公教要理説明/01-05

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > カテキズム > 公教要理説明


-30-

だいくわ ひと[編集]

………

[下段]

…………

だい二、

れいこんてんしゅかたどられ[編集]

た、すなはいくらてんしゅる。(一)てんしゅのやうにれいであって、(二)ちゑあり(三)じゆうあり(四)ものごとつかさどり、(五)またをはりなし、(六)なほてんしゅわきまへ、あいし、てんしゅがったいすることできるのはそのわけである

-31-

だい三、

ひといのちもと[編集]

れいこんにくたいあはせられるあひだひときてる、れいこんければにくたいしがいふはいしかゝる。

だい四、

ひとちゑもと[編集]

(一)だうりわかり、(二)えるものからむけいことさとり、(三)がくもんしていろゝゝものまなび、(四)しんぽしてますますゝみ、(五)かいれうしてやりかたあらためるのはちゑあってのことである。どうぶつごくわんもっすなはき、ぎ、あぢはひ、れるだけものいくらさとばかりで、がくもんしんぽかいれうできぬ、それちゑい。そのかはりめづらしいほんのうてんねんうまれついてある。ちゑはたらきのうずゐもってするけれども、のうずゐわざばかりでない、のうずゐれいこんつかはれるきくわんであります。

…………………

-34-

……………

40●せいてうけるのはひとあたりまへであるか[編集]

いなせいてうけるのはひとほんせいえるめぐみである。これてうせいまたてうしぜんめぐみひます。

ほんせい[編集]

とは、いはゆるじんせいひとうまれつきにんげんもちまへとのことほんせいえるとは、うまれつきえる、あまるとこと

にんげんならしんたいれいこんちゑじゆうあって、ばんぶつれいてうるのはしぜんことすなはあたりまへである。しかてんしゅからこどものやうにあいせられるのはしぜんはれぬ、てうしぜんすなはあまてんしゅありがたいおめぐみである。たとへてへば、あるくにおいこくわうよりしんみんとしてあいせられるのはあたりまへなれど、こどもごと

[下段]

あいせられることあるならば、まぐれるさいはひあまごてうあいほかあるまい。それでもこくわうしんみんとはにんげんどうしことなるにてんしゅにんげんとはてんとのちがひである、それせいてう

てうせいまたてうしぜんめぐみ[編集]

ふ。

ちゅうてうせいしないひかたで、にほんではてうしぜんといふはうわかやすい。

41●じんそせいてうほかなほめぐみいたゞいたか[編集]

しかり、じんそらくゑんかれておほいなるさいはひちゑあきらかにこゝろたゞしく、とをらぬものでありました。

らくゑん[編集]

とは、たのしみそのりっぱじゅもくって、てんしゅひとために、ことさらそなたまふたたのしいところはれてある。しかアダムこゝかれたのは、かんさんあそためではなく、こゝろよこれつくためであった。

おほいなるさいはひ[編集]

たとは、なにふそくなくらくくらしてったとこと

ちゑあきらかに[編集]

とは、すぐれたちゑあたへられ、またにんげん

-36-

はずことってったとのことおよわれゝゝまなばねばなにらぬもののやうではなく、みつばちつばめなどまなばずしててんねんほんぶんってるがごとくであったらう。

こゝろたゞしく[編集]

とは、いろゝゝよくくらまされず、なんなくこゝろしたがはせ、こゝろてんしゅしたがはせて、あくふせことやさしかったとのいみ

とを[編集]

なかったとは、くるしことことはずであったとのいみこのありさまにんげんあたりまへでなく、せいてうくはへてアダムエワとくべつあたへられ、つみさへかったならば、しそんにもこれゆづはずであった。