとありがたくおもそのおんむねしたがふべきものであるかをわきまへ、あがめ、ぜんとくもっせいとせられんことねがはばふけうせいこういのるのである。

293◯「みくにきたらんことを」とのいみいかゞ[編集]

こうけうくわいさかんになり、ひとゞゝぱんてんごくさいはひかうむことねがふのいみである。

みくに[編集]

とはらいせてんごくすのではない、むしてんごくいりくちなるこのよこうけうくわいすのである、きうやくよげんしゃせんしゃヨハネイエズス、キリストも「てんしゅくに」とか「てんごく」とかことさらなづたまふた。ちつじょとゝのうたくにおいてはこくみんは、くにはうりつみづかすゝんでまもるとどうやうに、にんげんみなてんしゅをしへきふくすべきものである。

キリストこのくにけんせつするためあまくだたまふたことを、さまゞゝ

[下段]

たとへばなしもって、そのげんいんそのせいしつそのとくそのこくみんぎむべ、てんしゅこくわうかふはんじたとへ、たうぶんいものもわるいものもこんじてってるけれど、つまりさばきけてぜんにんのみがてんごくすべきものであるとおほせられた。そのくにすでてはれど、に一かしょでも一にんでもこれしたがはぬもののあるあひだわれゝゝみくにきたらんことをといのはずである。

294◯「みむねてんおこなはるゝごとにもおこなはれんことを」とのいみいかゞ[編集]

てんおいてんしせいじんてんしゅおぼしめしげつゝあるごとく、おいてもすべてのひとてんしゅおぼしめししたがふやうになることねがふのいみである。

みむね[編集]

とはおぼしめしともみこゝろともはれるが、せいパウロろましょ十二せうせつこれぜんみこゝろかなことくわんぜんとのみつけてる。ぜんとはぜんあくくべつするてんしゅかいめいみこゝろかなふとはひとよろしくまもるべきてんしゅおんすゝめくわんぜんとはてんしゅおんのぞみまでをふが、

てんおい[編集]

てんしせいじんおのれおもはず、てんしゅのみをおもひ、たゞてんしゅみこゝろまったうすることのみをはげむがごとく、

おい[編集]

-216-

[編集]

すべてのひとをしまず、てんしゅかいめいおんすゝめおんのぞみまでにしたがふやうになることねがいみである。

ちゅうしゅたうぶんこのとほほんやくされるが、げんぶんれば、「てんおけごとにも」とことばだい三のねがひのみならず、みつねがひともほうがんするやうにえる。それはゞ「みなせいとせられかしみくにきたれかし、みむねおこなはれかし、てんおけるがごとおいても」とのいみらしい。

295◯「われらにちようかてこんにちわれらあたたまへ」とのいみいかゞ[編集]

われられいこんにくたいとのためひつえうなものを、にちゝゝてんしゅからあたへられることねがふのいみである。

かて[編集]

かはりげんぶんにはパンとある。パンはイエズス、キリストじだいくにぜうしょくであったので、にちようかてとはにちゝゝいたべものいひである。

それおもよついみられる、だいからだやしなたべものだいイエズス、キリストが「ひときるはパンのみによるにあらず、

[下段]

またてんしゅみくちよりづるすべてのことばによる」とおほせられたてんしゅみをしへだいいのちのパンとせうせられたるせいたい(ヨハネ六。四一、四八、五三、五六)。だいつひてんしゅこどもたるいのちゐぢするじょりきせいてうである。

こんにち[編集]

とあるは、あすまできぬかもれぬ、あすことまでおもひわづらふにおよばぬと、キリストおほせられたからである。これもっさきゞゝためたくはこときんじられたのではない、たゞいのちの一にちでもしゅみてにあって、ながらへるやしなひまったてんしゅにちゝゝたまものなるゆゑにちゝゝそのごせつりいらいすべきことをしへ、てんしゅにくたいれいこんものを、けふさへくださればいとにちゝゝいのらせるのである。

296◯「われらひとゆるごとわれらつみゆるたまへ」とのいみいかゞ[編集]

われらたいしてあやまちをかしたものわれらゆるごとく、てんしゅからもわれらあやまちゆるされんことねがふのいみである。

しゅみことばあきらかである、すなはち「ゆるらばなんぢらゆるされよう」と(ル カ六。三七)、またなんぢらもおのゝゝこゝろよりおのけうだいゆるさずば

-217-

わがてんぷまたなんぢらかくごとたまふべし」と(マ テ オ十八。三五)。ればこのねがひも「ごとく」とあればでうけんつきになって、われらたにんゆるさぬならばてんしゅわれらにはゆるたまことなかれとのいみになる。ゆるすべきはけたそんがいけんりをかされることではない、ゐこんである、ゐこんさへふくまぬなら、そんがいばいせうけんりくわいふくなどせいきうしてもい。しんからゐこんてて、つみつうくわいすれば、これせうざいゆるされるにさうゐない。

297◯「われらこゝろみたまはざれ」とのいみいかゞ[編集]

われらすべてのいざなひからのがれさせ、かつこれへるちからくだたまことねがふのいみである。

こゝろみ[編集]

とは、こゝろうごかされてつみにでもかされることであるが、

それはあくますゝめじゃよくばかりではない、れいにくぜうこんなんいくらうである。てんしゅわれゝゝたすかりきけんるものよりのがれさせ、またつうれいにんげんよくしんよりおこまたこうせききくわいにもるからとのおぼしめしならば、したがってこれへ、りっぱうちかちからたまはることいのるのである。せいヤコボいはく「たれいざなはれるに

[下段]

あたっててんしゅよりいざなはれるとふべからず、けだてんしゅあくいざなはれたまことあたはざれば、たれをもいざなたまことなし、おのゝゝいざなはれるは、おのれよくかれまどはされてとある、かくよくはらむやつみみ、つみまったうせられるやせうずる」と(ヤコボ書一。十三、十五)またせいパウロいはく「なんぢらかゝこゝろみひとつねなるもののみてんしゅしんじつにてましませば、なんぢらちからいぜうこゝろみられることゆるたまはず、かへっへることさせるために、こゝろみともつべきほうはふをもたまふべし」と(コリント前書十。十三)

268◯「われらあくよりすくたまへ」とのいみいかゞ[編集]

すべてのあくすなはわざはひつみぢごくとをまぬがれることねがふのいみである。

あく[編集]

とは、わることばかりではない、おもがい

わざはひつみぢごく[編集]

であって、これみなてんしゅおんたすけもっのがれ、あるひこれへることいのるのである。りながらわざはひことゞゝまぬがれしめたまへとねがわけにはかぬ、てんしゅわざはひとりのたまはぬりいうだい二十五のとひえる。

-218-

299◯「アメン」とのいみいかゞ[編集]

△「アメン」とはしかあれかしとのいみであります。

アメン[編集]

とはヘブレオであって、さきはれたことくりかへして、これせうだくするとのいみである。しとしんけうなどでは、ほんとういのりでなく、しんずべきことなどべるのであるからしかり、わたくしいよいうであるとのいみになる。いのりをはりでは、しかあれかし、すなはわたくしいのたてまつるとのいみである。ちひさな一げんではあるがかやういみふかいものであるからつねしんからうやゝゝしくとなへるはずである。

300●せいぼマリアたいするいのりうちもっとすぐれたものはなにでありますか[編集]

てんししゅくしいのりであります。

てんししゅくし[編集]

とは、めでたせいてうみちみてるマリアとのことばもっはじまいのりであるが、だいてんしガブリエルがおつげためてんしゅよりせいマリアつかはされて、あいさつもちゐたことばゆゑ、そのいのりてんししゅくしなづけられたわけである。

[下段]

てんしことばは、なんぢをんなうちにてしゅくせらる、までいたるが、めでたしとはほんたうあいさつであって、げんごでは、やすかれとのいみであるが、ラテンごではアヴェすなはすこやかなれ、ギリシャごでは、よろこべとのいみあるつうぜうあいさつごもっやくされてる。

めでたしのいのりは、あいさつきぐわんとの二わかたれる。あいさつだいてんしガブリエルとせいぼしんぞくエリザベトとのことばなりたつ、すなはち「をんなうちにてしゅくせらる」まではだいてんしあいさつであるが、つぎの「ごたいおんこしゅくせられたまふ」とはせいぼほうもんされたしんぞくエリザベトあいさつである。きぐわんはそれからをはりまでゞあるが、これこうけうくわいおよそ十六せいきころくはえられたのである。