成吉思汗実録/巻の二

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[83]


​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​ニ​​二​

§69(02:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​​モンリク​​蒙力克​の迎へ​カヘ​​歸​

 ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​​コトバ​​言​​タガ​​違​へず、​モンリク​​蒙力克​ ​ユ​​往​きて、​デイ セチエン​​德 薛禪​​イ​​言​へらく「​エスガイ​​也速該​ ​アニ​​兄​は、​テムヂン​​帖木眞​​イタ​​甚​​オモ​​想​ひて、​コヽロ​​心​​イタ​​痛​めたり。​テムヂン​​帖木眞​​ト​​取​りに​キ​​來​つ」と​イ​​云​ひき。​デイ セチエン​​德 薛禪​ ​イ​​言​はく「​シンカ​​親家​ その​コ​​子​​オモ​​想​ふならば​ユ​​往​け。​マミ​​見​えて​ハヤ​​速​​コ​​來​よ」と​イ​​云​ひて、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​蒙力克なる父。父は、帖木眞より與へたる尊稱。元史 忠義 伯八の傳​ミンリ エチゲ​​明里 也赤哥​)は、​テムヂン​​帖木眞​​ヰ​​率​​キ​​來​ぬ。


§70(02:01:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


祖︀の祭りに​ホエルン​​訶額侖​​オク​​後​​イタ​​到​

 その​ハル​​春​​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​​カトト​​合禿惕​妃の蒙語なる合屯の複稱)、​オルベ​​斡兒伯​​シヨカタイ​​莎合台​ ​フタリ​​二女​蒙語​ヂリン​​只𡂰​二つと云ふ 豁牙兒の女性)は、​オヤ​​祖︀​​ミタマ​​靈​​チ​​地​​マツ​​祭​り(明本 旁譯​チニ​​地裏​ ​ヤク​​燒​​メシヲ​​飯︀​​サイシ​​祭祀​)に​イ​​出​でたる​トキ​​時​​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​ ​ユ​​往​きて、​オク​​後​​イタ​​到​りて​モ​​漏​[84]らされて、​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​は、​オルベ​​斡兒伯​​シヨカタイ​​莎合台​ ​フタリ​​二女​​イ​​言​へらく「​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​​シ​​死​にたりと​イ​​云​ひて、​ワ​​我​​コ​​子​どもを、​オホ​​大​きくならざるに​ヨ​​依​り、​ミオヤ​​御祖︀​の[​ミマヘ​​御前​の]​ハンレツ​​班列​より、​アマ​​餘​れる​クモツ​​供物​より、​ヒモロギ​​胙​より​ナン​​何​​ハヅ​​脫​れさせたる、​ナンヂラ​​汝等​​ミ​​見​ると、​クラ​​食​ふことを​スヽ​​勸​めずに、​タ​​起​つことになれり、​ナンヂラ​​汝等​」と​イ​​云​ひき。


§71(02:02:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アンバカイ​​俺巴孩​の二妃の怒り

 その​コトバ​​言​につき、​オルベ​​斡兒伯​​シヨカタイ​​莎合台​​フタリ​​二女​​キサキ​​妃​ ​イ​​言​はく「​ヨ​​喚​​兀哩​びて​アタ​​與​へられざる​ミチ​​道​あり、​ナンヂ​​汝​​ア​​遇​​兀赤喇​へば​クラ​​食​ふべき​コトワリ​​理​あり、​ナンヂ​​汝​​シヤウ​​請​​古咧​うじて​アタ​​與​へられざる​ミチ​​道​あり、​ナンヂ​​汝​​イタ​​到​​古兒帖​れば​クラ​​食​ふべき​コトワリ​​理​あり、​ナンヂ​​汝​。(喚び請ずるにも及ばず、到り遇はば食へ。​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​​シ​​死​にたりと​イ​​云​ひて、​ホエルン​​訶額侖​に、​イタ​​到​りつゝかく​イ​​云​はるゝこととなれり。


§72(02:03:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タイチウト​​泰赤兀惕​​ホエルン​​訶額侖​ 母子の棄てられ

 ​カンガ​​考​ふるに、この​オヤコラ​​母子等​​イヘヰ​​營盤​​ウチ​​裏​​ス​​棄​てて​タ​​起​て。​ナンヂラ​​汝等​​ナ​​勿​ ​ヰ​​率​​ユ​​行​きそ」と​イ​​云​ひ、​アス​​明日​​ヒ​​日​より​タイチウト​​泰赤兀惕​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​親征錄​タルフタイ ヒリント​​塔兒忽台 希憐禿​喇失惕 額丁の集史を額兒忒曼の譯したるには、乞哩勒禿克を特兒庫台の號とし、毒心と解せり。元史​タルブタイ​​塔兒不台​不は、兀の誤りなり​トドエン ギルテ​​脫朶延 吉兒帖​親征錄 元史​トドン ホルヂン​​脫端 火兒眞​​ラ​​等​​タイチウト​​泰赤兀惕​は、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​シタガ​​沿​​ウゴ​​動​けり。​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​ ​オヤコラ​​母子等​​ス​​棄​てて​タ​​起​たれ、​コンゴタン​​晃豁壇​​チヤラカ オキナ​​察喇合 翁​ ​ユ​​往​きて​トヾ​​止​むる​トキ​​時​​トドエン ギルテ​​脫朶延 吉兒帖​ ​イ​​言​はく「​フカ​​深​​扯額勒兀孫​​ミヅ​​水​ ​カワ​​乾​​你都︀喇魯阿​きたり。​ヒカ​​光​​超堅赤剌溫​​イシ​​石​ ​クダ​​碎​​潮咧魯阿​けたり」と​イ​​云​ふと​タ​​起​ちけり。​チヤラカ オキナ​​察喇合 翁​を「いかでか​トヾ​​止​むる、​ナンヂ​​汝​」と​イ​​云​ひ、​ウシロ​​後​より​ヤリ​​槍​にて​ソビラ​​背​​サ​​刺​しけり。


§73(02:04:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チヤラカ オキナ​​察喇合 翁​の負傷

 ​チヤラカ オキナ​​察喇合 翁​ ​テオヒ​​負傷​となりて、​イヘ​​家​​キ​​來​​ナヤ​​艱​​フ​​臥​せる​トキ​​時​[85]​テムヂン​​帖木眞​ ​ミ​​見​​ユ​​往​きけり。そこに​コンゴタン​​晃豁壇​​チヤラカ オキナ​​察喇合 翁​ ​イ​​言​はく「​ナンヂ​​汝​​ヨ​​好​​チヽ​​父​​ヲサ​​收​めたる​ブシウ​​部眾​​ワレラ​​我等​のあまたの​ブシウ​​部眾​​ヒキ​​率​ゐて​タ​​起​たるゝ時、​トヾ​​止​めんとしてかく​ナ​​爲​されたり」と​イ​​云​ひき。その​トキ​​時​ ​テムヂン​​帖木眞​ ​ナ​​哭​きて​イ​​出​でて​サ​​去​れり。

棄てて起てる民を​ホエルン​​訶額侖​の取戾し

​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​は、​ス​​棄​てて​タ​​起​たれたる​トキ​​時​​トウ​​纛​蒙語​トク​​禿黑​北狄の君長の牙旗にして、旄牛 又は白馬の尾を竿に繋けたる者︀​モ​​持​ちて、​ミ​​身​づから​ウマ​​馬​​ノ​​乘​りて、​ナカバ​​半​​タミ​​民​​トリモド​​取戾​せり。その​トリモド​​取戾​せる​タミ​​民​も、​サダ​​定​まらず​タイチウト​​泰赤兀惕​​アト​​後​より​タチ​​起​ちけり。


§74(02:05:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カンナン​​艱難︀​なる​ホエルン​​訶額侖​の子育て

 ​タイチウト​​泰赤兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​に、​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​を、​ヤモメ​​寡婦​を、​コ​​子​ども、​ヲサナゴ​​幼兒​ども、​オヤコラ​​母子等​を、​イヘヰ​​營盤​​ウチ​​裏​​ス​​棄​てて​タ​​起​たれて、​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​は、​エメ メルゲン​​額篾 篾兒干​婦人の善射者︀、卽ち女丈夫)に​ウマ​​生​れて、​ヲサナ​​幼​​兀出格惕​​コ​​子​どもを​ヤシナ​​養​ふに、​きりり​​兀乞塔剌​​ミゴシラ​​身拵​​孛黑塔剌周​へして、​スソ​​裾​​豁只塔剌​ ​カラ​​紮​​オビ​​帶​ ​シ​​締​​不薛列周​めて、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​ノボ​​上​​斡額迭​​クダ​​下​​ハシ​​走​りて、​ヤマナシ​​杜梨​​斡里兒孫​ ​ヤマザクラ​​山櫻​​ミ​​實​​ヒロ​​拾​ひて、​ヒル​​晝​​兀都︀兒​ ​ヨル​​夜​ ​ノド​​喉​​ヤシナ​​養​へり。​キモ​​膽​​雪勒速​ありて​ウマ​​生​れたる​ウヂン エケ​​兀眞 額客​夫人なる母)は、​サイハヒ​​福︀​​速​ある​コ​​子​どもを​ヤシナ​​養​ふに、​ヒ​​檜​​キ​​木​​クハ​​鍬​​失囉​​ト​​執​りて、​ニンジン​​人參​​速勒敦​ ​チチギナ​​赤赤吉納​明 旁譯 草根名)を​ホ​​剜​りて​ヤシナ​​養​へり。[​ガウキ​​剛毅​​合堂斤​なる]​エケ ウジン​​額客 兀眞​母 夫人)の​ノビル​​野蒜​​合里牙兒孫​​ラツキヤウ​​辣韮​にて​ヤシナ​​養​へる​コ​​子​どもは、​テイワウ​​帝王​​合惕​​ノゾ​​望​むに​イタ​​至​れり。​セイセイ​​整齊​​札兒沈台​なる​ウヂン エケ​​兀眞 額客​​サンタンサウ​​山丹草​​札兀合速​​ネ​​根​にて​ヤシナ​​養​へる​コ​​子​どもは、​ハフド​​法度​​札撒黑​ある​ケンジン​​賢人​となれり。


§75(02:06:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​ 兄弟の魚取り

 ​ウツク​​美​​豁阿​しき​ウヂン​​兀眞​​ニラ​​韮​​豁豁孫​ ​ラツキヤウ​​辣韮​にて​ヤシナ​​養​へる​カウルカ​​合兀魯合​路 又は溝の義あれども、譯する能はず​コ​​子​どもは、​ゴイラウト​​豁亦喇兀惕​これも、譯する能はず​ヨ​​好​くなれり。​ヲトコ​​男​​額咧思​ ​ヨ​​好​[86]なり​ヲ​​了​へて、​ヲヲ​​雄雄​​額咧坤​しく​タケ​​猛​​斡抹渾​​タヾ​​但​​額列​ ​ナ​​爲​られたり。(詞のまゝに譯したれども、文意 穩やかならず。​ハヽ​​母​​額客​​ヤシナ​​養​はんと​ハナ​​話​​ア​​合​ひて、​ハヽオナン​​母斡難︀​​額客斡難︀​母の如き斡難︀ 河)の​キシ​​岸​​額兒吉​​ウヘ​​上​​ヰ​​居​て、​ツリ​​釣​​額勒古兀兒​する​ハリ​​鉤​​トヽノ​​調​​ア​​合​ひて、​カタメ カタハ​​偏眼 不具​​額𠿳迭克 詹迭克​​ウヲ​​魚​​ツ​​釣​​額兒古​りて​ハリ​​鉤​​カ​​掛​けて、​ハリ​​針​​折兀​​ツリバリ​​鉤​​マ​​曲​げて、​ゼブゲ​​折不格​ ​カダラ​​合荅喇​二つ共に魚の名)を​ハリ​​鉤​​カ​​掛​けて、​イサリアミ​​漁網​​赤魯篾 古卜赤兀兒​​ムス​​結​びて、​ウヲ​​魚​​只喇木惕​​コ​​子​​ウヲ​​魚​​只合速​​スク​​撈​ひて、​カヘツ​​却​​只池​てその​ハヽ​​母​​ムク​​報​​ヤシナ​​養​へり。


§76(02:07:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


兄弟の不和を​ホエルン​​訶額侖​​イマシ​​誡​

 ​ヒトヒ​​一日​​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​​ベクテル​​別克帖兒​蒙古 源流​ベクテル​​伯克特爾​)、​ベルグタイ​​別勒古台​元史​ベリグタイ ダイワウ​​別里古台 大王​輟耕錄、廣寧王 別里古台、卽ち孛魯古歹、蒙古 源流​ベルグデイ​​伯勒格德依​二人は、皆 帖木眞の異母弟なり。​ヨタリ​​四人​​ヒトトコロ​​一處​​ヰ​​居​​ツリバリ​​鉤​​ヒ​​扯​ける​ウチ​​中​に、​ヒト​​一​つの​ヒカ​​光​​ソゴスン​​鎖豁孫​魚の名​イ​​入​り(取れ)けり。​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​ ​フタリ​​二人​より​ベクテル​​別克帖兒​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​フタリ​​二人​ ​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​れり。​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​ ​フタリ​​二人​​イヘ​​家​​キ​​來​​ウヂン エケ​​兀眞 額客​​イ​​言​へらく「​ヒト​​一​つの​ヒカ​​光​​ソゴスン​​鎖豁孫​​ツリバリ​​鉤​​フク​​啣​みたるを、​ベクテル​​別克帖兒​​ベルグタイ​​別勒古台​​アニオトヽ​​兄弟​ ​フタリ​​二人​​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​られたり、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​へば、​ウヂン エケ​​兀眞 額客​ ​イ​​言​はく「​ナニ​​何​するぞや。​アニオトヽ​​兄弟​ども​ナン​​何​ぞ かく​ナ​​爲​​ア​​合​へる、​ナンヂラ​​汝等​。「​カゲ​​影​​薛兀迭兒​より​ホカ​​外​​トモ​​伴​なく、​ヲ​​尾​​薛兀勒​より​ホカ​​外​​ムチ​​鞭​なし、​ワレラ​​我等​​タイチウト​​泰赤兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​クルシ​​苦​めをいかで​ムク​​報​いん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひて​ヲ​​居​るに、​ムカシ​​昔​​アラン エケ​​阿闌 額客​​イツタリ​​五人​​コ​​子​​ゴト​​如​く、いかに​カタラヒ​​談合​ ​ナ​​無​くぞある、​ナンヂラ​​汝等​​ヤ​​止​めよ」と​イ​​云​へり。


§77(02:09:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ベクテル​​別克帖兒​​テムヂン​​帖木眞​ ​カツサル​​合撒兒​の射殺︀し

 それより​テムヂン​​帖木眞​ ​カツサル​​合撒兒​ ​フタリ​​二人​ ​ヨロコ​​喜​ばずして​イ​​言​はく「​サキゴロ​​先頃​ ​ヒトタビ​​一度​ ​ヒバリ​​雲雀​​イト​​射取​りたるをもかく​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​れりき。​イマ​​今​ ​マタ​​又​[87]かくも​ウバ​​奪​へり。​ヒト​​一​つにいかで​スゴ​​過​さん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ふと、​カド​​門​​ア​​開​けて​イ​​出​でて​サ​​去​れり。​ベクテル​​別克帖兒​は、​コヤマ​​小山​​ウヘ​​上​​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​ ​クヒキ​​九匹​​ナガ​​眺​めて​ヰ​​居​たるに、​テムヂン​​帖木眞​​シリヘ​​後​より​カク​​隱​れて、​カツサル​​合撒兒​​マヘ​​前​より​カク​​隱​れて、​ヤ​​箭​​ヌ​​抽​きて​イタ​​到​れる​トキ​​時​​ベクテル​​別克帖兒​ ​ミ​​見​ると​イ​​言​はく「​タイチウト​​泰赤兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​クルシ​​苦​めを​ウ​​受​けかね(受くるに堪へず)、​ウラミ​​怨​​タレ​​誰​​ムク​​報​​エ​​得​んと​イ​​云​ひて​ヲ​​居​​トキ​​時​​ワレ​​我​​ナン​​何​​メ​​目​​你敦​​ケ​​毛​​速哩木孫​​クチ​​口​​阿蠻​​トゲ​​梗​​合合孫​​ナ​​爲​せる、​ナンヂラ​​汝等​​カゲ​​影​​薛兀迭兒​より​ホカ​​外​​トモ​​伴​なく、​ヲ​​尾​​薛兀勒​より​ホカ​​外​​ムチ​​鞭​なきに、​ナン​​何​ぞかく​オモ​​思​へる、​ナンヂラ​​汝等​​ワ​​我​​ヒバチ​​火盤​​ナ​​勿​ ​ヤブ​​毀​りそ。​ベルグタイ​​別勒古台​​ナ​​勿​ ​ス​​廢​てそ(別勒古台は、別克帖兒と火盤を共にして住みたるなり。明譯には​ワレシナバスナハチシナン​​我死便死​​ナンヂラ​​您​​ナ​​休​​ヲ​​將​​ワガ​​我​​ベルグタイ​​別勒古台​​スツル​​棄了​)」と​イ​​云​ひ、​アグミ​​盤脚​ ​ヰ​​居​​マ​​待​てり。​テムヂン​​帖木眞​ ​カツサル​​合撒兒​ ​フタリ​​二人​は、​マヘ​​前​より​シリヘ​​後​より​アヅチ​​垜​として(垜の如く射中てて​サ​​去​れり。


§78(02:11:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ホエルン​​訶額侖​​キビ​​嚴​しき叱り

 ​イヘ​​家​​キ​​來​​イ​​入​りたれば、​ウヂン エケ​​兀眞 額客​は、​フタリ​​二人​​コ​​子​​カホイロ​​顏色​にて​サト​​覺​りて​イ​​言​はく「​コロ​​殺︀​したる、(蒙語​バラクサト​​巴喇黑撒惕​この詞は、了へたる、棄てたるとも譯すべし。動詞上の形容詞にして、下に名詞 代名詞ありと見るなり。こゝにては、帖木眞なる名詞、又は汝なる代名詞ありと見て、「別克帖兒を殺︀したる帖木眞は」と云へる意ならん。​ワ​​我​​ホド​​熱處​​合剌溫​より​むく​​合剌惕​​イ​​出​​合嚕㖮​づる​トキ​​時​​テ​​手​​合兒​​クロ​​黑​​合喇​​チコヾリ​​血塊​​ニギ​​握​​合惕渾​りて​ウマ​​生​れたりき、​コ​​此​の[​コ​​子​]。​エナ​​胞衣​​合兒必速​​カ​​咬​​合札忽​​カツサル​​合撒兒​狗の名)の​イヌ​​狗​​ゴト​​如​く、​ガケ​​崖​​合荅​​ツ​​衝​​カブラン​​合卜闌​獸の名)の​ゴト​​如​く、​イカ​​怒​​阿兀兒​りを​オサ​​抑​ふる​アタ​​能​はざる​シシ​​獅子​​阿兒思闌​​ゴト​​如​く、​イ​​活​​阿米都︀​きたるを​ノ​​呑​むと​イ​​云​​ヲロチ​​蟒​​莽古思​​ゴト​​如​く、​オノ​​己​​カゲ​​影​​薛兀迭兒​​ツ​​衝​​カイセイ​​海︀靑​​升豁兒​​ゴト​​如​く、​コヱ​​聲​​薛米耶兒​ ​ナ​​無​しにて​ノ​​呑​​札勒吉忽​​チユラカ​​出喇合​魚の名)の​ゴト​​如​[88]く、その​コラクダ​​子駱駝​​孛脫罕​​アトアシ​​後跟​​孛兒必​より​カ​​咬​​ラクダ​​駝駝​​不兀喇​明譯​フウユウダ​​風雄駝​また風駝)の​ゴト​​如​く、​風雪​​孛囉罕​​ヨ​​靠​り[​トウコウ​​頭口​​孛多​​ソコナ​​害​ふ](明譯​ヨリ​​靠​​フウセツニ​​風雪​​ソコナフ​​害​​モノヲ​​物​的)​オホカミ​​狼​​赤那​​ゴト​​如​く、その​コ​​子​​可兀惕​どもを​オ​​追​​格鄰​ひかねて(明譯​オヒ​​趕​​ズ​​不​​ウゴカセ​​動​​コドモヲ​​兒子​)、その​コ​​子​​可兀惕​どもを​クラ​​喫​​ヲシドリ​​鴛鴦​​昂吉兒​​ゴト​​如​く、その​フシド​​臥處​​客卜迭思​​ウゴ​​動​​款迭​かせば​タウゴ​​黨護​する​サイラウ​​豺狼​​啜額孛哩​​ゴト​​如​く、​トラ​​拏​​巴哩​へて​タメラ​​猶豫​はざる​トラ​​虎​​巴兒思​​ゴト​​如​く、​ミダリ​​妄​​巴剌木惕​​ツ​​衝​​バルース​​巴嚕思​獸の名)の​ゴト​​如​く、​コロ​​殺︀​したり。​カゲ​​影​​薛兀迭兒​より​ホカ​​外​​トモ​​伴​なく、​ヲ​​尾​​薛兀勒​より​ホカ​​外​​ムチ​​鞭​なきに、​タイチウト​​泰赤兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​クルシ​​苦​めを​ウ​​受​けかね​ヲ​​居​るに、「​ウラミ​​怨​​タレ​​誰​​ムク​​報​いん」と​イ​​云​ひて​ヲ​​居​るに、いかに​スゴ​​過​さんとて、かくは​ナ​​爲​​ア​​合​へる、​ナンヂラ​​汝等​」とて、その​コ​​子​どもを、​フル​​舊​​合兀臣​​コトバ​​辭​​タヅ​​尋​​合荅侖​ね、​ヲキナラ​​翁等​​斡脫古思​​コトバ​​辭​​ヒ​​引​​斡兒乞敦​き、​イタ​​甚​​ウレ​​憂​へたり。


§79(02:13:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タイチウト​​泰赤兀惕​の襲ひ

 かく​ス​​住​める​ホド​​程​に、​タイチウト​​泰赤兀惕​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​は、その​ジヱイ​​侍衞​​ヒキ​​率​ゐて「​ヒナ​​雖​​豁魯合惕​ども​ハネ ノ​​翎 伸​​豁斡只主兀​びけん。​ヒツジ​​羔​​失魯格惕​ども(失魯格惕は、涎くりの義にて、二歲の家畜​オヒタ​​生立​​失別哩主兀​ちけん(この二句確かならず 下の明譯文の意に依り譯せり。​モト​​原​ ​ベツカ​​撇下​ ​セル​​的​ ​テムヂン​​帖木眞​ ​ボシラ​​母子每​​イマ​​如今​ ​ナケン​​莫​​ザル​​不​​ニテ​​似​​ヒキン ノ ヒナドモノ​​飛禽 的 雛兒​ ​ゴトク​​般​​マウウ​​毛羽︀​ ​ノビ​​長​了、​ソウジウ ノ コドモノ​​走獸 的 羔兒​ ​ゴトク​​般​ ​オホキクナラ​​大了​)」と​イ​​云​ひて​キ​​來​ぬ。​オソ​​罹​れて​オヤコ アニオトヽ​​母子 兄弟​ども、​シゲ​​繁​​ハヤシ​​林​​ナカ​​中​​トリデ​​寨​ ​ツク​​作​りて、​ベルグタイ​​別勒古台​は、​キ​​木​​ヲ​​折​​ヒキヨ​​引寄​せて​カキ​​垣​​ヨ​​據​りて、​カツサル​​合撒兒​は、​ヤ​​箭​​イア​​射合​ひて、​カチウン​​合赤溫​​テムゲ​​帖木格​​テムルン​​帖木侖​ ​ミタリ​​三人​​ガケノワレメ​​崖縫​​アヒダ​​閒​​イ​​投​れて、​タヽカ​​鬭​​ヲ​​居​​トキ​​時​​タイチウト​​泰赤兀惕​ ​サケ​​叫​びて​イ​​言​はく「​アニ​​兄​ ​テムヂン​​帖木眞​​イダ​​出​せ。​ナンヂラ​​汝等​ ​ホカ​​外​​モノ​​者︀​​ヨウ​​用​なし」と​サケ​​叫​ばれて、​テムヂン​​帖木眞​​ウマ​​馬​​ノ​​載​せて、​ノガ​​逃​れんと​ハヤシ​​林​​ナカ​​中​​ハシ​​走​りて​サ​​去​れる[89]を、​タイチウト​​泰赤兀惕​ ​ミ​​見​​オ​​遂​ひて、[​テムヂン​​帖木眞​は]​テルグネ​​帖兒古捏​ ​ウンドル​​溫都︀兒​帖兒古 岡)の​モリ​​森​​ナカ​​中​​キ​​鑽​りて​イ​​入​りたれば、​タイチウト​​泰赤兀惕​​イ​​入​りかねて、​モリ​​森​​カコ​​圍​​マモ​​守​りて、


§80(02:15:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


森の中の​コヽノトマ​​九宿​

 ​テムヂン​​帖木眞​​モリ​​森​​ナカ​​中​​ミ​​三​たび​トマ​​宿​りて、​イ​​出​でんとて​ウマ​​馬​​ヒ​​牽​きて​ク​​來​​トキ​​時​​ウマ​​馬​よりその​クラ​​鞍​ ​ハヅ​​脫​れて​オ​​落​ちけり。​カヘ​​囘​りて​ミ​​見​れば、​クラ​​鞍​は、​ムナガイ​​扳胷​したるまゝにて​ハラオビ​​肚帶​したるまゝにて​ハヅ​​脫​れて​オ​​落​ちけり。「​ハラオビ​​肚帶​は、ともあれ。​ムナガイ​​扳胷​あるに、​マタ​​又​いかで​ハヅ​​脫​れたりけん。​アマツカミ​​皇天​ ​トヾ​​止​​タマ​​給​へるか」と​イ​​云​ひて​カヘ​​囘​りて、​マタ​​又​ ​ミ​​三​たび​トマ​​宿​れり。​マタ​​又​ ​イ​​出​でて​キ​​來​つるに、​モリ​​森​​クチ​​口​​チヤウバウ​​帳房​ほどの​シライシ​​白石​​クチ​​口​​フサ​​塞​​タフ​​倒​れたりき。「​アマツカミ​​皇天​ ​トヾ​​止​​タマ​​給​へるか」と​イ​​云​ひて回りて、​マタ​​又​ ​ミ​​三​たび​トマ​​宿​れり。​マタ​​又​​コヽノトマ​​九宿​​クヒモノ​​食物​なく​ヰ​​居​て、​ナ​​名​​ナ​​無​​ナン​​何​​シ​​死​なん。​イ​​出​でん」と​イ​​云​ひて、​カ​​彼​​クチ​​口​​フサ​​塞​​タフ​​倒​れたる​チヤウバウ​​帳房​ほどの​シライシ​​白石​​マハリ​​周圍​​イ​​出​づれば​イ​​出​でられず、​キ​​木​どもを​ヤケヅ​​箭削​​コガタナ​​小刀​にて​キリタ​​切斷​ち、​ウマ​​馬​​スベ​​滑​らして​イ​​出​でたれば、​タイチウト​​泰赤兀惕​ ​マモ​​守​りて​ヲ​​居​りき。​トラ​​拏​へて​ヰ​​率​​サ​​去​れり。


§81(02:16:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トラ​​虜︀​はれを​ニ​​脫​げて​ミヅタマリ​​水澑​の仰ぎ臥し

 ​テムヂン​​帖木眞​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​〈[#「塔兒忽台 乞哩勒禿黑」は底本では「塔忽忽台 乞哩勒禿黑」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉 ​ヰ​​率​​サ​​去​りて、その​ブラク​​部落​​タミ​​民​​メイレイ​​命令​して​トナリ​​隣​ごとに​ヒト​​一​たび​ヤド​​宿​​マハ​​廻​して​ユ​​行​​トキ​​時​​ナツ​​夏​​ハジメ​​首​​ツキ​​月​四月)の​ダイジフロク​​第十六​​アカ​​紅​​テ​​照​​ヒ​​日​に、​タイチウト​​泰赤兀惕​は、​オナン​​斡難︀​​キシ​​岸​​ウヘ​​上​​ウタゲ​​筵會​​ア​​合​ひて、​ヒ​​日​ ​オ​​落​つれば​チ​​散​りたり。​テムヂン​​帖木眞​をその​ウタゲ​​筵會​​カヨワ​​弱​​コビト​​子人​ ​ヒキ​​率​ゐてありき。​ウタゲ​​筵會​[90]​シウ​​眾​​チ​​散​らしめ、[​テムヂン​​帖木眞​は]その​カヨワ​​弱​​コ​​子​より​テカシ​​手枷​​ヒ​​扯​きて​ト​​取​りて、その​ウナヂ​​項​​ヒト​​一​​ウ​​打​つと、​ハシ​​走​りて​オナン​​斡難︀​​ハヤシ​​林​​ウチ​​內​​フ​​臥​したれども、​ミ​​見​られんと​イ​​云​ひて、​ミヅ​​水​​タマリ​​濡​​アフ​​仰​​フ​​臥​して、​テカシ​​手枷​​ミヅ​​水​​シタガ​​順​​ナガ​​流​し、​オモテ​​面​ ​イダ​​出​して​フ​​臥​したり。


§82(02:18:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​オナン​​斡難︀​の林の人探し

 ​カ​​彼​​ニガ​​脫​したる​ヒト​​人​​オホゴヱ​​大聲​に「​トラ​​拏​はれ​ビト​​人​ ​ニ​​脫​げたり」と​サケ​​叫​びたるに、​チ​​散​りたる​タイチウト​​泰赤兀惕​​ツド​​聚​ひて​キ​​來​て、​ヒル​​晝​​ゴト​​如​​ツキアカリ​​月明​​オナン​​斡難︀​​ハヤシ​​林​​サガ​​探​したり。​ミヅタマリ​​水澑​​フ​​臥​して​ヲ​​居​るを、​スルドス​​速勒都︀思​蒙古 源流​スルデス​​蘇勒德斯​元史 月魯 不花の傳​スンド ウヂ​​遜都︀ 氏​)の​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​親征錄​ソルハン シラ​​梭嚕罕 失剌​〈[#「梭嚕罕 失剌」は底本では「梭嚕罕失剌」]〉蒙古 源流​トルガン シヤラ​​托爾干 沙喇​〈[#「托爾干 沙喇」は底本では「托爾 干沙喇」]〉)、​マサ​​正​​ス​​過​ぎて​ミ​​見​​イ​​言​はく「​マサ​​正​​タヾ​​只​かく​ザエ​​才​あるが​ユヱ​​故​に、その​メ​​目​​你敦​​ヒ​​火​​合勒​あり、その​メン​​面​​你兀兒​​ヒカリ​​光​​格咧​ありとて、​タイチウト​​泰赤兀惕​​アニオトヽ​​兄弟​​シカ​​然​のみ​ネタ​​嫉​まるゝなりき、​ナンヂ​​汝​​シカ​​然​ ​タヾ​​只​ ​フ​​臥​してよ。​ツ​​吿​げざらん、​ワレ​​我​」と​イ​​云​ひて​ヨギ​​過​れり。


​フタ​​二​たび人探し

〈[#底本「成吉思汗実録」が「元朝秘史」の節︀の区切りと無関係な位置で改行一字下げする数少ない箇所なので備忘のため注記しておく]〉

 ​マタ​​又​​カヘ​​回​​サガ​​探​さん」と​イ​​云​​ア​​合​へる​トキ​​時​​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​イ​​言​はく「​モト​​本​​ミチ​​路​にて​ミ​​見​ざりし​トコロ​​地​​ミ​​見​ると、​カヘ​​回​​サガ​​探​さん」と​イ​​云​へり。「​シカ​​然​り」と​イ​​云​​ア​​合​へり。​モト​​本​​ミチ​​路​​ヨ​​依​​カヘ​​回​​サガ​​探​して、​マタ​​又​ ​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​ス​​過​ぎて​イ​​言​はく「​ナンヂ​​汝​​アニオトヽ​​兄弟​族人)は、​クチ​​口​​キバ​​牙​​ト​​磨​​キ​​來​ぬ。しか​フ​​臥​​ツヽシ​​愼​めよ」と​イ​​云​ひて​ヨギ​​過​れり。


§83(02:20:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ミ​​三​たび人探し

 ​マタ​​又​​カヘ​​回​​サガ​​探​さん」と​イ​​云​​ア​​合​へる​トキ​​時​​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​マタ​​又​ ​イ​​言​はく「​タイチウト​​泰赤兀惕​​ミコ​​御子​だち、​ナンヂラ​​汝等​​アカ​​明​るき​シロ​​白​​ヒル​​晝​​マルビト​​全人​ ​ニ​​脫​げたり。​イマ​​今​ ​クロ​​黑​​ヨ​​夜​​ナン​​何​​エ​​得​ん。​ワレラ​​我等​ ​マタ​​又​ ​モト​​本​​ミチ​​路​にて​ミ​​見​ざりし[91]​トコロ​​地​を見ると、​カヘ​​回​​サガ​​探​すと、​チ​​散​りて、​アス​​明日​​ヒル​​晝​ ​ツド​​聚​ひて​タヅ​​尋​ねん。いづくにか​ユ​​往​かん、​カ​​彼​​テカシ​​手枷​ある​ヒト​​人​」と​イ​​云​へり。「​シカ​​然​り」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、​カヘ​​回​​サガ​​探​して、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​マタ​​又​ ​ス​​過​ぎて​イ​​言​はく「かく​サガ​​探​すと​カヘ​​回​りて​アス​​明日​ ​タヅ​​尋​ねんと​イ​​云​​ア​​合​へり。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​​チ​​散​らしめ​ヲ​​了​へて​ハヽ オトヽ​​母 弟​どもを​タヅ​​尋​​サ​​去​れ。「​ワレ​​我​​ミ​​見​たり」と、​ヒト​​人​​ミ​​見​られば「​ミ​​見​られたり」と​ナ​​勿​ ​カタ​​語​りそ」と​イ​​云​ひて​ヨギ​​過​れり。


§84(02:21:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​の家を​テムヂン​​帖木眞​の尋ね往き

 ​カレラ​​彼等​​チ​​散​らしめ​ヲ​​了​へて、「​テムヂン​​帖木眞​​コヽロ​​心​​カンガ​​考​へて「​サキゴロ​​先頃​ ​トナリ​​隣​​マハ​​廻​して​ヤド​​宿​したる​トキ​​時​​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​イヘ​​家​​ヤド​​宿​りたれば、​チンベ​​沈白​親征錄​チンハイ​​闖拜​​チラウン​​赤老溫​親征錄 元史 同じ。蒙古 源流​チラグン​​齊拉衮​)と​イ​​云​へる​カレ​​彼​​フタリ​​二人​​コ​​子​は、​ムネ​​胸​​コヽロ​​心​​イタ​​痛​めて、​ヨル​​夜​ ​ワレ​​我​​ミ​​見​て、​ワ​​我​​テカシ​​手枷​​ト​​取​りて​ハナ​​放​して​ヤド​​宿​らしめたり。​イマ マタ​​今 又​ ​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​ワレ​​我​​ミ​​見​​ツ​​吿​げず​ヨギ​​過​りたり。​イマ タヾ​​今 只​ ​カレラ​​彼等​​ワレ​​我​​スク​​救​はんぞ」と​イ​​云​ひて、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​イヘ​​家​​タヅ​​尋​ね、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​シタガ​​沿​​サ​​去​れり。


§85(02:22:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​の家に​テムヂン​​帖木眞​​カク​​匿​まはれ

 ​イヘ​​家​​シルシ​​記號​目印には非ずして、耳印)は、​セイバニウ​​生馬乳​馬のなまちゝ)を​ソヽ​​注​ぐと(大甕に移して)、その​ジユクバニウ​​熟馬乳​馬乳の酒)を​ヨル​​夜​ ​ヒイ​​日出​づるまで​カキマハ​​搔廻​すことなりき。その​シルシ​​記號​​キ​​聽​きて​ユ​​行​きたれば、​カキマハ​​搔廻​​コヱ​​聲​​キ​​聽​きて​イタ​​到​りて、その​イヘ​​家​​イ​​入​りたれば、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​ハヽ オトヽ​​母 弟​どもを​タヅ​​尋​​サ​​去​れと​イ​​云​はざりしか、​ワレ​​我​​ナン​​何​​キ​​來​ぬる、​ナンヂ​​汝​」と​イ​​云​へり。​チンベ​​沈白​​チラウン​​赤老溫​なるその​フタリ​​二人​​コ​​子​ ​イ​​言​はく「​スヾメ​​雀​​トリンタイ​​土啉台​明譯​ルンドル​​龍多兒​鷹の一種​クサムラ​​叢​[92]​オ​​逐​​イ​​入​るれば、​クサムラ​​叢​​スク​​救​ひき。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​キ​​來​つるを​ナン​​何​​シカ​​然​ ​イ​​云​へる、​ナムチ​​爾​」とて、​チヽ​​父​​コトバ​​言​​ヨロコ​​喜​ばず、その​テカシ​​手枷​​ハヅ​​脫​して​ヒ​​火​​ヤ​​燒​きて、​ウシロ​​後​​ヒツジノケ​​羊毛​ある​クルマ​​車​​ノ​​載​せて、​カダアン​​合荅安​​イ​​云​へる​イモト​​妹​に「​イ​​生​きたる​ヒト​​人​には​ナ​​勿​ ​カタ​​語​りそ」と​イ​​云​ひて​カシヅ​​傅​かしめたり。


§86(02:24:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タイチウト​​泰赤兀惕​の家捜し

 ​ダイサン​​第三​​ヒ​​日​に、[​タイチウト​​泰赤兀惕​は、]「​ヒトカク​​人匿​したるぞ」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、「​オノレラ​​己等​​アヒダ​​閒​​サガ​​捜​​ア​​合​はん」と​イ​​云​​ア​​合​ひて​サガ​​捜​​ア​​合​へり。​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​​イヘ​​家​​クルマ​​車​​ユカ​​床​​シタ​​下​​イタ​​至​るまで​サガ​​捜​して、​ウシロ​​後​​ヒツジノケ​​羊毛​ある​クルマ​​車​​ノボ​​上​りて、​クチ​​口​にある​ヒツジノケ​​羊毛​​ヒキイダ​​拖出​して、​オク​​奧​​イタ​​至​​トキ​​時​、この​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​マタ​​又​「かゝる​アツ​​熱​さに​ヒツジノケ​​羊毛​​ウチ​​內​​ナン​​何​​タ​​耐​へん」と​イ​​云​へば、​サガ​​捜​​モノ​​者︀​ども​オ​​下​りて​サ​​去​れり。


§87(02:25:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​の救はれ​カヘ​​歸​

 ​サガシテ​​搜手​ども​サ​​去​りたる​ノチ​​後​に、​ソルカン シラ​​鎖兒罕 失喇​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​​ハヒ​​灰​​ゴト​​如​​カキタ​​掻立​​アヤウ​​危​かりき。​イマ​​今​ ​ハヽ オトヽ​​母 弟​どもを​タヅ​​尋​​サ​​去​れ」と​イ​​云​ひて、​クチシロ​​口白​​コマウ​​駒生​まぬ​カンザウクワウ​​甘草黃​​メウマ​​牝馬​蒙語​クラクチン​​忽剌黑臣​靑黃色にて鬣 黑き馬)に​ノ​​乘​らしめて、​コ​​肥​えたる​コヒツジ​​羔​蒙語​テルクリカン​​帖勒忽哩罕​明譯​ノミ​​喫​​ニボノチヲ​​二母乳​​タル​​的​​コヒツジ​​羔兒​)を​ニ​​煮︀​て、​カハヲケ​​皮桶​​オホカハヲケ​​大皮桶​​トヽノ​​調​へて、​クラ​​鞍​​アタ​​與​へず、​ヒウチガマ​​火鎌​​アタ​​與​へず、​ユミ​​弓​​アタ​​與​へて、​フタスヂ​​二條​​ヤ​​箭​​アタ​​與​へたり。かく​トヽノ​​調​へて​ヤ​​遣​りぬ。


§88(02:26:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​キムルカ ヲガハ​​乞木兒合 小河​の母子の​サイクワイ​​再會​

 ​テムヂン​​帖木眞​かく​サ​​去​ると、​カキ​​垣​して​タテコモ​​楯籠​りたる​トコロ​​地​​イタ​​到​りて、​クサ​​草​​フミワケアト​​踏分跡​​ヨ​​依​り、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​サカノボ​​泝​​アト​​跡​つけて、​ニシ​​西​より[93]​キムルカ ゴロカン​​乞木兒合 豁囉罕​ ​イ​​入​りて​ク​​來​るありき。(乞木兒合 小河。水道 提綱の呼馬拉堪 河、內府 興圖の齊母爾喀 河にして、克魯倫 河源の東南より出で、東に流れて濟爾戛朗︀圖 河となり、東北に流れて鄂嫩 河に入る。)かく​サカノボ​​泝​​アト​​跡​つけて、[​ハヽ​​母​​オトヽ​​弟​どもと]​キムルカ ヲガハ​​乞木兒合 小河​​ベデル ゴシウン​​別迭兒 豁失溫​別迭兒の鼻)の​ゴルチユクイ ボルダク​​豁兒出恢 孛勒荅黑​豁兒出恢 孤山)に​ヲ​​居​るに​ア​​遇​​ア​​合​へり。


§89(02:27:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​​ホトリ​​邊​の靑湖の移住

 そこに​クワイ​​會​​ア​​合​ひて、​サ​​去​りて​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​マヘ​​前​南画)なる​グレルグ​​古咧勒古​山の名。親征錄​グリング ザン​​曲鄰居 山​今の巴爾哈 嶺)の​ウチ​​內​なる​サングル ゴロカン​​桑古兒 豁囉罕​桑古兒 小河、水道 提綱の孫可勒 河、內府 與圖の僧︀庫爾 河)の[​ホトリ​​邊​の]​カラ ヂルゲン​​合喇 只嚕堅​小山の名)の​ココ ナウル​​闊闊 納兀兒​靑き湖水)に​イヘヰ​​營盤​して​ヲ​​居​​トキ​​時​​ドバツソ​​土撥鼠​蒙語​タルバカト​​塔兒巴合惕​、塔兒巴罕の複稱。唐書の駝跋鼠、本書 明譯の土撥鼠、元史 伯顏の傳の塔剌不歡、本草の荅剌不花、みな塔兒巴罕の轉なり。穴居の小獸にして、形は獺の如し。肉は食ふべく、皮は裘とすべし。黑龍江 外紀に獺爾とあるも、是なるべし。元史 語解に「塔爾巴噶、獺也」とあるは誤れり。)​ノネズミ​​野鼠​​コロ​​殺︀​して​クラ​​食​​ヲ​​居​りき


§90(02:27:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​センバ​​騸馬​​ヌスビト​​盜人​​テムヂン​​帖木眞​の跡つけ

 ​ヒトヒ​​一日​​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​ ​ハチヒキ​​八匹​​イヘ​​家​​マヘ​​前​​タ​​立​ちて​ヲ​​居​るを​ヌスビト​​盜人​ ​キ​​來​​ミ​​見​つゝ​ヌス​​盜​みて​サ​​去​れり。​カチ​​徒​​モノ​​者︀​ども​ミ​​見​​オク​​後​れたり。​ベルグタイ​​別勒古台​は、​ヲヌケ​​尾脫​​クリゲ​​栗毛​​ウマ​​馬​蒙語​コンゴル​​晃豁兒​漢︀語の驑馬)に​ノ​​乘​りて、​ドバツソ​​土撥鼠​​トラ​​捕​へに​ユ​​往​きてありき。​ユフベ​​夕​​ヒ​​日​​オ​​落​ちたる​ノチ​​後​​ベルグタイ​​別勒古台​は、​ヲヌケ​​尾脫​​クリゲウマ​​栗毛馬​​ドバツソ​​土撥鼠​​ニ​​荷​つけて、​ミ​​身​​ユル​​搖​がしつゝ​アユ​​歩​み、​ヒ​​牽​きて​キ​​來​ぬ。「​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもを​ヌスビト​​盜人​ ​ト​​取​りて​サ​​去​れり」と​イ​​云​へば、​ベルグタイ​​別勒古台​ ​イ​​言​はく[​ワレ​​我​ 追はん]と​イ​​云​へり。​カツサル​​合撒兒​ ​イ​​言​はく「​ナンヂ​​汝​ ​アタ​​能​はず。​ワレ​​我​ ​オ​​追​はん」と​イ​​云​へり。​テムヂン​​帖木眞​ ​イ​​言​はく「​ナンヂラ​​汝等​ ​アタ​​能​はず。​ワレ​​我​ ​オ​​追​はん」と​イ​​云​ひて​ヲヌケ​​尾脫​​クリゲウマ​​栗毛馬​​テムヂン​​帖木眞​ ​ノ​​乘​りて、​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもを​クサ​​草​​フミワケ​​蹈分​​ヨ​​依​​アト​​跡​つけ[94]て、​ミ​​三​たび​ヤド​​宿​りて、​アサ​​朝​ ​ハヤ​​早​​ミチ​​路​にて​オホ​​多​​バグン​​馬羣​​ウチ​​中​​ヒトリ​​一人​​サワヤカ​​爽快​なる​コビト​​子人​​ウマ​​馬​​チ​​乳​​シボ​​擠​​ヲ​​居​るに​ア​​遇​ひて、​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもを​ト​​問​ひたれば、

​ボオルチユ​​孛斡兒出​の援け

その​コ​​子​ ​イ​​言​はく「この​アサ​​朝​​ヒ​​日​ ​イ​​出​づる​マヘ​​前​に、​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​ ​ハチヒキ​​八匹​こゝを​ハシ​​走​りて​サ​​去​れり。​カレラ​​彼等​​ミチ​​路​​ワレ​​我​ ​ツ​​吿​げて​アタ​​與​へん」と​イ​​云​ひて、​ヲヌケ​​尾脫​​クリゲウマ​​栗毛馬​​ハナ​​放​たしめて、​テムヂン​​帖木眞​​セグロ​​脊黑​​アヲウマ​​靑馬​​ノ​​乘​らしめたり。​オノレ​​己​​ハヤ​​快​​ウスキイロ​​淡黃色​​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​イヘ​​家​にも​ユ​​往​かず、​オホカハヲケ​​大皮桶​ ​カハマス​​皮斗​​ノ​​野​にて​フタ​​蓋​して(明譯​ツケ​​著︀​​クサノフタヲ​​草蓋​​テ​​了​​オ​​置​けり。「​トモ​​伴​よ。​ナンヂ​​汝​こそは​イタ​​甚​​ナヤ​​艱​みて​キ​​來​にけれ。​ヲトコ​​丈夫​​ナヤ​​艱​みは​ヒト​​一​つなるぞ。​ワレ​​我​ ​ナンヂ​​汝​​トモ​​伴​とならん。​ワ​​我​​チヽ​​父​は、​ナク バヤン​​納忽 伯顏​と呼ばる。(納忽 長者︀。元史 博爾朮の傳の納忽 阿兒闌。阿兒闌は、納忽の姓、阿嚕剌惕の單稱。​ワレ​​我​は、その​ヒトリゴ​​獨子​​ワレ​​我​は、​ボオルチユ​​孛斡兒出​親征錄 元史​ボルチユ​​博爾朮​蒙古 源流​ボゴルヂ​​博郭爾濟​)と​イ​​云​ふなり」と​イ​​云​ひて、​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもの​ミチ​​路​​ヨ​​依​​アト​​跡​つけて、​ミ​​三​たび​ヤド​​宿​りて、​ユフベ​​夕​​ヒヲカ​​日岡​​ウ​​拍​​ヲ​​居​る時、​イチダン​​一團​蒙語​グリエン​​古哩延​本義は輪。轉じて羣、明譯 圈子)の​タミ​​民​​トコロ​​處​​イタ​​到​れり。​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​ ​ハチヒキ​​八匹​、その​タイダン​​大團​​ホトリ​​邊​​クサ​​草​​ハ​​食​みつゝ​タ​​立​ちて​ヲ​​居​るを​ミ​​見​たり。​テムヂン​​帖木眞​ ​イ​​言​はく「​トモ​​伴​よ、​ナンヂ​​汝​こゝに​タ​​立​て。​ワレ​​我​​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもは​カレラ​​彼等​なり、​オ​​追​ひて​イ​​出​でん」と​イ​​云​へり。​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​イ​​言​はく「​トモ​​伴​とならんとて​キ​​來​ながら、​ワレ​​我​こゝに​ナン​​何​​タ​​立​たん」と​イ​​云​ひて、​オナ​​同​じく​カ​​驅​けて​イ​​入​り、​アシゲ​​葦毛​​センバ​​騸馬​どもを​オ​​追​ひて​イ​​出​でたり。(閻復の撰れる廣平王 玉昔 帖木兒の碑文に據るに、孛斡兒出は、この時 十三歲なりき。[95]


§91(02:32:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​​ムカ​​逆​​タヽカ​​戰​

 ​シリヘ​​後​より​ヒト​​人​どもぞろぞろと(蒙語​ウブル スブル​​兀不兒 速不兒​明譯 陸續​オ​​追​ひて​キ​​來​ぬ。​ヒトリ​​一人​​シロウマ​​白馬​​ヒト​​人​​ウマトリザヲ​​套馬竿​​ト​​執​りて​ヒトリ​​獨​にて​オヒツ​​追附​きて​キ​​來​ぬ。​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​イ​​言​はく「​トモ​​伴​よ、​ユミヤ​​弓箭​​ワレ​​我​におこせよ。​ワレ​​我​ ​イ ア​​射 合​はん」と​イ​​云​へり。​テムヂン​​帖木眞​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​​ユヱ​​故​​ナンヂ​​汝​ ​ガイ​​害​せられん。​ワレ​​我​ ​イ ア​​射 合​はん」と​イ​​云​ひて​ムカ​​逆​​カヘ​​回​​イ ア​​射 合​ひたり。​カ​​彼​​シロウマ​​白馬​​ヒト​​人​​ウマトリザヲ​​套馬竿​にて​サ​​指​して​タ​​立​てり。​アトベ​​後方​​トモラ​​伴等​​オヒツ​​追附​きて​キ​​來​ぬ。​ヒオ​​日落​ちて​サ​​去​れり。(日 去れるなり​タソガレ​​黃昏​となりて​キ​​來​ぬ。​アトベ​​後方​なる​カ​​彼​​シウ​​眾​は、​クラ​​暗​くなられて​タ​​立​ちて​ノコ​​殘​りたり。


§92(02:33:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボオルチユ​​孛斡兒出​の廉潔

 その​ヨ​​夜​ ​ユ​​行​​トホ​​通​し、​ミカ​​三日​ ​ミヨ​​三夜​ ​ユ​​行​​トホ​​通​して​イタ​​到​りぬ。​テムヂン​​帖木眞​ ​イ​​言​はく「​トモ​​伴​よ。​ワレ​​我​​ナンヂ​​汝​[の​タスケ​​助​​ヨ​​依​る]より​ホカ​​外​に、この​ウマ​​馬​どもを​ウ​​得​べきあらんや。​ワ​​分​​ア​​合​はん。​イク​​幾​つを​ト​​取​らんと​イ​​云​ふか」と​イ​​云​へり。​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​​ヨ​​好​​トモ​​伴​​ナンヂ​​汝​を「​ナヤ​​艱​みて​キ​​來​ぬ」と​イ​​云​ひて、​ヨ​​好​​トモ​​伴​​タスケ​​助​とならんとて、​トモ​​伴​となりて​キ​​來​ぬ、​ワレ​​我​​グワイサイ​​外財​​イ​​云​ひて​ト​​取​らんや、​ワレ​​我​​ワ​​我​​チヽ​​父​は、​ナク バヤン​​納忽 伯顏​​イ​​云​​モノ​​者︀​なり。​ナク バヤン​​納忽 伯顏​​ヒトリゴ​​獨子​にて​ワレ​​我​あり。​ワ​​我​​チヽ​​父​​タクハヘ​​貯蓄​は、​ワレ​​我​​マカ​​任​せあり。​ワレ​​我​​ト​​取​らず。​ワレ​​我​​タスケ​​助​となりたるは、​ナニ​​何​​タスケ​​助​とならん。​ト​​取​らず」と​イ​​云​へり。


§93(02:34:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ナク バヤン​​納忽 伯顏​の家に二人の歸着

 ​ナク バヤン​​納忽 伯顏​​イヘ​​家​​イタ​​到​れり。​ナク バヤン​​納忽 伯顏​は、その​コ​​子​ ​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ウシナ​​失​ひて、​ハナミヅ​​涕 ​ ​ナミダ​​涙​にて​ヰ​​居​けり。​タチマ​​忽​​イタ​​到​られて、その​コ​​子​​ミ​​見​て、​ヒト​​一​たびは​ナ​​哭​き、​ヒト​​一​たびは​アヤシ​​怪​めり。その​コ​​子​ ​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​イ​​言​[96]く「いかに​ナ​​爲​りなんや。​ヨ​​好​​トモ​​伴​ ​ナヤ​​艱​みて​キ​​來​たりき。​トモ​​伴​となりて​サ​​去​りき、​ワレ​​我​​イマ​​今​ ​キ​​來​ぬ」と​イ​​云​ひて、​ウマ​​馬​​カ​​驅​​サ​​去​りて、​ノ​​野​にて​フタ​​蓋​したる​オホカハヲケ​​大皮桶​ ​カハマス​​皮斗​​モ​​持​​キ​​來​ぬ。​テムヂン​​帖木眞​には、​コ​​肥​えたる​コヒツジ​​羔​​コロ​​殺︀​して、​カレヒ​​行糧​​アタ​​與​へて、​オホカハヲケ​​大皮桶​​モ​​盛​れる​モノ​​物​馬乳)を​トヽノ​​調​へて​カレヒ​​行糧​とせしめたり。​ナク バヤン​​納忽 伯顏​ ​イ​​言​はく「​フタリ​​二人​は、​ワカモノ​​少年​なり。​ナンヂラ​​汝等​ ​カエリ​​眷​​ア​​合​へ(眷顧せよ)。この​ノチ​​後​ ​ナ​​勿​ ​ス​​棄​​ア​​合​ひそ」と​イ​​云​へり。

​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​の家に​テムヂン​​帖木眞​の歸着

​テムヂン​​帖木眞​ ​サ​​去​りて​ミヨ​​三夜​ ​ミカ​​三日​ ​ユ​​往​きて、​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​にその​イヘ​​家​​イタ​​到​れり。​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​カツサル​​合撒兒​ ​ラ​​等​​オトヽ​​弟​ども​ウレ​​憂​へて​ヰ​​居​て、​ミ​​見​​ヨロコ​​歡​べり。


§94(02:36:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​テムヂン​​帖木眞​の迎へ兩親の送り

 それより​テムヂン​​帖木眞​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​フタリ​​二人​​デイ セチエン​​德 薛禪​の[​ムスメ​​女​]​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​元史​ボルテ フヂン​​孛兒台 旭眞​​ツヰシ​​追諡​ ​クワウケン ヨクセイ クワウゴウ​​光獻 翼聖 皇后​)を[​テムヂン​​帖木眞​]​コヽノツ​​九歲​なる​トキ​​時​ ​ミ​​見​​キ​​來​たるに​ヨ​​依​り、​ワカ​​分​れて​ヲ​​居​りしを、​ケルレン ムレン​​客魯嗹 木嗹​​シタガ​​沿​​タヅ​​尋​​ユ​​往​けり。(客魯嗹 河は、今の克魯倫 河にして、元史には曲綠憐とも怯綠連とも怯魯連とも怯呂連とも書けり。一名は臚朐 河とも云ひ、元史 太祖︀紀 十一年に盧朐 河、丘處機の西遊記に陸局 河、張徳輝の紀行に「北語云翕陸連、漢︀言驢駒 河也」と云ひ、金幼孜の北征錄に臚朐 河と云へり。​チエクチエル​​扯克徹兒​​チクルク​​赤忽兒忽​卷一の赤忽兒古​ニザン​​二山​​アヒダ​​閒​に、​デイ セチエン オンギラ​​德 薛禪 翁吉喇​は、そこに​ヲ​​居​りき。​デイ セチエン​​德 薛禪​は、​テムヂン​​帖木眞​​ミ​​見​て、​イタ​​甚​​オホヨロコビ​​大喜​して​イ​​言​はく「​タイチウト​​泰赤兀惕​なる​ナンヂ​​汝​​アニオトヽ​​兄弟​ ​ネタ​​嫉​めりと​シ​​知​りて​イタ​​甚​​ウレ​​憂​へて​ゼツバウ​​絕望​せり。やつと​ミ​​見​たるぞ、​ナンヂ​​汝​を」と​イ​​云​ひて、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​メアハ​​配​せて​オク​​送​れり。(帖木眞の孛兒帖と婚したるは、蒙古 源流に據れば、戊戌の年にして、帖木眞 十七歲の時なり。戊戌の年は我が高倉 天皇 治承 二年、宋の孝宗 淳熙 五年、金の大定 十八年、西紀 一一七八年なり。​オク​​送​​キ​​來​つる​デイ セチエン​​德 薛禪​は、​ミチ​​路​にて[97]​ケルレン​​客魯嗹​​ウラクチエル​​兀喇黑啜勒​​スミ​​隅​より​カヘ​​回​れり。その​ツマ​​妻​​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​ハヽ​​母​は、​シユタン​​搠壇​​イ​​云​ひき。​シユタン​​搠壇​は、​ムスメ​​女​​オク​​送​りて、​グレルグ​​古咧勒古​​ウチ​​內​なる​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​に[​テムヂン​​帖木眞​ ​ラ​​等​]​ヲ​​居​​トコロ​​處​​イタ​​致​して​キ​​來​ぬ。


§95(02:38:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ライゾク​​來屬​

 ​シユタン​​搠壇​​カヘ​​回​らしむると、[​テムヂン​​帖木眞​は、]​ベルグタイ​​別勒古台​を、​ボオルチユ​​孛斡兒出​を「​トモ​​伴​とならん」とて​ヨ​​喚​びて​ヤ​​遣​りぬ。​ボオルチユ​​孛斡兒出​は、​ベルグタイ​​別勒古台​に到らるゝと、(原文には「到らしむると」とあり。すべて蒙古語には、日本語にて受動に云ふべき所を令動に云へること多し。日本語として穩かならざる處は、受動に改めて譯せり。)その​チヽ​​父​​カタ​​語​らず、​キヨウセキ​​拱脊​​クリゲ​​栗毛​​ウマ​​馬​​ノ​​乘​リ、​アヲ​​靑​​ケゴロモ​​毛衣​​ウマ​​馬​​ツ​​駄​けて、​ベルグタイ​​別勒古台​​オナ​​同​じく​キ​​來​ぬ。かく​トモ​​伴​となれるに​ヨ​​依​り[この​ノチ​​後​ ​ナガク​​長​く]​ツカ​​事​ふる​コトノモト​​緣故​、かくあり。


§96(02:38:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​の移住

 ​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​より​タ​​起​ちて、​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​ミナモト​​源​なる​ブルギ エルギ​​不兒吉 額兒吉​不兒吉 がし 親征錄​ブルギ ガイ​​不魯吉 崖​)に​イヘヰ​​營盤​せんと​オ​​下​り(馬より下り)て、―​シユタン エケ​​搠壇 額客​​ヒキデモノ​​引出物​蒙語​シトクル​​失惕忽勒​明譯​ジヤウ​​上​​ケンスル​​見​ ​シウトシウトメニ​​公姑​​レイブツ​​禮物​)として​クロ​​黑​​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​モ​​持​​キ​​來​てありき。

​ケレイト​​客咧亦惕​​ワンカン​​王罕​​テムヂン​​帖木眞​ 兄弟のまみえ

―その​カハコロモ​​裘​を、​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​ミタリ​​三人​​モ​​持​ちて​ユ​​往​きて、「​サキ​​前​​ヒ​​日​ ​エスガイ カン エチゲ​​也速該 罕 額赤格​と(也速該 罕なる父。也速該 巴阿禿兒は、罕とならざりき、こゝに罕と云へるは、追王の義ならん。​ケレイト​​客咧亦惕​​タミ​​民​の(親征錄​ケレイ ブ​​克烈 部​元史には、克列、克烈、怯列、怯烈、怯列亦、怯里亦など書けり。​ワンカン​​王罕​親征錄​ワン カガン​​汪 可汗​元史 本紀​ワンハン​​汪罕​哈剌哈孫の傳、伯八の傳 王可汗)は、​アンダ​​安達​​イ​​云​​ア​​合​ひたりき。(安達は、親交なり。元史 太祖︀紀 安荅の注に「交物之友」畏荅兒の傳に「安達者︀、定交 不易之謂也」とあり。​ワ​​我​​チヽ​​父​​アンダ​​安達​​イ​​云​​ア​​合​ひたるは、​チヽ​​父​​ゴト​​如​くあるぞ」とて、​ワンカン​​王罕​​トウラ​​土兀剌​​カラトン​​合喇屯​​ア​​在​りと​シ​​知​りて​ユ​​往​きたり。(土兀剌は、河の名なり。親征錄 元史も同じ。唐書 鐵勒の傳に獨樂 河、回鴨の傳に獨邏 水、元史 巴而朮 阿而忒 的斤の傳に禿忽剌 水、張德輝の[98]紀行に獨渾剌 河とあり。今の土拉 河また圖拉 河なり。合喇屯は、黑林にて、今の昭莫多 卽ち 東庫倫 の地、または今の庫倫の南なる汗山 卽ち汗阿林の地なり。​ワンカン​​王罕​​トコロ​​處​​テムヂン​​帖木眞​ ​イタ​​到​りて​イ​​言​はく「​サキ​​前​​ヒ​​日​ ​ワ​​我​​チヽ​​父​​アンダ​​安達​​イ​​云​​ア​​合​ひたりき、​ナムチ​​爾​​チヽ​​父​にも​ヒト​​等​しくあるぞ」と​イ​​云​ひて、「​ツマ​​妻​​オ​​下​ろして​キ​​被​​タテマツ​​奉​る[​キウコ​​舅姑​への​レイブツ​​禮物​]を​ナムチ​​爾​​モ​​持​​キ​​來​ぬ」とて、​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​アタ​​與​へたり。

​ワンカン​​王罕​の喜び

​ワンカン​​王罕​ ​イタ​​甚​​ヨロコ​​喜​びて​イ​​言​はく「​クロ​​黑​​合喇​​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返禮​​合哩兀​に、​ハナ​​離​​合合察​れたる​ナンヂ​​汝​​ブシウ​​部眾​​アツ​​集​​含禿惕合​めて​アタ​​與​へん。​テウソ​​貂鼠​​不魯罕​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返禮​に、​チ​​散​​不塔喇​りたる​ナンヂ​​汝​​ブシウ​​部眾​​マト​​纏​​不古惕客勒都︀​​ア​​合​ひて​アタ​​與​へん。​コシ​​腰​​孛可咧​​サキ​​尖​​孛克薛​​コウシ​​腔子​​扯客咧​​ムネ​​胸​​扯額只​​ア​​存​れ(腹に胸に記憶して忘れじ)」と​イ​​云​へり。


§97(02:41:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ライゾク​​來屬​

 そこより​カヘ​​回​りて​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​​ヲ​​居​​トキ​​時​​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​より​ウリヤンカン​​兀哴罕​​ヒト​​人​ ​ヂヤルチウダイ エブゲン​​札兒赤兀歹 額不堅​札兒赤兀歹 翁。蒙古 源流​ヂヤルチユタイ​​札爾楚泰​)は、​カヌチ​​鍛冶​​フイゴ​​風匣​​オ​​負​ひて、​ヂエルメ​​者︀勒篾​親征錄 元史​ヂエリメ​​折里麥​蒙古 源流​ヂラマ​​濟拉瑪​)と​イ​​云​へる​コ​​子​​ヒ​​引​きて​キ​​來​て、​ヂヤルチウダイ​​札兒赤兒歹​ ​イ​​言​はく「​オナン​​斡難︀​​デリウン​​迭里溫​ ​コザン​​孤山​​ヲ​​居​​トキ​​時​​テムヂン​​帖木眞​ ​ウマ​​生​れたる、​テウソ​​貂鼠​​ムツキ​​襁褓​蒙語​ネルク​​捏兒克​明譯 裹兒袱)を​アタ​​與​へたりき、​ワレ​​我​。この​コ​​子​ ​ヂエルメ​​者︀勒篾​をも​アタ​​與​へたりき、​ワレ​​我​​チヒサ​​小​しとて​ツ​​伴​れて​サ​​去​れりけり。​イマ​​今​ ​ヂエルメ​​者︀勒篾​​クラ​​鞍​​額篾額勒​​オ​​置​かせ、​カド​​門​​額兀頭​​ア​​開​けさせよ」と​イ​​云​ひて​アタ​​與​へたり。


§98(02:42:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ホエルン ハヽ​​訶額侖 母​​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​の喚び起し

 ​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​ミナモト​​源​​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​​オ​​下​りて​ヲ​​居​​トキ​​時​​ヒトアサ​​一朝​ ​ハヤ​​早​く、​シラ​​白​​キ​​黃​ばみ​ア​​明​けんとする​トキ​​時​​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​イヘ​​家​​ウチ​​內​​ハタラ​​働​ける​ゴアクチン エメゲン​​豁阿黑臣 額篾堅​豁阿黑臣 嫗​オ​​起​きて​イ​​言​はく「​ハヽ​​母​​ハヽ​​母​​ト​​疾​​オ​​起​[99]よ。​ヂ​​地​ ​ユル​​搖​げり。​トヨミゴヱ​​震聲​ ​キコ​​聞​えたり。[​カツ​​嘗​て]​オビヤカ​​脅​したる​タイチウト​​泰赤兀惕​ ​キ​​來​つるならん。​ハヽ​​母​ ​ト​​疾​​オ​​起​きよ」と​イ​​云​へり。


§99(02:43:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


馬上の男女 九人

 ​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​ ​イ​​言​はく「​コ​​子​ともを​ト​​疾​​ヨ​​喚​​サマ​​覺​せ」と​イ​​云​ひて、​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​ト​​疾​​オ​​起​きたり。​テムヂン​​帖木眞​ ​ラ​​等​​コ​​子​どもも​ト​​疾​​オ​​起​きて、​ウマ​​馬​どもを​ト​​執​りて、​テムヂン​​帖木眞​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​カツサル​​合撒兒​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​カチウン​​合赤溫​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​テムゲ オツチギン​​帖木格 斡惕赤斤​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​ベルグタイ​​別勒古台​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​ボオルチユ​​孛斡兒出​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。​テムルン​​帖木侖​をば、​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​ ​フトコロ​​懷​​ツ​​駄​けたり。[​テムヂン​​帖木眞​のみは、](原文に脫ちたるを、明譯に據りて補ふ。​ヒト​​一​つの​ウマ​​馬​​ヒキウマ​​牽馬​​ソナ​​備​へたり。​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​には、​ウマ​​馬​ ​カ​​闕​けたり。



§100(02:44:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


車に​ノ​​乘​れる​ボルテ​​孛兒帖​ ​ゴアクチン​​豁阿黑臣​

 ​テムヂン​​帖木眞​ ​アニオトヽ​​兄弟​ども​ウマ​​馬​​ノ​​乘​りて、​ツト​​夙​​スナハ​​卽​​ブルカン​​不兒罕​​ノボ​​上​れり。​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​は、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​カク​​匿​さんと、​ヒト​​一​つの​クロ​​黑​​コシ​​輿​ある​クルマ​​車​​ノ​​乘​らしめて、​エウクワギウ​​腰花牛​腰に花紋ある牛)に​ヒ​​引​かせて、​テンゲリ ゴロカン​​騰格里 豁囉罕​に(騰格里 小河、卷一の統格黎克 小河と異なり。​サカノボ​​泝​​ウゴ​​動​きて​キ​​來​つる​トキ​​時​​アケボノ​​曙​​ホノカ​​仄​​ア​​明​くる​トキ​​時​​ムカヒ​​向​より​イクサ​​軍​​シウ​​眾​​ウマ​​馬​​ハシ​​走​らして​メグ​​旋​りて​イタ​​到​りて​キ​​來​て、「​ナニビト​​何人​ぞ、​ナンヂ​​汝​」と​ト​​問​へり。​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​は、​テムヂン​​帖木眞​のなり。​オホヤ​​大家​​ウチ​​內​​ヒツジ​​羊​​ケ​​毛​​キ​​剪​りて​キ​​來​つ。​オノ​​己​​イヘ​​家​​カヘ​​回​りて​ク​​來​るなり」と​イ​​云​へり。それより[​カレラ​​彼等​]​イ​​言​はく「​テムヂン​​帖木眞​は、​イヘ​​家​にありや。​イヘ​​家​は、いかに​トホ​​遠​き」と​イ​​云​へり。​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​[100]​イ​​言​はく「​イヘ​​家​は、​チカ​​近​くあり。​テムヂン​​帖木眞​には、​ア​​有​​ナ​​無​しには、​コヽロヅ​​心附​かざりき。[​イヘ​​家​の]​ウシロ​​後​より​オ​​起​くると​キ​​來​つ、​ワレ​​我​」と​イ​​云​へり。



§101(02:46:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボルテ​​孛兒帖​ 等 三女の​トラ​​虜︀​はれ

 ​カ​​彼​​イクサビト​​軍人​ども、かくて​カ​​驅​​サ​​去​れり​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​は、その​エウクワギウ​​腰花牛​​ムチウ​​鞭打​つと、​ト​​疾​​ユ​​行​かんとして、​クルマ​​車​​ヂク​​軸​​ヲ​​折​​サ​​去​れり。​ヂク​​軸​​オ​​折​られて、「​カチ​​徒​にて​ハヤシ​​林​​ハシ​​走​りて​イ​​入​らん」と​イ​​云​​ア​​合​へる​トキ​​時​​ツヾ​​續​きて​カ​​彼​​イクサビト​​軍人​ども、​ベルグタイ​​別勒古台​​ハヽ​​母​​テフキ​​疊騎​せしめ(尻馬に乘らせ)て、その​フタ​​二​つの​アシ​​足​​タ​​垂​れさせて、​カ​​驅​けて​イタ​​到​りて​キ​​來​ぬ。「この​クルマ​​車​​ウチ​​內​​ナニ​​何​​ノ​​載​せてあるか」と​イ​​云​へり。​ゴアクチン オウナ​​豁阿黑臣 嫗​ ​イ​​言​はく「​ケ​​毛​​ノ​​載​せてあり」と​イ​​云​へり。​カ​​彼​​イクサビト​​軍人​​アニ​​兄​ども​イ​​言​はく「​オトヽ​​弟​ども​コ​​子​ども​オ​​下​りて(馬より下りて​ミ​​見​よ」と​イ​​云​へり。​カレラ​​彼等​​オトヽ​​弟​ども​コ​​子​ども​オ​​下​りて、​ト​​戶​ある​クルマ​​車​​ト​​戶​​ト​​取​れば、​ウチ​​內​​キサキ​​妃​らしき​ヒト​​人​ ​ヰ​​居​て、その​ヒト​​人​​クルマ​​車​より​ヒ​​拖​きて​オロ​​降​して、​ゴアクチン​​豁阿黑臣​​フタリ​​二女​​テフキ​​疊騎​せしめて​ヒキ​​率​ゐると、​テムヂン​​帖木眞​​シリヘ​​後​より​クサ​​草​​フミワケ​​蹈分​​ヨ​​依​​アト​​跡​ ​ツ​​附​けて​ブルカン​​不兒罕​​ノボ​​上​れり。



§102(02:48:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​の三​メグ​​繞​

 ​テムヂン​​帖木眞​​シリヘ​​後​より​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​ミ​​三​たび​メグ​​繞​りて​エ​​獲​かねたり。​コナタ カナタ​​這廂 那廂​​イソ​​急​​マハ​​廻​れば​オチイ​​陷​​ヒヂ​​泥​ ​トホ​​通​れね​ハヤシ​​林​あり、​ア​​飽​ける​トコロ​​地​草木の繁れる處)、​キ​​鑽​​イ​​入​れば、​イ​​入​られずして​ケハ​​險​しく​シゲ​​密​く、その​シリヘ​​後​より​シタガ​​隨​ひて​エ​​獲​かねたりき。

三つの​メルキト​​篾兒乞惕​のし返し

​カレラ​​彼等​は、​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​なりき。​ウドイト メルキト​​兀都︀亦惕 篾兒乞惕​親征錄​ウドイ メルキ​​兀都︀夷 篾里乞​)の​トクトア​​脫黑脫阿​親征錄 元史​トト​​脫脫​)、​ウワス メルキト​​兀洼思 篾兒乞惕​​タイル ウスン​​歹兒 兀孫​​カアト メルキト​​合阿惕 篾兒乞惕​[101]​カアタイ ダルマラ​​合阿台 荅兒麻剌​。この​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​は、​サキ​​前​​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​チレド​​赤列都︀​卷一の也客 赤列都︀)より​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​られきとて、​イマ​​今​その​ウラミ​​怨​​ハラ​​霽​しに​キ​​來​つるなりき。​カ​​彼​​メルキト​​篾兒乞惕​ ​イ​​言​​ア​​合​へらく「​ホエルン​​訶額侖​​アタ​​讎​​ムク​​報​いんと、​イマ​​今​ ​カレ​​彼​​ヲミナ​​婦人​どもを​ト​​取​れり。​アタ​​讎​​ムク​​報​いたり、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​より​オ​​降​りて​オノ​​己​​イヘイヘ​​家家​​カヘ​​回​りたり。


§103(02:49:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​に救はれたる​テムヂン​​帖木眞​の感謝

 ​テムヂン​​帖木眞​は、​カ​​彼​​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​​マコト​​實​​オノ​​己​​イヘイヘ​​家家​​カヘ​​回​れりや​フ​​伏​したりやと、​ベルグタイ​​別勒古台​​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​ミタリ​​三人​を、​メルキト​​篾兒乞惕​​シリヘ​​後​より​ウカヾ​​偵​ひ、​ミ​​三​たび​ヤド​​宿​​シタガ​​随​はせて、​メルキト​​篾兒乞惕​​ハナ​​離​れさせて、​テムヂン​​帖木眞​は、​ブルカン​​不兒罕​​ウヘ​​上​より​オ​​下​りて、その​ムネ​​胸​​ウ​​椎​ちて​イ​​言​はく「​ゴアクチン エケ​​豁阿黑臣 額客​が(嫗の大功ありし故に母と貴びたるなり​イタチ​​鼬​​鎖耶合​となりて​キ​​聽​​莎那思​きたる​ユヱ​​故​に、​ギンソ​​銀鼠​​兀年​となりて​ミ​​見​​兀者︀​たる​ユヱ​​故​に、​モト​​本​​不敦​​ミ​​身​​ノガ​​躱​​不嚕兀敦​れんと、​ホダシ​​絆​​不吉牙​せる(足 繋ぎて轡なき​ウマ​​馬​にて、​シカ​​鹿​​不忽​​コミチ​​徑​​ワタ​​徑​りて、​ニレ​​楡​​不兒合孫​​エダ​​條​​イヘ​​家​​ヤヅク​​家作​らんと、​ブルカン​​不兒罕​​ウヘ​​上​​ノボ​​上​りき、​ワレ​​我​​ブルカン​​不兒罕​​ミタケ​​御獄​に、​シラミ​​蝨​​孛額速​​ゴト​​如​​イノチ​​命​​不勒只兀勒荅​​カク​​匿​されたり、​ワレ​​我​​ヒトリ​​獨​​合黑察罕​​イノチ​​命​​ヲシ​​惜​​合赤喇​まんと、​ヒト​​一​​合黑察​つの​ウマ​​馬​にて、​カンダスン​​罕荅孫​獸の名)の​コミチ​​徑​​ワタ​​徑​りて、​ヤナギ​​柳​​合勒合孫​​エダ​​枝​​イヘ​​家​​ヤヅク​​家作​らんと、​ミタケ​​御嶽​​合勒敦​​ウヘ​​上​​ノボ​​上​りき、​ワレ​​我​​ミタケ​​御嶽​​合勒敦​ ​ブルカン​​不兒罕​​アリ​​蟻​​合兒察​​ゴト​​如​​イノチ​​命​​スク​​救​​合勒合剌黑荅​はれたるぞ、​ワレ​​我​​イタ​​甚​​オソ​​恐​れさせられたり、​ワレ​​我​​ブルカン​​不兒罕​​ミタケ​​御嶽​​アサ​​朝​​馬納合兒​ごとに​マツ​​祭​​馬里牙速孩​れ、​ヒ​​日​​兀都︀兒​ごとに​イノ​​禱​​斡赤速孩​れ。​ワ​​我​​シソン​​子孫​​兀嚕渾​​シソン​​子孫​​兀嚕黑​ ​オボ​​覺​​兀合禿孩​​ヲ​​居​れ」とて、​ヒ​​日​​ムカ​​迎​へて、​オビ​​帶​​ウナジ​​項​​カ​​掛​けて、​バウ​​帽​​テ​​手​左手)に​モ​​持​​ソ​​添​へて、​テ​​手​右手)に​ムネ​​胸​​ウ​​椎​ちて、日に[​ムカ​​向​ひ]​コヽノ​​九​たび​ヒザマヅ​​跪​きて、​クワンテン​​灌奠​明譯​ヲ​​將​​ウマノチヽ​​馬妳​​ソヽギソナヘ​​灑奠​​キタウ​​祈︀禱​​サヽ​​捧​げたり。


成吉思 汗 實錄 卷の二 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。