成吉思汗実録/巻の十二-2

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[370]

§274(12:26:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チヨルマカン​​綽兒馬罕​​バクタト​​巴黑塔惕​征服

 ​チヨルマカン ゴルチ​​綽兒馬罕 豁兒赤​は、​バクタト​​巴黑塔惕​​タミ​​民​​クダ​​降​らせき。(多遜の史に據れば、「出兒馬昆は、珀兒沙 征伐の命を受け、三萬の兵を率ゐて、一二三〇年(太宗 二年)闊喇散に至れり。速勤壇 者︀剌列丁は、太祖︀ 凱旋の後、印度より客兒蠻を經て、亦思帕杭に入り、亦喇克 闊喇散 馬贊迭㘓を徇へ、合里發の領地を侵し、阿在兒拜展を取り、古兒只の軍を敗り、一二二六年(太祖︀ 二十一年)三月、その都︀ 提甫里思を取り、その十月 阿卜合實 部を襲ひて回り、翌年 八月 二十七日 蒙古の軍と亦思帕杭の近傍に戰ひて大敗せしが、蒙古の死傷も甚 多くして速に退けり。(倭勒甫は、この軍を指揮したるは、闊喇散の總督 成帖木兒なりと云へり。又 蒙古の速に退けるは、太祖︀の凶報 達したるが爲なりと云へれども、いかゞあらん。)者︀剌列丁は、二たび古兒只に逼り、高喀速 山 南北の諸︀部 聯合の兵を敗り、合里發 木思壇昔兒と和を講じ、珀兒沙 汗の封册を受けたり。一二二九年(太宗 元年)の末に、者︀剌列丁は客剌惕を圍み、翌年 四月 遂に落したれども、荅馬思庫思 嚕姆 阿列玻 抹速勒 篾鎖玻塔米亞 聯合の兵に擊破られて帖卜里自に回りたる時、出兒馬昆の軍 至れり。一二三一年(太宗 三年)阿兒㘓 阿在兒拜展 諸︀州に叛かれ、者︀剌列丁は、蒙古を禦ぐこと能はず、逃れて庫兒篤の山中に入り、土人に殺︀されたり。蒙古 人は、篾鎖玻塔米亞 額兒必勒 客剌惕の地を蹂躪するに、敢て抗するものなし。翌年 阿在兒拜展に入り、帖卜里自を降し、歲貢の額を定め、一二三五 一二三六の二年(太宗 七年 八年)の閒、復 額兒必勒に入り、阿兒㘓の甘札を取り、古兒只の諸︀城を侵し、一二三七年(太宗 九年)亦喇克 阿喇必に入り、巴固荅惕の兵に敗られ、翌年 再 亦喇克 阿喇必に入り、七千の敵を皆殺︀にせり。諸︀將 兵を分けて、古兒只に屬する諸︀部落、阿勒巴尼亞 大阿兒篾尼亞の諸︀城を取り、一二三九年(太宗 十一年)裏海︀ 黑海︀の閒 全境 皆 定まり、翌年 出兒馬昆 卒し、副帥 拜住その任を繼ぎたり」出兒馬昆 卽 綽兒馬罕は、一たびは巴固荅惕の軍を擊破りたれども、その國を平げたるに非ず。その國の亡びたるは、旭烈兀 西征の時にして、憲宗 八年の事なり。祕史に 綽兒馬罕は巴黑塔惕の民を降せりと云へるは、珀兒沙 又は西 亞細亞の諸︀部を平げたるを指せるなり。

​バクタト​​巴黑塔惕​の歲貢

その​チヨ​​地好​​モノヨ​​物好​しと​イ​​云​はれたりと​シ​​知​りて、(常德の西使記に曰く「報達 國、富庶爲西域冠、宮殿皆沈檀烏木、壁白黑玉。產大珠曰太歲彈、蘭石、瑟瑟、金剛鑽之類︀、帶有千金者︀。人物頗秀於諸︀國、所產馬名脫必察。」​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​チヨルマカン ゴルチ​​綽兒馬罕 豁兒赤​をすぐそこに​タンマ​​探馬​​ス​​坐​ゑて(探馬は、探馬臣の語原にして、探馬にすうるは、探馬臣とすることなり。故に明譯には「就令綽兒馬罕 等、爲探馬赤 官、畱鎭其地」と譯せり。等の字は、衍なり。原文にはなし。蓋 探馬は、鎭戌の義にして、探馬臣は鎭戌の官、探馬赤 軍は鎭戌の兵なり。元史 兵[371]志に「探馬赤 軍、則諸︀部族也」とあるは、鎭戌の兵に諸︀部族を用ひたるが故に、しか云へるなり。趙翼の二十二史 劄記に「探馬赤、軍名、謂兵之矯捷者︀」とあるは、恐らくは探馬の原義にあらじ。​キ​​黃​なる​コガネ​​金​​キ​​黃​ばめる​コガネ​​金​ある​ナクト​​納忽惕​、(納忽惕は器︀物か。明本 旁譯に渾金とあれどいかゞ​キンラン​​金襴​​ソウキンラン​​總金襴​​シラタマ​​眞珠​​オホタマ​​東珠​​クビナガ​​頸長​​アシタカ​​脚高​​トビチヤウト​​脫必察兀惕​西使記に見えたる脫必察の複稱なり。明譯に「西馬毎」とある毎の字は、複稱の語尾 兀惕を譯せるなり。卜咧惕施乃迭兒 曰く「この書方は、西 亞細亞にて今も大に貴ばるゝ謂はゆる禿兒科曼 馬の種類︀にあてはまれり。第十五 世紀の委古兒 支那 字引に、脫必察は大西馬と譯せられたり。」沙兀の禿兒奇 語の語彙に「脫魄察克=頸 長き禿兒科曼 馬」とあり。​グリン エレウト​​古零 額劣兀惕​​ダウシ キニドト​​荅兀昔 乞你都︀惕​〈[#「荅兀昔 乞你都︀惕」はママ。「元朝秘史」§274(12:27:02)の漢︀字音訳は「荅兀昔 乞赤都︀惕(ダウシ キチドト)」]〉、(二つともに明本 旁譯に駝名とあり。西南 亞細亞の特產なる獨峯駝の二種の突︀兒克 語ならんか。考ふべし。​ニツ​​馱​くる​ガチドト ラオサスト​​合赤都︀惕 老撒速惕​を(明本 合赤都︀惕の旁譯 騾名、老撒速惕の旁譯 騾とあれば、合赤都︀惕と稱する騾馬と讀みたるなり。これも突︀兒克 語か考ふべし。​トシ​​年​ごとに​オク​​送​らしめておこせ​ヲ​​居​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。

西方十一部の平定

​スベエタイ バアトル​​速別額台 巴阿禿兒​​ゴヱン​​後援​​シユツセイ​​出征​したる​バト​​巴禿​ ​ブリ​​不里​ ​グユク​​古余克​ ​モンゲ​​蒙格​​ハジメ​​首​とせるあまたの​ミコダチ​​諸︀王​は、​カングリン​​康鄰​​キブチヤウト​​乞卜察兀惕​​バヂギト​​巴只吉惕​​ヲサ​​收​めて、​エヂル​​額只勒​前卷の亦的勒、また上文の阿的勒​ヂヤヤク​​札牙黑​[なる​ミヅ​​水​ある​カハ​​河​​ワタ​​渡​り]、​メゲト​​篾格惕​上文の篾客惕)の​シロ​​城​​ヤブ​​破​りて、​オルスト​​斡嚕速惕​​コロ​​殺︀​して、​ツ​​盡​くるまで​カス​​掠​めたり。(斡嚕速惕の嚕を前卷も上文も魯と書けるは誤なり。​アスト セスト​​阿速惕 薛速惕​前卷の撒速惕​ボラル​​孛剌兒​上文の不剌兒​マン ケルマン キワ​​蠻 客兒蠻 乞瓦​前卷の乞瓦 綿 客見綿、上文の綿 客兒綿 客亦別)を​ハジメ​​首​とせる​シロ​​城​どもの​タミ​​民​​トラ​​虜︀​へて、​クダ​​降​らしめて、(明譯​タヾ​​惟​ ​アスト​​阿速惕​ ​ラノ シロノ タミハ​​等 城 百姓​​トラヘ ウルハ トラヘテ​​虜︀ 得 虜︀了​​クダシ ウルハ クダシテ​​歸附 得 歸附了​、)​ダルガチン​​荅嚕合臣​ ​タンマチン​​探馬臣​​オ​​置​きて​カヘ​​回​れり。(巴禿の西征は、本書の記事 甚 簡略なる上に、親征錄には一語もなく、

太宗紀の西域 征伐

元史 太宗紀には「七年乙未春、遣諸︀王 拔都︀ 及皇子 貴由 皇姪 蒙哥西域。」「九年丁酉春、蒙哥 征欽察 部之、擒其酋 八赤蠻。」「十一年己亥冬十一月、蒙哥 率師圍阿速 蔑怯思 城、閱三月之。」「十二年庚子春、皇子 貴由 克西域未下諸︀部、遣使奏捷。冬十二月、詔貴由師」とあるのみにして、その外 定宗 憲宗 本紀 速不台 昔里鈐部 等の傳に零細の叙事あるに過ぎざるに

西史の​バト​​巴禿​ 西征の摘錄

主吠尼 喇失惕の舊史 含篾兒の金帳史 倭勒甫の蒙古史 喀喇姆津の嚕西亞史などに由りて、今はその事蹟 委しく明かにな[372]りたれば、こゝに卜咧惕施乃迭兒に據りてその事蹟の槪略を補ひ述べん。「抹哈篾惕 敎徒の記述に依れば(多遜 第二 第六一九頁 以下)蒙古の軍は、一二三六年の全夏の閒 進みて、秋には不勒噶兒の國の近傍、佛勒噶 河の畔なる拙赤の子どもの斡兒朶に達せり。その冬、蒙古の諸︀王は、阿昔 不勒噶兒の國を擊たしめに速不台を遣りき。速不台は、不勒噶兒の都︀に進みて攻め落し、その民を屠り又は奴隷として引き去れり。その時 酋長 二人 自ら來て諸︀王に降り、赦されしが、その後 叛きて、速不台は再 平げに遣られたり。嚕西亞の史(喀喇姆津 第三 第二七〇頁)には、巴提(卽 巴禿)は、一二三六年の冬、佛勒噶 河に近く、不勒噶兒の都︀より遠からざる處に駐冬し、その都︀は、一二三七年の秋に破壞せられたりとあり。喇失惕に依るに(多遜 二、六二三)、蒙古の諸︀王は、軍議の後、その軍を擴げて、圍獵の時の如く廣がりて進まんと決したり。曼古は、海︀(裏海︀)に近く左軍を率ゐ、乞魄察克の豪酋の一人なる巴出曼と阿薛の民に屬する喀察兒 斡果剌とを擒にせり。巴出曼は、久しく追兵を避けて、盜賊 逃民の軍を聚め、常に蒙古の軍を苦めて、時時 掠奪を行ひたりき。その住所を屢 變へて阿提勒 河の畔の林に身を匿せる故に、それを捕ふること難︀かりき。曼古は、小船 二百艘を作らしめて、一艘に百人づゝ載せ、弟 不者︀克と二人、各 船隊の半を以て兩岸の林を捜したり。ある處にて蒙古 人は新に棄てたる陣營の遺物を見出し、一人の老婦は、巴出曼の島に入りたることを吿げたり。その處に舟一艘も無かりし故に、巴出曼を追ふこと能はざる折しも、俄に强風起りて水を吹き去れり。蒙古の軍は、河を徒渉りして、巴出曼を不意に捕へ、その眾を溺らし又は殺︀せり。巴出曼は、曼古の手に殺︀されんことを願ひたれども、曼古は、不者︀克に命じて斬らしめたり。阿薛の酋長の一人なる喀察兒 斡果剌も斬られたり。蒙古の諸︀王は、一二三七年の夏をその國にて過し、その年に巴禿 斡兒荅 巴兒孩 喀丹 不哩 庫勒勘は、孛克沙 不兒塔思を攻めき。」巴兒孩は、喇失惕に依るに巴禿の弟なり。普剌諾 喀兒闢尼は、別兒喀と云ひ、元史 憲宗紀には西方 諸︀王 別兒哥とあり。孛克沙は、蓋 抹克沙にして、今 佛勒噶 河の中流の西に住める部族にその名あり。嚕卜嚕克は、額提里亞 河の邊なる抹克薛勒と云ふ民のことを言へり。不兒塔思は、馬速的 亦思塔黑哩の巴兒塔思 別兒塔思にて、第十 世紀には、阿帖勒 河の畔、合咱兒の鄰に住めり。

元史に見えたる​バチマン​​八赤蠻​

巴出曼 擒殺︀の事は憲宗紀に「嘗攻欽察 部、其酋 八赤蠻 逃于海︀島。帝聞、亟進師至其地。適大風刮海︀水去、其淺可渡。帝喜曰「此天開道與我也。」遂進屠其眾、擒八赤蠻、命之跪。八赤蠻 曰「我爲一國主、豈苟求生。且身非駝、何以跪爲。」乃命囚之。八赤蠻 謂守者︀曰「我之竄入于海︀、與魚何異。然終見擒、天也。今水廻期且至、軍宜早還。」帝聞之、卽班師、而水已至、後軍有浮渡者︀」とあり。速不台の傳には「乙未(太宗 七年)、太宗命諸︀王 拔都︀、西征八赤蠻、且曰「聞八赤蠻 有膽氣。速不台 亦有膽勇、可以勝之。」遂命爲先鋒、與八赤蠻戰。繼又令大軍、遂虜︀八赤蠻 妻子於寬 田吉思 海︀。八赤蠻 聞速不台 至大懼、逃入海︀中」とありて、擒殺︀と云はず。蓋 八赤蠻を先に破りたるは速不台にて、後に擒にしたるは憲宗ならん。昔里鈐部の傳に「乙未、定宗憲宗皆以親王、與速卜帶西域、明年啓行、鈐部 亦在行中。又明年至寬 田吉思 海︀」とあるは、年序 正に合へり。

​ロシア​​嚕西亞​ 史の記載

「喀喇姆津の嚕西亞 史(三、二七二以下)に依れば〈[#「依れば」は底本では「依れは」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉、不勒噶兒の都︀を破壞せる後、塔塔兒 人(卽 蒙古 人)は、一二三七年の末に、嚕西亞の境に入り、普欒思克 別勒果囉惕 等の城を取りて、哩牙贊に至り、十二月 二十一日に攻め落して、その民を屠り、その君 裕哩は家族と共に殺︀されたり。喇失惕の史に「一二三八年の秋、[373]庫裕克 曼古 庫勒勘 不哩は、顏の城を圍みて三日にて取れり」とある顏は、哩牙贊を云へるならん。裕哩の弟 囉曼の守れる科羅姆納の城も、哩牙贊と同じ禍︀に罹れり。喇失惕の史に「亦客の城を攻むる時、庫勒勘 傷つけられて死せり。遂にその城を破りて、嚕西亞の君長の一人なる兀兒曼を殺︀せり」とあり。亦客の城は、斡喀 河の畔にある科羅姆納を云ひ、兀兒曼は、囉曼を云へるならん。兀剌的米兒の大公 裕哩 第二の子 兀剌的米兒は、抹思克哇を守り居たりしが、蒙古に破られ、擒となれり。主吠尼の史に抹闊思の城攻の事あるを、多遜は抹思科に當てたり。又 喇失惕の史に「木思喀甫の城は、五日 攻められて落ち、額米兒 兀來 提木兒 殺︀されたり」とあるは、兀剌的米兒の擒となれるを誤れるなり。大公 裕哩は、その子 兀薛佛羅惕 木思提思剌甫を畱めて兀剌的米兒を守らしめ、兵を率ゐて昔提 河(抹羅噶 河の支河)の濱に陣して、その弟 奇額甫の牙囉思剌甫 珀咧思剌甫勒の思委阿脫思剌甫の約束せる援兵を待てり。一二三八年 二月 二日、蒙古人は、兀剌的米兒を圍み、八日に城 破れ、住民は屠られ、大公の一家は皆 死せり。喇失惕の史に「大 裕兒奇の城を取るに八日かゝれり」とあるは、大公 裕哩の都︀なる兀剌的米兒を云へるならん。その後 蒙古の軍は、數隊に分れて、諸︀方に動き、城を破り邑を荒して、殺︀掠を肆にせり。大公 裕哩は、猶 昔提 河の濱に居て、三月 四日に攻められ、その兵の多數と共に殺︀されたり。巴提の軍は、諾物果囉惕に向ひしが、一百 嚕里 計の處に到りし時、遽に回りて科在勒思克に向へり。その城の民勇にして善く禦ぎ、七週にて始めて降れり。巴提は、その民を屠りて、その城を卯 巴里克(惡き城)と名づけたり。この後 豪古人は、玻羅物次(卽 奇魄察克)の國に還り、大公 裕哩の弟 奇額甫の君 牙囉思剌甫は、兀剌的米兒に往き、大公の位を襲ぎ、徹兒尼果甫の米海︀勒は、奇額甫の君となれり。」

元史なる​オロス​​斡羅思​ 征伐

憲宗紀に「復 與諸︀王 拔都︀、征斡羅思 部、至也烈贊 城、躬自搏戰破之」とあるは、哩牙贊の戰を云へるなり。

​シリ ガンボ​​昔里鈐部​の傳に鈐部 從諸︀王 拔都︀ 征 兀魯思 至 也里替 城大戰七日拔之とあり 替は賛の誤なり

速不台の傳に「辛丑、太宗命諸︀王 拔都︀等、討兀魯思 部主 也烈班、爲其所敗、圍禿里思哥 城、不克。拔都︀ 奏遣速不台戰。速不台 選哈必赤 軍 怯憐口 等五十人之、一戰獲也烈班、進攻禿里思哥 城、三日克之、盡取兀魯思 所部而還」とあり。也烈班は、嚕西亞 諸︀侯の宗主なる裕哩 大公を云へるに似たり。洪鈞 曰く「俄史謂錫第 河之戰、蒙古 軍亦受創、或係先敗後勝。」禿里思哥は、科在勒思克の訛なるべし。但 此等の戰は、喇失惕に依れば一二三七年 卽 太宗 十年、喀喇姆津に依れば一二三八年 卽 太宗 十一年の事なるを、傳に辛丑(太宗 十三年)と云へるは、誤れり。

​メケス​​篾客思​ 城の攻め取り

〈[#直前の「開き鍵括弧」はママ。昭和18年復刻版も同じ。ここではなく後続の「一二三八年の秋」の直前にあるべき]〉喇失惕に依れば、一二三八年の秋、□□ 喀丹は、昔兒喀思を征し、その冬 酋長 禿勘(か)を殺︀せり。失班 不者︀克 不哩は、臣察克の一部なる篾哩姆の國を侵せり。巴兒孩は、奇魄察克を敗り、篾克哩惕の酋長を擒にせり。その冬、□□は、(蓋 曼古ならん。)不理 喀丹と共に曼噶思の(米客思とも讀まるゝ)城を攻めて、六週の圍の後に取れり。一二三九年の春、庫克歹は提木兒 喀哈里亞(鐵門)を拔き、近傍の諸︀國を取れり。」曼噶思また米客思の攻擊の事は、元史に屢 見えたり。太宗紀に「十一年己亥冬十一月、蒙哥率師圍阿速 篾怯思 城、閱三月之」とあるは、春を冬とせり。昔里鈐部の傳に「己亥冬十一月、至阿速 篾怯思 城、負固久不下。明年春正月、鈐部 率敢死士十人、躡雲梯先登、俘十一人、大呼曰「城破矣。」眾蟻附而上、遂拔之」とあるは、甚 委し。但 落城の時序は、集史より一年後れたり。土土哈の傳に、父 班都︀察「從征麥怯斯功、」拔都︀兒の傳に、兄 馬塔兒沙「從憲宗麥各思 城、爲前鋒將、身中二矢、奮戰拔其城」などあり。

南 嚕西亞の征服

〈[#直前の「開き鍵括弧」はママ。昭和18年復刻版も同じ。ここではなく後続の「巴提は」の直前にあるべき]〉嚕西亞の史に依れば(喀喇姆津 四六頁 以下)、巴提は、玻羅物次を平げたる後、再 嚕西亞を[374]侵し、大公の國を嚇し、俄に南に轉じて珀咧思剌甫勒を破り、徹兒尼果甫を破り、奇額甫に使を遣り降服を勸めたるに、その使 殺︀されたり。蒙古人 近づける時、米海︀勒は洪噶哩に逃れ、驍將 篤米惕哩 守禦の任に當れり。蒙古の大軍は、四方より圍み攻めて、遂に奇額甫の大城を拔き、篤米惕哩を擒にせり。巴提は、篤米惕哩を殺︀さずして伴へり。篤米惕哩は、巴提に勸めて、富饒なる洪噶哩に攻め入らしめて、嚕西亞の蹂躪を緩めたりと云はる。喇失惕に依れば、諸︀王 庫裕克 曼古は、斡歌台 汗より歸朝の命を受けて、一二三九年の秋に軍を去り、巴禿の王は、その兄弟 等と、諸︀王 喀丹 不哩 不者︀克と共に、嚕西亞 人と喀喇 喀勒帕克(黑帽)人とを征伐し、九日にて民格兒勘の大城を、その後 兀剌的米兒の諸︀城を攻め取れり。到る處に地を荒し城を破れる後、軍を合せて兀剌的米兒の子 兀徹思剌甫の城を攻めて三日に取れりとあり。別咧津は、喀篾捏惕の君 亦匝思剌甫 兀剌的米囉委赤を云へりと考へたり。」民格兒勘の大城は、卽 本書の蠻 客兒 蠻 乞瓦にして卽 奇額甫の城なり。

​グユク​​古余克​ ​モンゲ​​蒙格​の凱旋

本書に「荅嚕合臣 探馬臣を置きて回れり」とあるは、全軍 回れるに非ず、喇失惕の庫裕克 曼古 卽 古余克 蒙格 等の回れるを云へるなり。然れども元史 太宗紀に「十二年庚子春、皇子 貴由 克西域未下諸︀部、遣使奏捷。冬十二月、詔貴由師」とあれば、二王の回りたるは、奇額甫を平げたる後にして、十二月に蒙古に歸着したるならん。この後 巴禿 速不台 等は、一二四〇年(太宗 十二年)の末、別軍を遣り波蘭に入らしめ、一二四一年(太宗 十三年)全軍 洪噶哩に入りたる大侵略あれども、本書の記事の外なるが故に略けり。

​ヂユチン​​女眞​ 高麗の征定

​サキ​​先​​ヂユルチエト​​主兒扯惕​ ​シヨランガス​​莎郞合思​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​したる​ヂヤライルタイ ゴルチ​​札剌亦兒台 豁兒赤​​ゴヱン​​後援​に、​エスデル ゴルチ​​也速迭兒 豁兒赤​​シユツセイ​​出征​せさせたり。「​タンマ​​探馬​​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(この主兒扯惕は、女眞の僭王 蒲鮮 萬奴の國を云ふ。

​シヨランガス​​莎郞合思​の名稱

莎郞合思は、高麗人を呼べる蒙古語 莎郞合の複稱なり。元史 忠義傳 四に「朴賽因不花、字德中、肅良合台 人」とある肅良合は、卽 莎郞合、台は「の」の義にして卽 高麗の人と云ふに同じ。后妃傳に「順帝 完者︀忽都︀ 皇后、奇氏、高麗人」とありて、その册文に「咨爾 肅良合 氏」とあり。錢大昕 曰く「元人稱高麗肅良合、康良合 氏者︀、高麗氏也。猶河西人稱唐兀氏、擧其部、不其族。或謂奇氏肅良合者︀、蓋未于國語。」普剌諾 喀兒闢尼の鎖闌格思と云ひ、嚕卜嚕克の鎖闌噶と云ひ、中世 抹哈篾惕 敎徒の記錄に速郞喀と云へるは、皆 高麗を指せるなり。然るに喇失惕は、蒙古の十二 行省を記して、出兒扯(卽 女直)と鎖郞喀とを第二 行省とし、高麗を第三 行省とし、高麗の外に鎖郞喀ありて別の行省をなせるが如く書きたることにつきては、白鳥 博士 嘗て(歷史 地理 第八卷 第五號「新羅の國號に就て」と云へる論文に)その誤を辨ぜり。搠米惕の蒙古 字引には「鎖龍豁思は、北 高麗人 又は索倫 人」とあり。高麗の上に北の字を加へたるは、喇失惕の文に泥みて斟酌したるに非ずや。又 今の索倫 人は、契丹の遺種にして、黑龍江 省の地に住み、韓人とは關係なきものなるを、その音の近きに由りて附會したるに似たり。果勒思屯思奇の蒙古 字引には「鎖欒果思 鎖欒果惕は、高麗、高麗人」とありて、北の字を加へず。蒙古と女眞 高麗との關係は、元史の紀傳と高麗史の世家 列傳とに見ゆれば、今 二書の文を節︀約して、その大要をこゝに述べん。

元史 高麗史の摘錄

元太祖︀七年壬申、契丹 耶律 畱哥 聚眾于隆︀安、自爲都︀元帥。太祖︀命按陳 那衍、行[375]遼、畱哥 降之。旣而帝召按陳還、而以可特哥畱哥其地。八年癸酉春、眾以遼東未定推畱哥遼王(耶律 畱哥 傳)、改元元統(太祖︀紀)。九年甲戌、金遣使 靑狗、誘畱哥重祿使降、不從。靑狗 度其勢不可、反臣之。宣宗怒(畱哥 傳)、以招討 蒲鮮 萬奴咸平路宣撫(親征錄)、領眾四十餘萬之。畱哥 逆戰于歸仁縣北河上。金兵大潰、萬奴 收散卒、奔東京。畱哥 盡有遼東州郡、遂都︀威平、號爲中京。十年乙亥、畱哥 破東京。可特哥 娶萬奴 之妻李僊娥。畱哥 不之、有隙。旣而其屬 耶厮不 等、勸畱哥 稱帝。畱哥 不從、潛與其子 薛闍蒙古(畱哥 傳)。十月、萬奴 據遼東、稱天王、國號大眞、改元天泰(太祖︀紀)。十一月、畱哥 入覲。太祖︀諭以三千人質、遣蒙古 三百人往取之。畱哥 亦 遣大夫 乞奴 安撫 禿哥與俱、且命詰可特哥、曰「爾妻萬奴 之妻、悖法尤甚、」使拘縶以來。可特哥 懼、與耶厮不 等、以其眾叛、殺︀所遣三百人、惟三人逃歸。十一年丙子(高麗 高宗 安孝王 三年)、乞奴 金山 靑狗 統古與 等、推耶厮不、稱帝于澄州、國號遼、改元天威、以畱哥 兄 獨剌平章、置百官。方閱月、其元帥 靑狗 叛 歸于金、耶厮不 爲其下所殺︀、僭號僅七十餘日。眾推其丞相 乞奴國、與其行元帥 鴉兒、分兵民左右翼、屯開保州關。金開州守將 完顏 眾家奴 引兵攻敗之。畱哥 引蒙古 軍數千適至、得兄 獨剌、幷妻 姚里 氏、戶二千。鴉兒 引敗軍東走。畱哥 追擊之(畱哥 傳。鴉兒、高麗史 作鵝兒。高麗史金就礪傳云「高宗三年、契丹 遺種 金山 金始、脅河朔民、自稱大遼收國王、建元天成。蒙古 大擧伐之」)。金山等席卷而東、與金兵三萬、戰于開州館︀。金兵不克、退守大夫營(高麗史金就礪傳)。閏七月、金東京總管府、移牒高麗、吿蒲鮮 萬奴 契丹 餘黨之亂。八月、金山 金始 鵝兒 乞奴 等、引兵數萬、渡鴨綠 江、侵高麗寧朔定戎之境(高麗史高宗世家。數萬、元史高麗傳作九萬餘)。金山 自稱國王、改元天德。畱哥 還度遼河、招撫懿州廣寧、移居臨潢府(畱哥 傳)。是時 木華黎 平錦州、誅張致、拔蘇復海︀三州、斬完顏 眾家奴。萬奴 等率眾十餘萬、遁入海︀島(木華黎 傳)。十月、萬奴 降蒙古、以其子 帖哥入侍。旣而復叛、僭稱東夏(太祖︀紀。東夏、高麗史作東眞)。十一月、契丹 賊 履冰渡大同江、遂入西海︀道。十二月、屠黃州。十二年丁丑四月、萬奴 兵破大夫營。又有女眞 黃旗子軍金、九月、自婆速 府、渡鴨綠 江、屯古義州城。十月、高麗將趙沖擊逐之(高麗史)。契丹 乞奴、爲金山 所殺︀、統古與 復殺︀金山而自立。喊舍 又殺︀之、亦自立(畱哥 傳、喊舍、高麗史作𠿑捨、太祖︀紀高麗傳作六哥)。十三年戊寅九月、契丹 賊保江東城(高麗史)。太祖︀命哈眞 札剌師追討(太祖︀紀。哈眞 札剌、高麗傳作哈只吉 劄剌)。遼王 畱哥 將契丹 兵(畱哥 傳)、與東眞國元帥 完顏 子淵兵二萬皆屬之(高麗史)、兵凡十萬(畱哥 傳)。冬、入高麗、破和孟順德四城(高麗史)。麟州都︀領洪大宣迎降(洪福︀源傳)。十二月、蒙古 使至高麗營、求糧徵兵。高麗輸米一千石。十四年己卯正月、蒙古 東眞與高麗將趙沖金就礪兵、平契丹 賊。𠿑捨 自縊死。哈眞 等還(高麗史)。劄剌 與趙冲約爲兄弟。沖請歲輸貢賦。劄剌 曰「爾國道遠、難︀於往來。每歲可使十人之」(高麗傳。取之、原文作入貢。然太宗四年十一月高麗王上皇帝狀、引蒙古 元帥語、曰「道路甚梗、爾國必難︀於來往。每年我國遣使佐、不十人、可賷持以去。」然則是往取、而非來貢也)。高宗遣尹公就、崔逸︀、以和牒文劄剌 行營、劄剌 遣使報之。太祖︀又遣蒲里帒也、持詔往諭之(高麗傳)。是歲、太祖︀西征、皇弟 斡赤斤 居守(蒙古 祕史)。九月、斡赤斤 及元帥 合臣(卽 哈眞)副元帥 劄剌 等、各以書遣使十人、往索方物。自是 蒙古 使者︀、每歲至高麗、或歲再至焉(高麗傳)。十五年庚辰、畱哥 卒、妻 姚里 氏權領其眾(畱哥 傳)。十七年壬午十月、蒙古 使 着古歟 等至高麗、察其納款之實。十九年甲辰二月、着古歟 復使高麗[376]十二月又使焉。盜殺︀之于途。自是連七歲信使矣(高麗傳)。二十一年丙戌、畱哥 長子 薛闍 歸臨潢、襲父爵(畱哥 傳)。時金平章 葛不哥、行省於遼東、與蒲鮮 萬奴相依。太宗元年己丑、命撒里荅 火兒赤、與吾也而 薛闍 王榮祖︀等遼東(吾也而 王珣傳。薛闍 據畱哥 傳)、拔蓋州宣城石城等十餘城、葛不哥 走死(王珣傳)。薛闍 行收其父遺民、移鎭廣寧府、行廣寧路都︀元帥事(畱哥 傳)。三年辛卯八月、以高麗殺︀使者︀、命撒禮塔師東征(太宗紀)、吾也而 薛闍 王榮祖︀ 移剌 買奴 等從之(吾也而 畱哥 王珣 移剌 捏兒 傳)。圍咸新鎭、屠鐵州(高麗史)。西京郞將洪福︀源(大宣子)迎降于軍、獻所率編民千五百戶、導撤禮塔、攻州郡未附者︀(洪福︀源高麗傳)。九月、過西京、入黃鳳州、陷宣郭州(高麗史)、取城凡四十餘(太宗紀)。使阿兒禿 與福︀源王京招諭。高宗遣弟懷安公王侹和(高麗傳)。十一月庚戌、蒙古 兵屠平州。辛亥、元帥 蒲桃 廸巨 唐古 等、領兵至京郊。王遣御史閔曦師。十二月壬子朔、蒙古 軍分屯京城門外。閔曦復犒之。癸丑、撤禮塔 遣使入闕、付文牒降。丙辰、遣淮安公(卽 懷安公)侹、以土物撒禮塔。甲戌、撤禮塔 復送牒、徵索甚鉅。庚辰、王獻國贐、遣使上表辨疏(高麗史)。撒禮塔 遂承制置京府及州縣 達魯花赤 七十二人以鎭之(太宗紀、洪福︀源傳)。四年壬辰正月、撒禮塔 班師(高麗史)。太宗遣使以璽書王(高麗傳。高麗史云「都︀旦 等二十四人來」)。三月、王遣中郞將池義深、錄事洪巨源、金謙等、賷國贐牒文、送撒禮塔 屯所(高麗傳)。四月、遣上將軍趙叔昌、侍御史薛愼蒙古、上表稱臣獻方物(高麗史)。五月、太宗復下詔諭之(高麗傳。高麗史云「七月、蒙古 使九人來」)、以萬奴兵(太宗四年十一月高麗陳情表)。六月、高麗權臣崔瑀脅王遷都︀、以避蒙古 之亂。七月、王發開京、入江華島、遣使于諸︀道、徙民山城海︀島(高麗史)。八月、太宗復遣撒禮塔兵討之(高麗傳)。高麗傳云「六月、㬚(高宗)盡殺︀朝廷所置 達魯花赤 七十二人以叛。」然高麗史所載、唯有「七月、王遣內侍尹復昌、往北界諸︀城、奪達魯花赤 弓矢、却被達魯花赤 射殺︀、」及「八月朔、西京巡撫使閔曦、使將校等謀殺︀達魯花赤、不成」二事、而無盡殺︀七十二人之事。觀所載九月答蒙古 官人書、十一月答蒙古 沙打 官人書、上皇帝情表又狀、答撒禮塔書、十二月寄蒙古 大官人書、又答大官人、皆極辨疏竄海︀島朝覲數事、出已、而無一語及盡殺︀朝官之事。高麗傳載太宗五年、詔數高麗五罪、亦唯摘擧鎖事、而不是事。然則是事之爲妄傳、無疑矣。十月、王遣將軍金寶鼎、郞中趙瑞章表陳情(高麗傳)。十二月、撒禮塔 攻處仁城、有一僧︀殺︀之。王嘉其功官(高麗史)。別將 鐵哥 以軍還、令洪福︀源領已降之人、畱屯西京(高麗傳。西京據高麗史)。五年癸巳二月、詔諸︀王蒲鮮 萬奴、遂命皇子 貴由 諸︀王 按赤帶 國王 塔思、將左翼軍之(太宗紀。塔思 據木華黎 傳)。兀良合台(速不台 子)札忽兒臣(孛禿 孫)屬貴由、移剌 買奴(捏兒 子)屬按赤台、石抹 査剌(也先 子)石抹 孛迭兒 屬塔思、王榮祖︀不所屬、皆從征(速不台 孛禿 移剌 捏兒 王珣 石抹 也先 石抹 孛迭兒 諸︀傳)。四月、詔諭高麗王、悔︀過來朝、且數其五罪(高麗傳)。蒙古 軍至遼東、園南京(卽 東京)、城堅如鐵。九月、石抹 査剌 奮槊先登。眾軍乘之而進、遂克之、擒萬奴。遼東平(石抹 也先 石抹 阿辛 傳)。西京人畢賢甫、與洪福︀源等謀、殺︀高麗宣諭使鄭毅。十月、崔瑀遣家兵三千、與北界兵馬使閔曦西京、獲賢甫之。福︀源逃。擒其父大純(卽 大宣)、弟百壽、悉徒餘民於海︀島、西京遂爲丘城(高麗史)。福︀源以所招集北界之眾蒙古、處於遼陽藩陽之閒(洪福︀源 傳)。六年甲午春、蒙古 兵引還(高麗史)。五月、帝以福︀源管領歸附高麗軍民長官、仍令本國未附人民(洪福︀源 傳)。七年乙未、命唐古 拔都︀兒福︀源兵征高麗、拔[377]十餘城(高麗傳)。侵掠連年不已(高麗史)。十年戊戌、薛闍 卒、子 收國奴 襲爵、易名 石剌、亦從征高麗功(畱哥 傳)。五月、高麗人趙玄習、李元祐︀等、率二千人蒙古。命居東京、受福︀源節︀制。十二月、高宗遣將軍金寶鼎、御史宋彥琦等、奉表朝蒙古(高麗傳)。十一年己亥四月、蒙古 兵還(高麗史)。五月、詔徵王入朝。王以母喪辭、六月乃遣使奉表入朝。十月、諭王徵其親朝。十二月、王遣使入貢。十二年庚子三月、又入貢。五月、復詔諭之。十二月、入貢(高麗傳)。十三年辛丑四月、以族子永寧公綧己子、入蒙古、充禿魯花(高麗史)。禿魯花は、蒙語 質子なり。定宗 憲宗の世、歲貢 入らずして、四たび征伐せられしが、憲宗 九年に世子 倎(元宗 順孝王)を質子としてより、永く元の東藩となりき。

​サルタイ​​撒兒台​を誤れる​ヂヤライルタイ​​札剌亦兒台​

祕史の札剌亦兒台 豁兒赤は、撒兒台 豁兒赤の誤寫 又は誤譯ならん。撒兒台は、親征錄に撒兒塔 火兒赤、太宗紀 高麗傳 高麗史に撒禮塔、洪福︀源の傳に撒里塔、吾也而の傳に撒里荅 火兒赤、王珣の傳に撒里台などあり。元史には、兒の音を里と書けること多ければ、これも、正しくは耶律 畱哥の傳に見えたる如く撒兒台なるべくして、親征錄 吾也而の傳なる火兒赤は、卽 豁兒赤なり。也速迭兒 豁兒赤は、何人なるか、東征の役に與れる諸︀將の誰なるか、考へ得ず。蒙古の朝には也速迭兒と云へる人 甚多く、康里の也速䚟兒は、元史に傳あり、その外 康里の艾兒 拔都︀の子 也速荅兒、珊竹帶の紐璘の子 也速荅兒、札剌兒の阿剌罕の子 也速迭兒、阿速の玉哇失の兄 也速歹兒、氏族志には、兀良合の速不台の從孫 也速䚟兒、達達兒の忙兀台の叔父 也速歹兒などあれども、いづれも時代 稍 後れて、こゝの也速迭兒 豁兒赤とは思はれず。耶律 薛闍 吾也而 唐古などの別名には非ずや。


§275(12:28:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ブリ​​不哩​ ​グユク​​古余克​を訴ふる​バト​​巴禿​の使

 ​バト​​巴禿​は、​キブチヤクト​​乞卜察黑惕​卽 乞卜察兀惕)の​セイバツ​​征伐​​ウヘ​​上​より、​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​​ツカヒ​​使​より​マウ​​奏​して​ヤ​​遣​るには「​トコヨ​​長生​​アマツカミ​​上帝​​チカラ​​力​にて、​カガン​​合罕​ ​オヂギミ​​叔父​​サイハヒ​​福︀​にて、​メゲト​​篾格惕​​シロ​​城​を破りて、​オルスト​​斡嚕速惕​​タミ​​民​​トラ​​虜︀​へて、​ジフイツコク​​十一國​​タミ​​民​​タヾシキ​​正​​イ​​入​らしめて、​コガネ​​金​​ハヅナ​​縻繩​​ソ​​退​​ヒ​​扯​きて、​ワカ​​別​るゝ​ウタゲ​​筵會​​ウタゲ​​筵會​せんと​イ​​云​​ア​​合​ひて、​オホイ​​大​なる​テンマク​​天幕​​タ​​起​てて​ウタゲ​​筵會​する​トキ​​時​​ワレ​​我​はこゝに​ヲ​​居​​ミコダチ​​諸︀王​​アニギミ​​兄君​蒙語 阿合罕、首長)となれるとなりて、​ヒトフタサカヅキ​​一二盞​​アイザン​​喝︀盞​​サキ​​先​​ノ​​飮​みたりとて、​ワレ​​我​​ブリ​​不哩​ ​グユク​​古余克​ ​フタリ​​二人​ ​イカ​​怒​りて、​ウタゲ​​筵會​​ウタゲ​​筵會​せず、​ジヤウバ​​上馬​せられたり。​ジヤウバ​​上馬​して、​ブリ​​不哩​ ​イハ​​言​く「​バト​​巴禿​​ヒトシナミ​​齊等​になりて​ヲ​​居​るに、​サキ​​先​にいかんぞ​ノ​​飮​みたりし。​ヒゲ​​髯​ある​オウナ​​嫗​ども[378]​ヒトシナミ​​齊等​になりては、​クビス​​踵​​斡雪格亦耶兒​にて​オ​​壓​して、​アシノヒラ​​足掌​​斡勒速亦耶兒​にて​フ​​踏​まん」と​イ​​云​ひき。​グユク​​古余克​ ​イハ​​言​く「​カレラ​​彼等​ ​ヤナグヒ​​箭筒​ある​オウナ​​嫗​どもを、その​ムナサキ​​胸前​​シバウ​​柴打​たん、​ワレラ​​我等​​カレラ​​彼等​を」と​イ​​云​ひき。​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​​コ​​子​ ​ハルガスン​​哈兒合孫​ ​イハ​​言​く「​キ​​木​​ヲ​​尾​​ツ​​接​がん、​カレラ​​彼等​を(明譯​カレノ​​他​ ​ウナヂニ​​後頭​ ​ツガン​​接​​カノヒトツノ​​他箇​ ​キノヲヲ​​木尾子​)」と​イ​​云​ひき。​ワレラ​​我等​こそは、​コト​​別​なる​キモ​​肝​ある​テキ​​敵​​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​せさせられて、​ヨ​​善​くか​ヨロ​​宜​しくかなりになれる(明譯​タメニ​​爲​​ワレラ​​俺每​ ​コトムケタルガ​​征​​コノ​​這​ ​イシユノ​​異種的​ ​タミヲ​​百姓​​オソル​​恐​​コト​​事​ ​アランヲカナヒ​​有​キニ​ザル​​不​​カナハ​​合​キニ​トコロ​​處​)と​イ​​云​ひて​ヲ​​居​るに​ブリ​​不哩​ ​グユク​​古余克​ ​フタリ​​二人​にかく​イ​​云​はれて、​サウダン​​相談​なく​サン​​散​ぜられたり。​イマ​​今​ ​カガン​​合罕​ ​ヲヂ​​叔父​​オホミコト​​聖旨​ ​シロ​​知​しめせ」と​マウ​​奏​して​ヤ​​遣​りき。


§276(12:31:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​グユク​​古余克​ 等を太宗の怒り

 ​バト​​巴禿​​コ​​此​​コトバ​​言​に、​カガン​​合罕​ ​イタ​​甚​​イカ​​怒​りて、​グユク​​古余克​​マミ​​見​えさせずして​ノリタマ​​宣​はく「この​ゲラウ​​下郞​​朶兒篾該​は、​タレ​​誰​​コトバ​​言​​シタガ​​從​​朶魯思古​ひてか、​アニビト​​兄人​​阿合古溫​​クチイツパイ​​口一杯​​阿蠻都︀兀嗹​​イ​​言​へる。​ヒトツ​​獨​​タマゴ​​卵​ ​クサ​​腐​れ(明譯​スツルコトハ​​捨​​ナンヂヲ​​你​​ゴトシ​​如​​スツルガ​​棄​​ヒトツノタマゴヲ​​一鳥卵​)。​スナハチ​​卽​ ​アニビト​​兄人​​ムナサキ​​胸前​​サカラ​​逆​ひたりき。​サキガケ​​先驅​​阿勒斤赤​​ヤ​​放​りて、その​トヲ​​十​​哈兒班​​ユビ​​指​​ツメ​​爪​ ​スリツク​​磨盡​​哈兀惕荅剌​るまで、​ヤマ​​山​​阿兀剌思​​ゴト​​如​​シロ​​城​どもに​ハヒノボ​​爬登​​阿巴哩兀魯牙​らしめん。​タンマ​​探馬​​ヤ​​放​​塔勒必​りて、その​イツヽ​​五​​塔奔​​ユビ​​指​​ツメ​​爪​ ​ハ​​剝​​塔木塔剌​ぐるまで、​キヅ​​築​​荅卜塔馬勒​ける​カタ​​堅​​シロ​​城​どもに​ハヒノボ​​爬登​らしめん、​ナンヂ​​汝​に。​アシ​​歹​​ゲラウ​​下郞​ ​ハルガスン​​哈兒合孫​は、​タレ​​誰​​マナ​​學​びてか​ワレラ​​我等​​ミウチ​​親​​クチイツパイ​​口一杯​​タイゲン​​大言​ ​イ​​言​ひたりし。​グユク​​古余克​ ​ハルガスン​​哈兒合孫​ ​フタリ​​二人​​トモ​​共​​ヤ​​遣​らん。​ハルガスン​​哈兒合孫​をば​キ​​斬​らしむべきなりき。​ヘンパ​​偏頗​したりと​イ​​云​はん、​ナンヂラ​​汝等​明譯​ツミ​​罪​​モト​​本​​ベケレドモ​​當​​コロス​​殺︀​​モシ​​若​​コロシ​​殺︀​[379]​ナバ​​了呵​​ヒトカナラズ​​人必​​イハン​​說​​ワレヲ ヘンシンナリト​​我 偏心​)。​ブリ​​不哩​をこそはと​イ​​云​へば、​バト​​巴禿​​イ​​言​ひ、​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​れ。​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​ ​シ​​知​れ(明譯​ブリハ​​不哩​ ​ナレバ​​是​​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​​ノコ​​的子​​シメヨ​​敎​​バトヲシテ​巴禿​​ムカヒ​​對​​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​​トコロニ​​處​​イヒモテ​​說將​​ヤラ​​去​)」と​ノリタマ​​宣​へり。


§277(12:33:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​モンガイ​​忙該​ ​アルチダイ​​阿勒赤歹​ 等の奏議

 ​ミコダチ​​諸︀王​より​モンガイ​​忙該​卽 憲宗 蒙格)、​クワンニンダチ​​官人等​より​アルチダイ​​阿勒赤歹​亦魯該の親族にて一千の侍衞の長となれる人、卷九に見えたり。​コンゴルタイ​​晃豁兒台​下文に依れば札撒兀の官に居る人なり。​シヤンギ​​掌吉​を(功臣の第五十四なる苟吉か。​ハジメ​​首​とせる​クワンニンダチ​​官人等​ ​ケンギ​​建議​して​マウ​​奏​さく「​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ナ​​爾​​ミオヤ​​父​​オホミコト​​聖旨​に、​ノ​​野​​コト​​事​は、​ノ​​野​にてのみ​サバ​​裁​くなりき。​イヘ​​家​​コト​​事​は、​イヘ​​家​​ウチ​​內​にてのみ​サバ​​裁​くなりき。(野の事 家の事は、閫外 閫內の事と云ふが如し。​カガン​​合罕​ ​オンシ​​恩賜​せば、​カガン​​合罕​​グユク​​古余克​​イカ​​怒​りておはせり。(おはすれど、​ノ​​野​​コト​​事​なり。(なれば​バト​​巴禿​​ユダ​​委​ねて​ヤ​​遣​らば​ヨロ​​宜​しからんか」と​マウ​​奏​せば、この​コトバ​​言​​カガン​​合罕​​ヨシ​​可​とし​イカリ​​怒​ ​ヤ​​息​みて、​グユク​​古余克​​マミ​​見​えさ

​グユク​​古余克​ 等を太宗の叱り

せて、​ケウクン​​敎訓​にて​コトバ​​言​​コヱ​​聲​ ​タ​​立​てて、「​シユツセイ​​出征​して​ユ​​往​​アヒダ​​閒​に、​シリ​​臀​ある​ヒト​​人​​シリ​​臀​​アマ​​剩​さざりき(明譯​ヲ​​將​​イクサビト​​軍人​​スベテウチアマネハセリ​​都︀打徧​)と​イ​​云​はれたり、​ナンヂ​​汝​​イクサ​​軍​​ヒト​​人​​カホイロ​​顏色​​クジ​​挫​きて​ユ​​行​けり(明譯​クジキ​​挫​​タリ​​了​​イキホヒヲ​​威氣​)と​イ​​云​はれたり、​ナンヂ​​汝​​オルスト​​斡嚕速惕​​タミ​​民​を、かゝる​ナンヂ​​汝​​イキホヒ​​勢​ ​イカリ​​怒​​オソ​​怕​れて​クダ​​降​られたりとなして​ヲ​​居​るか、​ナンヂ​​汝​​オルスト​​斡嚕速惕​​タミ​​民​​ヒトリ​​獨​にて​クダ​​降​したるが​ゴト​​如​​オモ​​思​ひて、​タケ​​猛​​コヽロ​​心​​モ​​持​ちて、​アニビト​​兄人​​サカラ​​逆​​キ​​來​ぬ、​ナンヂ​​汝​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワレラ​​我等​​ミオヤ​​父​​オホミコト​​聖旨​にあり。「​オホキ​​眾​​斡欒​​オソ​​懼​​阿余兀里​れしむ。​フカキ​​深​​昆​​シ​​死​​兀忽兀里​なしむ(明譯​ヒトオホケレバ​​人多則​​ヒトオソル​​人懼​​ミヅフカケレバ​​水深則​​ヒトシヌ​​人死​)」と​イ​​云​へることあらざりしか。​ヒトリ​​獨​にて​シオフ​​爲果​せたるが[380]​ゴト​​如​く[​オモ​​思​ひ]、​スベエタイ​​速別額台​ ​ブヂエク​​不者︀克​睿宗 拖雷の子、憲宗 蒙格の弟、世系表の撥綽 大王​フタリ​​二人​​カゲ​​蔭​​ユ​​行​きて、​オホ​​多​​斡羅阿兒​​モロ​眾​にて​チカラ​​力​​アハ​​合​せて、​オルスト​​斡嚕速惕​ ​キブチヤウト​​乞卜察兀惕​​クダ​​降​​斡囉兀勒​して、​ヒトリフタリ​​一二​​オルスト​​斡嚕速惕​ ​キブチヤウト​​乞卜察兀惕​​エ​​得​​斡勒​て、​クロヒツジ​​羖䍽​​額失格​〈[#二文字目「翔のへん+櫪のつくり」はママ。「元朝秘史」§277(12:35:04)の傍訳は「「翔のへん」+「「暦」の「日」に代えて「心-丿」、U+53AF」」]〉​ヒヅメ​​蹄​をも​エオ​​得置​かざるに​マスラヲ​​丈夫​​額咧木失​ ​ブ​​振​りて、​ヒト​​一​たび​イヘ​​家​より​イ​​出​でて、​ナニ​​何​​ヒトリ​​獨​にて​シオフ​​爲果​せたるが​ゴト​​如​く、​コトバコヱ​​言聲​​ヒ​​惹​きて​キ​​來​ぬ、​ナンヂ​​汝​。(「來ぬ」は、原文に「來て」とあれども「て」は「ぬ」の誤ならん。𦍩〈[#「翔のへん+古、U+26369」はママ。「元朝秘史」§277(12:35:04)の傍訳は「翔のへん+殳、U+7F96」]〉䍽 以下の句を明譯には​ナンヂ​​你​ ​ミヅカラハ​​自己​ ​クロヒツジ​​𦍩䍽​〈[#「翔のへん+古、U+26369」はママ。「元朝秘史」§277(12:36:07)の総訳は「翔のへん+殳、U+7F96」]〉 ​ノ​​的​ ​ヒヅメヲモ​​蹄子​ ​ザルニ​​不​​カツテオキエ​​曾置得​​フリマハシ​​逞​​ヨキヲトコヲ​​好男子​​ハジメテ​​初​ ​イヅレバ​​出​​モンヲ​​門​​スナハチ​​便​ ​ヒク​​惹​​ヨシアシヲ​​是非​と譯せり。​モンガイ​​忙該​ ​アルチダイ​​阿勒赤歹​ ​コンゴルタイ​​晃豁兒台​ ​シヤンギ​​掌吉​ ​ラ​​等​​アガ​​亢​​迭克迭克先​りたる​コヽロ​​心​​マヘ​​前​​迭兒格​​トモ​​伴​となりて​トヾ​​止​めて、​ワ​​沸​​迭不勒灰​きたる​ナベ​​鍋​​ヒロ​​寬​​迭列該​​ヒシヤク​​柄杓​となり(水をさし)て​シヅ​​靜​まらせられたるぞ。これは​ノ​​野​​コト​​事​[なれば]、​バト​​巴禿​を[して​サバ​​裁​かしめん]と​イ​​云​へり。​グユク​​古余克​ ​ハルガスン​​哈兒合孫​ ​フタリ​​二人​​バト​​巴禿​ ​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​ひて​ヤ​​遣​りぬ。​ブリ​​不哩​をば​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​ ​シ​​知​れと​ノリタマ​​宣​へり。(古余克 二たび西に往きたる後いかに處分せられたるかは、祕史に載せられざれども、大汗の長子の事なれば、巴禿も任せられては、むごくは取扱はざりしならん。かくて祕史の成りし(太宗 十二年の)翌年(一二四一年)の十一月、太宗 崩じ、その翌年の春、西征の諸︀軍は、洪噶哩亞を引上げて東に進み、高喀速 山の北なる地方に數月 畱まり、乞魄察克の殘黨と戰へり。喇失惕の史に據れば、途にて一夏一冬を過したる後、諸︀王は、一二四三年(朶咧格捏 合屯 稱制の二年 癸卯)に各その領地に歸れりとありて、その諸︀王の內には庫余克も加はれり。

​バト​​巴禿​ ​グユク​​古余克​の不和

されども巴禿と古余克との不和は解けざりしと見えて、古余克の母なる攝政 合屯、大會を開きて合罕を擇び立てんとしたる時、巴禿は、合屯の意 古余克を立てんことを欲すと聞き、馬の足 弱れりと稱して出發を延引せり。この時 巴禿は、諸︀王の中にて威望ある人なりし故に、朶咧格捏 合屯は、巴禿を待ちて大會を延ばし居たれども、巴禿 竟に至らざるに由り、一二四六年(合屯 稱制の五年 丙午)の春、巴禿なしに大會を開きて、古余克を合罕に戴けり。一二四八年(古余克 合罕の三年 戊申)の春、古余克 疾ありて、潛邸の時より領し居たる額米兒の地方に赴きたるに、拖雷の寡婦 莎兒合黑塔尼は、西巡の目的は巴禿を襲ふにあらんと疑ひて、使を遣りて巴禿に注意を與へたれば、巴禿はみづから朝謁︀せんと思ひ、阿剌克塔克 山に至れる時、偶 古余克 合罕は途にて崩じたり。この巴禿 古余克の不和の事は、喇失惕の史に由りて傳はれるのみにて、元史 本紀に[381]は無し。不哩の事は元史 憲宗紀 元年 卽位の大會の條に「諸︀王 也速忙可 不里 火者︀ 等、後期不至。遣不憐吉䚟兵備之」とあり。

​バト​​巴禿​ ​ブリ​​不哩​の不和

也速忙可は、世系表なる察合台 太子の子 也速蒙哥 王、火者︀は、世系表なる定宗の子 忽察 大王なり。喇失惕に據れば、失喇門(定宗の姪 失烈門 又 昔列門)闊札 斡古勒(卽 忽察)納古(忽察の弟 腦忽)三王の謀反せる時、不哩も謀に與りたれば、一二五二年(憲宗 二年)に巴禿の處に送られ、巴禿の命にて斬られき。かくて巴禿は、不哩が嘗て爛醉の狀にて吐ける惡口に對し復讎を爲せり(多遜 二、二六九)。この事につきて、嚕卜嚕克は又 次の如く言へり。この旅僧︀は、一二五四年(憲宗 四年)に突︀兒其思壇を通りて還りし時、「我また不哩の獨逸︀ 奴隷どもの居りし塔剌思の町にて問ひき。不哩の事につき、兄弟(敎會の同僚)安篤列亞思 語れり。安篤列亞思に、又 我は、會議所にて撒兒塔黑と巴禿との事を問ひき。彼等の主人なる不哩の、ある折に殺︀されたりし事の外は、何事をも知ること能はざりき。不哩 己れは、好き牧場を有たざりしかば、ある日 醉ひて居りし時、その臣屬に語りて「我は、巴禿の如く、成吉思 汗の子孫ならずや。(原注。不哩は巴禿の姪 又 は從弟なりき。)いかで巴禿の如くも、額提里 河の岸に徘徊して、そこに遊牧すべからざらんや」と云ひき。それらの言は、巴禿に吿げられき。その時 巴禿は、みづから不哩の臣屬に書を贈︀りて、その主人を縛りて送ることを命じければ、その事を臣屬は爲しけり。その時 巴禿は、かゝる言を言ひしかと不哩に問ひ、不哩はみづから承服せり。然れども不哩は、「その時 酔ひて居りしから、醉人を寬恕する習ひなるから」とて分疏せり。然るに巴禿は、「いかんぞ汝は、醉へる時に敢て我が名を呼びし」と答へて、その頭を斬らしめけり。」


§278(12:36:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


親衞の制の申飭

 ​マタ​​又​ ​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​ ​ミコト​​勅​ありて、「​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワ​​我​​ミオヤ​​父​​トコロ​​處​​ユ​​行​き(おこなひ)たる​シユクヱイ​​宿衞​ ​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​なる​モロ​眾​​バンシ​​番士​​オコナヒ​​行​​アラタ​​新​にせん」と​サト​​諭​​タマ​​給​​オホミコト​​聖旨​​ツタ​​傳​へけらく「​カガン エチゲ​​合罕 額赤格​​オホミコト​​聖旨​​ヨ​​依​​サキ​​前​にいかにか​オコナ​​行​ひたりし。​イマ​​今​その(その儘の​ハフ​​法​​ヨ​​依​​オコナ​​行​へ」とて、​ミコト​​勅​あるには「​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​は、​サキ​​前​​ハフ​​法​​ヨ​​依​り、​ヒル​​晝​その​ミチミチ​​道道​​オコナ​​行​ひて、​ヒ​​日​あるに​シユクヱイ​​宿衞​​ユヅ​​讓​りて、​ホカ​​外​​ヤド​​宿​れ」と​ミコト​​勅​ありき。

宿衞の勤方

​ヨル​​夜​​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​シユクヱイ​​宿衞​ ​トマ​​宿​れ。​カド​​門​​トコロ​​處​​イヘ​​家​​マハリ​​周​​シユクヱイ​​宿衞​ ​タ​​立​て。​オルド​​斡兒朶​​ウシロ​​後​​マヘ​​前​​シユクヱイ​​宿衞​ ​マハ​​巡​れ。​ヒ​​日​ ​オ​​落​ちたる​ノチ​​後​​ヨル​​夜​ ​ユ​​行​​ヒト​​人​​シユクヱイ​​宿衞​ ​トラ​​拏​へて​トマ​​宿​れ。​モロビト​​眾​ ​チ​​散​りたる​ノチ​​後​​トマ​​宿​れる​シユクヱイ​​宿衞​より​ホカ​​外​に、​ダイリ​​內裏​​サ​​指​して​イ​​入​​ヒト​​人​をば、​トラ​​拏​[382]たる​シユクヱイ​​宿衞​は、その​カシラ​​頭​​ワ​​割​るゝ​ホド​​程​ ​キ​​斫​りて​ノ​​去​けよ。​ヨル​​夜​ ​イソギ​​急​​ハナシ​​話​ある​ヒト​​人​ ​キ​​來​なば、​シユクヱイ​​宿衞​​ハナ​​話​して、​チヤウバウ​​帳房​​キタ​​北​より​シユクヱイ​​宿衞​​ヒトトコロ​​一處​​タ​​立​ちて​ハナ​​話​​ア​​合​へ。​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​​イ​​入​​イ​​出​づるをば、​コンゴルタイ​​晃豁兒台​ ​シラカン​​失喇罕​ ​ラ​​等​​ヂヤサウ​​札撒兀​は、​シユクヱイ​​宿衞​​トモ​​共​​ヲサ​​治​めよ。(札撒兀は、官の名にて、札撒を掌る官なり。札撒は、法の蒙語にて、元史 太宗紀 元年 卽位の條に「頒大札撒」とありて、原注に「華言大法令也」と云へり。されどもこの札撒兀は、國の大法官に非ず、只 殿中の取締役にて、その名はこゝに始めて出でたれども、その職務は、卷十に見えたる朶歹 扯兒必の殿中を監視︀せると同じ類︀なるべし。札撒兀は、今の蒙古語に札薩克と云ひ、內蒙古 四十九旗の旗長の官となれり

宿衞の威嚴

​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​は、​シンニン​​信任​ある​ヒト​​人​なるに、​ユフベ​​夕​​シユクヱイ​​宿衞​​ウヘ​​上​​ユ​​行​くとなり、​シユクヱイ​​宿衞​​トラ​​拏​へられきと​イ​​云​​オホミコト​​聖旨​​タガ​​違​​ナ​​爲​さず、​シユクヱイ​​宿衞​​シンニン​​信任​あるものなるぞ」と​ミコト​​勅​ありて、「​シユクヱイ​​宿衞​​カズ​​數​​ナ​​勿​ ​ト​​問​ひそ。​シユクヱイ​​宿衞​​クラヰ​​坐​​ウヘ​​上​​ナ​​勿​ ​ユ​​行​きそ。​シユクヱイ​​宿衞​​アヒダ​​閒​​ナ​​勿​ ​ユ​​行​きそ。​シユクヱイ​​宿衞​​ウヘ​​上​​ユ​​行​く、​アヒダ​​閒​​ユ​​行​​ヒト​​人​​シユクヱイ​​宿衞​​トラ​​拏​へよ。​シユクヱイ​​宿衞​​カズ​​數​​ト​​問​​ヒト​​人​の、その​ヒ​​日​​ノ​​乘​れる​センバ​​騸馬​​クラ​​鞍​あり​クツワ​​轡​あるを、​キ​​被​たる​イフク​​衣服​ごめに​シユクヱイ​​宿衞​​ト​​取​れ。

宿衞の掌る雜務

​シユクヱイ​​宿衞​​クラヰ​​坐​​ウヘ​​上​​タレ​​誰​​ナ​​勿​ ​スワ​​坐​りそ。​シユクヱイ​​宿衞​は、​トウ​​纛​ ​ツヾミ​​鼓​ ​ドロ​​朶囉​ ​ヤリ​​鎗​ ​キベイ​​器︀皿​​トヽノ​​調​へよ。​ノミモノ​​飮物​ ​クヒモノ​​食物​​シゲ​​稠​​ニク​​肉​​シユクヱイ​​宿衞​ ​シタク​​支度​せよ」と​ミコト​​勅​ありき。「​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​ ​クルマ​​車​​シユクヱイ​​宿衞​ ​トヽノ​​調​へよ。​ワレラ​​我等​​ミ​​身​ ​イクサ​​軍​​イ​​出​でずば、​ワレラ​​我等​より​ホカ​​外​に、​コト​​別​​シユクヱイ​​宿衞​​イクサ​​軍​​ナ​​勿​ ​イ​​出​でそ。​ワレラ​​我等​ ​タカ​​鷹​ ​ツカヒ​​使​​マキガリ​​圍獵​する​トキ​​時​、その​ナカバ​​半​​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​ ​クルマ​​車​​トコロ​​處​​ミハカラ​​斟酌​ひて​オ​​置​きて、​ワレラ​​我等​​トモ​​共​​ナカバ​​半​​シユクヱイ​​宿衞​​ユ​​行​け。(その半は、宿衞の半なり。卷十 三八六頁〈[#「三八六頁」は§232に相当]〉にも、こゝと同じ意味の文ありて、「車の處に半を斟酌ひて置け」と譯すべき所を、「半」の上に「獲物の」を補ひたるは誤解なりき。「斟酌ひ」と譯すべきを、「分[383]け」と譯したるも違へり。​シユクヱイ​​宿衞​より​イヘヰヅカサ​​營盤官​蒙語​ヌントウチン​​嫩禿兀臣​又 嫩禿黑赤 元史 兵志 三に「玉你伯牙の奴禿赤なる火你赤」とある奴禿赤は、嫩禿黑赤の訛なり。​ユ​​行​きて​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​​クダ​​下​せ。​カド​​門​​ヨ​​倚​りて​シユクヱイ​​宿衞​​カドモリ​​門者︀​ ​タ​​立​て。

千宿衞の長 ​カダアン​​合荅安​

​モロ​眾​​シユクヱイ​​宿衞​​カダアン​​合荅安​ ​センコ​​千戶​ ​シ​​知​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(合荅安は、八十八 功臣の第六十三なり。今 太祖︀の朝の也客 捏兀𡂰に代れり。

宿衞 四班の長 八人

​マタ​​又​ ​シユクヱイ​​宿衞​​クミグミ​​班班​​クワンニン​​官人​​ヨサ​​任​して、

​カダアン​​合荅安​ ​ブラカダル​​不剌合荅兒​

​カダアン​​合荅安​ ​ブラカダル​​不剌合荅兒​ ​フタリ​​二人​は、​ヒトクミ​​一班​となりて​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​バンチヨク​​番直​​イ​​入​りて、​オルド​​斡兒朶​​ミギヒダリ​​右左​​ホトリ​​邊​​ワカ​​分​​ヰ​​居​​トヽノ​​整​へよ。

​アマル​​阿馬勒​ ​チヤナル​​察納兒​

​アマル​​阿馬勒​ ​チヤナル​​察納兒​ ​フタリ​​二人​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヒトクミ​​一班​となりて、​バンチヨク​​番直​​イ​​入​りて、​オルド​​斡兒朶​​ミギヒダリ​​右左​​ホトリ​​邊​​ワカ​​分​​ヰ​​居​​トヽノ​​整​へよ。

​カダイ​​合歹​ ​ゴリカチヤル​​豁哩合察兒​

​カダイ​​合歹​八十八 功臣の內なる合歹 古咧堅​ゴリカチヤル​​豁哩合察兒​ ​フタリ​​二人​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヒトクミ​​一班​と[なりて、​バンチヨク​​番直​に]​イ​​入​りて、​オルド​​斡兒朶​​ミギヒダリ​​右左​​ホトリ​​邊​​ワカ​​分​​ヰ​​居​​トヽノ​​整​へよ。

​ヤルバク​​牙勒巴黑​ ​カラウダル​​合喇兀荅兒​

​ヤルバク​​牙勒巴黑​ ​カラウダル​​合喇兀荅兒​ ​フタリ​​二人​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヒトクミ​​一班​となりて、​バンチヨク​​番直​​イ​​入​りて、​オルド​​斡兒朶​の[​ミギ​​右​]​ヒダリ​​左​​ホトリ​​邊​​ワカ​​分​​ヰ​​居​​トヽノ​​整​へよ。(太祖︀ 卽位の處には、箭筒士の四班の長 四人と八千の侍衞の長 八人とは、一一名を擧げたれども、宿衞は總長 也客捏兀𡂰のみを擧げて、四班の長をば擧げざりしが、これはそれより委し。​カダアン​​合荅安​ ​ブルカダル​​不勒合荅兒​卽 前の不剌合荅兒)の​クミ​​班​​アマル​​阿馬勒​ ​チヤナル​​察納兒​​クミ​​班​、この​フタクミ​​二班​は、​オルド​​斡兒朶​​ヒダリ​​左​​ホトリ​​邊​​イヘヰ​​營盤​して​バンチヨク​​番直​​イ​​入​れ。​カダイ​​合歹​ ​ゴリカチヤル​​豁哩合察兒​ ​フタリ​​二人​​クミ​​班​​ヤルバク​​牙勒巴黑​ ​カラウダル​​合喇兀荅兒​ ​フタリ​​二人​​クミ​​班​、この​フタクミ​​二班​は、​オルド​​斡兒朶​​ミギ​​右​​ホトリ​​邊​​イヘヰ​​營盤​して​バンチヨク​​番直​​イ​​入​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。(太祖︀ 卽位の處には、諸︀の營盤を定めて「宿衞は、斡兒朶の前の右左の邊に行け」とあり。)「この​ヨクミ​​四班​​シユクヱイ​​宿衞​​カダアン​​合荅安​ ​シ​​知​れ。」​マタ​​又​​シユクヱイ​​宿衞​は、​ワ​​我​​ミ​​身​​ツ​​貼​きて、​オルド​​斡兒朶​​マハリ​​周​​タ​​立​ちて、​カド​​門​​オサ​​壓​へて​フ​​臥​せ。​シユクヱイ​​宿衞​より​オルド​​斡兒朶​[384]​イ​​入​りて、​フタリ​​二人​​ヒト​​人​ ​シユキヨク​​酒局​​ト​​執​れ」と​ミコト​​勅​ありき。

箭筒士 四班の長 ​エスントエ​​也孫脫額​ ​ブキダイ​​不乞歹​ ​ゴルクダク​​豁兒忽荅黑​ ​ラバルカ​​剌巴勒合​

​マタ​​又​​セントウシ​​箭筒士​​エスントエ​​也孫脫額​ ​ブキダイ​​不乞歹​ ​ゴルクダク​​豁兒忽荅黑​ ​ラバルカ​​剌巴勒合​は、​ヨツ​​四​​クミグミ​​班班​となり​ヤナグヒ​​箭筒​ ​オ​​帶​びたるを、​ジヱイ​​侍衞​​ヨツ​​四​​クミグミ​​班班​​トコロ​​處​に、​ツラナ​​列​​セントウシ​​箭筒士​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(箭筒士の四班の長は、太祖︀ 卽位の時に同じ。額孫脫額は卽 額孫帖額、不乞歹は卽 不吉歹、剌巴勒合は卽 剌卜剌合なり。

侍衞の四班の宿老 八人

​マタ​​又​ ​ジヱイ​​侍衞​​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​​サキ​​前​​シ​​知​りたりしものの​シンゾク​​親族​より​ヨサ​​任​して、

​アルチダイ​​阿勒赤歹​ ​コンゴルタカイ​​晃豁兒塔孩​

​サキ​​前​​シ​​知​りたる​アルチダイ​​阿勒赤歹​ ​コンゴルタカイ​​晃豁兒塔孩​ ​フタリ​​二人​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​ヒトクミ​​一班​​ジヱイ​​侍衞​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。(前段の初に官人 阿勒赤歹 晃豁兒台と竝べ擧げたれば、この晃豁兒塔孩は、卽 晃豁兒台と同じ人ならん。

​テムデル​​帖木迭兒​ ​ヂエグ​​者︀古​

​テムデル​​帖木迭兒​ ​ヂエグ​​者︀古​ ​フタリ​​二人​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​ヒトクミ​​一班​​ジヱイ​​侍衞​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。(この閒に脫文あらん。二班の宿老 足らず。今 試に補はば、[

某甲 某乙

​ボウカフ​​某甲​ ​ボウオツ​​某乙​は、​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​ヒトクミ​​一班​​ジヱイ​​侍衞​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。

某丙 ​モンクタイ​​忙忽台​

​ボウヘイ​​某丙​は、])​モンクタイ​​忙忽台​​タス​​輔​けさせ​シ​​知​りて、​ヒトクミ​​一班​​ジヱイ​​侍衞​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。」(太祖︀ 卽位の時は、八千の侍衞の長 八人ありて、その八人の內より不合 阿勒赤歹 朶歹 朶豁兒忽 四人は、四班の宿老となりしが、今は一千ごとの長は無くて、四班の宿老は、一班に二人づゝ八人あることとなれり。この八人は、前に知りたりし者︀の親族なるに、阿勒赤歹のみは、前に知りたりし儘なれば、殊に斷れり。晃豁兒塔孩 以下 七人は、不合 朶歹 朶豁兒忽 等の親族なるべけれども、その關係 少しも分らず。元史 列傳に忙兀台あれども、世祖︀の朝の人にて、この忙忽台とは異なり。

百官の長 ​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​

​マタ​​又​ ​カガン​​合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​モロ​眾​​クワンニン​​官人​どもは、​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​​ヲサ​​長​として、​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​​コトバ​​言​​ヨ​​依​​コトナ​​行​へ」と​ノリタマ​​宣​ひて、​マタ​​又​ ​ミコト​​勅​あるには

​ケツキン​​缺勤​の罰

​バンチヨク​​番直​ある​ヒト​​人​​バンチヨク​​番直​​イ​​入​​トキ​​時​​ハヅ​​脫​さば、​サキ​​前​​オホミコト​​聖旨​​リ​​理​​ヨ​​依​り、​ミツ​​三​​シモト​​笞​​アタ​​與​へよ。その​バンチヨク​​番直​ある​ヒト​​人​​マタ​​又​ ​フタヽビ​​再​ ​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば​ナヽツ​​七​​シモト​​笞​​アタ​​與​へよ。​マタ​​又​その​ヒト​​人​ ​ヤマヒ​​病​ ​リイウ​​理由​なく、​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​​サウダン​​相談​なく、​ミ​​三​たび​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​ユ​​行​く(勤むる[385]ことを​カタ​​難︀​しとしたるなり。​サンジフシチ​​三十七​​シモト​​笞​​アタ​​與​へて、​トホ​​遠​​トコロ​​地​​マナコ​​眼​​カゲ​​陰​​ヤ​​遣​らん。​マタ​​又​ ​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​は、​バンチヨク​​番直​する​バンシ​​番士​​テンケン​​點檢​せず「して、​バンシ​​番士​​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​​ツミナ​​罰​はん。​マタ​​又​ ​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​は、​ダイサン​​第三​ ​ダイサン​​第三​に(三日目ごとに​バンチヨク​​番直​​イ​​入​​トキ​​時​ ​カハ​​代​​ア​​合​​トキ​​時​、この​ミコト​​勅​​バンシ​​番士​​キ​​聽​かせよ。

勅の言ひ聽かせ

​ミコト​​勅​​キ​​聽​きてあるに、​バンシ​​番士​ ​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、​ミコト​​勅​​リ​​理​​ヨ​​依​​ツミナ​​罰​はん。この​ミコト​​勅​​バンシ​​番士​​キ​​聽​かせずば、​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​ ​ツミ​​罪​あるとなれ。

宿老 番士の同等

​マタ​​又​ ​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​は、​ドウトウ​​同等​​イ​​入​りたる​ワ​​我​​バンシ​​番士​を、​ワレラ​​我等​​サウダン​​相談​なく、​ヲサ​​長​とせられたりとのみ​イ​​云​ひて​ナ​​勿​ ​セ​​責​めそ。​ハフド​​法度​​ウゴ​​動​さば、​ワレラ​​我等​​ツ​​吿​げよ。​シ​​死​なしめらるゝ​リ​​理​あるならば、​ワレラ​​我等​​キ​​斬​らしむるぞ。​コラ​​懲︀​さるゝ​リ​​理​あるならば、​ワレラ​​我等​​ヲシ​​訓​ふるぞ。​ヲサ​​長​とせられたりとて、​ワレラ​​我等​​ツ​​吿​げず、​ミヅカ​​自​ ​テアシ​​手足​​イタ​​致​さば、​コブシ​​拳​​ムクイ​​報​​コブシ​​拳​を、​シモト​​笞​​ムクイ​​報​​シモト​​笞​​カヘ​​回​さん」と​ノリタマ​​宣​へり。

千戶より上にある番士

​マタ​​又​​ホカ​​外​​ヲ​​居​​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​より​ワ​​我​​バンシ​​番士​​ウヘ​​上​​ア​​在​るぞ。​ホカ​​外​​ヲ​​居​​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​より​ワ​​我​​バンシ​​番士​​ケニン​​家人​​ウヘ​​上​​ア​​在​るぞ。​ホカ​​外​​ヲ​​居​​センコ​​千戶​ども、​ワ​​我​​バンシ​​番士​​ウ​​毆​​ア​​合​はば、​センコ​​千戶​​ヒト​​人​​ツミナ​​罰​はん」と​ミコト​​勅​ありき。(これらの勅は、殆 皆 卷九 卷十に跨れる太祖︀のと同じ物にして、彼の勅は太祖︀ 卽位の初に宣諭せられたれば、これも太宗 卽位の初の事ならん。然らば元史 太宗紀 元年 卽位の處に「頒大 札撒、華言大法令也」とあるは、これらの勅を云へるなり。大法令と云へは、國法 民法の類︀かと思ひたりしに、かくの如きものなりき。又 明譯は、重複を厭ひて全文を略き、たゞ​オゴダイ​​斡歌歹​ ​クワウテイハ​​皇帝​​ヲ​​將​​チンギスノ​​成吉思​ ​トキノ​​時​ ​シユヱイノ​​守衞​ ​モノ​​的​ ​マタ​​幷​ ​モロノ​​眾​ ​サンパン​​散班​ ​ラノ​​每​ ​オノオノノ​​各各​ ​シヨクシヤウ​​職掌​​テラシ​​照​​ヨリ​​依​ ​フルキサダメニ​​舊制​​フタヽビ​​再​ ​センユ​​宣諭​ ​シタルヿ​​了​[386]

太宗 六年の​ヂヤサ​​札撒​

​イツペンナリ​一遍​と書きたれども、さるにては、宿衞 箭筒士 侍衞の官人 等の名も分らぬこととなり、あまりに筆無性なりき。又これらの勅とは異なれども、太宗紀 六年 甲午の處に法令の如きもの十一章を載せたり。夷狄の法律、實に面白ければ、こゝに引き出して、參考に供せん。まづ「夏五月、帝在達蘭 達葩 之地、大會諸︀王百僚、諭條令曰」と書き出して、第一に「凡當會不赴而私宴者︀、斬。」第二に「諸︀出入宮禁、各有從者︀、男女止以十人朋。出入毋相雜。」第三に「軍中、凡十人置甲長、聽其指揮。專擅者︀、論罪。」第四に「其甲長以事來宮中、卽置權攝一人。」第五に「甲外、一人二人、不擅自往來。違者︀、罪之。」第六に「諸︀公事、非言而言者︀、拳其耳。再犯、笞。三犯、杖。四犯、論死」第七に「諸︀千戶越萬戶前行者︀、隨以木鏃射之、百戶甲長諸︀軍有犯、其罪同。不此法者︀、斥罷。」第八に「今後來會諸︀軍、甲內數不足、於近翼抽捕足之。」第九に「諸︀人或居室、或在軍、毋敢喧呼。」第十に「凡來會、用善馬五十匹一羈。守者︀五人、飼︀羸馬三人、守乞烈思三人。但盜馬一二者︀、卽論死。諸︀人馬不於 乞烈思 內者︀、輙沒與虎豹。」第十一に「諸︀婦人製質孫 燕服法者︀、及妒者︀、乘以驏牛、徇部中罪。卽聚財爲更娶」とあり。


§279(12:46:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


羊の賦

 ​マタ​​又​ ​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​チンギス カガン エチゲ​​成吉思 合罕 額赤格​​カンナン​​艱難︀​して​タ​​立​​タマ​​給​へる​クニタミ​​國民​​ナ​​勿​ ​クルシ​​苦​めそ。​カレラ​​彼等​​アシ​​足​​闊勒​​ツチ​​土​​闊薛兒​に、​カレラ​​彼等​​テ​​手​​合兒​​ヂ​​地​​合札兒​​オ​​置​かせて​タノシ​​樂​ません。​スメラミオヤ​​皇考​​ジヤウジユ​​成就​[せる​クラヰ​​位​]に​スワ​​坐​りて、​タミ​​民​​クルシ​​苦​めず、​ユ​​湯​蒙語​シユレン​​暑︀連​本義は湯にして、湯より肉汁となり、肉汁より肉汁を作る羊肉となれり。明譯​タウヤウ​​湯羊​)に(湯羊として​コレラ​​此等​​クニタミ​​國民​より​ヤウグン​​羊羣​​ヒトツ​​一​​ニサイ​​二歲​​ヒツジ​​羊​​トシドシ​​年年​​タテマツ​​奉​れ。​ヒヤク​​百​​ヒツジ​​羊​より​ヒトツ​​一​​ヒツジ​​羊​​イダ​​出​して、その​アヒダ​​閒​​マヅ​​貧​しく​トボ​​乏​しきに​アタ​​與​へよ。(明譯​ヒトツ​​一​​タミノ​​百姓​ ​ヤウグンノ​​羊羣​ ​ウチヨリ​​裏​​ベシ​​可​​ゴトニ​​毎​​トシ​​年​ ​タヾイダシテ​只出​​ヒトツノ​​一箇​ ​ニサイノ​​二歲​ ​カツヤウヲ​​羯羊​​ナス​​做​​ヤウタウト​​湯羊​​ゴトノ​​毎​​イツピヤク​​一百​​ヒツジノウチヨリ​​羊內​​ベシ​​可​​タヾ​​只​ ​イダシテ​出​​ヒトツノ​​一箇​ ​ヒツジヲ​​羊​ ​スクフ​​接​​ソノ​​本​ ​ブラク​​部落​ ​ノ​​之​ ​マヅシクトボシキモノヲ​​窮乏者︀​元史 太宗紀 元年 卽位の續に「勅、蒙古 民有馬百者︀、輸牝馬一、牛百者︀、輸牸牛一、羊百者︀、輸羒羊一、爲永制」とあるは、この事の異聞なり。

牝馬の賦

​マタ​​又​ ​アニオトヽ​​兄弟​諸︀の皇族の汎稱)あまたの​ヲトコ​​男​ ​センバ​​騸馬​ ​バンシ​​番士​ ​アツマ​​聚​らば、​カレラ​​彼等​​ノミモノ​​飮物​​ツネ​​毎​​タミ​​民​よりいかでか​ト​​征​らるべき。​トコロドコロ​​處處​​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より​メウマ​​騍馬​どもを​イダ​​出​して​シボ​​擠​り、​チシボリ​​乳擠​​ノバヒ​​牧​せしめ、​イヘヰヅカサ​​營盤官​​ツネ​​常​​カ​​替​​イダ​​出​して、​ニウバカヒ​​乳馬飼︀​となれ。(明譯​ヒトツ​​一​​ミコダチ​​諸︀王​ ​ムコギミ​​尉馬​ ​ダチ​​等​[387]​アツマリアフ​​聚會​ ​トキ​​時​​ツネヅネ​​每每​ ​ニテ​​於​​タミノ​​百姓​ ​トコロ​​處​​クワレンスルハ​​科斂​​ズ​​不​​ベンタウナラ​​便當​​ベシ​​可​​シメ​​敎​​センコ​​千戶​ ​ラニ​​毎​​ゴトニ​​毎​​トシ​​年​ ​イダサ​​出​​メウマ​​騍馬​ ​ナラビニ​​幷​ ​ノガヒ​​牧​ ​チシボリ​​擠​ ​ノヒト​​的人​​ソノヒトウマハ​​其人馬​ ​ニ​​以​​トキ​​時​ ​ツネヅネ​​常川​ ​カウタイス​​交替​乳馬飼︀は、蒙古語に​ウヌクチ​​兀納忽赤​にて、元史 兵志 三に「闊闊の地の兀奴忽赤なる忙兀䚟」とあるも、それなり。然るを元史 語解は、この兀奴忽赤を狐捕りなる兀捏格赤と閒違へ、元史の本文を烏訥格齊と改めたるは、いつもながら亂暴の至りなり。

倉庫の設け

​マタ​​又​ ​アニオトヽ​​兄弟​ ​アツマ​​聚​らば、​キフヨ​​給與​ ​シヤウシ​​賞賜​​アタ​​與​へん。​オリモノ​​織物​ ​カネ​​貨幣​ ​ヤナグヒ​​箭筒​ ​ユミ​​弓​ ​ヨロヒ​​甲​ ​ブキ​​武器︀​どもを​クラ​​倉​どもに​イ​​入​れて、​タカラ​​財​どもを​マモ​​守​らせん、​トコロドコロ​​處處​より​タカラモリ​​財守​ ​コクモリ​​穀︀守​​エラ​​擇​びて​マモ​​守​らせよ。(財ども財守の蒙古語は、​バラガト​​巴喇合惕​ ​バラガチン​​巴喇合臣​ にして、巴喇合惕の單稱は、巴喇干なり。原本には巴剌合惕 巴剌合臣と書きて、巴剌合惕の旁譯は庫毎、巴剌合臣は管城的とあれども、譯文には倉庫 等 掌守 的人とありて、城守と云はざれば、二つの剌は、喇の誤なることうつなし。巴喇干は、搠米惕の蒙古 字引に巴兒干と書きて、家具と譯せり。巴喇合臣は、巴喇合赤とも云ふ。元史 世祖︀紀 至元 十七年 九月の處に「守庫軍盜庫鈔。八 剌合赤 分其贜、縱盜遁去。詔誅之」とあり。元史 語解は、八剌合赤を巴喇噶齊と改めて、「管理什物人也」と注したるは、卽この財守なり。明譯には、​ヒトツ​​一​​シヤウシ​​賞賜​ ​ノ​​的​ ​キンパク​​金帛​ ​キカイハ​​器︀械​​ソウコ​​倉庫​ ​ドモ​​等​ ​シヤウシユ​​掌守​ ​ノ​​的​ ​ヒトヲ​​人​​ベシ​​可​​シム​​敎​​カクシヨヨリ​​各處​ ​オコシ​​起​​ヒトヲ​​人​ ​キテ​​來​ ​カンシユセ​​看守​太宗紀 元年 卽位の續に「始置倉廩」とあるは、この事を云へるなり。

​イヘヰ​​營盤​の分與

​マタ​​又​ ​クニ​​國​​タミ​​民​​イヘヰ​​營盤​​ミヅ​​水​​ワ​​分​けて​アタ​​與​へん。​イヘヰ​​營盤​​イヘヰ​​營盤​せしめん。​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より​イヘヰヅカサ​​營盤官​​エラ​​擇​びて​イダ​​出​さば​ヨ​​可​からん。(明譯​ヒトツ​​一​​タミニ​​百姓行​ ​ワケ​​分​​アタヘ​​與​ ​ホカノ​​他​ ​チハウヲ​​地方​​ナシテ​​做​​イヘヰト​​營盤​​スマセン​​住​​ソノ ブンパ ノヒトハ​​其 分派 之人​​ベシ​​可​​ニテ​​於​​オノ​各​ ​センコノ​​千戶​ ​ウチ​​內​​エラビテ​​選​​ヒトヲ​​人​ ​シム​​敎​​ナラ​​做​水草を逐ふ遊牧の民には水は甚 大切にして、水あれば草あり。この譯文に水の字を脫したるは踈なり。

​チエル​​徹勒​ 地方の井掘り

​マタ​​又​ ​チエル​​徹勒​​チ​​地​卷七に見えたる桑昆の遁げ走り往きて水を求めたる所)には、​ケダモノ​​獸​より​ホカ​​外​​ス​​住​まざりき。​タミ​​民​​ヒロ​​寬​げんと、​チヤナイ​​察乃​卷九に見えたる主兒扯歹の族にて一千の侍衞の長となりし人​ウイウルタイ​​委兀兒台​ ​フタリ​​二人​​イヘヰヅカサ​​營盤官​​カシラ​​頭​として、​ヰ​​井​どもを​ホ​​掘​らせて​イシダタミ​​甃​せよ。(明譯​ヒトツ​​一​​チエルノ​​川勒​ ​ヂメンハ​​地面​​サキニ​​先​​ヨリテ​​因​​ナキニ​​無​​ミヅ​​水​​タヾ​​止​​アリ​​有​​ヤジウノミ​​野獸​​ナカリキ​​無​​ヒトノスムモノ​​人住​​イマ​​如今​ ​セバ​​要​​サン​​散​​カイシテ​​開​ ​タミヲ​​百姓​​ヂウザセシメント​​住坐​​ベシ​​可​​シム​​敎​​チヤナイ​​察乃​ ​ウイウルタイ​​畏兀兒台​ ​フタリヲシテ​兩箇​ ​ユキテ​​去​ ​タウケンセ​​踏驗​​ベキ​​中​​ナス​​做​[388]​イヘヰヲ​​營盤​​ノ​​的​ ​チハウニハ​​地方​​シム​​敎​​ホラ​​穿​​ヰヲ​​井​​ベシ​​者︀​。)

​ヂヤム​​站​の設け

​マタ​​又​ ​ワレラ​​我等​​ツカヒ​​使​ ​ハシ​​走​るに、​クニタミ​​國民​​ヨ​​倚​らしめて​ハシ​​走​らせたり。​ハシ​​走​​ツカヒ​​使​のも​カウテイ​​行程​ ​オク​​遲​れたり。​クニ​​國​​タミ​​民​にも​クルシ​​苦​ませたり。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​ ​マツタ​​全​​サダ​​定​むるには、​トコロドコロ​​處處​​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より​ヂヤムチン​​札木臣​驛の事務を掌る人​ウラアチン​​兀剌阿臣​驛馬を掌る人)を​イダ​​出​して、​ザ​​坐​ども​ザ​​坐​どもに(站を坐ゑ置くべき處處に​ヂヤム​​站​)を​オ​​置​きて、​ツカヒ​​使​​エウジ​​要事​なく​クニタミ​​國民​​ヨ​​倚​らせず、​ヂヤム​​站​​ヨ​​依​​ハシ​​走​らせば​ヨ​​可​からん。(明譯​ヒトツ​​一​​シシン​​使臣​ ​ユキキスルニ​​往來​​ソヒ​​沿​​タミノ​​百姓​ ​トコロニ​​處​​ケイクワシ​​經過​​コトモオクレタリ​​事也遲了​​タミ​​百姓​ ​モ​​也​ ​クルシメリ​​生受​​イマ​​如今​ ​ベシ​​可​​シメ​​敎​​オノ​各​​センコ​​千戶​​ラニ​​毎​​イデサ​​出​​ヒトウマヲ​​人馬​​タテ​​立​​サダム​​定​ ​ヂヤムチヲ​​站赤​​ズバ​​不​​ナラ​​是​​キネウノ​​緊要​ ​ジム​​事務​​ベシ​​須​​カナラズ​​要​ ​ジヨウ​​乘​​ザス​​坐​ ​ヂヤムノウマニ​​站馬​​ズ​​不​​ユルサ​​許​​ソヒ​​沿​​タミノ​​百姓​ ​トコロニ​​處​​ケイクワスルヲ​​經過​札木臣は、站赤とも云ふ。その制は、元史に委し。後に云ふべし。兀剌阿臣は、兀剌阿赤とも云ふ。元史 兵志 二に「典車馬者︀曰兀剌赤」とあり。語解は烏拉齊と改めて、「司驛站人也」と注せり。又 親征錄に「助貧乏、置倉戌、剏驛站」とあるは、この新制の第一 第三 第六の三章を略記したるなり。元史 太宗紀は、親征錄に本づきて、「始置倉廩、立驛傳」と記して、又その「助貧乏」を略けり。)これらの​コト​​事​どもを​チヤナイ​​察乃​ ​ボルカダル​​孛勒合荅兒​卽 前の不勒合荅兒​フタリ​​二人​ ​カンガ​​考​へて、​ワレラ​​我等​​ケンギ​​建議​したれば、​ヨ​​可​からんかと​オモ​​思​ひて(思はるるが)、​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​ ​シ​​知​れ。この​イ​​言​はるゝ​コト​​事​ども​ヨロ​​宜​しければ、​ヨシ​​可​とせば、​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​より​ナ​​爲​せ」と​ノリタマ​​宣​ひて​ヤ​​遣​りたれば、

​チヤアダイ​​察阿歹​の協贊

​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​は、​ト​​問​ひて​ヤ​​遣​りたるこれらの​コト​​事​どもを​スベ​​都︀​てを​ヨシ​​可​として、「かく​スナハチ​​便​ ​ナ​​爲​せ」と​イ​​云​ひて​キ​​來​ぬ。​マタ​​又​ ​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​ ​イ​​言​ひて​キ​​來​ぬるに「​ワレ​​我​は、こゝより​ヂヤムト​​札木惕​站の複稱)を​ムカ​​迎​​ツギアハ​​接合​せん。​マタ​​又​こゝより​バト​​巴禿​​トコロ​​處​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​らん。​バト​​巴禿​も、​ムカ​​迎​へて​ヂヤムト​​札木惕​​ツギアハ​​接合​せよ」と​イ​​云​ひて、​マタ​​又​ ​イ​​言​ひて​キ​​來​ぬるには「​スベ​​都︀​てより​ヂヤムト​​札木惕​​オ​​置​かする​コト​​事​​ヨ​​善​きよりも​ヨ​​善​[389]​テイセツ​​提說​せり」と​イ​​云​ひて​キ​​來​ぬ。


§280(12:51:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


內外大同

 それより​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく(以下の一段は、末なる「驛舍の騸馬ども云云」の外は、皆 叙事の文に書くべき處なるを、太宗の言として記せり。蓋 史臣は、これらの政令を太宗の口より聞きて筆記したるなるべし。)「​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​ ​バト​​巴禿​​ハジメ​​首​とせる​ミギテ​​右手​​ミコダチ​​諸︀王​ ​アニ​​兄​だち​オトヽ​​弟​だち。​モロ​眾​​オツチギン ノヤン​​斡惕赤斤 那顏​ ​エグ​​也古​​ハジメ​​首​とせる​ヒダリテ​​左手​​アニ​​兄​だち​オトヽ​​弟​だち​モロ​眾​​ミコダチ​​諸︀王​​ナイチ​​內地​​ヒメミコ​​公主​だち​ムコギミ​​駙馬​だち、​バンコ​​萬戶​ ​センコ​​千戶​ ​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​だち、​モロ​眾​にて​ヨシ​​可​としけり。​ヨシ​​可​とするは、「​ウミ​​海︀​​カガン​​合罕​四海︀の主)の​タウヤウ​​湯羊​​トシ​​年​[​ドシ​​年​]に​ヤウグン​​羊羣​​ヒトツ​​一​​ニサイ​​二歲​​センヤウ​​騸羊​​イダ​​出​さば、​ナニ​​何​かあらん。​ヒヤク​​百​​ヒツジ​​羊​より​ヒトツ​​一​​イツサイ​​一歲​[の​ヒツジ​​羊​]を​イダ​​出​して、​マヅ​​貧​しく​トボ​​乏​しきに​アタ​​與​ふるは、​ヨ​​好​くあり。​ヂヤム​​站​​オ​​置​かしめて、​ヂヤムチン​​札木臣​ ​ウラアチン​​兀剌阿臣​​イダ​​出​さば、​オホ​​多​​クニタミ​​國民​​ヤス​​安​からしめ、​ツカヒ​​使​にも​ユ​​行​くに​タヨリ​​便​ ​ヨ​​善​けん」と​イ​​云​へば、​モロ​眾​にて​タヾ​​只​ ​ヨシ​​可​としけり。この(原文に、客延「とて」とあれど、「とて」にては、文意 通らぬ故に、假に「この」と改めたり。​カガン​​合罕​​ミコト​​勅​​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​​ハカ​​謀​りて、​チヤアダイ イロセ​​察阿歹 兄​​ヨシ​​可​とせられて、​モロ​眾​​クニタミ​​國民​より、​トコロドコロ​​處處​​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より、​カガン​​合罕​​ミコト​​勅​​ヨ​​依​​トシドシ​​年年​​タウヤウ​​湯羊​​ヤウグン​​羊羣​より​ヒトツ​​一​​ニサイ​​二歲​​センヤウ​​騸羊​を、​ヒヤク​​百​​ヒツジ​​羊​より​ヒトツ​​一​​イツサイ​​一歲​​ヒツジ​​羊​​イダ​​出​さしめたり。​メウマ​​騍馬​どもを​イダ​​出​さしめて、​ニウバカヒ​​乳馬飼︀​​ス​​坐​ゑたり。​ニウバカヒ​​乳馬飼︀​ ​タカラモリ​​財守​ ​コクモリ​​穀︀守​​イダ​​出​さしめたり。​ヂヤムチン​​札木臣​ ​ウラアチン​​兀剌阿臣​​イダ​​出​さしめて、​ザザ​​坐坐​どもの​チ​​地​站を坐ゑ置くべき處處)を​ミハカラ​​斟酌​はせて、​ヂヤム​​站​​オ​​置​かしむるに、

​エキテイ​​驛遞​の長 ​アラツエン​​阿喇淺​ ​トクチヤル​​脫忽察兒​

​アラツエン​​阿喇淺​ ​トクチヤル​​脫忽察兒​太祖︀ 西征の役に見えたる脫忽察兒、卽 博爾忽の傳なる塔察兒​フタリ​​二人​​トヽノ​​整​へさせて、​ヂヤム​​站​[390]​ヒトトコロ​​一坐​​ニジフ​​二十​​ウラアチン​​兀剌阿臣​​ナ​​做​したり。​ザ​​坐​ごとに​ニジフ​​二十​づゝの​ウラアチン​​兀剌阿臣​​ナ​​做​したり。​エキシヤ​​驛舍​​センバ​​騸馬​ども、​シル​​汁​​ヒツジ​​羊​ども(肉汁を作るべき羊ども)、​シボ​​擠​​メウマ​​騍馬​ども、​クルマ​​車​​ツ​​駕​くる​ウシ​​牛​ども、​クルマ​​車​どもは、こゝより​ワレラ​​我等​より​カギ​​限​りたる​カギリ​​限​より、​ミジカ​​短​​斡豁兒​​ナハ​​繩​なりとも​カ​​缺​かさば、​ウナジ​​項​​斡兒豁里牙兒​​ヨ​​依​りて​セツ​​切​り(項を切り​ツミ​​罪​あるとなさん。​サジ​​匙​​合勒不合​ほどの​ヤ​​輻​なりとも​カ​​缺​かさば、​ハナ​​鼻​​合巴兒​​セツ​​切​​ツミ​​罪​あるとなさん」と​ミコト​​勅​ありき。(この站の事は、蒙韃 備錄に「凡見馬則換易。幷一行人從、悉可馬。謂之乘鋪馬。亦古乘傳之意」とあり。

​ヂヤムチ​​站赤​の制

太宗紀 元年には、たゞ「立驛傳」の三字あるのみなれども、兵志 四 站赤の篇にはその事を委しく記せり。まづその序に曰く「元制、站赤 者︀、驛傳之譯名也。蓋以通達邊情、布宣號令。古人所謂「置郵而傳命、」未於此者︀焉。凡站、陸則以馬以牛、或以驢、或以車、而水則以舟。其給驛傳璽書、謂之鋪馬聖旨。遇軍務之急、則又以金字圓符信、銀字者︀次之。內則掌之天府、外則國人之爲長官者︀主之。其官有驛令、有提領。又置脫脫禾孫 於關會之地、以司辨詰。皆總之於通政院及中書兵部。而站戶闕乏逃亡、則又以時僉補、且加賑䘏焉。於是四方往來之使、止則有館︀舎、頓則有供帳、饑渴則有飮食、而梯航畢達、海︀字會同。元之天下、視︀前代、所以爲極盛也。今故著︀其驛政之大者︀、然後紀各省水陸凡若干站、而遼東狗站、亦因以附見云」と云ひて、次に「太宗元年十一月、勅諸︀牛鋪馬站、每一百戶、置運漢︀車一十具、各站俱置米倉、站戶每年一牌內納米一石、令百戶一人掌之。北使臣每日支肉一斤麵一斤米一升酒一瓶。四年五月、諭隨路官員幷 站赤 人等、使臣無牌面文字、始給馬之驛官及元差官、皆罪之。有文字牌面、而不驛馬者︀、亦論罪。若係軍情急速、及送納顏色絲線酒食米栗段匹鷹隼、但係御用諸︀物、雖牌面文字、亦驗數應車牛」とあり。以下は、世祖︀ 成宗 仁宗 泰定 四朝の站に關する沿革 法令と各省の站赤 船車 人畜の數とを載せたり。


§281(12:54:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


四つの功

 ​オゴダイ カガン​​斡歌歹 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​スメラミオヤ​​皇考​​タカミクラ​​大位​​ヰ​​坐​て、​スメラミオヤ​​皇考​​ノチ​​後​​イソシ​​勤​みたることは、​ワ​​我​​ヂヤクト​​札忽惕​明 旁譯 金人 毎)の​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​して、​ヂヤクト​​札忽惕​​タミ​​民​​タヒラ​​平​げたり、​ワレ​​我​​ツギ​​次​​ワ​​我​​ジゲフ​​事業​は、​ワレラ​​我等​​ツカヒミチ​​使路​​ハヤ​​快​​ハシ​​走​​マタ​​又​ ​モチ​​用​ふる​シナモノ​​品物​​ハコ​​搬​ばするに、​ヂヤム​​站​どもを​オ​​置​かせたり。​マタ​​又​ ​ツギ​​次​​ジゲフ​​事業​は、​ミヅ​​水​なき​チ​​地​​ヰ​​井​どもを​ホ​​掘​[391]せて、​イダ​​出​さしめて、​クニ​​國​​タミ​​民​​ミヅクサ​​水草​​アリツ​​有附​かしめたり。​マタ​​又​ ​トコロドコロ​​處處​​シロ​​城​どもの​タミ​​民​​トコロ​​處​​モノミ​​斥候​ ​タンマチン​​探馬臣​​オ​​置​きて、​クニ​​國​​タミ​​民​​アシ​​足​​闊勒​​ツチ​​土​​闊薛兒​​テ​​手​​合兒​​ヂ​​地​​合札兒​​オ​​置​かせて​ス​​住​ませたり、​ワレ​​我​​スメラミオヤ​​皇考​​ノチ​​後​​ヨツ​​四​​ジゲフ​​事業​​ソ​​添​へたるぞ。​マタ​​又​ ​スメラミオヤ​​皇考​​タカミクラ​​大位​にも​ヰ​​居​られて、

四つの過ち

あまたの​クニタミ​​國民​​ワ​​我​​ウヘ​​上​​ニナ​​擔​ひて​ユ​​往​かれて、

酒の飮み過ぎ

​スナハチ​​便​ ​ブダウシユ​​葡萄酒​​サケ​​酒​​ワ​​我​​カ​​勝​たれたるは、​アヤマチ​​過​となれり。​ヒトツ​​一​​ワ​​我​​アヤマチ​​過​とこれはなれるぞ。(耶律 楚材の傳に「帝素嗜酒、日與大臣酣飮。楚材屢諫、不聽。乃持酒槽鐵口進曰「麹糵能腐物。鐵尙如此、況五臟乎。」帝悟、語近臣曰「汝曹愛君憂國之心、豈有吾圖 撒合里者︀耶。」賞以金帛。勅近臣、日進酒三鍾而止」とあるに據れば、太宗のみづから過を知れるは、楚材の諫に因れるなり。然れども又 傳の後文に「楚材嘗與諸︀王宴、醉臥車中。帝臨平野之、直至其營、登車手撼之。楚材熟睡未醒、方怒其擾己。忽開目視︀、始知帝至、驚起謝。帝曰「有酒獨醉、不朕同樂耶」笑而去。楚材不冠帶、馳詣行宮。帝爲置酒、極歡而罷」とあるを見れば、楚材もなかなかの酒好きにして、太宗の節︀飮も厲行せられざるに似たり。かくて太宗紀 十三年 辛丑(本書の成りし翌年)に「十一月丁亥大獵、庚寅還至鈋鐵𨬕 胡蘭 山。奧都︀ 剌合蠻 進酒、帝歡飮極夜乃罷。辛卯遲明、帝崩于行殿。壽五十有六」とあり。さよなかまで酒飲みて、翌朝 崩じたるは、必 卒中にて斃れたるならん。然らば太宗は、酒の害を悟りながら、終に節︀すること能はずして、少し命を縮め、太祖︀より十歲 短く、本書の譯者︀の今年の齡にて遠に世を去りたるなり。

女の取上げ

​ツギ​​次​​アヤマチ​​過​は、​ユヱ​​故​なく​ヲミナ​​女​​ヒト​​人​​コトバ​​言​​イ​​入​りて、​オツチギン​​斡惕赤斤​ ​ヲヂ​​叔父​​ブシウ​​部眾​​ヲトメ​​女​どもを​ト​​取​​コ​​來​させたるは、​ヒヰ​​非違​となれるぞ。​クニタミ​​國民​​ウシ​​主​ ​カガン​​合罕​なるに、​ユヱ​​故​なく​ヒヰ​​非違​​ジゲフ​​事業​​ワ​​我​​ハシ​​趁​れるは、​ヒトツ​​一​​アヤマチ​​過​とこれはなれるぞ。(太宗紀に「九年丁酉六月、左翼諸︀部、訛言括民女。帝怒、因括以賜麾下」とあり。訛言を怒らば、括せずして、訛言の訛なることを明にすべき筈なるに、怒に因りて括すと云へるは、怪むべし。今 祕史なる太宗の懺悔︀に據れば、婦人の言に從ひてこの事を爲せるにて、謂はゆる訛言は、訛言に非ずして預言なりき。斡惕赤斤の領地は、左翼の大部を占め居たる故に、左翼 諸︀部にて譟ぎたるなり。多遜の史には「斡亦喇惕 人は、その女どもを合罕は他の部落に嫁がせんとすと云ふ噂を聞きて、直に緣附けき。斡歌台この事を聞き、その部落の七歲以上の女ども、その年に嫁ぎたる女ども、凡て四千人を一列に竝べて、その中に[392]て最 美しきものを己と官人 等との分として摘み出し、その次は娼家に送り、殘りみなは兵士どもに摑み取りせしめけり。この事を彼等の父夫兄弟の前にてせしに、一人もぶつぶつ言はざりきと云ふ」とあり。これも同事の異聞なるべけれども、左翼の諸︀部を北方の斡亦喇惕 部とし、女を取るを他の部落に嫁がするとし、人數もあまりに多く、淫暴もあまりに甚しければ、疑はくは傳への誤りにて、話の大きくなり過ぎたるならん。又 耶律 楚材の傳に「侍臣 脫歡 奏𥳑天下室女。詔下、楚材尼之不行。帝怒。楚材進曰「向擇美女二十八人、足使令。今復選拔、臣恐民、欲覆奏耳。」帝良久曰「可之」」とあり。この事は、傳に八年 丙申 天下の賦稅を定むるの續にて、工匠の糜費を考覈する次に載せたれども、類︀似の事を丙申の法令の後に連ね擧げたるにて、その實は、九年 丁酉 左翼の女を括したる後の事なるべし。謂はゆる美女 二十八人は、斡惕赤斤の領地より取れるものなるべし。然らば室女を括するの非なることを悟れるも、楚材の諫に因れるに似たり。

​ドゴルク​​朶豁兒忽​の殺︀され

​マタ​​又​ ​ドゴルク​​朶豁勒忽​​ガイ​​害​したるは、​ヒトツ​​一​​アヤマチ​​過​。いかに​アヤマ​​過​てると​イ​​云​へば、​ワ​​我​​スメラミオヤ​​皇考​​セイシユ​​正主​​マヘ​​前​​ハタラ​​働​ける​ドゴルク​​朶豁勒忽​​ガイ​​害​したるは、​アヤマ​​過​てる​ヒヰ​​非違​​イマ​​今​ ​ワ​​我​​マヘ​​前​​タレ​​誰​かしか​ハタラ​​働​きてくれん。​ワ​​我​​スメラミオヤ​​皇考​の、​モロ​眾​​マヘ​​前​​ダウリ​​道理​​ツヽシ​​愼​める​ヒト​​人​​サツ​​察​せず​ハカ​​圖​​ア​​合​ひたるを​オノレ​​己​​アヤマチ​​過​とせり、​ワレ​​我​。(太宗紀に「二年夏、朶忽魯 及金兵戰、敗績。命速不台之」とあるは、朶豁勒忽なるべし。この敗績も、朶豁勒忽 罪を得る一因となりしならん。然れども太宗の何を惡み何を怨みて殺︀したるかは知るべからず。

​ケダモノ​​獸​​カコ​​圍​

​マタ​​又​ ​アマツカミクニツカミ​​天地​より​ミコト​​命​ありて​ウマ​​生​れたる​ケダモノ​​獸​​アニオトヽ​​兄弟​​トコロ​​處​​ユ​​往​かんとて​ムサボ​​貪​りて、​カコヒ​​圍​​カキ​​墻​​キヅ​​築​かせて​トヾ​​止​めて​ヰ​​居​たるに、​アニオトヽ​​兄弟​より​ウラミゴト​​怨言​​キ​​聽​きたり、​ワレ​​我​​アヤマチ​​過​と[これ]もなれり。(この事は、他の書に見えず。この圍の墻は、文の儘に解すれば、雙溪集に禁地 圍場と云へる多遜の翁奇の園ひとは、目的 異にして、それよりは規模 大きく、例へば東方は拖雷の諸︀子の領地の界、西方は察阿歹の領地の界などに墻を築きたるが如し。​スメラミオヤ​​皇考​​ノチ​​後​​ヨツ​​四​​ジゲフ​​事業​​ソ​​添​へたるぞ、​ワレ​​我​​ヨツ​​四​​ジゲフ​​事業​は、​アヤマチ​​過​となりけるぞ」と​ノリタマ​​宣​へり。(古人 曰く「人誰無過、能知過爲貴。」太宗 自らその四功を知り、又 自らその四過を知りて、功を匿さず、過を諱まず。その自知の明あるは、古來の帝王に類︀ 希なる事なり。過を改むるの效は、未 至らざる所あるに似たれども、悍然として過を飾りその非を知らざるものに賢れること遠し。淸の高宗は、十たび武功を立てたりとて、自ら十全の記を作りて、一過一失をも言はざるは、太宗に慙づること無か[393]らんや。又 太宗紀の末に「帝有寬弘之量、忠恕之心、量時度力、擧無過事。華夏富庶、羊馬成羣、旅不糧、時稱治平」とあるは、元の史臣の作れる太宗 實錄の頌讚の語をそのまゝに寫したるにて、「擧無過事」の諛詞は、太宗の自ら承くるを屑しとせざる事なるべし。訶倭兒思の蒙古史に曰く「斡歌台は、寬仁 大度の君なりき。

太宗の逸︀事

常に曰く「人人は、この世の旅客なれば、人の記憶にその名を永からしむるは善し。」「貨幣は、死を止むること能はず。然して我等は彼の世より還られざる故に、我等の財を我等の民の心に置くべきなり。」喀喇 科嚕木を築ける頃、ある日 庫に入りて、貨幣の滿ちたるを見て、「この貨幣は、我に何の用かあらん。之を守るは、困みなり」と云ひて、銀貨を要むるものは誰にても來て取れと命じけり。商人どもを勵まして來させんとの主意にて、買物の價を高く拂ひ、又給與に用ひんが爲に、ある商人より貨物を殘らず買ひたりき、大氣(惠施)の出來心にて、巴固荅惕より來つる乞食に銀貨 千巴里施を與へ、それを運ぶに馬を與へ、長旅に護衞を附けて還したることありき。その老人 路にて死にたれば、その貨幣をその女に送らしめき(多遜二、九〇)。ある日 獵せる時、貧しき人 水瓜 三つを斡歌台に與へたるに、貨幣をもたざりしかば、合屯 蒙噶に、(元史 后妃表の正宮 孛剌合眞 皇后か。)その耳に懸れる大 眞珠 二つを與へよと云ひき。蒙噶 答へて「彼は、眞珠の價を知らず。明日 拂ふ方 善からん」と云へば、合罕は「貧しき人は、明日まで待たるゝものか」と云ひて、眞珠をすぐに與へさせけり。それを直ちに安く賣りければ、買へる人、眞珠の來歷を知らずに、合罕に獻上し、合罕はそれを蒙噶に返しき。發兒思の使、眞珠 二瓶を獻りし時、斡歌台は、その一函を出し、夜會の客どもに進物として杯に入れて出さしめき。成吉思の法にては、春夏に流水に浴する者︀は死刑に當てられき。ある日 兄 札噶台と獵より回る時、貧しき木速勒蠻の浴するを見て、札噶台は、直ちに斬らせんとしければ、斡歌台は、窃に銀貨を流れに投げ入れて、木速勒蠻に敎へて「貧しきものにて、貨幣を流れに落したれば、御赦下され」と言譯せしめけり(多遜二、九三)。木速勒蠻を惡める人、斡歌台の處に來て、木速勒蠻を絕やすべきことを申さんが爲に、成吉思より遣されたりし事を云ひき。斡歌台は、しばし考へて「成吉思 汗は、譯人を用ひしか」と問へば、「否」と云ひき。「然して汝は、蒙古語を知れるか。」「たゞ禿兒克 語を知れり」と云ひき。「然らば汝はうそつきなり。成吉思 汗は蒙古語のみを知れるから」と云ひて、その人を死に處しけり(多遜二、九四)。ある日 支那の見せ物師ども、斡歌台の前にて彼の名高き影繪を見せて、その繪の一つに、馬の尾にて頸を曳かれ行く白髯の老人あるを、支那人は、誇りかに指さして、蒙古の騎兵に木速勒蠻のさいなまるゝ圖なりと云ひき。斡歌台は、彼等に罷めさせて、支那 製 珀兒沙 製の貴き品物を庫より出して、支那 製の劣れることを示し、且 曰く「富める木速勒蠻の多くは、支那 奴隷を多くもてども、支那人に木速勒蠻の奴隷をもてるものなし。成吉思の法にて、木速勒蠻の命は四十巴里施の價あれども、支那人のは驢と價 同じきことを汝等 知らん。然らば汝等は、何ぞ敢て木速勒蠻を辱むる。」斡歌台は、相撲を甚 好み、珀兒沙より名高き力士どもを呼び寄せたる中にも、闢勒は殊に賞せられき。合罕は美女を妻として與へしに、闢勒はそれと寢ねざりき。何故と問はれて、「朝廷にてかゝる大名を得たれば、力を保ちて、合罕の寵を失はざらんことを願ふ」と答へければ、合罕は「我は、汝の種族を增さんことを願ふ。將來の爲に汝の力を分つべし」と云ひき(多遜二、九六)。斡歌台の正妻は、[394]禿喇奇納にして、庫由克 庫壇 庫出 喀喇札兒 喀失の五子を生みけり、他の二子、喀丹 斡古勒と篾里克とは、妾よりなりき(多遜二、九九)。」禿喇奇納は、祕史 卷八の朶咧格捏、后妃表の脫列哥那 六 皇后 乃馬眞 氏 追諡 昭慈 皇后なり。庫由克は、祕史の古由克、本紀の定宗 𥳑平 皇帝 貴由なり。庫壇は、世系表の闊端 太子、憲宗紀の擴端なり。庫出は、世系表の闊出 太子、太宗紀の曲出なり。喀喇札兒は、世系表の哈剌察兒 王、喀失は合失 大王、喀丹 斡古勒は合丹 大王、篾里克は滅里 大王なり。又 訶倭兒思は、巴禿の西征を叙べたる後に、蒙古人に對する批評を下せり。その批評は、甚 面白ければ、こゝに引かん。

​バト​​巴禿​の西征に對する歐囉巴人の批評

「里固尼慈の戰とそれに續ける殺︀掠とは、囉馬 帝國に恐怖の心を滿たしめたれば、敎主 古咧果哩 第九は、十字軍を興さんことを勸め、あらゆる人の加はらんことを願ひき。その信者︀どもに頒ちたる書は、悲哀 恐怖の辭にて次の如く陳べられけり。「あまたの事ども、靈地(基督の墓のある所)の悲しき狀態、囉馬 帝國の哀れなる事情は、我等の注意を要む。然れども我等は、それらを言はざらん。塔兒塔兒どもより起れる禍︀の前にては、それらを忘れん。彼等は基督敎徒の名を根こぎ倒すらんことを想へば、我等の骨は皆 碎け、我等の髓は涸れ、云云。……いかになり往くかを我等は知らず。」○荒えびすのむれの恐ろしき出現に遇ひ、輪を掛けたる(法螺 吹ける)記載 多く著︀れたり。褒吠の微音先惕 曰く「巴禿は、洪噶哩亞を襲ふ前に、惡魔の神︀だちを祭りたれば、その中の一柱は、偶像の中より辭を掛けて、「汝は、心强く進め。我、汝の前に三柱の神︀を送らん。その神︀だちの前に敵は立つこと能はざらん」と云ひしが、果して三柱の神︀ 現れたり。それらは、不和の神︀ 猜疑の神︀ 恐怖の神︀なり」(倭勒甫 二八七)、納兒奔の愛佛は、愕くべき事を記せり。「蒙古の諸︀王は、狗の頭をもち、死人の體を食ひ、たゞ骨を殘して鷹に與ふ。然れども鷹どもは、その殘りを嫌ひて食はず。老いたる醜き女は、竝の民どもに每日の食料として分たれ、美しき少き女は、淫けたる後に、その胸を切り割き、軟き肉として貴人に供へらる」(倭勒甫 三四四)。○歐囉巴の歷史家の書ける此等の輪掛けたる談に、珀兒沙 人のそれも竝べ得べし。伐撒甫は、蒙古人の種種なる性質を數へて、「獅子の如く猛く、狗の如く耐へ忍び、鶴︀の如く注意屆き、狐の如く狡猾に、鳥の如く遠目きゝ、狼の如く貪り、雄雞の如く鬭に銳く、雌雞の如く子を憐み、猫の如くこつそり近寄り、猪︀の如く餌を取るに烈し」と云へり(倭勒甫 一二六)又は含篾兒の云へる如く、蒙古にて用ふる十二支の動物の種種なる性質を集めて、蒙古人の德を數へ、「鼠の如く竊み上手に、牛の如く强く、豹の如く烈しく、兔の如く用心深く、龍の如く恐ろしく、蛇の如く、たくらみあり、馬の如く物に動じ易く、羊の如く柔順に、猴の如く子を愛み、雞の如く家に馴れ、狗の如く忠信に、豕の如く穢し」とも云ひ得べし(含篾兒の亦兒罕 四四)。吉奔(囉馬 衰滅史に)は、蒙古の侵寇の恐れは、歐囉巴の遠き隅まで廣まり、一二三八年、果昔亞(瑞典の果昔亞)甫哩沙の漁人は、彼等を畏れて、英吉利 沖に鯡取に往きかねて、それが爲に鯡の價は大に騰りきと云へり(吉奔 八、一五、注)。○その時 皇帝 甫咧迭哩克 第二と敎主との大なる確執は一つの原因となり、封建の念の極度まで發展したる(諸︀侯の專橫なる)ことは今一つの原因となりて、歐囉巴は分裂し居たる故に、洪噶哩亞の如き禍︀をそれの免れたるは、多遜の言へる如く、蓋 只 斡歌台 合罕のをりよき死に因りてなり。重き鎧に、身を堅むれども、身動きならぬ僅の騎士の一騎打の武勇と、その從者︀なる農民の訓鍊なき羣集とに對ひては、蒙古人の嚴しき訓鍊は、對敵 以上の效を著︀せり。その訓鍊の上[395]に、又 他の軍人の德、卽 工夫を善く運らすこと、甚 堪能なる軍略 兵法ありき。實に、蒙古人は、亞細亞の荒遠なる隅より出で、國の地圖をも、又その地形を學ぶべききまれる方便すらもたざりし事、彼等は、歐囉巴にのみならず、西の人の考へ方などにも全く他國人(不知案內)なりし事、彼等は、實驗の長き續きにて戰の爲に自ら用意したるに非ずして、雪なだれの如く人の國に突︀進したる事、彼等の衣食の供給 運送のしかたは、亞細亞の曠野 沙漠に適すれども歐囉巴の事物の甚 異なる狀態に適せざりし事、これらの事をのみ考へなば、彼等のしか成功したるのみならず、その軍略上の計畫は、理學に依りたるが如く立てられたる事は、殆ど神︀異 不測に近しと思はざるべからず。疑なく彼等の皆殺︀しと殘酷との恐ろしき方法は、その敵人の膽を破りて神︀經を痺れさせき。疑なく又 彼等は、科曼 人 嚕西亞 人などの如き、いかなる寇にても掠奪を許さるれば嚮導 先鋒として十分に働かんとする雇はれ根性の浪人どもを使ひき。然れどもこの事ありとも、我等は猶この偉勳に驚き、軍の成功として世界の歷史の何れにも之を較ぶることを辭せざらん。」

太宗に對する​ホヲルス​​訶倭兒思​の稱揚

訶倭兒思は、又 太宗の事業を殘らず述べたる後に、「我等は、斡歌台を最 運好き征服者︀と見ても、納坡列 翁 阿歷散迭兒の帝國も較ぶれば甚 小きほどの大國を支配する强盛なる君主と見ても、夥しき民眾を長き時代に涉りて結び固めたる制度を組立つることを差圖したる治國者︀と見ても、世界に現れたる最大なる帝王の一人たる人格を彼に與へざるべからず。事業の多くは人の手にて彼に代りて爲されしことは、彼の位置より價を減ぜず。大國の君 屢 誤るは、能臣の選擇にあり。成吉思の大名は、少くとも英吉利 文學にては、その子のそれを蝕し(蔽ひ)たり。この論は、より多く注意を彼に引かんとする甚 穩當なる企望に外ならず」と云ひて太宗の篇を結べり。


§282(12:58:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


太宗 十二年の大會

 ​オホ​​大​ ​クリルタ​​忽哩勒塔​​クワイ​​會​して、​ネズミ​​鼠​​トシ​​年​ ​シチガツ​​七月​​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​コデエ アラル​​闊迭額 阿喇勒​​ドロアン ボルダク​​朶羅安 孛勒荅黑​ ​シルギンチエク​​失勒斤扯克​ ​フタツ​​兩​​アヒダ​​閒​なる​オルドス​​斡兒朶思​​ゲバ​​下馬​して​ヲ​​居​​トキ​​時​​カ​​書​きて​ヲ​​畢​へたり。(鼠の年は、我が四條 天皇 仁治 元年 庚子、宋の理宗 嘉熙 四年、元の太宗 十二年、西紀 一二四〇年なること、序論に云へるが如くにて、太宗 昇遐の前年なり。闊迭額 阿喇勒は、卷四 一三六頁〈[#「一三六頁」は§136に相当]〉とこの卷 五八四頁〈[#「五八四頁」は§269に相当]〉とに注せり。朶羅安 孛勒荅黑は、卷四 一三六頁に、朶羅安 孛勒荅兀揚とありて、そこに注せり。朶羅安 孛勒荅兀惕は、七つの孤山にして、孛勒荅兀惕は、孛勒苔黑の複稱なり。孤山 七つあれば、複稱に云ふべきを、こゝに單稱に書けるは、恐らくは誤ならん。又 原文に孛勒荅合とあり。孛勒荅合は、「孛勒荅黑に」なり。こゝは、「に」の字の入るべき所に非ざる故に、誤寫ならんと見て删れり。斡兒朶思は、斡兒朶の複稱なり。

太祖︀の大​オルド​​斡兒朶​

こゝは太祖︀の大 斡見朶にして、帳殿の設けも、一二に止まらざる故に、複稱に呼べり。上文 五九五頁〈[#「五九五頁」は§271に相当]〉に大 斡兒朶思、親征錄に、戊子の年「秋、太宗皇帝自虎八於先太祖︀皇帝之大宮、」太祖︀紀に十一年 丙子「春、還廬胊 河行宮、」太宗紀 元年 己丑 卽位の處に曲雕 阿蘭の地、また庫鐵烏 阿剌里、四年 壬辰「十二月、如太祖︀行宮、」憲宗紀 元年 辛亥 卽位の處に闊帖兀 阿闌の地、七年 丁巳「夏六月、謁︀太祖行宮、祭旗鼓、」明宗紀 天曆 二年 六月「戊申、次[396]闊朶傑 阿剌倫」などあるは、皆この斡兒朶思なり。

四つの​オルド​​斡兒朶​

后妃表を案ずるに、太祖︀の斡兒朶は、四所にあり。第一の斡兒朶を大 斡兒朶と云ひ、孛兒台 旭眞 大皇后(孛兒帖 兀眞 大合屯)と皇后 六人と妃子 一人とそれに住み、第二の斡兒朶には、忽蘭 皇后(忽闌 合屯)以下皇后 四人と妃子 四人と住み、第三の斡兒朶には、也速 皇后(也遂 合屯)以下 皇后 七人と妃子 三人と住み、第四の斡兒朶には、也速干 皇后(也速干 合屯)以下 皇后 五人と妃子 七人と住み、四の斡兒朶を合せて、大皇后 一人、皇后 二十二人、妃子 十五人なり。外に斡兒朶の知れざる妃子 一人ありて、后妃すべて三十九人なり。表の皇后 妃子は、蒙古語の合屯(妃)額篾(妻)をしか譯したるにて、支那の后妃よりは輕く、大皇后 卽 大合屯のみは、眞の皇后なり。洪鈞 曰く「拉施特 書 曰「成吉思 婦 有五百。」案、五百、恐是五十之訛。」四の斡兒朶のありかは、諸︀史に明文なけれども、大斡兒朶は、こゝの斡兒朶思なること論なし。他の三は、意をもて推すに、第二は、薩里 川(撒阿里 客額兒)の哈老徒の行宮、金幼孜の北征錄なる撒里 怯兒の宮殿なるべし。第三は、王罕の舊營なる禿剌 河の合喇屯の斡兒朶なるべし(前卷の五四三頁〈[#「五四三頁」は§264に相当]〉に見えたり)。第四は、西游記なる乃滿 國の窩里朶、卽 乃蠻の塔陽 罕の舊營なる額帖兒 河の斡兒朶にして(前卷の四七六頁 四七七頁〈[#「四七六頁 四七七頁」は§257に相当]〉を見よ)、その「皇后」と云へるは、也速干 合屯なるべく、「漢︀ 夏 公主」と云へるは、金の衞紹王の女 岐國 公主と夏の襄宗の女 察合となるべし。忽哩勒塔は、卽 忽哩勒台にして、「に」なる後置詞を踏む時は「亦」の音を略く。

遊牧 諸︀國の聚會

忽哩勒台 卽 聚會は、遊牧の諸︀部落には大抵 有れども、その部落 大きくなり、君權 强くなるに隨ひて、聚會の勢力 衰ふるは常の事なるに、蒙古にては、國はいやが上に太りたれども、聚會は中中 廢れずして、永く(少くとも世祖︀の卽位の頃までは)その勢力を保てり。百戶 內外の部落ならば、相談の必要ある時、酋長は、小山などに登りて、「相談あるから聚れ」と大音に呼はりても、部眾 殘らずを卽刻に聚め得らるべし。しかるに亞細亞 歐囉巴に跨れる大國となりては、召集の使を發してより會員の揃ふまでに一年 餘りを費やし、又その會員は、聚まり得る人數に限ありて、平民は參列することを得ず、代議の制などは夢にも知らざれば、おのづから皇族 貴族 重官 大帥の聚會となれり。かくて一むれのむらびとの總寄合は、四海︀に薄れる大帝國の國會となり、牛飼︀ 羊飼︀どもの寄り聚ひたる平民の相談會は、王侯 將相の列れる威儀 堂堂たる貴族 議院となり、迭抹克喇西は、阿哩思脫克喇西に變じたり。

定宗 卽位の大會の盛況

太宗の崩じたる後 五年目 丙午の年(定宗 元年、西紀 一二四四年)に、攝政 禿喇奇納 合屯(祕史 朶咧格捏、元史 脫列哥那)の召集に由りて聚れる大會の時、囉馬 敎主の命を受けて蒙古に使せる普剌諾 喀兒闢尼、その處に居て、記錄を世に遺したれば、漢︀文の書には更に見えざる蒙古の大會の盛況も、我等に知らるゝに至れり。訶倭兒思の蒙古史に曰く「大 忽哩勒台は、斡歌台の常に夏を過せる科依揭の湖に近き地に聚るべく召集せられき。」斡歌台の常に夏を過したる所は、多遜の史に斡兒篾克禿阿の昔喇 斡兒都︀なりとあれば、「科依揭の湖に近き地」は、何かの誤ならん。「今 巴禿 罕は、蒙古にて最 重要なる人なりしが、この王の來會 遲きに由りて、大會は延び延びになりき。巴禿の口實は、その馬どもの足 弱しと云へるなれども、實の理由は、攝政とその子 庫由克とを惡めるなりき。巴禿は竟に會せずして、大會は、一二四四年の春、巴禿なしにて開かれき。大會の開かれたる昔喇 斡兒都︀まで亞細亞のあらゆる所より輻輳せる かなた こなた の道路に、旅人 羣集しけり。成吉思の弟 兀出肯は、その子孫 四十八人を伴れて來ぬ。拖雷の寡婦とその諸︀子[397]と、斡歌台 拙只 札噶台の子孫だち、支那の蒙古領の文武 長官、珀兒沙の牧長 阿兒昆、突︀兒其思壇 河閒 地方の牧長 馬思速惕、嚕姆の薛勒主克 種の速勒壇 囉古訥丁、嚕西亞の大公 牙囉思喇甫、古兒只の王位の競爭者︀にて二人共に名は荅毗惕、阿列玻の速勒壇の弟、巴固荅惕の合里發の使、亦思馬額勒 宗派なる阿剌木惕の君の使、抹速勒發兒思 客兒曼 撏帕惕の使ども、昔里沙の王 海︀團の弟、この人人は、皆 立派なる獻上物をもちて來ぬ。「この大人だちの中に、人に知られざる出家 二人は、その衣服の卑しきとその使命の大なるとにて著︀しかりき。」この二人は、敎主と里翁の僧︀會との命にて、蒙古人を正敎に導かんが爲に至れるにて、その一人なる都︀ 普喇諾 喀兒闢諾は、卽位の盛禮を記載せり。二千の白き天幕は、貴人の爲に設けられ、その貴人は夥しき故に、頭を曲げて行き過ぐる機會あるのみなりき(會談する機會を得ざりき)。平民の大眾は、その人だちの外の方に天幕を張りき。皇族 大帥の會合する大なる天幕は、二千人を容るゝ程にて、その周圍は、やゝ離れて繪もて蔽はれたる欄︀干をまはしき。その天幕に、入口 二つあり。一は、合罕の爲にて、それより入らんとする大膽者︀のあるべき筈なければ、そこには守兵もなく、他の入口は、弓と劍とを持てる兵士 守衞しけり。每朝 會眾は、會の事務を議し、午後は馬乳酒を飲みて日を送りき。毎日 會員は、種種なる色の衣服、第一の日は白き、第二は赤き、第三は紫の、第四は紅の衣服を着ぬ。ある貴人だちの乘れる馬の轡は、銀貨 二十 巴里施 以上の價ありき。選擧の前より、庫由克は、大なる尊敬をもて取扱はれき(迭 邁剌の引ける喀兒闢諾 九、二四三)。外に往けば、讃美の歌を歌はれ、頭に紅の毛附きたる權力の仗を己の方に傾けられき。選擧の日 來つる時に、攝政と會員とは、昔喇 斡兒都︀より二三 禮古 離れたる金の天幕に赴きて、合罕の選擇の事を討議しけり。金の天幕は、金の釘にて金の板を柱に捲き附けたるが故に、しか名づけられ、紅の毛氈を敷き、帷幔をもて蔽はれき。斡歌台は、初にその第三子 庫出(世系表の闊出、太宗紀の曲出)を相續人に名ざしたれども、庫出は、一二三六年(太宗 八年)支那にて死したる故に、又 庫出の子 失喇門(世系表の昔列門、定宗 憲宗 兩紀の失烈門)を名ざしたりき。然れども禿喇奇納は、その長子なる庫由克を立てんことを願ひ、失喇門はまだ年少きことを言ひて、庫由克を選擧せんことを會眾に勸めき。庫由克は、通例の習慣に隨ひ、一時はうはべの辭退して、竟には皇位をその子孫に保たんことを諸︀王 羣臣の誓へる上にて、斡歌台のなせるが如く承諾しけり。昔蒙 迭 散寬壇と阿兒幾尼亞の海︀團とに據れば、朝廷の大人だちは、庫由克とその妻とを方形なる黑き毛氈の臺に載せて、それを高く擡げて、庫由克を合罕と呼び上げけり。これは、明に甚 古き廣く廣がれる習慣なりき(原注。阿提剌の、また洪噶哩の諸︀王の、選擧の談を引きくらべよ。)會眾は、九たび拜伏して敬禮を行ひ、會場の外に居たる大眾は、同時に顙を地に垂れき。その時 庫由克は、從者︀を伴れて天幕より出でて、日を三たび禮拜しけり。禮式 畢りて、祝︀宴に移り、その閒なりたての合罕は、高御座に坐り、右に諸︀王(諸︀王 駙馬)左に諸︀女王(公主 王妃)を列ね、飲食は夜半まで續き、音樂 軍歌は室內に響︀ぎ渡りき。宴會は、七日の閒 引續き、然る後に總花はまき散らされ、人人その位に隨ひて賜物を受けき。庫由克は、その父の大氣なるにも勝らんことを願ひ、商品を七萬 巴里施の價ほど買ひ、その拂ひには征服したる國に當てたる命令手形を渡しきと云へり。それらの品は、惜しげもなく羣眾に分配せられ、兒ども奴どもすら賜物を受け取りけり。二度目の分配までなし[398]たるに、夥しき貯藏は盡きざりしかば、庫由克は、殘りをば勝手に掠奪せよと命じて畢へけり(多遜 二、一九七-二〇三)。荷車 五百輛あまりに積みたる金 銀 絹衣物は、皇居より遠からざる小山の上に置かれて、悉く分配せられきと喀兒闢諾は云へり。」


成吉思 汗 實錄 卷の十二 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。