成吉思汗実録/巻の十

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[251]



​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​ジフ​​十​


§230(10:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ラウ​​老​ ​シユクヱイ​​宿衞​

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​クモ​​雲​​額兀列​ある​ヨル​​夜​​ワ​​我​​ソラマド​​天窓​​斡嚕格​ある​ヘヤ​​房​​マハ​​廻​​額額嗹​りに​フ​​臥​して、​シヅカ​​靜​​斡嚕克訥塔​​ネム​​睡​​溫塔兀勒​らしめて、​この​​額捏​​クラヰ​​位​​斡欒​​イタ​​到​らせたる​ラウコウ​​老功​​斡脫古思​​ワ​​我​​シユクヱイ​​宿衞​​ホシ​​星​​豁都︀​ある​ヨル​​夜​​ワ​​我​​チヤウデン​​帳殿​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​​マハリ​​周圍​​豁兒臣​​フ​​臥​して、​フトン​​蒲團​​斡欒​​ウチ​​內​​オドロ​​驚​​斡黑札惕合​かさざりし​サイハヒ​​慶​​斡勒澤​ある​ワ​​我​​シユクヱイ​​宿衞​は、​タカ​​高​​溫都︀兒​​クラヰ​​位​​斡欒​​イタ​​到​らせたり。​ヘンドウ​​變動​​失勒只𡂰​​ヲ​​居​​フヾキ​​風雪​に、​ワナヽ​​顫​​失勒古惕刊​かし​ヲ​​居​​レイキ​​冷氣​に、​ソヽ​​瀉​​赤惕渾​​ヲ​​居​​アメ​​雨​に、​ワ​​我​​アミタルカベ​​編壁​​失勒帖速​ある​ヘヤ​​房​​マハリ​​周圍​​ヤスミ​​休​​只啉​​ナ​​爲​さず​タ​​立​ちて​コヽロ​​心​​只嚕格​​ヤス​​安​からしめたる​マコト​​誠​​申​​コヽロ​​心​ある​ワ​​我​​シユクヱイ​​宿衞​は、​クワイクワツ​​快活​​只兒合郞​なる​クラヰ​​位​​イタ​​到​らせたり。​ミダ​​亂​​亦不侖​​ヲ​​居​​テキ​​敵​​ナカ​​中​に、​ワ​​我​​トテイ​​土堤​​亦兒格​ある​イヘ​​家​​マハリ​​周圍​に、​マタヽキ​​瞬​​希兒篾思​もせず​スヽ​​勸​​亦惕合​めて​タ​​立​ちたる​タノミ​​賴​​亦帖格勒​ある​ワ​​我​[252]​シユクヱイ​​宿衞​​カバノカハ​​樺皮​​兀亦勒孫​​ヤナグヒ​​箭筒​​ウゴカ​​動​​忽必思​​ナ​​爲​せば​オク​​後​​豁只惕​れて​タ​​立​たざりし​ハヤ​​快​​忽兒敦​​ユ​​行​​ワ​​我​​シユクヱイ​​宿衞​​サイハヒ​​慶​​斡勒澤​ある​ワ​​我​​シユクヱイ​​宿衞​どもを​ラウ​​老​ ​シユクヱイ​​宿衞​老功の宿衞士)と​イ​​云​へ。

​タイ​​大​ ​ジヱイ​​侍衞​

​オゲレ チエルビ​​斡歌列 扯兒必​​イ​​入​りたる​シチジフ​​七十​​ジヱイ​​侍衞​どもを​タイ​​大​ ​ジヱイ​​侍衞​​イ​​云​へ。

​ラウ​​老​ ​ユウシ​​勇士​

​アルカイ​​阿兒孩​卽ち阿兒孩 合撒兒)の​ユウシ​​勇士​どもを​ラウ​​老​ ​ユウシ​​勇士​​イ​​云​へ。

​タイ​​大​ ​セントウシ​​箭筒士​

​エスン テエ​​也孫 帖額​​ブギダイ​​不吉歹​ ​ラ​​等​​セントウシ​​箭筒士​どもを​タイ​​大​ ​セントウシ​​箭筒士​​イ​​云​へ」と​ミコト​​勅​ありき。


§231(10:03:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


愛撫すべき​マン​​萬​​バンシ​​番士​

 「​ワ​​我​​クジフゴ​​九十五​​センコ​​千戶​より​ミ​​身​​ツ​​貼​​キンシン​​近臣​​エラ​​選​びて​キ​​來​つる​マン​​萬​​シンキン​​親近​なる​ワ​​我​​バンシ​​番士​を、​ユクスヱ​​久後​ ​ワ​​我​​クラヰ​​位​​スワ​​坐​りたる​コ​​子​ども、​ワ​​我​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​は、この​バンシ​​番士​​カタミ​​遺念​​ゴト​​如​​オモ​​想​ひて、​ウラ​​怨​みしめず、​ヨ​​善​​アツカ​​扱​へ。この​マン​​萬​​バンシ​​番士​​ワ​​我​がめでたき​フク​​福︀​​カミ​​神︀​​イ​​云​ひて​ヲ​​居​らずや」と​ノリタマ​​宣​へり。


§232(10:04:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シユクヱイ​​宿衞​​ツカサド​​掌​る雜務

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​オルド​​斡兒朶​​コシモト​​侍女​蒙語​チエルビン オキト​​扯兒賓︀ 斡乞惕​侍從の女​イヘノコモノ​​家僮​蒙語​グルン コウト​​格㖮 可兀惕​家の子​ラクダカヒ​​駱駝飼︀​蒙語​テメエチン​​帖篾額臣​元史 兵志に「牧駱駝者︀曰帖蔑赤」とあり。​ウシカヒ​​牛飼︀​蒙語​クケチン​​忽客臣​)を​シユクヱイ​​宿衞​​トリシ​​取締​めて、​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​ ​クルマ​​車​​トヽノ​​調​へよ。​タウ​​纛​ ​ツヾミ​​鼓​ ​ドロ​​朶囉​明本 語譯には下とあれども解する能はず。​ヤリ​​鎗​​シユクエイ​​宿衞​ ​トヽノ​​調​へよ。​キベイ​​器︀皿​をも​シユクヱイ​​宿衞​ ​トヽノ​​調​へよ。​ワレラ​​我等​​ノミモノ​​飮物​ ​クヒモノ​​食物​​シユクヱイ​​宿衞​ ​シタク​​支度​せよ。​シゲ​​稠​​ニク​​肉​​クヒモノ​​食物​をも​シユクヱイ​​宿衞​ ​シタク​​支度​して​ニ​​煑​よ。​ノミモノ​​飮物​ ​クヒモノ​​食物​ ​フソク​​不足​とならば、​シタク​​支度​ぜられたる​シユクヱイ​​宿衞​​タヅ​​尋​ねよ」と​ノリタマ​​宣​へり。「​セントウシ​​箭筒士​​ノミモノ​​飮物​ ​クヒモノ​​食物​​クバ​​配​るに、​シタク​​支度​したる​シユクヱイ​​宿衞​​サウダン​​相談​ ​ナ​​無​くて​ナ​​勿​ ​クバ​​配​りそ。​クヒモノ​​食物​​クバ​​配​るに、まづ​シユクヱイ​​宿衞​より​ハジ​​始​めて​クバ​​配​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。[253]​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​​イ​​入​​イ​​出​づるを​シユクヱイ​​宿衞​ ​トヽノ​​整​へよ。​カド​​門​には​シユクヱイ​​宿衞​​カドモリ​​門者︀​蒙語​エウデチン​​額兀迭臣​​イヘ​​家​​ヨ​​倚​りて​タ​​立​て。​シユクヱイ​​宿衞​より​フタリ​​二人​ ​イ​​入​りて​タイシユキヨク​​大酒局​​ト​​執​りて​ヲ​​居​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。「〈[#底本では直前の「開き括弧」なし]〉​シユクヱイ​​宿衞​より​イヘヰヅカサ​​營盤官​蒙語​ヌントウチン​​嫩禿兀臣​​ユ​​行​きて​オルド​​斡兒朶​​ヘヤ​​房​​オロ​​下​せ(据ゑつけよ)」と​ノリタマ​​宣​へり。「​ワレラ​​我等​ ​タカ​​鷹​ ​ツカヒ​​使​​マキガリ​​圍獵​する​トキ​​時​​シユクヱイ​​宿衞​​ワレラ​​我等​​トモ​​共​​タカ​​鷹​ ​ツカヒ​​使​​マキガリ​​圍獵​しに​ユ​​行​け。​クルマ​​車​に[​エモノ​​獲物​の]​ナカバ​​半​​ワ​​分​けて〈[#「[獲物の]半を分けて」はママ。底本の六四五頁(§278)に訳注者本人による事後訂正あり]〉​オ​​置​け」と​ノリタマ​​宣​へり。(元史 兵志に「預怯薛 之職、而居禁近者︀、分冠服弓矢食飮文史車馬廬帳府庫醫藥卜祝︀之事、悉世守之。雖才能任使、服官政、貴盛之極、一日歸至內庭、則執其事故、至於子孫改。非甚親信、不預也」とあり。


§233(10:06:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シユクヱイ​​宿衞​​イクサ​​軍​を出さざる理由

 ​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​ワレラ​​我等​​ミ​​身​​イクサ​​軍​​イ​​出​でずば、​シユクヱイ​​宿衞​は、​ワレラ​​我等​より​ホカ​​外​​イクサ​​軍​​ナ​​勿​ ​イ​​出​でそ」と​ノリタマ​​宣​へり。「かく​イ​​云​はれて、​ミコト​​勅​​コ​​越​えて​シユクヱイ​​宿衞​​ネタ​​嫉​みて​イクサ​​軍​​イダ​​出​すものあらば、​イクサ​​軍​​シ​​知​れる​チエルビン​​扯兒賓︀​ ​ツミ​​罪​あるとなれ」と​ミコト​​勅​ありき。「​シユクヱイ​​宿衞​​イクサ​​軍​はいかんぞ​イダ​​出​されざると​イ​​云​へるぞ、​ナンヂラ​​汝等​​シユクヱイ​​宿衞​は、​タヾ​​但​ ​ワレラ​​我等​​コガネ​​金​​イノチ​​命​​マモ​​守​るなり。​タカガリ​​鷹狩​ ​マキガリ​​圍獵​​ユ​​行​​トキ​​時​​ハタラ​​働​​ア​​合​ふなり。​オルド​​斡兒朶​​アヅ​​預​けられて、​タ​​起​​トキ​​時​ ​シヅカ​​靜​なる​トキ​​時​ ​クルマ​​車​​トヽノ​​調​ふるなり。​ワ​​我​​ミ​​身​​マモ​​守​りて​トマ​​宿​ること​タヤス​​容易​からんや。​イヘ​​家​ ​クルマ​​車​ ​タイラウエイ​​大老營​を、​タ​​起​​トキ​​時​ ​ヲ​​居​​トキ​​時​ ​トヽノ​​調​ふること​タヤス​​容易​からんや。かく​オモ​​重​​ハナ​​離​​バナ​​離​れの​ハタラ​​働​きあることを​イ​​云​ひて、「​ワレラ​​我等​より​ホカ​​外​​コト​​別​​イクサ​​軍​​ナ​​勿​ ​ユ​​行​きそ」と​イ​​云​へるは、かくあるぞ」と​ノリタマ​​宣​ひき。


§234(10:08:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シユクヱイ​​宿衞​の陪審また雜務

 ​マタ​​又​ ​ミコト​​勅​あるには「​シギ クトク​​失吉 忽禿忽​​サイダン​​裁斷​に、​シユクヱイ​​宿衞​より[​ヒト​​人​[254]​イダ​​出​して]​サイダン​​裁斷​​トモ​​共​​キ​​聽​け」と​ノリタマ​​宣​へり。「​シユクヱイ​​宿衞​より​ヤナグヒ​​箭筒​ ​ユミ​​弓​ ​カブト​​甲​ ​キカイ​​器︀械​​トヽノ​​調​へて​クバ​​配​​ア​​合​へ。​センバ​​騸馬​​トヽノ​​調​へて​マウサク​​網索​​ツ​​駄​けて​ユ​​行​け」と​ノリタマ​​宣​へり。「​シユクヱイ​​宿衞​より​チエルビン​​扯兒賓︀​​トモ​​共​​タンモノ​​段匹​​クバ​​配​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。

​オルド​​斡兒朶​の右左前なる​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​の屯營

​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​​タムロ​​營​​ツ​​吿​ぐる(定むる)には、​エスン テエ​​也孫 帖額​ ​ブギダイ​​不吉歹​ ​ラ​​等​​セントウシ​​箭筒士​​アルチダイ​​阿勒赤歹​ ​オゲレ​​斡歌列​ ​アクタイ​​阿忽台​ ​ラ​​等​​ジヱイ​​侍衞​は、​オルド​​斡兒朶​​ミギ​​右​​ホトリ​​邊​​ユ​​行​け」と​ノリタマ​​宣​へり。「[​ゴルクダク​​豁兒忽荅黑​ ​ラブラカ​​剌卜剌合​ ​ラ​​等​​セントウシ​​箭筒士​、]​ブカ​​不合​​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​​ドゴルク チエルビ​​多豁勒忽 扯兒必​​チヤナイ​​察乃​ ​ラ​​等​​ジヱイ​​侍衞​は、​オルド​​斡兒朶​​ヒダリ​​左​​ホトリ​​邊​​ユ​​行​け」と​ノリタマ​​宣​へり。「​アルカイ​​阿兒孩​​ユウシ​​勇士​どもは、​オルド​​斡兒朶​​マヘ​​前​​ユ​​行​け」と​ノリタマ​​宣​へり。「​シユクヱイ​​宿衞​は、​オルド​​斡兒朶​​イヘ​​家​ ​クルマ​​車​​トヽノ​​調​へて、​オルド​​斡兒朶​​マヘ​​前​​ヒダリ​​左​​ホトリ​​邊​​ユ​​行​け」と​ノリタマ​​宣​へり。(明譯には​チヤウデンノ​​帳殿​ ​マヘノ​​根前​ ​ヒダリ​​左​ ​ミギ​​右​とあり。原文 左の下に右の字 脫ちたるなるべし。

殿中を監視︀する​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​

​アマタ​​許多​​バンチヨク​​番直​する​ジヱイ​​侍衞​を、​オルド​​斡兒朶​​マハリ​​周圍​​オルド​​斡兒朶​​イヘノコ​​家僮​を、​ウマカヒ​​馬飼︀​蒙語​アドウチン​​阿都︀兀臣​​ヒツジカイ​​羊飼︀​蒙語​ゴニチン​​豁你臣​元史 兵志に「牧羊者︀曰火你赤」とあり。​ラクダカヒ​​駱駝飼︀​ ​ウシカヒ​​牛飼︀​を、​ツネ​​常​​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​​キ​​氣​​フ​​付​けて​ヲ​​居​れ」と​コトヨサ​​任​​タマ​​給​へり。「​ドダイ チエルビ​​朶歹 扯兒必​は、​ツネ​​常​​イ​​居​て、​オルド​​斡兒朶​​ウシロ​​後​​豁亦納​より​カレクサ​​枯草​​豁黑​​ク​​喫​ひて​カンプン​​乾糞​​豁馬兀兒​​ヤ​​燒​きて​ユ​​行​け」と​ミコト​​勅​ありき。(末の一語は、掃除せよとの意なるべきか。確ならず。朶歹 扯兒必は、一千の侍衞の長にて、番直の宿老 卽ち四 怯薛 長の一人となり、兼ねて殿中監の職務をも執れるなり。この職務は、太祖︀ 始めて合罕となれる時「家の內の婢僕どもを統べん」と云へるに同じ。


§235(10:10:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カルルウト​​合兒魯兀惕​の降附

 ​クビライ ノヤン​​忽必來 那顏​​カルルウト​​合兒魯兀惕​​コトム​​征​けさせたり。​カルルウト​​合兒魯兀惕​​アルスラン カン​​阿兒思闌 罕​​クビライ​​忽必來​​クダ​​降​​キ​​來​ぬ。​クビライ ノヤン​​忽必來 那顏​は、​アルスラン カン​​阿兒思闌 罕​​ヒキ​​率​​キ​​來​て、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マミ​​見​えさせたり。​テキタイ​​敵對​[255]ざりきとて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​アルスラン​​阿兒思闌​​オンシヤウ​​恩賞​して、「​ムスメ​​女​​アタ​​與​へん」と​ミコト​​勅​ありき。(合兒魯兀惕は、合兒魯黑の複稱、唐書の葛邏祿なり。葛邏祿は、鐵勒 諸︀部の一にして、唐の世に北庭の西北金山の西に居り、その盛なる時は碎葉 但邏斯の諸︀城をも有ちしが、宋の世に至りて國 衰へ、西遼の屬國となれり。

​カルルク​​合兒魯黑​の異文

烏古孫 仲端の北使記 元史 鐵邁赤の傳に合魯、親征錄 太祖︀紀 沙全の傳 儒學 伯顏の傳に哈剌魯、哈剌䚟の傳に哈魯、也罕 的斤の傳に匣剌魯とあり。輟耕錄の色目 三十一種の中には哈剌魯とも匣剌魯とも書けり。珀兒沙の亦思塔黑哩の書には喀兒列怯、普剌諾 喀兒闢尼の紀行には科囉剌と云へり。元史 地理志の西北地 附錄には柯耳魯とありて、經世 大典の圖に、柯耳魯は阿力麻里 卽ち阿勒馬里克(今の伊犂)の西北に載せたり。親征錄に「辛未 春、上居怯綠連 河時、西域 哈剌魯 部主 阿昔蘭 可汗 來歸、因忽必來 那顏上」とあり。元史も、太祖︀ 六年 辛未の條にこの事を記せり。

​カヤリク​​喀牙里克​の君を兼ぬる​カルルク カン​​合兒魯黑 罕​

多遜は、主吠尼の史を譯して「突︀兒克 喀兒魯克の酋長にして喀牙里克の君なる阿兒思闌 汗、阿勒馬里克の君なる斡匝兒、二人ともに合喇乞台の古兒汗の臣なりしが、一二一一年 來て成吉思 汗に從ひ、成吉思 汗は、阿兒思闌に宗女を與へたり」と云へり。喇失惕の記載は、祕史に同じくして、只 皇女をば主吠尼と同じく宗女とし、「阿兒思闌 汗の號 存すべからざるに依り、撒兒惕の號を賜へり」と云へり。合兒魯兀惕の罕は喀牙里克の君を兼ぬとあれば、その國は、喀牙里克の邊、卽ち巴勒喀什 湖の東南にあるべし。喀牙里克は、嚕卜嚕克の紀行に喀亦剌克と云ひ、元史 憲宗紀「二年夏、分遷諸︀王於各所」の條に「海︀都︀ 於海︀押立 地」とありて、太宗の孫なる海︀都︀の分地となり、海︀都︀の亂に世祖︀の兵は阿勒馬里克に進み、阿剌套 山を隔てて相 對し居たり。大佐 裕勒は「その地は、今の闊帕勒に近し」と云へり。一八五七年、ある塔塔兒 人は、闊帕勒の古墳より古き金環を寶石と共に發見し、その金環に突︀兒克 字にて阿兒思闌と刻みてありしは、珍らしき堀出物なりき(露西亞の地學 協會の報吿、一八六七年 第一編 第 二百九十ぺーぢ)。

世世 元の駙馬

諸︀公主表に「脫烈 公主、適阿爾思蘭子 也先 不花 駙馬」とありて、皇女とも宗女とも云はず。又 表には阿兒思闌を駙馬と云はざれども、諸︀書みな阿兒思闌に妻せたりとあれば、これも先に阿兒思闌に配し、後にその子に配したるを、公主表は諱みて後の駙馬のみを擧げたるならん。又 脫烈 公主の次に「八八公主、適也先 不花子 忽納荅兒 駙馬。某 公主、適忽納荅兒 子 剌海︀涯里那 駙馬」とあれば、阿兒思闌の後は、曾孫までも世世 元の駙馬となりしなり。


§236(10:11:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​メルキト​​篾兒乞惕​​ヰゲツ​​遺孽​​サウメツ​​𠞰滅​

 ​スベエタイ バアトル​​速別額台 巴阿禿兒​は、​クロガネ​​鐵​​クルマ​​車​にて、​メルキト​​篾兒乞惕​​トクトア​​脫黑脫阿​​クト​​忽禿​ ​チラウン​​赤剌溫​ ​ラ​​等​なる​コ​​子​どもを​オ​​追​ひに​シユツセイ​​出征​して、​チユイ ガハ​​垂 河​​オヒツ​​追詰​めて​キハ​​窮​めて​キ​​來​ぬ。(親征錄に曰く「辛未、遣將 脫忽察兒、率騎二千、出哨西邊戎。丁丑、上遣大將 速不台拔都︀、以鐵裹車輪、征蔑兒乞 部、與先遣征西前鋒 脫忽察兒 二千騎合、至嶄河、遇其長大戰、盡滅蔑兒乞還」と云ひ、

丁丑の年なる嶄河の戰

喇失惕も、この戰を記して牛の年の事とし、嶄河を眞河と書けり。元史 本紀は、三年 戊辰の也兒的石 河の戰に「討蔑里乞 部之」と書きて、十二年 丁丑には速不台の征戰を載せず。速不台の傳に曰く「滅里吉 部强盛不附。丙子、帝[256]諸︀將於 禿兀剌 河之黑林、問誰能爲我征滅里吉者︀。速不台請行。帝壯而許之。乃選裨將 阿里出、領百人先行、覘其虛實。速不台 繼進云云。己卯、大軍至蟾河、與滅里吉遇、一戰而獲其二將、盡降其眾、其部主 霍都︀ 奔欽察。速不台 追之、與欽察于 玉峪〈[#「峪」は底本では「山+容」。昭和18年復刻版では「山+客」。「元史(四庫全書本)卷一百二十一、第2丁、蘇布特(速不台)の傳」では「峪」]〉之」とあり。丙子は十二年 丁丑の前年、己卯は丁丑の二年後にして、親征錄 集史と年紀 合はず。多遜は、嶄河を哲姆 河と書き、その戰を一二一六年 卽ち丙子の事とせり。諸︀書を合せ考ふるに、蓋 子の年に軍を出し、丑の年に垂河に戰ひ、卯の年に餘孽 悉く平ぎたるならん。

​カングリン​​康鄰​​ハシ​​奔​れる​クド​​忽都︀​

親征錄の嶄河、喇失惕の眞河、多遜の哲姆 河、速不台の傳の蟾河は、祕史の垂河と同じきか異なるか、知らず。霍都︀の欽察に奔れることは、卷八にも「忽都︀ 合惕 赤剌溫 等の篾兒乞惕は、康鄰 欽察兀惕を過ぎ去りき」と云ひ、土土哈の傳には「太祖︀ 征蔑里乞、其主 火都︀ 奔欽察。欽察 國主 亦納思 納之。太祖︀ 遣使諭之 云云。亦納思 答 云云。太祖︀ 乃命將 討之」とあれども、西域の諸︀史には更にその事なし。喇失惕は「忽都︀は乞魄察克に奔らんとしたるを、蒙古の軍に捕へ殺︀されたり」と(別咧津 卷一 第七十三頁に)云ひ、多遜の史には「篾兒乞惕の酋 禿克脫干は、蒙古に逐はれ、眾を率ゐて氈篤の北に走り、その下に殺︀され、蒙古はその眾を海︀哩 哈米赤 兩河の間に敗りて滅ぼせり」とあれば、篾兒乞惕の走りて康鄰の地に入りたるは、實らしけれども、欽察に奔れりと云へるは、傳聞の誤りなるべし。


§237(10:11:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​グチユルク カン​​古出魯克 罕​​サウメツ​​𠞰滅​

 ​ヂエベ​​者︀別​は、​ナイマン​​乃蠻​​グチユルク カン​​古出魯克 罕​​オ​​追​ひて、​サリクグン​​撒哩黑昆​​オヒツ​​追詰​めて、​グチユルク​​古出魯克​​キハ​​窮​めて​キ​​來​ぬ。(親征錄 戊寅(太祖︀ 十三年) 木華黎 國王 南征の次に「別遣大將 哲別、攻曲出律 可汗、至撒里桓 地之」とありて、その簡略なること祕史と同じ。

​グチユルク​​古出魯克​の西遼 簒奪

遼史 天祚紀の末に西遼の興亡を附記し、遼の德宗 耶律 大石の自立より大石の妻 感天 太后 塔不煙、その子 仁宗 夷列、夷列の妹 承天 太后 普速完を歷て、夷列の子 直魯古に至り、「直魯古 卽位、改元 天禧、在位三十四年。時秋出獵、乃蠻 主 屈出律、以伏兵八千之、而據其位、襲遼衣冠、尊直魯古太上皇、皇后爲皇太后、朝夕問起居、以侍終焉。直魯古 死、遼絕」とあり。屈出律は、卽ち古出魯克にして、その西遼に奔れるは、親征錄 主吠尼に據るに、太祖︀ 三年 戊辰、西紀 一二〇八年にあり。古出魯克の西遼を簒へるは、錢大昕の考證と主吠尼の史とに據るに、太祖︀ 六年 辛未、西紀 一二一一年にあり。直魯古の死は、主吠尼 喇失惕の書に據るに、國を奪はれて憂悶し、二年を歷て病死したるなり。長春の西游記に「自金師破遼、大石 林牙 領眾數千西北、移徙十餘年、方至此地云云。延袤萬里、傳國幾百年。乃滿 失國依大石、士馬復振、盜據其土。繼而 算端 西削其地。天兵至、乃滿 尋滅、算端 亦亡」と云へり。林牙は、學士を呼ぶ契丹語にして、耶律 大石の舊官なり。乃滿 失國依大石とは、乃蠻の古出魯克 逃げて大石の立てたる國に依れるを云ふ。算端 西削其地とは、闊喇自姆の君 速勒壇 抹哈篾惕、西遼の舊境 失兒 河 以南を取れるを云ふ。乃滿 尋滅は、古出魯克の滅びたるなり。算端 亦亡は、この戊寅の年より二年後にあり。撒哩黑昆は、集史に撒哩黑庫勒とあり。今は撒哩庫勒と呼び、葉兒羌 河の上流にあり、西は直に露西亞の領地に接す。古出魯克の事蹟は、主吠尼 喇失惕の二書に詳なり。

​フス メリク​​曷思麥里​​デン​​傳​​カウシヨウ​​考證​

元史には只 曷思麥里の傳に「曷思麥里、西域 谷則 斡兒朶 人。初爲西遼 闊兒罕 近侍、後爲谷則 斡兒朶 所屬 可散 八思哈 長官。太祖︀西征、曷思麥里 率 可散 等城酋長迎降。大將 哲伯 以聞。帝 命曷思麥里、從哲伯先鋒、攻乃蠻之、斬其主 曲出律[257]哲伯 令曷思麥里、持曲出律 首、往徇其地。若可失哈兒 押兒牽 斡端 諸︀城、皆臨風降附」とあり。谷則 斡兒朶は、大城の義にして、垂河(今の楚河)の濱に在りし西遼の都︀なり。遼史 天祚紀に虎思 斡耳朶、金史 粘割 韓奴の傳に骨斯 訛魯朶、耶律 楚材の西游錄に虎司 窩魯朶と書けり。或は古思を略きて斡兒朶とのみも云へり。元好問の大丞相 劉氏 先瑩の碑、元史 郭寶玉の傳に、訛夷朶とあるは、兒を夷と誤りたるなり。闊兒罕は、祕史 卷五の古兒 罕、親征錄の菊律 可汗なり。遼史に記せる如く、大石 林牙 卽位して葛兒罕と號してより、子孫みなその號を襲ぎたるなり。可散は、西游錄に可傘と書き、經世 大典の圖には柯散と書きて、察赤(今の塔什干)の東南に在り。露西亞の地圖には、塔什干の東南に今も喀散 城あり。曷思麥里は、者︀別に降れるにて、この時 太祖︀は未だ親征せざれば、傳に太祖︀ 西征とあるは誤れり。可失哈兒は今の喀什噶爾、押兒牽は今の葉爾羌、斡端は今の和闐なり。


§238(10:12:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ウイウト​​委兀惕​ 降附の使

 ​ウイウト​​委兀惕​​イドウト​​亦都︀兀惕​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りき。(この事は、親征錄 集史 元史、みな祕史より委し。親征錄にまづ「己巳(太祖︀ 四年)春、畏吾兒 國主 亦都︀護、聞上威名、遂殺︀契丹 主所置監國 沙監」とあり。亦都︀護は、卽ち亦都︀兀惕、委兀惕の王號にして、集史には亦的庫惕と云へり。この亦都︀兀惕の名は、巴而朮 阿而忒 的斤と云ひ、元史に傳あり。哈剌亦 哈赤北魯の傳には、八兒出 阿兒忒 亦都︀護とあり。契丹は、合喇 乞塔惕、卽ち西遼にして、岳璘 帖穆爾の傳には西契丹とあり。西遼の畏兀を威制したること、畏兀の叛きてその監國を殺︀したる事情は、哈剌亦 哈赤北魯、岳璘 帖穆爾 二人の傳に見ゆ。

親征錄なる​イドゴ​​亦都︀護​ 降附の始末

さて親征錄に、監國を殺︀したる處へ、太祖︀の使 二人 至りたれば、亦都︀護 喜びて、使 二人を遣り降附の意を奏さしめき。この時 蔑里乞の脫脫より使 至りたるを、亦都︀護はその使を殺︀し、又 脫脫の子 四人は、父を失ひ、也兒的石 河を渉りて至りたるを嶄河にて禦ぎ戰へり。この戰は、祕史 卷八の初にある不黑都︀兒麻の戰に續きて、額兒的失 河にて多數 溺れてより西に奔るまでの間にありし事なり。嶄河は、巴兒朮の傳に襜河とあり、古の昌八里に傍ひて流るゝ昌河、卽ち今の昌吉 河にして、委兀惕の都︀城の西にあり。太祖︀ 十二年 丁丑に速不台の戰へる薪河、速不台の傳に蟾河とあるものとは、名 同じくして實は異なり。この戰の後、亦都︀護は使 四人を遣り蔑里乞の事を吿げたれば、太祖︀は又 前の使 二人を遣り、亦都︀護は復使を遣り珍寶 方物を奉れりとあり。これらの事を皆 太祖︀ 四年の事とせり。​アトキラク​​阿惕乞喇黑​親征錄に乞力吉思の二使の一人を阿忒黑剌と云ひ、喇失傷も乞兒吉思の二使の一人を阿惕黑剌黑と云へば、修正 祕史は、委兀惕の使を乞兒吉思の使と改めたるに似たり。​ダルベ​​荅兒伯​喇失惕は、太祖︀の二使の一人を迭兒拜と云へり。親征錄 初に荅拜とあるは、兒の字を落せるなり。後に荅兒班とあるは、拜を班と誤れるなり。これも委兀惕の使を太祖︀の使に混らしたるなり。​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​とし​マウ​​奏​して​ヤ​​遣​るには

譬 雲開見日 冰泮得水

​クモ​​雲​​額兀速​ ​ハ​​霽​れて​ハヽ​​母​​額客​なる​ヒ​​日​母の如き太陽)を​ミ​​見​たるが​ゴト​​如​く、​コホリ​​冰​​抹勒孫​ ​ト​​解​けて​カハ​​河​​木嗹​​ミヅ​​水​​エ​​得​たるが​ゴト​​如​く、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ナ​​名​​コヱ​​聲​とを[258]​キ​​聞​きて​ハナハダ​​甚​ ​ヨロコ​​歡​べり。

金帶之星裝 袞衣之餘縷

​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​オンシ​​恩賜​せば、​コガネ​​金​​阿勒壇​​オビ​​帶​​不薛​​シメガネ​​締金​​豁兒吉​より​アケノオホミゾ​​大紅衣​​阿勒迭額勒​​キヌギレ​​帛片​​忽兒帖孫​より​エ​​得​ば(分與せられば)、​ナガミコト​​爾​​ダイゴ​​第五​​コ​​子​となりて​チカラ​​力​​アタ​​與​へん」と​マウ​​奏​して​ヤ​​遣​りき。(親征錄は、この辭を二章に分けて、辭句を增し加へ、前章は、亦都︀護の始めて二使を遣りたる時の辭とし、後章は太祖︀ 六年に亦都︀護の入朝したる時の辭とせり。その前章は「臣國聞皇帝威名、故棄契丹舊好、方將使來通誠意、躬自效順。豈料遠辱天使、降臨下國。譬雲開見日、冰泮得水、喜不勝矣。而今而後、盡率部眾、爲僕爲子、竭犬馬之勞也」と云ひ、その後章は「陛下若恩賜臣、使遠者︀悉聞、近者︀悉見、綴袞衣之餘縷、摘金帶之星裝、誠願在陛下四子之亞、竭其力也」と云へり。喇失暢も、殆ど之に同じ。

​イドウト​​亦都︀兀惕​の來朝 貢獻

その​コトバ​​言​につき、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​オンシ​​恩賜​して​コタ​​答​​ノリタマ​​宣​ひて​ヤ​​遣​るには「​ムスメ​​女​をも​アタ​​與​へん。​ダイゴ​​第五​​コ​​子​となれ。​コガネ​​金​ ​シロカネ​​銀​ ​シラタマ​​眞珠​ ​オホタマ​​東珠​ ​キンラン​​金襴​ ​ソウキンラン​​總金襴​ ​オリモノ​​段匹​​モ​​持​ちて​イドウト​​亦都︀兀惕​ ​コ​​來​よ」と​ノリタマ​​宣​ひて​ヤ​​遣​れば​イドウト​​亦都︀兀惕​は、​オンシ​​恩賜​せられたりとて​ヨロコ​​喜​びて、​コガネ​​金​ ​シロカネ​​銀​ ​シラタマ​​眞珠​ ​オホタマ​​東珠​ ​オリモノ​​段匹​ ​キンラン​​金襴​ ​ソウキンラン​​總金襴​ ​ドンス​​緞子​​モ​​持​ちて、​イドウト​​亦都︀兀惕​〈[#「亦都︀兀惕」は底本では「都︀兀兀惕」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉 ​キ​​來​て、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マミ​​見​えたり。(〈[#底本では直前の「開き括弧」なし。昭和18年復刻版に倣い修正]〉親征錄は、「寶を持ち來よ」と太祖︀ 云へりとは云はず、太祖︀の使 二たび往きたる時、亦都︀護の使 復 至りて珍寶 方物を奉れりとあり。かくてそれより二年を歷て、辛未(太祖︀ 六年)の春、哈剌魯 部 主 阿昔蘭 可汗の來朝と同じ時に、亦都︀護 來朝して、彼の袞衣 金帶の辭を陳べたれば、「上說其言、使公主、仍序第五」とあり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、

​アル アルトン​​阿勒 阿勒屯​の下嫁

​イドウト​​亦都︀兀惕​​オンシ​​恩賜​して​アル アルトン​​阿勒 阿勒屯​​アタ​​與​へたり。(元史 巴而朮 阿而忒の傳は、全く親征錄に本づきたれども、巳の年の使者︀の辭より「雲開見日、冰泮得水」の語を略き、また「辛未、朝帝亍 怯綠連 河、奏曰「陛下若恩顧臣、使臣得陛下四子之末、庶幾竭其犬馬之力。」帝感其言、使公主 也立 安敦、且得於諸︀子」とありて、袞衣 金帶の語を略きたれば、亦都︀兀惕の辭命として祕史に載せられたる面白き韻文は、骨拔泥鰌となれり。公主表 高昌 公主 位の處に「也立 可敦 公主、太祖︀ 女、適亦都︀護 巴而述 阿兒忒 的斤」とあり。可敦は、安敦の誤、也立 安敦は、卽ち阿勒 阿勒屯なり。喇失惕は、正后の出にあらずと云へり。


§239(10:14:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂユチ​​拙赤​の北征

 ​ウサギ​​兔​​トシ​​年​我が土御門 天皇 承元 元年 丁卯、宋の開禧 三年、金の泰和 七年、元の太祖︀ 二年、西紀 一二〇七年、太祖︀ 四十六歲の時)、​ヂユチ​​拙赤​​ミギ​​右​​テ​​手​​イクサ​​軍​にて​ハヤシ​​林​​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​せしめたり。​ブカ​​不合​[259]は、​ミチビキ​​嚮導​して​ユ​​往​きたり。(親征錄には、この年「遣案彈 不兀剌 二人、使乞力吉思 部」とありて、拙赤 北征の事なし。拙赤 北征の事は、この年より十一年後なる戊寅の年(太祖︀ 十三年)、哲別の曲出律を滅したる次に記し、「先 吐麻 部 叛、上遣徵兵 乞兒乞思 部、不從亦叛去、遂先命大太子往討之、以不花前鋒」とあり。集史もほゞ同じ。不花は卽ち不合、八十八 功臣の中なる不合 駙馬なり。

​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​の降附

​オイラト​​斡亦喇惕​​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​前に十一部の亂に加はりたる人)は、​トメン​​禿綿​萬の​オイラト​​斡亦喇惕​​マヘ​​前​​クダ​​降​​イ​​入​りて​キ​​來​ぬ。​キ​​來​​ヂユチ​​拙赤​​ヒ​​引​きて、​トメン オイラト​​禿綿 斡亦喇惕​​トコロ​​處​​ミチビ​​導​きて、​シクシト​​失黑失惕​​イ​​入​らしめたり。(親征錄には、丁卯の年、乞力吉思 部 降附し、その翌年 戊辰の冬、二たび脫脫 曲出律を征する時「斡亦剌 部 長 忽都︀花 別吉 等、遇我 前鋒、不戰而降。因用爲鄕導、至也兒的石 河云云」とありて、拙赤に降れる忽都︀合を脫黑脫阿 征伐の軍に降れりとせり。喇失惕も同じ。洪鈞の朮赤 補傳の自注に曰く「本紀、斡亦剌 之降在三年、而 乞力吉思 之附在二年。考之西圖、應祕史。先定斡亦剌、由東而西、軍程乃合」と云へり。​ヂユチ​​拙赤​は、

​オイラト​​斡亦喇惕​ ​ブリヤト​​不哩牙惕​ 諸︀部の降附

​オイラト​​斡亦喇惕​ ​ブリヤト​​不哩牙惕​ ​バルクン​​巴兒渾​ ​ウルスト​​兀兒速惕​ ​カブカナス​​合卜合納思​ ​カンカス​​康合思​ ​トバス​​禿巴思​​クダ​​降​して、(喇失惕の書に「客姆 河の上流に八河ありて、斡亦喇惕は、その左に居り、その近き東に兀喇速惕 帖連郭惕 客思的米なる林の民は、拜喀勒 湖の西に居りて、斡亦喇惕 乞兒吉思と鄰り合へり、」また「拜喀勒 湖の東に庫哩 禿剌思 不哩牙惕 禿馬惕 四部あり、都︀て巴兒古惕と云ふ」と云へり。巴兒渾は、卽ち巴兒古惕にて、卷一にその部の人 巴兒忽歹 篾兒干あり。太祖︀紀に八剌忽とあるも、巴兒古惕なり。喇失惕は、四部の總名とすれども、こゝに不哩牙惕と並べ擧げたれば、一部の名にも用ひたるなり。兀兒速惕は、卽ち兀喇速惕なり。合卜合納思は、元史 類︀編なる朮赤の傳に大方 通鑑を引きて憾哈納思とあり。親征錄に憾哈思とあるは、納の字を脫せるなり。元史 地理志には撼合納、劉 哈剌 拔都︀魯の傳には憨哈納思と書けり。その地の事は、元史 譯文 證補の地理志 西北地 附錄 釋地の下に詳なり。康合思 禿巴思は、知らず。

​キルギスト​​乞兒吉速惕​の降附

​トメン キルギスト​​禿綿 乞兒吉速惕​​トコロ​​處​​イタ​​到​れば、(乞兒吉速惕は、乞兒吉思の複稱なり。多遜 曰く「乞兒吉思の住める地は甚 廣く、安噶喇 河の西、阿勒台 山の北の東よりに居り、乃蠻はその南東にあり、客姆 河、客姆 客姆主惕は、その境內にあり。俗は遊牧なれども、城郭もあり」と云へり。​キルギスト​​乞兒吉速惕​​クワンニン​​官人​ ​エデ イナル​​也迪 亦納勒​​アルデエル​​阿勒迪額兒​​オレベク チギン​​斡列別克 的斤​なる​キルギスト​​乞兒吉速惕​​クワンニン​​官人​ども​クダ​​降​​イ​​入​りて、​シロ​​白​​カイセイ​​海︀靑​ども​シロ​​白​​センバ​​騸馬​ども​クロ​​黑​​テウソ​​貂鼠​どもを​モ​​持​​キ​​來​て、​ヂユチ​​拙赤​​マミ​​見​えたり。(〈[#底本では直前の「開き括弧」なし。昭和18年復刻版に倣い修正]〉親征錄には「遣案彈 不兀剌 二人、使乞力吉思 部。其長 斡羅思 亦難︀ 及 阿忒里剌 二人、偕我使來、獻白 海︀靑、名鷹也」太祖︀紀には「野牒 亦納里 部、阿里替也兒 部、皆遣[260]使來獻名鷹」とありて、本書と異なり。別咧津は喇失惕を譯して「阿勒壇 不剌の二人 乞兒吉思に使し、まづ一部に至り」と云ひて、「部の名も酋長の名も文字 見えず」と注し、「次の一部を也迪 斡侖、酋長を兀嚕思 亦納勒と云ふ。二酋 厚くもてなし、阿里克 帖木兒 阿惕黑喇黑 二人を遣して白き獵鳥を獻れり」と云へり。錄の亦難︀、紀の亦納里は、亦納勒の訛なり。多遜は、喇失惕を引きて「亦納勒は、乞兒吉思にて酋長を稱する號なり」と云へば、也迪 亦納勒は、也迪 部の酋長と云ふことにて、兀嚕思 又は斡囉思は、その名なるべし。名の見えざる酋長は、阿勒迪額兒ならん。元史は、二つともに人の名を部の名に誤れり。阿里克 帖木兒は、額兒篤曼の譯に阿里別克 帖木兒とあり、卽ち斡列別克 的斤なり。祕史に無き一使を阿惕黑喇黑と云へるに據れば、錄の阿忒里剌は、黑を里に誤りたるにて、祕史の委兀惕の使を修正 祕史は乞兒吉思に移せるなり。

​シビル​​失必兒​ 以南 林民の降附

​シビル​​失必兒​ ​ケスチイム​​客思的音​ ​バイト​​巴亦惕​ ​トカス​​禿合思​ ​テンレク​​田列克​ ​トエレス​​脫額列思​ ​タス​​塔思​ ​バヂギト​​巴只吉惕​より​コナタ​​這廂​なる​ハヤシ​​林​​タミ​​民​​ヂユチ​​拙赤​ ​クダ​​降​して、​キルギスト​​乞兒吉速惕​​バンコ​​萬戶​ ​センコ​​千戶​​クワンニン​​官人​どもを​ハヤシ​​林​​タミ​​民​​クワンニン​​官人​どもを​ツ​​伴​​キ​​來​て、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​シロ​​白​​カイセイ​​海︀靑​ども​シロ​​白​​センバ​​騸馬​ども​クロ​​黑​​テウソ​​貂鼠​どもをもて​マミ​​見​えさせたり。(

​シベリア​​昔別哩亞​の名の起り

失必兒は、今の昔別哩亞なり。喇失惕は、乞兒吉思の事を述べて「その國は、阿別兒 昔必兒の境に流るゝ安噶喇の大河まで廣がれり」と云ひ、元史 玉哇失の傳に「與海︀都︀ 將某某等於 亦必兒 失必兒 之地」とあり。篾撒列克 阿剌卜撒兒(第 十四 世紀の前半の人)は、昔必兒 卽 阿必兒と書き、亦奔 阿喇卜沙は「乞魄察克は、北は阿必兒 卽 昔必兒に界す」と云へり。合塔闌 地圖の北邊の薛不兒は、明に昔必兒を表せり。西紀 一三九四年より一四二七年まで亞細亞の諸︀國に遊び、帖木兒 大王の遠征にも伴ひし失勒篤別兒格兒の書きたるものには、亦必思昔不兒と云ふ國の名あり。然れどもこの昔必兒の名は、直に今の昔別哩亞となれるに非ず。第 十六 世紀の頃、亦兒的石 河の濱にて今の脫孛勒思克より四里 餘り河上に、昔必兒と云へる塔塔兒の城ありて、一五八一年に也兒馬克に取られ、その後 嚕西亞 人は、その名を採りて北亞細亞の總名に推廣めたり。客思的音は、親征錄に克失的迷とあり、卽 喇失惕の客思的米なり。田列克は、卷八に帖良古惕、親征錄に帖良兀とあり、卽 喇失惕の帖連郭惕なり。不咧惕施乃迭兒は「帖連古惕は、唐書の鐵勒より出でたるならん」と云へり。脫額列思は、卷八に脫斡列思とあり、卽 喇失惕の禿剌思なり。巴亦惕 禿合思 塔思 巴只吉惕は、未 考へず。

​バヂギト​​巴只吉惕​​シビル​​失必兒​の西にある部落なり 卷十一なる​スベエタイ​​速別額台​ 西征の條に注あり

親征錄なる戊寅 朮赤 北征の條には「以不花先鋒、追乞兒吉思、至亦馬兒 河而還。大太子領兵涉謙河冰順下、招降不困 克兒 爲思 憾哈思 帖良兀 克失的迷 火因 亦而干 諸︀部」とあり。亦馬兒 河は知らず。謙河は卽 客姆 河、今の也尼塞 河の上流なり。不困 克兒 爲思は、讀み難︀し。恐らくは誤脫あらん。火因 亦而干は、祕史には槐因 亦兒堅とあり。槐因は林の、亦兒堅は民にて、林の民なり。卽 諸︀部の統名にして、部の名に非ず。

​オイラト​​斡亦喇惕​​ムコギミ​​駙馬​ 兄弟

​オイラト​​斡亦喇惕​​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​​ムカ​​迎​へ、「​サキ​​先​​クダ​​降​り、​トメン オイラト​​禿綿 斡亦喇惕​​ヒキ​​牽​[261]​キ​​來​ぬ」とて​オンシ​​恩賜​して、​カレ​​彼​​コ​​子​ ​イナルチ​​亦納勒赤​​チエチエイゲン​​扯扯亦干​​アタ​​與​へたり。​イナルチ​​亦納勒赤​​アニ​​兄​ ​トレルチ​​脫咧勒赤​​ヂユチ​​拙赤​​ムスメ​​女​ ​ゴルイカン​​豁雷罕​​アタ​​與​へたり。(

​トレルチ​​脫咧勒赤​​ハダ​​哈荅​との同異

喇失惕は「成吉思 汗の第二の女 扯扯干は、忽禿合 別乞の子 脫喇勒赤に嫁げり」と云へり。扯扯干は卽 扯扯亦干なれども、脫喇勒赤は亦納勒赤に非ずして、却てその兄 脫咧勒赤に似たり。公主表もそれに同じく、延安 公主 位の處に「闊闊干 公主、適脫亦列赤 駙馬」とあり。然らば豁雷罕の夫を亦納勒赤とするかと云ふに、然らず。闊闊干 公主の前に「火魯 公主、適哈答 駙馬」とありて、火魯は、豁雷罕の下略に似たれども、哈荅は、亦納勒赤にも脫咧勒赤にも似ず。錢大昕の氏族表は、祕史と元史とを折衷し、「哈荅、一作脫劣勒赤、尙太祖︀ 孫女 火雷 公主、」「脫亦列赤、一作亦納勒赤、尙太祖︀ 女 闊闊干 公主」と書きたれども、哈荅は、八十八 功臣の內に旣に合歹 古咧堅とありて、卷十二にも合歹あり、親征錄の哈台、憲宗紀の合荅、多遜の喀荅克など、みなこの哈荅なるべく、脫咧勒赤は、八十八 功臣の定まりたる後に降附して駙馬となれる人なれば、その別人なること明なり。然れども哈荅 合歹を脫咧勒赤に非ずとし、火魯 火雷を豁雷罕に非ずとすれば、又 不都︀合なることあり。火魯 公主は、闊闊干 公主と共に、公主表 延安 公主 位の初に擧げられ、その次に公主 三人ありて、末に「延安 公主、適延安王 也不干」とあり、食貨志には「火雷 公主 位、丙申 年、分撥 延安府 九千七百九十六戶」とあり。闊闊干は、卽 扯扯干 扯扯亦干にして、斡亦喇惕の忽都︀合 別乞の子に嫁ぎたること確なる上は、延安王の家は、卽 忽都︀合の子孫にして、火雷 公主は、始めてその家に嫁ぎたる人なれば、その夫は必ず斡亦喇惕の首領なるべし。然らずば延安 公主 位を火雷 公主 位とも云ふべき筈なし。然らば哈荅 合歹は、果して脫咧勒赤なるか。この疑ひはいかに考へても解き得ず。

​オングト​​汪古惕​​ムコギミ​​駙馬​

​アラカ ベキ​​阿剌合 別乞​元史の阿剌海︀ 別吉 公主)を​オングト​​汪古惕​汪古惕の阿剌忽失 的吉惕忽哩 古咧堅)に​アタ​​與​へたり。(この事につきては、卷八に委しく論じたり。九十五の千戶を定められたる時は、まだ公主を娶らざりし時なれども、後の稱號に依り古咧堅と書きたるなり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、

​ヂユチ​​拙赤​ 初陣の​イサヲ​​功​

​ヂユチ​​拙赤​​オンシヤウ​​恩賞​して​ノリタマ​​宣​はく「​ワ​​我​​コ​​子​どもの​アニ​​兄​なる​ナンヂ​​汝​は、​イヘ​​家​より​ワヅカ​​纔​​イ​​出​でて、​ミチ​​道​ ​ヨ​​好​くある(道の遠き​ユ​​往​きたる​トコロ​​地​に、​ヲトコ​​男​ ​センバ​​騸馬​​キズツ​​傷​けず​クルシ​​苦​めずして、​サイハヒ​​福︀​ある​ハヤシ​​林​​タミ​​民​​クダ​​降​して​キ​​來​ぬ。​タミ​​民​​アタ​​與​へん」と​ミコト​​勅​ありき。


§240(10:17:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボロクル​​孛囉忽勒​​トマト​​禿馬惕​ 征伐

 ​マタ​​又​ ​ボロクル ノヤン​​孛囉忽勒 那顏​親征錄 博羅渾 那顏、元史 太祖︀紀 鉢魯完)を​ゴリ トマト​​豁哩 禿馬惕​​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​せしめたり。(豁哩 禿馬惕は、卷一に見えたり。豁哩は、善と云ふ美稱なれば、常には略きて只 禿馬惕と云ふ。親征[262]錄には吐麻 部、元史 本紀には禿滿 部とあり。兵志 三には火里 禿麻ともあり。​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​クワンニン​​官人​ ​ダイドクル シヨゴル​​歹都︀忽勒 莎豁兒​ ​シ​​死​にたれば、

勇婦 ​ボトクイ​​孛脫灰​

その​ツマ​​妻​ ​ボトクイ タルクン​​孛脫灰 塔兒渾​孛脫灰 勇婦)は、​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​シ​​知​りて​ヲ​​居​りき。(歹都︀忽勒 莎豁兒は、明譯文に歹都︀禿勒とあり、忽を禿に誤り、莎豁兒を略けり。倭勒甫の書に塔禿剌克 速喀兒とあるは、音 稍 近けれども、剌克は、忽勒を倒にせるに似たり。親征錄に都︀剌 莎合兒とあるは、都︀の上歹 又は塔を脫し、剌の下 克の字を略けるなり。

​ボロクル​​孛囉忽勒​の殺︀され

​ボロクル ノヤン​​孛囉忽勒 那顏​ ​イタ​​到​りて、​ミタリ​​三人​にて​タイグン​​大軍​より​マヘ​​前​​アユ​​步​​ユ​​往​きて、​ユフグレ​​夕暮​​オボ​​覺​えず​カタ​​難︀​​ハヤシ​​林​​ナカ​​中​​コミチ​​徑​​ヨ​​依​​アユ​​步​みたれば、​カレラ​​彼等​​モノミ​​斥候​​ウシロ​​後​より​オビヤカ​​脅​されて、​コミチ​​徑​​ハヾ​​阻​みて、​ボロクル ノヤン​​孛囉忽勒 那顏​​トラ​​拏​へて​コロ​​殺︀​しけり。​トマト​​禿馬惕​​ボロクル​​孛囉忽勒​​コロ​​殺︀​せりと​シ​​知​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イタ​​甚​​イカ​​怒​りて、​ミヅカ​​自​​シユツバ​​出馬​せんとしたれば、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合黎​ ​フタリ​​二人​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​トヾ​​止​まるまで​イサ​​諫​めたり。

​ドルベ ドクシン​​朶兒伯 多黑申​​トマト​​禿馬惕​ 征服

​サテ​​却​ ​ドルベト​​朶兒別惕​朶兒邊の複稱)の​ドルベ ドクシン​​朶兒伯 多黑申​親征錄 都︀魯伯、元史 朶魯伯)に​コトヨサ​​任​し「​イクサ​​軍​​オゴソカ​​嚴​​トヽノ​​整​へて、​トコヨ​​長生​​アマツカミ​​上帝​​イノ​​禱​りて、​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​クダ​​降​さんと​コヽロ​​試​みよ」と​ミコト​​勅​ありき。​ドルベ​​朶兒伯​は、​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて、​サキ​​前​​イクサ​​軍​​ユ​​行​きたる、​モノミ​​斥候​​マモ​​守​りたる​ミチ​​路​ ​コミチ​​徑​​クチグチ​​口口​に、​ムナ​​虛​しき​イキホヒ​​勢​​ハ​​張​りて、​アカ​​紅​​キヤウギウ​​强牛​野牛の一種)の​ユ​​行​きたる​ミチ​​路​​ヨ​​依​り、​イクサビト​​軍士​どもに​ガウレイ​​號令​し、​イクサ​​軍​​カズ​​數​ある(數に具はれる​ヒト​​人​​コヽロ ヲク​​心 臆​せば​ウ​​打​たんが​タメ​​爲​に、​ヒト​​人​ごとに​トヲ​​十​​シモト​​笞​​マ​​負​はせて、​ヲノ​​斧​ ​ホン​​錛​蒙語 兀哈里。義を知らず、明譯に從へり。錛は、字典に「音奔、平木器︀」とあれども、これも解り得ず。​ノコギリ​​鋸​ ​ノミ​​鑿​なる​ヒト​​人​ ​ゴト​​毎​の(人ごとに用ふる​キカイ​​器︀械​​トヽノ​​整​へさせて、​アカ​​紅​​キヤウギウ​​强牛​​ユ​​行​きたる​ミチ​​路​​ヨ​​依​り、​ミチ​​路​​タ​​立​てる​キ​​樹​どもを​タ​​斷​ち斫らせて、​ノコギ​​鋸​らしめて​ミチ​​路​をなして、​ヤマ​​山​​ウヘ​​上​[263]​ノボ​​上​りたれば、​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​ソラマド​​天窗​​ウヘ​​上​より、​フイ​​不意​にて​ウタゲ​​筵會​して​ヲ​​居​​トコロ​​處​​トラ​​虜︀​へたり。


§241(10:20:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​トラ​​拏​へられたる二將の助かり

 ​サキ​​前​​ゴルチ ノヤン​​豁兒赤 那顏​​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​ ​フタリ​​二人​​トマト​​禿馬惕​​トラ​​拏​へられて、​ボトクイ タルクン​​孛脫灰 塔兒渾​​トコロ​​處​にそこにありき。​ゴルチ​​豁兒赤​​トラ​​拏​へられたる​ワケ​​理由​は、​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​ヲトメ​​女子​どもは​ウツク​​美​しくあり、​サンジフ​​三十​​ツマ​​妻​​ト​​取​れと​ミコト​​勅​ありたるにつき、​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​ヲトメ​​女子​どもを​ト​​取​らんとて​ユ​​往​きたるに、​サキ​​前​​クダ​​降​りたる​タミ​​民​は、​カヘツ​​却​​テキ​​敵​となりて、​ゴルチ ノヤン​​豁兒赤 那顏​​トラ​​拏​へたりき。​ゴルチ​​豁兒赤​​トマト​​禿馬惕​​トラ​​拏​へられたりと​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​シ​​知​りて、「​ハヤシ​​林​​タミ​​民​​オコナヒ​​行​は、​クドカ​​忽都︀合​ ​シ​​知​れるぞ」と​ノリタマ​​宣​ひて​ヤ​​遣​りたれば、​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​ ​マタ​​又​ ​トラ​​拏​へられき。

三將の恩賜

[こたび]​トマト​​禿馬惕​​タミ​​民​​クダ​​降​​ヲ​​畢​へたれば、​ボロクル​​孛囉忽勒​​ホネ​​骨​​ユヱ​​故​​ヒヤク​​百​​トマト​​禿馬惕​​タマ​​賜​へり。(孛囉忽勒の遺族に賜はりたるなり。​ゴルチ​​豁兒赤​は、​サンジフ​​三十​​ムスメ​​女子​​ト​​取​れり。​クドカ ベキ​​忽都︀合 別乞​​ボトクイ タルクン​​孛脫灰 塔兒渾​​タマ​​賜​へり。(親征錄は、禿馬惕 征伐を丁丑(太祖︀ 十二年)に移し、簡短に「是歲、吐麻 部 主 都︀剌 莎合兒、旣 附而叛、上命博羅渾 那顏 都︀魯伯 二將平之、博羅渾 那顏 卒於彼」と記せり。元史は、それよりも簡略にて、たゞ「是歲、禿滿 部 民 叛、命鉢魯完 朶魯伯平之」とありて、鉢魯完の殺︀されたる事も云はず。蓋 四傑の一人なることに心附かざりしならん。


§242(10:22:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


母と子弟とに民の分配

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​ありて「​ハヽ​​母​​コ​​子​どもに​オトヽ​​弟​どもに​タミ​​民​​ワカ​​分​けて​アタ​​與​へん」とて​アタ​​與​ふる​トキ​​時​​クニタミ​​國民​​アツ​​聚​むるに​カンナン​​艱難︀​したるは、​ハヽ​​母​なるぞ。​ワ​​我​​コ​​子​どもの​アニ​​兄​は、​ヂユチ​​拙赤​なるぞ。​ワ​​我​​オトヽ​​弟​どもの​スエ​​末​は、​オツチギン​​斡惕赤斤​なるぞ」と​ノリタマ​​宣​ひて、​ハヽ​​母​には​オツチギン​​斡惕赤斤​[264]​ワケマヘ​​分前​となして​マン​​萬​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​ハヽ​​母​は、​フソク​​不足​​オモ​​思​ひて​コヱ​​聲​をなさざりき。​ヂユチ​​拙赤​​クセン​​九千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​チヤアダイ​​察阿歹​​ハツセン​​八千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​オゴダイ​​斡歌歹​​ゴセン​​五千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​トルイ​​脫雷​​ゴセン​​五千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。(元史の宗室 世系表に「太祖︀ 皇帝 六子、長 尤赤 太子、次 二 察合台 太子、次 三 太宗 皇帝、次 四 拖雷、卽 睿宗 也。次 五 兀魯赤、無嗣、次 六 闊列堅 太子」とあり。拖雷まで四人は、光獻 翼聖 皇后の子なり。兀魯赤 闊列堅は、庶子にしてかつ幼き故に、分民なかりき。​カツサル​​合撒兒​​シセン​​四千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​アルチダイ​​阿勒赤歹​​ニセン​​二千​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​ベルグタイ​​別勒古台​​イツセンゴヒヤク​​一千五百​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり(世系表に「烈祖︀ 神︀元 皇帝 五子、長 太祖︀ 皇帝、次 二 撒只 哈兒 王、次 三 哈赤溫 大王、次 四 鐵木哥 斡赤斤、所謂 皇太弟 國王 斡嗔 那顏 者︀也。次 五 別里古台 大王」とあり。搠只 哈兒は、太祖︀紀に皇弟 哈撒兒、食貨志に搠只 哈撒兒 大王とあり。表の哈兒は、撒の字を脫したり。合赤溫は、早く死にたる故に、その子に民を與へたり。この阿勒赤歹も、亦魯該の親屬なる阿勒赤歹も、卷九なる額勒只吉歹とは名 稍 異なり。元史にも太宗紀に按赤帶、定宗 憲宗 世祖︀紀に按只帶とありて、阿勒赤吉歹と云へる事 無ければ、世系表なる按只吉台の吉の字は、恐らくは衍字ならん。

​ダアリタイ​​荅阿哩台​の處分

​ダアリタイ​​荅阿哩台​卷一の荅哩台 斡惕赤斤、太祖︀紀 荅力台、世系表 荅里眞、食貨志 太祖︀ 叔 荅里眞 官人)は、​ケレイト​​客咧亦惕​​クミ​​與​したりとて「​メ​​眼​​カゲ​​背處​​シリゾ​​黜​けん」と​ノリタマ​​宣​へば、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合黎​​シギ クトク​​失吉 忽禿忽​ ​ミタリ​​三人​ ​イ​​言​はく「​オノ​​己​​ヒ​​火​​ケ​​滅​すが​ゴト​​如​く、​オノ​​己​​イヘ​​家​​ヤブ​​壞​るが​ゴト​​如​く、​ナガミコト​​爾​​ヨ​​善​​チヽ​​父​​カタミ​​遺念​は、​ヒトリ​​獨​ ​ナガミコト​​爾​​ヲヂ​​叔父​ ​ノコ​​殘​りてあるを、いかんぞ​ス​​棄​てん。​カレ​​彼​​キ​​氣​​ツ​​附​けざりしことを​ナ​​勿​[​オモ​​想​ひ]そ。​ナガミコト​​爾​​ヨ​​好​​チヽ​​父​​マツテイ​​末弟​​イヘヰ​​營盤​​ケムリ​​煙​​タ​​立​てさせ​ア​​合​ひて​ヲ​​居​れ」と​イ​​云​はれて、​ハナ​​鼻​​合巴兒​より​ケムリ​​煙​​忽泥​ ​ツ​​搶​​康失​くまで​アキラ​​明​​合合思​かに​ハナシ​​話​されて(意 明ならざれども、明本 語譯に從へり、文譯には​タイソ​​太祖︀​ ​コヽロノウチ​​心下​ ​クルシミテ​​辛酸​)、「​ウベナ​​諾​へり」とて、​ヨ​​好​​チヽ​​父​​オモ​​想​ひて、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合里​​シギ クトク​​失吉 忽禿忽​ ​ミタリ​​三人​​ハナシ​​話​にて​シヅ​​靜​まりたるぞ(明譯​イカリ​​怒​ ​ツヒニ​​遂​ ​ヤミタリ​​息了​)。(好き父 以下は、叙事の文なり。原文[265]に太祖︀の語氣として、「我」の字を末に加へたるは誤りならん。


§243(10:25:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


三弟 四子の傅

 ​ハヽ​​母​​オツチギン​​斡惕赤斤​​マン​​萬​​タミ​​民​​アタ​​與​へて、​クワンニン​​官人​どもより​グチユ​​古出​ ​ココチユ​​闊闊出​ ​チユンサイ​​種賽​ ​ゴルカスン​​豁兒合孫​八十八の功臣の中にて第十七 第十八 第三十三 第十九​ヨタリ​​四人​​ツ​​傅​けたり。​ヂユチ​​拙赤​には​クナン​​忽難︀​ ​モンケウル​​蒙客兀兒​ ​ケテ​​客帖​功臣の第七 第三十九 第五十​ミタリ​​三人​​ツ​​傳​けたり。​チヤアダイ​​察阿歹​には​カラチヤル​​合喇察兒​ ​モンケ​​蒙客​ ​イドクダイ​​亦多忽歹​功臣の第二十九 第三十七 第六十六​ミタリ​​三人​​ツ​​傅​けたり。​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​チヤアダイ​​察阿歹​は、​タケ​​猛​くあり。​コマヤカ​​細​なる​サガ​​性​あるなり。​コケシユス​​闊客搠思​卽 闊闊搠思、功臣の第三十)は、​オソ​​晩​​ハヤ​​早​く(朝夕に​マヘ​​前​​ヰ​​居​て、​オモ​​思​へる​コト​​事​​カタ​​語​りて​ヲ​​居​れ」と​ミコト​​勅​ありき。(明譯​マタ​​又​ ​イハク​​說​​チヤアダイハ​​察阿歹​ ​セイ​​性​ ​コハシ​​剛​​コマヤカニ​​子細​ ​シム​​敎​​コケシユス​​闊客搠思​ ​ハヤクオソク​​早晩​ ​マヘニテ​​根前​ ​モノガタリセ​​說話​​ベシ​​者︀​とあるに據れば、原文「細なる性あるなり」の「なり」は、衍字にて、「細なる性ある」は、闊客搠思に係る詞ならん。​オゴダイ​​斡歌歹​には​イルゲ​​亦魯格​卽 亦魯該​デガイ​​迭該​功臣の第五 第十一​フタリ​​二人​​ツ​​傅​けたり。​トルイ​​拖雷​には​ヂエダイ​​哲歹​功臣の第二十三なる者︀台​バラ​​巴剌​功臣の第三十五なる巴剌 斡囉納兒台 又は第四十九なる巴剌 扯兒必​フタリ​​二人​​ツ​​傅​けたり。​カツサル​​合撒兒​には​ヂエブケ​​者︀卜客​功臣の第四十四)を​ツ​​傅​けたり。​アルチダイ​​阿勒赤歹​には​チヤウルカイ​​察兀兒孩​功臣の第五十八)を​ツ​​傅​けたり。


§244(10:26:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​コンゴタト​​晃豁塔惕​​カツサル​​合撒兒​の打たれ

 ​コンゴタト​​晃豁塔惕​晃豁壇の複稱)の​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​​コ​​子​ども​ナヽタリ​​七人​ありき。​ナヽタリ​​七人​​ナカ​​中​​ココチユ テブテンゲリ​​闊闊出 帖卜騰格哩​闊闊出と云ふ神︀巫)ありき(元史 憲宗紀の「初に母曰莊聖 太后 怯烈 氏、歲 戊辰 十二月三日、生帝。時 有黃忽荅 部 知天象者︀、言帝後必大貴、故以蒙哥名。蒙哥、華言 長生 也」とあり。黃忽荅は、卽 晃豁塔惕にして、いはゆる天象を知れる者︀は、卽この帖卜騰格哩なり。歲 戊辰は、太祖︀ 卽位の三年なれば、この晃豁壇の騷動は、三年 以後に起れる事なるべし。)その​ナヽタリ​​七人​​コンゴタン​​晃豁壇​は、​カツサル​​合撒兒​​イチミ​​黨​して​ウ​​打​ちたりき。​カツサル​​合撒兒​は「​ナヽタリ​​七人​​コンゴタン​​晃豁壇​に、​イチミ​​黨​して​ウ​​打​たれたり」と​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ウタ​​愬​へたれば、[266]​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ホカ​​別​​コト​​事​にて​イカ​​怒​りて​イマ​​在​せる​アヒダ​​閒​​マウ​​申​したる​ユヱ​​故​に、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​イカリ​​怒​​ウチ​​裏​​カツサル​​合撒兒​​ノリタマ​​宣​はく「​イノチ​​命​あるものに​カ​​勝​たれざる[​ヒト​​人​]なりき、​ナンヂ​​汝​明譯​ナンヂハ​​你​ ​ツネニ​​平日​ ​イヘリ​​說​​ヒト​​人​ ​ズト​​不​​アタハ​​能​​テキスル​​敵​)。いかんぞ​カ​​勝​たれたる、​ナンヂ​​汝​」と​イ​​云​はれて、​カツサル​​合撒兒​ ​ナミダ​​涙​​オト​​墮​​タ​​起​ちて​サ​​去​りて、​カツサル​​合撒兒​ ​ウレ​​憂​へて​ミカ​​三日​ ​コ​​來​ざりき。

​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​の讒言

そこに​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マウ​​白​さく「​トコヨ​​長生​​アマツカミ​​上帝​​ミコト​​勅​にて​カン​​罕​[を​サダ​​定​むる]​ミツゲ​​神︀吿​​ノリタマ​​宣​へり。「​ヒトタビ​​一次​​テムヂン​​帖木眞​ ​クニ​​國​​ト​​取​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。「​ヒトタビ​​一次​​カツサル​​合撒兒​を」と​ノリタマ​​宣​へり。​カツサル​​合撒兒​​ハカ​​圖​らずば、[​コト​​事​]​シ​​知​られずあるぞ」と​イ​​云​はれて、

太祖︀の性急

​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、その​ヨル​​夜​ ​シユツバ​​出馬​して、​カツサル​​合撒兒​​トラ​​拏​へに​ユ​​往​きたれば、​グチユ​​古出​ ​ココチユ​​闊闊出​ ​フタリ​​二人​は「​カツサル​​合撒兒​​トラ​​拏​へに​ユ​​往​きたり」と​ハヽ​​母​​ツ​​吿​げけり。​ハヽ​​母​ ​シ​​知​ると、​ヨル​​夜​ ​スナハチ​​便​ ​ツヾ​​續​きて、​シロ​​白​​ラクダ​​駱駝​​ヒ​​引​かせて​クロ​​黑​​クルマ​​車​にて​ヨドオ​​夜通​​ユ​​行​きて、​ヒイ​​日出​づる​コロ​​頃​ ​イタ​​到​れば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​カツサル​​合撒兒​​ソデ​​袖​​シバリ​​縛​りて、その​バウオビ​​帽帶​​ハ​​褫​ぎて、その​コトバ​​言​​ト​​問​​ヲ​​居​​トコロ​​處​に、

母に怒られたる太祖︀の​キク​​愧懼​

​ハヽ​​母​​イタ​​到​られて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​オドロ​​驚​きて​ハヽ​​母​​オソ​​畏​れたり。​ハヽ​​母​ ​イカ​​怒​りて​イタ​​到​りて​クルマ​​車​より​オ​​降​り、​ハヽ​​母​ ​ミヅカラ​​自​ ​カツサル​​合撒兒​​シバ​​縛​れる​ソデ​​袖​​ト​​解​きて​ハナ​​放​し、その​バウオビ​​帽帶​​カツサル​​合撒兒​​アタ​​與​へて、​ハヽ​​母​ ​イカ​​怒​りて​キ​​氣​怒氣)を​オサ​​壓​へかね、​アグミ​​盤脚​ ​ヰ​​坐​​フタツ​​兩​​チ​​乳​​イダ​​出​して​フタツ​​兩​​ヒザ​​膝​​ウヘ​​上​にのせて​イ​​言​はく「​ミ​​見​たりや。​ナンヂ​​汝​​チ​​乳​乳汁)を​ノ​​飮​みたる​チ​​乳​乳房)は、​コレ​​此​なり。この​タヅ​​尋​​合荅侖​​オ​​追​ひて、​エナ​​胞衣​​合兒必速​​カ​​咬​​合札​みたる、​ホソノヲ​​臍帶​​灰亦​​タ​​斷​ちたる​カツサル​​合撒兒​は、[267]​ナニ​​何​をか​シ​​爲​たる。(合撒兒は、猛き野犬の名を采りて名づけたるなり。故にその野犬の猛く生れたるさまを韻語に云ひて、合撒兒の勇猛なるに譬へたり。​テムヂン​​帖木眞​は、​ワ​​我​​コ​​此​​ヒト​​一​つの​チ​​乳​​ツク​​盡​したりき。​カチウン​​合赤溫​​オツチギン​​斡惕赤斤​は、​フタリ​​二人​となりて​ヒト​​一​つの​チ​​乳​​ツク​​盡​さざりき。​カツサル​​合撒兒​こそは、​ワ​​我​​フタツ​​兩​​チ​​乳​ ​ミナ​​皆​​ツク​​盡​して、​ワ​​我​​ムネ​​胷​ ​ユルヤカ​​寬​になるまで​ヤス​​休​ましめて、​ムネ​​胷​​ユルヤカ​​寬​になしたりき。それが​タメ​​爲​​ギノウ​​技能​ある​ワ​​我​​テムヂン​​帖木眞​は、​ムネ​​胷​​扯額只​ ​シカジカ​​云云​。(こゝに脫文あり、補ふこと能はず。​ギノウ​​技能​ある​ワ​​我​​カツサル​​合撒兒​は、​ユミイ​​射​​合兒不​​チカラ​​力​ ​ギノウ​​技能​ある​ユヱ​​故​に、​ソム​​叛​​合兒不察​きて(語譯に交參とあれども、今 文譯に從へり、​イ​​出​​合嚕​でたるを​カブラヤ​​鏑失​​合兒不​ ​イ​​射​​クダ​​降​らしめたりき。​オドロ​​驚​​斡黑札惕​きて​イ​​出​でたるを​トホヤ​​遠箭​​桓禿察​ ​イ​​射​​クダ​​降​らしめたりき。​イマ​​今​ ​テキ​​敵​​ヒト​​人​​キハ​​窮​めたりと​イ​​云​ひて、​カツサル​​合撒兒​​ミ​​見​る(用ふること​アタ​​能​はざるなり、​ナンヂ​​汝​」と​イ​​云​へり。​ハヽ​​母​​ヤス​​休​ましめ​ヲ​​畢​へて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​ハヽ​​母​​イカ​​怒​られて、​オソ​​畏​れも​オソ​​畏​れたり、​ハ​​羞​ぢも​ハ​​羞​ぢたり、​ワレ​​我​」と​ノリタマ​​宣​ひて、「​シリゾ​​退​かん、​ワレラ​​我等​」と​ノリタマ​​宣​ひて​シリゾ​​退​きたり。​ハヽ​​母​​シ​​知​らしめず​ヒソカ​​陰​​カツサル​​合撒兒​​タミ​​民​​ト​​取​りて、​カツサル​​合撒兒​​センシヒヤク​​千四百​​タミ​​民​​アタ​​與​へたり。​ハヽ​​母​ ​シ​​知​りて、​コヽロ​​心​に[​ウレ​​憂​へ](原文に脫ちたるを、明譯に依りて補へり。​ハヤ​​早​​オ​​老​いたる​リイウ​​理由​はかくあり。​ヂヤライル​​札剌亦兒​​ヂエブケ​​者︀卜客​は、そこに​オドロ​​驚​きて、​バルクヂン​​巴兒忽眞​​イ​​入​​ノガ​​逃​れたり。


§245(10:33:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​の橫暴

 その​ノチ​​後​ ​コヽノイロ​​九種​​クニコトバ​​方言​ある​タミ​​民​​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トコロ​​處​​アツマ​​聚​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ウマヨセバ​​聚馬處​より​オホ​​多​​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トコロ​​處​​アツマ​​聚​るとなれり。かく​アツマ​​聚​れる​トキ​​時​​テムゲ オツチギン​​帖木格 斡惕赤斤​​シタガ​​屬​へる​タミ​​民​[268]は、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トコロ​​處​​サ​​去​りき。​オツチギン ノヤン​​斡惕赤斤 那顏​は、​サ​​去​りたる​タミ​​民​​モト​​索​めに​シヨゴル​​莎豁兒​​イ​​云​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りき。​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​イ​​言​へらく「​オツチギン​​斡惕赤斤​​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二女​ ​ツカヒ​​使​となりき」と​イ​​云​ひて、(この言、意 通せず。二女とは、莎豁見と馬とを云ひ、莎豁兒を馬に比べ女に比べて辱めたるならんか。​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​ウ​​打​ちて、​アユ​​步​ませてその​クラ​​鞍​​オ​​負​はせて​カヘ​​回​らしめき。​オツチギン​​斡惕赤斤​は、​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​ウ​​打​ちて​アユ​​步​ませ​オコ​​致​せられて、​アスノアサ​​明朝​ ​オツチギン​​斡惕赤斤​〈[#「斡惕赤斤」は底本では「斡惕兒斤」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​ミヅカラ​​自​ ​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トコロ​​處​​ユ​​往​きて​イ​​言​はく「​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​ヤ​​遣​りたれば、​ウ​​打​ちて​アユ​​步​ませ​オコ​​致​せき。​イマ​​今​ ​ワレ​​我​ ​タミ​​民​​モト​​索​めに​キ​​來​つ」と​イ​​云​はれて、​ナヽタリ​​七人​​コンゴタン​​晃豁壇​は、​オツチギン​​斡惕赤斤​をここよりそこより​カコ​​圍​みて「​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​ナンヂ​​汝​​オコ​​致​せたるは、​ヨ​​善​​ア​​有​り」と​イ​​云​ひて、(明譯​ナンヂ​​你​ ​イカンゾ​​如何​ ​アヘテ​​敢​​ツカハシテ​差​​ヒトヲ​​人​​キテトル​​來取​​タミヲ​​百姓​とあれば、原文には打消の副詞 脫ちたるならん。​トラ​​拏​へんと​ウ​​打​たんと​ナ​​做​さるゝに​オソ​​懼​れて、​オツチギン ノヤン​​斡惕赤斤 那顏​ ​イ​​言​はく「​ツカヒ​​使​​ワ​​我​​オコ​​致​せたるは、​ヨ​​善​からず」と​イ​​云​ひき。​ナヽタリ​​七人​​コンゴタン​​晃豁壇​ ​イ​​言​はく「​ヨ​​善​からずあらば、​サンゲ​​懺悔︀​して​ヒザマヅ​​跪​け」と​イ​​云​ひて、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​シリヘ​​後​より​ヒザマヅ​​跪​かせけり。​タミ​​民​をも​アタ​​與​へられずして、

​オツチギン​​斡惕赤斤​の泣き訴へ

​オツチギン​​斡惕赤斤​は、​アスノアサ​​明朝​ ​ハヤ​​早​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​に、​オ​​起​きざるに​ネドコ​​寢床​​ウチ​​內​​イマ​​在​​トコロ​​處​​イ​​入​りて、​ナ​​哭​​ヒザマヅ​​跪​きて​マウ​​申​さく「​コヽノイロ​​九種​​クニコトバ​​方言​ある​タミ​​民​は、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トコロ​​處​​アツマ​​聚​られて、​ワレ​​我​​シタガ​​屬​へる​タミ​​民​​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​より​モト​​索​めに​シヨゴル​​莎豁兒​​イ​​云​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りたるに、​ワ​​我​​シヨゴル ツカヒ​​莎豁兒 使​​ウ​​打​ちて​アユ​​步​ませ​クラ​​鞍​​オ​​負​はせて​オコ​​致​せられて、​ワレ​​我​ ​ミヅカラ​​自​[269]​モト​​索​めに​ユ​​往​けば、​ナヽタリ​​七人​​コンゴタン​​晃豁壇​に、こゝよりそこより​カコ​​圍​みて​サンゲ​​懺悔︀​せしめて、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​シリヘ​​後​より​ヒザマヅ​​跪​かせられたり」と​イ​​云​​ナ​​哭​きたり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​コヱ​​聲​​イダ​​出​さざるに、

​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​ウタレ​​慨︀​​ゴト​​言​

​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​は、​ネドコ​​寢床​​ウチ​​內​​オ​​起​きて​スワ​​坐​りて、​フスマ​​衾​​エリ​​領​にて​ムネ​​胷​​オホ​​蔽​ひて、​オツチギン​​斡惕赤斤​​ナ​​哭​けるを​ミ​​見​て、​ナミダ​​涙​​オト​​墮​して​イ​​言​はく「​ナニ​​何​をかする​コンゴタン​​晃豁壇​ぞ。​カレラ​​彼等​は、​サキゴロ​​先頃​ ​カツサル​​合撒兒​をも​イチミ​​黨​して​ウ​​打​ちてありき。​イマ​​今​ ​マタ​​又​この​オツチギン​​斡惕赤斤​をいかんぞ​シリヘ​​後​より​ヒザマヅ​​跪​かせたる。いかなる​ダウリ​​道理​​ア​​有​りし。​マシテ​​況​この​ヒノキマツ​​檜松​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​オトヽ​​弟​だちをかく​ソコナ​​害​​ア​​合​へり。​マコト​​實​​兀年​​マタ​​又​ ​ユクスヱ​​久後​ ​オイキ​​老木​​揑兀列​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​ミ​​身​ ​カタム​​傾​​捏古思​​サ​​去​らば、​アサガラ​​麻穰​​捏惕客勒​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​クニタミ​​國民​​タレ​​誰​にか​シ​​知​らしめん、​カレラ​​彼等​​ハシラ​​柱​​禿魯​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​ミ​​身​ ​タフ​​倒​​禿勒巴思​​サ​​去​らば、​ムラスヾメ​​羣雀​​禿牙勒​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​クニタミ​​國民​​タレ​​誰​にか​シ​​知​らしめん、​カレラ​​彼等​​ヒノキマツ​​檜松​​ゴト​​如​​ナ​​爾​​オトヽ​​弟​だちをかく​ソコナ​​害​​ワ​​我​​ケニン​​家人​は、​ミタリ​​三人​ ​ヨタリ​​四人​​ワ​​我​​チヒサ​​小​​ヨワ​​弱​きものども​セイチヤウ​​成長​するまでは、いかんぞ​シ​​知​らしめん、​カレラ​​彼等​​ナニ​​何​をかする​コンゴタン​​晃豁壇​なりし、​カレラ​​彼等​​オトヽ​​弟​だちを​カレラ​​彼等​にかく​ナ​​做​さしめて、いかんぞ​ミ​​見​ておはせん。​ナガミコト​​爾​」と​イ​​云​ひて、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​ナミダ​​涙​​オト​​墮​したり。

​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​の打取り

​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​のこの​コトバ​​言​につき、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​オツチギン​​斡惕赤斤​​ノリタマ​​宣​はく「​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​ ​イマ​​今​ ​コ​​來​ん。​ナ​​爲​​ウ​​得​ることをいかにも​オコナ​​行​​ア​​合​はば、​ナンヂ​​汝​ ​シ​​知​れ」と​ノリタマ​​宣​へり。その​トキ​​時​ ​オツチギン​​斡惕赤斤​ ​タ​​起​ちて​ナミダ​​涙​​ヌグ​​拭​​イ​​出​でて、​ミタリ​​三人​​リキシ​​力士​​ソナ​​備​へて[270]​タ​​立​てり。​シバラク​​暫​ありて​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​は、​ナヽタリ​​七人​​コ​​子​どもと​キ​​來​て、​ナヽタリ​​七人​ ​ミナ​​皆​ ​イ​​入​りて、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​シユキヨク​​酒局​​ミギ​​右​​ホトリ​​邊​​スワ​​坐​ると、​オツチギン​​斡惕赤斤​は、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​エリ​​領​​トラ​​拏​へて、「​キノフ​​昨​​ヒ​​日​ ​ワレ​​我​​サンゲ​​懺悔︀​せしめたりき、​ナンヂ​​汝​​コヽロ​​試​​ア​​合​はん」と​イ​​云​ひて、​カレ​​彼​​エリ​​領​​トラ​​拏​へて​カド​​門​​トコロ​​處​​ヒ​​拖​きたり。​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​オツチギン​​斡惕赤斤​​ムカ​​迎​​エリ​​領​​トラ​​拏​へて​ウ​​搏​​ア​​合​へり。​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​バウ​​帽​は、​ウ​​搏​​ア​​合​​トキ​​時​​ヒバチ​​火盤​​ウヘ​​上​​オ​​落​ちたり。​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​は、その​バウ​​帽​​ト​​取​りて​カ​​嗅​きて​フトコロ​​懷​​オ​​置​きたり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​イ​​出​でて​リキシ​​力士​​チカラ​​力​​アラソ​​爭​​ア​​合​へ」と​ノリタマ​​宣​へり。​オツチギン​​斡惕赤斤​は、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​ヒ​​拖​きて​イ​​出​づる​トキ​​時​​カド​​門​​シキミ​​閾​​アヒダ​​閒​​サキ​​先​​ソナ​​備​へたる​ミタリ​​三人​​リキシ​​力士​ ​ムカ​​迎​へて、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​トラ​​拏​​ヒ​​拖​きて​イ​​出​でて、​カレ​​彼​​セボネ​​脊梁​​ヲ​​折​りて、​ヒダリ​​左​​ホトリ​​邊​​クルマ​​車​​ハシ​​端​​サ​​去​てて、​オツチギン​​斡惕赤斤​ ​イ​​入​りて​イ​​言​はく「​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​ワレ​​我​​サンゲ​​懺悔︀​せしめたりき。​コヽロ​​試​みんと​イ​​云​へば、​キ​​肯​かず。​アザム​​欺​〈[#ルビの「アザム」は底本では「アサム」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉きて​フ​​臥​したり。​ヨノツネ​​尋常​​トモ​​伴​なりき」と​イ​​云​へば、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​ ​サト​​覺​りて、​ナミダ​​涙​​オト​​墮​して​イ​​言​はく「​オホキ​​大​​荅亦兒​なる​チ​​地​​ツチクレ​​土塊​​シカ​​然​ ​ア​​有​りしより、​ウミ​​海︀​​荅來​なす​カハ​​河​​ヲガハ​​小川​のしかありしより、​トモ​​件​となれり​ワレ​​我​明譯​ワレ​​我​ ​ヨリ​​自​​クワウテイ​​皇帝​ ​ザリシ​​未​​タチ​​起​​ハジメ​​創​​サキ​​先​​ナリテ​​做​​トモト​​伴當​​イタレリ​​到​​イマニ​​今日​)」と​イ​​云​ふとひとしく、​ムタリ​​六人​​コンゴタン​​晃豁壇​なる​カレ​​彼​​コ​​子​どもは、​カド​​門​​フサ​​塞​ぎて、​ヒバチ​​火盤​​マハリ​​周圍​​タ​​立​ちて、その​ソデ​​袖​​ヒ​​挽​かれて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​オソ​​恐​れて​セマ​​迫​られて、「​ノガ​​躱​​イ​​出​でん」と​ノリタマ​​宣​[271]​イ​​出​づれば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マハリ​​周圍​​セントウシ​​箭筒士​ ​ジヱイ​​侍衞​ ​ラ​​等​ ​メグ​​繞​りて​タ​​立​てり。​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​クルマ​​車​​ハシ​​端​​セボネ​​脊梁​​ヲ​​折​りて​サ​​去​てたるを​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミソナハ​​御覽​して、​アトベ​​後方​より​ヒト​​一​つの​アヲ​​靑​​チヤウバウ​​帳房​​モ​​持​​コ​​來​させて、​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​ウヘ​​上​​オホ​​被​はせて、「​カセルクルマ​​駕車​に[​ワレ​​我​を]​イ​​入​らしめよ。​タ​​起​たん」と​ノリタマ​​宣​ひて、そこより​タヽ​​起​したり。


§246(10:42:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テブ​​帖卜​の死體の失せ

 ​テブ​​帖卜​帖卜騰格哩の略稱)を​オホ​​被​ひたる​チヤウバウ​​帳房​​ソラマド​​天窗​​フタ​​蓋​して、​カド​​門​​オサ​​壓​へて​ヒト​​人​​マモ​​守​らせたれば、​ダイサン​​第三​​ヨル​​夜​​ヒ​​日​ ​キ​​黃​なる​トキ​​時​明譯​スルトキ​將​​アケント​​曉​)、​ソラマド​​天窗​ ​ア​​開​けて​ミ​​身​ぐるみ​イ​​出​でけり。​タシカ​​審​むれば、​マコト​​實​​テブ​​帖卜​ ​カレ​​彼​の[​イ​​出​でたる]は、そこに​タシカ​​審​められたり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ノリタマ​​宣​はく「​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​は、​ワ​​我​​オトヽ​​弟​どもに​テアシ​​手足​​イタ​​致​したる​ユヱ​​故​に、​ワ​​我​​オトヽ​​弟​どもの​アヒダ​​閒​に、​アトカタ​​跡形​なき​ザンゲン​​讒言​​ユヱ​​故​に、​アマツカミ​​上帝​​イツクシ​​愛​まれずして、​イノチ​​命​​ミ​​身​ぐるみ​モ​​持​ちて​サ​​去​られたるぞ」と​ノリタマ​​宣​へり。

​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​の責められ

​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​をそこに​セ​​責​めけらく「​コ​​子​どもを​セイカウ​​性行​​セイ​​制​せず、[​ワレ​​我​と]​ヒト​​齊​しからんと​オモ​​思​へる​ユヱ​​故​に、[​ワザハヒ​​禍︀​は]​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​カシラ​​頭​​イタ​​到​りぬ、​ナンヂラ​​汝等​​ナンヂラ​​汝等​のかゝる​セイカウ​​性行​​サト​​覺​れるならば、​ヂヤムカ​​札木合​​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​ ​ラ​​等​の[​ゴト​​如​き]​リイウ​​理由​あるものと​ナ​​做​さるべきなりき、​ナンヂラ​​汝等​」と​ノリタマ​​宣​ひて、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​​セ​​責​めて、​セ​​責​​ヲ​​畢​へてさて「​アシタ​​朝​​イ​​言​へるを​ユフベ​​夕​​カ​​變​へば、​ユフベ​​夕​​イ​​言​へるを​アシタ​​朝​​カ​​變​へば、​ハヂ​​恥​恥づべきこと)と​カナラズ​​必​ ​イ​​云​はれん。​タヾ​​只​ ​サキ​​前​​コトバ​​言​​サダ​​定​められたるぞ、​カ​​彼​​コト​​事​を(明譯​ヨリテ​​因​​サキニ​​在先​ ​イヒ​​說​​サダメユルスト​​定免​[272]​ナンヂノシヲ​​汝死​​タリシニ​​有來​​ヤメン​​罷​)」とて、​オンシ​​恩賜​して​イカリ​​怒​​ヤ​​息​めたり。「​ヰエツ​​違越​する​セイコウ​​性行​​ヒキシ​​引締​めたりせば、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​​シソン​​子孫​​タレ​​誰​​ヒト​​齊​しき​モノ​​者︀​あらん」と​ノリタマ​​宣​へり。​テブテンゲリ​​帖卜騰格哩​​ナ​​無​くなすと、​コンゴタン​​晃豁壇​​ガンシヨク​​顏色​​キエウ​​消失​せけるぞ。(こゝにて祕史 正集 十卷は終れり。次の二卷は、續集なり。卷八に虎の年(丙寅)の卽位を記してより この卷の初までは、功臣の恩賞、親衞の制度を定むる詔勅を列ね、次に合兒魯兀惕の降服 篾兒乞惕 古出魯克の𠞰滅、委兀惕の親附を記し、次に兔の年(丁卯)と年を揭げて、朮赤の北征、禿馬惕の征服、皇族の分民 傳相の事を記し、晃豁壇の敗滅を以て終れり。されば この集は、太祖︀ 二年 丁卯に終れるが如くなれども、古出魯克の勦滅は、太祖︀ 元年に非ずして、實は十三年 戊寅にあること甚 確なれば、篾兒乞惕の勦滅も、親征錄 集史の十二年 丁丑とせるに從はざるべからず。續集は、太祖︀ 六年 辛未の征金の役より始まりたるに、この集に已に十二年 丁丑 十三年 戊寅の事を載せたるはいかにと云ふに、そは怪むべき事に非ず。蓋この集の成れるは、征金の役の起れる後なれども、征金の役は、未 事 竣らざりし故に、後の記錄に讓りて、この集には載せず。幾兒乞惕 古出魯克の勦滅は、卷三の篾兒乞惕 征伐より、卷五 卷七の乃蠻 征伐より引續きたる戡定の大業なるに由り、その局を結ばんが爲に、太祖︀ 騰極の續きに、年をも揭げずに十餘年 後の事を附記したるなり。



成吉思 汗 實錄 卷の十 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。