成吉思汗実録/巻の六

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[162]


​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​ロク​​六​

§170(06:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チンギス カン​​成吉思 汗​の逃げ走り

 かく​イ​​言​はれて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​バダイ​​巴歹​​キシリク​​乞失里黑​ ​フタリ​​二人​​コトバ​​言​​シン​​信​じて、​ヨル​​夜​ ​スナハ​​便​​キンジヨ​​近處​​ヲ​​居​​タヨ​​賴​るべき​モノ​​者︀​​ハナシ​​話​​ナ​​爲​して、​カロ​​輕​​ナニモノ​​何物​をも​ス​​棄​てて​ノガ​​遁​れ、​ヨル​​夜​ ​スナハ​​便​​ウゴ​​動​きたり。​マウ ウンドル​​卯 溫都︀兒​惡しき高地。親征錄​マ ウンドル ザン​​莫 運都︀兒 山​)の​カゲ​​陰​​ヨ​​依​​ウゴ​​動​くに、​マウ ウンドル​​卯 溫都︀兒​​カゲ​​陰​にて​ウリヤンカン​​兀哴罕​​ヂエルメ ゴア​​者︀勒篾 豁阿​​タヨ​​賴​りて、(者︀勒蔑 豁阿は、卽ち者︀勒篾なり。親征錄 元史​ヂエリメ​​折里麥​豁阿は、媛なり。者︀勒篾は、何故に媛と號したるか、知らず。​シリエ​​後方​​シンガリ​​殿​をなし、​モノミ​​斥候​​ハナ​​放​ちて​ウゴ​​動​きて、かく​ウゴ​​動​けるに​ヨ​​依​り、​アス​​翌日​​ヒ​​日​​ウチ​​內​​ヒ​​日​ ​カタム​​傾​ける​コロ​​頃​

​カラカルヂト​​合剌合勒只惕​の沙漠の休息

​カラカルヂト エレト​​合剌合勒只惕 額列惕​​イタ​​到​りて​イコ​​憩​はんと​ゲバ​​下馬​せり。(この額列惕 卽ち沙漠は、名高き戰場なれども、その處は確ならず。親征錄​カランヂ ノ ノ​​合蘭只 之 野​また合蘭眞 沙陀。元史 本紀 哈闌眞 沙陀、畏荅兒の傳 哈剌眞。朮赤台の[163]傳なる哈剌哈眞 沙陀は、地名を誤りて人名とせり。​イコ​​憩​ひて​ヲ​​居​​トキ​​時​​アルチダイ​​阿勒赤歹​成吉思 汗の弟 合赤溫の子、元史 世系表の濟南王 按只吉歹)の​センバ​​騸馬​どもを​ノガヒ​​野飼︀​せしめたる​チギダイ​​赤吉歹​​ヤヂル​​牙的兒​は、(親征錄​タイチユ​​太出​​エデル​​也迭兒​別咧津 譯 集史​タイチユチンクダイ​​泰出勤黑歹​​ヤドル​​牙都︀兒​洪鈞は「祕史 奪泰字 音、親征錄 奪吉歹 音」と云へり。​ミチミチ​​路路​ ​アヲクサ​​靑草​​センバ​​騸馬​どもを​ノガヒ​​野飼︀​しつゝ​ユ​​行​​トキ​​時​​シリヘ​​後​より​マウ ウンドル​​卯 溫都︀兒​​マヘ​​前​​ヨ​​依​​クラアン ブルカト​​忽剌安 不嚕合惕​を(赤き楡林。親征錄​クラア ブルハ​​忽剌阿 卜魯哈​誤りて二山の名とせり。​ス​​過​​ク​​來​​テキ​​敵​​チリ​​塵​​ミ​​見​て、「​テキ​​敵​ ​イタ​​到​れり」と​イ​​云​ひて、​センバ​​騸馬​どもを​オ​​趕​ひて​キ​​來​て、[​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は]「​テキ​​敵​ ​イタ​​到​れり」と​イ​​言​はれて、​ミ​​見​れば「​マウ ウンドル​​卯 溫都︀兒​​マヘ​​前​​ヨ​​依​り、​アカ​​紅​​ニレバヤシ​​楡林​​ス​​過​ぎ、​チリ​​塵​​ア​​上​げて、​ワンカン​​王罕​かく​オソ​​襲​ひて​ク​​來​るなり」と​イ​​云​ひて(云はれて)、そこより​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​チリ​​塵​​ミ​​見​ると​センバ​​騸馬​どもを​トラ​​拏​へしめて、​ツ​​駄​して​ジヤウバ​​上馬​せり。かく​ミ​​見​ざりせば、​フイ​​不意​[​ウチ​​打​]なりけん。その​ク​​來​​トキ​​時​​ヂヤムカ​​札木合​は、​ワンカン​​王罕​​トモ​​共​​キ​​來​ ​ア​​合​ひて​ク​​來​るなりき。

兩軍の力を​クラ​​較​べたる​ワンカン​​王罕​ ​ヂヤムカ​​札木合​の問答

そこに​ワンカン​​王罕​は、​ヂヤムカ​​札木合​​ト​​問​ひき。「​テムヂン​​帖木眞​ ​コ​​子​​トコロ​​處​に、​ヨ​​善​​タヽカ​​戰​​ホド​​程​のもの、​タレ​​誰​かある」と​ト​​問​ひき。​ヂヤムカ​​札木合​ ​イ​​言​はく「そこに​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​とて​カレ​​彼​​タミ​​民​あり。​カレ​​彼​のその​タミ​​民​​ヨ​​善​​タヽカ​​戰​へるぞ。​テン​​轉​​脫斡里恢​ずる​タビゴト​​度每​​ヂンセイ​​陣勢​​脫宜​ ​ヨ​​好​くあり。​メグ​​旋​​迭列勒古​​タビゴト​​度每​​シジヨ​​次序​​點​ ​ヨ​​好​くあり。​チヒサ​​小​​兀出干​きより​クワンタウ​​環刀​​兀勒都︀​ ​ヤリ​​鎗​​ウチ​​裏​​ナ​​慣​れたる​タミ​​民​​カレラ​​彼等​は、​クロイロ​​黑色​ ​ハナイロ​​花色​​トウ​​纛​どもあり。​カレラ​​彼等​は、​ヨウジン​​用心​すべき​タミ​​民​なるぞ」と​イ​​云​ひき。その​コトバ​​言​につき​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「かくあらば、​ワレラ​​我等​は、​カレラ​​彼等​​ヂルギン​​只兒斤​親征錄 元史​ヂユリギン ブ​​朱力斤 部​)の​イウシ​​勇士​どもに​カダク​​合荅黑​[164]​マカ​​任​せ、​ヂルギン​​只兒斤​​イウシ​​勇士​どもに​ツ​​衝​かせん。​ヂルギン​​只兒斤​​ゴヱン​​後援​には、​トメン トベゲン​​土綿 土別干​​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​親征錄​アチシラン​​阿赤失蘭​)に​ツ​​衝​かせん。​トベゲン​​土別干​​ゴヱン​​後援​には、​オロン ドンガイト​​斡欒 董合亦惕​親征錄 元史​トンガイ ブ​​董哀 部​)の​イウシ​​勇士​どもに​ツ​​衝​かせん。​ドンガイト​​董合亦惕​​ゴヱン​​後援​には、​ワンカン​​王罕​​セン​​千​​ジヱイ​​侍衞​​ヒキ​​率​ゐる​ゴリ シレムン タイシ​​豁哩 失列門 太石​親征錄​ホリ シレムン タイシ​​火力 失烈門 大石​元史は、誤りて火力 失烈門 部​ツ​​衝​け。​セン​​千​​ジヱイ​​侍衞​​ゴヱン​​後援​には、​ワレラ​​我等​ ​タイ​​大​ ​チウグン​​中軍​にて​ツ​​衝​かんぞ」と​イ​​云​ひき。​マタ​​又​ ​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​​ワレラ​​我等​​イクサ​​軍​​ナンヂ​​汝​ ​トヽノ​​整​へよ」と​イ​​云​ひき。その​コトバ​​言​につき、​ヂヤムカ​​札木合​ ​ベツ​​別​​ハナ​​離​れて​イ​​出​でて、

​チンギス カン​​成吉思 汗​に密吿する​ヂヤムカ​​札木合​​フタゴヽロ​​貳心​

その​ジウシヤ​​從者︀​​イ​​言​へらく「​ワンカン​​王罕​は、この​イクサ​​軍​​ワレ​​我​​トヽノ​​整​へよと​イ​​云​へり。​アンダ​​安荅​には​ワレ​​我​ ​テキ​​敵​すること​アタ​​能​はず​ユ​​行​きたるに、この​イクサ​​軍​​ワレ​​我​​トヽノ​​整​へよと​イ​​云​へり。​ワンカン​​王罕​は、​コ​​越​えて​ワレ​​我​より​カナタ​​彼方​​ア​​在​りき(我よりも劣れり)。​シヤクチウ​​酌中​​トモ​​伴​なり。(酌中の蒙語​チヤクト​​察黑圖​解り得ず。姑く明譯に從へり。​アンダ​​安荅​​ハウコク​​報吿​​イ​​入​れん。​アンダ​​安荅​​カイシン​​戒愼​せよ」と​イ​​云​ひて、​ヂヤムカ​​札木合​は、​ヒソカ​​陰​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ハウコク​​報吿​​イ​​入​れて​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るには「​ワンカン​​王罕​は、​ワレ​​我​​ト​​問​へり。「​テムヂン​​帖木眞​ ​コ​​子​​トコロ​​處​に、​ヨ​​善​​タヽカ​​戰​​ホド​​程​のもの、​タレ​​誰​かある」と​ト​​問​ひたれば、​ワレ​​我​ ​イ​​言​はく「​ウルウト​​兀嚕兀惕​ ​モンクト​​忙忽惕​​カシラ​​頭​とす」と​イ​​言​へり、​ワレ​​我​​ワレ​​我​​コトバ​​言​にて、​カレラ​​彼等​は、​ヂルギン​​只兒斤​​カシラ​​頭​として、​センポウ​​先鋒​とし​トヽノ​​整​​ア​​合​へり。​ヂルギン​​只兒斤​​ゴヱン​​後援​には、​トメン トベゲン​​土綿 土別干​​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​をと​イ​​云​​ア​​合​へり。[​トベゲン​​土別干​​ゴヱン​​後援​には、​オロン ドンガイト​​斡欒 董合亦惕​​イウシ​​勇士​どもをと​イ​​云​​ア​​合​へり。]​ドンガイト​​董合亦惕​​ゴヱン​​後援​には、[165]​ワンカン​​王罕​​セン​​千​​ジヱイ​​侍衞​​クワンニン​​官人​ ​ゴリ シレムン タイシ​​豁哩 失列門 太石​をと​イ​​云​​ア​​合​へり。​カレ​​彼​​ゴヱン​​後援​には、その​ワンカン​​王罕​​ダイ​​大​ ​チウグン​​中軍​​イクサ​​軍​にて​タ​​立​たんと​イ​​云​​ア​​合​へり。​マタ​​又​ ​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​ヂヤムカ​​札木合​ ​オトヽ​​弟​、この​イクサ​​軍​​ナンヂ​​汝​ ​トヽノ​​整​へよ」とて、​ワレ​​我​​ユダ​​委​ねんと​イ​​言​へり。これにて​ミ​​見​れば、​シヤクチウ​​酌中​​トモ​​伴​なり。​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​​ア​​合​ふことは​ナニ​​何​​ヨ​​能​くせん。​サキ​​前​​ワレ​​我​​アンダ​​安荅​​テキ​​敵​すること​アタ​​能​はずして​ユ​​行​きたるに、​ワンカン​​王罕​は、​ワレ​​我​より​カナタ​​彼方​​ア​​在​りき。​アンダ​​安荅​ ​ナ​​勿​ ​オソ​​恐​れそ。​カイシン​​戒愼​せよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りき。


§171(06:07:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カラカルヂト​​合剌合勒只惕​の戰

 この​デンゴン​​傳言​​コ​​來​らるゝと、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​ウルウト​​兀嚕兀惕​​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​ ​ヲヂ​​伯父​、(成吉思 汗の同族にて、字兒只斤 氏の長者︀なるが故に、尊びて伯父と云へり。​ナンヂ​​汝​ ​ナニ​​何​​イ​​云​ふらん。​ナンヂ​​汝​​センポウ​​先鋒​とせん」と​イ​​云​へり。​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​コヱ​​聲​ ​イダ​​出​​マヘ​​前​に、​モンクト​​忙忽惕​​クイルダル セチエン​​忽亦勒荅兒 薛禪​卷四の忽余勒荅兒。薛禪は、成吉思 汗より賜はれる號なり。元史 畏荅兒の傳に見ゆ。​イ​​言​はく「​アンダ​​安荅​​マヘ​​前​​ワレ​​我​ ​タヽカ​​戰​はん。この​ノチ​​後​ ​ワ​​我​​ミナシゴ​​孤子​どもを​ヤシナ​​養​はんことを​アンダ​​安荅​ ​シロ​​知​しめせ」と​イ​​云​へり。(成吉思 汗の忽亦勒荅兒と約して安答となれること、畏荅兒の傳に見ゆ。​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​ ​イ​​言​はく「​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マヘ​​前​に、​ワレラ​​我等​ ​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​​センポウ​​先鋒​として​タヽカ​​戰​はん」と​イ​​云​ひき。かく​イ​​云​ひて​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​クイルダル​​忽亦勒荅兒​ ​フタリ​​二人​​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​​ヒキ​​率​ゐ、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マヘ​​前​​トヽノ​​整​へて​タ​​立​ちたり。​タ​​立​ちたれば​テキ​​敵​は、​ヂルギン​​只兒斤​​センポウ​​先鋒​として​イタ​​到​りて​キ​​來​ぬ。​キ​​來​ぬれば、​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​​ムカ​​迎​​ツ​​衝​きて​ヂルギン​​只兒斤​​ヤブ​​敗​れり。​ヤブ​​敗​りて​ユ​​往​く時、​トメン トベゲン​​土綿 土別干​​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​[166]​ツ​​衝​きたり。​ツ​​衝​きて​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​は、​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​サ​​刺​して​オ​​落​しき。​モンクト​​忙忽惕​どもは​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​ウヘ​​上​​カヘ​​翻​りき。​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​は、​ウルウト​​兀嚕兀惕​にて​ツ​​衝​きて、​トメン トベゲン​​土綿 土別干​​ヤブ​​敗​れり。​ヤブ​​敗​りて​ウゴ​​動​かしめて​ユ​​往​​トキ​​時​​オロン ドンガイト​​斡欒 董合亦惕​ ​ムカ​​迎​​ツ​​衝​きたり。​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​は、​マタ​​又​ ​ドンガイト​​董合亦惕​​ヤブ​​敗​れり。​ヤブ​​敗​りて​ユ​​往​​トキ​​時​​ゴリ シレムン タイシ​​豁哩 失列門 太石​​セン​​千​​ジヱイ​​侍衞​にて​ツ​​衝​きたり。​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​マタ​​又​ ​ゴリ シレムン タイシ​​豁哩 失列門 太石​​シリゾ​​退​かしめて​ヤブ​​敗​りて​ユ​​往​​トキ​​時​​ワンカン​​王罕​​サウダン​​相談​​ナ​​無​く、​サングン​​桑昆​​ムカ​​迎​​ツ​​衝​かんとし、

​サングン​​桑昆​の負傷

​アカ​​赤​​ホヽ​​腮​​イ​​射​られて、​サングン​​桑昆​すぐ​ソコ​​其處​​タフ​​倒​れき。​サングン​​桑昆​​タフ​​倒​されて​ケレイト​​客咧亦惕​ ​スベ​​都︀​てにて​サングン​​桑昆​​ウヘ​​上​​カヘ​​翻​りて​タ​​立​ちたり。​カレラ​​彼等​​ヤブ​​敗​りて、​オ​​落​つる​ヒヲカ​​日丘​​ウヘ​​上​​ウ​​拍​ちつゝある​トキ​​時​、[​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​は、]​ワレラ​​我等​​イクサ​​軍​​カヘ​​翻​りて、​クイルダル​​忽亦勒荅兒​を、​タフ​​倒​れたる​キズ​​傷​あるを​ツ​​伴​​カヘ​​回​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ワレラ​​我等​​イクサ​​軍​[を​ヲサ​​收​めて、]​ワンカン​​王罕​より​タヽカ​​戰​へる​トコロ​​地​より​ハナ​​離​れて、​ユフベ​​夕​​ウゴ​​動​きて​ハナ​​離​​ヤド​​宿​れり。


§172(06:11:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


大戰の翌朝の​テンシ​​點視︀​

 ​タ​​立​ちて​ヤド​​宿​りて​ヒ​​日​ ​ア​​明​けさせ​テンシ​​點視︀​すれば、​オコダイ​​斡闊歹​、(元史 本紀に、太宗 英文 皇帝、諱は窩闊台、太祖︀の第三子なり​ボロクル​​孛囉忽勒​​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​ミタリ​​三人​ ​ナ​​無​かりき。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​オコダイ​​斡闊歹​​トモ​​共​​タヨ​​賴​るべき​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ボロクル​​孛囉忽勒​ ​フタリ​​二人​ ​ノチ​​後​​ノコ​​殘​りき。​ウマ​​生​きても​シ​​死​にても​ナニ​​何​​ハナ​​離​れん、​カレラ​​彼等​」と​イ​​云​へり。​ワレラ​​我等​​イクサ​​軍​は、​ヨル​​夜​その​センバ​​騸馬​​ト​​執​りて​ヤド​​宿​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​​ノチ​​後​より​オソ​​襲​ひて​コ​​來​ば、​タヽカ​​戰​はん」とて、​トヽノ​​整​[167]​タ​​立​ちたり。​ヒ​​日​ ​ア​​明​るくならせて​ミ​​見​れば、​シリヘ​​後​より​ヒトリ​​一人​​ヒト​​人​ ​ク​​來​

​ボオルチユ​​孛斡兒出​​オク​​後​​イタ​​到​

​イタ​​到​りて​ク​​來​れば​ボオルチユ​​孛斡兒出​なりき。​ボオルチユ​​孛斡兒出​​イタ​​到​りて​コ​​來​らるゝと、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​トコヨ​​長生​​アマツカミ​​上帝​ ​シロ​​知​しめせ」と​イ​​云​ひて、その​ムネ​​胷​​ウ​​椎​ちたり。​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​イ​​言​はく「​ツ​​衝​​トキ​​時​​ウマ​​馬​​タフ​​倒​るべく​イ​​射​られて​アユ​​步​​ハシ​​走​りて​ユ​​行​​トキ​​時​、その​ケレイト​​客咧亦惕​どもが​サングン​​桑昆​​ウヘ​​上​​カヘ​​翻​​タ​​立​てる​タヽカ​​鬭​ひの​ヒマ​​隙​に、​ニ​​荷​ある​ウマ​​馬​その​ニ​​荷​​ユガ​​歪​めて​タ​​立​​ヲ​​居​るを、その​ニ​​荷​​タ​​斷​ちて、その​タンアン​​單鞍​​ノ​​乘​りて​イ​​出​でて​ワレラ​​我等​​ハナ​​離​​イ​​出​でたる​ミチ​​路​ ​フ​​踏​​ユ​​行​きて、​エ​​得​てかく​キ​​來​ぬ、​ワレ​​我​」と​イ​​云​へり。


§173(06:13:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​オコダイ​​斡闊歹​ ​ボロクル​​孛囉忽勒​​オク​​後​​イタ​​到​

 ​マタ​​又​ ​シバラ​​暫​くありて、​マタ​​又​ ​ヒトリ​​一人​​ヒト​​人​ ​ク​​來​​イタ​​到​りて​ク​​來​​トキ​​時​​カレ​​彼​​シタ​​下​​アシ​​脚​​タ​​垂​れて​ク​​來​​ミ​​見​れば、​ヒトリ​​獨​​ヒト​​人​​ゴト​​如​くあり。​キ​​來​ ​ヲフ​​畢​れば、​オコダイ​​斡闊歹​​シリヘ​​後​より​ボロクル​​孛囉忽勒​ ​テフキ​​疊騎​し(尻馬の乘り)て、​クチ​​口​​ワキ​​脗​にて​チ​​血​​ナガ​​流​して​イタ​​到​りて​キ​​來​ぬ。​オコダイ​​斡闊歹​は、​ケイミヤク​​頸脈​​ヤ​​箭​​ア​​中​てられて、その​チ​​血​ ​コ​​凝​りたるを、​ボロクル​​孛囉忽勒​ ​クチ​​口​にて​ス​​吮​ひて、​フサ​​塞​れる​チ​​血​​クチワキ​​脗​にて​ナガ​​流​して​キ​​來​ぬ。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミ​​見​て、​マナコ​​眼​より​ナミダ​​涙​​ナガ​​流​して、​コヽロ​​心​ ​ナヤ​​腦​み、​ヒ​​火​にて​ト​​疾​​ヤ​​燒​かせ、​ネツ​​熱​​トホ​​透​らすると​オコダイ​​斡闊歹​​ノミモノ​​飮物​明譯​トムル​​止​​カワキヲ​​渴​​モノ​​物​)を​タヅ​​尋​ねさせて​アタ​​與​へさせて「​テキ​​敵​ ​コ​​來​ば、​タヽカ​​戰​はん」と​イ​​云​ひて​ヲ​​居​りき。​ボロクル​​孛囉忽勒​ ​イ​​言​はく「​テキ​​敵​​チリ​​塵​は、​カナタ​​彼方​​マウ ウンドル​​卯 溫都︀兒​​マヘ​​前​​ヨ​​依​り、​クラアン ボルカト​​忽剌安 孛嚕合惕​前の忽剌安 不嚕合惕)の​カタ​​方​​チリ​​塵​ ​ナガ​​長​​イ​​出​でて、​カナタ​​彼方​​サ​​去​りたり」と​イ​​云​へり。​ボロクル​​孛囉忽勒​[168]のその​コトバ​​言​につき、[​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は]「​コ​​來​​タヽカ​​戰​ふべきなりき。​テキ​​敵​​ニ​​逃​​ウゴ​​動​かれば、​ワレラ​​我等​は、​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて[​ノチ​​後​に]​タヽカ​​戰​はんぞ」と​イ​​云​ひて​ウゴ​​動​きたり。​ウゴ​​動​くに、​ウルクイ シルゲルヂト ガハ​​兀勒灰 失魯格勒只惕 河​​サカノボ​​泝​​ウゴ​​動​きて、​ダラン ネムルゲス​​荅闌 捏木兒格思​​イ​​入​りたり。(この河は、前に云へるが如く南に流るゝ河なれば、泝るとは、南より北に還るを云ふ。然らば合剌合勒只惕にて敵に追ひ附かれて起れる この名高き合戰は、その河の下流、卽ち塔塔兒 四部の奧魯の在りし處、卽ち今の烏珠穆沁 左翼の地にて起れるなり。この古戰場を尋ねんと欲する人は、その地方にて求むべし。


§174(06:15:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カダアン ダルドルカン​​合荅安 荅勒都︀兒罕​の報吿

 そこに​シリヘ​​後​より​カダアン ダルドルカン​​合荅安 荅勒都︀兒罕​は、​ツマコ​​妻子​より​ハナ​​離​​キ​​來​ぬ。(この人は、卷四に見えたる如く、旣に成吉思 汗に降りたりしが、今度の變に妻子と共に王罕に降り若しくは虜︀へられて、今 逃げ回りたるなり。​キ​​來​て、​カダアン ダルドルカン​​合荅安 荅勒都︀兒罕​ は、​ワンカン​​王罕​​コトバ​​言​とて​イ​​言​はく「​ワンカン​​王罕​は、その​コ​​子​ ​サングン​​桑昆​​ウチユマ​​兀出馬​箭の一種の名)にて​アカ​​赤​​ホヽ​​腮​​タフ​​倒​るべく​イ​​射​られて、​カレ​​彼​​ウヘ​​上​​カヘ​​翻​りて、そこに​イ​​言​ひき。「​ヒ​​惹​​喜魯合惕忽​くべからざるに​ヒ​​惹​​喜魯合惕罷​きたり。​タヽカ​​鬭​​合勒忽​ふべからざるに​タヽカ​​鬭​​合勒渾​ひとなり、​アタラ​​可惜​​合亦㘓​ ​ワ​​我​​コ​​子​​ホヽ​​腮​​合察兒​​クギ​​釘​​合荅阿孫​​クギウ​​釘打​​合荅兀勒​たしめたり。​コ​​子​​イノチ​​命​​ウシナ​​失​ふまで​ツ​​衝​​タヽカ​​戰​はん(明譯​ニ​​就​​ワガ​​我​ ​コノ​​兒子​ ​イノチ​​性命​ ​アルトキ​​有時​​ベシ​​可​​フタヽビ​​再​​シム​​敎​​ツカ​​衝​)」と​イ​​云​へば、その​トキ​​時​ ​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​ ​イ​​言​はく「​カン​​罕​​カン​​罕​​ヤ​​止​めよ。​カゲ​​背處​​ア​​在​​コ​​子​生まざる子)を​モト​​求​むるに、​イノ​​祈︀​​ネガ​​願​ひをなして、​アビバビ​​阿備巴備​譯し得ず)とて​モト​​求​​ネガ​​願​ひたり、​ワレラ​​我等​。この​ウマ​​生​​ヲ​​畢​へたる​コ​​子​ ​サングン​​桑昆​​カイハウ​​介抱​せん(明譯​ザリシ​​末​​ウマ​​生​​コヲ​​兒子​​トキハ​​時​​コヒノミテ​​禱祈︀著︀​ ​モトメキ​​要​​シシヲ​​子嗣​​ヲ​​將​​コノスデニウマレヲヘタル​​這旣生了的​ ​コ​​兒子​ ​サングン​​桑昆​​タイキヨセン​​擡擧​)。​モンゴル​​忙豁勒​​タスウ​​多數​は、​ヂヤムカ​​札木合​​トモ​​共​に、​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​​トモ​​共​に、​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​ア​​在​り。​テムヂン​​帖木眞​​トモ​​共​​ソム​​背​きて​イ​​出​でたる​モンゴル​​忙豁勒​は、[169]​イヅコ​​何處​​サ​​去​らん、​カレラ​​彼等​​ウマ​​馬​​ノ​​乘​りきりにて、​キ​​木​​オホ​​蔽​はるゝことに​ナ​​爲​りぬ、​カレラ​​彼等​明譯​ゴトニ​​毎​​ヒト​​人​​タヾ​​止​​ノリ​​騎​​テ​​著︀​ ​イツピキノウマニ​​一匹馬​​ヨルハ​​夜裏​ ​カナラズ​​必​ ​ニ​​在​​キノシタ​​樹木下​​ヤドラン​​宿​)。​カレラ​​彼等​を、​コ​​來​ずば、​ユ​​往​きて​ウマ​​馬​​カンプン​​乾糞​​ゴト​​如​​ツヽ​​包​みて​モ​​持​​コ​​來​んぞ、​ワレラ​​我等​​カレラ​​彼等​を」と​イ​​云​へり。​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​​コ​​此​​コトバ​​言​につき​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​シカ​​然​り。さあらば、​コ​​子​ ​ナヤ​​艱​むらん。​コ​​子​​ウゴ​​動​かさず​カイハウ​​介抱​せよ」と​イ​​云​ひて、​タヽカ​​戰​へる​トコロ​​地​より​カヘ​​回​​シリゾ​​退​けり」と​イ​​云​へり。


§175(06:18:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カルカ ガハ​​合勒合 河​の行軍

 ​ソコ​​其處​より​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ダラン ネムルゲス​​荅闌 捏木兒格思​より​カルカ ガハ​​合勒合 河​今の車臣汗 部 東邊の喀爾喀 河)に​シタガ​​沿​​ウゴ​​動​くに、​カズ​​數​人數)を​カゾ​​數​​ア​​合​へり。​カゾ​​數​​ア​​合​へれば、​ニセン ロツピヤク​​二千 六百​となれり。​イツセン サンビヤク​​一千 三百​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​[​ヒキ​​率​ゐて]、​カルカ ガハ​​合勒合 河​​ニシ​​西​​ホトリ​​邊​​ヨ​​依​​タ​​起​ちぬ。​イツセン サンビヤク​​一千 三百​は、​カルカ ガハ​​合勒合 河​​ヒガシ​​東​​ホトリ​​邊​​ヨ​​依​り、​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​親征錄​ウルウ​​兀魯吾​​モング​​忙兀​ ​ニブ​​二部​)[​ヒキ​​率​ゐて]​タ​​起​ちぬ。かく​タ​​起​ちて​ク​​來​​トキ​​時​​カウリヤウ​​行糧​野獸)を​マキガリ​​圍獵​しつゝ​ユ​​行​​トキ​​時​​クイルダル​​忽亦勒荅兒​ は、その​キズ​​創​ ​イ​​痊​えざるに、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​トヾ​​止​むれども​キ​​肯​かず、

​クイルダル​​忽亦勒荅兒​の死

​ケダモノ​​獸​​ツ​​衝​きたれば、​サイホツ​​再發​して​ミマカ​​歿​りぬ。そこに​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​カルカ ガハ​​合勒合 河​​オルヌウ ザン​​斡兒訥兀 山​親征錄​オルヌウ​​斡兒努兀​)の​ハンガイ​​半崖​蒙語​ケルテガイ カルドト​​客勒帖該 合勒都︀惕​親征錄​ケンテゲ サンカウ​​遣忒哥 山岡​)に​カレ​​彼​​カバネ​​骸​​ハナ​​放​た(葬ら)しめたり。


§176(06:19:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テルゲ アメル​​帖兒格 阿篾勒​ 等の降附

 ​カルカ ガハ​​合勒合 河​​ブユル ナウル​​不余兒 納兀兒​親征錄​ブイル ノ タク​​盃而 之 澤​)に​ソヽ​​注​​ミナモト​​源​湖水の頭)に、​テルゲ アメル​​帖兒格 阿篾勒​卷四の迭兒格克 額篾勒、親征錄 帖木哥 阿蠻、また溺兒斤​ラ​​等​​オンギラト​​翁吉喇惕​[170]りと​シ​​知​りて、​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​ウルウト​​兀嚕兀惕​​ヰ​​領​​ヤ​​遣​りぬ。​ヤ​​遣​るに「​オンギラト​​翁吉喇惕​​タミ​​民​は「​サキ​​前​​ヒ​​日​より​メイ​​女甥​​者︀額​​スガタ​​姿​​只孫​にて、​ムスメ​​息女​​斡勤​​カホバセ​​顏色​​汪格​にて」と​イ​​云​はば、​ワ​​和​するぞ。​カレラ​​彼等​は、​カレラ​​彼等​我等)の​テキ​​敵​​イ​​云​はば、​タヽカ​​戰​ふぞ、​ワレラ​​我等​明譯​オンギラ​​翁吉喇​​タミ ドモ​​百姓 毎​​オモハ​​想​著︀ ​ムカシノ​​在前​ ​インシンヲ​​姻親​​バ​​阿​​クダリ​​投降​ ​クベシ​​來者︀​​モシ​​若​ ​ズ​​不​​アヘ​​肯​​クダリ​​投降​​バ​​呵​​スナハチ​​便​ ​タヽカフ​​厮殺︀​ ​ベシ​​者︀​)」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りたれば、​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​クダ​​降​​イ​​入​りき。​クダ​​降​​イ​​入​られて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​カレラ​​彼等​​ナニ​​何​をも​ウゴ​​動​かさざりき。


§177(06:20:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トンゲ ヲガハ​​統格 小河​​チウエイ​​駐營​

 そこに​オンギラト​​翁吉喇惕​​クダ​​降​らしむると、​ユ​​往​きて​トンゲ ゴロカン​​統格 豁囉罕​の(統格 小河。卷一の統格黎克 小河とは異なり。明譯文は、誤りて統格黎 小河と譯せり。親征錄​ドンゲ タク​​董哥 澤​ ​トルカ ホルカ​​脫兒合 火兒合​董哥 澤、は統格 納兀兒にて、脫兒合 火兒合は、統格 豁囉罕の訛なり。蓋 この小河は、湖と接して、湖と名同じきなり。今 因果荅 河に入る小河に唐噶 河あり。巴勒主納 湖に近し。

​ワンカン​​王罕​の背信を責むる​チンギス カン​​成吉思 汗​の二使

​ヒガシ​​東​​ゲバ​​下馬​して、​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​親征錄 元史​アリハイ​​阿里海︀​)、​スゲガイ ヂエウン​​速格該 者︀溫​卷三の速客該 者︀溫​フタリ​​二人​​デンゴン​​傳言​せさするには「​トンゲ ヲガハ​​統格 小河​​ヒガシ​​東​​ゲバ​​下馬​せり、[​ワレラ​​我等​。]それの​クサ​​草​​ヨ​​好​くなりき。​ワレラ​​我等​​センバ​​騸馬​ども​コ​​肥​えたり。​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​〈[#「額赤格」は底本では「額亦格」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉罕なる父)に​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナニ​​何​​イカリ​​怒​にて​ワレ​​我​​オソ​​恐​れさせたる、​ナムチ​​爾​​オソ​​恐​れさするならば、​アシ​​惡​しき​コ​​子​ども​アシ​​惡​しき​ヨメ​​婦​どもを​ヤスイ​​安眠​せさせて​ナン​​何​​オソ​​恐​れさせざる、​ナムチ​​爾​​スワ​​坐​​丁撒兀恢​れる​ユカ​​床​​サ​​低​げさせて、​ノボ​​上​​迭額克石​​イ​​出​づる​ケムリ​​煙​​チ​​散​らして、​ナン​​何​ぞ かく​オソ​​恐​れさせたる、​ナムチ​​爾​。(親征錄​ヨリハ​​與​​ソノオドロカシ​​其驚​​オドサン​​畏​​ワレヲ​​我​​ナンゾ​​何​​ザル​​不​​シメ​​使​​ワガシウニ​​我眾​​アタヽメテ​​煬​​カマドヲ​​爨​​イコヒ​​息​​ヤスクシテ​安​​タフヲ​​榻​​フサ​​臥​​シメ​​使​​ワガ​​我​​オロカナルコ​​癡子​​オロカナルヨメニ​​癡婦​​エ​​得​​ヤスクイヌルヲ​​寧寝​​ヤ​​乎​。)​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​カタヘ​​傍​​合勒只兒忽​​ヒト​​人​​サ​​刺​​合惕忽黑荅​されたらん、​ナムチ​​爾​​ヨコ​​橫​​款迭列都︀​​ヒト​​人​[171]​オドロ​​驚​​可乞兀勒迭​かされたらん、​ナムチ​​爾​​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ワレラ​​我等​ ​フタリ​​二人​は、​ナニ​​何​とか​イ​​云​​ア​​合​ひたりし。

​クラアンクト​​忽剌安忽惕​​チカヒ​​盟​

​ヂヨルカルクン ザン​​勺兒合勒渾 山​親征錄​ヂヨルカンクヌ ノ ヤマ​​卓兒完忽奴 之 山​)の​クラアヌウト​​忽剌阿訥兀惕​卷五の忽剌安忽惕​ボルダウト​​孛勒荅兀惕​孤山なる孛勒荅黑の複稱。親征錄​クラホ バンダウ​​忽剌河 班荅兀​)にて、​ワレラ​​我等​ ​イ​​言​​ア​​合​はざりしか。「​キバ​​牙​​速都︀​ある​ヘビ​​蛇​​ソヾノカ​​唆​​雪都︀兒帖​されば、​カレ​​彼​​ソヾノカ​​唆​​雪都︀兒堅​しに​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ。​キバ​​牙​​速都︀額兒​にて​クチ​​口​にて​アカ​​證​​ア​​合​ひて​シン​​信​ぜん」と​イ​​云​​ア​​合​はざりしか。​イマ​​今​ ​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​キバ​​牙​にて​クチ​​口​にてやは​アカ​​證​​ア​​合​ひて​ハナ​​離​れたる、​ナムチ​​爾​。「​オホキ​​大牙​​阿喇阿​ある​ヘビ​​蛇​​リカン​​離閒​​阿荅兒塔​せられば、​カレ​​彼​​リカン​​離閒​​阿荅兒罕​​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ。​クチ​​口​​阿馬阿兒​にて​シタ​​舌​にて​アカ​​證​​ア​​合​ひて​シン​​信​ぜん」と​イ​​云​​ア​​合​はざりしか。​イマ​​今​ ​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​クチ​​口​​阿馬阿兒​にて​シタ​​舌​にてやは​アカ​​證​​ア​​合​ひて​ワカ​​分​​昂吉赤喇​れたる、​ナムチ​​爾​​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ワレ​​我​は、​スコ​​少​しもあれば、​オホ​​多​きを​モト​​求​めさせざりき。​アシ​​惡​しきもあれば、​ヨ​​善​きを​モト​​求​めさせざりき、​ワレ​​我​

​ナガエ​​轅​​ワ​​輪​との​タトヘ​​譬​

​フタ​​二​つの​ナガエ​​轅​ある​クルマ​​車​、その​ダイ​​第​二の​ナガエ​​轅​​ヲ​​折​らば、それの​ウシ​​牛​ ​ヒ​​拽​くこと​アタ​​能​はざらん。​ソレ​​其​​ゴト​​如​きの​ナムチ​​爾​​ダイニ​​第二​​ナガエ​​轅​にて​ワレ​​我​はあらざりしか。​フタツ​​二​​ワ​​輪​ある​クルマ​​車​、その​ダイニ​​第二​​ワ​​輪​​ヲ​​折​らば、​タ​​起​つこと​アタ​​能​はざらん。​ソレ​​其​​ゴト​​如​​ナムチ​​爾​​ダイニ​​第二​​ワ​​輪​にて​ワレ​​我​はあらざりしか。

叔父に​ワンカン​​王罕​​オ​​逐​はれたる時の​エスガイ​​也速該​の救ひ

​サキ​​前​​ヒ​​日​​イ​​云​へば、​クルチヤクス ブイルク​​忽兒察忽思 不亦嚕黑​ ​カン エチゲ​​罕 額赤格​親征錄​フルヂヤフス ブイルク カガン​​忽兒札忽思 盃祿 可汗​)の​ノチ​​後​​シジフニン​​四十人​​コ​​子​どもの​アニ​​兄​​イ​​云​ひて​カン​​罕​となりしぞ、​ナムチ​​爾​​カン​​罕​となり​ヲ​​畢​へて、その​オトヽ​​弟​どもを​タイ テムル タイシ​​台 帖木兒 大石​〈[#「台 帖木兒 大石」は底本では「台帖木兒 大石」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§177(06:23:08)の漢︀字音訳「台-帖木兒-大子」に倣い三語に分割]〉​ブハ テムル​​不花 帖木兒​親征錄、太帖木兒、不花 帖木兒​フタリ​​二人​​コロ​​殺︀​したるぞ、​ナムチ​​爾​​エルケ カラ​​額兒客 合喇​〈[#「額兒客 合喇」は底本では「額兒客合喇」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§177(06:23:09)の漢︀字音訳「額兒客-合喇」に倣い二語に分割]〉なる[172]​ナムチ​​爾​​オトヽ​​弟​ ​コロ​​殺︀​されんとし、​イノチ​​命​​タスケ​​助​かりて​イ​​出​でて、​ナイマン​​乃蠻​​イナンチヤ ビルゲ カン​​亦難︀察 必勒格 罕​卷五の亦難︀赤 罕)の​トコロ​​處​​ノガ​​逃​れて​イ​​入​りしぞ。「​オトヽ​​弟​どもを​コロ​​殺︀​​ズ​​好​きになれり」と​イ​​云​ひて​グル カン​​古兒 罕​親征錄​グル カガン​​菊律 可汗​元史 菊兒)なる​ナムチ​​爾​​ヲヂ​​叔父​は、​ナムチ​​爾​​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​して​キ​​來​つれば、​ナムチ​​爾​​ヒヤクニン​​百人​にて​イノチ​​命​​タスケ​​助​かり​ノガ​​逃​れて、​セレンゲ ガハ​​薛涼格 河​​シタガ​​沿​​ハシ​​走​りて​カラウン カブチヤル​​合喇溫 合卜察勒​親征錄​ハラウン ノ ハサマ​​哈剌溫 之 隘​)に​キ​​鑽​​イ​​入​りたるぞ、​ナムチ​​爾​。さてそこより​イ​​出​づるに、​メルキト​​篾兒乞惕​​トクトア​​脫黑脫阿​​クヂヤウル ウヂン​​忽札兀兒 兀眞​なる​ムスメ​​息女​​カホ​​顏​にて​アタ​​與​へて、​カラウン カブチヤル​​合剌溫 合卜察勒​より​イ​​出​でて、​エスガイ カン​​也速該 罕​なる​ワ​​我​​チヽ​​父​​トコロ​​處​​キ​​來​つれば、​ナムチ​​爾​そこに​イ​​言​へらく「​グル カン​​古兒 罕​ ​ヲヂ​​叔父​より​ワ​​我​​ブシウ​​部眾​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へよ」と​イ​​云​はれて、​エスガイ​​也速該​なる​ワ​​我​​チヽ​​父​​ナムチ​​爾​にかくとて​コ​​來​られて、​タイチウト​​泰赤兀惕​より、​グナン​​忽難︀​​バカヂ​​巴合只​親征錄​タイチウドル ウナン​​泰赤兀都︀兒 吾難︀​​バハヂ​​巴哈只​都︀兒は、敦の誤りなり。泰赤兀敦は、泰赤兀惕の なり。この誤りは、修正 祕史に本づきたりと見えて、喇失惕の集史も、兀都︀兒を人の名とせり。​フタリ​​二人​​ヒキ​​率​ゐて、​ナムチ​​爾​​ブシウ​​部眾​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へんとて、​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​ユ​​往​きて、​クルバン テレスト​​忽兒班 帖列速惕​卷五の帖兒速惕。親征錄​タラス ノ​​塔剌速 野​)に​ヲ​​居​​グル カン​​古兒 罕​​ニジフ​​二十​ ​サンジフ​​三十​​ヒト​​人​​カシン​​合申​親征錄 元史​ハシ​​河西​蒙語 合申は、漢︀語 河西の轉なり。​オ​​逐​ひて、​ナムチ​​爾​​ブシウ​​部眾​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へたるぞ。

​エスガイ​​也速該​​アンダ​​安荅​になれる​ワンカン​​王罕​の感謝

そこより​キ​​來​て、​トウラ ガハ​​禿兀剌 河​​クロバヤシ​​黑林​に、​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​エスガイ カン​​也速該 罕​​アンダ​​安荅​になり​ア​​合​ひて、そこに​ワンカン​​王罕​なる​ワ​​我​​チヽ​​父​​カタジケナ​​感謝​みて​イ​​言​はく「​ナムチ​​爾​のこの​オン​​恩​​ムク​​報​いを​ナムチ​​爾​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​ムク​​報​​カヘ​​回​さんことを​アマツカミ​​皇天​[173]​クニツカミ​​后土​​イウゴ​​祐︀護​にて​シロ​​知​しめせ」とて​カタジケナ​​感謝​みて​ヲ​​居​りしぞ、​ナムチ​​爾​。その​ノチ​​後​ ​エルゲ カラ​​額兒格 合喇​〈[#「額兒格 合喇」は底本では「額兒格合喇」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§177(06:25:10)の漢︀字音訳「額兒格-合喇」に倣い二語に分割]〉前の額兒客 合喇)は、​ナイマン​​乃蠻​​イナンチヤ ビルゲ カン​​亦難︀察 必勒格 罕​より​イクサ​​軍​​モト​​索​めて、​ナムチ​​爾​​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​して​キ​​來​つれば、

困窮せる​ワンカン​​王罕​​タイ​​對​する​チンギス カン​​成吉思 汗​の厚遇

​ナムチ​​爾​​イノチ​​命​​タス​​助​かり、​ブシウ​​部眾​​ス​​棄​てて、​スクナ​​少​​ヒト​​人​にて​ハシ​​走​りて​イ​​出​でて、​カラ キダト​​合喇 乞荅惕​​グル カン​​古兒 罕​​トコロ​​處​​チユイ ガハ​​垂 河​​サルダウル​​撒兒荅兀勒​​トコロ​​地​​ユ​​往​きたるぞ、​ナムチ​​爾​​ヒトトセ​​一年​​ツク​​盡​さず、​マタ​​又​ ​グル カン​​古兒 罕​より​ソム​​背​きて​イ​​出​でて、​ウイウト​​委兀惕​​タングト​​唐兀惕​​チ​​地​​ヨ​​由​​コンキウ​​困窮​して​ク​​來​るに、​ゴヒキ​​五匹​​クロヒツジ​​𦍩䍽​​トラ​​拘​へて​チ​​乳​​シボ​​擠​りて​ノ​​喫​みて、​ラクダ​​駱駝​​チ​​血​​サ​​刺​して​ノ​​喫​みて、​カタメ​​偏盲​​クロガミ​​黑鬛​​キイロウマ​​黃馬​蒙語 合哩溫 抹𡂰、明 旁譯 黑鬃尾黃馬、文譯 沙馬。高寶銓 曰く「西北域記 曰「狐毛短而𪎾者︀、曰沙狐。」𪎾、音天、黃白色。沙馬、蓋 毛色黃白者︀。」)にて​キ​​來​ぬるぞ、​ナムチ​​爾​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナムチ​​爾​を、かく​コンキウ​​困窮​して​キ​​來​ぬと​シ​​知​りて、​サキ​​先​​エスガイ カン​​也速該 罕​なる​ワ​​我​​チヽ​​父​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​ユヱ​​故​​オモ​​思​ひて、​タカイ​​塔孩​​スケガイ​​速客該​ ​フタリ​​二人​​ナムチ​​爾​​ムカ​​迎​へに​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りて、​マタ​​又​ ​ワレ​​我​ ​ミヅカ​​自​​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​より​ムカ​​迎​​ユ​​往​きて、​グセウル​​古薛兀兒​​ミヅウミ​​湖​親征錄​グセウル タク​​曲笑兒 澤​)に​ア​​遇​​ア​​合​ひたるぞ、​ワレラ​​我等​​ナムチ​​爾​​コンキウ​​困窮​して​キ​​來​ぬと​イ​​云​ひ、​クワレン​​科斂​​ヲサ​​斂​めて​ナムチ​​爾​​アタ​​與​へて、​サキ​​先​​ワ​​我​​チヽ​​父​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​エンコ​​緣故​にて、​トウラ ガハ​​土兀剌 河​​クロバヤシ​​黑林​にて​ワレラ​​我等​ ​フタリ​​二人​​オヤコ​​父子​​イ​​云​​ア​​合​へる​エンコ​​緣故​は、かくあらずや。その​フユ​​冬​ ​ナムチ​​爾​​ダンエイ​​團營​​ウチ​​內​​イ​​入​れて​ヤシナ​​養​ひたるぞ。

​ムルチエ セウル​​木魯徹 薛兀勒​の戰

​フユ​​冬​ ​フユゴモ​​冬龍​りして​ナツ​​夏​ ​スゴ​​過​して、その​アキ​​秋​ ​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​して、​カヂクリク ニルウン​​合廸黑里黑 你嚕溫​[174]合廸黑里黑の嶺。親征錄​ハヂンク ザン​​哈丁黑 山​元史​ハヂンリ​​哈丁里​)の​ムルチエ セウル​​木魯徹 薛兀勒​親征錄 元史​モノチヤ ザン​​莫那察 山​親征錄 また 木奴叉力 之 野、額兒忒曼 木里察克 速兒)に​タヽカヒ​​戰​ひて、​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​​バルクヂン トグム​​巴兒忽眞 脫古木​​オ​​逐​ひて、​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​​トラ​​虜︀​へて、​カレラ​​彼等​のあまたの​バグン​​馬羣​ ​キウシツ​​宮室​ ​カレラ​​彼等​​デンクワ​​田禾​ ​スベ​​都︀​てを​ト​​取​りて、​カン エチゲ​​罕 額赤格​​アタ​​與​へたるぞ、​ワレ​​我​​ナムチ​​爾​​ウ​​飢​ゑたるを​ヒ​​日​​ヒル​​晝​​イタ​​至​らしめざりしぞ。​ナムチ​​爾​​ヤ​​痩​せたるを​ツキ​​月​​ナカバ​​半​​イタ​​至​らしめざりしぞ、​ワレ​​我​。(親征錄​シム​​使​​ナムチヲウヱテ​​汝饑​​ズ​​不​​スギ​​過​​ヒノヒルヲ​​日午​​ツカレテ​​羸​​ザラ​​不​​スギ​​過​​ツキノモチヲ​​月望​。)

兩汗の​ナイマン​​乃蠻​ 征伐

​マタ​​又​ ​ワレラ​​我等​​グチユグルタイ​​古出古兒台​卷五の古出古惕、乃蠻の分部の名​ブイルク カン​​不亦嚕黑 罕​​ウルクタク​​兀魯黑塔黑​​シヨゴク ウスン​​莎豁黑 兀孫​莎豁黑の水、卷五の鎖豁黑 兀孫)より​アルタイ ザン​​阿勒台 山​​コ​​越​えしめ​オ​​追​ひて、​ウロング ガハ​​兀嚨古 河​​シタガ​​沿​​ユ​​往​きて、​キチルバシ ナウル​​乞赤勒巴石 納兀兒​乞赤勒巴石の湖、卷五の乞失勒巴失 納兀兒)に​キハ​​窮​めて​ト​​取​りしぞ、​ワレラ​​我等​。そこより​カヘ​​回​りて​キ​​來​​トキ​​時​​ナイマン​​乃蠻​​コクセウ サブラク​​闊克薛兀 撒卜喇黑​親征錄​コクセウ サバラ​​曲薛吾 撒八剌​)、​バイダラク ベルチル​​拜荅喇黑 別勒赤兒​拜荅喇黑の河股)に​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​タイヂン​​對陣​したる​トキ​​時​​ユフグレ​​夕暮​になられて、​アス​​明日​​アサ​​朝​ ​タヽカ​​戰​はんとて、​トヽノ​​整​​ア​​合​ひて​ヤド​​宿​れば、​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナムチ​​爾​は、その​ヂンシヨ​​陣處​​ヒ​​火​​ヤ​​燒​かせて、​ヨル​​夜​ ​カラ セウル ガハ​​合喇 薛兀勒 河​に、​サカノボ​​泝​りて​ウゴ​​動​きたるぞ、​ナムチ​​爾​​アス​​明日​​アサ​​朝​ ​ミ​​見​れば、その​ヂンシヨ​​陣處​​ナ​​無​​ナ​​爲​られ、​ナムチ​​爾​​ウゴ​​動​かれて、「​コレラ​​此等​は、​ワレラ​​我等​​ヤキメシ​​燒飯︀​としけり」と​イ​​云​ひて、​ワレ​​我​​ウゴ​​動​きて、​エデル アルタイ​​額迭兒 阿勒台​​カハマタ​​汭​にて​ワタ​​渡​りて​キ​​來​て、​サアリ ケエル​​撒阿里 客額兒​​ゲバ​​下馬​したるぞ。

​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​の追襲

そこに​ナムチ​​爾​​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​​オソ​​襲​ひて、​サングン​​桑昆​​ツマコ​​妻子​ ​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​ ​スベ​​都︀​てを​ト​​取​り、​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナムチ​​爾​[175]​テレゲト アマサル​​帖列格禿 阿馬撒兒​帖列格禿の口)にある​イツパン​​一半​​ジンミン​​人民​ ​バグン​​馬羣​ ​リヤウシヨク​​糧食​​トラ​​虜︀​へて​サ​​去​れば、​メルキト​​篾兒乞惕​親征錄 蔑力乞、滅里乞、元史 蔑里乞 部)の​トクトア​​脫黑脫阿​親征錄​トト​​脫脫​)の​コ​​子​​クド​​忽都︀​卷五の忽圖)、​チラウン​​赤剌溫​親征錄 火都︀、赤剌溫​フタリ​​二人​、その​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​トモ​​共​​ナムチ​​爾​​トコロ​​處​にあるが、その​タヽカヒ​​戰​​ウチ​​中​に、その​チヽ​​父​​ア​​合​はんと、​バルクヂン​​巴兒忽眞​​イ​​入​らんと、​ナムチ​​爾​​トコロ​​處​より​ソム​​背​きて​ウゴ​​動​きしぞ。

​シケツ​​四傑​の救ひ

そこに​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナムチ​​爾​は、「​ナイマン​​乃蠻​​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​トラ​​虜︀​へられたり、​ワレ​​我​​ワ​​我​​コ​​子​​ドルベン クルウト​​朶兒邊 曲魯兀惕​四傑)を​アタ​​與​へて​コ​​來​よ」と​イ​​云​ひて​キ​​來​つれば、​ナムチ​​爾​​ゴト​​如​くは​オモ​​思​はず、そこに​ワレ​​我​は、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合里​​ボロクル​​孛囉忽勒​​チラウン バアトル​​赤剌溫 巴阿禿兒​、この​シケツ​​四傑​​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​ヤ​​遣​りたれば、​ワ​​我​がこの​シケツ​​四傑​​サキ​​先​に、​クラアンクト​​忽剌安忽惕​にて​サングン​​桑昆​​タイヂン​​對陣​となり、その​ウマモヽ​​馬腿​​イ​​射​られて​ト​​捕​へられんとして​ヲ​​居​​トコロ​​處​へ、​ワ​​我​がこの​シケツ​​四傑​ ​イタ​​到​りて、​サングン​​桑昆​​スク​​救​ひ、​ツマコ​​妻子​ ​ジンミン​​人民​​ヂウグ​​住具​ごめに​スベ​​都︀​てを​スク​​救​ひて​アタ​​與​へたれば、そこに​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​カタジケナ​​感謝​みて​イ​​言​はく「​コ​​子​なる​テムヂン​​帖木眞​​サ​​去​​ヲ​​畢​へたる​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​シケツ​​四傑​をおこせて​スク​​救​ひて​アタ​​與​へられたり」と​イ​​云​ひて​ヲ​​居​りき、​ナムチ​​爾​

講和の望み

​イマ​​今​ ​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、いかんぞ​ワレ​​我​​イカ​​怒​りに​イカ​​怒​れる、​ナムチ​​爾​​イカ​​怒​​リイウ​​理由​の(理由を明さん​ナ​​爲​​ツカヒ​​使​をおこせよ。おこするには、​クバリ クリ​​忽巴哩 忽哩​〈[#「忽巴哩 忽哩」は底本では「忽巴哩忽哩」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§177(06:31:08)の漢︀字音訳「忽巴里-忽里」に倣い二語に分割]〉 ​イドルゲン​​亦都︀兒堅​ ​フタリ​​二人​をおこせよ。​フタリ​​二人​をおこせずば、第二(第二の人 亦都︀兒堅)をおこせよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りたれば、(親征錄に「可案敦 阿速、渾八力 二人來報。否、則遣一人」とあり。この[176]二人は、卷五の阿勒屯 阿倏黑、忽勒巴哩にして、喇失惕も親征錄に同じ。忽勒巴哩は、忽巴哩忽哩と名似たるに由り、修正 祕史の誤れるなるべし。


§178(06:33:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​の悔︀痛

 この​コトバ​​言​につき、​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​アア​​嗚呼​ ​イキグル​​息苦​しき[かな](蒙語​アイシヨイルク​​唉莎亦魯黑​)。​ワ​​我​​コ​​子​より、​ハナ​​離​るゝ​ダウリ​​道理​よりやは​ハナ​​離​れたる。​ワカ​​分​るゝ​クワンケイ​​關係​よりやは​ワカ​​分​れたる、​ワレ​​我​」と​イ​​云​ひ、​コヽロ​​心​ ​ナヤ​​艱​みて​イ​​言​はく「​イマ​​今​ ​コ​​子​​ミ​​見​​アシ​​惡​しく​オモ​​思​はば、かくの​ゴト​​如​​チ​​血​​イダ​​出​されん(殺︀されん)」と​チカヒ​​誓​ひて、​コユビ​​小指​​ハジ​​彈​き、​ヤ​​箭​ ​ケヅ​​削​​コガタナ​​小刀​にて​サ​​刺​して​チ​​血​​ナガ​​流​して、​チヒサ​​小​​カバヲケ​​樺桶​​モ​​盛​りて、「​ワ​​我​​コ​​子​​アタ​​與​へよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。(樺桶は、樺の皮の小桶なり。柳邊 紀略に曰く「樺木、徧山皆是、類︀白楊。春夏閒、剝其皮、入汙泥中、謂之糟。糟數日、出而曝之地。白而成花形者︀爲貴、金 史所 謂醬瓣也。」黑龍江 外記に曰く「山谷多樺木。土人以爲箭笴、爲鞍版、爲刀柄。皮以貼弓、爲車蓋、爲穹廬、爲札哈。(原注 小船也。)縫之如栲栳、大擔水、小盛米麫、謂之樺皮斗。俄羅斯 亦 有之、極小。雕鏤精︀巧、宜檳榔鼻煙、號老羌斗。」


§179(06:34:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​​タイ​​對​する​アザケ​​嘲​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、「​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​より​マミ​​見​ゆる​アタ​​能​はずして​ハナ​​離​れしめたり、​ナンヂ​​汝​。(明譯 補塡​ムカシノ​​在前​ ​トキ​​時​ ​ゴトニ​​毎​​ヒ​​日​二人幼くして始めて安荅となれる頃の事なるべし。​ワレラ​​我等​​サキ​​先​​オ​​起​きたるは、​カン エチゲ​​罕 額赤格​​オヲサカヅキ​​靑錘​を[​モテ​​以​​ウマノチ​​馬乳​を]​ノ​​飮​みたりき。​ワレ​​我​​サキ​​先​​オ​​起​きて​ノ​​飮​まるゝを​ネタ​​妒​みたるぞ、​ナンヂ​​汝​​イマ​​今​ ​カン エチゲ​​罕 額赤格​​オヲサカヅキ​​靑錘​​ノ​​飮​​ホ​​乾​し、​イク​​幾​ばくを​ツヒヤ​​費​すか、​ナンヂラ​​汝等​」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。

​アルタン​​阿勒壇​ ​クチヤル​​忽察兒​の背信を責むる痛切の​コトバ​​言​

​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、「​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​親征錄 元史​アンタン​​案彈​​ホチヤル​​火察兒​​フタリ​​二人​​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​​ワレ​​我​​ス​​棄​てて、​カホ​​面​をや​ス​​撇​てんと​イ​​云​へる、​ナンヂラ​​汝等​​オコナヒ​​行​をや​ス​​撇​てんと​イ​​云​へる、​ナンヂラ​​汝等​。(面をすつるは、體を辱むるを云ひ、行をすつるは、事業を壞るを云ふ。親征錄​ナンヂ​​汝​ ​フタリ​​二人​ ​ホツシ​​欲​​コロサント​​殺︀​​ワレヲ​​我​​ハタ​​將​ ​ステン​​棄​​コレヲ​​之​​カ​​乎​​ウヅメン​​瘞​​コレヲ​​之​​カ​​乎​。(洪鈞の重譯には「汝二人惡我、將[177]仍畱我地上乎、抑埋我地下乎」とあり。​クチヤル​​忽察兒​​ナンヂ​​汝​を「​ネクン タイシ​​捏坤 太石​親征錄​ネクン タイシ​​捏羣 太石​元史 聶坤)の​コ​​子​」と​イ​​云​ひて、​ワレラ​​我等​より「​ナンヂ​​汝​​カン​​罕​​ナ​​爲​れ」と​イ​​云​へば、​ナ​​爲​らざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​アルタン​​阿勒壇​​ナンヂ​​汝​を「​クトラ カン​​忽禿剌 罕​こそは、[​クニ​​國​を]​ウシハ​​管​​ユ​​行​きけれ。その​チヽ​​父​ ​ウシハ​​管​​ヰ​​居​たるに​ヨ​​依​り、​ナンヂ​​汝​ ​カン​​罕​​ナ​​爲​れ」と​イ​​云​へば、​マタ​​亦​ ​ナ​​爲​らざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​ウヘ​​上​より(長房より數へての意なり。明譯 在上輩。親征錄にも上輩とあり。)「​バルタン バアトル​​巴兒壇 巴阿禿兒​​コ​​子​壇は、合黑の誤りにして、卽ち合不勒 罕の長子 斡勤 巴兒合黑なり。これは、原本の初より誤りて、修正 祕史も、その誤りを承けたりと見えて、喇失惕の集史も、これに同じ。親征錄は、その誤りを覺りけん、​バルカ バード​​八兒合 拔都︀​と改め、元史は、それに據りて、​ワガオホヲヂ​​我伯祖︀​ ​バラハ​​八剌哈​と書けり。八兒合も八剌哈も、卽ち斡勤 巴兒合黑なり。また子は、孫に作るべし。但し孫をも子と云へるかも知れず。元史は、八剌哈 之 裔と書けり)」と​イ​​云​ひて、​サチヤ​​撒察​​タイチユ​​台出​親征錄 元史​セチエ​​薛徹​​タイチユ​​大丑​​フタリ​​二人​を「​ナンヂラ​​汝等​​カト​​合惕​罕の複稱)と​ナ​​爲​れ」と​イ​​云​ひて、​アタ​​能​はざりしぞ、​ワレ​​我​​ナンヂラ​​汝等​を「​カト​​合惕​となれ」と​イ​​云​ひて​アタ​​能​はずして、​ナンヂラ​​汝等​に「​ナンヂ​​汝​​カン​​罕​となれ」と​イ​​云​はれて、​ウシハ​​管​​ユ​​行​きたるぞ、​ワレ​​我​

蒙古の臣道

​ナンヂラ​​汝等​ ​カト​​合惕​となりたるならば、​オホ​​多​​斡欒​き敵に​センポウ​​先鋒​​阿勒斤赤​​ハシ​​走​らせられば、​アマツカミ​​上帝​​イウゴ​​祐︀護​せられば、​テキ​​敵​​荅亦孫​の人を​トラ​​虜︀​​荅兀里​ふる​トキ​​時​​ホヽ​​腮​​合察兒​ ​ウツク​​美​しき​ヲトメ​​少女​​キサキ​​妃​​合屯​ ​ヲミナ​​婦人​を、​シリブシ​​臀節︀​​合兒含​ ​ヨ​​好​​センバ​​騸馬​​ト​​取​​キ​​來​​アタ​​與​ふるなりしぞ、​ワレ​​我​​ノ​​野​​兀喇阿​​ケダモノ​​獸​​サキガケ​​先驅​​兀禿喇​せさせられば、​ガケ​​崖​​合荅​​ケダモノ​​獸​は、その​マヘアシ​​前脚​​合兒​​ヒトナラビ​​一竝​​ヨ​​寄​せて​アタ​​與​ふるなりしぞ、​ワレ​​我​​キリギシ​​懸厓​​昆​​ケダモノ​​獸​は、その​アトアシ​​後脚​​忽牙​​ヒトナラビ​​一竝​​ヨ​​寄​せて​アタ​​與​ふるなりしぞ、​ワレ​​我​​アレノ​​曠野​​客額兒​​ケダモノ​​獸​は、その​ハラ​​腹​​客額里​​ヒトナラビ​​一竝​​ヨ​​寄​せて​アタ​​與​ふるなりしぞ、​ワレ​​我​。(親征錄に「假汝等爲君、吾當前鋒、俘獲輜重、亦歸汝也。使我從諸︀君、我亦將獸迫崖、使汝得從便射也」とあり。「汝等 合惕となり」以下の語の意を約めて書きたるなり。​イマ​​今​ ​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ヨ​​善​きに​トモ​​伴​[178]なりて​アタ​​與​へよ。​ア​​厭​​カ​​易​しと​イ​​云​はれんぞ、​ナンヂラ​​汝等​

金帝の​チヤウトクリ​​察兀惕忽哩​

​チヤウトクリ​​察兀惕忽哩​卷四の札兀惕忽哩)の​フシヨク​​扶植​のみなりきと​ナ​​勿​ ​イ​​云​はれそ。(明譯​ナンヂライマカヘツテ​​您如今卻​​ハナレ​​離​​テ​​了​ ​ワレヲ​​我​​アリ​​在​​ワンカンノ​​王罕​ ​トコロニ​​處​​ナンヂラ​​您​ ​ヨク​​好生​ ​ナリ​​做​​トモト​​伴​​テ​​著︀​​ナ​​休​​アリテ​​有​​ハジメ​​始​​ナク​​無​​ヲハリ​​終​​シムル​​敎​​ヒトヲシテ​人​​ギ​​議​​ロンセ​​論​ ​ナンヂラ​​你每​​マタク​​全​ ​タヨリ​​倚​​テ​​著︀​ ​テムヂンニ​​帖木眞​​ナケレ​​無​​テムヂン​​帖木眞​​バ​​呵​​スナハチ​​便​​ズト​​不​​アタラ​​中​​ヨウニ​​用​了。成吉思 汗の自ら察兀惕忽哩と稱するを見れば、この時までは、蒙古の合罕は、小部落の酋長に過ぎずして、金の官爵を榮譽としたるなり。

蒙古の興れる​ミカハ​​三河​の源

​ミカハ​​三河​斡難︀、客魯嗹、土兀剌)の​ミナモト​​源​は、​タレ​​誰​にも​ナ​​勿​ ​カエイ​​下營​せしめそ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。(親征錄に「三河之源、我祖︀實興。毋他人居之。汝若事吾父 汪可汗、勿使汝爲 察兀忽魯 之族 而累汝。卽 汪可汗 交人易厭。於我尙爾、況汝輩乎。縱然今夏、豈能到來冬矣」とあり。察兀忽魯の事は、祕史と意 違ひ、又 二人の厭き易きことを王罕の事に移せり。元史には「三河、祖︀宗肇基之地、毋他人所有。汝善事汪罕。汪罕 性無常、遇我尙如此、况汝輩乎。我今去矣。我今去矣」と云ひて、文は麗しくなりたれども、意味は全く親征錄に因れり。「我 今 去らん」の二語は、進むことか、退くことか。面白き樣にて、面白からず、蛇足なり。


§180(06:38:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トオリル​​脫斡哩勒​を弟と云へる​エンコ​​緣故​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は「​トオリル​​脫斡哩勒​親征錄​トーリン​​脫憐​)なる​オトヽ​​弟​​イ​​言​へ」とて​イハ​​言​く「​オトヽ​​弟​​イ​​云​へる​エンコ​​緣故​は、​トンビナイ​​屯必乃​​チヤラカイ リンク​​察剌孩 領忽​親征錄​チヤラカ リンク​​察剌合 令忽​​トンビナイ​​統必乃​​フタリ​​二人​​オクダ​​斡黑荅​親征錄​タタ​​塔塔​​ヤツコ​​奴​​ヨ​​依​​オコ​​起​りて​キ​​來​しぞ。​オクダ​​斡黑荅​ ​ヤツコ​​奴​​コ​​子​ ​スベガイ​​速別該​親征錄​シユエゲ​​雪也哥​​ヤツコ​​奴​ありき。​スベガイ​​速別該​ ​ヤツコ​​奴​​コ​​子​ ​ココチユ キルサアン​​闊闊出 乞兒撒安​親征錄​ココチユ ヘルスアン​​闊闊出 黑兒思安​)ありき。​ココチユ キルサアン​​闊闊出 乞兒撒安​​コ​​子​ ​エガイ コンタガル​​也該 晃塔合兒​ありき。(親征錄​ヂエガイ コントガル​​折該 晃脫合兒​蓋 卷三の者︀該 晃答豁兒に同じ。然らば脫斡哩勒は、速格該 者︀溫と兄弟にして、速客虔 氏なり。​エガイ コンタガル​​也該 晃塔合兒​​コ​​子​ ​トオリル​​脫斡哩勒​​ナンヂ​​汝​​タ​​誰​​ブシウ​​部眾​を[​ワンカン​​王罕​に]​アタ​​與​へんとて​ヘツラ​​諂​​ユ​​行​ける、​ナンヂ​​汝​​ワ​​我​​ブシウ​​部眾​は、​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​ ​フタリ​​二人​​タレ​​誰​にも​ウシハ​​管​かしめぬぞ。​ナンヂ​​汝​​オトヽ​​弟​​イ​​云​へる​エンコ​​緣故​は、​ワ​​我​​オホヒオホヂ​​高祖︀父​​孛兒孩​屯必乃)の​トジキミ​​戶限​​孛莎合​​ヤツコ​​奴​​孛斡勒​​ワ​​我​[179]​ヒオホヂ​​曾祖︀父​​額鄰出克​合不勒 罕)の​カド​​門​​額兀顚​​キンジユ​​近習​​奄出​​ヤツコ​​奴​[なりしに​ヨ​​由​る]と​ワ​​我​​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​ること、かくあり。」


§181(06:39:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​サングン​​桑昆​の不孝を​イマシ​​誡​むる​アンダ​​安荅​の忠言

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は「​サングン アンダ​​桑昆 安荅​親征錄​セングン アンダ​​鮮昆 案荅​)に​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「​イフク​​衣服​ありて​ウマ​​生​れたる​コ​​子​にて​ワレ​​我​はありしぞ。​ハダカ​​裸​にて​ウマ​​生​れたる​コ​​子​にて​ナンヂ​​汝​はありしぞ。​ワレラ​​我等​​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​ワレラ​​我等​ ​フタリ​​二人​​ヒトシナミ​​齊等​​ヤシナ​​養​ひたりき。​アヒダ​​閒​​イ​​入​らるゝより、​サングン アンダ​​桑昆 安荅​は、​ワレ​​我​​ネタ​​嫉​みて​オ​​逐​ひたるぞ、​ナンヂ​​汝​​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​コヽロ​​心​​ナヤ​​艱​まさず、​ユフベ​​夕​​アシタ​​朝​​イ​​入​りて​イ​​出​でて​ナグサ​​慰​めて​ユ​​行​け。​モト​​舊​​コヽロ​​心​明譯​ナンヂガ​​你​ ​モト​​舊​ ​ネタメル​​嫉妒​​コヽロ​​心​)を​ハナ​​放​たず、​カン エチゲ​​罕 額赤格​を、​イノチ​​命​ある​ウチ​​內​​カン​​罕​とならんとて、​ワレラ​​我等​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​コヽロ​​心​​ナヤ​​艱​まして​ナ​​勿​ ​クルシ​​苦​ましめそ」と​イ​​云​ひて、「​サングン アンダ​​桑昆 安荅​​ワレ​​我​​ツカヒ​​使​をおこせ​ク​​來​るには、​ビルゲ ベキ​​必勒格 別乞​​トドエン​​脫朶延​親征錄​ビリゲ ベキ​​必力哥 別吉​​トドン​​脫端​)なる​フタリ​​二人​​トモビト​​從士​をおこせよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。

七人の使 皆 二人づゝ

​ワレ​​我​​ツカヒ​​使​ ​ク​​來​るには、​カン エチゲ​​罕 額赤格​は、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​サングン アンダ​​桑昆 安荅​も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​アルタン​​阿勒壇​も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​クチヤル​​忽察兒​も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​アチクシルン​​阿赤黑失㖮​も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ。​カチウン​​合赤溫​卷五の合赤溫 別乞)も、​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​をおこせよ」とて、​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​​スゲガイ ヂエウン​​速格該 者︀溫​ ​フタリ​​二人​をもてかゝる​コトバ​​言​どもを​デンゴン​​傳言​せしめて​ヤ​​遣​りぬ。

​サングン​​桑昆​の冥頑

この​コトバ​​言​どもをかく​イ​​言​はれて、​サングン​​桑昆​ ​イ​​言​はく「​イク​​幾​たびも[180]​カン エチゲ​​罕 額赤格​​イ​​云​ふなりき。​コロ​​殺︀​​ズ​​好​きの​オキナ​​翁​とやは​イ​​云​はざりし。​ワレ​​我​​イク​​幾​たびも​アンダ​​安荅​​イ​​云​ひたりき。​トクトア​​脫黑脫阿​ ​カンナギ​​師巫​​サルタク​​撒兒塔黑​撒兒塔兀勒の國)の​ヒツジ​​羊​​ヲ​​尾​​ツヾ​​續​きて​ユ​​行​けりとやは​イ​​云​はざりし。​コレ​​此​にて​コトバ​​言​どもの​ハカリゴト​​計略​は、​サト​​覺​られたり。​タヽカ​​戰​はんの​ハジメ​​首​なる​コトバ​​言​なり。​ビルゲ ベキ​​必勒格 別乞​​トドエン​​脫朶延​ ​フタリ​​二人​​タヽカ​​戰​​トウ​​纛​​タ​​立​てよ。​センバ​​騸馬​どもを​コ​​肥​やせよ。​ウタガ​​疑​​ナ​​無​くあるぞ」と​イ​​云​へり。(脫黑脫阿 云云は、當時かゝる師巫ありて、かゝる風をなしたるなり。委しき事は、今知るべからず。明譯​ワレ​​我​ ​ヲ​​行​ ​モ​​也​ ​イクタビカ​​幾曾​ ​イヒ​​說​​ナリト​​是​​アンダ​​安荅​​キ​​來​​タヾ​​只​ ​イフ​​說​​トクトア​​脫黑脫阿​ ​カンナギ​​師翁​ ​ツヾキ​​續​​テ​​著︀​ ​フイフイノ​​回回​ ​ヒツジノヲニ​​羊尾子​​ユキタリト​​行有​元の世にても已に意味を解りかねたりと見えて、親征錄には「彼何嘗實意待我爲案荅。特以玩物視︀我耳」と譯せり。別咧津は剌失惕を譯し、「彼は我を安荅と呼べども、又 常に我を罵る」と約めて、自注に「下に脫忽布惕の一語あり、篾兒乞惕の說克塔の事ならん。意 解し難︀し」と斷れり。)かくて​ワンカン​​王罕​より​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​ ​カヘ​​回​​トキ​​時​​スゲガイ ヂエウン​​速格該 者︀溫​​ツマコ​​妻子​は、そこに​トオリル​​脫斡哩勒​​トコロ​​處​​ヲ​​居​りき。

​スゲガイ​​速格該​の居殘り

​サ​​去​​コヽロ​​心​になりかねて​スゲガイ ヂエウン​​速格該 者︀溫​は、​アルカイ​​阿兒孩​より​オク​​後​れき。​アルカイ​​阿兒孩​ ​キ​​來​て、この​コトバ​​言​どもを​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​イ​​言​へり。


§182(06:43:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​バルヂユナ​​巴勒主納​湖の​チウエイ​​駐營​

 かくて​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​サ​​去​りて​バルヂユナ ナウル​​巴勒主納 納兀兒​​ゲバ​​下馬​せり。(巴勒主納の湖は、斡難︀ 河の北にて、露西亞の咱拜喀勒 州なる赤塔の南にあり。禿喇 河それより流れ出でて因果塔 河に入る。その地は、林木 多くして駐夏に宜しく、蒙古人は、今もその地を指して、成吉思 汗の難︀を避けたる處なりと云ひ傳ふと云ふ。親征錄は河の名とし、喇失惕は地の名として、そこに小河どもありと云ひ、他の西史は、錄の如く河の名とせり。禿喇 河を昔は巴勒主納 河と云へるにや。又は別に湖に注ぐ巴勒主納 河ありしかも知れず。親征錄、元史 雪不台の傳​バンヂユニ ガハ​​班朱泥 河​太祖︀ 本紀、札八兒 火者︀、速不台、鎭海︀、哈散納、阿朮魯、紹古兒の傳には、班朱尼 河とあり。下に委しく引けり。元史にて湖の名としたるは、朮赤台の傳に班眞 海︀子とあるのみなり。)そこに​ゲバ​​下馬​する​トキ​​時​​シユオスチヤガン​​搠斡思察罕​​ゴルラス​​豁嚕剌思​)、​マサ​​正​にそこに​ア​​遇​​ア​​合​へり。それらの​ゴルラス​​豁嚕剌思​親征錄 元史​ホルラ ブ​​火魯剌 部​[181]は、​タヽカ​​鬭​はずに​クダ​​降​​キ​​來​ぬ。​オングト​​汪古惕​親征錄​ワング ブ​​王孤 部​元史 汪古 部)の​アラクシ ヂギトクリ​​阿剌忽失 的吉惕忽哩​親征錄​アラフス チキホリ​​阿剌忽思 的乞火里​元史、阿剌兀思 剔吉忽里)の​トコロ​​處​より​アサン サルタクタイ​​阿三 撒兒塔黑台​阿三と云ふ撒兒塔黑 人)、​シロ​​白​​ラクダ​​駱駝​ある​セン​​千​​カツヤウ​​羯羊​千の羯羊に白駱駝 一匹まじれる)を​オ​​趕​いて、​エルグネ ガハ​​額兒古捏 河​​シタガ​​沿​ひ、​テウソ​​貂鼠​ ​セイソ​​靑鼠​​カ​​買​ひて​ト​​取​​ク​​來​る時、

​バルヂユナ​​巴勒主納​の水飮み卽ち濁水の誓

[​チンギス カガン​​成吉思 合罕​に]​バルヂユナ​​巴勒主納​​ミヅノ​​水飮​みに​イ​​入​​トコロ​​處​​ア​​遇​へり。(この水飮みは、名高き巴勒主納の濁水の誓なり。祕史の文は、簡略なるが故に、參考の爲に、紀傳に見えたる叙事を下に引かん。││

飮渾水 卽ち​バルヂユト​​巴勒主惕​の諸︀說

太祖︀ 本紀帝 旣使​ワンハンニ​​汪罕​、遂、虜︀ヘテ​ホンギラ​​弘吉剌​​ベツブ​​別部​ ​デルギン​​溺兒斤​​ユキ​​行​、至​バンヂユニ ガハニ​​班朱泥 河​。河水方レリ

太祖︀ 本紀の飮渾水

​ノミテ​​飮​以誓。有 ​イキレ ブノ​​亦乞烈 部​ ​ヒト​​人​ ​ボトナルモノ​​孛徒者︀​​レ​​爲​​ホルラ ブニ​​火魯剌 部​​ヤブラ​​敗​、因、與之同​ハツサル​​哈撒兒​​ハラフン ザンニ​​哈剌渾 山​、妻子​ラレ​​爲​​ワンハンニ​​汪罕​​ヘ​​虜︀​​カヽヘテ​​挾​幼子 ​トフヲ​​脫虎​、糧絕、探シテ鳥卵​キテ​​來​于河。時​ワンハン​​汪罕​ 形勢盛强シテ 帝 微弱ナリ。勝敗​ズ​​未​、眾頗。凡タル者︀、謂之飮渾水、言セルヲ艱難︀也。この文は、全く親征錄に據りて、只「河水方渾」と「時 汪罕」以下の三十七字とを加へたるなり。溺兒斤は、卽ち親征錄 前文の帖木哥 阿蠻にして不余兒 湖の頭にありと祕史に記せる帖兒格 阿篾勒なり。帖兒格 阿篾勒の降りたるは、成吉思 汗の合勒合 河に沿ひ動ける時にあるを、親征錄は重ねてこゝに溺兒斤を虜︀ふと記せるは、誤りなり。元史は、又 前の降附の事をば「怯里亦 部 人、遂棄汪罕來降」と改めて、溺兒斤を虜︀へたることは、親征錄のまゝに書けり。されども統格 小河より巴勒主納 湖に遷るに、何ぞ不余兒 湖の邊を過ぐることあるべけんや。││

​ヂヤバル ホジヤ​​札八兒 火者︀​​デン​​傳​なる馬くひ

札八兒 火者︀の傳太祖︀ 與​ケレイノ​​克烈​ ​ワンハン​​汪罕​隙、一夕​ワンハン​​汪罕​メテ​キヌ​​來​。倉卒シテ​ズ​​不​、眾軍大。太祖︀遽、從者︀僅十九人、札八兒 與レリ焉。至レバ​バンヂユニ ガハニ​​班朱尼 河​、餱糧俱、荒遠シテ。會野馬北ヨリ​キテ​​來​、諸︀王 ​ハジヤル​​哈札兒​セリ。遂​ウツロニシテ​刳​​シ​​爲​、出于石ヨリ、汲、煮︀而啖ヘリ。太祖︀擧而誓[182]​サセバ​​使​大業、當諸︀人甘苦。苟​カヘバ​​渝​此言、有河水。」將士​ナカリキ​​莫​​ザルハ​​不​感泣これは、飮渾水の如くも聞ゆれども、水を飮めるに非ずして、馬を啖へるなり。濁水の誓に非ずして、馬肉の誓なり。然るにこの傳は、誤りだらけにて、信じ難︀し。札八兒は、西域の族長なるに、西域 征伐の十餘年前に蒙古に仕へて克烈 征伐の役に加はれるは、已に怪むべく、又 居庸關の戰は、者︀別 等 紫荆關より入りて居庸の南口を破れるを、札八兒の前導にて居庸の閒道より軍を進めたりとしたるなど、疑はしきこと多ければ、馬肉の誓もいかゞあるべき。││

​チユチタイ​​朮赤台​​デン​​傳​なる​バンヂン カイシ​​班眞 海︀子​

朮赤台の傳​ケレイヲ​​怯列亦​、自​ハンハ​​罕哈​​ヘ​​歷​​バンヂン カイシヲ​​班眞 海︀子​、閒關萬里、每戰陳、必レリ先鋒罕哈は、合勒合 河なり。班眞 海︀子は、巴勒主納 湖なり。合勒合 河より巴勒主納 湖に至れるを閒關 萬里と云へるは、形容に過ぎたり。この傳にも誤り多し。合剌合勒只惕の戰を叙べて、「怯列亦 哈剌哈眞 沙陀 等、帥眾來侵」と書き出し、沙漠の名を人の名としたるは、最も笑ふべし。「單騎陷陳、射殺︀ 鮮昆」と書きたれども、單騎には非ず、兀嚕兀惕を率ゐたり。射殺︀には非ず、腮を傷けたるのみなり。客咧亦惕の亡人なる札哈堅普を乃蠻の主としたるは、太祖︀ 本紀の札阿紺孛なるを知らざるに似たり。││

​スブタイ​​速不台​​デン​​傳​なる​バンヂユニ ガハ​​班朱尼 河​

速不台の傳太祖︀ ​イマシヽ​​在​​バンヂユニ ガハニ​​班朱尼 河​​トキ​​時​​ハバン​​哈班​羣羊以進、遭​ラル​​被​​フルフン​​忽魯渾​ ​ト​​與​​スブタイ​​速不台​、以。人馬皆倒、餘黨逸︀。遂レサセ難︀、羊タリスルヲ於行在所この事の後に、闊赤檀 山の戰。赤は亦の誤りにて、卽ち闊亦田の戰あれば、この事は、成吉思 汗の巴勒主納に到りし時には非ずして、客魯嗹の上流なる不兒吉 岸 又は古咧勒古に居たる時の事なるべし。速不台の傳の複出なる雪不台の傳にも、この事を載せて、太祖︀初興都︀​バンヂユニ ガハニ​​班朱泥 河​、今龍居 河 也と云へり。泰定帝 紀に「癸巳、卽皇帝位於 龍居 河」とありて、その大赦の詔に「九月初四日、於成吉思 皇帝的 大 斡耳朶 裏大位次裏坐了也」と云へれば、泰定 卽位の處は、客魯嗹 河の闊迭額 洲の大 斡兒朶なるべく、龍居 河は、金史 完顏 奴申の傳なる龍駒 河、長春の西遊記の陸局 河にして、卽 客魯嗹 河なり。然らば班朱尼も班朱泥も客魯嗹の誤りにして、興都︀とは客魯嗹 河の上流なる成吉思 汗 駐營の地を稱したるなり。││

​チンハイ​​鎭海︀​​デン​​傳​

鎭海︀の傳​チンハイ​​鎭海︀​​ケレイタイ ウヂナリ​怯烈台 氏​。初以軍伍、從太祖︀​ノミキ​​飮​​バンヂユニ ガハ​​班朱尼 河​。││

​ハサナ​​哈散納​​デン​​傳​

哈散納の傳​ハサナ​​哈散納​​ケレイ ウヂナリ​怯烈亦 氏​。太祖︀時、從シテ王罕功。命ジテシメ​バンヂユニ ガハ​​班朱尼 河​之水、且曰「與我共メル此水者︀、世爲ラン。」││

​アチユル​​阿朮魯​​デン​​傳​

阿朮魯の傳​アチユル​​阿朮魯​​モング ウヂナリ​蒙古 氏​。太祖︀時、命ジテシメ​バンヂユニ ガハ​​班朱尼 河​之水、扈親征シテ功。││阿朮魯の孫なる懷都︀の傳にも[183]​フイド​​懷都︀​​オルナタイ ウヂナリ​斡魯納台 氏​。祖︀父 ​アチユル​​阿朮魯​、與太祖︀​クロキカハノミヅヲ​​黑河水​、屢從ヘリ征討とあり。斡魯納台は、祕史の斡羅納兒 氏なり。阿朮魯の傳に蒙古 氏とあるは、蒙古 斡魯納台 氏と云ふべきを脫したるなり。黑河は、河の名に非ず、水の濁れるを云へるなり。││

​チヤウグル​​紹古兒​​デン​​傳​

紹古兒の傳​チヤウグル​​紹古兒​​メリギタイ ウヂナリ​麥里吉台 氏​。事太祖︀、命ジテ​バンヂユニ ガハ​​班朱尼 河​之水、扈セリ親征麥里吉台は、篾兒乞惕 氏なり。││

​スゲ​​速哥​​デン​​傳​なる父 ​フイド​​懷都︀​

速哥の傳 二つあり。卷の百卅一にあらず、卷の百廿四なる​スゲ​​速哥​、蒙古​ケレイ ウヂナリ​怯烈 氏​、世傳李唐外族。父 ​フイド​​懷都︀​、事太祖︀、嘗メリ​バンチユク ガハノ​​班朮居 河​居は、尼の誤りなり。││

​トトハ​​土土哈​​デン​​傳​なる水飮みの舊事

土土哈の傳世祖︀巡北邊、召シテ「昔太祖︀與其臣同スル患難︀者︀、飮​バンチユ ガハ​​班朮 河​之水以記セリ。今日之事、何。卿其勉︀メヨ。」班朮の下 尼の字 脫ちたり。││

​アタハイ​​阿塔海︀​​デン​​傳​なる祖︀ ​タハイ バアドル​​塔海︀ 拔都︀兒​

阿塔海︀の傳​アタハイ​​阿塔海︀​​スンドス​​遜都︀思​ナリ。祖︀ ​タハイ バアドル​​塔海︀ 拔都︀兒​、驍勇シテ、嘗太祖︀、同、以レリ千戶阿塔海︀は、日本に寇して遁げ還りたる大將なり。遜都︀思は、祕史の速勒都︀思 氏、塔海︀ 拔都︀兒は、祕史の塔孩 巴阿禿兒なり。││

​メリ​​麥里​​デン​​傳​なる祖︀ ​シエリゲン ノヤン​​雪里堅 那顏​

麥里の傳​メリ​​麥里​​チエウタイ ウヂナリ​徹兀臺 氏​。祖︀ ​シエリゲン ノヤン​​雪里堅 那顏​、從太祖︀、與​ワンカン​​王罕​、同​バンヂン ガハノ​​班眞 河​、以カル千戶朮赤台の傳なる班眞 海︀子は、巴勒主納 納兀兒、この班眞 河は、巴勒主納 木嗹なり。││

​エルウ アハイ​​耶律 阿海︀​ ​トハ​​禿花​ 兄弟の​デン​​傳​

耶律禿花の傳​エルウ トハ​​耶律 禿花​​キダンノ​​契丹​ナリ。世居桓州、太祖︀時、率來歸セリ。大軍入トキ嚮導、獲タルヿ​ノガヒセル​​所牧​。後侍太祖︀、同メリ​バンチユ ガハノ​​班朮 河​濁水の誓は、金に打ち入るより前にあれば、後と云へるは誤れり。又 禿花の兄なる阿海︀の傳には​エルウ アハイ​​耶律 阿海︀​、遼之故族也。云云。歲壬戌、​ワンカガン​​王可汗​、謀ンヿヲ太祖︀。太祖︀與宗親大臣同スル休戚者︀、飲​ベントン ガハノ​​辨屯 河​​ナセルニ​​爲​​アハイ​​阿海︀​ 兄弟皆預レリ焉。辨屯も、巴勒主納の訛なり。││

​ラシツド エツヂン​​喇失惕 額丁​​バルヂユト​​巴兒主惕​

喇失惕額丁を洪鈞の重譯せるには​ワンハン​​汪罕​ 軍勢​ナホ​​仍​ナリ。帝見​ザルヲ​​不​、亟退。退キテ後、部眾渙散。帝乃ケリ​バルヂユナニ​​巴勒渚︀納​。是地有リテ數小河、而是時水涸、僅渾水。帝慷慨︀〈[#「「漑」の「さんずい」に代えて「りっしんべん」、第 3水準 1-84-60、U+FA3E」は底本では「りっしんべん+皀+旡」]〉シテ、與從者︀ヘリ。當日從者︀無キヿ、稱シテ[184]​バルヂユトト​​巴兒渚︀特​、延賞及ベリ後世焉。巴勒主惕は、巴勒主納の語尾を變へて複稱の詞とし、巴勒主納の水飮みに預れる人人の稱とせるなり。元史に飮渾水と書きたるも、巴勒主惕を義譯したるなり。喇失惕のこの叙事は、祕史よりも親征錄よりも委し。されどもその文に據れば、合剌合勒只惕の戰の後、統格 湖に往く前に、直ちに巴勒主納に往きて、濁水を飮み、それより合勒合 河に(沿ひ下る代りに)泝り、帖兒格 阿篾勒を降し、統格 湖に駐まりて、使を遣り、二たび巴勒主納に往きたりとなして、地勢 時情 皆 合はず。巴勒主納の水飮みは、使を遣りたる後にあることは、親征錄も祕史に同じければ、喇失惕の之に違へるは、修正 祕史の誤りを承けたるには非ず、喇失惕の 偶 誤れるなり。又 札八兒 火者︀ 耶律 阿海︀の傳に依れば、王罕の掩襲を避けて逃げ出でたる時、直ちに巴勒主納に至りて誓へるに似たり。これは時情には善く合へれども、曖昧なる單文 孤證のことなれば、祕史 親征錄の明文を打ち消すほどの力は無かるべし。


§183(06:44:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カツサル​​合撒兒​の逃げ還り

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、その​バルヂユナ​​巴勒主納​​ミヅ​​水​ ​ノ​​飮​​ヲ​​居​​トキ​​時​​カツサル​​合撒兒​は、​ツマコ​​妻子​を、​エグ​​也古​元史 世系表 湽川王 也苦、太宗紀 野苦、憲宗紀 野古 また那虎、世祖︀紀 也古、耶律 畱哥の傳 也苦、王珣の傳 也忽)、​エスンゲ​​也松格​元史 世系表 移相哥 大王、憲宗紀 亦孫哥、世祖︀紀 也先哥)、​トク​​禿忽​親征錄 元史 太祖︀紀 脫虎、世系表 脫忽 大王)なる​ミタリ​​三人​​コ​​子​​ワンカン​​王罕​​トコロ​​處​​ス​​捨​てて、​ワヅカ​​僅​​ミ​​身​にて、​トモビト​​從者︀​​ツ​​伴​れて​イ​​出​でて、​アニ​​兄​をとて​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​タヅ​​尋​ね、​カラウン ヂドン​​合喇溫 只敦​親征錄​ハラフン ヂドン ザン​​哈剌渾 只敦 山​元史 哈剌渾 山)の​ミネ​​嶺​どもに​ヨ​​緣​りて、​ウ​​得​​アタ​​能​はず、​コンキウ​​困窮​して​ウシノカハ​​牛皮​​失里​​スヂ​​筋​​失兒不孫​とを​ク​​喫​ひて​ユ​​行​きて、​バルヂユナ​​巴勒主納​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ア​​合​へり。

​チンギス カン​​成吉思 汗​のたばかり

​カツサル​​合撒兒​​コ​​來​らるゝと​ヨロコ​​喜​びて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ワンカン​​王罕​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​らんと​ハカ​​謀​りて、​ヂヤウレイト​​沼咧亦惕​​カリウダル​​合里兀荅兒​、(親征錄​ハリウダル​​哈柳荅兒​​ウリヤンカン​​兀哴罕​​チヤクルカン​​察忽兒罕​卷三の察兀兒罕。親征錄​チヤウルカン​​抄兒寒​​フタリ​​二人​もて​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るに「​カン エチゲ​​罕 額赤格​​カツサル​​合撒兒​​コトバ​​言​とて​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「「​アニ​​兄​​ノゾ​​望​​合喇​みて、​カレ​​彼​​カゲ​​影​​合喇阿​​ウシナ​​失​へり。​フ​​蹈​​合亦​みて​カレ​​彼​​ミチ​​路​​合兀魯合​​エ​​得​かねたり。​サケ​​叫​​合亦剌​びて、​コヱ​​聲​​キ​​聽​かれざりき。​ホシ​​星​​豁惕​​ノゾ​​望​みて、​ツチ​​土​​兀兒那​​マクラ​​枕​にて​フ​​臥​​格卜帖​したり、​ワレ​​我​​ワ​​我​​ツマコ​​妻子​は、​カン エチゲ​​罕 額赤格​​トコロ​​處​にあり。​タヨリ​​信賴​[185]​ノゾ​​望​​エ​​得​ば(明譯​モシ​​若​​ツカハシ​​差​​ヒトリノ​​一箇​​ベキ​​可​​タヨル​​倚仗​​ヒトヲ​​人​​コバ​​來呵​)、​カン エチゲ​​罕 額赤格​​トコロ​​處​​ユ​​住​かん、​ワレ​​我​」と​イ​​言​へ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。​マタ​​又​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​は、​ナンヂラ​​汝等​​ツヾ​​續​​ウゴ​​動​きて、​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​アルカルカウギ​​阿兒合勒苟吉​​ヤク​​約​​ア​​合​はん。​ナンヂラ​​汝等​そこに​コ​​來​よ」と​ヤク​​約​​ア​​合​ひて、​スナハ​​便​​カリウダル​​合里兀荅兒​​チヤクルカン​​察忽兒罕​ ​フタリ​​二人​​ヤ​​遣​ると、​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​アルカイ​​阿兒孩​ ​フタリ​​二人​​サキガケ​​先驅​として、​バルヂユナ ナウル​​巴勒主納 納兀兒​より​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ツヾ​​續​​タ​​起​​ア​​合​ひて、​イ​​出​​シユツバ​​出馬​したるまゝに​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​アルカルカウギ​​阿兒合勒苟吉​​イタ​​到​りぬ。


§184(06:48:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​ 金帳の​ウタゲ​​筵會​

 ​カリウダル​​合里兀荅兒​​チヤクルカン​​察忽兒罕​ ​フタリ​​二人​​ワンカン​​王罕​​トコロ​​處​​イタ​​到​りて、​カツサル​​合撒兒​​コトバ​​言​とて、​コヽ​​此處​より​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​りたる​コトバ​​言​​イ​​言​ひき。​ワンカン​​王罕​​コガネ​​金​​テンマク​​天幕​​オコ​​起​して、​フイ​​不意​にて​ウタゲ​​筵會​して​ヲ​​居​りき。(金の天幕は、蒙語​アルタン テルメ​​阿勒壇 帖兒篾​宗の彭大雅の黑韃 事略に「其金帳、柱​モテ​​以​​ツクル​​製​、故と云ひ、徐霆の疏證にその製を述べて「卽​ナリ​​是​草地大氈帳。上下用ヒテ​シ​​爲​、中閒用​アミテ​​編​​ツクリ​​爲​窗眼透明ナリ、用ヒテ千餘條​ヒキトヾム​​拽住​。閾柱、皆以、故。中​イル​​容​數百人とあり。これは、元の太宗の時の製を述べたるなれども、王罕の金帳も、この類︀なるべし。​カリウダル​​合里兀荅兒​ ​チヤクルカン​​察忽兒罕​ ​フタリ​​二人​​コトバ​​言​につき、​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​シカ​​然​あらば、​カツサル​​合撒兒​ ​コ​​來​よ」と​イ​​云​ひて、「​タヨ​​賴​るべき​イトルゲン​​亦禿兒堅​前の亦都︀兒堅、親征錄 亦禿兒干)を​ヤ​​遣​らん」とて​ヤ​​遣​​ア​​合​ひき(回る二人と共に遣りき)。かくて​ク​​來​ると、​ヤククワイ​​約會​​トコロ​​地​​アルカルカウギ​​阿兒合勒苟吉​​イタ​​到​れば、​ケハヒ​​形影​ ​オホイ​​大​なるを​ミ​​見​て、

​イトルゲン​​亦禿兒堅​の捕はれ

​イトルゲン​​亦禿兒堅​なる​ツカヒ​​使​ ​カヘ​​回​​ハシ​​走​りき。​カリウダル​​合里兀荅兒​​ウマ​​馬​は、​ハヤ​​速​くありき。[186]​カリウダル​​合里兀荅兒​ ​オヒカ​​追驅​けて、​ト​​捕​ふる​コヽロ​​心​ ​ト​​遂​げずして、​カレ​​彼​​マヘシリヘ​​前後​​ヨコ​​橫​ぎり​ユ​​行​​トキ​​時​​チヤクルカン​​察忽兒罕​​ウマ​​馬​​オソ​​遲​くありき。​シリヘ​​後​より​ヤ​​箭​​イタ​​到​​サキ​​先​にて(箭の達する距離にて)、​イトルゲン​​亦禿兒堅​​コガネ​​金​​クラ​​鞍​ある​クロ​​黑​​合喇​​センバ​​騸馬​​シリ​​臀​​ネ​​根​​スワ​​坐​るべく(尻をつくほどに​イ​​射​たりき。そこに​イトルゲン​​亦禿兒堅​​カリウダル​​合里兀荅兒​ ​チヤクルカン​​察忽兒罕​ ​フタリ​​二人​ ​ト​​捕​へて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​トコロ​​處​​ヰ​​率​​キ​​來​ぬ。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​イトルゲン​​亦禿兒堅​​ハナシ​​話​​ア​​合​はず、「​カツサル​​合撒兒​​トコロ​​處​​ヰ​​率​​ユ​​往​け。​カツサル​​合撒兒​ ​シ​​知​れ」と​イ​​云​へり。​ヰ​​率​​ユ​​往​きたれば、​カツサル​​合撒兒​は、​イトルゲン​​亦禿兒堅​​ハナ​​話​​ア​​合​はず、すぐ​ソコ​​其處​​キ​​斬​りて​ス​​棄​てたり。


§185(06:50:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂエヂエエル​​者︀者︀額兒​ 山の戰

 ​カリウダル​​合里兀荅兒​​チヤクルカン​​察忽兒罕​ ​フタリ​​二人​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マウ​​申​さく「​ワンカン​​王罕​は、​フイ​​不意​にてあり(明譯​ズ​​不​​テイバウセ​​隄防​)。​コガネ​​金​​テンマク​​天幕​​オコ​​起​して​ウタゲ​​筵會​してあり。​ハヤ​​速​​シタク​​支度​して、​ヨナヨナ​​夜夜​ ​ヨドホ​​夜通​​ユ​​行​きて​オソ​​襲​​カコ​​圍​まん」と​イ​​云​へり。この​コトバ​​言​​ヨ​​善​しとして、​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​ ​アルカイ​​阿兒孩​ ​フタリ​​二人​​サキガケ​​先驅​せしめて、​ヨナヨナ​​夜夜​ ​ヨドオ​​夜通​​イタ​​到​りて、​ヂエヂエエル ウンドル​​者︀折額兒 溫都︀兒​卷五の者︀者︀額兒 溫都︀兒、親征錄 徹徹兒 運都︀ 山、元史 折折 運都︀ 山)の​ヂエル カブチカイ​​折兒 合卜赤孩​折兒のはさま)の​クチ​​口​​ヲ​​居​るを​カコ​​圍​みたり。​ミヨ​​三夜​ ​ミカ​​三日​ ​フセ​​禦​がれ、​カコ​​圍​みて​タ​​立​ちたれば、​ダイサン​​第三​​ヒ​​日​ ​キウハク​​窮追​して​カレラ​​彼等​ ​クダ​​降​れり。​ワンカン​​王罕​ ​サングン​​桑昆​ ​フタリ​​二人​は、​ヨル​​夜​ いかに​イ​​出​でたるをも​シ​​知​られざりき。この​フセ​​禦​​ア​​合​ひたる​モノ​​者︀​に、​ヂルギン​​只兒斤​​カダク バアトル​​合荅黑 巴阿禿兒​前の合荅黑)ありき。

​カダク​​合荅黑​ 勇士の働き

​カダク バアトル​​合荅黑 巴阿禿兒​〈[#ルビの「カダク バアトル」は底本では「カタク バアトル」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉 ​クダ​​降​りて​キ​​來​​イ​​言​はく「​ミヨ​​三夜​ ​ミカ​​三日​ ​フセ​​禦​​ア​​合​へるに、「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ミ​​見​ると、​トラ​​拏​へて[187]いかんぞ​コロ​​殺︀​さしめん」と​イ​​云​ひ、​ス​​廢​つる​アタ​​能​はずして「​イノチ​​命​​タスケ​​助​かり​ニゲサ​​逃去​れ」と​イ​​云​ひ、​イド​​挑​​タヽカ​​鬭​​フセ​​禦​​ア​​合​ひたり、​ワレ​​我​​イマ​​今​ ​シ​​死​なしめられば、​シ​​死​なん。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​オンシ​​恩賜​せられば、​チカラ​​力​​アタ​​與​へん」と​イ​​云​へり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​カダク バアトル​​合荅黑 巴阿禿兒​​コトバ​​言​​ヨ​​善​しとして、​ミコト​​勅​あるに「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ス​​廢​つる​アタ​​能​はずして、「​イノチ​​命​​タスケ​​助​かり​ニゲサ​​逃去​れ」と​イ​​云​ひ、​フセ​​禦​​ア​​合​ひたる​ヲトコ​​丈夫​にて​カレ​​彼​はあらずや。​トモ​​伴​となるべき​ヒト​​人​なり」と​イ​​云​ひて、​オンシ​​恩賜​して​シ​​死​なしめず、

​クイルダル​​忽亦勒荅兒​の遺族の​シヤウシ​​賞賜​

​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​イノチ​​命​戦死)の​ユヱ​​故​に、​カダク バアトル​​合荅黑 巴阿禿兒​​ヒヤクニン​​百人​​ヂルギン​​只兒斤​​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​ツマコ​​妻子​に[​アタ​​與​へ、「​カレラ​​彼等​に]​チカラ​​力​​アタ​​與​へよ。​ヲトコ​​男​​コ​​子​ ​ウマ​​生​れば、​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで​シタガ​​隨​ひて​チカラ​​力​​アタ​​與​へよ。​メ​​女​​コ​​子​ ​ウマ​​生​れば、その​チヽハヽ​​父母​​オノ​​己​​コヽロ​​意​にて​ナ​​勿​ ​トツ​​嫁​がせそ。​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​ツマコ​​妻子​​マヘウシロ​​前後​​ツカ​​仕​へよ」と​オンシ​​恩賜​​ミコト​​勅​ありき。​クイルダル セチエン​​忽亦勒荅兒 薛禪​​クチ​​口​​マヅ​​先​ ​ヒラ​​開​きたるが​ユヱ​​故​に、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​オンシ​​恩賜​して​ミコト​​勅​あるに「​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで、​クイルダル​​忽亦勒荅兒​​イサヲ​​功​​ユヱ​​故​に、​ヰゾク​​遺族​​シヤウシ​​賞賜​​ト​​取​​ヰ​​居​よ」と​ミコト​​勅​ありき。(

​ウイダル​​畏荅兒​​デン​​傳​​ゲンキヨ​​原據​

姚燧の牧庵 文集に、平章 忙兀公 博羅驩の碑あり。本書の文と相 證する所あるが故に、下に引かん。博羅驩は、忽亦勒荅兒の曾孫にして、世祖︀の朝の平章政事なり。「畏荅而與兄 畏翼、俱事太祖︀。時 太疇 盛彊、畏翼 謀往歸之。畏荅而 苦止曰「帝何負汝而爲是。」竟去。追之不復。雪泣而歸、請獨宣力。帝貳之曰「汝兄與眾皆往、獨畱何爲。」乃折矢誓曰「所不帝、有此矢。」帝感其誠、易名 屑廛、約爲按荅。帝與王罕於 曷剌眞、彼眾我寡。敕兀魯 一軍先發。其將 朮徹帶 玩鞭馬鬣應。屑廛 請曰「戰猶鑿也。匪斧不入。我先爲鑿。」顧帝訣曰「臣萬一不還、三黃頭兒將聖慮者︀。」辰入疾戰、大敗其軍、晡猶逐北。勅使之。乃旋師、免冑爲殿。腦中流矢、帝親爲傳葯、寢與同帳、踰月而卒。帝曰「曩 只里吉 爲敵將、實禦屑廛。其以只里吉 民 百戶屑廛 子、世世歲賜勿絕。」其 族散亡者︀、收完之、卽封北方萬家」。元史 畏荅兒の傳は、全くこの文を採り、只 畏荅而を改めて畏荅兒とし屑廛を薛禪とし、按荅を按達とし、曷剌眞を哈剌眞とし、朮徹帶を朮徹台とし、只里吉を只里吉實と誤れり。又 太疇は泰赤兀惕、兀魯は兀魯兀惕、曷剌眞は合剌合勒只惕、朮徹帶は主兒扯歹なり。只里吉は、卽ち只兒斤なるを、誤りて敵將の名とせり。又この戰は、日暮に始まりて霎時にして決したるを、辰より晡に至るとせるは、非なり。合荅黑 勇士を忙兀惕 氏に賜はれる事につきて、李文田は「以其 忠誠 衞上、使忽亦勒荅兒 家、得其死力也」と云へり。然るに元史は、この碑文に據り、只里吉の抗敵したるが爲に賜はれりと書けるに由り、高寶銓〈[#「銓」は底本では「詮」]〉は、之を駁して「刺忽亦勒荅兒馬者︀、初非只兒斤。且太祖︀方嘉合荅黑 可以做伴、則其所以與忽亦勒荅兒 家者︀、李說爲長。元史 云云、淺矣」と云へるは、甚だ當れり。


成吉思 汗 實錄 卷の六 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。