公教要理説明/01-23

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-104-

だい二十三くわ てんごくぢごくおよれんごく[編集]

127●てんごくとはなんであるか[編集]

てんごくてんしゅみたてまつりて、てんしゅあいせられ、をはりなくたのしところであります。

てんしゅみたてまつ[編集]

とは、らいせれいれいるのは、げんせかほかほとをみあごとくであるから、てんましまわれらちゝたてまつりましたてんしゅの三ばかりでなく、わがしゅイエズス、キリストをも、せいぼマリアしょてんししょせいじんれいこんをもことできませう。

てんしゅあいせられる[編集]

とは、こどもおやからあいせられるよりも、こくわうからこどものやうにあいせられるよりも、なほありがた

-105-

い、なほうれしいことでありませう。せいパウロいはく「かみこれあいたてまつひとゞゝそなたまふたことは、これず、みゝこれかず、ひとこゝろにもかんがへだことたうていできぬ」と(コリント前書二。九)てんしゅてんしゅよりあいせられるのはてんごくさいはひであって、それできればどこってもやはりてんごくります。たとへてへばいっこくわうさまはいがんるにはたれってもふかのぞところよろこところめいよとするところで、これためにはちからつくし、つてもとめ、きかいさぐるがつねであって、たまたげうかうでもあるときみちえんきんはず、さながらありむらがごとく四ほうからかけあつまり、ひとやまきづくが、しもこのときはいがんばかりでなく、おめとまってかくべつあいせられるやうなことがあったならばなんともはれぬあまこうふくとしてありがたがり、かんきうするではあるまいか。

てんごくそれよりもなほありがたく、なおみあまこうふくでありまして、ぜんせかいの一ばんめづらしいものときてんしゅかぎりなきびぜんびとくみたてまつるにくらべれば、たいかいいってきぎぬとってもらぬたとへであります。いまよりやく八十ねんぜん(一八五八年)ルゝドおいベルナデッタむすめは、十八くわいせいぼマリア

[下段]

るのさいはひときおのれわすれ、みとれて、きずつけられるをもおぼえず、ようすかはってほとんてんごくるやうなすがたであったが、これでもまだゝゞてんごくではない、げんくわんぎぬのであった。ことなく、いさゝふまんぞくくもりもなく、たのしみつきず、あらたってこそてんごくはれる。しかてんごくってみなおなじくてんしゅてんしゅあいせられたてまつるとっても、みなみあまるほどくわいらくへぬけれどもいちやうではない、このよあいたてまつりましたしだいてんしゅためをしまず、おのれち、つくしたほどゝゞことかたときわすれてはならぬ。それで一はたらきくるしみふんぱつなどもっをはりなきてんごくたねゑられるをよろこび、まいどこれふやすやうにはげむべきものであります。

128●どんひとてんごくるか[編集]

せいゝゝせいてうもっんだひとてんごくります。

せいゝゝせいてうことだい二百七十八のとひせつめいするが、てんごくかれるのは

せいゝゝせいてうもっんだひと[編集]

かぎる、すなはてんしゅしんじ、かつきぼうし、かつあいけいたてまつりながらこのよったひとばかりであります。

-106-

129●ぢごくとはなんであるか[編集]

ぢごくあくにんてんしゅからてられてあくまともをはりなくくるしところであります。

あくにんぢごくしょせられるときのろはれたものよ、われはなれてをはりなきけ」と(マ テ オ二五。四一)はれるはずと、イエズス、キリストおっしゃった。これればぢごくばつは、「そんしつばつすなは

てんしゅからてられ[編集]

ことと「くつうばつすなは

をはりなくくるし[編集]

こととのふたつきはまる。

だい一、そんしつばつてんしゅよりてられるのはどれほどつらいかとことは、さまゞゝまよひくらまされるこのよなかではさとりかねるも、れいこんにくしんはなれるやぐ、てんしゅいかほどあいすべきか、じぶんてんしゅためのみにつくられててんしゅほかよろこびるものはないとあきらかにさとって、しきりみたてまつりたい、あいたてまつりたいとおもへどもむやみてられてしまふのは、くるしみよりもつらく、ちぶさねだこどもおやからはねつけられるよりはいくそうばいつらいにさうゐない。

……

[下段]

……………………

ちゅうぢごくけいばつをはりことは、つみくいあらたむべきおんてうなく、またごうぜうひとくっせしめるに、ほかみちがないからである。うあってもてんしゅしたがはずとするときに、をはりなくそのけいばつしのほかはない。

130●どんひとぢごくるか[編集]

……

-107-

……………

ちゅうりながらだいざいいかなるものかとことれゝど、おのゝゝってどれほどつみるかは、しんちゅうみそなわてんしゅほかものなきをもって、ひといよいぢごくったとことだんげんしかねる。たゞユダついてはイエズスが「このひとうまれぬほうかった」とおっしゃったによって、ぢごくことおもはれる、ぢごくまぬがれたならばうまれたかひがあるからであります。つねひといてれぬのは、そのあいじんむやみかなしみ、またしつぼうすることのないためかとおもはれる。

131●れんごくとはなんであるか[編集]

れんごくつみつぐのひはたすまでれいこんくるしところであります。

イエズスぢごくれんごくとをけておっしゃらず、たゞのち

[下段]

ゆるされぬつみがある」と(マ テ オ十二。三二)おっしゃったばかりであります。しかゆるされぬつみがあるとすれば、またゆるされるつみもあるはずそこあきらかにけるために、ゆるされぬつみばつせられるのをもっぱら「ぢごく」とひ、ゆるされるつみばっせられるのを「れんごく」となづけた。それ

れんごく[編集]

せうざいつぐのひ、あるひつみゆるされてもそのつぐのひふそくおぎなために、

れいこんくるしところ[編集]

はれる。

イエズスおことばとほりに、れんごくぢごくとのくるしみちがはぬにしても、ぢごくではをはりなくてられて、あいきぼうできぬのに、れんごくではしんぼうあいあって、いかほどくるしんでももっともことである、やがてんごくのぼはずってれば、ぢごくとはてんちちがひる。

132●せいてうもっんだひとみなすぐてんごくるか[編集]

いなせうざいあるかあるひつみつぐのひはたさぬれいこんれんごくります。

ゆめにもわすれてはならぬのは、てんしゅみこゝろかなはぬことはゞいさゝかつみでもあるあひだそのまゝけっしててんごくことできぬ。それ

-108-

わずかつみでも、いはゆるせうざいでも、さきつぐなってらねばならぬ。またたとひゆるされたつみでも、そのきずまったなほってらぬあひだは、うしてもてんごくぬ。をかしたつみいっしんくやきらって、これりっぱつぐのふやうにせいいっぱいはげんだときは、かならつみともそのばつことゞゝゆるされてしまことうたがひない。けれどもつうくわいはげしからず、かいしんぬるくして、つぐのひぶんであったときには、たとひつみゆるしけて、をはりなきばつまぬがれても、まだつぐのふべきところのこことおほい(三百八十四のとひなほくはしくえる)。そこせいてうちながらんでも、すぐてんごくかれぬとわけであります。