成吉思汗実録/巻の九

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[234]



​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​ク​​九​


§209(09:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​クビライ​​忽必來​の力

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​クビライ​​忽必來​​ノリタマ​​宣​はく「​チカラ​​力​​古出​ある​ウナジ​​項​​古主溫​​リキシ​​力士​​孛可​​シリ​​臀​​孛克薛​​オシツ​​壓​けてくれたるぞ、​ナンヂ​​汝​​コレラ​​此等​ ​クビライ​​忽必來​​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ヂエベ​​者︀別​​スベゲタイ​​速別格台​卽ち速別額台)、

四狗

​ナンヂラ​​汝等​ ​ヨタリ​​四人​​イヌ​​狗​を、​オモ​​思​​トコロ​​處​​ムカ​​向​けて​ヤ​​遣​れば、​イタ​​到​​古兒​れと​イ​​云​​トコロ​​處​​イハ​​岩​​古嚕​​クダ​​碎​​坎客侖​き、​ヒ​​引​​合勒​けと​イ​​云​​トコロ​​處​​ガケ​​崖​​合荅​​ヤブ​​破​​合合侖​り、​ヒカ​​光​​超堅​​イシ​​石​​クダ​​碎​​超侖​き、​フカ​​深​​扯額勒​​ミヅ​​水​​タチキ​​斷切​​你禿侖​りたりしぞ、​ナンヂラ​​汝等​​クビライ​​忽必來​​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ヂエベ​​者︀別​​スベエタイ​​速別額台​​ナンヂラ​​汝等​ ​ヨタリ​​四人​​イヌ​​狗​​サ​​指​したる​トコロ​​地​​ヤ​​遣​りて、

四駿

​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合黎​​ボロクル​​孛囉忽勒​​チラウン バアトル​​赤剌溫 巴阿禿兒​、これら​ヨタリ​​四人​​シユンバ​​駿馬​蒙語​ドルベン クルウト​​朶兒邊 曲魯兀惕​)を​カタハラ​​側​​オ​​置​けば、(元史 木華黎の傳に「與博爾朮 博爾忽 赤老溫太祖︀、俱以忠勇稱、號掇里班 曲律、猶華言四傑也」と云ひ、兵志にも同じき文あり。​タヽカ​​戰​​ヒ​​日​となれば、​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​[235]

二先鋒

​クイルダル​​忽亦勒荅兒​ ​フタリ​​二人​を、​ウルウト​​兀嚕兀惕​​モンクト​​忙忽惕​​ヒキ​​率​ゐて​マヘ​​前​​タ​​立​たしむれば、​スベ​​都︀​​コヽロ​​心​ ​ヤス​​安​くありき、​ワレ​​我​」と​ノリタマ​​宣​へり。(元史 木華黎の傳に、木華黎 薨じて子 孛魯 嗣ぎたる後

十功臣

「丙戌(太祖︀ 二十一年)夏、詔封功臣戶口食邑十投下、孛魯 居其首」と云ひ、畏荅兒 博羅歡の傳にも十功臣の目 見えたるは、この十人を云へるなるべし。)「​ナンヂ​​汝​ ​クビライ​​忽必來​は、​イクサ​​軍​​ジム​​事務​ ​スベ​​都︀​てに​タ​​長​として​ヲ​​居​らずや」とて​オンシ​​恩賜​して​ミコト​​勅​ありき。

注意せらるる​ベドウン​​別都︀溫​

​マタ​​又​​ベドウン​​別都︀溫​​ネヂ​​拗​けたる​ユヱ​​故​に、​ワレ​​我​ ​アヤシ​​怪​みて​ユ​​行​きて、​センコ​​千戶​​アタ​​與​へざりき。​ナンヂ​​汝​​カレ​​彼​​ヨ​​好​くあるぞ。​ナンヂ​​汝​​トモ​​共​​センコ​​千戶​となりて​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ユ​​行​かれん」と​ノリタマ​​宣​へり。​マタ​​又​「この​ノチ​​後​ ​ベドウン​​別都︀溫​​キヲツ​​注意​くるぞ、​ワレラ​​我等​」と​ノリタマ​​宣​へり(別都︀溫は、卽ち卷三の抹赤 別都︀溫なり。抹赤は木匠にして、名は別都︀溫なり。


§210(09:03:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​クナン​​忽難︀​の忠勤

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ゲニゲス​​格你格思​​クナン​​忽難︀​に[つきて]​ノリタマ​​宣​はく「​ナンヂラ​​汝等​​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合黎​​カシラ​​頭​たる​クワンニン​​官人​どもに、​ドダイ​​朶歹​​ドゴルク​​朶豁勒忽​ ​ラ​​等​​チエルビン​​扯兒賓︀​に。この​クナン​​忽難︀​​クロ​​黑​​合喇​​ヨル​​夜​​ヲ オホカミ​​雄狼​​堅都︀赤那​​アカル​​明​​格格延​​ヒル​​晝​​クロ​​黑​​合喇​​ヤマガラス​​老鴉​​客哩額​となりて、​タ​​起​くる​トキ​​時​​ヤス​​休​まざりし、​ヤス​​休​​トキ​​時​​オ​​起​きざりし、​ワロ​​歹​​孛速古溫​​ヒト​​人​​トモ​​共​​アシ​​非​​不失​​カホ​​面​して​ヲ​​居​らざりし、​アタ​​讎​​斡失禿古溫​ある​ヒト​​人​​トモ​​共​​コト​​別​​斡額列​なる​カホ​​面​して​ヲ​​居​らざりし、

謀臣 ​クナン​​忽難︀​ ​ココシユス​​闊闊搠思​

​クナン​​忽難︀​​ココシユス​​闊闊搠思​ ​フタリ​​二人​​サウダン​​相談​ ​ナ​​無​くて​ナ​​勿​ ​コト​​事​​ナ​​做​しそ。​クナン​​忽難︀​​ココシユス​​闊闊搠思​ ​フタリ​​二人​​サウダン​​相談​して​コト​​事​​ナ​​做​せ」と​ミコト​​勅​ありき。「​ワ​​我​​コ​​子​どもの​アニ​​兄​にて​ヂユチ​​拙赤​はあるぞ。

​ヂユチ​​拙赤​の傅となる​クナン​​忽難︀​

​クナン​​忽難︀​は、​ゲニゲス​​格你格思​​カシラ​​頭​として、​ヂユチ​​拙赤​​シタ​​下​​バンコ​​萬戶​​クワンニン​​官人​となれ」と​ミコト​​勅​ありき。(元史 世系表に「太祖︀ 皇帝 六子、長 朮赤 太子」とあり。元史の本傳は甚だ疏略なるが、洪鈞の元史 譯文 證補に補傳あり、詳備せる佳作なり。明譯には、次の忽難︀の上に​マタ​​又​ ​イハク​​說​の二字あり。

忠直なる四臣

​クナン​​忽難︀​​ココシユス​​闊闊搠思​[236]​デガイ​​迭該​​ウスン エブゲン​​兀孫 額不干​卽ち巴阿𡂰の豁兒赤 兀孫 翁)、この​ヨタリ​​四人​は、​ミ​​見​たる​コト​​事​​イ​​諱​まず、​キ​​聞​きたる​コト​​事​​カク​​匿​さざりき。[​シカジカ​​云云​にて]これら​ヨタリ​​四人​はありしぞ。(これら四人の上に脫文あり。明譯には​タヾカツテ​​但曾​​キヽミタルコトヲ​​聞見的事​​ズ​​不​​カツテカクシイマ​​曾隱諱​​スナハチキテ​​便來​​ムカヒ​​對​​ワレニ​​我​​イヒタリ​​說了​とあり。この一節︀は、明譯に「又說」とある如く、太祖︀の勅語なるべし。


§211(09:05:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


をさななじみの​ヂエルメ​​者︀勒篾​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ノリタマ​​宣​はく「​ヂヤルチウダイ​​札兒赤兀歹​ ​オキナ​​翁​は、​フイゴ​​風匣​​オ​​負​ひて、​ヂエルメ​​者︀勒篾​​エウシヤ​​搖車​​ウチ​​內​より[​ア​​擧​げられて]、​ブルカン カルドン​​不兒罕 合勒敦​より​クダ​​下​りて​ク​​來​​トキ​​時​​オナン​​斡難︀​[の​カハベ​​河邊​]の​デリウン ボルダク​​迭里溫 孛勒荅黑​に[​ワ​​我​​ハヽ​​母​]​ワレ​​我​​ウ​​生​みたる​トキ​​時​​テウソ​​貂鼠​​ムツキ​​襁褓​​アタ​​與​へてありき。かくて​トモ​​伴​となりたるに​ヨ​​依​り、​シキミ​​閾​​孛莎合​​ヤツコ​​奴​​孛斡勒​​カト​​門​​額兀點​​キンジユ​​近習​​奄出​となりたるぞ。​ヂエルメ​​者︀勒篾​​イサヲ​​功​​オホ​​多​くあるぞ。​ウマ​​生​るゝと​トモ​​共​​ウマ​​生​れたる、​タ​​長​くると​トモ​​共​​タ​​長​けたる、​テウソ​​貂鼠​​ムツキ​​襁褓​なる​コンゲン​​根源​ある、​サイハヒ​​福︀​ある​ヨロコビ​​慶​ある​ヂエルメ​​者︀勒篾​​コヽノタビ​​九次​​ツミ​​罪​​オカ​​犯​すとも​ケイ​​刑​​ナ​​勿​ ​イ​​入​れそ」と​ミコト​​勅​ありき。


§212(09:07:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


父と別に千戶となれる​トルン チエルビ​​脫侖 扯兒必​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​トルン​​脫侖​卷八なる脫欒)に​ノリタマ​​宣​はく「​チヽ​​父​​コ​​子​​コト​​別​​センコ​​千戶​をいかでか​シ​​知​りたりし、​ナンヂ​​汝​​クニタミ​​國民​​アツ​​聚​​ア​​合​​チヽ​​父​​カタカタ​​片方​​ツバサ​​翅​となり、​ヒ​​拽​​ア​​合​ひて​クニタミ​​國民​​アツ​​聚​​ア​​合​ひたる​ユヱ​​故​に、​チエルビ​​扯兒必​​ナ​​號​​アタ​​與​へたるぞ。​イマ​​今​ ​オノレ​​己​​エ​​得​たる​オ​​置​きたる[​タミ​​民​]に​ヨ​​依​​オノレ​​己​ ​センコ​​千戶​となりて、​トルカン​​禿嚕罕​​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヲ​​居​らずや、​ナンヂ​​汝​」と​ミコト​​勅​ありき。(禿嚕罕の名は、前後に見えず。脫侖に兄弟 多ければ、その兄弟の一人なるべし。


§213(09:08:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カンナン​​艱難︀​を共にせる​オングル​​汪古兒​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​オングル​​汪古兒​ ​カシハデ​​厨官​​ノリタマ​​宣​はく「​ミタリ​​三人​[237]​トクラウト​​脫忽喇兀惕​脫忽喇溫の複稱)、​イツタリ​​五人​​タルクト​​塔兒忽惕​​モンゲト キヤン​​蒙格禿 乞顏​​コ​​子​ ​ナンヂ​​汝​ ​オングル​​汪古兒​​シヤンシウト​​敞失兀惕​ ​バトウト​​巴牙兀惕​​ヒキ​​率​ゐ、​ナンヂラ​​汝等​ ​ワレ​​我​​ヒト​​一​つの​ダン​​團​となりて、​ナンヂ​​汝​ ​オングル​​汪古兒​は、​キリ​​霧​​不丹​​ウチ​​裏​​マヨ​​迷​はざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​ミダレ​​亂​​不勒合​​ウチ​​裏​​ハナ​​離​れざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​ヌ​​濡​るゝに​ヌ​​濡​​ア​​合​ひて、​サム​​寒​きに​コヾ​​寒​​ア​​合​ひて​ユ​​行​きたりしぞ、​ナンヂ​​汝​​イマ​​今​いかなる​オンシヤウ​​恩賞​をか​モト​​要​むる、​ナンヂ​​汝​」と​ノリタマ​​宣​へば、​オングル​​汪古兒​ ​マウ​​申​さく

​オングル​​汪古兒​に屬する​バヤウト​​巴牙兀惕​

​オンシヤウ​​恩賞​​エラ​​擇​ばしめば、​ワ​​我​​バヤウト​​巴牙兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​は、​ブラク​​部落​ ​ブラク​​部落​ごとに​チ​​散​りたり。​オンシ​​恩賜​せば、​バヤウト​​巴牙兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​アツマ​​聚​らしめん」と​マウ​​申​せば、「​シカ​​然​り。かく​バヤウト​​巴牙兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​アツ​​聚​めて、​ナンヂ​​汝​ ​センコ​​千戶​​シ​​知​れ」と​ミコト​​勅​ありき。

​オングル​​汪古兒​ ​ボロウル​​孛囉兀勒​ 食物の給散

​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​オングル​​汪古兒​​ボロウル​​孛囉兀勒​ ​フタリ​​二人​は、​ミギヒダリ​​右左​​カタハラ​​側​にて​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​​カシハデ​​厨官​は、​クヒモノ​​食物​​クバ​​配​る時、​ミギ​​右​​巴剌溫​​カタハラ​​側​​タ​​立​​巴亦​てるもの​スワ​​坐​れるものに​カ​​缺​けさせず、​ヒダリ​​左​​沼溫​​カタハラ​​側​​ツラナ​​列​​者︀兒格列​れるもの​イマダ​​未​なるものに​カ​​缺​けさせず、​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​にてかく​キフサン​​給散​すれば、​ワ​​我​​ノド​​喉​ ​ムセ​​噎​ばず​コヽロ​​心​ ​ヤス​​安​くあり。​イマ​​今​ ​オングル​​汪古兒​​ボロウル​​孛囉兀勒​ ​フタリ​​二人​は、​ウマ​​馬​​ノ​​乘​りて​ユ​​行​きて、​クヒモノ​​食物​​オホ​​多​くの​ヒト​​人​​キフサン​​給散​せよ」と​ミコト​​勅​ありき。「​クラヰ​​坐​​スワ​​坐​​トキ​​時​は、​オホイ​​大​なる​シユキヨク​​酒局​​ミギヒダリ​​右左​​カタハラ​​側​​クヒモノ​​食物​​ツカサド​​掌​りて​スワ​​坐​れ。​トルン​​脫侖​ ​ラ​​等​​トモ​​共​​キタ​​北​​ムカ​​向​​ス​​坐​れ」と​クラヰ​​坐​​ツ​​吿​げて​アタ​​與​へたり。


§214(09:11:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ホエルン​​訶額侖​の育てたる棄兒 四人

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ボロクル​​孛囉忽勒​卽ち孛囉兀勒)に​ノリタマ​​宣​はく「​ワ​​我​​ハヽ​​母​は、​シギ クトク​​失吉 忽禿忽​​ボロクル​​孛囉忽勒​​グチユ​​古出​​ココチユ​​闊闊出​​ナンヂラ​​汝等​ ​ヨタリ​​四人​を、​タミ​​民​​イヘヰ​​營盤​より​チ​​地​​闊薛兒​より​エ​​得​て、​アシ​​脚​​闊勒​​トコロ​​處​​イ​​入​れて、​コ​​子​​可兀赤連​とし​ソダ​​育​てて​ヤシナ​​養​[238]に、​ナンヂラ​​汝等​​ウナジ​​項​​古主溫​​ヒ​​引​きて、​ヒト​​人​​古溫​​ヒト​​齊​しくならしめて、​ナンヂラ​​汝等​​カタ​​肩​​額堅​​ヒ​​引​きて、​ヲトコ​​男​​額咧​​ヒト​​齊​しくならしめて、​コ​​子​どもなる​ワレラ​​我等​​トモ​​伴​[となり]​カゲ​​影​とならしめんとて​ヤシナ​​養​ひたるぞ。​ナンヂラ​​汝等​​ヤシナ​​養​へる​トク​​德​​ワ​​我​​ハヽ​​母​​ケダシ​​蓋​ ​イク​​幾​ばくかは​ムク​​報​​オン​​恩​​カヘ​​廻​したり、​ナンヂラ​​汝等​​ボロクル​​孛囉忽勒​は、​ワレ​​我​​トモ​​伴​なひて、​ハゲ​​劇​​忽兒敦​しき​シユツセイ​​出征​に、​アメ​​雨​​忽喇​​ヨ​​夜​ ​トボ​​乏​​豁斡孫​しく​ヤド​​宿​​豁那兀勒​らしめざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​ハリア​​抗合​​失禿額列勒都︀​ひて​ヲ​​居​​テキ​​敵​​トコロ​​處​に、​ユ​​湯​​暑︀連​なく​ヤド​​宿​らしめざりしぞ、​ナンヂ​​汝​​マタ​​又​ ​ミオヤ​​御祖︀​なる​チヽ​​父​​ウシナ​​失​ひたる​アタ​​讎​あり​ウラミ​​怨​ある​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​クツプク​​屈服​せしめて、​アタ​​讎​​斡雪勒​ ​カヘ​​復​​斡旋​​ウラミ​​怨​​乞撒勒​ ​ムク​​報​​乞三​い、​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​クルマ​​車​​クラ​​比​べて​ネダヤ​​根絕​しに​タヒラ​​夷​ぐる​トキ​​時​ ​コロ​​殺︀​されたるに、

​カルギル シラ​​合兒吉勒 失喇​​トルイ​​拖雷​の盜まれ

​タタル​​塔塔兒​​カルギル シラ​​合兒吉勒 失喇​〈[#「合兒吉勒 失喇」は底本では「合兒吉勒失喇」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§214(09:12:07)の漢︀字音訳「合兒吉勒-失喇」に倣い二語に分割。以後すべて同じ]〉​ヌスビト​​賊​となり​イ​​出​でて、​サテ​​却​ ​コンキウ​​困窮​して​ウ​​飢​ゑて​イ​​入​りて​キ​​來​て、​ハヽ​​母​​トコロ​​處​​イヘ​​家​​イ​​入​りて、「​ヨ​​善​​タヅ​​尋​ねさすること​ア​​有​り、​ワレ​​我​」と​イ​​云​ひて、「​ヨ​​善​​タヅ​​尋​ねさすること​ア​​有​らば、そこに​スワ​​坐​れ」と​イ​​云​はれて(明譯​カレハ​​他​​イヘバ​​說​​ナリト​​是​​タヅヌル​​尋​​イシヨクノモノヲ​​衣食的​​ハヽオヤハ​​母親​ ​イヒキ​​說​​スデニ​​旣​​ナラ​​是​​タヅヌル​​尋​​イシヨクノ モノヲ​​衣食 的​​バ​​時​​ソコニ​​那裏​ ​スワレト​​坐​)、​ニシガハ​​西邊​​ユカ​​床​​モンゴ​​門後​​ハシ​​端​​スワ​​坐​りて​ヲ​​居​​トキ​​時​​トルイ​​拖雷​ ​イツツ​​五歲​なる、​ホカ​​外​より​イ​​入​りて​キ​​來​て、​サテ​​却​ ​ハシ​​走​りて​イ​​出​でて​サ​​去​りたるを、​カルギル シラ​​合兒吉勒 失喇​ ​タ​​起​ちて、​ヲサナゴ​​幼兒​​ワキ​​腋​​ハサ​​夾​みて​イ​​出​でて​ユ​​行​きて​サ​​去​りながら、​カタナ​​刀​​ヒ​​引​きて​ヌ​​拔​きつゝ​ユ​​行​​トキ​​時​

勇婦 ​アルタニ​​阿勒塔泥​の働き

​ボロクル​​孛囉忽勒​​ツマ​​妻​ ​アルタニ​​阿勒塔泥​は、​ハヽ​​母​​イヘ​​家​​ヒガシ​​東​​スワ​​坐​りて​ヲ​​居​りき。​ハヽ​​母​ ​サケ​​叫​びて「​コ​​子​​ウシナ​​失​へり」と​イ​​云​へると​トモ​​共​に、​アルタニ​​阿勒塔泥​ ​ツヾ​​續​​ア​​合​​ハシ​​走​りて​イ​​出​​ア​​合​ひて、​カルギル シラ​​合兒吉勒 失喇​​ウシロ​​後​より[239]​オ​​趕​ひて、​カレ​​彼​​ベンパツ​​辮髮​​トラ​​拏​へて、​ツギ​​次​​テ​​手​にて、​カタナ​​刀​​ヌ​​拔​きてある​カレ​​彼​​テ​​手​​トラ​​拏​へて、​ヒ​​扯​くと​トモ​​共​に、その​カタナ​​刀​​オト​​落​しけり。​イヘ​​家​​キタ​​北​

​ヂエタイ​​哲台​ ​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ヌスビト​​盜人​の殺︀され

​ヂエタイ​​哲台​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​フタリ​​二人​​ツノ​​角​なき​クロウシ​​黑牛​​クラ​​食​はんと​コロ​​殺︀​して​ヲ​​居​​トキ​​時​​アルタニ​​阿勒塔泥​​コヱ​​聲​にて、​ヂエタイ​​哲台​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​フタリ​​二人​​ヲノ​​斧​​ト​​執​りて、​コブシ​​拳​​アカ​​赤​くして、​ハシ​​走​りて​キ​​來​て、​タタル​​塔塔兒​​カルギル シラ​​合兒吉勒 失喇​​ヲノ​​斧​にて​カタナ​​刀​にてすぐそこに​コロ​​殺︀​しけり。​アルタニ​​阿勒塔泥​​ヂエタイ​​哲台​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​ミタリ​​三人​​コ​​子​​イノチ​​命​​スク​​救​へる​トウコウ​​頭功​​アラソ​​爭​ひ合いたれば、

​トウコウ​​頭功​​アラソ​​爭​

​ヂエタイ​​哲台​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​フタリ​​二人​ ​イハ​​言​く「​ワレラ​​我等​ ​ナ​​無​かりせば、​ト​​疾​​ハシ​​走​りて​イタ​​到​りて​コロ​​殺︀​さざりせば、​アルタニ​​阿勒塔泥​は、​ヲンナ​​婦​​ヒト​​人​、いかに ありけん。​コ​​子​​イノチ​​命​​ガイ​​害​​イタ​​致​したりけん。​トウコウ​​頭功​は、​ワレラ​​我等​のなるぞ」と​イ​​云​へり。​アルタニ​​阿勒塔泥​ ​イハ​​言​く「​ワ​​我​​コヱ​​聲​​キ​​聞​かざりせば、​ナンヂラ​​汝等​いかでか​キ​​來​にけん。​ワレ​​我​ ​ハシ​​走​りて​オ​​趕​ひて​カレ​​彼​​ベンパツ​​辮髮​​トラ​​拏​へて、​カタナ​​刀​​ヌ​​拔​きたる​カレ​​彼​​テ​​手​​ヒ​​扯​きて​カタナ​​刀​​オト​​落​さざりせば、​ヂエタイ​​哲台​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​フタリ​​二人​ ​イタ​​到​りて​ク​​來​るまでに、​コ​​子​​イノチ​​命​​ガイ​​害​​イタ​​致​さずやはありけん」と​イ​​云​へり。

​アルタニ​​阿勒塔泥​のとなれる​トウコウ​​頭功​

​イ​​言​​ヲ​​畢​へたれば、​トウコウ​​頭功​は、​アルタニ​​阿勒塔泥​のとなれり。​ボロクル​​孛囉忽勒​​ツマ​​妻​は、​ボロクル​​孛囉忽勒​​ダイニ​​第二​​ナガエ​​轅​となり、​トルイ​​拖雷​​イノチ​​命​​イサヲ​​功​となれり。​マタ​​又​ ​ボロクル​​孛囉忽勒​は、​ケレイト​​客咧亦惕​​カラカルヂト​​合剌合勒只惕​​サバク​​沙漠​​タヽカ​​戰​へる​トキ​​時​

​オゴダイ​​斡歌歹​を救ひたる​ボロクル​​孛囉忽勒​

​オゴダイ​​斡歌歹​​ケイミヤク​​頸脈​​ヤ​​箭​​イ​​射​られたれば、​タフ​​倒​れたれば、​ボロクル​​孛囉忽勒​は、​ウヘ​​上​​クダ​​下​​ア​​合​ひて、​コ​​凝​りたる​カレ​​彼​​チ​​血​​クチ​​口​にて​ス​​咂​ひて、​ヨル​​夜​ ​トマ​​宿​​ア​​合​ひて、​アシタ​​明朝​[240]​ウマ​​馬​​ノ​​乘​らしめて​スワ​​坐​りかぬるを、​シリウマ​​尻馬​​ノ​​乘​りて、​オゴダイ​​斡歌歹​​ウシロ​​後​より​イダ​​抱​きて、​フサガ​​塞​れる​チ​​血​​ス​​咂​​ス​​咂​​クチ​​口​​ヘリ​​緣​​アカ​​赤​くして、​オゴダイ​​斡歌歹​​イノチ​​命​​ヤス​​安​らかに​オク​​送​りて​キ​​來​てありき。​ワ​​我​​ハヽ​​母​​ヤシナ​​養​へる​ホネヲ​​勞​りたるに​ムク​​報​い、​ワ​​我​​フタリ​​二人​​コ​​子​​イノチ​​命​​イサヲ​​功​となりたるぞ。​ボロクル​​孛囉忽勒​は、​ワレ​​我​​トモ​​伴​なひて、​マネ​​招​​荅兒巴安​​ヨ​​喚​びに、​コヱ​​聲​​荅溫​ ​コタヘ​​應​ ​オク​​後​れたることなかりしぞ。​ボロクル​​孛囉忽勒​は、​コヽノタビ​​九次​ ​ツミ​​罪​​オカ​​犯​すとも​ナ​​勿​ ​ツミ​​罪​なひそ」と​ミコト​​勅​ありき。


§215(09:19:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ムスメ​​女子​の恩賞

 ​マタ​​又​​ムスメ​​女子​ ​カゾク​​家族​​オンシヤウ​​恩賞​​アタ​​與​へん」と​ノリタマ​​宣​へり。


§216(09:19:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ベキ​​別乞​とせらるゝ​ゴルチ ウスン​​豁兒赤 兀孫​ ​オキナ​​翁​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ウスン​​兀孫​ ​オキナ​​翁​豁兒赤 兀孫 翁)に​ノリタマ​​宣​はく「​ウスン​​兀孫​​クナン​​忽難︀​​ココシユス​​闊闊搠思​​デガイ​​迭該​、この​ヨタリ​​四人​は、​ミ​​見​たる​コト​​事​ ​キ​​聞​きたる​コト​​事​​イ​​諱​​カク​​匿​さず​ツ​​吿​​ヲ​​居​たりき。​コヽロヅ​​心附​きたる​コト​​事​ ​カンガ​​考​へたる​コト​​事​​コトバ​​語​​ヰ​​居​たりき。​モンゴル​​忙豁勒​​タイレイ​​體例​には、​クワンニン​​官人​​セイ​​制​​ベキ​​別乞​となる​ハフ​​法​ありき。​バアリン​​巴阿𡂰​は、​コノカミ​​兄​​シソン​​子孫​なりき。(巴阿卿の遠祖︀ 巴阿哩歹は、孛端察兒の長子にて、巴啉 失亦喇禿 合必赤の兄なり。​ベキ​​別乞​​セイ​​制​は、​ワレラ​​我等​​ウチ​​內​にて​カミ​​上​より[​ナ​​爲​​ハフ​​法​なれば]​ベキ​​別乞​​ウスン​​兀孫​ ​オキナ​​翁​ ​ナ​​爲​れ。​ベキ​​別乞​​イタヾ​​戴​くと、​シロ​​白​​コロモ​​衣​​キ​​着​せて、​シロ​​白​​センバ​​騸馬​​ノ​​乘​らしめて、​クラヰ​​位​​カミ​​上​​スワ​​坐​らせて、​カシヅ​​侍​きて、​マタ​​又​ ​ネンゲツ​​年月​​ハカ​​議​りてかく​ア​​有​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(

​ベキ​​別乞​​シヨウガウ​​稱號​

別乞は、族長の稱號なり。蒙古の諸︀部長 往往 別乞と稱する者︀あり。薛徹 別乞は合不勒 合罕の長子の孫にして、禹兒斤の長なり。忽察兒 別乞は、也速該の兄の子なるが故に、別乞と稱せり。兀都︀亦惕 篾兒乞惕の脫黑脫阿 別乞、その長子 脫古思 別乞、朶兒邊の合只溫 別乞、斡亦喇惕の忽都︀合 別乞は、皆その一族の長なり。王罕に事へたる必勒格 別乞も、或一族の長なるべし。但 太祖︀の女 豁眞 別乞、阿剌合 別乞、桑昆の妹 察兀兒 別乞、札合敢不の二女 亦巴合 別乞、莎兒合黑塔泥 別乞の如く、女子にして別乞と稱するは、美稱に用ふるのみにて、族長の別乞とは異なり。又[241]輟耕錄の白道子の條に「國俗尙白、以白爲吉」とあれば、別乞の白衣を被るは、優禮に出でたるなり。黑韃 事略に蒙古の衣服の事を述べて「色用紅紫紺綠、紋以日月龍鳳、無貴賤等差」と云ひて、白衣の事を少しも云はざるを見れば、この優禮を受くるものは極めて稀なりしなるべし。


§217(09:20:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


まづ口を開きたる​クイルダル​​忽亦勒荅兒​の遺族の恩賞

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​クイルダル アンダ​​忽亦勒荅兒 安荅​は、​タヽカ​​戰​​トキ​​時​​イノチ​​命​​サシイダ​​差出​して​マヅ​​先​ ​クチ​​口​​ヒラ​​開​きたる​イサヲ​​功​​ユヱ​​故​に、​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで​ミナシゴ​​孤兒​​オンキフ​​恩給​​ウ​​受​けて​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。


§218(09:21:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​に殺︀されたる​チヤガン ゴア​​察罕 豁阿​の遺子の恩賞

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​チヤガン ゴア​​察罕 豁阿​卷四の察合安 兀阿)の​コ​​子​ ​ナリン トオリル​​納𡂰 脫斡哩勒​​ノリタマ​​宣​はく「​ナンヂ​​汝​​チヽ​​父​ ​チヤガン ゴア​​察罕 豁阿​は、​ワ​​我​​マヘ​​前​​ツヽシ​​愼​みて、​タヽカ​​戰​ひとなり​ダラン バルヂユト​​荅闌 巴勒主惕​​タヽカ​​戰​へる​トキ​​時​​ヂヤムカ​​札木合​​コロ​​殺︀​されき。​イマ​​今​ ​トオリル​​脫斡哩勒​は、​チヽ​​父​​イサヲ​​功​にて​ミナシゴ​​孤兒​​オンキフ​​恩給​​ウ​​受​けよ」と​ノリタマ​​宣​はれて、​トオリル​​脫斡哩勒​ ​マウ​​申​さく「​オンシ​​恩賜​せば、​ワ​​我​​ネグス​​捏古思​​アニオトヽ​​兄弟​は、​ホカ​​他​​ブラク​​部落​ごとに​チ​​散​りたり。​オンシ​​恩賜​せば、その​ネグス​​捏古思​​アニオトヽ​​兄弟​​アツ​​聚​めてん」と​マウ​​申​せば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「しかあらば、​ネグス​​捏古思​​アニオトヽ​​兄弟​​アツ​​聚​めて、​ナンヂ​​汝​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで​シ​​知​りて​ヲ​​居​らずや」と​ミコト​​勅​ありき。(捏古思 氏の人は、元史に見えず。只 孝友傳に「徹徹、担古思 氏」とあるを、錢大昕の氏族表に「担、亦 捏 之譌」と云へり。


§219(09:23:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ 父子の舊恩

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​ノリタマ​​宣​はく「​ワレ​​我​を、​チヒサ​​小​​トキ​​時​​タイチウト​​泰赤兀惕​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​ ​アニオトヽ​​兄弟​​ネタ​​嫉​みて​トラ​​拏​へ[られ]たれば、そこに「​アニオトヽ​​兄弟​​ネタ​​嫉​まれたり」とて、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​は、​チラウン​​赤剌溫​​チンベ​​沈伯​なる​コ​​子​どもに、​カダアン​​合荅安​なる​ムスメ​​女​​セワ​​世話​せしめて、​カク​​匿​して​ヰ​​居​て、​ワレ​​我​​ハナ​​放​ちて​ヤ​​遣​りたるぞ、​ナンヂラ​​汝等​​ナンヂラ​​汝等​​カ​​彼​​オン​​恩​[242]​ヨ​​好​きを​オモ​​想​ひて、​クロ​​黑​​ヨル​​夜​​ユメ​​夢​​ウチ​​裏​に、​アカル​​明​​ヒル​​晝​​ムネ​​胷​​ウチ​​裏​に、​オモ​​想​ひて​ユ​​行​きたるぞ、​ワレ​​我​​ナンヂラ​​汝等​は、​カヘツ​​却​​ワレ​​我​​タイチウト​​泰赤兀惕​より​オソ​​遲​​キ​​來​しぞ。​イマ​​今​ ​ワレ​​我​ ​ナンヂラ​​汝等​​オンシ​​恩賜​せば、いかなる​オンシ​​恩賜​をか​ホツ​​欲​する、​ナンヂラ​​汝等​」と​ノリタマ​​宣​へり。​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​は、​チラウン​​赤剌溫​​チンベ​​沈伯​なる​コ​​子​どもと​トモ​​共​​マウ​​申​さく

​セレンゲ​​薛涼格​​イヘヰ​​營盤​ 自在の願

​オンシ​​恩賜​せば、​イヘヰ​​營盤​ ​ジザイ​​自在​ならん。​メルキト​​篾兒乞惕​​チ​​地​なる​セレンゲ​​薛涼格​​イヘヰ​​營盤​として​ジザイ​​自在​ならん。​マタ​​又​ ​ベツ​​別​​オンシ​​恩賜​せば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​シロ​​知​しめせ」と​マウ​​申​せり。その​トキ​​時​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​メルキト​​篾兒乞惕​​チ​​地​なる​セレンゲ​​薛涼格​​イヘヰ​​營盤​として、​イヘヰ​​營盤​ ​マタ​​又​ ​ジザイ​​自在​なれ。​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで、​ヤナグヒ​​箭筒​​オ​​帶​ばしめて​アイサン​​喝︀盞​せしめて、​ジザイ​​自在​なれ。​コヽノタビ​​九次​​ツミ​​罪​​ケイ​​刑​​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ」と​ミコト​​勅​ありき。​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、

直に願を言ひ得る許し

​チラウン​​赤剌溫​​チンベ​​沈伯​ ​フタリ​​二人​​オンシ​​恩賜​して「​サキ​​前​​チラウン​​赤剌溫​​チンベ​​沈伯​ ​フタリ​​二人​​イ​​言​へる​コトバ​​言​​オモ​​想​ひては、いかんぞ​ワス​​忘​れん、​ナンヂラ​​汝等​[を]。​チラウン​​赤剌溫​​チンベ​​沈伯​​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​​コヽロ​​心​​イ​​言​ふことあらば、​フソク​​不足​​モト​​求​むることあらば、​アヒダ​​閒​​ヒト​​人​​ナ​​勿​ ​カタ​​語​りそ。​オノレミ​​己身​にて​クチ​​口​にて​ワレ​​我​​ナンヂラ​​汝等​ ​ミヅカラ​​自​ ​オモ​​思​へることを​カタ​​語​れ。​フソク​​不足​​ミヅカ​​自​​モト​​求​めよ」と​ミコト​​勅​ありき。

​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​バダイ​​巴歹​ ​キシリク​​乞失里黑​ 三人の​ダルカン​​荅兒罕​

​マタ​​又​​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​バダイ​​巴歹​​キシリク​​乞失里黑​​ナンヂラ​​汝等​​ジザイ​​自在​なれ。​マタ​​又​ ​ジザイ​​自在​なるには、​オホ​​多​​斡欒​​テキ​​敵​​ハシ​​馳​りて、​タカラ​​財​​斡勒札​​エ​​得​​斡魯​たるに​ヨ​​依​りて​ト​​取​れ。​ノ​​野​​斡囉阿​​ケダモノ​​獸​​マキガリ​​圍獵​​阿巴剌​せば、​コロ​​殺︀​​阿剌​したるに​ヨ​​依​りて​ト​​取​​阿不惕渾​れ」​ミコト​​勅​ありき。「​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​イ​​云​へば、​タイチウト​​泰赤兀惕​​トデゲ​​脫迭格​​ケニン​​家人​なりしぞ。​バダイ​​巴歹​ ​キシリク​​乞失里黑​ ​フタリ​​二人​​イ​​云​へば、​チエレン​​扯嗹​忽闌 巴阿禿兒の子 也客 扯嗹[243]​ウマカヒ​​馬飼︀​なりしぞ。​イマ​​今​​ワ​​我​​シンシン​​信臣​​ヤナグヒ​​箭筒​​オ​​帶​ばしめて、​アイサン​​喝︀盞​せしめて、​ジザイ​​自在​​クワイクワツ​​快活​なれ」と​ミコト​​勅​ありき。(自在なるの蒙語は​ダルカラク​​荅兒合剌忽​自在の特典を得たる官人を​ダルカン​​荅兒罕​と云ふ。輟耕錄に「荅剌罕、譯言一國之長、得自由之意、非勳戚與焉。太祖︀龍飛日、朝廷草創、官制簡古、惟左右萬戶、次及千戶而已。丞相順德忠獻王之曾祖︀啓昔禮、以英材遇、擢任千戶、錫號 荅剌罕。至元壬申、世祖︀錄勳臣後、拜王宿衞官、襲號荅剌罕」とあり。荅剌罕は、卽 荅兒罕、啓昔禮は、卽 乞失里黑、忠獻王は、世祖︀ 成宗の朝の名相 哈剌哈孫なり。


§220(09:27:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​セイシユ​​正主​​ス​​廢​てかねたる​ナヤア​​納牙阿​の恩賞

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ナヤア​​納牙阿​​ノリタマ​​宣​はく「​シルゲト​​失兒歌禿​ ​オキナ​​翁​卷五の失兒古額禿 翁)は、​アラク​​阿剌黑​​ナヤア​​納牙阿​なる​コ​​子​どもと、[​スナハチ​​卽​]​ナンヂラ​​汝等​と、​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​トラ​​拏​へて​ク​​來​​トキ​​時​​ミチ​​路​にて​クトクル​​忽禿忽勒​​スミ​​隅​​イタ​​到​りて、そこに​ナヤア​​納牙阿​ ​イハ​​言​く「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​をいかで​ス​​廢​てて​トラ​​拏​へて​ユ​​往​かん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひて、​ス​​廢​てかねて​ハナ​​放​して​ヤ​​遣​りて、​シルゲト​​失兒歌禿​ ​オキナ​​翁​​アラク​​阿剌黑​​ナヤア​​納牙阿​なる​コ​​子​どもと​キ​​來​て、そこに​ナヤア ビルヂウル​​納牙阿 必勒只兀兒​必勒只兀兒は、雲雀なり。納牙阿の號か​イハ​​言​く「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​テ​​手​​カ​​掛​けて​キ​​來​ぬるに、​カヘツ​​却​​ス​​廢​てかねて​ハナ​​放​して​ヤ​​遣​りて、​ワレラ​​我等​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​チカラ​​力​​アタ​​與​へんと​キ​​來​ぬ。その​キミ​​君​​テ​​手​​カ​​掛​けて​キ​​來​なば、「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​テ​​手​​カ​​掛​けたる​ヒト​​人​​ユクスヱ​​久後​いかんぞ​イシン​​倚信​せられん、​コレラ​​此等​の[​ヒト​​人​]」と​イ​​云​はれんと​イ​​云​ひき。その​キミ​​君​​ス​​廢​てかねたり」と​イ​​云​へば、そこに「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ス​​廢​てかねたる​ワケ​​理​は、​オホイ​​大​なる​ダウリ​​道理​​オモ​​思​ひけり」とて、​カレラ​​彼等​​コトバ​​言​​ヨ​​善​しとして「​ヒト​​一​つの​コウタウ​​句當​​ユダ​​委​ねん」と​イ​​云​ひき。

右左中の​バンコ​​萬戶​

​イマ​​今​ ​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ミギテ​​右手​​バンコ​​萬戶​​シ​​知​れ(​シ​​知​らし[244]め)、​ムカリ​​木合里​​コクワウ​​國王​​ナ​​號​​アタ​​與​へて​ヒダリテ​​左手​​バンコ​​萬戶​​シ​​知​らしめたり。​イマ​​今​ ​ナヤア​​納牙阿​は、​ナカ​​中​​バンコ​​萬戶​​シ​​知​れ」と​ミコト​​勅​ありき。


§221(09:29:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂエベ​​者︀別​ ​スベエタイ​​速別額台​の封戶

 ​マタ​​又​​ヂエベ​​者︀別​​スベエタイ​​速別額台​ ​フタリ​​二人​は、​ミヅカラ​​自​ ​エ​​得​たる​オ​​置​きたる[​タミ​​民​]に​センコ​​千戶​となれ」と​ノリタマ​​宣​へり。


§222(09:29:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​デガイ​​迭該​の封戶

 ​マタ​​又​ ​デガイ​​迭該​なる​ヒツジカイ​​羊飼︀​に、(卷三に、迭該は羊を牧する事を掌れること見えたり。​ウヅモ​​埋​れたる(明譯​ナキ​​無​​コセキ​​戶籍​​タミ​​百姓​)を​アツ​​聚​めて​センコ​​千戶​​シ​​知​らしめたり。


§223(09:30:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​グチユグル​​古出古兒​ ​ムルカルク​​木勒合勒忽​の封戶

 ​マタ​​又​ ​グチユグル​​古出古兒​ ​タクミ​​木匠​は、(卷三に、古出古兒は家 車の修造を掌れること見えたり。卽 木匠なり。​タミ​​民​ ​カ​​缺​けて、こゝよりそこより​ヲサ​​收​めて、​ヂヤダラン​​札荅㘓​より​ムルカルク​​木勒合勒忽​​シタ​​親​しきに​ヨ​​依​​トモ​​伴​なひき。「​グチユグル​​古出古兒​​ムルカルク​​木勒合勒忽​ ​フタリ​​二人​は、​ヒト​​一​つに​センコ​​千戶​となりて​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヲ​​居​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。


§224(09:30:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シンヱイ​​親衞​​マン​​萬​​ミ​​滿​たする​ミコト​​勅​

 ​クニ​​國​​トモ​​共​​タ​​立​てたる​トモ​​共​​カンナン​​艱難︀​したる​モノ​​者︀​どもを​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​となして、​セン​​千​​セン​​千​として、​センコ​​千戶​ ​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​​ヨサ​​任​して、[​マン​​萬​を]​マン​​萬​として、​バンコ​​萬戶​​クワンニン​​官人​​ヨサ​​任​して、​バンコ​​萬戶​ ​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​どもに、​オンシヤウ​​恩賞​​アタ​​與​ふべき​モノ​​者︀​には​オンシヤウ​​恩賞​​アタ​​與​へて、​オンシヤウ​​恩賞​​ミコト​​勅​ある​モノ​​者︀​には​ア​​有​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​サキ​​前​​ハチジフ​​八十​​シユクヱイ​​宿衞​あり、​シチジフ​​七十​​ジヱイ​​侍衞​​バンシ​​番士​ ​ア​​有​りたりき。​イマ​​今​ ​トコヨ​​長生​​アマツカミ​​上帝​​チカラ​​力​にて、​アマツカミクニツカミ​​天地​​チカライキホヒ​​力勢​​ソ​​添​へられて、​アマネ​​普​​クニタミ​​國民​​タヾ​​匡​して、​ヒトリ​​獨​​テウド​​調度​​ウチ​​內​​イ​​入​れたる​トキ​​時​​イマ​​今​ ​ワ​​我​​トコロ​​處​​バンチヨク​​番直​する​ジヱイ​​侍衞​​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より​エラ​​選​びて​イ​​入​れよ。​イ​​入​るゝには、​シユクヱイ​​宿衞​​セントウシ​​箭筒士​​ジヱイ​​侍衞​​イ​​入​るゝには、​マン​​萬​​ミ​​滿​たせ​イ​​入​れよ」[245]​ミコト​​勅​ありき。​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​バンシ​​番士​​エラ​​選​びて​イ​​入​るゝことを​ミコト​​勅​​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​​ツタ​​傳​へけらく

​バンシ​​番士​を選び弟と​トモビト​​從士​とを​シタガ​​隨​へしむる​ミコト​​勅​

​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​バンシ​​番士​​イ​​入​るるに、​バンコ​​萬戶​ ​センコ​​千戶​ ​ヒヤクコ​​百戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​ども、​ハクシン​​白身​​ヒト​​人​​コ​​子​ども​イ​​入​​トキ​​時​​ギノウ​​技能​あり​カタチ​​狀​ ​ヨ​​好​​モノ​​者︀​を、​ワレラ​​我等​​マヘ​​前​​ユ​​行​くべき​モノ​​者︀​​イ​​入​れよ。​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもを​イ​​入​るゝには、​トタリ​​十人​​トモビト​​從士​あり、​カレ​​彼​​オトヽ​​弟​ ​ヒトリ​​一人​​シタガ​​隨​へて​コ​​來​よ。​ヒヤクコ​​百戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもを​イ​​入​るゝには、​イツタリ​​五人​​トモビト​​從士​あり、​ヒトリ​​一人​​オトヽ​​弟​​シタガ​​随​へて​コ​​來​よ。​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​卽ち​ハイシトウ​​牌子頭​)の​コ​​子​どもを​イ​​入​るゝにも​ハクシン​​白身​​ヒト​​人​​コ​​子​どもを​イ​​入​るゝにも、​ミタリ​​三人​​トモビト​​從士​あり、​マタ​​亦​ ​ヒトリ​​一人​​オトヽ​​弟​​シタガ​​隨​へて、​ハジメ​​初​より​ジヨウメ​​乘馬​ ​キリヨク​​氣力​​トヽノ​​調​へて​コ​​來​よ。​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​にて​マヘ​​前​​ユ​​行​かしむることを​ハゲ​​勵​ますに、​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもには、​トタリ​​十人​​トモビト​​從士​​モト​​本​​センコ​​千戶​ ​ヒヤクコ​​百戶​より​クワレン​​科斂​して​アタ​​與​へよ。その​チヽ​​父​ ​アタ​​與​へたる​ブンミン​​分民​あらば、​カレ​​彼​​ミ​​身​ ​ミヅカラ​​自​ ​エ​​得​たる​オ​​置​きたる​ジンコウ​​人口​ ​センバ​​騸馬​ ​イク​​幾​ばくか​ア​​有​らば、​ヂツキン​​昵近​​ブンミン​​分民​より​ホカ​​外​にて、​ワレラ​​我等​​カギ​​限​りたる​カギ​​限​りに​ヨ​​依​​クワレン​​科斂​して、かく​クワレン​​科斂​して​トヽノ​​整​へて​アタ​​與​へよ。​ヒヤクコ​​百戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもに​イツタリ​​五人​​トモビト​​從士​を、​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもに​ハクシン​​白身​​ヒト​​人​​コ​​子​どもに​ミタリ​​三人​​トモビト​​從士​を、​タヾ​​只​ ​マタ​​亦​ ​ハフ​​法​​ヨ​​依​り、​カレ​​彼​​ヂツキン​​昵近​​ブンミン​​分民​より​ホカ​​外​にて、​タヾ​​只​かく​クワレン​​科斂​して​アタ​​與​へよ」と​ミコト​​勅​ありき。

​ミコト​​勅​を越ゆる罪

​センコ​​千戶​ ​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​ ​アマタ​​眾​​ヒト​​人​​ワレラ​​我等​​コ​​此​​ミコト​​勅​​イタ​​致​さしめて、​キ​​聞​きて[246]ありながら​コ​​越​えたる​ヒト​​人​は、​ツミ​​罪​あるとなれ。​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​バンチヨク​​番直​​イ​​入​れられたる​ヒト​​人​にて​サ​​避​けて​ナ​​爲​らざる​ヒト​​人​​ワレラ​​我等​​マヘ​​前​​ユ​​行​くことを​カタ​​難︀​しとせば、​コト​​別​なる[​ヒト​​人​]を​イ​​入​れて、その​ヒト​​人​をば​ツミ​​罪​なひて、​メ​​眼​​カゲ​​陰​眼力の及ばざる處)に​トホ​​遠​​トコロ​​地​​ヤ​​遣​れ」と​ミコト​​勅​ありき。「​ワレラ​​我等​​ダイリ​​內裏​​マヘ​​前​​ユ​​行​きて​マナ​​學​​ア​​合​はんと​イ​​云​ひて​ワレラ​​我等​​ク​​來​​ヒト​​人​​ナ​​勿​ ​サマタ​​妨​げそ」と​ノリタマ​​宣​へり。


§225(09:35:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


千宿衞の長 ​エケ ネウリン​​也客 捏兀𡂰​

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ミコト​​勅​ありたるに​ヨ​​依​り、​センコ​​千戶​より​エラ​​選​びて、​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​​コ​​子​どもも、その​ミコト​​勅​​ヨ​​依​​エラ​​選​びて​イダ​​出​して​キ​​來​て、「​サキ​​前​​ハチジフ​​八十​​シユクヱイ​​宿衞​ありしを​ハツピヤク​​八百​​ナ​​爲​したり。「​ハツピヤク​​八百​​ウヘ​​上​​セン​​千​​ミ​​滿​たせよ」と​イ​​云​へり。​シユクヱイ​​宿衞​​イ​​入​​モノ​​者︀​​ナ​​勿​ ​サマタ​​妨​げそ」と​ミコト​​勅​ありき。「​シユクヱイ​​宿衞​には​エケ ネウリン​​也客 捏兀𡂰​ ​ヲサ​​長​となりて、​センプ​​千夫​​シ​​知​りて​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(「宿衞を也客 捏兀𡂰 統べて」と譯すべきなれども、統ぶる の蒙語 阿合剌は、阿合 卽 長となると云ふ義なる故に、「宿衞を」の「を」を「に」と改めたり。下 皆これに準ふ。也客 捏兀𡂰は、何人なるか、知らず。晃豁壇の蒙力克 額赤格の子にてやあらん。)「​サキ​​前​​シヒヤク​​四百​​セントウシ​​箭筒士​​エラ​​選​びたり。​エラ​​選​びて「​セントウシ​​箭筒士​​ヂエルメ​​者︀勒篾​​コ​​子​ ​エスン テエ​​也孫 帖額​〈[#「也孫 帖額」は底本では「也孫帖額」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§225(09:36:09)の漢︀字音訳「也孫-帖額」に倣い二語に分割。以後すべて同じ]〉 ​ヲサ​​長​となりて、​トゲ​​禿格​​コ​​子​ ​ブギダイ​​不吉歹​​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​ヲ​​居​れ」と​イ​​云​へり。(也孫 帖額は、憲宗紀に葉孫脫とあり、憲宗 卽位の年 按只䚟 等と共に「務持兩端、坐諸︀王亂、並伏誅」とあり。者︀勒篾の子孫の顯れざるは、也孫 帖額の誅せられたるが爲ならん。禿格は、卽 卷四なる統格、木合黎の從弟にして、九十五の千戶の第十に列せり。その子 不吉歹は、太祖︀に代りて許婚の饗に赴きたる不合台と音 近けれども、同じきか否か知らず。

​セントウシ​​箭筒士​ 四班の長 ​エスン テエ​​也孫 帖額​ ​ブギダイ​​不吉歹​ ​ゴルクダク​​豁兒忽荅忽​ ​ラブラカ​​剌卜剌合​

​ジヱイ​​侍衞​​トモ​​共​​セントウシ​​箭筒士​​クミグミ​​班班​​イ​​入​​ア​​合​​トキ​​時​​エスン テエ​​也孫 帖額​は、​ヒトクミ​​一班​​セントウシ​​箭筒士​​ヲサ​​長​となりて​イ​​入​れ。​ブギダイ​​不吉歹​は、​ヒトクミ​​一班​​セントウシ​​箭筒士​​ヲサ​​長​となりて​イ​​入​れ。[247]​ゴルクダク​​豁兒忽荅黑​は、​ヒトクミ​​一班​​セントウシ​​箭筒士​​ヲサ​​長​となりて​イ​​入​れ。​ラブラカ​​剌卜剌合​は、​ヒトクミ​​一班​​セントウシ​​箭筒士​​ヲサ​​長​となりて​イ​​入​れ。(豁兒忽荅黑は、卷十二にも見え、剌卜剌合は、卷十二に剌巴勒合とあり。​セントウ​​箭筒​​オ​​帶​ぶるものに、​ジヱイ​​侍衞​​クミグミ​​班班​[に​ツ​​貼​く]​セントウシ​​箭筒士​に、かく​ヲサ​​長​となりて​イ​​入​らせよ。

千箭筒士の長 ​エスン テエ​​也孫 帖額​

​セントウシ​​箭筒士​​セン​​千​​ミ​​滿​たせて、​エスン テエ​​也孫 帖額​ ​ヲサ​​長​となりて​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。


§226(09:38:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


八千侍衞の長 八人

 ​サキ​​前​​オゲレ チエルビ​​斡格列 扯兒必​​イ​​入​りたる​ジヱイ​​侍衞​​ウヘ​​上​​セン​​千​​ミ​​滿​たせて

​オゲレ チエルビ​​斡格列 扯兒必​

​ボオルチユ​​孛斡兒出​​シンゾク​​親族​より​オゲレ チエルビ​​斡格列 扯兒必​孛斡兒出の弟)は​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。

​ブカ​​不合​

​ムカリ​​木合里​​シンゾク​​親族​より​ブカ​​不合​木下里の弟)は​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。

​アルチダイ​​阿勒赤歹​

​イルガイ​​亦魯該​​シンゾク​​親族​より​アルチダイ​​阿勒赤歹​に、「​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。(阿勒赤歹は、卷六に見えたる合赤溫の子 阿勒赤歹と名 同じけれども、異なる人なり。元史 憲宗紀に按只䚟とあり、憲宗 卽位の年、葉孫脫 等と共に諸︀王を亂に誘へりとて誅せられたり。)「

​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​

​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​ ​シ​​知​れ。

​ドゴルク チエルビ​​朶豁勒忽 扯兒必​

​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​ドゴルク チエルビ​​朶豁勒忽 扯兒必​ ​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。「

​チヤナイ​​察乃​

​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​ヂユルチエダイ​​主兒扯歹​​シンゾク​​親族​より​チヤナイ​​察乃​ ​シ​​知​れ。

​アクタイ​​阿忽台​

​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​アルチ​​阿勒赤​​シンゾク​​親族​より​アクタイ​​阿忽台​ ​シ​​知​れ。(阿勒赤は、卽 阿勒赤 古咧堅、元史の國舅 按陳 那顏なり。阿忽台と云へる人は、元史に見えず。たゞ特 薛禪の傳に、按陳の弟 火忽と云へるは、甲戌の年に哈老溫 迤東塗河 潢河の閒 火兒赤納 慶州の地を住所として賜はれること見ゆ。その火忽は、阿忽台の訛略にはあらずや。

​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​

​イツセン​​一千​​ジヱイ​​侍衞​​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​[​シ​​知​れ。]​イツセン​​一千​​エラ​​選​びたる​ユウシ​​勇士​​シ​​知​りて、​オホ​​多​くの​ヒ​​日​​ジヱイ​​侍衞​となれ。​タヽカ​​戰​​ヒ​​日​​マヘ​​前​​タ​​立​ちて​ユウシ​​勇士​となれ」と​ミコト​​勅​ありき。(卷八なる九十五の千戶の處に、亦魯該は阿兒孩ならんと云ふ疑ひを陳べたれども、こゝに亦魯該の名ある續きに又 阿兒孩 合撒兒あるを見れば、同じ人とも思はれず。​センコ​​千戶​ ​センコ​​千戶​より​エラ​​選​びて​キ​​來​つるもの、​ハツセン​​八千​​ジヱイ​​侍衞​となれり。​シユクヱイ​​宿衞​は、​セントウシ​​箭筒士​[248]​トモ​​共​​ニセン​​二千​となれり。[​ミ​​三​つ(宿衞、箭筒士、侍衞​アハ​​幷​せて]

萬の​バンシ​​番士​よりなれる​タイチウグン​​大中軍​

​マン​​萬​​バンシ​​番士​となれり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​ワレラ​​我等​​ミ​​身​​ツ​​貼​ける​マン​​萬​​バンシ​​番士​​ハゲ​​勵​まして​タイチウグン​​大中軍​となり​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。


§227(09:40:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​ 四人 ​ブカ​​不合​ ​アルチダイ​​阿勒赤歹​ ​ドダイ​​朶歹​ ​ドゴルク​​朶豁勒忽​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​ありて、​ジヱイ​​侍衞​​ヨクミ​​四班​​オトナ​​宿老​たる​モノ​​者︀​​コトヨサ​​任​し「​ブカ​​不合​は、​ヒトクミ​​一班​​バンシ​​番士​​シ​​知​りて、​バンシ​​番士​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ、​アルチダイ​​阿勒赤歹​は、​ヒトクミ​​一班​​バンシ​​番士​​シ​​知​りて、​バンシ​​番士​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​は、​ヒトクミ​​一班​​バンシ​​番士​​シ​​知​りて、​バンシ​​番士​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ。​ドゴルク チエルビ​​朶豁勒忽 扯兒必​は、​ヒトクミ​​一班​​バンシ​​番士​​シ​​知​りて​バンシ​​番士​​トヽノ​​整​へて​イ​​入​れ」とて、​ヨクミ​​四班​​オトナ​​宿老​​ヨサ​​任​して、

​バンシ​​番士​​テンケン​​點檢​

​バンチヨク​​番直​​イ​​入​​ミコト​​勅​​ツタ​​傳​へ「​バンチヨク​​番直​​イ​​入​るには、​バンチヨク​​番直​​クワンニン​​官人​​オノレ​​己​​トコロ​​處​​バンチヨク​​番直​する​バンシ​​番士​​テンケン​​點檢​して、​バンチヨク​​番直​​イ​​入​りて、​ミ​​三​たび​トマ​​宿​​ア​​合​ひて、​カハ​​代​​ア​​合​へ。

​ケツキン​​缺勤​の罰

​バンチヨク​​番直​ある(番地に當れる​ヒト​​人​ ​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、その​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​したる​バンシ​​番士​​ミ​​三​つの​シモト​​笞​​アタ​​與​へよ。その​バンシ​​番士​ ​マタ​​又​ ​フタ​​二​たび​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば​シチ​​七​つの​シモト​​笞​​アタ​​與​へよ。​マタ​​又​ その​ヒト​​人​​ミ​​身​​ヤマヒ​​病​なく、​バンチヨク​​番直​​クワンニン​​官人​ ​ラ​​等​​サウダン​​相談​なく、​マタ​​又​その​バンシ​​番士​ ​ミ​​三​たび​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、​サンジフシチ​​三十七​​シモト​​笞​​アタ​​與​へて、​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​ユ​​行​くことを​ツラ​​艱​しとしたれば、[​メ​​眼​の]​カゲ​​陰​​トホ​​遠​​トコロ​​地​​ヤ​​遣​らん」と​ミコト​​勅​ありき。(番直の宿老、蒙語に客失昆 斡脫古と云ひ、元史 兵志には怯薛 之 長とあり。輟耕錄に曰く「國朝有四 怯薛 大官。怯薛 者︀、分宿衞供奉之士四番、番三晝夜。凡上之起居飮食諸︀服御之政令、怯薛 之長皆總焉」と云へり。

​ミコト​​勅​の言ひ​キ​​聽​かせ

​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​は、​ダイサン​​第三​ ​ダイサン​​第三​​バンチヨク​​番直​に(當番の三日目ごとに)この​ミコト​​勅​​バンシ​​番士​​キ​​聽​かせよ(明譯​ゴヱイヲ​​護衞​​クワンニンハ​​官人​​スベテ​​凡​​カフル​​換​​ハンヲ​​班​​トキ​​時​​ヲ​​將​[249]​コノコトバ​​這言語​​セイクワイ​​省會​ ​イツペンセヨ​​一遍​)。​キ​​聽​かせずば、​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​ ​ツミ​​罪​となれ。​ミコト​​勅​​キ​​聽​きてありて​コ​​越​えば(犯さば)、​ミコト​​勅​​ムネ​​旨​​ヨ​​依​り、​バンチヨク​​番直​​ハヅ​​脫​さば、​バンシ​​番士​​ツミ​​罪​となれ」と​ミコト​​勅​ありき。

​オトナ​​宿老​ ​バンシ​​番士​の同等

​バンチヨク​​番直​​オトナ​​宿老​は、​ヲサ​​長​となられたりとのみ​イ​​云​ひて、​ドウトウ​​同等​​イ​​入​りたる​ワ​​我​​バンシ​​番士​​ワレ​​我​​サウダン​​相談​ ​ナ​​無​くて​ナ​​勿​ ​セ​​責​めそ。​ハフド​​法度​​ウゴカ​​動​さば、​ワレ​​我​​ツ​​吿​げよ。​キ​​斬​らしむる​リ​​理​あるならば、​ワレラ​​我等​​キ​​斬​らしむるぞ。​ウ​​打​たるゝ​リ​​理​あるならば、​フ​​臥​さしめて​ウ​​打​つぞ。​ヲサ​​長​となれりとのみ​イ​​云​ひて、​ドウトウ​​同等​​ワ​​我​​バンシ​​番士​​オノ​​己​​テアシ​​手足​​イタ​​致​して​ムチウ​​笞打​たば、​シモト​​笞​​ムクイ​​報​​シモト​​笞​​マタ​​亦​​コブシ​​拳​​ムクイ​​報​​コブシ​​拳​​マタ​​亦​ ​カヘ​​回​さん」と​ノリタマ​​宣​へり。


§228(09:44:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​センコ​​千戶​より上にある​バンシ​​番士​

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あるには「​ホカ​​外​​ヲ​​居​​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​より​ワ​​我​​バンシ​​番士​​カミ​​上​​ア​​在​るぞ。​ホカ​​外​​ヲ​​居​​ヒヤクコ​​百戶​ ​ジツコ​​十戶​​クワンニン​​官人​より​ワ​​我​​バンシ​​番士​​ケニン​​家人​​カミ​​上​にあるぞ。​ワ​​我​​バンシ​​番士​に、​ホカ​​外​​ヲ​​居​​センコ​​千戶​ども、​ドウトウ​​同等​となりて​ナラ​​竝​びて、​ワ​​我​​バンシ​​番土​​ウ​​毆​​ア​​合​はば、​センコ​​千戶​​ヒト​​人​​ツミ​​罪​せん」と​ミコト​​勅​ありき。


§229(09:45:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​ ​カシハデ​​厨官​の勤方

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​ありて、​クミグミ​​班班​​クワンニン​​官人​どもに​ミコト​​勅​​ツタ​​傳​ふるには「​セントウシ​​箭筒士​​ジヱイ​​侍衞​ ​ラ​​等​​バンチヨク​​番直​​イ​​入​りて、​ヒル​​晝​​オコナ​​行​ひを​オノ​各​その​ミチミチ​​道道​​オコナ​​行​いて、​ヒ​​日​​ヒカリ​​光​あるに​シユクヱイ​​宿衞​​ユヅ​​譲​りて、​ホカ​​外​​イ​​出​でて​ヤド​​宿​れ。​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​ヨル​​夜​​シユクヱイ​​宿衞​ ​トマ​​宿​​ヲ​​居​れ。​セントウシ​​箭筒士​​セントウ​​箭筒​を、​カシハデ​​厨官​​キベイ​​器︀皿​​シユクヱイ​​宿衞​​ワタ​​渡​して​サ​​去​れ。​ホカ​​外​​ヤド​​宿​れる​セントウシ​​箭筒士​​ジヱイ​​侍衞​​カシハデ​​厨官​は、​ワレラ​​我等​ ​ユ​​湯​​ノ​​飮​むまで、​ウマヨセバ​​聚馬處​​スワ​​坐​りて、​シユクヱイ​​宿衞​[250]​トヾ​​屆​けて、​ユ​​湯​​ノ​​飮​​ヲ​​畢​へば、​セントウシ​​箭筒士​​セントウ​​箭筒​​トコロ​​處​に、​ジヱイ​​侍衞​​クラヰ​​坐​​トコロ​​處​に、​カシハデ​​厨官​​キベイ​​器︀皿​​トコロ​​處​​カヘ​​復​​ア​​合​へ。​クミグミ​​班班​​イ​​入​​モノ​​者︀​は、​タヾタヾ​​只只​ ​ダウリ​​道理​​ヨ​​依​りこの​タイレイ​​體例​​ヨ​​依​りかく​ナ​​爲​せ」と​ミコト​​勅​ありき。

​シユクヱイ​​宿衞​の勤方

​ヒ​​日​ ​オ​​落​ちたる​ノチ​​後​​オルド​​斡兒朶​​ウシロ​​後​より​マヘ​​前​より​コ​​越​​ユ​​行​​ヒト​​人​を拏へて、​シユクヱイ​​宿衞​​トラ​​拏​へて​トマ​​宿​りて、​アシタ​​明朝​ ​シユクヱイ​​宿衞​​カレ​​彼​​コトバ​​言​​キ​​聞​け。​シユクヱイ​​宿衞​は、​バンチヨク​​番直​​カハ​​代​​ア​​合​ふには、その​シルシ​​符​​ワタ​​渡​して​イ​​入​りて​コ​​來​よ。​カハ​​代​りて​イ​​出​づる​シユクヱイ​​宿衞​も、​ワタ​​渡​して​イ​​出​でて​サ​​去​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。「​シユクヱイ​​宿衞​は、​ヨル​​夜​ ​オルド​​斡兒朶​​マハリ​​周圍​​フ​​臥​して​カド​​門​​オサ​​壓​へて​タ​​立​てる​シユクヱイ​​宿衞​は、​ヨル​​夜​ ​イ​​入​​ヒト​​人​をば、その​カシラ​​頭​​ウチワ​​打割​り、その​カタ​​肩​​オ​​落​つるほど​キ​​斫​りて​ノ​​去​けよ。​イソ​​急​ぎの​ハナシ​​話​ある​ヒト​​人​ ​ヨル​​夜​ ​キ​​來​なば、​シユクヱイ​​宿衞​​ハナシ​​話​して、​チヤウバウ​​帳房​​キタ​​北​より​シユクヱイ​​宿衞​​ヒトトコロ​​一處​​タ​​立​ちて​ハナシ​​話​さしめよ」と​ノリタマ​​宣​へり。

​シユクヱイ​​宿衞​の威嚴

​シユクヱイ​​宿衞​より​ウヘ​​上​​クラヰ​​坐​には、​タレ​​誰​​ナ​​勿​ ​スワ​​坐​りそ。​シユクヱイ​​宿衞​より​コトバ​​言​なくては、​タレ​​誰​​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ。​シユクヱイ​​宿衞​​ウヘ​​上​​タレ​​誰​​ナ​​勿​ ​ユ​​行​きそ。​シユクヱイ​​宿衞​​アヒダ​​閒​​ナ​​勿​ ​ユ​​行​きそ。​シユクヱイ​​宿衞​​カズ​​數​​ナ​​勿​ ​ト​​問​ひそ。​シユクヱイ​​宿衞​​ウヘ​​上​​ユ​​行​​ヒト​​人​​シユクヱイ​​宿衞​​トラ​​拏​へよ。​アヒダ​​閒​​ユ​​行​​ヒト​​人​​シユクヱイ​​宿衞​​トラ​​拏​へよ。​カズ​​數​​ト​​問​へる​ヒト​​人​をば、​シユクヱイ​​宿衞​は、その​ヒト​​人​を、その​ヒ​​日​ ​ノ​​乘​れる​センバ​​騸馬​​クラ​​鞍​あり​クツワ​​轡​あるを、​キ​​被​たる​イフク​​衣服​ごめに​シユクヱイ​​宿衞​​ト​​取​れ」と​ミコト​​勅​ありき。​エルヂギダイ​​額勒只吉歹​は、​シンニン​​信任​ある​ヒト​​人​なるに、​ユフベ​​夕​​シユクヱイ​​宿衞​​ウヘ​​上​​ユ​​行​けるありて、​シユクヱイ​​宿衞​にいかんぞ​トラ​​拏​へられける。(額勒只吉歹は、合赤溫の子 阿勒赤歹、卽 世系表に按只吉歹とある人と名 似たれども、異なる人なり。後文にも元史にも屢 見ゆ。八十八 功臣の中には見えず。かの名前の內に阿勒赤と云ふ人あり、餘り名の聞えぬ人なり。阿勒赤吉歹の吉歹を脫したるにあらずやとも疑はる。


成吉思 汗 實錄 卷の九 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。