成吉思汗実録/巻の一

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[60]

​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​イチ​​一​。(蒙古語の原の名は、​モンゴルン ニウチヤ トブチヤアン​​忙豁侖 紐察 脫卜察安​譯すれば蒙古の祕史。忙豁侖は蒙古の、紐察は祕密、脫卜察安は實錄なり。委しくは序論の初に言へり。明譯本には、元朝 祕史と題して、その下に分注 二行あり。右は、忙豁侖 紐察の五字なり。左は、脫卜察安の四字なるべきを、今の鈔本には、卜の字を脫せり。卜は、母音なき巴行の音を譯せる字にて、細字 旁書なるが故に、影寫の際 脫し易し。本文にも、トの字の脫ちたるは、屢あり。二行の分注に、右 五字にて左 三字なる筈なければ、トの脫ちたりけんこと疑ひなし。

​ゲンノ​​元​ ​タイソ​​太祖︀​ ​イマセルトキ​​在時​​バクホクノブンシン​​漠北文臣​​ムメイシ​​無名氏​​モテ​​以​​モウコブン​​蒙古文​​ウイウルモジヲ​​委兀兒字​​センジユツス​​撰述​

​ミンノ​​明​ ​コウブ​​洪武​​ジフゴネン​​十五年​​カンリンジコウ​​翰待講​​クワゲンケツ​​火原潔​​ラ​​等​​カンジニテ​​漢︀字​ ​オンヤクシ​​音譯​​ゾクゴニテ​​俗語​ ​ハウヤクス​​旁譯​

​ニツポン​​日本​​メイジ​​明治​​サンジフクネン​​三十九年​​モリオカノ​​盛岡​​ナカミチヨ​​那珂通世​​モテ​​以​​ワブンヲ​​和文​​チヨクヤクシ​​直譯​ ​フス​​附​​カウチウヲ​​校注​


§1(01:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ガンソ​​元祖︀​なる狼 鹿

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​オホモト​​根原​

 ​タカマノハラ​​上天​より​ミコト​​命​ありて​ウマ​​生​れたる​アヲ​​蒼​​オホカミ​​狼​ありき。(蒙語​ボルテ チノ​​孛兒帖 赤那​蒙古 源流​ブルテ チノ​​布爾特 齊諾​この注に引ける蒙古 源流は、乾隆︀の史臣の飜譯せる漢︀文の本なり。昨年 乙巳の九月、我が友 內藤 湖南は、盛京[61]の官庫にて、蒙古 源流の蒙古文の原本を得て寫し取れる由なり。その書は、蒙文 祕史に次ぎて、史學 文學に益ある珍書なり。その書に據りて漢︀譯本を考訂せんには、恰も蒙文 祕史に據りて明譯 俗文の誤謬を正し得るが如くなるべし。)その​ツマ​​妻​なる​ナマジロ​​慘白​​メジカ​​牝鹿​ありき。(蒙語​ゴアイ マラル​​豁埃 馬喇勒​蒙古 源流​ゴワ マラル​​郭斡 瑪喇勒​郭斡は、美しきなり​テンギス​​騰吉思​海︀ 又は大なる湖)を​ワタ​​渡​りて​キ​​來​ぬ。​オナン ムレン​​斡難︀ 木嗹​斡難︀ 河。今の​オノン ガハ​​鄂嫩 河​)の​ミナモト​​源​​ブルカン カルドン​​不兒罕 合勒敦​不兒罕 嶽、卽ち神︀が嶽。元史 闊闊の傳​ブリハン ハリドン​​不里罕 哈里敦​蒙古 源流​ブルガン ガラドン​​布爾干 噶拉敦​今の​ダイケンテ ザン​​大肯特 山​)に​イヘヰ​​營盤​して、​ウマ​​生​れたる​バタチカン​​巴塔赤罕​蒙古 源流​ビタチヤガン​​必塔察干​)ありき。


§2(01:01:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​バタチカン​​巴塔赤罕​より​カルチユ​​合兒出​まで八世

 ​バタチカン​​巴塔赤罕​​コ​​子​ ​タマチヤ​​塔馬察​蒙古 源流​テメチエク​​特墨︀徹克​)。​タマチヤ​​塔馬察​​コ​​子​ ​ゴリチヤル メルゲン​​豁哩察兒 篾兒干​篾兒干は善射者︀なり。蒙古 源流​ホリチヤル メルゲン​​和哩察爾 墨︀爾根​)。​ゴリチヤル メルゲン​​豁哩察兒 篾兒干​​コ​​子​ ​アウヂヤン ボロウル​​阿兀站 孛囉兀勒​蒙古 源流​アグヂム ボゴロル​​阿固濟木 博郭囉勒​)。​アウヂヤン ボロウル​​阿兀站 孛囉兀勒​​コ​​子​ ​サリ カチヤウ​​撒里 合察兀​蒙古 源流​サリ ガルヂグ​​薩里 噶勒濟固​)。​サリ カチヤウ​​撒里 合察兀​​コ​​子​ ​エケ ニドン​​也客 你敦​。(譯すれば大眼。蒙古 源流には​ニゲ ニドン​​尼格 尼敦​譯すれば獨眼、下の都︀蛙 鎻豁兒と混れたるに似たり。​エケ ニドン​​也客 你敦​​コ​​子​ ​セムソチ​​撏鎻赤​蒙古 源流​サムスチ​​薩木蘇齊​)。​セムソチ​​撏鎻赤​​コ​​子​ ​カルチユ​​合兒出​蒙古 源流​ハリ ハルチユ​​哈里 哈爾楚​)。


§3(01:02:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カルチユ​​合兒出​より曾孫まで

 ​カルチユ​​合兒出​​コ​​子​ ​ボルヂギダイ メルゲン​​孛兒只吉歹 篾兒干​孛兒只吉惕の善射者︀。蒙古 源流​ボルジヂタイ メルゲン​​博爾濟吉台 墨︀爾根​)は、​モンゴルヂン ゴア​​忙豁勒眞 豁阿​蒙古部の美女。蒙古 源流​モングルヂン ゴワ ハトン​​蒙古勒津 郭斡 哈屯​)と​イ​​云​​ツマ​​妻​ありき。​ボルヂギダイ メルゲン​​孛兒只吉歹 篾兒干​​コ​​子​ ​トロゴルヂン バヤン​​脫囉豁勒眞 伯顏​譯すれば脫囉豁勒部の富人 卽ち長者︀。蒙古 源流​ドラルヂン バヤン​​都︀喇勒津 巴延​)は、​ボロクチン ゴア​​孛囉黑臣 豁阿​蒙古 源流​ボロクチン ゴワ ハトン​​博囉克沁 郭斡 哈屯​)と​イ​​云​​ツマ​​妻​​ボロルダイ スヤルビ​​孛囉勒歹 速牙勒必​​イ​​云​​ワカタウ​​若黨​​ダイル​​荅亦兒​​ボロ​​孛囉​と云ふ​ニヒキ​​二匹​​スグ​​駿​れたる​キンキリウマ​​騸馬​ありき。​トロゴルヂン​​脫囉豁勒眞​​コ​​子​​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​蒙古 源流​ドワ ソホル​​都︀斡 索和爾​)、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​元史 太祖︀ 本紀、宗室 世系[62]表、陶宗儀の輟耕錄​トブン メリゲン​​脫奔 咩哩犍​蒙古 源流​ドブン メルゲン​​多本 墨︀爾根​​フタリ​​二人​ありき。


§4(01:03:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​​ヒトツメ​​獨眼​

 ​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​は、​ヒタヒ​​額​​ナカ​​中​​ヒトツメ​​獨眼​あり、​ミツカヂ​​三日程​​トコロ​​地​​ノゾ​​望​むなりき。


§5(01:03:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​の遠見

 ​ヒトヒ​​一日​ ​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​は、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​なる​オトヽ​​弟​​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​​ウヘ​​上​​ノボ​​上​れり。​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​は、​ブルカン ダケ​​不兒罕嶽​​ウヘ​​上​より​ノゾ​​望​みて、​トンゲリク ゴロカン​​統格黎克 豁囉罕​統格黎克 小河。元史 本紀​トンギリ フル​​統急里 忽魯​蒙古 源流​トンゲリク フルホン​​通格里克 呼魯歡​)に​シタガ​​沿​​ヒトムレ​​一羣​​タミ​​民​ ​タ​​起​ちて​イ​​入​りて​キ​​來​ぬるを​ノゾ​​望​みて​ミ​​見​て、


§6(01:04:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シヤゼン​​車前​の美女

 ​イ​​言​はく「​カ​​彼​​タ​​起​ちて​キ​​來​ぬる​タミ​​民​​ウチ​​內​に、​ヒト​​一​つの​クロ​​黑​​コシ​​輿​ある​クルマ​​車​​オルヂゲ​​完勒只格​明譯 車前、車の前室)に​ヒトリ​​一人​​オトメ​​女子​ ​カホヨ​​妍​きあり。​アタ​​與​へられず(嫁がず)あらば、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​ ​オトヽ​​弟​​ナンヂ​​汝​​タメ​​爲​​モト​​求​めん」と​イ​​云​ひて、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​ ​オトヽ​​弟​​ミ​​見​​ヤ​​遣​りぬ。


§7(01:04:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アラン ゴア​​阿闌 豁阿​​カホヨ​​妍​

 ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​カ​​彼​​タミ​​民​​トコロ​​處​​イタ​​到​れば、​ゲ​​實​にも​ウツク​​美​しく(蒙語 豁阿​カホヨ​​妍​​コヱ​​聲​聞え譽れ​ナ​​名​​オホ​​大​きなる​アラン ゴア​​阿闌 豁阿​阿闌 媛。豁阿は、美より轉じて、媛 卽ち美女なり。元史 本紀、世系表、輟耕錄、​アラン ゴホア​​阿蘭 果火​蒙古 源流​アルン ゴワ​​阿掄 郭斡​)の​ナ​​名​ありて、​ヒト​​人​にも​アタ​​與​へられざる​ヲトメ​​女子​なりき。


§8(01:05:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ゴリラルタイ メルゲン​​豁哩剌兒台 篾兒干​​ムスメ​​女​

 ​カ​​彼​​ムレ​​羣​ ​ヰ​​居​​タミ​​民​は、​マタ​​又​ ​コル バルクヂン トグム​​闊勒 巴兒忽眞 脫古木​闊勒 巴兒忽眞の隘處。親征錄、元史 本紀​バルフヂン ノ アイ​​八兒忽眞 之 隘​額兒忒曼は、巴兒古臣 禿古嚕姆と云ふ。今の拜喀爾湖の東岸なる​バルグチン​​巴爾古精︀​の地)の​ウシ​​主人​ ​バルグダイ メルゲン​​巴兒忽歹 篾兒干​巴兒忽惕部の善射者︀)の​ムスメ​​女​ ​バルクヂン ゴア​​巴兒忽眞 豁阿​巴兒忽眞 媛、巴兒忽惕 部の美女。蒙古 源流​バラゴチン ゴワ​​巴喇郭沁 郭斡​)と云ふ​ヲトメ​​女子​​ゴリ トマト​​豁哩 禿馬惕​の(喇失惕 額丁の蒙古 集史に依れは、禿馬惕は、巴兒古惕の中の一部落にして、巴兒古臣 禿古嚕姆の地に住めりと云ふ。されども下の阿哩黑 兀孫は、今の伊爾庫 河ならば、禿馬惕の地は、[63]拜喀爾 湖の西に在るべし。元史 兵志に、太僕寺の牧地「北踰火里 禿麻」とあるは、この地なり​クワンニン​​官人​ ​ゴリラルタイ メルゲン​​豁哩剌兒台 篾兒干​蒙古 源流​ゴリダイ メルゲン​​郭哩岱 默爾根​)に​アタ​​與​へられたりき。​ゴリ トマト​​豁哩 禿馬惕​​チ​​地​にて​アリク ウスン​​阿哩黑 兀孫​にて(阿哩黑の水。蒙古 源流​アリク ウスン​​阿哩克 烏遜​高寶銓の說に、今の伊爾庫租克 州の伊爾庫 河なりと云ふ。​ゴリラルタイ メルゲン​​豁哩剌兒台 篾兒干​の[​ツマ​​妻​]​バルクヂン ヒメ​​巴兒忽眞 媛​より​ウマ​​生​れたる​アラン ビメ​​阿闌 媛​​イ​​云​​ヲトメ​​女子​ ​シカ​​然​り。


§9(01:06:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ゴリラル​​豁哩剌兒​姓の起り

 ​ゴリラルタイ メルゲン​​豁哩剌兒台 篾兒干​は、​ゴリ トマト​​豁哩 禿馬惕​​チ​​地​​ウチ​​內​​テウソ​​貂鼠​ ​セイソ​​靑鼠​ ​ケダモノ​​野獸​ある​チ​​地​​サシト​​差止​​ア​​合​ひて(仲間內にて互に禁約して)、​ウレ​​憂​​ア​​合​ひて(明譯​ゴリ トマドン​​豁哩 禿馬敦​ ​ジメン​​地面​​テウソ​​貂鼠​ ​セイソ​​靑鼠​ ​ヤブツヲ​​野物​、被ラレ​ナカマウチニ​​自火裏​ ​キンヤクセ​​禁約​​ザル​​不​​エ​​得​​ウチトルヲ​​打捕​​ノ​​的​ ​ユヱニ​​上頭​​ウレヘテ​​煩惱了​)、​ゴリラル​​豁哩剌兒​禁約の蒙語。親征錄、元史、本紀、​ホルラス​​火魯剌思​​ウヂ​​姓​となりて、「​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​の、​ケダモノ​​野獸​​ト​​捕​るに​ヨ​​好​くある​トコロ​​地​ ​ヨ​​好​し」とて、​ブルカン ダケ​​不兒罕 嶽​​ウシ​​主人​ ​ブルカン​​不兒罕​ ​ボスカクサン​​孛思合黑三​ ​シンチ バヤン​​哂赤 伯顏​ ​ウリヤンカイ​​兀哴孩​譯すれば、不兒罕を起したる、名は哂赤 長者︀、姓は兀哴孩)の​トコロ​​處​​タ​​起​ちて​キ​​來​たりき。​ゴリ トマト​​豁哩 禿馬惕​​ゴリラルタイ メルゲン​​豁哩剌兒台 篾兒干​​ムスメ​​女​にて​アリク ウスン​​阿哩黑 兀孫​​ウマ​​生​れたる​アラン ビメ​​阿闌 媛​をそこに​モト​​求​めて​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​ト​​取​れる​コトノモト​​緣故​は、かくあり。


§10(01:07:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​の二子

 ​アラン ビメ​​阿闌 媛​​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​トコロ​​處​​キ​​來​て、​フタリ​​二人​​コ​​子​​ウ​​生​めり。​ブグヌタイ​​不古訥台​蒙古 源流​ベグンデイ​​伯衮徳依​)、​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​蒙古 源流​ベルグテイ​​伯勒格特依​)と​イ​​云​へるなりき。(下文に依れば、不古訥台は弟、別勒古訥台は兄なり。


§11(01:07:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​の四子

 ​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​なる​ソ​​其​の(朶奔 篾兒干の​アニ​​兄​は、​ヨタリ​​四人​​コ​​子​ありき。​シカ​​然​ある​ホド​​程​に、​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​なるその​アニ​​兄​は、​ナ​​無​くなれり(死にたり)。[64]​ドワ ソゴル​​都︀蛙 鎻豁兒​ ​ナ​​無​くなれる​ノチ​​後​、その​ヨタリ​​四人​​コ​​子​は、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​ ​ヲヂ​​叔父​​ミウチ​​親族​​ナ​​爲​さず、​アナド​​侮︀​りて​ワカ​​分​れて​ス​​棄​てて​タ​​起​てり。​ドルベン​​朶兒邊​ ​ウヂ​​姓​となり(朶兒邊は四つなり。兄弟 四人なるが故に、四つを以て姓となし)て、​ドルベン​​朶兒邊​親征錄、元史 本紀​ドルバン ブ​​朶魯班 部​)の​タミ​​民​​カレラ​​彼等​の[​シソン​​子孫​]は​ナ​​爲​れり。


§12(01:08:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ウリヤンカン​​兀哴罕​より鹿の燒肉を​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​の得たる

 その​ノチ​​後​​ヒトヒ​​一日​ ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​は、​トゴチヤク ウンドル​​脫豁察黑 溫都︀兒​脫豁察黑 高地、卽ち脫豁察黑岡)の​ウヘ​​上​​ケダモノガリ​​獸狩​​ノボ​​上​れり。​ハヤシ​​林​​ナカ​​中​にて​ウリヤンカン​​兀哴罕​種族の名。卽ち前の哂赤 伯顏の姓なる兀喰孩)の​ヒト​​人​​サンサイノシカ​​三歲鹿​​コロ​​殺︀​して、その​アバラ​​肋​その​ハラワタ​​臟腑​​ヤ​​燒​きて​ヲ​​居​るに​ア​​遇​ひて、


§13(01:08:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​ ​イ​​言​はく「​トモ​​友​よ、​ヤキジシ​​燒肉​を」と​イ​​云​ひき。「​アタ​​與​へん」と​イ​​云​ひて、その​ハイザウ​​肺臟​ある​ハラ​​腹​​カハ​​皮​​ト​​取​りて、​サンサイノシカ​​三歲鹿​​シヽ​​肉​ ​ミナ​​皆​​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​アタ​​與​へたり。


§14(01:09:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


鹿の肉と​バヤウト​​伯牙兀惕​の子との交易

 ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​は、その​サンサイノシカ​​三歲鹿​​ウマ​​馬​​ツ​​駄​けて​キ​​來​ぬるに、​ミチ​​路​にて​ヒトリ​​一人​​マヅ​​貧​しき​ヒト​​人​その​コ​​子​​ヒ​​引​きて​ユ​​行​くに​ア​​遇​ひて、


§15(01:09:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​ナンビト​​何人​ぞ、​ナンヂ​​汝​」と​ト​​問​へば、その​ヒト​​人​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​は、​マアリク​​馬阿里黑​名。蒙古 源流​マハライ​​瑪哈賚​​バヤウダイ​​伯牙兀歹​姓。元史​バヤウ​​伯岳吾​又 伯牙吾、輟耕錄 伯要歹)、​コンキウ​​困窮​して​ユ​​行​くなり。その​ケダモノ​​獸​​シヽ​​肉​より​ワレ​​我​​アタ​​與​へよ。​ワレ​​我​この​コ​​子​​ナンヂ​​汝​​アタ​​與​へん」と​イ​​云​ひき。


§16(01:09:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 ​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​は、その​コトバ​​言​につき、​サンサイノシカ​​三歲鹿​​カタカタ​​片方​​モヽ​​腿​​ヲ​​折​りて​アタ​​與​へて、​カレ​​彼​のその​コ​​子​​ツ​​伴​​キ​​來​て、​イヘ​​家​​ウチ​​內​​ツカ​​使​[65]​ス​​住​みたりき。


§17(01:10:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


男なき​アラン ビメ​​阿闌 媛​より三子の生れ

 かく​ス​​住​める​ホド​​程​に、​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​ ​ナ​​無​くなれり。​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​​ナ​​無​くなしたる​ノチ​​後​​アランヒメ​​阿闌媛​〈[#「阿闌媛」はママ。他の節︀では「阿闌 媛」でルビは「アラン ビメ」]〉は、​ヲトコ​​男​ ​ナ​​無​きに​ミタリ​​三人​​コ​​子​​ウ​​生​めり。​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​元史 本紀、世系表、輟耕錄​ボカン カダキ​​博寒 葛荅黑​蒙古 源流​ブグ ハタギ​​布固 哈塔吉​)、​ブカト サルヂ​​不合禿 撒勒只​元史、輟耕錄​ボカト サリヂ​​博合覩 撒里直​蒙古 源流​ボクド サルヂグ​​博克多 薩勒濟固​)、​ボドンチヤル モンカク​​孛端察兒 蒙合黑​元史、輟耕錄、孛端叉兒、蒙古 源流、勃端察兒)と​イ​​云​へるなりき。


§18(01:10:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


母の行ひを​サキ​​前​の二子の疑ひ

 ​サキ​​前​​ドブン メルゲン​​朶奔 篾兒干​より​ウマ​​生​れたる​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​​ブグヌタイ​​不古訥台​​フタリ​​二人​​コ​​子​は、その​ハヽ​​母​ ​アラン ビメ​​阿闌 媛​​カゲ​​背處​にて​イ​​言​​ア​​合​へらく「この​ワレラ​​我等​​ハヽ​​母​は、​アニオトヽ​​兄弟​なる​ボウシン​​房親​​ヒト​​人​夫の兄弟​ナ​​無​​ヲトコ​​男​外夫​ナ​​無​くありつゝ、この​ミタリ​​三人​​コ​​子​​ウ​​生​めり。​イヘ​​家​​ウチ​​內​​ヒトリ​​獨​ ​マアリク バヤウダイ​​馬阿里黑 伯牙兀歹​​コ​​子​あり。(子は、原文に古溫とありて、語譯には人と譯し、文譯には家人と譯したれども、古溫は、子の蒙語なる可溫の誤りなるべし。)この​ミタリ​​三人​​コ​​子​は、​カレ​​彼​のなるぞ」と​ハヽ​​母​​カゲ​​背處​にて​ウハサ​​噂​​ア​​合​へるを、その​ハヽ​​母​ ​アラン ビメ​​阿闌 媛​ ​サト​​覺​りて、


§19(01:11:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


束ねたる​ヤ​​箭​​タトヘ​​譬​

 ​ハル​​春​​ヒトヒ​​一日​​ラフヤウ​​臘羊​​ニ​​煮︀​て、​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​​ブグヌタイ​​不古訥台​​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​​ブカト サルヂ​​不合禿 撒勒只​​ボドンチヤル モンカク​​孛端察兒 蒙合黑​、この​イツタリ​​五人​​コ​​子​どもを​ナラ​​列​​ス​​坐​ゑて、​ヒトスヂ​​一條​づゝの​ヤ​​箭​を「折れ」と云ひて​アタ​​與​へたり。​ヒトスヂ​​一條​づゝをいかで​トヾ​​畱​めん、​ヲ​​折​りて​ノ​​去​けたり。​マタ​​又​ ​イツスヂ​​五條​​ヤ​​箭​​ヒト​​一​つに​ツカ​​束​ねて、「​ヲ​​折​れ」と​イ​​云​ひて​アタ​​與​へたり。​イツタリ​​五人​にて、​イツスヂ​​五條​ ​ツカ​​束​ねたる​ヤ​​箭​​ヒト​​人​ごとに​ト​​取​りて​マハ​​𢌞​して​ヲ​​折​りかねたり。


§20(01:12:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アラン ビメ​​阿闌 媛​​ベンカイ​​辨解​

 そこに​アラン ビメ​​阿闌 媛​なる​カレラ​​彼等​​ハヽ​​母​​イ​​言​へり。「​ナンヂラ​​汝等​[66]​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​​ブグヌタイ​​不古訥台​なる​ワ​​我​〈[#「が」は底本では「か」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​フタリ​​二人​​コ​​子​よ。​ワレ​​我​を「この​ミタリ​​三人​​コ​​子​​ウ​​生​めり。​タレ​​誰​​ナニ​​何​​コ​​子​なるか」と​ウタガ​​疑​​ア​​合​ひて​ウハサ​​噂​​ア​​合​へり。​ナンヂラ​​汝等​​ウタガ​​疑​ふも​モツトモ​​是​なり。


§21(01:13:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アマツカミ​​皇天​​ミコ​​御子​

 ​ヨ​​夜​ごとに​ヒカ​​光​​キイロ​​黃色​​ヒト​​人​​ヘヤ​​房​​ソラマド​​天窻​​トグチ​​戶口​​アカルミ​​明處​より​イ​​入​りて、​ワ​​我​​ハラ​​腹​​サス​​摩​りて、その​ヒカリ​​光​​ワ​​我​​ハラ​​腹​​ウチ​​內​​トホ​​透​るなりき。​イ​​出​づるには、​ヒツキ​​日月​​ヒカリ​​光​にて、​キイヌ​​黃狗​​ゴト​​如​​ハ​​爬​ひて​イ​​出​づるなりき。​カルハズミ​​輕率​​迭列篾​​ナン​​何​​イ​​言​ふ、​ナンヂラ​​汝等​​これ​​帖兀別兒​にて​ミ​​察​れば、​アキラ​​明​​忝迭克​かに​カレ​​彼​の(光る人の子)は、​アマツカミ​​皇天​​騰格哩​​ミコ​​御子​なるぞ。​クロ​​黑​​合喇​​カシラ​​頭​​帖哩兀​​ヒト​​人​謂はゆる黎民 又は黔首)に​クラ​​比​​合泥勒罕​べて​ナン​​何​​イ​​言​ふ、​ナンヂラ​​汝等​​カムクン カト​​合木渾 合惕​普き君、すめらぎ、合木渾 罕の複稱)とならば、​タミグサ​​民草​​合喇除思​はそこに​サト​​覺​らんぞ」と​イ​​云​へり。


§22(01:14:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワガフ​​和合​​ヲシ​​訓​

 ​マタ​​又​ ​アラン ビメ​​阿闌 媛​は、​イツタリ​​五人​​コ​​子​​ヲシ​​敎​ふる​コトバ​​言​​イ​​言​はく「​ナンヂラ​​汝等​​ワ​​我​​イツタリ​​五人​​コ​​子​は、​ヒトリ​​獨​​ハラ​​腹​より​ウマ​​生​れたり。​ナンヂラ​​汝等​は、​アタカ​​恰​​イツスヂ​​五條​​ヤ​​箭​​ゴト​​如​し。​ヒトリビトリ​​獨獨​にならば、​カ​​彼​​ヒトスヂ​​一條​づゝの​ヤ​​箭​​ゴト​​如​く、​タレ​​誰​にも​タヤス​​容易​​ヲ​​折​られん、​ナンヂラ​​汝等​​カ​​彼​​ツカ​​束​ねたる​ヤ​​箭​​ゴト​​如​く、​モロトモ​​諸︀共​​ヒト​​一​つの​ハカラヒ​​商量​あるとならば、​タレ​​誰​にも​タヤス​​容易​くは​ナン​​何​ぞならん(何ぞ敗られん)、​ナンヂラ​​汝等​」と​イ​​云​へり。かく​ス​​住​める​ホド​​程​に。​アラン ビメ​​阿闌 媛​なる​カレラ​​彼等​​ハヽ​​母​​ナ​​無​くなれり。


§23(01:14:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カサン​​家產​の分け合ひ

 その​ハヽ​​母​ ​アラン ビメ​​阿闌 媛​​ナ​​無​くなしたる​ノチ​​後​​アニオトヽ​​兄弟​ ​イツタリ​​五人​にて、​バグン​​馬羣​ ​リヤウシヨク​​糧食​​ワ​​分​​ア​​合​ふに、​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​​ブグヌタイ​​不古訥台​​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​​ブカト サルヂ​​不合禿 撒勒只​​ヨタリ​​四人​にて​トモ​​共​​ト​​取​れり。​ボドンチヤル モンカク​​孛端察兒 蒙合黑​​ヲヂナ​​弱​[67]くありとて、​ミウチ​​親族​​カゾ​​算​へず、​ワケマヘ​​分前​​アタ​​與​へざりき。


§24(01:15:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボドンチヤル​​孛端察兒​​ワビズマ​​侘住​

 ​ボドンチヤル​​孛端察兒​は、​ミウチ​​親族​​カゾ​​算​へられずして、「こゝに​ス​​住​みて​ナニ​​何​」と​イ​​云​ひて、​セガサ​​脊瘡​​豁勒荅阿哩​ある​ヲミジカ​​尾短​​豁多黎薛兀勒​​セグロ​​脊黑​​アヲウマ​​靑馬​​ノ​​乘​りて、「​シ​​死​なば​カレラ​​彼等​の[​オトヽ​​弟​]​シ​​死​なん。​イ​​活​きば​カレラ​​彼等​の[​オトヽ​​弟​]​イ​​活​きん」と​イ​​云​ひて、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​シタガ​​沿​​サ​​去​りて​ハナ​​放​ちたり(その身を自ら放ちたり)。​サ​​去​りて​バルヂユン アラ​​巴勒諄 阿喇​明本語譯には水名、文譯には地名。阿喇は、阿喇勒にて、河中島なり。巴勒諄 島は、斡難︀ 河の島なるべし。元史 本紀​バリトン アラン ノ チ​​八里屯 阿懶 之 地​)に​イタ​​到​りて、そこに​クサ​​草​​イホ​​菴​​ヘヤ​​房​​ツク​​作​りて、そこに​ス​​住​​ヰ​​居​たり。


§25(01:16:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワカタカ​​黃鷹​の育て

 かく​ス​​住​める​トキ​​時​​ヒナ​​雛​なる​ワカタカ​​黃鷹​​ノカケ​​野雞​​トラ​​捕​へて​ク​​喫​​ヰ​​居​るを​ミ​​見​て、​セガサ​​脊瘡​ある​ヲミジカ​​尾短​​セグロ​​脊黑​​アヲウマ​​靑馬​​ヲ​​尾​​ケ​​毛​にて​ワナ​​套​ ​ツク​​作​りて​トラ​​捕​へて​ソダ​​育​てたり。


§26(01:16:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​クヒモノ​​食物​の乏しさ

 ​ク​​喫​​クヒモノ​​食物​なく​ス​​住​めるには、​オホカミ​​狼​​キリギシ​​崖​にて​トリマ​​取卷​ける​ケダモノ​​獸​​ウカヾ​​窺​ひて​イ​​射​​コロ​​殺︀​して​ク​​喫​​ア​​合​ひ、​オホカミ​​狼​​ク​​喫​へる(喫ひ殘せる)を​ヒロ​​拾​ひて​ク​​喫​ひ、​オノレ​​己​​ノド​​喉​​マタ​​又​ ​ワカタカ​​黃鷹​​ヤシナ​​養​​ア​​合​ひ、その​トシ​​年​ ​ス​​過​ぎたり。


§27(01:17:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タカガリ​​鷹狩​​エモノ​​獲物​

 ​ハル​​春​になれり。​カモ​​鴨​ども​キ​​來​ぬる​トキ​​時​に、​ワカタカ​​黃鷹​​ウ​​飢​ゑさせて​ハナ​​放​てり。​カモカリ​​鴨雁​どもを、​カレキ​​枯木​​豁只兀剌思​ごとに​クサキカ​​臭氣​​荒失兀惕​を、​カワ​​乾​​洪只瓦列思​ける​キ​​木​ごとに​ナマグサ​​腥​​洪失兀惕​​カ​​氣​​キ​​聞​くまでに​オ​​置​きたり(明譯​トラヘ​​拏​​ウルヿ​​得​​ガアフヲ​​鵞鴨​​オホクテ​​多了​​クヒ​​喫​​ズ​​不​​ツクサ​​盡​​カケテ​​掛​​アリ​​在​​カク コジユノ ウヘニ​​各 枯樹 上​​スベテ クサクナレリ​​都︀ 臭了​)。


§28(01:17:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トンゲリク​​統格黎克​ ​ヲガハ​​小河​の民との交り

 ​ドイレン​​都︀亦嗹​明譯 山名)の​ウシロ​​背​より​トンゲリク​​統格黎克​ ​ヲガハ​​小河​​シタガ​​沿​ひ、​ムレビト​​羣民​ ​タ​​起​ちて​キ​​來​ぬ。​ボドンチヤル​​孛端察兒​​カ​​彼​​タミ​​民​​トコロ​​處​​ワカタカ​​黃鷹​​ハナ​​放​​ユ​​往​きて、​ヒル​​晝​[68]​ウマノチ​​馬乳​を[​モト​​求​めて]​ノ​​飮​みて、​ヨル​​夜​​クサ​​草​​イホ​​菴​​ヘヤ​​房​​キ​​來​​イ​​寢​ぬるなりき。


§29(01:18:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 ​カ​​彼​​タミ​​民​​ボドンチヤル​​孛端察兒​​ワカタカ​​黃鷹​​モト​​求​むれども、​アタ​​與​へざりき。​カ​​彼​​タミ​​民​​ボドンチヤル​​孛端察兒​​タレ​​誰​のとも​ナニ​​何​のとも​ト​​問​ふこと​ナ​​無​く、​ボドンチヤル​​孛端察兒​​カ​​彼​​タミ​​民​​ナニタミ​​何民​​ト​​問​​ア​​合​ふこと​ナ​​無​​オコナ​​行​​ア​​合​へり。


§30(01:18:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボドンチヤル​​孛端察兒​を兄の尋ね

 ​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​なるその​アニ​​兄​は、​ボドンチヤル モンカク​​孛端察兒 蒙合黑​ ​オトヽ​​弟​を「この​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​シタガ​​沿​​サ​​去​れり」とて​タヅ​​尋​​キ​​來​て、​トンゲリク​​統格黎克​ ​ヲガハ​​小河​​シタガ​​沿​​タ​​起​ちて​キ​​來​にける​タミ​​民​に「かくかくの​ヒト​​人​、かゝる​ウマ​​馬​あるなりき」とて​ト​​問​へば、


§31(01:19:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カ​​彼​の民の​ツ​​吿​

 ​カ​​彼​​タミ​​民​ ​イ​​言​はく「​ヒト​​人​​ウマ​​馬​も、​ナンヂ​​汝​​ト​​問​へるに​ニ​​似​たるあり。​ワカタカ​​黃鷹​あるにぞある。​ヒ​​日​ごとに​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​キ​​來​て、​ウマノチ​​馬乳​​ノ​​飮​みて​サ​​去​れり。​ヨル​​夜​​ケダシ​​蓋​いづくにか​ヤド​​宿​りけん。​ニシキタ​​西北​より​カゼ​​風​ ​オコ​​起​れば、​ワカタカ​​黃鷹​​ト​​捕​らせたる​カモカリ​​鴨雁​どもの​ハネケ​​翎毛​は、​ヒルガヘ​​飄​​ユキ​​雪​​ゴト​​如​​チ​​散​りて​ハ​​刮​かれて​ク​​來​るなり。こゝに​チカ​​近​くあるぞ。​イマ​​今​ ​ク​​來​​トキ​​時​となれり。​シバラ​​暫​​マ​​待​て」と​イ​​云​へり。


§32(01:20:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


弟を兄の​ツ​​伴​​カヘ​​歸​

 ​シバラ​​暫​くありて​トンゲリク​​統格黎克​ ​ヲガハ​​小河​​サカノボ​​泝​​ヒトリ​​一人​​ヒトク​​人​ ​ク​​來​るあり。​イタ​​到​りて​キ​​來​ぬれば​ボドンチヤル​​孛端察兒​なりき。​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​なるその​アニ​​兄​ ​ミ​​見​ると(蒙語、兀者︀ 額惕、見てすぐに、又は見るや否やの意にて、稍 輕し。以下すべて動詞の下に額惕なる後置詞ある時は、大抵「云云すると」と譯せり​ミト​​認​めて、​ヒ​​引​​ツ​​伴​れて、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​サカノボ​​泝​​ウマ​​馬​​カ​​驅​りて​サ​​去​[69]​ハナ​​放​ちたり(自由の身にしたり)。


§33(01:20:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カシラ​​頭​​エリ​​領​との​タトヘ​​譬​

 ​ボドンチヤル​​孛端察兒​は、​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​ ​アニ​​兄​​シリヘ​​後​より​シタガ​​隨​ひて、​ウマ​​馬​​カ​​驅​りて​ユ​​行​​ユ​​行​​イ​​言​はく「​アニ​​兄​​アニ​​兄​​ミ​​身​​カシラ​​頭​あり​コロモ​​衣​​エリ​​領​ある​ヨ​​善​し」と云へり。その​アニ​​兄​ ​ブク カタギ​​不忽 合塔吉​は、その​コト​​言​​ナニ​​何​とも​ナ​​爲​さ(思は)ざりき。


§34(01:21:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タトヘ​​譬​の意の問

 ​マタ​​又​その​コト​​言​​イ​​言​へども、その​アニ​​兄​​ナニ​​何​とも​ナ​​爲​さず、その​コタヘ​​答​​コヱ​​聲​せざりき。​ボドンチヤル​​孛端察兒​ ​ユ​​行​きて、​マタ​​又​その​コト​​言​​イ​​言​へり。その​コト​​言​につき、その​アニ​​兄​ ​イ​​言​はく「​サキホド​​先程​よりそれそれ​ナニ​​何​​コト​​言​をか言へる、汝」と云へり。


§35(01:21:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​オソ​​襲​​カス​​掠​むる​ハカ​​議​り合ひ

 それより​ボドンチヤル​​孛端察兒​ ​イ​​言​はく「​タヾイマ​​只今​​トンゲリク​​統格黎克​ ​ヲガハ​​小河​​ヲ​​居​​タミ​​民​は、​オホ​​大​​チヒサ​​小​​アシ​​惡​​ヨ​​好​​カシラ ヒヅメ​​頭 蹄​上下)なく​ヒトシナミ​​齊等​なり。​ヤスキ​​容易​​タミ​​民​なり。​ワレラ​​我等​​カレラ​​彼等​​オソ​​襲​はん」と​イ​​云​へり。


§36(01:22:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 それよりその​アニ​​兄​ ​イ​​言​はく「​ウベ​​諾​。(蒙語​ヂエ​​者︀​唯とも諾とも善しとも然りとも譯すべし。​シカ​​然​あらば、​イヘ​​家​​イタ​​到​りて、​アニオトヽ​​兄弟​とも​ハカ​​議​​ア​​合​ひて​カ​​彼​​タミ​​民​​オソ​​襲​はん」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、


§37(01:22:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


 ​イヘ​​家​​イタ​​到​ると、​アニオトヽ​​兄弟​ども​カタ​​談​​ア​​合​ひて​ウマ​​馬​​ノ​​乘​れり。(蒙語​モリラ バイ​​抹哩剌 罷​抹哩剌の本義は乘馬なれども、馬に乘りて征伐するを云ふ。以下は出馬 出征など譯せり。)その​ボドンチヤル​​孛端察兒​​サキガケ​​先驅​​ハシ​​奔​らせたり。


§38(01:22:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ハラ​​孕​める​ヲミナ​​婦人​​トリコ​​擒​

 ​ボドンチヤル​​孛端察兒​は、​サキガケ​​先驅​​ハシ​​奔​りて、​ハラ​​孕​める​ヲミナ​​婦人​​トラ​​拏​へて、「​ナニウヂ​​何姓​の人ぞ、​ナンヂ​​汝​」と​ト​​問​へり。その​ヲミナ​​婦人​ ​イ​​言​はく「​ヂヤルチウト​​札兒赤兀惕​​アダンカン​​阿當罕​[70] ​ウリヤンカ​​兀哴合​ ​ウヂ​​姓​兀哴罕の分族)、​ワレ​​我​」と​イ​​云​へり。


§39(01:23:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トラ​​虜︀​​カス​​掠​

 ​カ​​彼​​タミ​​民​​アニオトヽ​​兄弟​ ​イツタリ​​五人​にて​トラ​​虜︀​へて、​バグン​​馬羣​​阿都︀溫​​リヤウシヨク​​糧食​​ケニン​​家人​​哈闌​​メシツカヒ​​召使​​ス​​住​​阿灰​​ヰドコロ​​居處​​アリツ​​有付​きたり。


§40(01:23:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤダラン​​札荅㘓​ ​ウヂ​​姓​の祖︀なる​ヂヤヂラダイ​​札只喇歹​

 その​ハラ​​孕​める​ヲミナ​​婦人​は、​ボドンチヤル​​孛端察兒​​トコロ​​處​​キ​​來​​コ​​子​ ​ウ​​產​めり。​アダシビト​​他人​蒙語​ヂヤト イルゲン​​札惕 亦兒堅​)の​コ​​子​なりとて、​ヂヤヂラダイ​​札只喇歹​​ナ​​名​づけたり。(札只喇歹は、札荅喇歹とも云ふ。あだしの蒙語なる札惕の尾を變じたるにて、あだしきの意なり。蒙古 源流には​ワヂルタイ​​斡濟爾台​元史 世系表​チヤヂライ​​挿只來​。)​ヂヤダラン​​札荅㘓​​トホツオヤ​​遠祖︀​とその[​ヒト​​人​]は​ナ​​爲​れり。その​ヂヤダラダイ​​札荅喇歹​​コ​​子​ ​トグウダイ​​土古兀歹​​イ​​云​へるありき。​トグウダイ​​土古兀歹​​コ​​子​ ​ブリ ブルチル​​不哩 不勒赤嚕​ありき。​ブリ ブルチル​​不哩 不勒赤嚕​​コ​​子​ ​カラ カダアン​​合喇 合荅安​ありき。​カラ カダアン​​合喇 合荅安​​コ​​子​ ​ヂヤムカ​​札木合​親征錄 元史​ヂヤムカ​​札木合​)ありき。​ヂヤダラン​​札荅㘓​蒙古 源流​ワヂルタイ​​斡濟爾台​元史 孛禿の傳​ヂヤチラダイ​​札赤剌歹​​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。


§41(01:24:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​バアリン​​巴呵𡂰​ ​ウヂ​​姓​の祖︀なる​バアリダイ​​巴阿哩歹​

 その​ヲミナ​​婦人​​マタ​​又​ ​ボドンチヤル​​孛端察兒​より​ヒトリ​​一人​​コ​​子​​ウ​​生​めり。​トラ​​拏​へ(蒙語​バリ​​巴哩​)て​ト​​取​れる​ヲミナ​​婦人​なりとて、その​コ​​子​​バアリダイ​​巴阿哩歹​蒙古 源流​バガリタイ​​巴噶哩台​)と​ナ​​名​づけたり。​バアリン​​巴阿𡂰​親征錄​バリン​​霸鄰​元史​バリン​​八鄰​)の​トホツオヤ​​遠祖︀​とその[​ヒト​​人​]は​ナ​​爲​れり。​バアリダイ​​巴阿哩歹​​コ​​子​ ​チドクル ボコ​​赤都︀忽勒 孛闊​赤都︀忽勒 力士)。​チドクル ボコ​​赤都︀忽勒 孛闊​は、​ヲミナ​​婦人​ ​オホ​​多​くありき。その​コ​​子​ ​アマタ​​眾多​蒙語​メネム​​篾捏木​​ウマ​​生​れたり。​メネン バアリン​​篾年 巴阿𡂰​眾 巴阿𡂰​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。


§42(01:25:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アニオトヽ​​兄弟​ ​イツタリ​​五人​より出でたる五つの​ウヂ​​姓​

 ​ベルグヌタイ​​別勒古訥台​は、​ベルグヌト​​別勒古訥惕​ ​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​れり。​ブグヌタイ​​不古訥台​は、​ブグヌト​​不古訥惕​ ​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​れり。​ブグ カタギ​​不古 合塔吉​は、​カタギン​​合塔斤​親征錄、元史 本紀、​ハタギン​​哈荅斤​​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​れり。​ブカト サルヂ​​不合禿 撒勒只​は、​サルヂウト​​撒勒只兀惕​ ​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​れり。(親征錄、元史 本紀、[71]​サンヂウ ブ​​散只兀 部​元史に、珊竹、散朮台、散竹台、珊竹帶、撒里知兀䚟とも書けり。​ボドンチヤル​​孛端察兒​は、​ボルヂギン​​孛兒只斤​ ​ウヂ​​姓​となれり。(こは、曾祖︀父 孛兒只吉歹 篾兒干の名に依れるなり。蒙古 源流​ボルヂギン​​博爾濟錦​その複稱は、孛兒只吉惕にして、蒙古 游牧記に、博明の西齋偶得を引きて、今の蒙古の元裔は、みな博爾濟吉特 氏なりと云へり。


§43(01:25:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボドンチヤル​​孛端察兒​の子 ​カビチ​​合必赤​ ​ヂヤウレダイ​​沼咧歹​

 ​ボドンチヤル​​孛端察兒​​ヨバ​​通​へる​ヲミナ​​婦人​より​ウマ​​生​れたる​バリン シイラト カビチ​​巴啉 失亦喇禿 合必赤​元史、輟耕錄、​バリン シヘラト ハビチ​​八林 昔黑剌禿 哈必畜​蒙古 源流​ハビチ バートル​​哈必齊 巴圖爾​)と​イ​​云​へるありき。その​カビチ バアトル​​合必赤 巴阿禿兒​合必赤 勇士)の​ハヽ​​母​​ジウフ​​從婦​嫁ぎに從へる婦人)を​ボドンチヤル​​孛端察兒​ ​ヒ​​扯​きて​ヲ​​居​りき。​ヒトリ​​一人​​コ​​子​ ​ウマ​​生​れたり。​ヂヤウレダイ​​沼咧歹​​イ​​云​へるなりき。(原書には、沼兀咧歹と書けり。沼兀と書きても沼の一字と音同じき故に、兀の字を略けり。かゝる例は、後にもあまたあり。一一には註せず。​ヂヤウレダイ​​沼咧歹​は、​サキ​​前​​ヂユゲリ​​主格黎​明本 旁譯​ニテ​​以​​サヲ​​竿​​カケテ​​懸​​ニクヲ​​肉​​マツル​​祭​​テンヲ​​天​​トコロ​​處​)に​イ​​入​りたりき(明譯​ボドンチヤル​​孛端察兒​ ​アリシトキ​​在時​​ヲ​​將​​カレ​​他​​ナシ​​做​​コト​​兒​​サイシノ​​祭祀​ ​トキニオナジク​​時同​ ​サイシシ​​祭祀​ ​タリキ​​有來​)。


§44(01:26:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤウレイト​​沼咧亦惕​ ​ウヂ​​姓​

 ​ボドンチヤル​​孛端察兒​ ​ナ​​無​くなれる​ノチ​​後​、その​ヂヤウレダイ​​沼咧歹​を「​イヘ​​家​には​ツネ​​常​​アダンカ ウリヤンカダイ​​阿當合 兀哴合歹​卽ち前の阿當罕 兀哴合 姓)の​ヒト​​人​ ​ス​​住​めり。​カレ​​彼​のなるぞ」と​イ​​云​ひて、​サイテンシヨ​​祭天處​より​イダ​​出​して、​ヂヤウレイト​​沼咧亦惕​ ​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​して、​ヂヤウレイト​​沼咧亦惕​親征錄 元史​ヂヤウレイ​​照烈​また​チヤウレタイ​​召烈台​)の​トホツオヤ​​遠祖︀​とその[​ヒト​​人​]は​ナ​​爲​れり。


§45(01:26:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​メネン トドン​​篾年 土敦​の七子

 ​カビチ バアトル​​合必赤 巴阿禿兒​​コ​​子​ ​メネン トドン​​篾年 土敦​ありき。(元史本紀​メネン ドドン​​咩撚 篤敦​世系表 輟耕錄は、撚を麻と誤れり。蒙古 源流​マハ トダン​​瑪哈 圖丹​哈必齊の孫とせり​メネン トドン​​篾年 土敦​​コ​​子​ ​カチ クルク​​合赤 曲魯克​、(蒙古 源流​ハチ クルク​​哈齊 庫魯克​元史 世系表、輟耕錄は、誤りて旣拏 篤兒罕と云へり。​カチン​​合臣​、(世系表​カシヤン​​合產​敦必乃の第三子とせり。​カチウ​​合赤兀​、(世系表​カチユフ​​葛朮虎​敦必乃の長子とせり​カチユラ​​合出剌​、(世系表​カフラ ギリタン​​葛忽剌 急里擔​敦必乃の第二子とせり。​カチウン​​合赤溫​、(世系表​カチフン​​葛赤渾​敦必乃の第五子とせり​カラルダイ​​合㘓歹​、(世系表​ハララダイ​​哈剌喇歹​[72]敦必乃の第四子とせり。​ナチン バアトル​​納臣 巴阿禿兒​納臣 勇士。元史 本紀 世系表​ナチン​​納眞​朮赤台の傳​ラチン バード​​剌眞 八都︀​畏荅兒の傳 剌眞 八都︀兒​ナヽタリ​​七人​ありき。(輟耕錄の宗室 世系は、大抵 元史の世系表に同じ。蓋 世系表は、輟耕錄に據れるなり。この後 世系表を引ける場合には、輟耕錄をば必ずしも引かず。


§46(01:27:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


七子の子孫の​ウヂ​​姓​ども

 ​カチ クルク​​合赤 曲魯克​​コ​​子​ ​カイド​​海︀都︀​元史​ハイド​​海︀都︀​)は、​ノモルン エケ​​那莫侖 額客​那莫侖と云ふ母)より​ウマ​​生​れたるなりき。(元史 本紀は​モナルン​​莫挐倫​に作り、咩撚 篤敦の妻 海︀都︀の祖︀母とせり。​カチン​​合臣​​コ​​子​ ​ノヤギダイ​​那牙吉歹​​イ​​云​へるありき。​クワンニン​​官人​蒙語​ノヤン​​那顏​)ぶる​サガ​​性​ある​ユヱ​​故​に、​ノヤキン​​那牙勤​ ​ウヂ​​姓​となれり。(親征錄​ノエキン​​那也勤​元史​ノハカル​​那哈合兒​葛朮虎の子孫とせり。​カチウ​​合赤兀​​コ​​子​ ​バルラタイ​​巴嚕剌台​​イ​​云​へるありき。​オホ​​大​きなる​ミ​​身​にて​クヒモノ​​食物​​タケ​​健​く(蒙語​バル​​巴嚕​)ありき。​バルラス​​巴嚕剌思​ ​ウヂ​​姓​健啖氏)となれり。(世系表、八魯剌斯、大小 二族あり、皆 葛朮虎の子孫に非ず。​カチユラ​​合出剌​​コ​​子​も、​クヒモノ​​食物​​タケ​​健​​ユヱ​​故​に、​エケ バルラ​​也客 巴嚕剌​大 巴嚕剌​ウチユゲン バルラ​​兀出干 巴嚕剌​小 巴嚕剌)と​ナ​​名​づけて、​バルラス​​巴嚕剌思​ ​ウヂ​​姓​​ナ​​爲​して、​エルデント バルラ​​額兒點圖 巴嚕剌​​トドエン バルラ​​脫朶延 巴嚕剌​​カシラ​​頭​たる(――を頭とせる​バルラス​​巴嚕剌思​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。(世系表、大 八魯剌斯のみは、葛忽剌 急里擔の子孫にして、小 八魯剌斯は、合產の子孫とせり。​カラルダイ​​合㘓歹​​コ​​子​どもは、​カユメシ​​粥飯︀​蒙語​ブダアン​​不荅安​)を​アラソ​​爭​​ナウ​​腦​ ​カシラ​​頭​ ​ナ​​無​き(兄弟の閒に長上なき)故に、​ブダアト​​不荅阿惕​世系表​ボデアテ​​博歹阿替​​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。​カチウン​​合赤溫​​コ​​子​ ​アダルキダイ​​阿荅兒乞歹​​イ​​云​へるありき。​アニオトヽ​​兄弟​​アヒダ​​閒​​カンテフ​​閒諜​する(蒙語​アダルク​​阿荅兒黑​​ユヱ​​故​に、​アダルギン​​阿荅兒斤​親征錄 同じ。世系表​アダリギ​​阿荅里急​​ウヂ​​姓​となれり。​ナチン バアトル​​納臣 巴阿禿兒​​コ​​子​ ​ウルウダイ​​兀嚕兀歹​元史 朮赤台の傳​ウルウタイ​​兀魯兀台​)、​モンクタイ​​忙忽台​朮赤台の傳​モング​​忙兀​畏荅兒の傳​モングル​​忙兀兒​)と​イ​​云​へるありき。​ウルウト​​兀嚕兀惕​親征錄​ウルウ​​兀魯吾​世系表​ウチヤウト​​兀察兀禿​。察は、魯に作るべし。輟耕錄に據りて誤れり。)​モンクト​​忙忽惕​親征錄 元史​モング​​忙兀​)の​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​[73]​ナ​​爲​れり。​ナチン バアトル​​納臣 巴阿禿兒​​ヨバ​​通​へる​ヲミナ​​婦人​より​ウマ​​生​れたる​シヂユウダイ​​失主兀歹​​ドゴラダイ​​朶豁剌歹​​イ​​云​へるありき。


§47(01:29:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カイド​​海︀都︀​の三子の子孫の​ウヂ​​姓​ども

 ​カイド​​海︀都︀​​コ​​子​​ベ センゴル ドクシン​​伯 升豁兒 多黑申​、(元史 本紀​バイ シングル​​拜 姓忽兒​世系表 輟耕錄は、姓を住に誤れり、蒙古 源流​バイ シングル ドクシン​​拜 星呼爾 多克申​哈齊 庫魯克の子となせり。​チヤラカイ リンク​​察喇孩 領忽​、(領忽は、漢︀語 令公の轉なり。世系表​チヤラハ ニンクン​​察剌哈 寧昆​輟耕錄に察剌罕 寧兒とあるは、昆を兒に誤れるなり。​チヤウヂン オルテガイ​​抄眞 斡兒帖該​世系表​リヤフヂン ウトテガ​​獠忽眞 兀禿迭葛​禿は、兒の誤りなり。​ミタリ​​三人​ありき。​ベ センゴル ドクシン​​伯 升豁兒 多黑申​​コ​​子​ ​トンビナイ​​屯必乃​ ​セチエン​​薛禪​屯必乃 賢者︀。元史​トンビナイ​​敦必乃​蒙古 源流​トムバガイ チエチエン​​托木巴該 徹辰​)ありき。​チヤラカイ リンク​​察喇孩 領忽​​コ​​子​ ​シヤングン ビルゲ​​想昆 必勒格​世系表 誤りて​チナス​​直拏斯​)[ありき]。(この閒 脫文あり。明譯には、下の如き譯文あり。​シヤングン ビルゲ​​想昆 必勒格​​ウメリ​​生​​コヲ​​子​​イフ​​名​​アンバカイ​​俺巴孩​。)​アンバカイ​​俺巴孩​元史本紀​ハンブハイ ハン​​咸補海︀ 罕​蒙古 源流​アムバイ カン​​阿木拜 汗​​ラ​​等​は、​タイチウト​​泰赤兀惕​親征錄、元史 本紀、​タイチウ​​泰赤烏​世系表​タイチウト​​大丑兀禿​蒙古 源流​ダイチゴト​​岱齊果特​​ウヂ​​姓​となれり。​チヤラカイ リンク​​察喇孩 領忽​​アニヨメヅマ​​嫂妻​明譯​オサメテ​​收​​ス​​爲​​ツマト​​妻​)より​ウマ​​生​れたる​ベスタイ​​別速台​​イ​​云​へるありき。​ベスト​​別速惕​ ​ウヂ​​姓​元史 抄兒の傳​ベス ウヂ​​別速 氏​)と​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。​チヤウヂン オルテガイ​​抄眞 斡兒帖該​​コ​​子​どもは、​オロナル​​斡囉納兒​元史​オラナル ウヂ​​斡剌納兒 氏​又 斡耳納 氏 斡魯納台 氏)、​コンゴタン​​晃豁壇​元史 伯八の傳​コンカダン ウヂ​​晃合丹 氏​)、​アルラト​​阿嚕剌惕​元史​アルラ ウヂ​​阿魯剌 氏​また​アルラ ウヂ​​阿兒剌 氏​)、​シエニト​​雪你惕​​カブトルカス​​合卜禿兒合思​​ゲニゲス​​格泥格思​​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。


§48(01:30:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トンビナイ​​屯必乃​の二子

 ​トンビナイ セチエン​​屯必乃 薛禪​​コ​​子​​カブル カガン​​合不勒 合罕​合不勒 大君。元史​カブル カン​​葛不律 寒​蒙古 源流​ハブル カン​​哈布勒 汗​)、​セムセチユレ​​撏薛出列​ 二人ありき。​セムセチユレ​​撏薛出列​の子、​ブルテチユ バアトル​​不勒帖出 巴阿禿兒​親征錄​ブンタチユ バード​​奔搭出 拔都︀​)ありき。

​カブル カガン​​合不勒 合罕​の七子

​カブル カガン​​合不勒 合罕​​コ​​子​ ​ナヽタリ​​七人​ありき。その​コノカミ​​長​​オキン バルカク​​斡勤 巴兒合黑​、(をとめ巴兒合黑。顏好きが故に名づくと云ふ。世系表​コキン バラハハ​​窠斤 八剌哈哈​[74]窠は、窩の誤りならん。輟耕錄は、又 笛不の二字に誤れり。)[​ツギ​​次​は]​バルタン バアトル​​巴兒壇 巴阿禿兒​元史​バリダン​​八哩丹​蒙古 源流​バルダム バートル​​巴爾達木 巴圖兒​)、​クトクト モングル​​忽禿黑禿 蒙古兒​卷四に古を列とせり。親征錄​フドト モンナル​​忽都︀徒 忙納兒​元史​フドル メネル​​忽都︀魯 咩聶兒​)、​クトラ カガン​​忽圖剌 合罕​忽圖剌 大君。親征錄​フトラン カガン​​忽脫蘭 可汗​世系表​フルラ ハン​​忽魯剌 罕​)、​クラン​​忽闌​親征錄 世系表​フラン​​忽蘭​)、​カダアン​​合荅安​世系表​カダン バードル​​合丹 八都︀兒​)、​トドエン オツチギン​​脫朶延 斡惕赤斤​、(親征錄​トドン​​脫端​世系表​トドン オチギン​​掇端 斡赤斤​斡惕赤斤は、竈なり。轉じて家產の義となる。蒙古の俗、少子は父の遺產を受くる故に、斡惕赤斤 卽ち 竈君と稱す。元史には、斡赤斤、斡眞、斡嗔、斡陳など書けり。)この​ナヽタリ​​七人​ありき。


§49(01:30:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​オキン バルカク​​斡勤 巴兒合黑​​タネ​​胤​なる​ユルキ​​禹兒乞​ ​ウヂ​​姓​

 ​オキン バルカク​​斡勤 巴兒合黑​​コ​​子​ ​クトクト ユルキ​​忽禿黑禿 禹兒乞​ありき。(この人は、卷三にも卷四にも莎兒合禿 主兒乞とあれば、忽禿黑禿は、莎兒合禿の誤りにして、忽禿黑禿 蒙古兒と混じたるなり​クトクト ユルキ​​忽禿黑禿 禹兒乞​​コ​​子​​セチエ ベキ​​薛扯 別乞​別乞は、族長の稱。親征錄 元史 本紀​セチエ ベギ​​薛徹 別吉​)、​タイチユ​​台出​親征錄、元史 本紀、​タイチウ​​大丑​​フタリ​​二人​ありき。​ユルキ​​禹兒乞​親征錄​ユルキン​​月兒斤​​ウヂ​​姓​​カレラ​​彼等​​ナ​​爲​れり。


§50(01:31:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​バルタン​​巴兒壇​の四子

 ​バルタン バアトル​​巴兒壇 巴阿禿兒​​コ​​子​​モンゲト キヤン​​忙格禿 乞顏​乞顏は、合不勒 合罕の子孫、蒙古の嫡流の姓なり。孛兒只斤は、孛端察兒の子孫 總體の姓にして、我が經基王の子孫みな源氏と稱するが如く乞顏は、その宗家に限られ、我が 新田 足利 德川の如し。元史 本紀の​キヤウン​​奇渥溫​は、音 正しからず。世系表​モンキト キヤン​​蒙奇睹 黑顏​蒙古 源流​ムンゲト チエチエン​​孟格圖 徹辰​)、​ネクン タイシ​​捏坤 太石​太石は、漢︀語 太師の轉にして、遼代 以來 北人の美稱となれり。今は台吉と書き、タイヂと呼びて、蒙古の爵の名となれり。明本 音譯に太子と書けるは、譯人の誤りなり。蒙古には儲君なし。太子は、儲君にして、タイツと呼び、音 義みな違ふ。後來 元帝の諸︀子をみな太子と稱するは、皇子の義にして、太石とは又 別なり。世系表​ネグン タイシ​​聶昆 太司​蒙古 源流​ネグン タイシ​​訥衮 泰實​)、​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​親征錄 元史​レツソ シンゲン クワウテイ エスガイ​​烈祖︀ 神︀元 皇帝 也速該​蒙古 源流​イスガイ バートル​​伊蘇凱 巴圖兒​)、​ダリタイ オツチギン​​荅哩台 斡惕赤斤​、(親征錄​ダリタイ​​荅里台​元史 本紀​ダリタイ​​荅力台​世系表​ダリヂン​​荅里眞​眞は、直の誤りか。然らざれば、里眞の閒に台斡の二字脫ちたるなり。蒙古 源流​ダリダイ オヂギン​​達哩岱 諤濟錦​)、この​ヨタリ​​四人​ありき。

​クトクト モングル​​忽禿黑禿 蒙古兒​の子

​クトクト モングル​​忽禿黑禿 蒙古兒​​コ​​子​ ​ブリ ボコ​​不哩 孛闊​不哩 力士)ありき。​オナン​​斡難︀​​ハヤシ​​林​斡難︀ 河原の林)に​ウタゲ​​筵會​せる​トキ​​時​​ベルグタイ​​別勒古台​成吉思 汗の弟)の​カタ​​肩​​サ​​劈​​キ​​斫​[75]たるは、この​ヒト​​人​の[​ワザ​​業​]なりき。(この事、卷四にあり。


§51(01:31:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​クトラ カガン​​忽圖剌 合罕​の三子

 ​クトラ カガン​​忽圖剌 合罕​​コ​​子​​ヂユチ​​拙赤​親征錄​シユヂ カガン​​搠只 可汗​)、​ギルマウ​​吉兒馬兀​​アルタン​​阿勒壇​親征錄、元史本紀、​アンタン​​按壇​また​アンタン​​按彈​​ミタリ​​三人​ありき。

​クラン​​忽蘭​の子

​クラン バアトル​​忽蘭 巴阿禿兒​世系表​フラン バードル​​忽蘭 八都︀兒​)の​コ​​子​ ​エケ チエレン​​也客 扯嗹​ありき。​バダイ​​巴歹​​キシリク​​乞失黎黑​ ​フタリ​​二人​​ダルカン​​荅兒罕​​クワンニン​​官人​は、この人の[​ケニン​​家人​]なりき。(この二人の事は、卷五 卷六にあり。​カダアン​​合荅安​​トドエン​​脫朶延​ ​フタリ​​二人​は、​ウミノコ​​子孫​なかりき。


§52(01:32:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カブル​​合不勒​の後 ​アンバカイ​​俺巴孩​​ウシハ​​管​

 ​アマネ​​普​​モンゴル​​忙豁勒​全 蒙古 部)を​カブル カガン​​合不勒 合罕​ ​ウシハ​​管​きたり。(蒙古の酋長は、合不勒に至り始めて合罕と稱したり。大金 國志の熙宗 皇統 七年の處に「朦骨 酋長 熬羅 孛極烈、自稱祖︀元 皇帝」とある熬羅は、卽ち合不勒なり。金の皇統 七年は、我が近衞 天皇 久安 三年 丁卯、宋の高宗 紹興 十七年、西紀 一一四四年、成吉思 汗の生るゝより十五年前なり。​カブル カガン​​合不勒 合罕​​ノチ​​後​​カブル カガン​​合不勒 合罕​​コトバ​​言​にて、その​ナヽタリ​​七人​​コ​​子​あれども、​シヤングン ビルゲ​​想昆 必勒格​​コ​​子​ ​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​は、​アマネ​​普​​モンゴル​​忙豁勒​​ウシハ​​管​きたり。(忙豁勒の名は、甚だ古し。唐書 室韋の傳の蒙兀 室韋、松漠 紀聞の盲骨子、朦古、契丹 國志の蒙骨、蒙古里、遼史の萌古、蒙韃 備錄の蒙古斯、大金 國志の蒙骨子、朦骨、萌骨 等は、皆この忙豁勒なり。


§53(01:32:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​アンバカイ​​俺巴孩​​トラ​​拏​はれ

 ​ブユル ナウル​​不余兒 納兀兒​​コレン ナウル​​闊連 納兀兒​納兀兒は湖水。今の​ブイル ノール​​布伊爾 諾爾​​フルン ノール​​呼倫 諾爾​​ニコ​​二湖​​アヒダ​​閒​なる​ウルシウン ムレン​​兀兒失溫 木嗹​今の​ウルシユン ガハ​​烏爾順 河​)に​ヲ​​居​​アイリウト​​阿亦里兀惕​​ビルウト​​備嚕兀惕​二姓)なる​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​に、​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​は、​ムスメ​​女​​アタ​​與​へて、​ミヅカ​​自​らその​ムスメ​​女​​オク​​送​りて​ユ​​往​きたるに、​タタル​​塔塔兒​​ヂユイン​​主因​種姓)の​タミ​​民​は、​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​​トラ​​拏​へて、​キタト​​乞塔惕​の(契丹の複稱。蒙古人は、支那人を乞塔惕と云ひ、契丹人を合喇 乞塔惕と云ふ。​アルタン カガン​​阿勒壇 合罕​に(阿勒壇は、黃金なり。蒙語 乞塔敦 阿勒壇 合罕は、支那の金 皇帝、云ふに同じ。この金 皇帝は、廢帝 亮なるべし。​ヰ​​率​​ユ​​往​​トキ​​時​​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​は、​ベスト​​別速惕​​ヒト​​人​ ​バラカチ​​巴剌合赤​なる​ツカヒ​​使​もて​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るに、「​カブル カガン​​合不勒 合罕​​シチシ​​七子​​ナカ​​中​[76]なる​クトラ​​忽圖剌​​イ​​言​へ。[​マタ​​又​ ​ワ​​我​が]​ジツシ​​十子​​ウチ​​內​ ​カダアン タイシ​​合荅安 太石​​イ​​言​へ」とて​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るに、「​カムクン カガン​​合木渾 合罕​普き大君、すめら おほぎみ)、​クニ​​國​​ウシ​​主人​となりて、​ムスメ​​女​​ミヅカ​​自​​オク​​送​れることを​ワレ​​我​により​イマシ​​戒​めよ。​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​トラ​​拏​へられたり、​ワレ​​我​​イツ​​五​​塔奔​​ユビ​​指​​ツメ​​爪​ ​ハガ​​刷​​塔木​すまで、​トヲ​​十​​哈兒班​​ユビ​​指​​スリヘラ​​磨滅​​哈兀惕​すまで、​ワ​​我​​カタキ​​仇​​哈赤​​ムク​​報​​コヽロ​​試​みよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りき。


§54(01:34:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスガイ​​也速該​の妻狩

 その​コロ​​頃​ ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​は、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​タカ​​鷹​​ツカ​​使​​ユ​​行​​トキ​​時​​メルキト​​篾兒乞惕​親征錄 元史​メリキ ブ​​蔑里乞 部​)の​エケ チレド​​也客 赤列都︀​蒙古 源流​イケ チレト​​伊克 齊埓圖​)、​オルクヌウト​​斡勒忽訥兀惕​蒙古 源流​オルゴノト​​鄂勒郭諾特​)の​タミ​​民​より​ヲトメ​​女子​​ト​​取​りて​オク​​送​りて​キ​​來​ぬるに​ア​​遇​ひて、​ウカヾ​​偵​ひて​ミ​​見​れば、​カホバセ​​顏色​​コト​​殊​なる(殊色ある​ヲトメ​​童女​ ​キサキ​​貴女​なるを​ミ​​見​て、​イヘ​​家​​カヘ​​回​​ハシ​​奔​りて、​ネクン タイシ​​捏坤 太石​なる​アニ​​兄​​ダリタイ オツチギン​​荅哩台 斡惕赤斤​なる​オトヽ​​弟​​ヒキ​​率​ゐて​キ​​來​ぬ。


§55(01:35:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​の夫別れ

 ​イタ​​到​れば、​チレド​​赤列都︀​ ​オソ​​懼​れて、―​ハヤ​​速​​ウスキイロ​​淡黃色​​ウマ​​馬​ありき。その​ウスキイロ​​淡黃色​​ウマ​​馬​​モヽ​​腿​​ウ​​打​ちて、​オカ​​岡​​コ​​越​​カク​​躱​れたれば、その​シリヘ​​後​より​ミタリ​​三人​にて​ツヾ​​續​​ア​​合​ひたり。​チレド​​赤列都︀​は、​ヤマ​​山​​ハナ​​鼻​​メク​​繞​​カヘ​​回​りて、​クルマ​​車​​トコロ​​處​​キ​​來​ぬれば、そこに​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​〈[#「訶額侖 兀眞」は底本では「訶額命 兀眞」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉兀眞は、漢︀語 夫人の轉。元史​センイ クワウゴウ ウエルン​​宣懿 皇后 月倫​蒙古 源流​ウゲレン ハトン​​烏格楞 哈屯​​イ​​言​はく「​カ​​彼​​ミタリ​​三人​​ヒト​​人​​サト​​覺​れるか、​ナムヂ​​爾​​カオガオ​​顏顏​ ​アシ​​惡​くあり。​ナムチ​​爾​​イノチ​​命​〈[#ルビ「イノチ」は底本では「イノ」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​ト​​取​らん​ケシキ​​氣色​あり。​ナムチ​​爾​​イノチ​​命​だにあらば、​シヤゼン​​車前​​完勒只格​車の前室)ごとに​ヲトメ​​童女​​斡乞惕​​クロクルマ​​黑車​​合喇兀​ごとに​キサキ​​貴女​​合禿惕​あらん。​ナムチ​​爾​​イノチ​​命​だにあらば、​ヲトメ​​童女​ ​キサキ​​貴女​は得らるゝぞ、[77]​ナムチ​​爾​ ​コト​​異​なる​ナ​​名​のを​ホエルン​​訶額侖​​マタ​​又​ ​ナ​​名​づくべきぞ、​ナムチ​​爾​​イノチ​​命​​ノガ​​遁​れ、​ワ​​我​​カ​​香​​カ​​嗅​ぎて​ユ​​行​け」とて、​ミジカギヌ​​短衣​​ヌ​​脫​ぎて[​アタ​​與​へたるを、​チレド​​赤列都︀​]​ウマ​​馬​​ウヘ​​上​より​サグ​​探​りて​ト​​取​りたれば、​ミタリ​​三人​にて​ヤマ​​山​​ハナ​​鼻​​メグ​​繞​りて​イタ​​到​りて​キ​​來​ぬれば、​チレド​​赤列都︀​は、​ハヤ​​速​​ウスキイロ​​淡黃色​​ウマ​​馬​​モヽ​​腿​​ウ​​打​ちて、​イソ​​急​​ハシ​​走​りて​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​サカノボ​​泝​​ハシ​​走​れり。


§56(01:36:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​の泣言

 ​ミタリ​​三人​にて​アト​​後​より​オ​​追​ひて、​ナヽ​​七​つの​ヲカ​​岡​​コ​​越​ゆるまで​ハシ​​走​りて、​カヘ​​回​りて​キ​​來​​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​を(明譯補足​ツヽミモチサリ​​裹將去​)、​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​ ​タヅナ​​韁​​ヒ​​牽​きて​ネクン タイシ​​捏坤 太石​なるその​アニ​​兄​ ​ミチビキ​​嚮導​して、​ダリタイ オツチギン​​荅哩台 斡惕赤斤​なるその​オトヽ​​弟​ ​ナガエ​​轅​​ソ​​傍​ひて​ク​​來​​トキ​​時​​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​ ​イ​​言​はく「​ワ​​我​​セ​​兄​蒙語​アカ​​阿合​兄をも夫をも云ふ​チレド​​赤列都︀​は、​カゼ​​風​​克​​サカラ​​逆​​カミ​​髮​​客古勒​​ハラ​​拂​​客額速​はれたること​ナ​​無​​アレノ​​荒野​​客額兒​​チ​​地​​ハラ​​腹​​客額里​​ウ​​飢​ゑさせたること​ナ​​無​かりき。​イマ​​今​はいか​サマ​​樣​に。​フタ​​二​つの​ベンパツ​​辦髮​​ヒト​​一​たびは​セ​​背​​ウヘ​​上​​ヤ​​遣​りて、​ヒト​​一​たびは​フトコロ​​懷​​ウヘ​​上​​ヤ​​遣​りて、​ヒト​​一​たびは​マヘ​​前​​ム​​向​け、​ヒト​​一​たびは​ウシロ​​後​​ム​​向​け、いか​サマ​​樣​​ナ​​爲​して​サ​​去​れる」と​イ​​云​ひて、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​ナミタ​​波立​​脫勒乞思塔剌​たするまで、​ハヤシガハラ​​林河原​​槐主不兒​​トヨモ​​震動​​擣哩思塔剌​すまで、​オホゴヱ​​大聲​​ナ​​哭​きて​キ​​來​つる​トキ​​時​​ダリタイ オツチギン​​荅哩台 斡惕赤斤​ ​ソ​​傍​ひて​ユ​​行​きて​イ​​言​はく「​ナンヂ​​汝​​イダ​​抱​​帖別哩​ける[​ヒト​​人​]は、​タウゲ​​峠​​荅巴阿勒​​オホ​​多​​コ​​越​​荅巴​えたり。​ナンヂ​​汝​​ナ​​哭​​委剌荅​かるゝ[​ヒト​​人​]は、​ミヅ​​水​​兀速惕​​オホ​​多​​ワタ​​渡​れり。​サケ​​叫​​合亦剌​ぶとも、​カヘリ​​顧​​合剌亦​みて​ミ​​見​ざらん、​ナンヂ​​汝​を。​アト​​跡​​合亦​ ​オ​​追​ふとも、​カレ​​彼​​ミチ​​路​​合兀魯合​​エ​​得​ざらん、​ナンヂ​​汝​​モダ​​默​してよ」と​イ​​云​ひて​イサ​​諫​めたり。​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​を、​エスガイ​​也速該​は、かくてその​イヘ​​家​​ツ​​伴​​キ​​來​[78]ぬ。​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​​エスガイ​​也速該​​ツ​​伴​​キ​​來​ぬる​コトノモト​​緣由​、かくあり。


§57(01:39:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​クトラ​​忽圖剌​ ​ソクヰ​​卽位​​ウタゲ​​筵會​

 ​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​の、​カダアン​​合荅安​​クトラ​​忽圖剌​ ​フタリ​​二人​​ナ​​名​ざして​ヤ​​遣​りたるに​ヨ​​依​り、​アマネ​​普​​モンゴル​​忙豁勒​​タイチウト​​泰赤兀惕​は、​オナン​​斡難︀​​ゴルゴナク ヂユブル​​豁兒豁納黑 主不兒​豁兒豁納黑 河原、卽ち小河の河原)に​ツド​​聚​ひて、​クトラ​​忽圖剌​​カガン​​合罕​​カン​​罕​​カン​​罕​君の君、大罕 おほぎみ、舊史の​カガン​​可汗​)となせり。​モンゴル​​忙豁勒​​タノ​​樂​しき​オド​​踊​​ウタゲ​​筵會​ ​タノ​​樂​しくありき。​クトラ​​忽圖剌​​キミ​​君​​イタヾ​​戴​くと、​ゴルゴナク​​豁兒豁納黑​​シゲ​​繁​れる​キ​​木​​マハリ​​周圍​​アバラ​​肋​​合必兒合​だけの​ミゾ​​溝​​合兀魯合​​ヒザ​​膝​​額不都︀克​だけの​クボミ​​窪​​斡勒客克​となるまで​ヲド​​踊​れり。


§58(01:39:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​フクシウ​​復讎​​タヽカ​​戰​

 ​クトラ​​忽圖剌​​カガン​​合罕​となると、​カダアン タイシ​​合荅安 太石​​フタリ​​二人​​タタル​​塔塔兒​の民の​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​せり。​タタル​​塔塔兒​​コドン バラカ​​闊端 巴喇合​​ヂヤリ ブハ​​札里 不花​〈[#「札里 不花」は底本では「札里不花」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§58(01:39:10)の漢︀字音訳「札里-不花」に倣い二語に分割]〉 ​フタリ​​二人​​トコロ​​處​​ジフサン​​十三​たび​タヽカ​​戰​ひて、​アンバカイ カガン​​俺巴孩 合罕​​アダ​​讎​​斡雪兒​ ​カヘ​​復​​斡旋​​ウラ​​怨​​乞撒兒​​ムク​​報​​乞散​いかねたり。


§59(01:40:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​デリウン​​迭里溫​ ​コザン​​孤山​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ウマ​​生​

 そこに​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​は、​タタル​​塔塔兒​​テムヂン ウゲ​​帖木眞 兀格​親征錄​テムヂン オケ​​帖木眞 斡怯​)、​ゴリ ブハ​​豁哩 不花​親征錄​フル ブハ​​忽魯 不花​)が​カシラ​​頭​たる(――を始めとせる)​タタル​​塔塔兒​​トラ​​虜︀​へて​キ​​來​つれば〈[#「來つれば」は底本では「來つれは」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉、そこに​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​ ​ハラ​​孕​みてありて、​オナン​​斡難︀​​デリウン ボルダク​​迭里溫 孛勒荅黑​に(迭里溫 孤山。親征錄​デリウン ボンダ ザン​​跌里溫 盤陀 山​蒙古 源流​デリグン ブルタク チハウ​​德里衮 布勒塔克 地方​揑兒臣思克に居りし露西亞の商人 裕啉思奇、その地を尋ね得て、鄂嫩 河の右岸にて也客 阿喇勒 洲の上流 七 ヹルストにありと云へり。​ヲ​​居​​トキ​​時​​マサ​​正​にそこに​チンギス カガン​​成吉思 合罕​元史​タイソ ハフテン ケイウン セイブ クワウテイ​​太祖︀ 法天 啓運 聖武 皇帝​​ガウス​​號​​チンギス クワウテイト​​成吉思 皇帝​蒙古 源流​ソド ボグダ チンギス カン​​索多 博克達 靑吉斯 汗​​ウマ​​生​れき。​ウマ​​生​るゝ​トキ​​時​​ミギ​​右​​テ​​手​​ヒセキ​​髀石​蒙古の羣兒 擲ちて戯れとする玩具、獸骨を以て作り、光澤あり玉の如し。蒙語​シア​​失阿​)の​ゴト​​如​​チコヾリ​​血塊​​ニギ​​握​りて​ウマ​​生​れき。​タタル​​塔塔兒​​テムヂン ウゲ​​帖木眞 兀格​[79]​ヰ​​率​​キ​​來​つる​トキ​​時​ ​ウマ​​生​れたりとて、​テムヂン​​帖木眞​親征錄 同じ。元史​テムヂン​​鐵木眞​蒙古 源流​テムヂン​​特穆津​)の​ナ​​名​​アタ​​與​へたること、かくあり。(この年は、我が二條 天皇 應保 二年 壬午、宋の高宗 紹興 三十二年、金の世宗 大定 二年、西紀 一一六二年 なり。


§60(01:41:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスガイ​​也速該​の四子 一女

 ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​​ホエルン ウヂン​​訶額侖 兀眞​より、​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​​カチウン​​合赤溫​​テムゲ​​帖木格​、この​ヨタリ​​四人​​コ​​子​ ​ウマ​​生​れたり。​テムルン​​帖木侖​​イ​​云​​ヒトリ​​一人​​ムスメ​​女​ ​ウマ​​生​れたり。​テムヂン​​帖木眞​ ​コヽノツ​​九歲​なる​トキ​​時​​ヂユチ カツサル​​拙赤 合撒兒​元史本紀​ハツサル​​哈撒兒​輟耕錄​シワウ シユチ ハツサル​​淄王 搠只 哈撒兒​世系表​シユチ ハル ワウ​​搠只 哈兒 王​撒の字を脫せり。蒙古 源流​ハツサル​​哈薩兒​)は、​ナヽツ​​七歲​なりき。​カチウン エルチ​​合赤溫 額勒赤​輟耕錄​セイワウ ハチウン​​濟王 哈赤溫​世系表​ハチウン ダイワウ​​哈赤溫 大王​蒙古 源流​ハヂギン​​哈濟錦​)は​イツヽ​​五歲​なりき。​テムゲ オツチギン​​帖木格 斡惕赤斤​世系表​テムゲ オチギン コクワウ​​鐵木哥 斡赤斤 國王​蒙古 源流​オチユゲン​​諤楚肯​)は、​ミツ​​三歲​なりき。​テムルン​​帖木侖​元史 諸︀公主表​シヤウコク タイチヤウコウシユ テムルン​​昌國 大長公主 帖木倫​)は、​ウバグルマ​​繃車​​ア​​在​りき。(帖木眞 九歲なる時は、我が高倉 天皇 嘉應 二年 庚寅、宗の孝宗 乾道 六年、金の大定 十年、西紀 一一七〇年なり。


§61(01:42:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスガイ​​也速該​​デイ セチエン​​德 薛禪​​デア​​出遇​

 ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​は、​テムヂン​​帖木眞​​コヽノツ​​九歲​なる​トキ​​時​​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​訶額侖なる母)の​サトカタ​​外家​なる​オルクヌウト​​斡勒忽納兀惕​​タミ​​民​​トコロ​​處​にて、​カレ​​彼​帖木眞)の​ハヽカタ​​母方​​ヲヂ​​舅​だちより​ムスメ​​息女​​モト​​求​めんとて、​テムヂン​​帖木眞​​ヰ​​率​​ユ​​往​きたり。​ユ​​往​​トキ​​時​​チエクチエル​​扯克徹兒​​チクルグ​​赤忽兒古​ ​ニザン​​二山​​アヒダ​​閒​にて、​オンギラト​​翁吉喇惕​〈[#ルビ「オンギラト」は底本では「オン ラト」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉親征錄 元史​ホンギラ​​弘吉剌​蒙古 源流​ホンギラト​​鴻吉喇特​)の​デイ セチエン​​德 薛禪​親征錄、元史 大祖︀紀​デイ​​迭夷​元史 本傳​テ セチエン​​特 薛禪​蒙古 源流​ダイ チエチエン​​岱 徹辰​)に​ア​​遇​へり。(二山の地は、いまだ考へ得ず。只、露西亞の地圖を見るに、呼倫 諾爾の西南 六十餘里、克魯倫 河の北岸に齊克提喇克と云ふ處あり、二山の名と音近し。


§62(01:42:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​デイ セチエン​​德 薛禪​ ​エスガイ​​也速該​の問答

 ​デイ セチエン​​德 薛禪​ ​イ​​言​はく「​エスガイ​​也速該​ ​クダ​​忽荅​也速該なる親家 卽ち緣者︀)。​タレ​​誰​​トコロ​​處​​サ​​指​[80]てか​キ​​來​つる」と​イ​​云​ひき。​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​ ​イ​​言​はく「この​ワ​​我​​コ​​子​​ハヽカタ​​母方​​ヲヂ​​舅​なる​オルクヌウト​​斡勒忽納兀惕​​タミ​​民​​トコロ​​處​にて​ヲトメ​​少女​​モト​​求​めんとて​キ​​來​つ」と​イ​​云​ひき。​デイ セチエン​​德 薛禪​ ​イ​​言​はく「この​ナンヂ​​汝​が子は、​メ​​目​​你敦​​ヒ​​火​​合勒​あり、​メン​​面​​你兀兒​​ヒカリ​​光​​格咧​ある​コ​​子​なり。


§63(01:43:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​デイ セチエン​​德 薛禪​​ヨ​​吉​き夢

 ​エスガイ​​也速該​ ​シンカ​​親家​​ワレ​​我​、この​ヨ​​夜​昨夜)、​ユメ​​夢​​ユメ​​夢​みたり、​ワレ​​我​​シロ​​白​​カイセイ​​海︀靑​鷹の一種)は、​ヒツキ​​日月​ ​フタ​​二​つを​トラ​​拏​へ、​ト​​飛​びて​キ​​來​​ワ​​我​​テ​​手​​ウヘ​​上​​オ​​落​ちたり。この​ユメ​​夢​​ヒト​​人​​カタ​​語​らく「​ヒツキ​​日月​は、​ノゾ​​望​みて​ミ​​見​らるゝなりき。今この​カイセイ​​海︀靑​は、​トラ​​拏​へて​モ​​持​​キ​​來​​ワ​​我​​テ​​手​​オ​​落​ちたり。​シロ​​白​​トリ​​鳥​は、​マタ​​又​蒙語​チヤガン バウ バイ​​察罕 保兀 罷​察罕は白き、保兀は降り、罷は「たり」なり。白 降りたりにては、意 通ぜず。思ふに、保の上に失の字を脫し、罷は巴の誤讀ならん。失保兀は鳥、巴は又なり。​ナニ​​何​をもてかく​ヨ​​善​​ミ​​見​せたらん(白き以下を、明譯は、節︀略して、必然好の三字に譯せり)」と​イ​​云​ひて[ありき]。​エスガイ​​也速該​ ​シンカ​​親家​。この​ワ​​我​​ユメ​​夢​は、​ナンヂ​​汝​を、​タヾ​​只​その​コ​​子​​ヒ​​引​きて​ク​​來​るを​ミ​​見​たるなりき。​ユメ​​夢​​ヨ​​善​​ユメ​​夢​みたり。いかなる​ユメ​​夢​ならん。​ナンヂラ​​汝等​ ​キヤト​​乞牙惕​乞顏の複稱。蒙古 源流​キヤト​​卻特​)の​タミ​​民​​メデタキシルシ​​吉兆​​キ​​來​​ツ​​吿​げたるなりき。


§64(01:44:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


美女を出す​クニ​​國​

 ​ワレラ​​我等​ ​オンギラト​​翁吉喇惕​​タミ​​民​は、​ムカシ​​昔​​ヒ​​日​より​メヒ​​甥女​​者︀額​​スガタ​​姿​​只孫​​ムスメ​​息女​​斡勤​​カホバセ​​顏色​​汪格​ある[​トコロ​​處​にて、​タコク​​他國​​合鄰​]​ブラク​​部落​​アラソ​​爭​はず、​ホヽ​​腮​​合察兒​ ​ウツク​​美​しき​ヲトメ​​女子​らを、​ナンヂラ​​汝等​​オホギミ​​大君​​合罕​となれる​モノ​​者︀​に[​アタ​​與​へ]​オホグルマ​​大車​​合撒黑帖兒堅​​ノ​​載​せて、​クロ​​黑​​合喇​ ​ラクダ​​路駝​​不兀喇​​カ​​駕​して、​ギヨ​​馭​​合塔喇​せしめて​ユ​​往​きて、​キサキ​​妃​​合屯​​クラヰ​​位​​ヒト​​一​​含禿​つに(君と共に​スワ​​坐​らせたり、​ワレラ​​我等​​ブラク​​部落​​兀魯思​ ​ジンミン​​人民​​アラソ​​爭​​ず​​兀祿​​カホバセ​​顏​​汪格​ ​ヨ​​好​​ヲトメ​​女子​​斡乞惕​らを​ソダ​​育​​斡思格​てて、​車前​​完勒只格​ある​クルマ​​車​​ノ​​載​​兀訥兀兒​せて、​アヲグロ​​靑黑​​斡列​ ​ラクダ​​駱駝​​不兀喇​​カ​​駕​して​オク​​送​​額兀思格​りて、​往き​​斡惕​[81]て、​タカ​​高​​溫都︀兒​​クラヰ​​位​​カタヘ​​傍​​斡咧額列​なる​ソバ​​側​​額帖惕​​スワ​​坐​らせたり、​ワレラ​​我等​​ムカシ​​昔​より​オンギラト​​翁吉喇惕​​タミ​​民​は、​キサキ​​妃​​合屯​​ダンハイ​​團牌​​合勒合​明譯に從ふ。楯、唐團扇の類︀、貴女の體を蔽ふ者︀)ある、​ヲトメ​​女子​​斡乞惕​らの​ミヤヅカヘ​​奏事​​斡赤勒​する、​メヒ​​甥女​​者︀額​​スガタ​​姿​​只孫​​ムスメ​​息女​​斡勤​​カホバセ​​顏色​​汪格​​ヨ​​依​​トコロ​​處​なりき、​ワレラ​​我等​


§65(01:45:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ムスメ​​息女​を見せに​デイ セチエン​​德 薛禪​の導き

 ​ワレラ​​我等​​ヲ​​男​​訥溫​​コ​​子​​イヘヰ​​營盤​​嫩禿黑​明譯​カダウ​​家道​)を​ノゾ​​望​む。​ワレラ​​我等​​メ​​女​​斡勤​​コ​​子​は、​カホバセ​​顏色​​汪格​​ミ​​見​らる。​エスガイ​​也速該​ ​シンカ​​親家​​ワ​​我​​イヘ​​家​​ユ​​往​かん。​ワ​​我​​ムスメ​​息女​​チヒサ​​小​くあり。​シンカ​​親家​ ​ミ​​見​よ」と​イ​​云​ひて、​デイ セチエン​​德 薛禪​は、その​イヘ​​家​​ミチビ​​導​きて、​ウマ​​馬​より​オ​​下​りたり。


§66(01:46:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​イヒナヅケ​​許嫁​​ヤク​​約​

 その​ムスメ​​女​​ミ​​見​れば​メン​​面​​你兀兒​​ヒカリ​​光​​格咧​あり​メ​​目​​你敦​​ヒ​​火​​合勒​ある​ヲトメ​​女子​[なる]を​ミ​​見​て、​コヽロ​​心​​イ​​入​らしめたり(心に適へり)。​テムヂン​​帖木眞​より​ヒトヽセ​​一年​ ​オホ​​大​きく、​トヲ​​十​なりき。​ボルテ​​孛兒帖​元史 后紀表​ボルテ​​孛兒台​蒙古 源流​ブルデ​​布爾德​)と​イ​​云​ふ。​ヨルヤド​​夜宿​りて、​アシタ​​明朝​その​ムスメ​​女​​モト​​求​むれば、​デイ セチエン​​德 薛禪​ ​イ​​言​はく「​アマタタビ​​多遍​ ​モト​​求​めさせて​アタ​​與​ふれば、​タフト​​貴​ばる。​ワヅカニ​​少遍​ ​モト​​求​めさせて​アタ​​與​ふれば、​イヤシ​​賤​めらる。[されども]​ニヨニン​​女人​​メイ​​命​女となる天の命)に​ウマ​​生​れたるは、​カド​​門​​ウチ​​內​​オ​​老​ゆること​ナ​​無​し。​ムスメ​​女​をも​アタ​​與​へん。その​コ​​子​​ムコ​​壻​とし​オ​​置​きて​ユ​​往​け」と​イ​​云​へり。​ウベ​​諾​なひ​ア​​合​ひて、​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​ ​イ​​言​はく「この​コ​​子​​ムコ​​壻​とし​オ​​置​かん。​ワ​​我​​コ​​子​​イヌ​​狗​​オソ​​恐​る。​シンカ​​親家​​ワ​​我​​コ​​子​​イヌ​​狗​​ナ​​勿​ ​オドロ​​驚​かせそ」と​イ​​云​ひて、その​ヒキウマ​​牽馬​副馬)を​ユヒナフ​​結納​​アタ​​與​へて、​テムヂン​​帖木眞​​ムコ​​壻​とし​オ​​置​きて​サ​​去​りて、


§67(01:47:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスガイ​​也速該​​タタル​​塔塔兒​の民の毒害

 ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​は、​ミチ​​路​​チエクチエル​​扯克扯兒​卽ち前の扯克徹兒 山)の​シラ ケエル​​失喇 客額兒​黃なる荒野)にて、​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​ウタゲ​​筵會​​ヲ​​居​るに​ア​​遇​ひて、​カワ​​渴​[82]​カレラ​​彼等​​ウタゲ​​筵會​​トコロ​​處​​ゲバ​​下馬​せり。​カレラ​​彼等​ ​タタル​​塔塔兒​ ​ミト​​認​めたりき。「​エスガイ キヤン​​也速該 乞顏​ ​キ​​來​つ」と​イ​​云​ふと、​ムカシ​​昔​ ​トラ​​虜︀​へられたる​ウラミ​​恨​​オモ​​想​ひて、​ヒソカ​​陰​​ハカ​​謀​​ソコナ​​害​ひて、​ドク​​毒​​マ​​和​ぜて​アタ​​與​へき。​ミチ​​路​​ヤ​​病​​サ​​去​りて、​ミトマリ​​三宿​ ​ユ​​行​きて、​イヘ​​家​​イタ​​到​ると​ワロ​​惡​くなりて、


§68(01:48:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスガイ​​也速該​の遺言

 ​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​ ​イ​​言​はく「​ワ​​我​​ムネ​​胸​ ​ワロ​​惡​くあり。​カタヘ​​傍​​タレ​​誰​かある」と​イ​​云​ひて、​コンゴタン​​晃豁壇​​チヤラカ エブゲン​​察喇合 額不堅​察喇合 翁。親征錄、元史​チヤラハイ​​察剌海︀​)の​コ​​子​ ​モンリク​​蒙力克​​ミマヘ​​御前​​ア​​在​り」と​イ​​云​へば、​ヨ​​喚​びて​コ​​來​させて​イ​​言​はく「​ワ​​我​​ワラハ​​童子​ ​モンリク​​蒙力克​よ。​コ​​子​どもは​チヒサ​​小​くあり、​ワレ​​我​​ワ​​我​​コ​​子​ ​テムヂン​​帖木眞​​ムコ​​壻​とし​オ​​置​きて​キ​​來​ぬる​ミチ​​路​に、​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​ヒソカ​​陰​​ハカ​​謀​られたり、​ワレ​​我​​ワ​​我​​ムネ​​胸​ ​ワロ​​惡​くあり。​ヲサナ​​幼​​ノコ​​遺​れる​モノ​​者︀​ども(遺孤​オトヽ​​弟​ども​ヤモメ​​寡婦​なる​アニヨメ​​嫂​​アイゴ​​愛護​することを​ナンヂ​​汝​ ​シ​​知​れ。​ワ​​我​​コ​​子​ ​テムヂン​​帖木眞​をば​スミヤ​​速​かに​ユ​​往​きて​ヰ​​率​​コ​​來​よ。​ワ​​我​​ワラハ​​童子​ ​モンリク​​蒙力克​よ」と​イ​​云​ふと​ミマカ​​歿​りぬ。



成吉思 汗 實錄 卷の一 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。