成吉思汗実録/巻の三

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[102]



​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​サン​​三​

§104(03:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​の救を求めに​テムヂン​​帖木眞​ 等の​カラトン​​合喇屯​ 往き

 かく​ノ​​陳​べて、​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​ミタリ​​三人​は、​ケレイト​​客咧亦惕​​トオリル​​脫斡哩勒​親征錄​トーリン​​脫憐​元史 太祖︀紀、脫里、哈剌哈孫の傳、脫斡璘〈[#「脫斡璘」の三文字目「璘」は底本では「王+鄰」。「王+鄰」に該当するUnicodeが見当たらないのでzh.wikisource.orgの元史 卷136を参考に「璘」とした]〉​ワンカン​​王罕​​トコロ​​處​に、​トウラ ムレン​​土兀剌 木嗹​土兀剌 河)の​カラトン​​合喇屯​黑林)に​ヲ​​居​​トコロ​​處​​ユ​​往​きて​イ​​言​はく「​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​に、​オモ​​意​はず​ヲ​​居​​トコロ​​處​​キ​​來​て、​ツマコ​​妻子​​トラ​​虜︀​へて​ト​​取​られたり。​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​罕なる父)、​ツマコ​​妻子​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へよとて​キ​​來​ぬ、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​へり。

​ワンカン​​王罕​​カヘリゴト​​返辭​

その​コトバ​​言​​カヘリゴト​​返辭​に、​トオリル ワンカン​​脫斡哩勒 王罕​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​ ​コゾ​​去年​ ​ナンヂ​​汝​​イ​​言​はざりしか。​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​ワレ​​我​​モ​​持​​キ​​來​つるに、「​チヽ​​父​​トキ​​時​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたるは、​チヽ​​父​​ゴト​​如​くあるぞ」とて​キ​​被​せられたれば、そこに​ワレ​​我​ ​イ​​言​はく「​テウソ​​貂鼠​​不魯罕​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返禮​に、[103]​チ​​散​​不塔喇​りたる​ナンヂ​​汝​​ブシウ​​部眾​​マト​​纏​​不古惕格勒都︀​​ア​​合​ひて​アタ​​與​へん。​クロ​​黑​​合喇​​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返禮​​合哩兀​に、​ハナ​​離​​合合察​れたる​ナンヂ​​汝​​ブシウ​​部眾​​アツ​​集​​含禿惕合勒都︀​​ア​​合​ひて​アタ​​與​へん」とて、「​コウシ​​腔子​​扯客咧​​ムネ​​胸​​扯額只​​ア​​存​れ。​コシ​​腰​​孛可咧​​サキ​​尖​​孛克薛​​ア​​存​れ」と​イ​​云​はざりしか、​ワレ​​我​​イマ​​今​ ​カ​​彼​​コトバ​​言​​シタガ​​從​はんと、​テウソ​​貂鼠​​不魯罕​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返體​に、​スベ​​都︀​​不古迭​ての​メルキト​​篾兒乞惕​​ホロボ​​滅​​不咧勒​すまで、​ナンヂ​​汝​​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​スク​​救​​阿不喇​ひて​アタ​​與​へん、​ワレ​​我​​クロ​​黑​​合喇​​テウソ​​貂鼠​​カハコロモ​​裘​​ヘンレイ​​返禮​に、​アマネ​​普​​合木黑​​メルキト​​篾兒乞惕​​ウチヤブ​​打破​​合勒塔赤​りて、​ナンヂ​​汝​​キサキ​​妃​​合屯​ ​ボルテ​​孛兒帖​​カヘ​​回​​合哩兀勒​らせて​ツ​​伴​​キ​​來​なん、​ワレラ​​我等​​ナンヂ​​汝​は、​ヂヤムカ デウ​​札木合 迭兀​〈[#「札木合 迭兀」は底本では「札木合迭兀」。「元朝秘史」§104(03:02:07~08)の漢︀字音訳に倣い二語に分割]〉に(札木合なる弟。年少き故に、弟と云へり。​デンゴン​​傳言​して​ヤ​​遣​れ。​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​は、​ゴルゴナク ヂユブル​​豁兒豁納黑 主不兒​豁兒豁納黑 河原、小河の河原)に​ヲ​​居​るぞ。​ワレ​​我​は、​コレ​​此處​より​ニマンニン​​二萬人​にて​ミギ​​右​​テ​​手​となり​シユツバ​​出馬​せん。​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​は、​ニマンニン​​二萬人​となりて​ヒダリ​​左​​テ​​手​となり​シユツバ​​出馬​せよ。​ワレラ​​我等​​ヤククワイ​​約會​會合の場所 時日)は、​ヂヤムカ​​札木合​より​セ​​爲​よ」と​イ​​云​へり。


§105(03:03:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​の救を求むる​テムヂン​​帖木眞​の使

 ​テムヂン​​帖木眞​​カツサル​​合撒兒​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​ミタリ​​三人​は、​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​より​カヘ​​回​りて​イヘ​​家​​イタ​​到​りて、​テムヂン​​帖木眞​は、​ヂヤムカ​​札木合​​トコロ​​處​に、​カツサル​​合撒兒​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​フタリ​​二人​​ヤ​​遣​り、「​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​に言へ(帖木眞と札木合と幼き時 安荅となれりし事は、後に委しく見ゆ。)」とて、​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るには、「​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​に、​キ​​來​​クラヰ​​座​​斡囉​​カラ​​空​​豁黑脫兒忽​​ナ​​爲​されたり、​ワレ​​我​。(妃を奪はれたり。こゝの豁は、音ホにて、斡に通ず。​コウシ​​扣子​​斡那兒​二物を結び合する紐釦の類︀​ヒト​​一​つのもの(離れざる親友)ならずや、​ワレラ​​我等​​アタ​​讎​​斡雪勒​をいかにか​カヘ​​復​​斡薛​さん。​フトコロ​​懷​​額不兒​​ナカバ​​半​​含帖勒迭​せられたり、​ワレ​​我​。(こゝの含は、音ハンにて下の句の哈と協ふ。​カン​​肝​​赫里堅​​シンゾク​​親族​肺腑の親)ならずや、​ワレラ​​我等​​ウラミ​​怨​​哈赤​をいかにか​ムク​​報​​哈赤剌​いん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。[104]​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​りたる​コトバ​​言​、かくの​ゴト​​如​し。​マタ​​又​ ​ケレイト​​客咧亦惕​​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​イ​​言​へる​コトバ​​言​​ヂヤムカ​​札木合​​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るには、「​サキ​​前​​ヒ​​日​​ワ​​我​​エスガイ カン エチゲ​​也速該 罕 額赤格​也速該 罕なる父)に​タスケ​​助​​ヨ​​好​​ナ​​爲​されたるを​オモ​​想​ひて、​トモ​​伴​とならん、​ワレ​​我​​ニマンニン​​二萬人​となりて​ミギ​​右​​テ​​手​となり​シユツバ​​出馬​せん。​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​​デンゴン​​傳言​して​ヤ​​遣​れ。​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​は、​ニマンニン​​二萬人​にて​シユツバ​​出馬​せよ。​アヒ ア​​相 合​​ヤククワイ​​約會​​ヂヤムカ オトヽ​​札木合 弟​より​セ​​爲​よ」と​イ​​云​へり。この​コトバ​​言​どもを​ツク​​盡​させ​ヲ​​畢​へて、

​ヂヤムカ​​札木合​​カヘリゴト​​返辭​

​ヂヤムカ​​札木合​ ​イ​​言​はく「​テムヂン アンダ​​帖木眞 安荅​を、​クラヰ​​座​​斡囉​ ​カラ​​空​​豁黑脫兒忽​になれりと​シ​​知​りて、​ワ​​我​​コヽロ​​心​​斡咧​ ​イタ​​痛​​額別惕​めり。​フトコロ​​懷​​額不兒​ ​ナカバ​​半​になれりと​シ​​知​りて、​ワ​​我​​カン​​肝​​赫里格​ ​イタ​​痛​​額別惕​めり。​アタ​​讎​​斡雪勒​​カヘ​​復​​斡旋​しに、​ウドイト​​兀都︀亦惕​〈[#ルビ「ウドイト」は底本では「ウトイト」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​ウワス メルキト​​兀洼思 篾兒乞惕​​ホロボ​​滅​​兀魯惕客​して、​フジン​​夫人​​兀眞​ ​ボルテ​​孛兒帖​​スク​​救​はん。​ウラミ​​怨​​哈赤​​ムク​​報​いに、​アマネ​​普​​合木黑​​カアト メルキト​​合阿惕 篾兒乞惕​​ウチヤブ​​打破​​合勒塔赤​りて、​キサキ​​妃​​合屯​ ​ボルテ​​孛兒帖​​カヘ​​回​​合哩兀侖​らせ​スク​​救​はん。​イマ​​今​ ​カ​​彼​​クラノアフリ​​鞍韂​​戈勒篾​​ウ​​拍​​トキ​​時​ ​ツヾミ​​鼓​​可兀兒格​​オト​​音​となして​アワ​​遽​​可乞迭克​​オドロ​​驚​​トクトア​​脫黑脫阿​は、​ブウラ ケエル​​不兀喇 客額兒​​ヲ​​居​るぞ。(不兀喇 原、駱駝 原。親征錄​ブラセン​​不剌川​內府 與圖に、恰克圖の東に布拉 喀倫あり。喀倫の南に布拉 河あり、西に流れて色楞格 河に入る。露西亞の地圖には、ブレン河とあり。不兀喇 原は、この布拉 河の邊の原野なるべし​フタ​​蓋​​荅卜赤​ある​ヤナグヒ​​箭筒​​ユラメカ​​搖閃​​荅兒巴勒札​​トキ​​時​ ​カヘ​​反​​歹只赤​​ハシ​​走​​ダイル ウスン​​歹兒 兀孫​は、​イマ​​今​ ​オルコン​​斡兒桓​ ​セレンゲ​​薛涼格​ ​ニカ​​二河​の[​アヒダ​​閒​なる]​タルクン アラル​​塔勒渾 阿喇勒​​ヲ​​居​るぞ。(斡兒桓 河は、今の鄂爾坤 河にして、唐書 回鶻の傳に昆河また嗢昆 水、元史 太宗紀に斡兒寒 河、明宗紀に斡耳罕 水、虞集の句容郡王 世績の碑に斡歡 河、歐陽玄の偰氏 家傳に斡爾汗 河などあり。薛涼格 河は、今の色楞格 河にして、唐書 回鶻の傳に仙娥 河、元史 巴而朮 阿而忒 的斤の傳に薛靈哥 水、耶律鑄の雙溪 醉隱集に錫蘭 河、偰氏 家傳に偰輦傑 河、瀚海︀集に習靈靄 河などあり。塔勒渾 阿喇勒 卽ち勇婦の島は、兩河 合流の處にある出島なるべし。​ヨモギ​​蓬​​含合兀勒孫​​カゼ​​風​​克​ ​ソヨ​​戰​​トキ​​時​ ​クロ​​黑​​合喇​​ハヤシ​​林​​槐​​アラソ​​爭​​カアタイ ダルマラ​​合阿台 荅兒馬剌​は、​イマ​​今​​カラヂ ケエル​​合剌只 客額兒​​ヲ​​居​[105]ぞ。(合剌只 原。高寶銓の說に、今の哈拉 河の下流の東北岸の地ならんと云へり。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​は、​タヾチ​​直​​キルゴ ムレン​​乞勒豁 木嗹​乞勒豁 河、水道 提綱の啓兒活 河)を​ヨコ​​橫​​輕古思​ぎるに​チヨソウサウ​​猪︀鬃草​​撒合勒伯顏​​イヅク​​何處​にも​ア​​有​れ、​イカダ​​筏​​撒勒忽牙​ ​ク​​組​みて​イ​​入​らん。​カ​​彼​​アワ​​遽​​オドロ​​驚​​トクトア​​脫黑脫阿​​ソラマド​​天窻​​額嚕格​​ウヘ​​上​より​イ​​入​りて、​カレ​​彼​​キンエウ​​緊要​​額兒勤​なる​チヤウバウコツ​​帳房骨​​額額迭​​タフ​​倒​​唵不囉​すべく​ツ​​衝​きて、​カレ​​彼​​ツマコ​​妻子​​額篾可溫​​ツ​​盡​​額出勤​くるまで​トラ​​虜︀​へん。​カレ​​彼​​フクノカミ​​福︀神︀​​忽禿黑​​チヤウバウコツ​​帳房骨​大黑柱と云ふが如き者︀)を​ヲ​​折​​忽忽嚕​るべく​ツ​​衝​きて、​カレ​​彼​​スベ​​都︀​​豁脫剌​ての​ブシウ​​部眾​​ムナ​​空​​豁斡孫​しくなるまで​トラ​​虜︀​へん。」


§106(03:07:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​が出陣のしらせ​ヤククワイ​​約會​​トコロ​​地​

 ​ヂヤムカ​​札木合​ ​マタ​​又​ ​イ​​言​はく「​テムヂン アンダ​​帖木眞 安荅​​トオリル カン アカ​​脫斡哩勒 罕 阿合​脫斡哩勒 罕なる兄​フタリ​​二人​​イ​​言​へ」とて​イ​​言​はく「​ワレ​​我​には、​トホ​​遠​​合喇阿禿​​ミ​​見​ゆる​トウ​​纛​​マツ​​祭​れり、​ワレ​​我​​クロ​​黑​​合喇​​キヤウギウ​​强牛​​不合​​カハ​​皮​にて​ハ​​張​​不哩克先​りたる​トウトウ​​鼕鼕​​不兒乞嗹​たる​オト​​音​ある​ツヾミ​​鼓​​可兀兒格​​ウ​​打​てり、​ワレ​​我​​クロ​​黑​​合喇​​ハヤキウマ​​快馬​​ノ​​乘​れり、​ワレ​​我​​カタ​​硬​​合唐忽​​イシヤウ​​衣裳​​キ​​被​たり、​ワレ​​我​​ハガネ​​鋼​​合壇​​ヤリ​​鎗​​ト​​執​れり、​ワレ​​我​​テウヒ​​挑皮​​合惕忽喇速​ある​ヤ​​箭​​カ​​扣​けたり、我。​カアト メルキト​​合阿惕 篾兒乞惕​​トコロ​​處​​タヽカ​​戰​​合惕忽勒敦​ひに​シユツバ​​出馬​せん​スナハ​​便​ちと​イ​​言​へ。​ナガ​​長​​兀兒圖​​トホ​​遠​​ミ​​見​ゆる​トウ​​纛​​マツ​​祭​れり、​ワレ​​我​​ウシ​​牛​​忽客兒​​カハ​​皮​にて​ハ​​張​りたる​ニゴ​​濁​​斡惕刊​れる​コヱ​​聲​ある​ツヾミ​​鼓​​ウ​​打​てり、​ワレ​​我​​セグロ​​脊黑​​斡囉黑​​ハヤキウマ​​快馬​​ノ​​乘​​兀訥​れり、​ワレ​​我​​カハ​​革​​忽迭速禿​ ​キ​​被​せたる​ヨロヒ​​鎧​​忽牙克​​キ​​被​たり、​ワレ​​我​​ツカ​​柄​​汪吉​ある​クワンタウ​​環刀​​兀勒都︀​​ト​​執​れり、​ワレ​​我​​コウシ​​扣子​​斡那兒​ある​ヤ​​箭​​カ​​扣​​斡那剌​けたり、​ワレ​​我​​ウドイト​​兀都︀亦惕​、[​ウワス​​兀洼思​]​メルキト​​篾兒乞惕​​トコロ​​處​​シ​​死​​兀忽勒都︀牙​​ア​​合​はん(死戰せん​スナハ​​便​ちと​イ​​言​へ。​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​ ​アニ​​兄​ ​シユツバ​​出馬​するには​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​マヘ​​前​より​テムヂン アンダ​​帖木眞 安荅​​ス​​過​ぎて​キ​​來​て、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​ミナモト​​源​​ボドカン ボオルヂ​​孛脫罕 孛斡兒只​​ヤククワイ​​約會​せん。​コヽ​​此處​より​シユツバ​​出馬​するには、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​サカノボ​​泝​り、―​アンダ​​安荅​​ブシウ​​部眾​ ​コヽ​​此處​​ア​​在​り。―​アンダ​​安荅​​ブシウ​​部眾​より​イチマンニン​​一萬人​​ワレ​​我​ ​コヽ​​此處​[106]より​イチマンニン​​一萬人​​ニマンニン​​二萬人​となりて、​オナン ガハ​​斡難︀ 河​​サカノボ​​泝​​ユ​​往​きて、​ボドカン ボオルヂ​​孛脫罕 孛斡兒只​​ヤククワイ​​約會​​トコロ​​地​​クワイ​​會​​ア​​合​はん」と​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​りぬ。


§107(03:09:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​ ​テムヂン​​帖木眞​の出陣

 ​ヂヤムカ​​札木合​​コ​​此​​コトバ​​言​を、​カツサル​​合撒兒​ ​ベルグタイ​​別勒古台​ ​フタリ​​二人​ ​キ​​來​て、​テムヂン​​帖木眞​​イ​​言​ひて、​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​デンゴン​​傳言​​イタ​​致​せり。​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​は、​ヂヤムカ​​札木合​​コ​​此​​コトバ​​言​​イタ​​致​さるゝと、​ニマンニン​​二萬人​にて​シユツバ​​出馬​せり。「​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​ ​シユツバ​​出馬​するに、​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​マヘ​​前​なる​ケルレン​​客魯嗹​​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​​サ​​指​して​キ​​來​ぬ」とて、​テムヂン​​帖木眞​は、​ブルギ ガシ​​不兒吉 岸​​ヰ​​居​たるに、「​ミチ​​路​脫斡哩勒 罕の路)の​トコロ​​處​にあり」とて、​ウツ​​移​りて​トンゲリク​​統格黎克​に(卷一の統格黎克 小河と名同じけれども、彼は斡難︀の源に在り、是は客魯嗹の源に在りて、同じからず、却て卷二の騰格里 小河に同じきに似たり。​サカノボ​​泝​​タ​​起​ちて、​タナ ゴルゴン​​塔納 豁兒歡​塔納 小河、內府 輿圖の特納 河、克魯倫 河の上流に流れ入る小河)にて​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​マヘ​​前​​ゲバ​​下馬​して、​テムヂン​​帖木眞​は、そこより​イクサ​​軍​​オコ​​起​して​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​イチマンニン​​一萬人​​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​オトヽ​​弟​ ​ヂヤカガンブ​​札合敢不​親征錄 元史​ヂヤアガンボ​​札阿紺孛​)は​イチマンニン​​一萬人​​ニマンニン​​二萬人​にて​キムルカ ゴルゴン​​乞木兒合 豁兒歡​の(乞木兒合 小河。豁兒歡は、豁囉罕に同じ。​アイル カラカナ​​阿亦勒 合喇合納​​ゲバ​​下馬​して​ヲ​​居​るに​ア​​會​​ゲバ​​下馬​せり。


§108(03:11:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​の後れたるを​ヂヤムカ​​札木合​​トガ​​咎​

 ​テムヂン​​帖木眞​​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​ヂヤカガンブ​​札合敢不​ ​ミタリ​​三人​ ​ヒト​​一​つになりて、そこより​ウゴ​​動​きて​オナン​​斡難︀​​ミナモト​​源​なる​ボトカン ボオルヂ​​孛脫罕 孛斡兒只​​イタ​​到​りぬれば、​ヂヤムカ​​札木合​​ヤククワイ​​約會​​トコロ​​地​​ミカ マヘ​​三日 前​​イタ​​到​りてけり。​ヂヤムカ​​札木合​は、この​テムヂン​​帖木眞​​トオリル​​脫斡哩勒​​ヂヤカガンブ​​札合敢不​ ​ラ​​等​​イクサ​​軍​どもを​ミ​​見​ると、​ヂヤムカ​​札木合​は、​ニマン​​二萬​​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​タ​​立​ちけり。この​マタ​​又​ ​テムヂン​​帖木眞​​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​ヂヤカガンブ​​札合敢不​ ​ラ​​等​も、その​イクサ​​軍​どもを​トヽノ​​整​へて​イタ​​到​​ア​​合​[107]て、さて​ミト​​認​​ア​​合​ひて、​ヂヤムカ​​札木合​ ​イ​​言​はく「​フヾキ​​風雪​​孛囉安​​なる​​孛魯​とも​ヤクソク​​約束​​孛勒札勒​には、​アメ​​兩​​忽剌​になるとも​ヨリアヒ​​聚會​​忽喇勒​には​ナ​​勿​ ​オク​​後​れそと​カタ​​語​​ア​​合​はざりしか。​ワレラ​​我等​ ​モンゴル​​忙豁勒​には、​ヂエ​​者︀​諾する聲にて、我等のハイと云ふに等しき辭)は​チカヒ​​誓​したるに​コト​​異​ならんや。​ヂエ​​者︀​より​オク​​後​れたる​モノ​​者︀​は、​ハンレツ​​班列​​者︀兒格​より​イダ​​出​さんと​カタ​​語​​ア​​合​ひき」と​イ​​云​へり。​ヂヤムカ​​札木合​​コトバ​​言​につき、​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​ ​イ​​言​はく「​ヤククワイ​​約會​​トコロ​​地​​ミカ​​三日​ ​オク​​後​れて​タ​​立​てりとて、​ツミナ​​罰​ふこと​トガ​​咎​むることを​ヂヤムカ​​札木合​ ​オトヽ​​弟​ ​シ​​知​れ」と​イ​​云​へり。​ヤククワイ​​約會​​トガ​​咎​めは、かく​イ​​言​​ア​​合​ひて、


§109(03:13:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


三將の​メルキト​​篾兒乞惕​ 打破り

 ​ボトカン ボオルヂ​​孛脫罕 孛斡兒只​より​ウゴ​​動​きて、​キルゴ ガハ​​乞勒豁 河​​イタ​​到​りて​イカダ​​筏​ ​ク​​組​みて​ワタ​​渡​ると、​ブウラ バラ​​不兀喇 原​に、​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​別乞は、族長の稱)の​ソラマド​​天窻​​額嚕格​の上より​キンエウ​​緊要​​額兒勤​なる​チヤウバウコツ​​帳房骨​​額額迭​​タフ​​倒​​唵不嚕​すべく​ツ​​衝​​イ​​入​りて、​カレ​​彼​​ツマ​​妻​​額篾​ ​コ​​子​​可兀​​ツ​​盡​​額出勒​くるまで​トラ​​虜︀​へたり、​カレ​​彼​​フクノカミ​​福︀神︀​​忽禿黑​​チヤウバウコツ​​帳房骨​​ヲ​​折​​忽忽嚕​るべく​ツ​​衝​きて、​カレ​​彼​​スベ​​都︀​​豁脫剌​ての​ブシウ​​部眾​​タ​​絕​​豁乞喇​ゆるまで​トラ​​虜︀​へたり。​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​に、​ネム​​睡​りて​ヲ​​居​​ホド​​程​​イタ​​到​るべきを、​キルゴ ガハ​​乞勒豁 河​​ヲ​​居​​ウヲトリ​​魚取​​テウソトリ​​貂鼠取​​ケダモノトリ​​野獸取​​チ​​散​りたる​モノ​​者︀​ども、「​テキ​​敵​ ​キ​​來​ぬ」とて​ヨドオ​​夜通​​ハシ​​走​​シラセ​​報吿​​イタ​​致​​サ​​去​りき。その​シラセ​​報吿​​イタ​​致​さるゝと、​トクトア​​脫黑脫阿​​ウワス メルキト​​兀洼思 篾兒乞惕​​ダイル ウスン​​歹兒 兀孫​ ​フタリ​​二人​ ​ア​​合​ひて、​セレンゲ ガハ​​薛涼格 河​​シタガ​​沿​​バルクヂン​​巴兒忽眞​今の巴爾古精︀ 河の邊)に​イ​​入​り、​ワヅカ​​僅​にその​ミ​​身​​ハシ​​走​​ノガ​​遁​れけり。


§110(03:15:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​ ​ボルテ​​孛兒帖​​サイクワイ​​再會​

 ​メルキト​​篾兒乞惕​​ブシウ​​部眾​​セレンゲ ガハ​​薛涼格 河​​シタガ​​沿​​ハシ​​走​りて​ユ​​行​​トキ​​時​​ワ​​我​[108]​イクサ​​軍​​ハシ​​走​りて​ユ​​行​​メルキト​​篾兒乞惕​​ヨル​​夜​ ​マタ​​又​ ​オヒカ​​追掛​けて​トラ​​虜︀​へめ​ユ​​行​​トキ​​時​​テムヂン​​帖木眞​は、​ハシ​​走​りて​ク​​來​​タミ​​民​に、「​ボルテ​​孛兒帖​​ボルテ​​孛兒帖​」と​ヨ​​喚​びて​ユ​​行​​トキ​​時​ ​ア​​遇​ひて、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​は、その​ハシ​​走​​タミ​​民​​ナカ​​中​​ヲ​​居​りき。​テムヂン​​帖木眞​​コヱ​​聲​​キ​​聽​きて​ミト​​認​めて、​クルマ​​車​より​オ​​下​りると​ハシ​​走​りて​キ​​來​て、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​ゴアクチン​​豁阿忽臣​ ​フタリ​​二女​は、​テムヂン​​帖木眞​​クツワヅラ​​轡繩​ ​タヅナ​​手綱​​ヨル​​夜​ ​ミト​​認​めて​ト​​執​りけり。​ツキアカリ​​月明​ありき。​ミ​​見​れば、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​[なる]を​ミト​​認​めて、​イダ​​抱​​ア​​合​ひに​カケヨ​​驅寄​りたり。​ソコ​​其處​より​テムヂン​​帖木眞​は、​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​ ​フタリ​​二人​​ソノヨ​​本夜​ ​スナハ​​便​​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るには「​タヅ​​尋​ぬる​シヨヨウ​​所用​​エ​​得​たり、​ワレ​​我​​ヨル​​夜​​ナ​​勿​ ​ヨドホ​​夜徹​しせそ。​コヽ​​此處​​ゲバ​​下馬​せん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りぬ。​メルキト​​篾兒乞惕​​ブシウ​​部眾​ ​ハシ​​走​りて​ク​​來​るを、​ヨ​​夜​すがら​チ​​散​りて​ク​​來​​アヒダ​​閒​に、その​ソコ​​其處​​ゲバ​​下馬​して​ヤド​​宿​れり。​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​にかく​ア​​遇​​ア​​合​ひて、​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​より​スク​​救​ひたる​コトノモト​​緣故​、かくあり。


§111(03:17:04)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ボルテ​​孛兒帖​​ヲサ​​收​めたる​チルゲル​​赤勒格兒​​サンゲ​​懺悔︀​

 ​ハジメ サキ​​初 先​​ウドイド メルキト​​兀都︀亦惕 篾兒乞惕​​トクトア ベキ​​脫忽脫阿 別乞​​ウワス メルキト​​兀洼思 篾兒乞惕​​ダイル ウスン​​歹兒 兀孫​、[​カアト メルキト​​合阿惕 篾兒乞惕​の]​カアタイ ダルマラ​​合阿台 荅兒馬剌​、この​ミ​​三​つの​メルキト​​篾兒乞惕​ ​サンビヤクニン​​三百人​は、​ヒ​​日​​マヘ​​前​さきの日​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​​オトヽ​​弟​ ​エケ チレド​​也客 赤列都︀​より​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​られきとて、それに​シカエ​​復​​ムク​​報​いんと​ユ​​往​きけり。​テムヂン​​帖木眞​​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​ミ​​三​たび​メグ​​繞​らせて、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​をそこに​エ​​獲​て、​チレド​​赤列都︀​​オトヽ​​弟​ ​チルゲル ボコ​​赤勒格兒 孛闊​赤勒格兒 力士)に​シウヨウ​​收容​せし[109]めたりき。かく​シウヨウ​​收容​したるまゝに​ス​​住​みて、​チルゲル ボコ​​赤勒格兒 孛闊​ ​カエ​​反​​ハシ​​走​りて​イ​​出​づる​トキ​​時​ ​イ​​言​はく「​クロ​​黑​​合喇​​ヤマガラス​​老鴉​​克喇額​は、​ノコ​​殘​​合里速可哩速​れる​カハ​​皮​​ハ​​食​​メイブン​​命分​ある​モノ​​者︀​なるに、​カリ​​雁​​合老溫​ ​オホウ​​鷀䳓​​脫忽喇溫​​ハ​​食​まんと​ノゾ​​望​みたりき。​グワイバウ​​外貌​​合塔兒​ ​アシ​​惡​​チルゲル​​赤勒格兒​​ワレ​​我​​キサキ​​妃​​合屯​ ​ウヂン​​兀眞​​セマ​​逼​​合勒忽​るとなりて​アマネ​​普​​合木黑​​メルキト​​篾兒乞惕​​ワザハヒ​​禍︀​となれり、​ワレ​​我​​シヅノヲ​​賤男​​合喇除​なる​アシ​​惡​​チルゲル​​赤勒格兒​は、​クロ​​黑​​合喇​​カシラ​​頭​​帖里溫​に[​ワザハヒ​​禍︀​]​イタ​​至​らるべくなれり。​ヒトリ​​獨​​合黑察罕​​イノチ​​命​​ノガ​​逃​れ、​クラ​​暗​​合哪忽​​ハサマ​​隘處​​合卜察勒​​キ​​鑽​​イ​​入​らば、​シヤウヘイ​​障蔽​​合勒合​​タレ​​誰​にか​ナ​​爲​らるゝことあらん、​ワレ​​我​​クラド​​忽剌都︀​鳥の名)なる​アシ​​惡​​トリ​​鳥​は、​ネズミ​​鼠​​忽魯罕​ ​コネズミ​​小鼠​​忽出堅​​ハ​​食​​メイブン​​命分​ある​モノ​​者︀​なるに、​テンガ​​天鵞​​渾​ ​オホウ​​鷀䳓​​ハ​​食​まんと​ノゾ​​望​みたりき。​フクサウ​​服裝​​忽納兒​ ​アシ​​惡​​チルゲル​​赤勒格兒​​ワレ​​我​​フク​​福︀​​忽禿黑​あり​サキ​​幸​ある​ウヂン​​兀眞​​オサ​​收​​忽哩牙​めて​ク​​來​るとなりて、​スベ​​都︀​​豁脫剌​ての​メルキト​​篾兒乞惕​​ワザワヒ​​禍︀​​渾討兀​となれり、​ワレ​​我​​ゴキル​​豁乞兒​譯する能はず​アシ​​惡​​チルゲル​​赤勒格兒​は、​カ​​涸​​豁乞哩​れたる​カシラ​​頭​に[​ワザハヒ​​禍︀​]​イタ​​至​らるべくなれり、​ワレ​​我​​ヤウフンクワイ​​羊糞塊​​豁兒豁孫​​ゴト​​如​​イノチ​​命​​ノガ​​逃​​豁囉渾​れ、​クロ​​黑​​合喇禿​​クラ​​暗​​合啷忽​〈[#左ルビの2文字目は「元朝秘史」§111(03:19:04)の漢︀字音訳では「舌+郞」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§111(03:19:04)の漢︀字音訳では「舌+郞」]〉​ハサマ​​隘處​​合卜察勒​​キ​​鑽​​イ​​入​らば、​ヤウフンクワイ​​羊糞塊​​豁兒豁孫​​ゴト​​如​​ワ​​我​​イノチ​​命​​ヰンシ​​院子​​豁哩牙安​​タレ​​誰​にか​ナ​​爲​らるゝことあらん、​ワレ​​我​院子は、明譯に從へり。院に匿まはるゝ意ならん。)」と​イ​​云​ふと、​カヘ​​反​​ニ​​逃​​サ​​去​りき。


§112(03:20:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​カアタイ ダルマラ​​合阿台 荅兒馬剌​​トラ​​虜︀​はれ

 ​カアタイ ダルマラ​​合阿台 荅兒馬剌​​エ​​獲​たり。​ヒキ​​率​​キ​​來​て、​イタ​​板​​合塔孫​​カシ​​枷​​オ​​帶​ばしめて、​ミタケ​​御嶽​​合勒敦​ ​ブルカン​​不兒罕​​ムカ​​向​はしめたり。

​ベルグタイ​​別勒古台​の母の逃げ匿れ

​ベルグタイ​​別勒古台​​ハヽ​​母​​カ​​彼​​トナリ​​隣​にあり」と​ツ​​吿​げられて、​ベルグタイ​​別勒古台​、その​ハヽ​​母​​ト​​取​りに​ユ​​往​きて、​カレ​​彼​​ヘヤ​​房​に、​ベルグタイ​​別勒古台​は、​ミギ​​右​​カド​​門​より​イ​​入​れば、その​ハヽ​​母​は、​ヤレコロモ ヒツジカハ​​破衣 羊皮​​コロモ​​衣​にて​ヒダリ​​左​​カド​​門​より​イ​​出​でけり。​ソノ​​外​なる​アダシビト​​他人​[110]​イ​​言​へらく「​ワ​​我​​コ​​子​どもは、​カト​​合惕​罕の複稱)になれりと​ツ​​吿​げられたり、​ワレ​​我​​コヽ​​此處​​アシ​​惡​​ヒト​​人​​トツ​​配​ぎて、​イマ​​今​ ​コ​​子​どもを​オモテ​​面​をいかで​ミ​​見​ん、​ワレ​​我​」と​イ​​云​ひ、​ハシ​​走​りて​シゲ​​密​​ハヤシ​​林​​キ​​鑽​​イ​​入​りき。かくて​タヅ​​尋​ねて​エ​​得​られざりき。​ベルグタイ ノヤン​​別勒古台 那顏​別勒古台 官人)は、​メルキト​​篾兒乞惕​​タヾ​​只​ ​ホネ​​骨​ある​ヒト​​人​人と云う人)に「​ワ​​我​​ハヽ​​母​​ツ​​伴​​コ​​來​よ」と​イ​​云​ひては、​カブラヤ​​𩪛頭箭​にて​イコロ​​射殺︀​すなりき。

​メルキト​​篾兒乞惕​​サウメツ​​𠞰滅​

​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​カコ​​圍​​ア​​合​ひたる​サンビヤク​​三百​​メルキト​​篾兒乞惕​​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで​ハヒ​​灰​​フキハラ​​吹拂​ふが​ゴト​​如​​ホロボ​​滅​せり。​ノコ​​殘​れる​カレラ​​彼等​​ツマコ​​妻子​は、​イダ​​抱​くべき​モノ​​者︀​どもをば​イダ​​抱​けり。​カド​​門​​イ​​入​らしめらるべき​モノ​​者︀​どもをば​カド​​門​​イ​​入​らしめたり(明譯​カレノソノアマレルツマコドモ​​彼的其餘妻子毎​​ベキ​​可​​ナス​​做​​ツマトモノハナシ​​妻的做​​ツマ​​妻​​ナスベキ​​做​​ニヒト​​奴婢​​モノハナセリ​​的做​​ヌヒト​​奴婢​。)


§113(03:22:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​ ​ヂヤムカ​​札木合​​テムヂン​​帖木眞​の感謝

 ​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​ヂヤムカ​​札木合​ ​フタリ​​二人​​テムヂン​​帖木眞​ ​カタジケナ​​感謝​みて​イ​​言​はく「​ワ​​我​​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​ ​フタリ​​二人​​トモ​​伴​​ナ​​爲​られて、​アマツカミ クニツカミ​​皇天 后土​​チカラ​​力​​ソ​​添​へられて、​ミイツ​​稜威​​額兒客​ある​アマツカミ​​皇天​​ナ​​名​のりて。​ハヽ​​母​​額客​なる​クニ​​土地​​イタ​​到​​額禿堅​らしめて、(天を父とし、地を母とする故に、敵の國土をも母と云へり。到らしむは、到らしめらるの意なるべし。​ヲトコ​​男​​額咧​​ウラミ​​怨​ある​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​を、​カレラ​​彼等​​フトコロ​​懷​​額不兒​​カラ​​空​​豁黑脫兒灰​になしたり。​カレラ​​彼等​​カン​​肝​​赫里格​​ナカバ​​半​​含帖勒​にしたり、​ワレラ​​我等​​カレラ​​彼等​​クラヰ​​位​​斡囉​〈[#左ルビの「斡囉」は底本では「幹囉」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​カラ​​空​​豁黑脫兒灰​になしたり。​ウカラ​​親族​​兀嚕渾​​ヒト​​人​をも​ウシナ​​失​​兀營惕格​はしめたり、​ワレラ​​我等​​カレラ​​彼等​​ノコ​​殘​​許列克薛惕​れる​ノコ​​者︀​どもをも​カス​​掠​めたるぞ、​ワレラ​​我等​​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​をかく​ヤブ​​壞​りて​シリゾ​​退​かん」と​イ​​云​​ア​​合​へり。[111]


§114(03:23:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


敵營に​ノコ​​遺​れる幼兒 ​クチユ​​曲出​

 ​ウドチト メルキト​​兀都︀亦惕 篾兒乞惕​ ​ニ​​逃​ぐる​トキ​​時​​テウソ​​貂鼠​​バウ​​帽​ある、​メジカ​​牝鹿​​テイヒ​​蹄皮​​クツ​​靴​ある、​フンピ​​粉皮​​ミヅ​​水​​テウソ​​貂鼠​​ハ​​接​ぎたる​コロモ​​衣​ある、​イツヽ​​五歲​なる、​クチユ​​曲出​​ナ​​名​ある、その​メ​​目​​ヒ​​火​ある​ヲサナゴ​​幼兒​を、​ワレラ​​我等​​イクサビト​​軍人​どもは、​イヘヰ​​營盤​​ウチ​​內​​ノコ​​遺​りたるを​エ​​得​て、​ツ​​伴​​キ​​來​​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​キフジ​​給事​​ヰ​​率​​アタ​​與​へて​サ​​去​れり。


§115(03:24:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


三將の引上げ

 ​テムヂン​​帖木眞​ ​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​​ヂヤムカ​​札木合​ ​ミタリ​​三人​ ​ヒト​​一​つになりて、​メルキト​​篾兒乞惕​​オクムキ​​奧向​​綽兒罕​​ヘヤ​​房​​オシタフ​​推倒​して、​ワガフ​​和合​​綽黑台​せる​ヲミナ​​婦人​​カス​​掠​めて、​オルカン​​斡兒罕​卽ち前の斡兒桓 河​セレンゲ​​薛涼格​ ​ニカ​​二河​​タルクン アラル​​塔勒渾 阿喇勒​より​シリゾ​​退​くに、​テムヂン​​帖木眞​​ヂヤムカ​​札木合​ ​フタリ​​二人​は、​ヒト​​一​つとなりて、​ゴルゴナク ガハラ​​豁兒豁納黑 河原​​サ​​指​して​シリゾ​​退​けり。​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​ ​シリゾ​​退​くには、​ブルカン ダケ​​不兒罕 獄​​ウシロ​​背​より​ホコルト ヂユルブ​​訶闊兒禿 主兒不​​ス​​過​ぎ、(兒不の二字 倒置せるに似たり。​カチヤウラト スブチト​​合茶兀喇禿 速卜赤惕​​クリヤト スブチト​​忽里牙禿 速卜赤惕​​ス​​過​ぎ、その​ケダモノ​​野獸​​マキガリ​​圍獵​して、​トウラ​​土兀剌​​クロバヤシ​​黑林​​サ​​指​​シリゾ​​退​きたり。


§116(03:25:09)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​テムヂン​​帖木眞​ ​ヂヤムカ​​札木合​ 幼き時 ​フタ​​二​たびの​アンダ​​安荅​

 ​テムヂン​​帖木眞​​ヂヤムカ​​札木合​ ​フタリ​​二人​は、​ゴルゴナク カハラ​​豁兒豁納忽 河原​​ア​​會​​ゲバ​​下馬​して、​サキ​​曩​​アンダ​​安荅​​ナ​​爲​​ア​​合​へるを​オモ​​想​​ア​​合​ひて、「​アンダ​​安荅​​シナホ​​爲直​​ア​​合​ひて​シタシ​​親​​ア​​合​はん」と​イ​​云​​ア​​合​へり。​モトモサキ​​最前​​アンダ​​安荅​​ナ​​爲​​ア​​合​へるには、​テムヂン​​帖木眞​ ​ジフイツサイ​​十一歲​なる​トキ​​時​​ヂヤムカ​​札木合​は、​オホシカ​​麅​の(麅の骨にて作れる​ヒセキ​​髀石​​テムヂン​​帖木眞​​アタ​​與​へて、​テムヂン​​帖木眞​​ドウクワン​​銅灌​の(銅灌の如き​ヒセキ​​髀石​​カ​​換​​ア​​合​ひて、​アンダ​​安荅​​ナ​​爲​​ア​​合​ひて、​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたるは、​オナン​​斡難︀​​コホリ​​冰​​ウヘ​​上​​ヒセキ​​髀石​​ウ​​打​​トキ​​時​​ソコ​​其處​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひた[112]りき。(玩葵生の蒙古 吉林 土風記 に曰く「羅丹、鹿蹄骨也。舊俗、以蹄腕骨、隨手 攤擲 爲戯、視︀其偃仰橫側、爲勝負。小者︀以麞、大者︀以鹿、瑩澤如玉。兒童婦女、圍坐攤擲以相樂。以薄圓之、則曰伯格。又有遠之戲、趨冰上、以中爲勝、名曰撒罕」と云へり。撒罕は、骨なる蒙語 撒合の轉なり。帖木眞 札木合の、冰の上にて髀石を打てるは、いはゆる較遠の戲れなるべし。)その​ノチ​​後​​ハル​​春​​キヅクリ​​木作​​ユミ​​弓​にて​ヤ​​箭​​イア​​射合​ひて​ヲ​​居​​トキ​​時​​ヂヤムカ​​札木合​は、​ニサイノウシ​​二歲牛​​フタ​​二​つの​ツノ​​角​​ツ​​粘​けて​アナ​​孔​あけて​コヱ​​聲​ある​ナリカブラ​​響︀𩪛頭​鳴鏑)を​テムヂン​​帖木眞​​アタ​​與​へて、​テムヂン​​帖木眞​​ヒノキ​​柏​​カシラ​​頭​ある​カブラヤ​​鏑矢​​カ​​換​​ア​​合​ひて、​アンダ​​安荅​​ナ​​爲​​ア​​合​へり。​フタ​​二​たび​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​コトノモト​​緣故​、かくあり。


§117(03:27:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


三たび​アンダ​​安荅​​チカヒ​​盟​

 ​サキ​​曩​​トシヨリ​​老人​だちの​コトバ​​言​​キ​​聞​きて「​アンダ​​安荅​​ヒト​​人​​イノチ​​命​​阿民​ ​ヒト​​一​つにて​ス​​棄​​ア​​合​はず、​イノチ​​命​​阿民​​マモリ​​護​​阿哩赤​となるなり」とて、​シタシ​​親​​ア​​合​へる​コトノモト​​緣故​、かくあり。​イマ​​今​ ​マタ​​又​ ​アンダ​​安荅​​シナオ​​爲直​して​シタシ​​親​まんと​イ​​云​​ア​​合​ひて、​テムヂン​​帖木眞​は、​メルキト​​篾兒乞惕​​トクトア​​脫黑脫阿​​カス​​掠​めて​ト​​取​れる​コガネ​​黃金​​オビ​​帶​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​カ​​繋​けさせたり。​トクトア​​脫黑脫阿​​ヒサ​​久​しく​コウビ​​交尾​せざる​タテガミクロ​​鬛黑​​ウマ​​馬​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​ノ​​乘​らせたり。​ヂヤムカ​​札木合​は、​ウワス メルキト​​兀洼思 篾兒乞惕​​ダイル ウスン​​歹兒 兀孫​​カス​​掠​めて​ト​​取​れる​コガネ​​黃金​​オビ​​帶​​テムヂン アンダ​​帖木眞 安荅​​カ​​繋​けさせたり。​マタ​​又​ ​ダイル ウスン​​歹兒 兀孫​​ツノ​​角​ある​コヒツヂ​​子羊​​ゴト​​如​​シロウマ​​白馬​​テムヂン​​帖木眞​​ノ​​乘​らせたり。​ゴルゴナク ガハラ​​豁兒豁納黑 河原​​クルダカル​​忽勒荅合兒​​キリギシ​​崖​​マヘ​​前​​シゲ​​繁​れる​キ​​木​[の​シタ​​下​](忽圖剌 合罕の卽位したる處)に​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひて​シタシ​​親​​ア​​合​ひて、​ウタゲ​​筵會​​ヨロコ​​歡​​タノシ​​樂​​ア​​合​ひて、​ヨル​​夜​​フスマ​​衾​ ​ヒト​​一​つに​フ​​臥​​ア​​合​ひたりき。


§118(03:29:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ウタガ​​疑​はしき​ヂヤムカ​​札木合​​イ​​言​​ダ​​出​

 ​テムヂン​​帖木眞​ ​ヂヤムカ​​札木合​ ​フタリ​​二人​ ​シタシ​​親​​ア​​合​ふこと​ヒトトセ​​一年​​ツギ​​次​​トシ​​年​​ナカバ​​半​[113]​シタシ​​親​​ア​​合​ひて、その​ス​​住​める​イヘヰ​​營盤​より​ヒトヒ​​一日​ ​タ​​起​たんと​イ​​云​​ア​​合​ひて​タ​​起​てるは、​ナツ​​夏​​ハジメ​​首​​ツキ​​月​​ダイジフロク​​第十六​​アカ​​赤​​テ​​照​​ヒ​​日​​タ​​起​ちたり。​テムヂン​​帖木眞​​ヂヤムカ​​札木合​ ​フタリ​​二人​ ​トモ​​共​​クルマ​​車​​マヘ​​前​​アユ​​步​みて​キ​​來​つるに、​ヂヤムカ​​札木合​ ​イ​​言​はく「​テムヂン アンダ​​帖木眞 安荅​​アンダ​​安荅​​ヤマ​​山​​兀阿剌​​ヨ​​挨​​ゲバ​​下馬​せん。​ワレラ​​我等​​ウマカヒ​​馬飼︀​​阿都︀兀臣​どもは、​チヤウバウ​​帳房​​阿剌出黑​​アリツ​​有附​かん。​タニ​​㵎​​豁勒​​ヨ​​挨​​ゲバ​​下馬​せん。​ワレラ​​我等​​ヒツジカイ​​羊飼︀​​豁紐赤惕​ども​コヒツジカイ​​羔飼︀​​忽哩合赤惕​どもは、​ノド​​喉​​豁斡來​喉を養ふ食物)に​アリツ​​有附​かん(明譯​ワレラ​​咱每​ ​イマ​​如今​ ​ヨリ​​挨​​テ​​著︀​ ​ヤマニ​​山​​オリバ​​下​​ハナツ​​放​​ウマヲ​​馬​ ​モノ​​的​ ​エン​​得​​チヤウボウニスムヲ​​帳房住​​ヨリ​​挨​​テ​​著︀​ ​タニヽ​​㵎​​オリバ​​下​​ハナツ​​放​​ヒツヂヲ​​羊​ ​モノ​​的​ ​ハナツ​​放​​コヒツジヲ​​羔兒​​モノ​​的​ ​ノドニ​​喉嚨裏​ ​エン​​得​​クフモノヲ​​喫的​)」と​イ​​云​へり。​テムヂン​​帖木眞​は、​ヂヤムカ​​札木合​のこの​コトバ​​言​​サト​​覺​りかねて、​モダ​​默​​タ​​立​ちて​オク​​後​れて​タ​​起​​アヒダ​​閒​​クルマ​​車​どもを​マ​​待​ちて​タ​​起​たんとし、​テムヂン​​帖木眞​は、​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​に「​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​イ​​言​へり。「​ヤマ​​山​​阿兀剌​​ヨ​​挨​​ゲバ​​下馬​せん。​ワレラ​​我等​​ウマカヒ​​馬飼︀​​阿都︀兀臣​どもは、​チヤウバウ​​帳房​​阿剌出黑​にありつかん。​タニ​​㵎​​豁勒​​ヨ​​挨​​ゲバ​​下馬​せん。​ワレラ​​我等​​ヒツジカヒ​​羊飼︀​​豁組赤惕​ども​コヒツジカヒ​​羔飼︀​​忽哩合赤惕​どもは、​ノド​​喉​​豁斡來​にありつかん」と​イ​​言​へり。​ワレ​​我​は、​カレ​​彼​のこの​コトバ​​言​​サト​​覺​りかねて、​カレ​​彼​への​コタヘ​​答​​ナニ​​何​とも​イ​​言​はざりき、​ワレ​​我​​ハヽ​​母​​ト​​問​はんとて​キ​​來​ぬ、​ワレ​​我​」と​イ​​云​へり。

​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​エイゴ​​穎悟​

​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​コヱ​​聲​せざるに、​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​ ​イ​​言​はく「​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​は、​ア​​厭​​ヤス​​易​しと​イ​​云​はるゝなりき。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​​ア​​厭​​トキ​​時​となれり。​タヾイマ​​只今​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​カタ​​語​れる​コトバ​​語​​ワレラ​​我等​​スナハ​​便​​ハカ​​圖​らんとする​コトバ​​言​ならん。​ワレラ​​我等​​ナ​​勿​ ​ゲバ​​下馬​せそ。この​ウゴ​​動​きたるに​ヨ​​依​​サワヤ​​爽​かに​ハナ​​離​れ、​ヨドホ​​夜通​​カ​​掛​けて​ウゴ​​動​かん​スナハ​​便​ち」と​イ​​云​へり。[114]


§119(03:32:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ベスト​​別速惕​の家に​ノコ​​遺​れる​ココチユ​​闊闊出​

 ​ボルテ ウヂン​​孛兒帖 兀眞​​コトバ​​言​にて、​ヨ​​善​しとして​ゲバ​​下馬​せず、​ヨドオ​​夜通​​ウゴ​​動​きて​キ​​來​つる​アヒダ​​閒​に、​ミチ​​途​​タイチウト​​泰赤兀惕​​ス​​過​ぎたり。​タイチウト​​泰赤兀惕​​オドロ​​驚​きて、​ソノヨ​​本夜​ ​スナハ​​便​​サ​​指​​ム​​向​きて​ヂヤムカ​​札木合​​トコロ​​處​​ウゴ​​動​きたり。​タイチウト​​泰赤兀惕​の[​トモ​​伴​なる]​ベスト ウヂ​​別速惕 氏​​イヘヰ​​營盤​​ヒトリ​​一人​​チイサ​​小​​ココチユ​​闊闊出​​イ​​云​​コ​​子​​イヘヰ​​營盤​​ノコ​​遺​したるを、​ワ​​我​​シウ​​眾​ ​ト​​取​りて​キ​​來​て、​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​アタ​​與​へたり。[それを]​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​ ​ヤシナ​​養​へり。


§120(03:33:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​シタガ​​從​ひ來ぬる諸︀部の​シウ​​眾​

 その​ヨ​​夜​ ​ヨドオ​​夜通​しして、​ヒア​​日明​くれば​ミ​​見​れば、​ヂヤライル​​札剌亦兒​親征錄 元史​ヂヤラルブ​​札剌兒部​元史また​ヤライル ブ​​押剌伊而 部​)の​カチウン トクラウン​​合赤溫 脫忽喇溫​​カラカイ トクラウン​​合喇孩 脫忽喇溫​​カラルダイ トクラウン​​合喇勒歹 脫忽喇溫​、この​ミタリ​​三人​​トクラウン​​脫忽喇溫​ ​アニオトヽ​​兄弟​​ヨドホ​​夜通​しし​ア​​合​ひて​キ​​來​たりき。​マタ​​又​ ​タルクト​​塔兒忽惕​の(所出 詳かならず。​カダアン ダルドルカン​​合荅安 荅勒都︀兒罕​​アニオトヽ​​兄弟​ ​イツタリ​​五人​​タククト​​塔兒忽惕​​キ​​來​たりき。​マタ​​又​ ​モンゲト キヤン​​蒙格禿 乞顏​​コ​​子​ ​オングル​​翁古兒​ ​ラ​​等​も、​シヤンシウト​​敞失兀惕​所出 詳かならず。​バヤウト​​巴牙兀惕​卷一なる 馬阿里黑 伯牙兀歹の裔、輟耕錄 蒙古 七十二種の中の伯要歹 氏、元史の伯岳吾 氏 又 伯牙吾 氏)と​トモ​​共​​キ​​來​たりき。​バルラス​​巴嚕剌思​より​クビライ​​忽必來​親征錄 元史​クビライ​​虎必來​)、​クドス​​忽都︀思​​アニオトヽ​​兄弟​ども​キ​​來​ぬ。​モンクト​​忙忽惕​より​ヂエタイ​​哲台​​ドゴルク チエルビ​​多豁勒忽 徹兒必​徹兒必は、官名なり。後に任ぜられたる官の名を以て追稱せり。次の斡歌連 雪亦客禿も同じ。​オトヽ​​兄弟​ ​フタリ​​二人​ ​キ​​來​ぬ。​ボオルチユ​​孛斡兒出​​オトヽ​​弟​ ​オゲレン チエルビ​​斡歌連 徹兒必​元史 食貨志の​オコライ ヂエリビ​​斡闊烈 闍里必​)も、​アルラト​​阿嚕剌惕​元史 博爾朮の傳​アルラ ウヂ​​阿兒剌 氏​)より​ハナ​​離​れて、その​アニ​​兄​ ​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ア​​合​ひに​キ​​來​ぬ。​ヂエルメ​​者︀勒篾​​オトヽ​​弟​蒙語 迭兀、單稱の弟にて、察兀兒罕のみに係り、速別額台には係らず。​チヤウルカン​​察兀兒罕​​スベエタイ バアトル​​速別額台 巴阿禿兒​親征錄​スブタイ バード​​速不台 拔都︀​元史 速不台 また 雪不台)は、​ウリヤンカン​​兀哴罕​元史 兀良合、又 兀良罕 氏)より​ハナ​​離​れて、​ヂエルメ​​者︀勒篾​​ア​​合​ひに​キ​​來​ぬ。​ベスト​​別速惕​[115]​デガイ​​迭該​​クチユグル​​窟出古兒​​アニオトヽ​​兄弟​ ​フタリ​​二人​​キ​​來​ぬ。​スルドス​​速勒都︀思​元史​スンドス ウヂ​​遜都︀思 氏​)より​チルグタイ​​赤勒古台​​タキ​​塔乞​​タイチウダイ​​泰赤兀歹​​アニオトヽ​​兄弟​どもも​キ​​來​ぬ。​ヂヤライル​​札剌亦兒​​セチエ ドモク​​薛扯 朶抹黑​も、​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​​バラ​​巴剌​なる​フタリ​​二人​​コ​​子​​キ​​來​ぬ。​コンゴタン​​晃豁壇​より​シエイケト チエルビ​​雪亦客禿 徹兒必​​キ​​來​ぬ。​スケケン​​速客虔​​ヂエガイ ゴンダゴル​​者︀該 晃荅豁勒​​コ​​子​ ​スケガイ ヂエウン​​速客該 者︀溫​​キ​​來​ぬ。​ネウダイ​​捏兀歹​ ​ヂアカアン ウワ​​察合安 兀洼​​キ​​來​ぬ。(捏古思 氏の察合安 兀洼。捏古思氏は、赤那思 氏とも云ふ。喇失惕 額丁に依れば、察剌孩 領忽の二子 堅都︀ 赤那、烏魯克眞 赤那の裔なり。​オルクヌウト​​斡勒忽訥兀惕​​キンギヤダイ​​輕吉牙歹​​ゴロラス​​豁囉剌思​卷一なる豁哩剌兒の複稱。親征錄 元史​ホルラス​​火魯剌思​)より​セチウル​​薛赤兀兒​​ドルベン​​朶兒邊​より​モチ ベドウン​​抹赤 別都︀溫​​キ​​來​ぬ。​イキレス​​亦乞咧思​親征錄​イキラス​​亦乞剌思​元史​イキレス​​亦乞列思​)の​ブト​​不圖​親征錄 元史​ボト​​孛徒​元史 本傳​ボト​​孛禿​)も、こゝに​ムコ​​壻​となりに​ユ​​行​くに​ヨ​​依​​キ​​來​ぬ。(不圖は、帖木眞の妹 帖木侖の夫となれり。​ノヤキン​​那牙勤​より​チユンソ​​種索​​キ​​來​ぬ。​オロナル​​斡囉納兒​元史、斡剌納兒、斡耳納、斡魯納台 氏)より​ヂルゴアン​​只兒豁安​​キ​​來​ぬ。​バルラス​​巴嚕剌思​より​スク セチエン​​速忽 薛禪​も、​カラチヤル​​合喇察兒​なる​コ​​子​​キ​​來​ぬ。(この合喇察兒は名高き帖木兒 駙馬の五世の祖︀なり。​マタ​​又​ ​バアリン​​巴阿𡂰​​ゴルチ ウスン エブゲン​​豁兒赤 兀孫 額不堅​〈[#ルビの「ゴルチ ウスン エブゲン」は底本では「ゴル  ウスン エブゲン」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉豁兒赤 兀孫 翁)、​ココシユス​​闊闊搠思​も、あまたの​バアリン​​巴阿𡂰​​イチダン​​一團​ ​キ​​來​ぬ。


§121(03:37:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ゴルチ ウスン​​豁兒赤 兀孫​​フメイ​​符命​の宣揚

 ​ゴルチ​​豁兒赤​ ​キ​​來​​イ​​言​はく「​ボドンチヤル ボグダ​​孛端察兒 孛黑多​孛端察兒 賢人)の​トラ​​虜︀​へて​ト​​取​れる​ヲミナ​​婦人​より​ウマ​​生​れたる​ワレラ​​我等​[の​オヤ​​祖︀​]は、​ヂヤムカ​​札木合​[の​オヤ​​祖︀​]と​ハラヒト​​腹一​つの​ハウシヤウ​​胞漿​ ​ヒト​​一​つの​モノ​​者︀​なりき、​ワレラ​​我等​​ヂヤムカ​​札木合​より​ハナ​​離​れざるものなりき、​ワレラ​​我等​​ミツゲ​​神︀吿​神︀の御吿​クダ​​降​りて、​ワ​​我​​メ​​目​​ミ​​見​せたり。​ナマシロ​​慘白​​メウシ​​乳牛​ ​キ​​來​て、​ヂヤムカ​​札木合​​メグ​​繞​りて​ユ​​行​きて、その​イヘ​​家​ ​クルマ​​車​​フ​​觸​るゝと、​ヂヤムカ​​札木合​​フ​​觸​れて、​カタカタ​​片方​​ツノ​​角​を折りて、​カタツノ​​片角​とな[116]りて、「​ワ​​我​​ツノ​​角​をおこせ」と​イ​​云​​イ​​云​ひ、​ヂヤムカ​​札木合​​トコロ​​處​​ホ​​吼​​ホ​​吼​え、​ツチ​​土​​ア​​揚​げ揚げ​タ​​立​ちたり。​ツノナ​​角無​​ナマジロ​​慘白​​ヲウシ​​牡牛​は、​オホイ​​大​なる​チヤウバウ​​帳房​​ユカ​​牀​​ウヘ​​上​​モタ​​擡​げて、​カ​​駕​して​ヒ​​拽​きて、​テムヂン​​帖木眞​​シリヘ​​後​より​オホクルマヂ​​大車路​​ヨ​​依​​ホ​​吼​え吼え​ク​​來​るに、「​アマツカミ​​皇天​ ​クニツカミ​​后土​ ​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​テムヂン​​帖木眞​​クニ​​國​​ウシ​​主人​​ナ​​爲​れと​イ​​云​ひ、​クニ​​國​​ノ​​載​せて​モ​​持​ちて​キ​​來​たり」と​イ​​云​ひ、​ミツゲ​​神︀吿​​メ​​目​​ミ​​見​せて​ワレ​​我​​ツ​​吿​げたり。

​ゴルチ​​豁兒赤​の欲望

​テムヂン​​帖木眞​ ​ナンヂ​​汝​​クニ​​國​​ウシ​​主人​​ナ​​爲​らば、​ワレ​​我​を[​ワ​​我​がかく]​ツ​​吿​げたる​ユヱ​​故​に、いかにか​タノシ​​樂​ましむる、​ナンヂ​​汝​」と​イ​​云​へり。​テムヂン​​帖木眞​ ​イ​​言​はく「​マコト​​實​にかく​クニ​​國​​シ​​知​らしめば(管知せしめば)、​バンコ​​萬戶​​クワンニン​​官人​​ナ​​爲​さん」と​イ​​云​へり。[​ゴルチ​​豁兒赤​は]「​オホ​​多​​リイウ​​理由​​ツ​​吿​げたる​ヒト​​人​​ワレ​​我​​バンコ​​萬戶​​クワンニン​​官人​​ナ​​爲​すとも、​ナニ​​何​​タノシ​​樂​みか​ア​​有​らん。​バンコ​​萬戶​​クワンニン​​官人​​ナ​​爲​して、​クニ​​國​​ウツク​​美​しき​ヨ​​好​​ヲトメ​​少女​らを​ジザイ​​自在​​ト​​取​らしめて、​サンジフニン​​三十人​​ヲミナ​​婦人​あらしめ、​マタ​​又​ ​ナニ​​何​にても​ワ​​我​​カタ​​語​ることを​ムカ​​迎​​キ​​聽​け」と​イ​​云​へり。(前段に豁兒赤 兀孫を翁と云へるは、後に與へたる尊稱を以て追記せるなり。婦人をあまた望みたるを見れば、この時はまだ壯かりしならん。


§122(03:41:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​より離れ來ぬる諸︀部の​シウ​​眾​

 ​クナン​​忽難︀​​カシラ​​頭​とせる​ゲニゲス​​格你格思​​イチダン​​一團​​キ​​來​ぬ。​マタ​​又​ ​ダリタイ オツチギン​​荅哩台 斡惕赤斤​​イチダン​​一團​​キ​​來​ぬ。​ヂヤダラン​​札荅㘓​より​ムルカルク​​木勒合勒忽​​キ​​來​ぬ。​マタ​​又​ ​ウンヂン​​溫眞​親征錄​ヌンヂン ブ​​嫩眞 部​​サカイト​​撒合亦惕​親征錄​サカイ ブ​​撒合夷 部​)の​イチダン​​一團​​キ​​來​ぬ。​ヂヤムカ​​札木合​よりかく​ハナ​​離​​ウゴ​​動​きて、​キムルカ ヲガハ​​乞木兒合 小河​​アイル カラカナ​​阿亦勒 合喇合納​​ゲバ​​下馬​して​ヲ​​居​​トキ​​時​​マタ​​又​ ​ヂヤムカ​​札木合​より​ハナ​​離​れて、​ヂユルキン​​主兒勤​卽ち卷一の禹兒乞[117]​シヨルカト ヂユルキ​​莎兒合禿 主兒乞​卽ち卷一の忽禿黑禿 禹兒乞)の​コ​​子​ ​サチヤ ベキ​​撒察 別乞​卽ち卷一の薛扯 別乞​タイチユ​​泰出​卽ち卷一の台出​フタリ​​二人​​イチダン​​一團​​マタ​​又​ ​ネクン タイシ​​捏坤 太石​​コ​​子​ ​クチヤル ベキ​​忽察兒 別乞​親征錄 元史​ホチヤル​​火察兒​)の​イチダン​​一團​​マタ​​又​ ​クトラ カン​​忽禿剌 罕​卷一の忽圖剌 合罕)の​コ​​子​ ​アルタン オツチギン​​阿勒壇 斡惕赤斤​卷一の阿勒壇)の​イチダン​​一團​​コレラ​​是等​​マタ​​又​ ​ヂヤムカ​​札木合​より​ハナ​​離​​ウゴ​​動​きて、​テムヂン​​帖木眞​​キムルカ ヲガワ​​乞木兒合 小河​​アイル カラカナ​​阿亦勒 合喇合納​​ゲバ​​下馬​して​ヲ​​居​​トコロ​​處​​ア​​會​​ゲバ​​下馬​せり。

​フタ​​二​たび​グレルグ​​古咧勒古​の靑湖の札營

​ソコ​​其處​より​タ​​起​ちて、​グルレグ ザン​​古咧勒古 山​​ウチ​​內​なる​サングル ヲガハ​​桑古兒 小河​​カラ ヂユルゲン​​合喇 主嚕堅​卷二の合喇 只嚕竪)の​ココ ナウル​​闊闊 納兀兒​靑き湖水)に​ゲバ​​下馬​せり。


§123(03:42:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​スヰタイ​​推戴​​チカヒ​​盟​

 ​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​​サチヤ ベキ​​撒察 別乞​ ​ナド​​等​ ​ハカ​​議​​ア​​合​ひて、​テムヂン​​帖木眞​​イ​​言​へらく「​ナンヂ​​汝​​カン​​罕​​ナ​​爲​さん。​テムヂン​​帖木眞​​カン​​罕​となさば、​ワレラ​​我等​​オホ​​多​​斡欒​​テキ​​敵​​センポウ​​先鋒​​阿勒斤赤​​ハシ​​奔​りて、​カホ​​顏​​汪格​ ​ヨ​​好​​ヲトメ​​少女​​斡勤​ ​キサキ​​妃​を、​チヤウデン​​帳殿​​斡兒朶格兒​​ヘヤ​​房​[に​イ​​入​​斡囉​りて、​エ​​得​​斡勒​​ツ​​伴​​阿卜赤喇​​キ​​來​​アタ​​與​​斡克​へん、​ワレラ​​我等​。]​アダシクニタミ​​他國民​​合哩亦兒堅​​ホヽ​​顋​​合察兒​ ​ウツク​​美​しき​キサキ​​妃​​合屯​ ​ヲトメ​​少女​を、​シリブシ​​臀節︀​​合兒含​ ​ヨ​​好​​センバ​​騸馬​​ノ​​騎​​合塔喇​らしめて​ツレ​​伴​​キ​​來​​アタ​​與​へん、​ワレラ​​我等​​ノ​​野​​兀囉阿​​ケダモノ​​獸​​マキガリ​​卷狩​せば、​サキガケ​​先驅​​兀禿喇​して​アタ​​與​へん、​ワレラ​​我等​。(卷六なる成吉思 汗の阿勒壇 忽察兒を責めたる語と較ぶるに、こゝにも一句脫ちたるに似たり。​アレノ​​曠野​​客額兒​​ケダモノ​​獸​​ハラ​​腹​​客額里​​ヒトナラビ​​一竝​​ヨ​​寄​せて​アタ​​與​へん。​キリギシ​​懸崖​​昆​​ケダモノ​​獸​​モヽ​​腿​​忽牙​​ヒトナラビ​​一竝​​ヨ​​寄​せて​アタ​​與​へん、​ワレラ​​我等​​タヽカ​​戰​​合惕忽​​ヒ​​日​​ナンヂ​​汝​​ガウレイ​​號令​​合剌​​タガ​​違​はば、​ワレラ​​我等​​ナリハヒ​​家業​​合哩失哩​より​キサキ​​妃​​合屯​ ​ヲミナ​​婦人​より​ハナ​​離​​合合察​れさせて、​ワレラ​​我等​​クロ​​黑​​合喇​​カシラ​​頭​​ヂ​​地​​合札兒​​ツチ​​土​​ス​​棄​てて​サ​​去​れ。​タヒラ​​平​​昻客​けき​ヒ​​日​​ナンヂ​​汝​​ケフギ​​協議​​額耶​​ヤブ​​壞​らば、​ワレラ​​我等​​ヲトコ​​男​​額咧思​どもの​ナリハヒ​​家業​より​ツマ​​妻​​額篾​ ​コ​​子​​可兀​より​ワカ​​別​​希哩扯​れさせて、​アルジ​​主​​額者︀​なき​トコロ​​地​​ス​​棄​てて​サ​​去​れ。」かく​コトバ​​言​[118]​サダ​​定​​ア​​合​ひて、これより​チカヒ​​盟​して、​テムヂン​​帖木眞​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​强盛なる大君)と​ナ​​名​づけて、​カン​​罕​となしたり。(帖木眞の汗となれるは、蒙古 源流に據れば、己酉の年にして、二十八歲の時なり。己西の年は、我が後鳥羽︀ 天皇 文治 五年、宋の淳熙 十六年、金の大定 二十九年、西紀 一一八九年なり。


§124(03:44:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


新庭の政務分任

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​カン​​罕​​ナ​​爲​ると、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​オトヽ​​弟​ ​オゲライ チエルビ​​斡歌來 徹兒必​前の斡歌連 徹兒必)、​ヤナグヒ​​節︀筒​​オ​​帶​べり。

​ゴルチ​​豁兒赤​

​カヂウン トクラウン​​合只溫 脫忽喇溫​前の合赤溫 脫忽喇溫)、​ヤナグヒ​​箭筒​​オ​​帶​べり。​ヂエタイ​​哲台​​ドゴルク チエルビ​​多豁勒忽 徹兒必​​アニオトヽ​​兄弟​ ​フタリ​​二人​​ヤナグヒ​​箭筒​​オ​​帶​べり。(箭筒を蒙語に豁兒と云ひ、箭筒を帶ぶる者︀を豁兒臣 又は豁兒赤と云ふ。元史 塔察兒の傳に​ホルチ​​火兒赤​ ​ハ​​者︀​​オビテ​​佩​​ヤナグヒユブクロヲ​​櫜鞬​​ハベル​​侍​​サイウニ​​左右​​モノ​​者︀​​ナリ​​也​とあるは、これなり。

​バウルチ​​巴兀兒赤​

​ヲングル​​汪古兒​前の翁古兒)、​シエイケト チエルビ​​雪亦客禿 徹兒必​​カダアン ダルドル​​合荅安 荅勒都︀兒罕​ ​ミタリ​​三人​ ​イ​​言​はく「​アシタ​​朝​​馬納合兒​​ノミモノ​​飲物​​ナ​​勿​ ​カ​​缺​​篾古迭兀勒​かせそ。​ユフベ​​夕​​兀迭​​ノミモノ​​飮物​​ナ​​勿​ ​オコタ​​慢​​斡莎勒荅​りそ」とて、​バウルチン​​巴兀兒臣​​ナ​​爲​れり。(巴兀兒臣、また巴兀兒赤と云ふ。元史 兵志に​ミヅカラハウジンシテ​​親烹餁以​​タテマツル​​奉​​カミニインシヨクヲ​​上飮食​​モノヲ​​者︀​​イフ​​曰​​ボールチト​​博爾赤​とあるは、これなり。

​ゴニチ​​豁你赤​

​デガイ​​迭該​ ​イ​​言​はく「​ニサイ​​二歲​​失列古​​カツヤウ​​羯羊​​亦兒格​〈[#左ルビの「亦兒格」は底本では、直前の字句「二歲の」についているが、白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§124(03:45:06)の漢︀字音訳に倣い左ルビの位置を修正]〉​カワ​​渴​かしめて、​アシタ​​朝​​馬納合兒​​ナ​​勿​ ​カ​​缺​​篾古迭​きそ。​イ​​寢​​豁那黑​ぬる​トキ​​時​​ナ​​勿​ ​オク​​後​​豁只荅​れそ。​ハナ​​花​​阿剌黑赤兀惕​​イロ​​色​​ヒツジ​​羊​​ノガヒ​​牧​​阿都︀兀剌​して、​シヤテイ​​車底​​阿藍​​ミタ​​滿​さん。​キイロ​​黃色​​晃豁黑赤兀惕​​ヒツジ​​羊​​豁你惕​​ノガイ​​牧​して、​カコヒ​​圈子​​豁團​​ミタ​​滿​さん。​クヒスギ​​貪食​​豁斡闌察兒​​アシ​​惡​くありき、​ワレ​​我​​ヒツジ​​羊​​豁你惕​​ノガヒ​​牧​して、​ハクチヤウ​​白腸​​管只牙孫​​クラ​​食​はん、​ワレ​​我​」とて、​デガイ​​迭該​は、​ヒツジ​​羊​​ノガヒ​​牧​せり。(羊を豁紉と云ひ、羊飼︀を豁你臣 又は豁你赤と云ふ。元史 兵志の火你赤は、これなり。

​モチ​​抹赤​ ​スナハ​​卽​ち木匠

その​オトヽ​​弟​ ​グチユグル​​古出古兒​前の窟出古兒​イ​​言​はく「​クサリ​​鎖​​搠斡兒合​ある​クルマ​​車​を、その​クサビ​​轄​​赤兀​​ナ​​勿​ ​タフ​​倒​​赤兀迭兀勒​れしめそ。​シヤヂク​​車軸​​騰吉思格​ある​クルマ​​車​を、​クルマヂ​​車路​​帖兒格兀兒​​ウヘ​​上​​ナ​​勿​ ​ヤブ​​壞​​帖兒咧兀勒​れしめそ」と​イ​​云​ひて、「​ヘヤ​​房​ ​クルマ​​車​​ヲサ​​治​めん」と​イ​​云​へり。​ドダイ チエルビ​​多歹 扯兒必​前に見えざる人)は、「​イヘ​​家​​ウチ​​內​​メシツカヒ​​婢僕​どもを​ス​​統​べん」と​イ​​云​へり。

​ウルドチ​​兀勒都︀赤​

​クビライ​​忽必來​​チルグタイ​​赤勒古台​​カルカイ トクラウン​​合兒孩 脫忽喇溫​前の合喇孩 脫忽喇溫​ミタリ​​三人​[119]​カツサル​​合撒兒​​トモ​​共​​カタナ​​刀​​オ​​帶​びて、​イキホ​​勢​​古出兒格昆​ふものは、その​クビ​​首​​古主兀惕​​キ​​斬​​輕古哩惕​れ。​アラ​​荒​​斡抹兒合渾​ぶるものは、その​ムネ​​胷​​斡抹里兀​​サ​​刺​​汪剌只惕​せ」と​イ​​云​へり。(刀を兀勒都︀と云ひ、刀を帶ぶる者︀を兀勒都︀赤と云ふ。元史 兵志に​ハベリ​​侍​​カミニ​​上​​オブル​​帶​​カタナマタユミヤヲ​​刀及弓矢​​モノヲ​​者︀​​イフ​​曰​​ウンドチト​​云都︀赤​とあるは、これなり。

​アクタチ​​阿黑塔赤​

​ベルグタイ​​別勒古台​​カラルダイ トクラウン​​合喇勒歹 脫忽喇溫​ ​フタリ​​二人​に「​センバ​​騸馬​​ト​​執​れ。​ウマヅカサ​​馬官​阿黑塔臣)と​ナ​​爲​れ」と​イ​​云​へり。

​アドウチ​​阿都︀兀赤​

​タイチウダイ​​泰赤兀歹​​クト モリチ​​忽圖 抹哩赤​前に見えざる人)、​ムルカルク​​木勒合勒忽​ ​ミタリ​​三人​に「​バグン​​馬羣​​ノガヒ​​牧​せよ」と​イ​​云​へり。(馬羣を蒙語に阿都︀溫と云ひ、馬飼︀を阿都︀兀臣と云ふ。​アルカイ カツサル​​阿兒孩 合撒兒​​タカイ​​塔孩​〈[#ルビの「タカイ」は底本ではルビなし。昭和18年復刻版にもルビなし。底本の他の箇所に出てくる塔孩のルビ「タカイ」を転用した]〉前の塔乞)、​スケガイ​​速客該​前の速客該 者︀溫)、​チヤウルカン​​察兀兒罕​ ​ヨタリ​​四人​に「​トホ​​遠​​豁剌​​ゴオチヤルク​​豁斡察黑​箭の名​チカ​​近​​斡亦喇​​オドラ​​斡多喇​箭の名)となれ」と​イ​​云​へり。(征討 巡警の事を掌れるならん。官名は、いまだ考へ得ず。​スベエタイ バアドル​​速別額台 巴阿都︀兒​ ​イ​​言​はく「​ネズミ​​鼠​​忽魯罕​となりて、​アツ​​聚​​忽哩牙勒都︀速​​ア​​合​はん。​クロ​​黑​​合喇​​ヤマガラス​​老鴉​となりて、​ホカ​​外​​合荅溫​にある​モノ​​物​​ヲサ​​收​​合兒馬勒都︀速​​ア​​合​はん、​ウマオホ​​馬覆​​粘別額​ひの​マウセン​​毛氈​となりて、​オホ​​覆​​揑木兒列勒敦​​ア​​合​はんと​コヽロ​​試​みん。​カゼヨケ​​風除​​格里思格​​マウセン​​毛氈​となりて、​イヘ​​家​​格兒​​フセ​​禦​​格哩思格列勒敦​​ア​​合​はんと​コヽロ​​試​みん」と​イ​​云​へり。


§125(03:48:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​キウシン​​舊臣​​ネギラ​​勞​​シンプ​​新附​​スス​​奬​むる​ユシ​​諭旨​

 そこに​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​カン​​罕​となりて、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ヂエルメ​​者︀勒篾​ ​フタリ​​二人​​イ​​言​へらく「​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​​ワレ​​我​を、​カゲ​​影​​薛兀迭兒​より​ホカ​​外​​トモ​​伴​なき​トキ​​時​に、​カゲ​​影​​薛兀迭兒​となりて、​ワ​​我​​コヽロ​​心​​薛惕乞勒​​ヤス​​安​からしめたるぞ、​ナンヂラ​​汝等​​コヽロ​​心​​薛惕乞勒​​ウチ​​內​​ア​​存​れ」と​イ​​云​へり。「​ヲ​​尾​​薛兀兒​より​ホカ​​外​​ムチ​​鞭​​赤出阿​なき​トキ​​時​に、​ヲ​​尾​​薛兀兒​となりて、​ワ​​我​​コヽロ​​心​​只嚕格​​ヤス​​安​からしめたるぞ、​ナンヂラ​​汝等​​ワ​​我​​ムネ​​胷​​徹額只​​ウチ​​內​​ア​​存​れ」と​イ​​云​へり。「​ナンヂラ​​汝等​ ​フタリ​​二人​は、​マヘ​​前​​タ​​立​てるに​ヨ​​依​り、​コヽ​​此處​​ヲ​​居​​モノ​​者︀​どもに​ヲサ​​長​となりて​ヲ​​居​らずや、​ナンヂラ​​汝等​」と​イ​​云​へり。​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​アマツカミ クニツカミ​​皇天 后土​​チカラ​​力​​ソ​​添​へて​タス​​祐︀​けられば、 ​ナンヂラ​​汝等​​ヂヤムカ アンダ​​札木合 安荅​​トコロ​​處​より​ワレ​​我​をと​オモ​​思​ひて​オモ​​伴​とならんとて​キ​​來​つる​トシヨリ​​老人​どもは、​ワ​​我​​サイハヒ​​福︀​ある​トモ​​伴​とならざらんや」と​イ​​云​へり。​オノ​​己​​オノ​​己​​ヰニン​​委任​せり、​ナンヂラ​​汝等​に。(この句、恐らくは脫文あらん。


§126(03:50:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チンギス カン​​成吉思 汗​​ソクヰ​​卽位​を聞ける​ワンカン​​王罕​​ガジ​​賀辭​

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​カン​​罕​となしたりとて、​ケレイト​​客咧亦惕​​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​に、​ダカイ​​荅孩​​スゲガイ​​速格該​前の塔孩、速客該​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りたり。​トオリル カン​​脫斡哩勒 罕​は、「​テムヂン​​帖木眞​なる​ワ​​我​​コ​​子​​カン​​罕​​ナ​​爲​したるは​ハナハ​​甚​​ヨ​​善​し。​モンゴル​​忙豁勒​​キミ​​君​なく、いかにか​スゴ​​過​さん、​ナンヂラ​​汝等​​コ​​此​​額捏​​ケフギ​​協議​​額也​​ナ​​勿​ ​ヤブ​​壞​​厄迭惕​りそ。​ケフギ​​協議​​ムス​​結​​掌吉​べるを​ナ​​勿​ ​ト​​解​​塔魯惕​きそ。​コロモ​​衣​​札合​​エリ​​領​​ナ​​勿​ ​ヒ​​扯​​談禿魯黑​きそ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りて。(畢りのては、たりの誤りか。然らずば、下に脫字あらん。


成吉思 汗 實錄 卷の三 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。