成吉思汗実録/巻の五

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]

[140]



​チンギス カン ジツロク​​成吉思 汗 實錄​ ​マキ​​卷​​ゴ​​五​

§148(05:01:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タイチウト​​泰赤兀惕​​チウメツ​​誅滅​

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、そこに​タイチウト​​泰赤兀惕​〈[#「泰赤兀惕」は底本では「泰亦兀惕」。昭和18年復刻版に倣い修正。以後すべて同じ]〉​トラ​​虜︀​へて、​タイチウト​​泰赤兀惕​​ホネ​​骨​ある​ヒト​​人​を、​アウチユ バアトル​​阿兀出 巴阿禿兒​、(親征錄は、前後に阿忽出 拔都︀と云ひ、ここには沆忽 阿忽出と云ふ。喇失惕の集史も、前後に阿忽朱 巴哈都︀兒と云ひ、こゝには昂忽 兀忽出と云ふ。その實は同じ人なり。元史は阿忽出を省きてたゞ沈忽と書きたれば、阿忽出とは益 遠ざかれり。​ゴドン オルチヤン​​豁團 斡兒昌​卷四、豁敦 斡兒長)、​クドウダル​​忽都︀兀荅兒​親征錄​フドラル​​忽都︀荅兒​​ラ​​等​なる​タイチウト​​泰赤兀惕​を、​シソン​​子孫​​シソン​​子孫​​イタ​​至​るまで、​ハヒ​​灰​​ゴト​​如​​カ​​刮​​ハラ​​拂​​チウメツ​​誅滅​せり。​カレ​​彼​​ブラク​​部落​​タミ​​民​​ウゴ​​動​かしめて​キ​​來​て、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​クバカヤ​​忽巴合牙​親征錄​フバハヤ ザン​​忽八海︀牙 山​)に​フユゴモリ​​冬籠​せり。


§149(05:01:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


主君を​トラ​​拏​へたる​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​

 ​ニチウグト バアリン​​你出古惕 巴阿𡂰​眾巴阿𡂰の中の一部)の​シルグエト エブゲン​​失兒古額禿 額不堅​失兒古額禿の翁、親征錄 元史 本紀​シリゲ エブゲン​​失力哥 也不干​伯顏の傳 述律哥圖)は、​アラク​​阿剌黑​親征錄 伯顏の傳​アラ​​阿剌​)、​ナヤア​​納牙阿​[141]親征錄​ナヤ​​乃牙​)なる​コ​​子​どもと、​タイチウト​​泰赤兀惕​​クワンニン​​官人​ ​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​ハヤシ​​林​​イ​​入​りて​ヲ​​居​るを、​アタ​​讎​ある​ヒト​​人​なりきと​イ​​云​ひて、​ウマ​​馬​​ノ​​乘​ること​アタ​​能​はざる(明譯​カラダコエテ​​體肥​​ザル​​不​​アタハ​​能​​ノルヿ​​騎​​ウマニ​​馬​​タルクタイ​​塔兒忽台​​トラ​​拏​へて、​クルマ​​車​​ノ​​載​せて、​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​は、​アラク​​阿剌黑​​ナヤア​​納牙阿​なる​コ​​子​どもと、

​タルクタイ​​塔兒忽台​の子弟の追救

​タルクタイ キルリトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​トラ​​拏​へて​ク​​來​​トキ​​時​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​コ​​子​ども​オトヽ​​弟​どもは、​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​らんとて​オヒカ​​追驅​けて​キ​​來​ぬ。​カレ​​彼​​コ​​子​ども​オトヽ​​弟​ども​オヒカ​​追驅​けて​ク​​來​ると、

​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​の脅迫

​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​は、​タ​​起​つこと​アタ​​能​はざる​タルクタイ​​塔兒忽台​を、​クルマ​​車​​ウヘ​​上​​ノボ​​上​りてその​アフ​​仰​むける​ウヘ​​上​​マタガ​​跨​​ザ​​坐​して、​カタナ​​刀​​イダ​​出​して​イ​​言​はく「​ナムチ​​爾​​シテイ​​子弟​らは、​ナムチ​​爾​​ウバ​​奪​ひて​ト​​取​りに​キ​​來​ぬ。​ナムチ​​爾​​ワ​​我​​シユクン​​主君​​テ​​手​​カ​​掛​けたりと​イ​​云​ひて、​コロ​​殺︀​さずとも、​シユクン​​主君​​テ​​手​​カ​​掛​けたりとて、​コロ​​殺︀​さん。​コロ​​殺︀​すとも、​マタ​​亦​ ​タヾ​​只​ ​コロ​​殺︀​されん、​ワレ​​我​​タヾシ​​但​その​シ​​死​​ナカ​​中​​ツクノ​​償​ひを​ト​​取​​シ​​死​なん(明譯​ワレ​​我​​コロス​​殺︀​​ナムチヲ​​你​​トモ​​也​​シナン​​死​​ズ​​不​​コロサ​​殺︀​​ナムチヲ​​你​​トモ​​也​​シナン​​死​​ズ​​不​​シカ​​如​​マズ​​先​​コロシ​​殺︀​​テ​​了​​ナムチヲ​​你​​ワレシカルノチニシヌルニ​​我然後死​)」と​イ​​云​ひて、​マタガ​​跨​りて​オホイ​​大​なる​カタナ​​刀​にて​カレ​​彼​​ノド​​喉​を切らんとする​トキ​​時​​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​オホイ​​大​なる​コヱ​​聲​にて​オトヽ​​弟​ども​コ​​子​どもに​サケ​​叫​びて​イ​​言​はく「​シルグエト​​失兒古額禿​は、​ワレ​​我​​コロ​​殺︀​さんとす。​コロ​​殺︀​​ヲ​​了​へば、​シ​​死​にたる​イノチ​​命​なき​ワ​​我​​ミ​​身​​ト​​取​りて​サ​​去​りて​ナニ​​何​かせん、​ナンヂラ​​汝等​​ワレ​​我​​コロ​​殺︀​さざるに​ト​​疾​​カヘ​​回​れ。​テムヂン​​帖木眞​は、​ワレ​​我​​コロ​​殺︀​さじ。​テムヂン​​帖木眞​を、​チヒサ​​小​​トキ​​時​に、​メ​​眼​​你敦​​ヒ​​火​​合勒​あり、​メン​​面​​你兀兒​​ヒカリ​​光​​格咧​ある[​コ​​子​]なりきとて、​アルジ​​主​なき​イヘヰ​​營盤​​ウチ​​裏​​ノコ​​遺​[142]てありとて、​ト​​取​​サ​​去​りて​ツ​​伴​​キ​​來​​ナラ​​習​はせたれば、​ナラ​​習​​ゴト​​如​くなりとて、​アタラ​​新​しき​サンサイ ニサイ​​三歲 二歲​​コマ​​駒​​ナラ​​習​はす​ゴト​​如​​ナラ​​習​はし​ヲシ​​敎​​ユ​​行​きたり。​シ​​死​なしめんと​イ​​云​へども、​シ​​死​なしむる​アタ​​能​はざりき、​ワレ​​我​​イマ​​今​ ​カレ​​彼​​コヽロ​​情​​イ​​入​りてあり。​カレ​​彼​​コヽロ​​心​​ヒラ​​開​けてありと​イ​​言​はるゝなり。​テムヂン​​帖木眞​​ワレ​​我​​シ​​死​なしめじ。​ナンヂラ​​汝等​​ワ​​我​​コ​​子​ども​オトヽ​​弟​ども、​ト​​疾​​カヘ​​回​れ。[​シカ​​然​らずば]​シルグエト​​失兒古額禿​は、​ワレ​​我​​コロ​​殺︀​して​ヤ​​遣​らん」と​イ​​云​ひて、​オホイ​​大​なる​コヱ​​聲​にて​サケ​​叫​べり。

​タルクタイ​​塔兒忽台​の子弟のたゞもどり

​カレ​​彼​​コ​​子​ども​オトヽ​​弟​とも​イ​​言​​ア​​合​へらく「​チヽ​​父​​イノチ​​命​​スク​​救​はんとて​キ​​來​ぬ、​ワレラ​​我等​​シルグエト​​失兒古額禿​ ​カレ​​彼​​イノチ​​命​​シ​​死​なしめ​ヲ​​了​へば、​ムナ​​空​しき​イノチ​​命​なき​カレ​​彼​​ミ​​身​​ナニ​​何​かせん、​ワレラ​​我等​​カヘツ​​却​​コロ​​殺︀​さざるに​ト​​疾​​カヘ​​回​らん」と​イ​​云​​ア​​合​ひて​カヘ​​回​れり。​カレラ​​彼等​​サ​​去​らしめ(彼等去り)たる​トキ​​時​​アラク​​阿剌黑​​ナヤア​​納牙阿​なる​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​​コ​​子​ども、​ハナ​​離​れたる​モノ​​者︀​ども​キ​​來​ぬ。​ソレラ​​其等​​コ​​來​らるゝと、​ウゴ​​動​きて​ク​​來​るに、​ミチ​​途​​クトクル ヌウ​​忽禿忽勒 訥兀​忽禿忽勒の隅)に​イタ​​到​れば、

​ナヤア​​納牙阿​の明智

そこに​ナヤア​​納牙阿​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​この​タルクタイ​​塔兒忽台​​トラ​​拏​へて​イタ​​到​らば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ワレラ​​我等​を「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​テ​​手​​カ​​掛​けて​キ​​來​ぬ」と​イ​​云​ひ、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ワレラ​​我等​を「​セイシユ​​正主​​テ​​手​​カ​​掛​けて​キ​​來​ぬるもの、​ナニ​​何​​イシン​​倚信​すべき​ヒト​​人​ならん。​コレラ​​此等​は、​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​にいかんぞ​トモ​​伴​とならん。​トモ​​伴​となる​ナ​​無​​ヒト​​人​​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​テ​​手​​カ​​掛​けたる​ヒト​​人​をば、​キ​​斬​らしめん」と​イ​​云​​キ​​斬​らしめられんか、​ワレラ​​我等​​カヘツ​​却​​タルクタイ​​塔兒忽台​​コヽ​​此處​より​ハナ​​放​[143]ちて​ヤ​​遣​りて、​ワレラ​​我等​​ミ​​身​​モテ​​以​て「​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​チカラ​​力​​アタ​​與​へに​キ​​來​ぬ、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひて​ユ​​往​かん。「​タルクタイ​​塔兒忽台​​トラ​​拏​へて​キ​​來​つ。​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ス​​廢​てかねて、「​ミ​​視︀​るといかんぞ​シ​​死​なしめん」と​イ​​云​ひて、​ハナ​​放​ちて​ヤ​​遣​りて、「​ワレラ​​我等​​セイジツ​​誠實​​チカラ​​力​​アタ​​與​へん」とて​キ​​來​ぬ、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​はん」と​イ​​云​へり。​ナヤア​​納牙阿​のこの​コトバ​​言​​チヽ​​父​​コ​​子​どもも​ヨ​​善​しとし​ア​​合​ひて、​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​クドクル​​忽都︀忽勒​​スミ​​隅​より​ハナ​​放​ちて​ヤ​​遣​りて、その​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​は、​アラク​​阿剌黑​​ナヤア​​納牙阿​なる​コ​​子​どもと​キ​​來​ぬれば、「いかで​キ​​來​て」と​イ​​云​へり。(ては、つるの誤りか。​シルグエト​​失兒古額禿​ ​オキナ​​翁​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マウ​​申​さく「​タルクタイ キリルトク​​塔兒忽台 乞哩勒禿黑​​トラ​​拏​へて​キ​​來​つるに、​カヘツ​​却​て「​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ミ​​視︀​ると、いかんぞ​シ​​死​なしめん」と​イ​​云​ひて、​ス​​廢​てかねて、​ハナ​​放​ちて​ヤ​​遣​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​チカラ​​力​​アタ​​與​へんとて​キ​​來​ぬ」と​イ​​云​へり。

​ナヤア​​納牙阿​ 等の心を​チンギス カン​​成吉思 汗​の褒賞

その​トキ​​時​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​キミ​​君​​タルクタイ​​塔兒忽台​​テ​​手​​カ​​掛​けて​キ​​來​つるならば、​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​テ​​手​​カ​​掛​けたる​ヒト​​人​​ナンヂラ​​汝等​を、​ゾク​​族​​ア​​擧​げて​キ​​斬​らしめらるゝなりき、​ナンヂラ​​汝等​​セイシユ​​正主​​キミ​​君​​ス​​廢​てかねたる​ナンヂラ​​汝等​​コヽロ​​心​ ​ヨ​​善​くあり」と​イ​​云​ひ、​ナヤア​​納牙阿​​オンシヤウ​​恩賞​せり。


§150(05:08:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤカガンブ​​札合敢不​の來降

 その​ノチ​​後​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​トコロ​​處​に、​ケレイト​​客咧亦惕​​ヂヤカガンブ​​札合敢不​親征錄 元史 本紀​ヂヤアカンボ​​札阿紺孛​朮赤台の傳 札哈堅普)は、​テルスト​​帖兒速惕​卷六の忽兒班 帖列速惕。親征錄​タラス ノ​​塔剌速 野​)に​ヲ​​居​​トコロ​​處​​トモ​​伴​となりに​キ​​來​ぬ。​カレ​​彼​​キ​​來​ぬる​トキ​​時​​メルキト​​篾兒乞惕​ ​タヽカ​​戰​ひに​キ​​來​つれば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ヂヤカガンブ​​札合敢不​は、​スナハ​​便​​タヽカ​​戰​ひて​シリゾ​​退​[144]たり。その​トキ​​時​ ​トメン トベゲン​​土綿 禿別干​萬の禿別干部。親征錄​トマン トベイ ブ​​土滿 土伯夷 部​元史 完澤の傳 土伯燕 氏)、​オロン ドンガイト​​斡欒 董合亦惕​あまたの董合亦惕 部 親征錄 元史​ドンガイ ブ​​董哀 部​)、​ツイ​​潰​えたる​ケレイト​​客咧亦惕​​タミ​​民​も、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​トウ​​投​じて​キ​​來​にけり。

​ワンカン​​王罕​ ​エスガイ​​也速該​​アンダ​​安荅​の交り

​ケレイト​​客咧亦惕​​ワン​​王​ ​カガン​​合罕​卽ち王罕。親征錄​ワン カガン​​汪 可汗​)こそは、​サキ​​先​​エスガイ カガン​​也速該 合罕​​トキ​​時​に、​ナカヨ​​中好​​タヒラ​​平​かに​ス​​住​​ア​​合​へる​コロ​​頃​​エスガイ カン​​也速該 罕​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたりけれ。​カレ​​彼​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​コトノモト​​緣故​は、​ワンカン​​王罕​は、その​チヽ​​父​ ​クルチヤクス ブイルク カン​​忽兒察忽思 不亦嚕黑 罕​の(親征錄​フルヂヤクス ブイル カガン​​忽兒札胡思 盃祿 可汗​元史は、可汗の二字を省けり。​オトヽ​​弟​どもを​コロ​​殺︀​すの​ユヱ​​故​に、​グル カン​​古兒 罕​〈[#「古兒 罕」は底本では「古兒罕」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§150(05:09:09)の漢︀字音訳「古兒 罕」に倣い二語に分割。以後の「古兒 罕」すべて漢︀字音訳が「古兒 罕」または「古兒-罕」なので、すべて同じ]〉親征錄​グル カガン​​菊兒 可汗​元史 菊兒)なる​ヲヂ​​叔父​​テキ​​敵​​ナ​​爲​​ア​​合​ひて、​カラウン カブチヤル​​合剌溫 合卜察勒​合剌溫の隘處。親征錄​カラウンノ ハサマ​​合剌溫 隘​元史、哈剌溫 隘)に​キ​​鑽​​イ​​入​りて、​ヒヤクニン​​百人​にて​イ​​出​でて、​エスガイ カン​​也速該 罕​​トコロ​​處​​キ​​來​つれば、​エスガイ カン​​也速該 罕​は、​カレ​​彼​​オノ​​己​​トコロ​​處​​キ​​來​られて、​オノ​​己​​イクサ​​軍​にて​シユツバ​​出馬​して、​グル カン​​古兒 罕​​カシン​​合申​河西の轉、親征錄 元史の西夏)の​チ​​地​​オ​​逐​ひて、​カレ​​彼​​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​ワンカン​​王罕​​ト​​取​りて​アタ​​與​へたる​ユヱ​​故​に、​アンダ​​安荅​​ナ​​爲​​ア​​合​へること​シカ​​然​り。


§151(05:11:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ケレイト​​客咧亦惕​​ナイラン​​內亂​

 その​ノチ​​後​ ​ワンカン​​王罕​​オトヽ​​弟​ ​エルケ カラ​​額兒客 合喇​〈[#「額兒客 合喇」は底本では「額兒客合喇」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§151(05:11:01)の漢︀字音訳「額兒客-合喇」に倣い二語に分割]〉親征錄 元史​エリコハラ​​也力可哈剌​)は、​ワンカン​​王罕​ ​アニ​​兄​​コロ​​殺︀​さるゝを​ノガ​​逃​れて​サ​​去​りて、​ナイマン​​乃蠻​​イナンチヤ カン​​亦難︀察 罕​親征錄​イナンチ カガン​​亦難︀赤 可汗​元史、部長 亦難︀赤。喇失惕に依れば、乃蠻の不亦嚕黑 罕の父)の​トコロ​​處​​トウ​​投​じけり。​イナンチヤ カン​​亦難︀察 罕​は、​イクサビト​​軍士​どもを​ヤ​​遣​りて、

​ワンカン​​王罕​の逃げ走り

さて​ワン​​王​は、​ミ​​三​つの​シロ​​城​三城は卽ち三國にて、唐忽惕 畏忽惕 合兒魯兀惕)に​ソ​​沿​​サ​​去​りて、​カラ キダト​​合喇 乞荅惕​合喇 乞丹の複稱、卽ち西遼。親征錄 元史​キダン​​契丹​元史また黑 契丹)の​グル カン​​古兒 罕​親征錄​グル カガン​​菊律 可汗​元史 曷思麥里の傳 西遼 闊兒汗、哈剌亦 哈赤北魯の傳 西遠主 鞠兒 可汗、卽ち西遼の葛兒罕 直魯古[145]​トコロ​​處​​ユ​​往​きたりき。(札合敢不 等の成吉思 汗に降れるは、この時に在り。)そこより​ソム​​背​きて、​ウイクト​​畏忽惕​委兀兒の複稱。唐書の回紇。親征錄 元史​ウイウル​​畏吾兒​)、​タンクト​​唐忽惕​唐書の黨項、卽ち西夏人)の​シロ​​城​​ス​​過​ぐると、​ゴヒキ​​五匹​​クロヒツジ​​𦍩䍽​​トラ​​拘​へて、​チ​​乳​​シボ​​擠​​ア​​合​ひて、​ラクダ​​駱駝​​チ​​血​​サ​​刺​して​ノ​​飮​み、​コンキウ​​困窮​して​グセウル ナウル​​古薛兀兒 納兀兒​古薛兀兒 湖。親征錄​グセウル タク​​曲薛兀兒 澤​)に​キ​​來​つれば、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、

父の友に​タイ​​對​する​チンギス カン​​成吉思 汗​の厚遇

​サキ​​先​​エスガイ カン​​也速該 罕​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​エンコ​​緣故​にて、​タカイ バアトル​​塔孩 巴阿禿兒​卷三の塔孩。親征錄​タハイ​​塔海︀​)、​スケガイ ヂエウン​​速客該 者︀溫​親征錄​シユエカイ​​雪也垓​​フタリ​​二人​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りて、​ケルレン ガハ​​客魯嗹 河​​ミナモト​​源​より​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミヅカ​​自​​ムカ​​迎​へに​ユ​​往​きて、「​ウ​​飢​ゑて​ヤ​​瘦​せて​キ​​來​ぬ」とて、​ワンカン​​王罕​​クワレン​​科斂​​ヲサ​​斂​めて​アタ​​與​へて、​ダンエイ​​團營​​ウチ​​內​​イ​​入​らしめて​ヤシナ​​養​へり。その​フユ​​冬​ ​シダイ​​次第​​タ​​起​ちて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​クバカヤ​​忽巴合牙​​フユゴモリ​​冬籠​せり。


§152(05:12:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​の部下の​ウラミゴト​​怨言​

 そこに​ワンカン​​王罕​​オトヽ​​弟​ども​クワンニン​​官人​ども​スナハ​​便​​イ​​言​​ア​​合​へらく「​ワレラ​​我等​​コ​​此​​カン​​罕​ ​アカ​​阿合​罕なる兄)は、​トボ​​乏​しき​サガ​​性​あり、​クサ​​臭​​カン​​肝​​イダ​​懷​きて​ユ​​行​くなり。​アニオトヽ​​兄弟​​コロ​​殺︀​せり。​カラ キダト​​合喇 乞荅惕​にも​イ​​入​りたり。​マタ​​又​ ​ブシウ​​部眾​をも​クルシ​​苦​めたり。​イマ​​今​これをいかにか​セ​​爲​ん、​ワレラ​​我等​​サキ​​先​​ヒ​​日​​イ​​云​へば、​ナヽツ​​七歲​なるを​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​ ​トラ​​虜︀​へて​サ​​去​りて、​クロ​​黑​​ハナガタ​​花紋​​クロヒツジ​​𦍩䍽​​カハコロモ​​裘​​キ​​着​せて、​セレンゲ​​薛涼格​[の​カハベ​​河邊​]の​ブウラ ケエル​​不兀喇 客額兒​にて​メルキト​​篾兒乞惕​​ウス​​碓​​ツ​​擣​きたり。​クルチヤクス ブイルク カン​​忽兒察忽思 不亦嚕黑 罕​なる​カレ​​彼​​チヽ​​父​は、​カヘツ​​却​​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​​ヤブ​​破​りて、その​コ​​子​をそこに​スク​​救​ひて​キ​​來​つれば、​マタ​​又​ ​タタル​​塔塔兒​​アヂエイ カン​​阿澤 罕​は、​ジフサンサイ​​十三歲​[146]るを​ハヽ​​母​ごめに​マタ​​又​ ​トラ​​虜︀​へて​サ​​去​りて、​ラクダ​​駝駱​​カ​​牧​はしめ​ユ​​行​​トキ​​時​​アヂエイ カン​​阿澤 罕​​ヒツジカヒ​​羊飼︀​​ヒキ​​率​ゐて​ノガ​​逃​れて​キ​​來​たるぞ。​マタ​​又​その​ノチ​​後​ ​ナイマン​​乃蠻​より​オソ​​怕​れて​カク​​躱​れて、​サルタウル​​撒兒塔兀兒​中亞細亞の抹哈篾惕 敎徒なる撒兒惕人)の​チ​​地​なる​チユイ ムレン​​垂 木嗹​垂河、唐書の碎葉 河、西遊記の吹 沒輦。西域 水道記の吹河、今の珠河)に​カラ キダト​​合喇 乞荅惕​​グル カン​​古兒 罕​​トコロ​​處​​ユ​​往​きたるぞ。そこに​ヒトトセ​​一年​​ツク​​盡​さず、​カヘツ​​却​​ソム​​背​​ウゴ​​動​きて、​ウイウト​​委兀惕​前の長忽惕​タングト​​唐兀惕​前の唐忽惕)の​チ​​地​​ソ​​沿​ひて​ユ​​行​くに、​コンキウ​​困窮​して、​ゴヒキ​​五匹​​クロヒツジ​​𦍩䍽​​トラ​​拘​へて​チ​​乳​​シボ​​擠​りて、​ラクダ​​駱駝​​チ​​血​​サ​​刺​して​ノ​​飮​みて、​ヒト​​一​​メシヒ​​盲​片目)の​クロガミ​​黑鬛​​キイロマ​​黃馬​蒙語​カリウン モリン​​合哩溫 抹𡂰​明 旁譯 黑鬃尾黃馬)にて、​コンキウ​​困窮​して​テムヂン​​帖木眞​なる​コ​​子​​トコロ​​處​​キ​​來​つれば、​クワレン​​科斂​​ヲサ​​斂​めて​ヤシナ​​養​へるぞ。​イマ​​今​ ​テムヂン​​帖木眞​なる​コ​​子​​トコロ​​處​にかく​ユ​​行​きたるを​ワス​​忘​れて、​クサ​​臭​​カン​​肝​​イダ​​懷​きて​ユ​​行​くなり。いかにか​セ​​爲​ん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​​ア​​合​へり。かく​イ​​言​​ア​​合​へる​コトバ​​言​を、​アルトン アシユク​​阿勒屯 阿倏黑​親征錄 元史​アントン アシユ​​案敦 阿述​)は、​ワンカン​​王罕​​アバ​​訐​きけり。

​ワンカン​​王罕​​ソシ​​譏​れる人人の縛られ

​アルトン アシユク​​阿勒屯 阿倏黑​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​もこの​サウダン​​相談​​イ​​入​​ア​​合​ひたりき。​カヘツ​​却​​オノ​​己​​キミ​​君​​ナムチ​​爾​​ス​​捨​てかねたり」と​イ​​云​ひて、そこに​ワンカン​​王罕​は、かく​イ​​言​​ア​​合​ひたる​エル クトル​​額勒 忽禿兒​〈[#「額勒 忽禿兒」は底本では「額勒忽禿兒」。白鳥庫吉訳「音訳蒙文元朝秘史」§152(05:15:06)の漢︀字音訳「額勒-忽禿兒」に倣い二語に分割]〉親征錄 元史​エンコルト​​燕火脫兒​)、​クルバリ​​忽勒巴哩​親征錄​クンバリ​​渾八力​)、​アリン タイシ​​阿𡂰 大石​親征錄​ナリン タイシ​​納憐 太石​後に阿隣 太石)など、​オトヽ​​弟​ども​クワンニン​​官人​どもを​トラ​​拏​へさせけり。​オトヽ​​弟​どもより​ヂヤカガンブ​​札合敢不​​ノガ​​躱​れて、​ナイマン​​乃蠻​​イ​​入​りけり。(札合敢不は、王罕の西遼に走れる時、成吉思汗に降りしが、王罕 歸りて後、復 王罕の處に返り、こゝに至り又 逃げたるなり。​カレラ​​彼等​​ナハカ​​繩繫​​ヘヤ​​房​​イ​​入​らしめて、​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​​ウイウト​​委兀惕​​タングト​​唐兀惕​​チ​​地​[147]より​キ​​來​つる​トキ​​時​​ナニ​​何​とか​イ​​云​​ア​​合​ひし。​ナンヂラ​​汝等​​ゴト​​如​​ナニ​​何​をか​オモ​​思​はん、​ワレ​​我​は」と​イ​​云​ひて、​カレラ​​彼等​​オモテ​​面​​ツバキ​​唾​して、​カレラ​​彼等​​シバリ​​縛​​ト​​解​かしめたり。​カン​​罕​​タヾ​​只​ ​ツバキ​​唾​せられて、​ヘヤ​​房​​ヲ​​居​​ヒト​​人​ ​スベ​​都︀​てにて​タ​​起​ちて​ツバキ​​唾​しけり。


§153(05:17:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


四部の​タタル​​塔塔兒​の征伐

 その​フユ​​冬​ ​フユゴモリ​​冬籠​して​イヌ​​狗​​トシ​​年​我が建仁 二年 壬戌、金の秦和 二年、宋の嘉泰 二年、西紀 一二〇二年、成吉思 汗 四十一歲の時)の​アキ​​秋​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​チヤガアン タタル​​察阿安 塔塔兒​親征錄 元史​チヤハン タタル​​察罕 塔塔兒​喇失惕、札干 塔塔兒)、​アルチ タタル​​阿勒赤 塔塔兒​親征錄 元史​アンチ タタル​​案赤 塔塔兒​喇失惕。阿勒只 塔塔兒)、​ドタウト タタル​​都︀塔兀惕 塔塔兒​喇失惕、禿禿克魯暢 塔塔兒)、​アルカイ タタル​​阿魯孩 塔塔兒​朶遜、別勒奎 塔塔兒、額兒忒曼、也勒奎 塔塔兒)、それらの​タタル​​塔塔兒​​ダラン ネムルゲス​​荅闌 捏木兒格思​親征錄​ダラン ネムルゲ ノ ノ​​荅蘭 捏木兒哥 之 野​)に​タイヂン​​對陣​して​タヽカ​​戰​​マヘ​​前​に、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​グンパフ​​軍法​​イ​​言​​ア​​合​へらく「​テキジン​​敵人​​カ​​勝​たば、​タカラ​​財​​トコロ​​處​​ナ​​勿​ ​タ​​立​ちそ。​カ​​勝​​ヲ​​了​へば、その​タカラ​​財​は、​ワレラ​​我等​​モノ​​物​なるぞ。​ワカ​​分​​ア​​合​ふぞ、​ワレラ​​我等​​テキジン​​敵人​​シリゾ​​退​けられば、​ハジメ​​初​​ツ​​衝​きだしたる​トコロ​​地​にて​カヘ​​回​​タヽカヒ​​戰​はん。​ハジメ​​初​​ツ​​衝​きだしたる​トコロ​​處​にて​カヘ​​回​らざる​ヒト​​人​をば​キ​​斬​らしめん」とて​グンパフ​​軍法​​サダ​​定​​ア​​合​へり。

​ダラン ネムルゲス​​荅闌 捏木兒格思​の戰

​ダラン ネムルゲス​​荅闌 捏木兒格思​​タヽカ​​戰​ひて、​タタル​​塔塔兒​​ウゴ​​動​かせり。​カ​​勝​ちて、​ウルクイ​​兀勒灰​ ​シルゲルヂト​​失魯格勒只惕​にて[​カレラ​​彼等​を]​カレラ​​彼等​​クニ​​國​​アツ​​集​めて​トラ​​虜︀​へたり。(兀勒灰 河と失魯格勒只惕 河と合流する處。親征錄 元史​ウルフイ シレンヂン ガハ​​兀魯回 失連眞 河​喇失惕 集史​ウルフイ シルチユルヂト ガハ​​兀魯回 失魯出兒只惕 河​水道 提綱に據るに、蘆河 土名は烏爾虎 河、索岳爾濟 山より出でて西南に流れ、烏朱穆秦 左翼の東を經て、西に折れ、色野爾濟 河に合ひ、右翼の界に入りて涸る。烏爾虎 河は、一統志の圖に吳兒灰 河とあり、卽ち兀勒灰 河なり。色野爾濟は、卽ち索岳爾濟にして、山の名も河の名に同じ。この色野爾濟 河は、卽ち失魯格勒只惕 河なり。魯と惕とを失ひ、格は野に轉じて、失野勒只 卽ち色野爾濟となれり。露西亞の地圖には、烏爾灰を烏拉圭とし、色野爾濟を蘇攸勒奇と[148]し、二河 合流して、昌克圖布里圖 湖に入りて止まり、烏珠穆沁 右翼の界へは流れ往かず。成吉思 汗の勝ちて進みたる處は、その湖水の北なるべし。​チヤガン タタル​​察罕 塔塔兒​前の察阿安 塔塔兒)、​アルチ タタル​​阿勒赤 塔塔兒​​ドタウト タタル​​都︀塔兀惕 塔塔兒​​アルカイ タタル​​阿魯孩 塔塔兒​​ジウエウ​​重要​なる​タミ​​民​をそこに​ホロボ​​滅​して、

​アルタン​​阿勒壇​ ​クチヤル​​忽察兒​ ​ダリタイ​​荅哩台​の軍法違犯

​グンパフ​​軍法​​イ​​言​​ア​​合​ひたる​コトバ​​言​に、​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​​ダリタイ​​荅哩台​〈[#ルビの「ダリタイ」は底本では「タリタイ」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉親征錄 元史​ゾクジン アンタン​​族人 案彈​​ホチヤル​​火察兒​​ダリタイ​​荅力台​​ミタリ​​三人​​コトバ​​言​​シタガ​​遵​はず、​タカラ​​財​​トコロ​​處​​タ​​立​ちけり。「​コトバ​​言​​シタガ​​遵​はざりき」とて、​ヂエベ​​者︀別​​クビライ​​忽必來​親征錄​フビライ​​虎必來​​ヂエベ​​折別​​フタリ​​二人​​ヤ​​遣​りて、​カス​​掠​めたる​バグン​​馬羣​​ナニ​​何​にても​ト​​取​りたる​スベ​​都︀​てを​ト​​取​らしめたり。


§154(05:19:03)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​タタル​​塔塔兒​ ​トリク​​屠戮​の密議

 ​タタル​​塔塔兒​​ホロボ​​滅​して​トラ​​虜︀​​ヲ​​了​へて​カレラ​​彼等​​ブラク​​部落​ ​ジンミン​​人民​​イカニ​​如何​せんとて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ダイヒヤウギ​​大評議​​イチゾク​​一族​にて​ヒトツ​​一​​ヘヤ​​房​​イ​​入​りて​ハカ​​議​​ア​​合​へり。​ハカ​​議​​ア​​合​へらく「​サキ​​先​​ヒ​​日​より​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​は、​ミオヤ​​御祖︀​なる​チヽ​​父​​ウシナ​​失​ひたるなりき。​ミオヤ​​御祖︀​なる​チヽ​​父​​アタ​​讎​​カヘ​​復​して​ウラミ​​怨​ ​ムク​​報​いて、​シヤカツ​​車轄​​クラ​​比​べて​ホフ​​屠​りて​コロ​​殺︀​して​アタ​​與​へん(明譯​ベシ​​可​​ヲ​​將​​カレノ​​他​​ダンシノ​​男子​​ホド​​似​​シヤカツ​​車轄​​オホキナルモノ​​大的​​コトゴトク​​盡​​チウス​​誅了​)。​タ​​絕​ゆるまで​ホフ​​屠​らん。​ノコ​​殘​れるを​ヌヒ​​奴婢​とせん。​オノ​各​​ワカ​​分​​ア​​合​はん」とて、​ヒヤウギ​​評議​ ​サダ​​定​​ア​​合​ひて、​ヘヤ​​房​より​イ​​出​づれば、​タタル​​塔塔兒​​エケ チエレン​​也客 扯嗹​は、​ベルグタイ​​別勒古台​に「いかに​ヒヤウギ​​評議​​ハカ​​議​​ア​​合​へる」と​ト​​問​ひけり。​ベルグタイ​​別勒古台​ ​イ​​言​はく「​ナンヂラ​​汝等​​スベ​​都︀​てを​シヤカツ​​車轄​​クラ​​比​べて​ホフ​​屠​らんと​イ​​云​​ア​​合​へり」と​イ​​云​ひき。

​ベルグタイ​​別勒古台​の密議漏し

​ベルグタイ​​別勒古台​のこの​コトバ​​言​にて、​エケ チエレン​​也客 扯嗹​は、​タタル​​塔塔兒​​トコロ​​處​​デンセツ​​傳說​​ハナ​​放​ちて​トリデ​​寨​​ヨ​​據​りき。​トリデ​​寨​​ヨ​​據​りたる​タタル​​塔塔兒​​トコロ​​處​​ワレラ​​我等​​イクサビト​​軍士​ども​セ​​攻​むるとなり、​イタ​​甚​​ソンシツ​​損失​しけり。​トリデ​​寨​[149]​ヨ​​據​れる​タタル​​塔塔兒​​シンク​​辛苦​して​クダ​​降​して​タ​​絕​やさんと​シヤカツ​​車轄​​クラ​​比​べて​ホフ​​屠​る時、​タタル​​塔塔兒​ ​イ​​言​​ア​​合​へらく「​ヒト​​人​ごとに​ソデ​​袖​​ウチ​​裏​​カタナ​​刀​​ソデ​​袖​にして、​ツクノ​​償​ひを​ト​​取​​シ​​死​なん」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、​マタ​​又​ ​ハナハ​​甚​​ソンシツ​​損失​しけり。かく​タタル​​塔塔兒​​シヤカツ​​車轄​​クラ​​比​べて​ホフ​​屠​​ヲ​​了​へて、そこに​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ミコト​​勅​あり、「​ワレラ​​我等​ ​イチゾク​​一族​にて​ダイヒヤウギ​​大評議​​サダ​​定​​ア​​合​ひたるを​ベルグタイ​​別勒古台​​ツ​​吿​げたる​ユヱ​​故​に、​ワレラ​​我等​​イクサビト​​軍士​ども​ハナハ​​甚​​ソンシツ​​損失​せり。この​ノチ​​後​ ​ダイヒヤウギ​​大評議​​トコロ​​處​​ベルグタイ​​別勒古台​ ​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ。​ヒヤウギ​​評議​ ​ヲ​​畢​ふるまで​ソト​​外​にある​モノ​​者︀​​ヲサ​​治​めよ。​ヲサ​​治​めて​トウヲウ​​鬭毆​​コト​​事​​タウゾク​​盜賊​ ​サギ​​詐譌​​カヽ​​係​​コト​​事​​サイダン​​裁斷​せよ。​ヒヤウギ​​評議​ ​ヲハ​​畢​らば、​シンシユ​​進酒​​ノ​​飮​みたる​ノチ​​後​に、​ベルグタイ​​別勒古台​​ダアリタイ​​荅阿哩台​(前の荅哩台、卷一 卷三 の荅哩台 斡惕赤斤)​フタリ​​二人​そこに​イ​​入​れ」と​ミコト​​勅​ありき。


§155(05:22:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスゲン カトン​​也速干 合屯​​アネ​​姊​思ひ

 そこに​タタル​​塔塔兒​​エケ チエレン​​也客 扯嗹​​ムスメ​​女​ ​エスゲン カトン​​也速干 合屯​元史 后妃表​エスゲン クワウゴウ​​也速干 皇后​)を​チンギス カガン​​成吉思 合罕​はそこに​ト​​取​れり。​メ​​寵​でられたる​ユヱ​​故​に、​エスゲン カトン​​也速干 合屯​ ​イ​​言​はく「​カガン​​合罕​ ​オンシ​​恩賜​せば、―​ワレ​​我​を[​カン​​罕​の]​ヒト​​人​​モノ​​物​になして​ヤシナ​​畜​​タマ​​給​り。―​ワレ​​我​よりは、​アネ​​姊​ ​エスイ​​也遂​​イ​​云​ふもの​ワレ​​我​より​タカ​​高​​溫都︀兒​く、​カン​​罕​​ヒト​​人​​カナ​​適​へるものなるぞ。この​ゴト​​頃​ ​ムコ​​壻​​ムコ​​壻​とりたりき。​イマ​​今​​ケダシ​​蓋​この​サウドウ​​騒動​​ウチ​​裏​いづくにか​サ​​去​れらん」と​イ​​云​へり。この​コトバ​​言​につき、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​イ​​言​はく「​ナンヂ​​汝​​アネ​​姊​​ナンヂ​​汝​より​ヨ​​善​くあるならば、​タヅ​​尋​ねさせん。​アネ​​姊​​キ​​來​なば​サ​​避​けて​アタ​​與​へんか、​ナンヂ​​汝​明譯​アヘテ​​肯​​ヲ​​將​​ナンヂノクラヰ​​你位子​​ユヅリアタフルカ​​讓與麼​)」と​イ​​云​へり。​エスゲン カトン​​也速干 合屯​[150]​イ​​言​はく「​カガン​​可罕​ ​オンシ​​恩賜​せば、​アネ​​姊​​タヾ​​只​ ​ミ​​見​ば、​アネ​​姊​​サ​​避​けん」と​イ​​云​へり。この​コトバ​​言​により、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ミコト​​勅​​ツタ​​傳​へて​タヅ​​尋​ねさせたれば、​メアハ​​妻​されたる​ムコ​​壻​​トモ​​共​​ハヤシ​​林​​イ​​入​りて​ユ​​行​けるに、​ワレラ​​我等​​イクサビト​​軍士​ども​ア​​遇​ひき。​カレ​​彼​​ヲツト​​夫​​ハシ​​走​りき。​エスイ カトン​​也遂 合屯​元史 后妃表​エス クワウゴウ​​也速 皇后​)をそこに​ト​​取​​キ​​來​ぬ。​エスゲン カトン​​也速干 合屯​は、​アネ​​姊​​ミ​​見​ると、​サキ​​先​​イ​​言​へる​コトバ​​言​​シタガ​​遵​ひ、​タ​​起​ちて​スワ​​坐​れる​クラヰ​​位​​ス​​坐​ゑて、その​オノレ​​己​​シタ​​下​​スワ​​坐​れり。​エスゲン カトン​​也速干 合屯​​コトバ​​言​​ナラ​​倣​ひて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​コヽロ​​情​​イ​​入​れて​エスイ カトン​​也遂 合屯​​ト​​取​りて​レツイ​​列位​​ス​​坐​ゑたり。


§156(05:24:08)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エスイ カトン​​也遂 合屯​​ムコ​​壻​の殺︀され

 ​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​トラ​​虜︀​​ヲ​​畢​へて、​ヒトヒ​​一日​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​ソト​​外​​スワ​​坐​りて​サケ​​酒​ ​ノ​​飮​​ア​​合​ふに、​エスイ カトン​​也遂 合屯​​エスゲン カトン​​也速干 合屯​ ​フタリ​​二女​​アヒダ​​閒​​スワ​​坐​りて​サケ​​酒​ ​ノ​​飮​​ア​​合​​ヲ​​居​​トキ​​時​​エスイ カトン​​也遂 合屯​ ​オホイ​​大​​ナゲ​​歎​きたり。そこに​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​コヽロ​​心​​オモ​​想​ひて(明譯​ギワクシテ​​疑惑了​)、​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合里​ ​ラ​​等​ ​クワンニン ドモ​​官人 眾​​ヨ​​喚​びて​コ​​來​させて​イ​​言​はく「​ナンヂラ​​汝等​​コ​​此​​タヾ​​只​ ​アツマ​​聚​れる​ヒト​​人​ ​スベ​​都︀​てにて​ブラク​​部落​ ​ブラク​​部落​​タ​​立​て。​オノレ​​己​より​コト​​別​なる​ブラク​​部落​​ヒト​​人​​ベツ​​別​​ハナ​​離​れしめよ」と​ミコト​​勅​ありき。かく​ブラク​​部落​ ​ブラク​​部落​​タ​​立​ちたれば、​ヒトリ​​一人​​トシワカ​​年少​​ヨ​​善​​サワヤ​​爽​かなる​ヒト​​人​​ブラク​​部落​どもより​ベツ​​別​​タ​​立​てり。「​ナンヂ​​汝​​ナニビト​​何人​なるか」と​イ​​云​へば、その​ヒト​​人​ ​イ​​言​はく「​タタル​​塔塔兒​​エケ チエレン​​也客 扯嗹​​エスイ​​也遂​​イ​​云​​ムスメ​​女​​アタ​​與​へられたる​ムコビト​​壻人​なりき、​ワレ​​我​​テキ​​敵​​トラ​​虜︀​へらるゝ​トキ​​時​​ハク​​伯​れて​ノガ​​逃​れて​ユ​​行​きて、​イマ​​今​ ​シヅマ​​鎭​れるぞとて​キ​​來​て、あまたの​ヒト​​人​​ナカ​​中​ ​ナン​​何​​ミト​​認​められんと​イ​​云​[151]​ユ​​行​きけり」と​イ​​云​へり。この​コトバ​​言​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​マウ​​奏​したれば、​ミコト​​勅​あり「​タヾ​​只​ ​マタ​​又​ ​テキ​​敵​せんと​オモ​​思​ひて​ヌスビト​​劫賊​となりて​ユ​​行​きけり。​イマ​​今​ ​ナニ​​何​​ウカヾ​​窺​ひにか​キ​​來​し。​カレ​​彼​​ゴト​​如​​モノ​​者︀​どもは、​シヤカツ​​車轄​​クラ​​比​べたり。​ナニ​​何​​ウタガ​​疑​はん。​メ​​目​​カゲ​​背處​目に見えぬ處)に​ス​​棄​てよ」と​イ​​云​へり。​ツイ​​尋​​キ​​斬​らしめたり。


§157(05:27:02)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​​メルキト​​篾兒乞惕​ 征伐

 その​イヌ​​狗​​トシ​​年​​チンギス カガン​​成吉思 合罕​「の」は、原文に「を」なる宜と誤れり。​タタル​​塔塔兒​​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​したる​トキ​​時​​ワンカン​​王罕​は、​メルキト​​篾兒乞惕​​タミ​​民​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​して、​トクトア ベキ​​脫黑脫阿 別乞​​バルクヂン トクム​​巴兒忽眞 脫窟木​親征錄 元史​バルフヂン ノ ハサマ​​巴兒忽眞 之 隘​卷一の闊勒 巴兒忽眞 脫古木)に​オ​​逐​ひて、​トクトア​​脫黑脫阿​​オホイコ​​大子​ ​トグス ベキ​​脫古思 別乞​親征錄​トクス ベギ​​土居思 別吉​)を​コロ​​殺︀​して、​トクトア​​脫黑脫阿​​クトクタイ​​忽禿黑台​ ​チヤアルン​​察阿㖮​ ​フタリ​​二女​なる​カレ​​彼​​ムスメ​​女​ども、(親征錄​フドタイ​​忽都︀台​ ​チヤルフン​​察勒渾​ ​ニハトン​​二哈敦​女の名を合屯の名と誤れり。​カレ​​彼​​キサキ​​妃​どもを​ト​​取​りて、​クト​​忽圖​​チラウン​​赤剌溫​親征錄​ホド​​和都︀​​チラウン​​赤剌溫​​フタリ​​二人​なる​カレ​​彼​​コ​​子​どもを​タミ​​民​ごめに​トラ​​虜︀​へて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ナニ​​何​​アタ​​與​へざりき。


§158(05:28:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チンギス カン​​成吉思 汗​ ​ワンカン​​王罕​​ナイマン​​乃蠻​ 征伐

 その​ノチ​​後​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワンカン​​王罕​ ​フタリ​​二人​​ナイマン​​乃蠻​​グチユグト​​古出古惕​乃蠻の分部の名、卷四の古出兀惕 乃蠻)の​ブイルク カン​​不亦嚕黑 罕​​トコロ​​處​​シユツセイ​​出征​して、​ウルクタク​​兀魯黑塔黑​親征錄​ウルタ ザン​​兀魯塔 山​)の​ソゴク ウスン​​鎖豁黑 兀孫​鎖豁黑の水。親征錄​シヨカ ガハ​​莎合 水​今の科布多 河の上流なる索果克 河)に​ヲ​​居​​トコロ​​處​​イタ​​到​りて、​ブイルク カン​​不亦嚕黑 罕​​タイヂン​​對陣​する​アタ​​能​はずして、​アルタイ ザン​​阿勒台 山​今の科布多 城の西南なる阿爾泰の東南幹山)を​コ​​越​​ウゴ​​動​きたり。​ソゴク ガハ​​鎖豁黑 水​より​ブイルク カン​​不亦嚕黑 罕​​オソ​​襲​ひて、​アルタイ ザン​​阿勒台 山​​コ​​越​えさせ、​クムセンギル​​忽木升吉兒​[152]​ウロング ガハ​​兀嚨古 河​劉郁の西使記の龍骨 河、西域 水道記の烏隆︀古 河)に​シタガ​​沿​​オ​​追​ひて​ユ​​行​く時、​エデ トブルク​​也廸 土卜魯黑​親征錄 元史​エデ トボル​​也的 脫孛魯​)と​イ​​云​​カレラ​​彼等​​クワンニン​​官人​ ​モノミ​​斥候​​ユ​​行​きて、​ワレラ​​我等​​モノミ​​斥候​​オ​​追​はれて、​ヤマ​​山​​ウヘ​​上​​ハシ​​走​らんとし、​ハラオビ​​肚帶​​タ​​斷​たれて、そこに​トラ​​拏​へられき。​ウロング ガハ​​兀嚨古 河​​シタガ​​沿​​オ​​追​ひて、​キシルバシ ナウル​​乞失勒巴失 納兀兒​乞失勒巴失の湖、親征錄 元史​ヘシンバシ ノ ノ​​黑辛八石 之 野​西使記の乞則里八寺、水道 提綱の奇薩爾巴思 鄂模、西域 水道記の噶勒札爾巴什 淖爾、また赫色勒巴什 淖爾)に​ハ​​馳​​イタ​​到​りて、​ブイルク カン​​不亦嚕黑 罕​をそこに​キハ​​窮​めたり。


§159(05:29:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​​コヽロガハ​​心變​

 そこより​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワンカン​​王罕​ ​フタリ​​二人​ ​カヘ​​回​りて​ク​​來​​トキ​​時​​ナイマン​​乃蠻​​タヽカ​​戰​ふ(善く戰ふ​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​親征錄 元史​コクセウ サバラ​​曲薛吾 撒八剌​)は、​バイダラク ベルチル​​巴亦荅喇黑 別勒赤兒​に(巴亦荅喇黑の汭 卽ち落合。親征錄​バイダラ ベンヂル ノ ノ​​拜荅剌 邊只兒 之 野​水道 提綱、貝德勒克 河の庫冷 白兒齊爾。蒙古 遊牧記、拜達里克 河の庫倫 伯勒齊爾。この伯勒齊爾は、拜達里克 河と査克 河との落合なり。​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​タヽカ​​戰​はんとしけり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワンカン​​王罕​ ​フタリ​​二人​は、​タヽカ​​戰​はんとて​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​イタ​​到​りて、​ユフグレ​​夕暮​になられて、​アシタ​​朝​​タヽカ​​戰​はんとて​ヂンレツ​​陣列​にて​ヤド​​宿​れり。そこに​ワンカン​​王罕​その​ヂンシヨ​​陣處​​ヒ​​火​​タ​​燒​かせて、​ヨル​​夜​ ​スナハ​​便​​カラ セウル ガハ​​合喇 薛兀勒 河​に(親征錄​ハ セウリ ガハ​​哈 薛兀里 河​哈の下、剌の字脫ちたり。​サカノボ​​泝​りて​ウゴ​​動​きけり。


§160(05:30:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​​ザンゲン​​讒言​

 そこに​ヂヤムカ​​札木合​は(闊亦田の戰に敗れ、額兒古捏 河にて王罕に降りてより、王罕の伴となりて居たれば、​ワンカン​​王罕​​トモ​​共​​ウゴ​​動​​ア​​合​ひて​ユ​​行​​トキ​​時​​ワンカン​​王罕​​ヂヤムカ​​札木合​ ​イ​​言​へらく「​テムヂン​​帖木眞​なる​ワ​​我​​アンダ​​安荅​は、​サキ​​先​より​ナイマン​​乃蠻​​トコロ​​處​​シヘイ​​使聘​ありき。​イマ​​今​​コ​​來​ず。​カン​​罕​​カン​​罕​​ヲ​​居​​阿忽​​ハクレイジヤク​​白翎雀​にて​ワレ​​我​はあるぞ。​ワタ​​渡​​阿只剌忽​​コクテンジヤク​​吿天雀​[153]にて​ワ​​我​​アンダ​​安荅​はあり。​ナイマン​​乃蠻​​ユ​​往​きしぞ。​トウ​​投​ぜんとして​オク​​後​れたり」と​イ​​云​ひき。(親征錄​トキニ​​時​​ヂヤムカ​​札木合​​アリ​​在​​バクカニ​​幕下​​ヒ​​日​​イデヽ​​出​​ノゾミ​​望​​ミ​​見​​ワン​​汪​​カガン​​可汗​​タツル​​立​​キシヲ​​旗幟​​アラザルヲ​​非​​モトノトコロニ​​舊處​​ハセユキ​​馳往​​トヒテ​​問​​コレニ​​之​​イハク​​曰​​ワウ​​王​​チシツセリヤ​​知悉​​イナヤ​​否​​ワガ​​我​​コンテイハ​​昆弟​​ゴトク​​如​​ヤテウノ​​野鳥​​ヨルガ​​依​​ヒトニ​​人​​ツヒニハカナラズトビサラン​​終必飛去​​ワレハ​​余​​ゴトシ​​若​​ハクレイジヤクノ​​白翎鵲​也。​セイ​​棲​​ソクシ​​息​​マクノウヘニ​​幕上​​ナンゾアヘテサランヤ​​寧肯去乎​​ワレカツテ​​我嘗​​イヘリ​​言​​コレヲ​​之​矣。」元史 本紀​ヂヤムカ​​札木合​​マウシテ​言​​ワンハンニ​​汪罕​​イハク​​曰​​ワレハ​​我​​ニ​​於​​キミ​​君​​ナリ​​是​​ハクレイジヤク​​白翎雀​​タニンハ​​他人​​ナル​​是​​カウガン​​鴻雁​​ノミ​​耳​​ハクレイジヤク​​白翎雀​​カンシヨ​​寒暑︀​​ツネニ​​常​​アリ​​在​​キタノカタニ​​北方​​カウガンハ​​鴻雁​​アハヾ​​遇​​カンニ​​寒​、則​ミナミニトビ​​南飛​​ツカン​​就​​ダンニ​​暖​​ノミ​​耳​。」

​ハクレイジヤク​​白翎雀​​コクテンジヤク​​吿天雀​

​コヽロハ​​意​​イヘル​​謂​​テイノコヽロ​​帝心​​ズト​​不​​ベカラ​​可​​タモツナリ​​保也​白翎雀は、豪語​カユルガナ​​合余嚕合納​明譯 白翎雀兒、訶渥兒斯の重譯 雪鳥。搠米惕の字書​カイラガナ​​孩喇合納​鷗と譯し、果勒思屯思奇の字書​カイルガナ​​孩兒合納​海︀鷗と譯せり。今 元史に從へり。輟耕錄 卷の二十に「白翎雀、生於烏桓朔漠之地、雌雄和鳴、自得其樂」とあり。吿天雀は、蒙語​ビルドウル​​必勒都︀兀兒​明譯 吿天雀兒、訶渥兒斯の重譯 野鵞 卽ち雁類︀、洪鈞の重譯 寒暑︀ 異棲 之 鳥、明の茅元儀の武備志なる韃靼 方言に叫天兒を賓︀堵兒と云ふとある賓︀堵兒は、卽ち必勒都︀兀兒なり。爾雅の釋鳥に「鷚、天鷦。」その郭注に「大如鷃雀、色似鶉、好高飛作聲。江東呼爲天鷚。」正字通に「鷚、俗呼吿天鳥。其鳴如龠、形醜善鳴、聲高多韻。」至順 鎭江府志に「噪天、又名吿天、似雀而稍大。愈鳴、則飛愈高。力乏、則自空投地、伏於草中。」方濬頣の夢園 叢說に「叫天子、栖海︀濱叢草之中。遇天中晴︀朗︀、飛鳴直上雲霄、連緜不已。翻身而下、終朝若是。」吿天雀も叫天兒も天鸙も天鷚も噪天も吿天も叫天子も、みな鷚の異名にして、我がひばり卽ち雲雀なり。元史の鴻鴈 訶渥兒斯の雁類︀にても文義は通ずれども、原語の意とは異なり。​ヂヤムカ​​札木合​のこの​コトバ​​言​につき、​ウブチクタイ​​兀卜赤黑台​喇失惕の集史​ウブチル​​兀卜赤兒​紅果の名。古𡂰 顏 赤きが故に號とせりと云ふ。​グリン バアトル​​古𡂰 巴阿禿兒​親征錄​グリン バード​​曲憐 拔都︀​​イ​​言​はく「​ヘツラ​​諂​ひて​ナン​​何​​カ​​彼​​ヨ​​善​​アニオトヽ​​兄弟​​ザン​​讒​​イ​​言​へる」と​イ​​云​へり。


§161(05:31:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​チンギス カン​​成吉思 汗​の離れ還り

 ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ヨル​​夜​はすぐ​ソコ​​其處​​ヤド​​宿​りて、​タヽカ​​戰​はんとて​アス​​明日​​アサヒ​​朝日​ ​ア​​明​けて​ワンカン​​王罕​​ヂンシヨ​​陣處​​ミ​​見​れば、​ナ​​無​くなられて、「​コレラ​​此等​は、​ワレラ​​我等​​ヤキメシ​​燒飯︀​しけり(明譯​カレハ​​他​​ヲ​​將​​ワレ​​我​​ナシテ​​做​​ヤキメシノゴトク​​燒飯︀般​​ステタリ​​撇了​喇失惕の史には、我 今 火坑の中に在るを王李 棄てたり。親征錄には此輩無乃異志)」と​イ​​云​ひて、そこより[154]​チンギス カガン​​成吉思 可罕​​ウゴ​​動​きて、​エデル アルタイ​​額迭兒 阿勒台​​カハマタ​​汭​卽ち落合)にて​ワタ​​渡​りて(親征錄​エデル アンタイ ガハ​​也迭而 案臺 河​この河の名は、阿爾泰 山の東北幹山なる唐努 嶺の東麓より出づる伊第爾 河 また額德爾 河に同じく、その河股は、額德爾 河と齊拉圖 河との落合を指せるに似たり。されども色楞格 河の上流の地は、この時 乃蠻の塔陽 罕に屬して、その勢 未だ衰へざれば、蒙古の兵そこを通るに由なし。又その地は、拜達里克 河の河股の北 三度ほどにあれば、拜達里克 河より土拉 河の方に向はんとする時、道を曲げてそこを通るべき筈なし。されば名の同じきは偶然の事にして、成吉思 汗の渡れる河は、他の處にあるべし。)その​ウゴ​​動​きたるに​ヨ​​依​​ウゴ​​動​きて、​サアリ ケエル​​撒阿哩 客額兒​〈[#ルビの「サアリ ケエル」は底本では「サアリ エケル」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉​ゲバ​​下馬​せり。(親征錄​サリ セン​​撒里 川​客額兒は原にて、川も河を中にせる原なり。元史に薩里 河と書きたるは、非なり。) それより​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​カツサル​​合撒兒​ ​フタリ​​二人​は、​ナイマン​​乃蠻​​タイガイ​​大槩​​ミ​​視︀​​ヒト​​人​​カゾ​​算​へざりき。


§162(05:32:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​​ワンカン​​王罕​の襲はれ

 ​コクセウ サブラク​​可克薛兀 撒卜喇黑​は、​ワンカン​​王罕​​シリヘ​​後​より​オソ​​襲​ひて、​サングン​​桑昆​​ツマコ​​妻子​ ​ジンミン​​人民​​ヂウグ​​住具​ごめに​トラ​​虜︀​へて​ヒキ​​率​ゐて、​ワンカン​​王罕​​テレゲト アマサル​​帖列格禿 阿馬撒兒​帖列格禿の口)にある​イツパン​​一半​​ジンミン​​人民​ ​バグン​​馬羣​ ​リヤウシヨク​​糧食​​トラ​​虜︀​へて​ヒキ​​率​ゐて​カヘ​​回​りき。(帖列格禿の口は、卷四なる撒察 泰出の拏へられたる處と名同じ。されども彼の地は、蒙古の南に在り、此の地は、客咧亦惕の西に在れば、同名の異地なるべし。すべて蒙古 地方には、同名の地 甚だ多し。帖列格禿の口も、この二處に限らず。露西亞の地圖に、科布多 城の西に帖列克特 山あり。その山の北に帖列克特 山口と云ふ所あり。これも阿馬撒兒なるべし。されどもその地は、古出兀惕 乃蠻の腹地に在りて、客咧亦惕の民の居るべき所に非ざれば、本文なる隘口は、今 考ふべからず。)その​タヽカヒ​​戰​​ウチ​​中​に、​メルキト​​篾兒乞惕​​トクトア​​脫黑脫阿​​クト​​忽圖​ ​チラウン​​赤剌溫​なる​フタリ​​二人​​コ​​子​そこに​ヲ​​居​り、その​タミ​​民​​ヒキ​​率​ゐて​ハナ​​離​れて、その​チヽ​​父​​ア​​合​はんと、​セレンゲ ガハ​​薛涼格 河​​シタガ​​沿​​ウゴ​​動​きけり。


§163(05:33:06)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​ ​サングン​​桑昆​を救へる​シケツ​​四傑​

 ​コクセグ サブラク​​可克薛古 撒卜喇黑​前の可克薛兀 撒卜喇黑)に​カス​​掠​められて、​ワンカン​​王罕​は、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​りき。​ツカヒ​​使​​ヤ​​遣​るに「​ナイマン​​乃蠻​​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​ツマコ​​妻子​​トラ​​虜︀​へられたり、​ワレ​​我​​コ​​子​[なる​ナンヂ​​汝​]より​ナンヂ​​汝​[155]​ドルベン クルウト​​朶兒邊 曲魯兀惕​を(四つの駿良。元史 兵志また木華黎の傳に「掇里班 曲律、猶四傑也。」とあり。​モト​​求​めて​ヤ​​遣​りぬ、​ワレ​​我​​ワ​​我​​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へよ」と​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りき。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、そこに​ボオルチユ​​孛斡兒出​​ムカリ​​木合里​卷三の模合里〈[#「卷三の模合里」はママ。実際は卷四が初出]〉)、​ボロクル​​孛囉忽勒​卷三の孛囉兀勒。〈[#「卷三の孛囉兀勒」はママ。実際は卷四が初出]〉)、​チラウン バアトル​​赤剌溫 巴阿禿兒​卷二の赤老溫。親征錄​ボオルチユ ノヤン​​博爾朮 那顏​​ムホアリ コクワウ​​木華黎 國王​​ボロフン ノヤン​​博羅渾 那顏​​チラウン バード​​赤老溫 拔都︀​)この​シケツ​​四傑​​イクサ​​軍​​トヽノ​​整​へて​ヤ​​遣​りぬ。この​シケツ​​四傑​​イタ​​到​らする​マヘ​​前​に、​クラアンクト​​忽剌安忽惕​親征錄​フラカ ザン​​忽剌河 山​)にて​サングン​​桑昆​​タイヂン​​對陣​となり、その​ウマ​​馬​ ​モヽ​​腿​​イ​​射​られて​トラ​​捕​へられんとして​ヲ​​居​​トコロ​​處​へ、この​シケツ​​四傑​ ​イタ​​到​りて​スク​​救​ひて、​ジンミン​​人民​ ​ヂウグ​​住具​ ​ツマコ​​妻子​ ​スベ​​都︀​てを​スク​​救​ひて​アタ​​與​へたり。

​ワンカン​​王罕​の感謝

そこに​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​サキ​​曩​​カレ​​彼​​ヨ​​善​​チヽ​​父​にかくの​ゴト​​如​​サ​​去​​ヲ​​畢​へたる​ブシウ​​部眾​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へられき。​イマ​​今​ ​マタ​​又​その​コ​​子​​サ​​去​​ヲ​​畢​へたる​ワ​​我​​ブシウ​​部眾​​シケツ​​四傑​​キ​​來​​スク​​救​ひて​アタ​​與​へられたり。​オン​​恩​​カヘ​​報​さんことを​アマツカミ​​皇天​ ​クニツカミ​​后土​​イウゴ​​祐︀護​ ​シロ​​知​しめせ」と​イ​​云​へり。


§164(05:35:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ワンカン​​王罕​ ​チンギス カン​​成吉思 汗​の父子の盟約

 ​マタ​​又​ ​ワンカン​​王罕​ ​イ​​言​はく「​エスガイ バアトル​​也速該 巴阿禿兒​なる​ワ​​我​​アンダ​​安荅​は、​サ​​去​りたる​ワ​​我​​ブシウ​​部眾​​ヒト​​一​たび​スク​​救​ひて​アタ​​與​へたり。​テムヂン​​帖木眞​ ​コ​​子​は、​マタ​​又​ ​サ​​去​りたる​ワ​​我​​ブシウ​​部眾​​スク​​救​ひて與へたり。この​オヤコ​​父子​ ​フタリ​​二人​​サ​​去​​ヲ​​畢​へたる​ブシウ​​部眾​​ワレ​​我​​ヲサ​​收​めて​アタ​​與​へたるは、​タレ​​誰​​マヘ​​前​に(誰が爲に​ヲサ​​收​めて​アタ​​與​へんと​ホネヲ​​骨折​りたらん。​ワレ​​我​​イマ​​今​ ​オ​​老​​斡脫勒​いたり。​ワレ​​我​ ​オ​​老​​斡脫勒​いて​タカ​​高​​溫都︀惕​​トコロ​​處​)に​ノボ​​上​らば。​フ​​古​​合兀赤惕​りたり、​ワレ​​我​​フ​​古​​合兀赤惕​りて​サンガイ​​山崖​​合勒都︀惕​墓地)に​ノボ​​上​らば、​アマネ​​普​​合木黑​​ブシウ​​部眾​​タレ​​誰​​虔​​ウシハ​​管​かん。​ワ​​我​​オトヽ​​弟​どもは、​トクカウ​​德行​[156]​ナ​​無​くあり、​ワ​​我​​ヒトリコ​​獨子​​ナ​​無​きが​ゴト​​如​​サングン​​桑昆​ ​ヒトリ​​獨​あり。​テムヂン​​帖木眞​ ​コ​​子​​サングン​​桑昆​​アニ​​兄​となして、​フタリ​​二人​​コ​​子​あるとなりて、​ヤスラ​​休​はん」と​イ​​云​ひて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​と、​ワンカン​​王罕​​トウラ​​土兀剌​​カラトン​​合喇屯​親征錄、土兀剌 河 上 黑林 閒)に​クワイ​​會​して、​オヤコ​​父子​​イ​​云​​ア​​合​ひたり。​オヤコ​​父子​​イ​​云​​ア​​合​へる​コトノモト​​理由​は、​サキ​​先​​サキ​​前​​ヒ​​日​ ​エスガイ カン エチゲ​​也速該 罕 額赤格​と、​ワンカン​​王罕​​アンダ​​安荅​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​エンコ​​緣故​にて、​チヽ​​父​​ゴト​​如​しと​イ​​云​ひて、​オヤコ​​父子​​イ​​云​​ア​​合​ひたる​コトノモト​​理由​かくあり。

盟約の​コトバ​​辭​

​コトバ​​言​誓の辭)を​イ​​言​​ア​​合​へらく「​オホ​​多​​斡欒​​テキ​​敵​​トコロ​​處​​ハシ​​奔​​哈兀魯㖮​るには、​トモ​​共​​ヒト​​一​つに​ハシ​​奔​​哈兀魯牙​らん。​ノ​​野​​斡囉阿​​ケダモノ​​獸​​トコロ​​處​​マキガリ​​圍獵​​阿巴剌㖮​するには、​ヒト​​一​つに​トモ​​共​​マキガリ​​圍獵​​阿巴剌牙​せん」と​イ​​云​​ア​​合​へり。​マタ​​又​ ​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​ワンカン​​王罕​ ​フタリ​​二人​ ​イ​​言​​ア​​合​へらく「​ワレラ​​我等​ ​フタリ​​二人​を妬みて、​キバ​​牙​​速都︀​ある​ヘビ​​蛇​​ソヾノカ​​唆​​雪都︀兒帖​〈[#ルビの「ソヾノカ」はママ。昭和18年復刻版も同じ。以後の同じルビ「ソヾノカ」はすべてママ]〉されば。[​カレ​​彼​の]​ソヾノカ​​唆​​雪都︀兒堅​しに​ナ​​勿​ ​イ​​入​りそ。​キバ​​牙​​速都︀額兒​にて​クチ​​口​にて​イ​​言​​ア​​合​ひて​シン​​信​ぜん。​オホキ​​大牙​​阿喇阿​ある​ヘビ​​蛇​​リカン​​離閒​​阿荅兒荅​せられば、​カレ​​彼​​リカン​​離閒​​阿荅兒罕​​ナ​​勿​ ​ト​​取​​阿不勒察​​ア​​合​ひそ。​クチ​​口​​阿馬阿兒​にて​シタ​​舌​にて​アカ​​證​​ア​​合​ひて​シン​​信​ぜん」と​イ​​云​ひ、かく​コトバ​​言​​キ​​極​​ア​​合​ひて、​シタシ​​親​みて​ス​​住​​ア​​合​へり。


§165(05:38:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


婣談の不協

 ​シタ​​親​しき​ウヘ​​上​​カサ​​重​ねて​シタ​​親​しくならんと​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​オモ​​思​ひて、​ヂユチ​​拙赤​成吉思 汗の長子。親征錄 元史​チユチ​​朮赤​)に​サングン​​桑昆​​イモト​​妹​ ​チヤウル ベキ​​察兀兒 別乞​親征錄 元史 ​チヤウル ベキ​​抄兒 伯姫​)を​モト​​索​むるに、​サングン​​桑昆​​コ​​子​ ​トサカ​​禿撒合​に(親征錄、汪 可汗 之 孫 禿撒合。元史は、孫を子と誤れり。​ワレラ​​我等​​ゴヂン ベキ​​豁眞 別乞​親征錄 元史​ホアヂン ベキ​​火阿眞 伯姫​元史 公主表、太祖︀ 女 昌國 大長公主 火臣 別吉)を​カ​​換​​ア​​合​いて​アタ​​與​へんとて​モト​​索​むれば、そこに​サングン​​桑昆​​オノレ​​己​​オホ​​大​きく​オモ​​思​ひて​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​​シンゾク​​親屬​​カレラ​​彼等​​トコロ​​處​​ユ​​往​かば、[157]​モンゴ​​門後​​タ​​立​ちて​モツパラ​​專​​シヤウメン​​正面​​ノゾ​​望​むなり。(明譯​ワレラノ ムスメ​​俺的 女子​ ​イタラ​​到​​カレノイヘニ​​他家​​バ​​呵​​センイチモンゴニ​​專一門後​ ​ムカヒ​​向​​キタニ​​北​​タヽン​​立​​チニ​​地​卑辱なるを云ふ。​カレラ​​彼等​​シンゾク​​親屬​​ワレラ​​我等​​トコロ​​處​​コ​​來​ば、​シヤンメン​​正面​​スワ​​坐​りて​モンゴ​​門後​​ノゾ​​望​むなり(明譯​カレノムスメ​​他的女子​​イタラ​​到​​ワレラノイヘニ​​俺家​​バ​​呵​​シヤウメンニ​​正面​​ムカヒ​​向​​ミナミニスワラン​​南坐​尊榮なるを云ふ。)」とて、​オノレ​​己​​オホ​​大​きく​オモ​​思​ひて、​ワレラ​​我等​​ミクダ​​見下​​イ​​言​ひて​チヤウル ベキ​​察兀兒 別乞​​アタ​​與​へず、​シタシ​​親​まざりき。その​コトバ​​言​にて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​コヽロ​​心​​ウチ​​內​​ワンカン​​王罕​​ニルカ サングン​​你勒合 桑昆​桑昆の全名なり。親征錄​イラカ セングン​​亦剌合 鮮昆​​フタリ​​二人​​コヽロ​​心​ ​オク​​後​れけり。(心 進まず協はざるを云ふ。


§166(05:40:01)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​ヂヤムカ​​札木合​ 等の協議 ​ザンゲン​​讒言​

 かく​コヽロ​​心​ ​オク​​後​れたるを​ヂヤムカ​​札木合​ ​サト​​覺​りて、​ヰ​​猪︀​​トシ​​年​我が 建仁 三年 癸亥、金の泰和 三年、宋の嘉泰 三年、西紀 一二三〇年、成吉思汗 四十二歲の時)の​ハル​​春​​ヂヤムカ​​札木合​​アルタン​​阿勒壇​​クチヤル​​忽察兒​​カルダキダイ​​合兒荅乞歹​​エブゲヂン​​額不格眞​​ノヤキン​​那牙勤​、(合兒荅乞歹 以下 三名は、明譯に皆 種族の名とせり。那牙勤 氏は、篾年 土敦の子 合臣の裔なり。​シエゲエタイ​​雪格額台​​トオリル​​脫斡哩勒​、(親征錄​トーリン​​脫憐​成吉思 汗の祖︀先の家奴の裔なり。卷六に見ゆ。​ガチウン ベキ​​合赤溫 別乞​、(成吉思 汗の弟なる合赤溫と異なり。​カレラ​​彼等​ ​トモ​​共​​ヒト​​一​つの​ケフギ​​協議​をなして、​タ​​起​ちて​ユ​​往​きて、​ヂエヂエエル ウンドル​​者︀者︀額兒 溫都︀兒​者︀者︀額兒の高地。親征錄​チエチエル ウンド ザン​​徹徹兒 運都︀ 山​元史 折折 運都︀山。明史 韃靼の傳なる徹徹兒 山、水道 提綱 哈納哈達 山の東北なる徹徹 山に音は似たれども、いかゞあらん。)の​カゲ​​陰​​ベレケ エレト​​別兒客 額列惕​困難︀なる沙漠。親征錄​ベリケ サダ​​別里怯 沙陀​)に​ニルカ サングン​​你勒合 桑昆​​トコロ​​處​​ユ​​往​きて、​ヂヤムカ​​札木合​ ​ザン​​讒​して​イ​​言​はく「​テムヂン​​帖木眞​なる​ワ​​我​​アンダ​​安荅​は、​ナイマン​​乃蠻​​タヤン カン​​塔陽 罕​不亦嚕黑 罕の兄。親征錄​タヤン カガン​​太陽 可汗​元史 太陽 罕)の、​トコロ​​處​​デンゴン​​傳言​あり​ツカヒ​​使​あるなり。​カレ​​彼​​クチ​​口​​阿蠻​には​オヤコ​​父子​​イ​​云​ひて​ヲ​​居​り、​カレ​​彼​​セイカウ​​性行​​阿不里​​ベツ​​別​なり。​イシン​​倚信​して​ヲ​​居​るなリ、​ナンヂラ​​汝等​​マヅ​​先​ ​ハカ​​圖​らずば、​ナンヂラ​​汝等​​ナニ​​何​​シタガ​​從​はん。​テムヂン​​帖木眞​ ​アンダ​​安荅​​トコロ​​處​​シユツバ​​出馬​せば、​ワレ​​我​​ヨコ​​橫​より​イ​​入​​ア​​合​はん」と​イ​​云​ひき。​アルタン​​阿勒壇​[158]​クチヤル​​忽察兒​ ​フタリ​​二人​ ​イ​​言​はく「​ワレラ​​我等​は、​ホエルン エケ​​訶額侖 額客​​コ​​子​を、​アニ​​兄​​阿合​をば​コロ​​殺︀​​阿剌​して、​オトヽ​​弟​​迭兀​をば​ス​​棄​​帖卜赤​てて​アタ​​與​へん」と​イ​​云​ひき。​エブゲヂン​​額不格眞​​ノヤキン​​那牙勤​​カルタアト​​合兒塔阿惕​前の合兒荅乞歹。乞と阿と何れか誤りあらん。​イ​​言​はく「​カレ​​彼​​テ​​手​​合兒​​テト​​手取​​合兒荅​りて、​カレ​​彼​​アシ​​足​​闊勒​​アシト​​足取​​闊勒迭​りて​アタ​​與​へん」と​イ​​云​ひき。​トオリル​​脫斡哩勒​ ​イ​​言​はく「​オモ​​思​ふに、​ユ​​往​きて​テムヂン​​帖木眞​をその​ブシウ​​部眾​​ト​​取​らん。​ブシウ​​部眾​​ト​​取​られば、​ブシウ​​部眾​ ​ナ​​無​くならば、​ナニ​​何​をかせん、​カレラ​​彼等​」と​イ​​云​ひき。​カチウン ベキ​​合赤溫 別乞​ ​イ​​言​はく「​ニルカ サングン​​你勒合 桑昆​なる​コ​​子​​ナンヂ​​汝​ ​ナニ​​何​をか​オモ​​思​はば、​ナガ​​長​​兀兒禿​​コズヱ​​梢​​兀主兀兒​​フカ​​深​​古訥​​ソコ​​底​​希喇兀兒​​イタ​​到​​古嚕勒扯速​​ア​​合​はん」と​イ​​云​ひて、


§167(05:42:05)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​サングン​​桑昆​の繰言に迷へる​ワンカン​​王罕​の優柔

 ​コレラ​​此等​​コトバ​​言​​イ​​言​はれて、​ニルカ サングン​​你勒合 桑昆​は、​チヽ​​父​​ワンカン​​王罕​​カレラ​​彼等​​コトバ​​言​​サイカン トデエン​​撒亦罕 脫迭延​親征錄​サイカン トトゲン​​寨罕 脫脫干​)もて​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​りき。​コレラ​​此等​​コトバ​​言​​イ​​言​はれて、​ワンカン​​王罕​ ​イハ​​言​く「​ワ​​我​​コ​​子​​テムヂン​​帖木眞​​ナン​​何​ぞかく​オモ​​思​へる、​ナンヂラ​​汝等​​イマ​​今​まで​セワ​​世話​​カレ​​彼​より​ナ​​爲​りて​ヰ​​居​て、​イマ​​今​ ​ワ​​我​​コ​​子​をかく​ワロ​​惡​​オモ​​思​はば、​アマツカミ​​上帝​​イツクシ​​愛​まれざらん、​ワレラ​​我等​​ヂヤムカ​​札木合​は、​ウロツキ​​走作​​コトバ​​言​ある[​ヒト​​人​]なりき。とやかくや(蒙語​ヂヨブウ タブウ​​勺不兀 塔不兀​​イ​​言​ふなり(明譯​ヂヤムカ​​札木合​ ​ノ​​的​ ​ゲンゴハ​​言語​​キヤウタンニシテ​誑誕​​ズ​​不​​ベカラ​​可​​シンズ​​信​親征錄​ヂヤムカ​​札木合​​カウゲンニシテ​巧言​​スクナシ​​寡​​シン​​信​​ヒト​​人​​ナリ​​也​​ズ​​不​​タラ​​足​​シンズルニ​​信​)」と​イ​​云​ひて、​ヨロコ​​喜​ばずして​ヤ​​遣​りき。​マタ​​又​ ​サングン​​桑昆​ ​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​るに「​クチ​​口​あり​シタ​​舌​ある​ヒト​​人​ ​イ​​言​​ヲ​​居​るに、​ナン​​何​​シン​​信​ぜられざらん」とて​クリカヘ​​繰返​​イ​​言​ひて​ヤ​​遣​りて、​キ​​聽​かれずして、​オノレ​​己​ ​ミ​​身​づから​ユ​​往​きて​イハ​​言​く「​カツ​​且​ ​ナムチ​​爾​がかくある​トキ​​時​すら、​ワレラ​​我等​​ナニ​​何​とも​ナ​​爲​さざるなり(明譯​ナムチ​​你​ ​イマ​​如今​ ​マノアタリニアレドモ​​見存​​カレハワレラ​​他俺​[159]​ヲ​​行​ ​ズ​​不​​アテ​​當​​カズニ​​數​)。​マコト​​誠​​マタ​​又​ ​カン エチゲ​​罕 額赤格​​ナムチ​​爾​​シロ​​白​​察合阿納​​ツ​​搶​​撒察阿速​かば、​クロ​​黑​​合喇荅​​ムセ​​噎​​合合阿速​ばば(詞どほりに譯したれども、解し得ず。蓋 上の句は、病むを云ひ、下の句は、死ぬるを云ふならん。明譯には​モシ​​若​ ​チヽオヤ​​父親​ ​オイナバ​​老了呵​)、​クルチヤクス ブイルク カン​​忽兒察忽思 不亦嚕黑 罕​なる​ナムチ​​爾​​チヽ​​父​​シンク​​辛苦​してかく​ヲサ​​收​めて​ヰ​​居​たる​ナムチ​​爾​​ブシウ​​部眾​​ワレラ​​我等​​ウシハ​​管​かしめんや。​タレ​​誰​にも​ナン​​何​​ウシハ​​管​かしめんや」と​イ​​云​へり。その​イ​​言​​ワンカン​​王罕​ ​イハ​​言​く「​ワ​​我​​ワラハ​​童​ ​ワ​​我​​コ​​子​桑昆)をいかんぞ​ス​​捨​てん。​イマ​​今​まで​セワ​​世話​​カレ​​彼​より​ナ​​爲​りて、​アシ​​惡​​オモ​​思​はば、​ヨ​​善​からんや。​アマツカミ​​上帝​​イツクシ​​愛​まれざらん、​ワレラ​​我等​」と​イ​​云​ひき。その​コトバ​​言​​カレ​​彼​​コ​​子​ ​ニルカ サングン​​你勒合 桑昆​​ウレ​​憂​へて、​カド​​門​​イ​​出​でて​サ​​去​りき。​カヘツ​​却​てその​コ​​子​ ​サングン​​桑昆​​コヽロ​​心​​アハレ​​憐​みて、​ヨ​​喚​びて​コ​​來​させて、​ワンカン​​王罕​ ​イハ​​言​く「​アマツカミ​​上帝​に、​ケダシ​​蓋​ ​イツクシ​​愛​まれん、​ワレラ​​我等​​コ​​子​をいかんぞ​ス​​捨​てんと​イ​​云​へり。​ナンヂラ​​汝等​ ​ヨ​​能​​タヾ​​但​ ​トリハカ​​取計​らへ。​ナンヂラ​​汝等​ ​シ​​知​れ(明譯​テン​​天​ ​ケダシ​​莫不​ ​ザラン​​不​​アイゴセ​​愛護​​ヤ​​麼​​コ​​兒子​ ​ヲ​​行​ ​ナンヂラヲ​​您​ ​イカンゾ​​怎生​ ​ベケン​​要​​スツ​​棄捨​​ナンヂラ​​您​ ​タヾ​​但​ ​サリテ​​去​ ​ナセ​​做​​カチ​​勝​​ウ​​得​​カレニ​​他​​ノコトヲ​​的事​​ナンヂラミヅカラシルベシ​​您自知者︀​)」と​イ​​云​ひき。(元史 忠義 伯八の傳に、王罕を怯列王可汗と、桑昆を先髠と書けり。


§168(05:45:07)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


だましうちの陰謀

 それより​サングン​​桑昆​ ​イ​​言​はく「​カレラ​​彼等​こそは、​ワレラ​​我等​​チヤウル ベキ​​察兀兒 別乞​​モト​​索​めたりけれ。​イマ​​今​ ​キヨコン​​許婚​​アヘ​​饗​蒙語​ブウルヂヤル​​不兀勒札兒​元史​ブフンチヤル​​布渾察兒​原注に許親酒)を​ク​​喫​ひに​コ​​來​よとて、​ヒ​​日​​ヤク​​約​して​ヨ​​喚​びて​キ​​來​させてそこに​トラ​​拏​へん」と​イ​​云​​ア​​合​ひて、​シカ​​然​りとて​ケフギ​​協議​​キ​​極​​ア​​合​ひて、「​チヤウル ベキ​​察兀兒 別乞​​アタ​​與​へん。​キヨコン​​許婚​​アヘ​​饗​​ク​​喫​ひに​キ​​來​よ」とて​ヤ​​遣​りぬ。​ヨ​​喚​ばれて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​トタリ​​十人​にて​ユ​​往​くに、

​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​​ケイコク​​警吿​

​ミチ​​途​にて​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​親征錄​メリゲ​​蔑里哥​また​メリ エチケ​​蔑力 也赤可​伯八の傳 明里 也赤哥)の​イヘ​​家​[160]​ヤド​​宿​れば、そこに​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​ ​イ​​言​はく「​チヤウル ベキ​​察兀兒 別乞​​モト​​索​むれば、​カレラ​​彼等​こそは、​ワレラ​​我等​​ミクダ​​見下​して​アタ​​與​へざりけれ。​イマ​​今​いかんぞ​コト​​特​​キヨコン​​許婚​​アヘ​​饗​​ク​​喫​ひにとて​ヨ​​喚​びし。​オノレ​​己​​オホ​​大​きくなせる​ヒト​​人​​コト​​特​​イカン​​柰何​​アタ​​與​へんとて​ヨ​​喚​びたりし。とやかくやの​コヽロ​​心​あり。[​ワ​​我​[ルビの#「ワ」は底本では「ワガ」。昭和18年復刻版に倣い修正]が]​コ​​子​ ​キ​​氣​​ツ​​附​けて​ユ​​往​くべし。「​ハル​​春​になりぬ。​ワレラ​​我等​​バグン​​馬羣​ ​ヤ​​痩​せたり。​バグン​​馬羣​​ヤシナ​​養​はん」とて​イナ​​辭​みて​ヤ​​遣​らん」と​イ​​云​ひて、[​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は]​ユ​​往​かず、​ブカタイ​​不合台​​キラタイ​​乞喇台​ ​フタリ​​二人​​キヨコン​​許婚​​アヘ​​饗​​ク​​喫​へと​イ​​云​ひて​ヤ​​遣​りて、(親征錄は、​ブハダイ キチヤ​​不花台 乞察​の二人を王罕より喚びに遣りたる使とせり。​チンギス カガン​​成吉思 合罕​は、​モンリク エチゲ​​蒙力克 額赤格​​イヘ​​家​より​カヘ​​回​りぬ。​ブカタイ​​不合台​​キラタイ​​乞喇台​ ​フタリ​​二人​​イタ​​到​られたれば、「​サト​​覺​られたり、​ワレラ​​我等​​アス​​明日​​アサ​​朝​ ​カコ​​圍​みて​トラ​​拏​へん」と​イ​​云​​ア​​合​へり。


§169(05:47:10)白鳥庫吉訳『音訳蒙文元朝秘史』(東洋文庫,1943年) Open original book in Wikimedia


​エンシフ​​掩襲​の謀を漏せる​エケ チエレン​​也客 扯嗹​〈[#ルビの「也客 扯嗹」は底本では「也客 扯連」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉の輕率

 かく「​カコ​​圍​みて​トラ​​拏​へん」とて​コトバ​​言​​キ​​極​​ア​​合​ひたるを、​アルタン​​阿勒壇​​オトヽ​​弟​阿勒壇は、忽圖剌 合罕の子、也客 扯嗹は忽圖剌の弟 忽闌 巴阿禿兒の子なれば、兄弟に非ず。弟は、從弟の義なり。​エケ チエレン​​也客 扯嗹​親征錄​エケ チヤハラン​​也可 察合蘭​)は、​イヘ​​家​​キ​​來​​イ​​言​へらく「​アス​​明日​​アサ​​朝​ ​テムヂン​​帖木眞​​トラ​​拏​へんと​イ​​云​​ア​​合​へり。この​コトバ​​言​​テムヂン​​帖木眞​​コトヅテ​​言傳​​イタ​​致​​ユ​​往​​ヒト​​人​をば、いかにか​タヾ​​但​ ​ナ​​爲​さるべき」と​イ​​云​ひき。かく​イ​​言​へるにより、その​ツマ​​妻​ ​アラクイト​​阿剌黑亦惕​親征錄は、​イラハン​​亦剌罕​と書き、察合蘭の子とせり。​イ​​言​はく「その​ネナ​​根無​しの​ナムチ​​爾​​コトバ​​言​明譯那​ソノ​​那​ ​ウキタル​​泛濫​ ​コトバ​​言語​親征錄​コノ​​此​​ナキ​​無​​ヨリドコロ​​據​​コトバ​​言​)、​ナニ​​何​となるらん。​ケニン​​家人​​マコト​​眞​​ナ​​爲​さん」と​イ​​云​ひき。かく​ウハサ​​噂​せる​トキ​​時​、その​ウマカヒ​​馬飼︀​ ​バダイ​​巴歹​親征錄 元史​バダイ​​把帶​木華黎の傳 拔台)は、​ウマノチ​​馬乳​​オク​​送​りに​キ​​來​[161]て、この​コトバ​​言​​キ​​聽​きて​カヘ​​回​りぬ。​バダイ​​巴歹​ ​サ​​去​りて、​ドウヤク​​同役​​ウマカヒ​​馬飼︀​ ​キシリク​​乞失里黑​​チエレン​​扯嗹​​イ​​言​へる​コトバ​​言​​イ​​言​ひき。(乞失里黑は、卷一の乞失黎黑なり。親征錄 元史は、誤りて​キリシ​​乞力失​と書き、失力を倒にせり。哈剌哈孫の傳には、曾祖︀ 啓昔禮と云ひて、斡剌納兒 氏なりとあれば、抄眞 斡兒帖該の長子の裔なり。​キシリク​​乞失里黑​ ​イ​​言​はく「​ワレ​​我​ ​マタ​​又​ ​ユ​​往​きて​サツ​​察​せん」と​イ​​云​ひて、​イヘ​​家​​ユ​​往​きぬ。​チエレン​​扯嗹​​コ​​子​ ​ナリン ケエン​​納𡂰 客延​は(親征錄​チヤハラン​​察合蘭​​ツギノコ​​次子​ ​ナリン​​納憐​上に亦剌罕を察合蘭の子にしたる故に、納憐を次子とせり。​ソト​​外​​ヰ​​居​て、​ヤ​​箭​​ミガ​​磋​​ヰ​​居​​イ​​言​はく「​タヾイマ​​只今​ ​ワレラ​​我等​は、​ナニ​​何​​イ​​言​​ア​​合​へる。​シタ​​舌​​客列​​ト​​取​られん。​タ​​誰​​客訥​​クチ​​口​​トヾ​​止​めん」と​イ​​云​ひき。かく​イ​​言​ふと、 ​ナリン ケエン​​納𡂰 客延​は、​マタ​​又​その​ウマカヒ​​馬飼︀​​キシリク​​乞失里黑​​イ​​言​へらく「​メルキダイ チヤガアン​​篾兒乞歹 察合安​篾兒乞惕の白馬、明譯 白馬​アマン チヤガアン ケエル​​阿蠻 察合安 客額兒​口白き驑馬、明譯 栗色馬​フタツ​​二匹​​ト​​取​りて​ヒ​​引​​キ​​來​​タヅナ​​手綱​つけて[よ。]​ヨル​​夜​ ​ハヤ​​早​​シユツバ​​出馬​せん[​ワレ​​我​]」と​イ​​云​ひき。

​バダイ​​巴歹​ ​キシリク​​乞失里黑​〈[#ルビの「乞失里黑」は底本では「失乞里黑」。昭和18年復刻版に倣い修正]〉の密吿

​キシリク​​乞失里黑​ ​サ​​去​りて​バダイ​​巴歹​​イ​​言​へらく「​タヾイマ​​只今​ ​ナンヂ​​汝​​ハナシ​​話​​タシカ​​慥​めたり。​マコト​​眞​となりたり。​イマ​​今​ ​ワレラ​​我等​ ​フタリ​​二人​​テムヂン​​帖木眞​​ハウコク​​報吿​​オク​​送​​サ​​去​らん」とて、​コトバ​​言​​キ​​極​​ア​​合​ひて、​メルキト​​篾兒乞惕​​シロウマ​​白馬​​クチ​​口​ ​シロ​​白​​クリゲウマ​​驑馬​ ​フタツ​​二匹​​ト​​取​りて​キ​​來​​タヅナ​​手綱​つけて、​ユフベ​​夕​​スナハ​​便​​ヘヤ​​房​​ウチ​​內​​ヒトツ​​一匹​​コヒツジ​​子羊​​コロ​​殺︀​して、​ユカ​​床​もて​ニ​​煮︀​て(明譯​モテ​​將​​ユカノキヲ​​床木​​シヨジユクシ​​煮︀熟​親征錄​ヒラキ​​拆​​グワタフヲ​​臥榻​​シヨジユクシ​​煮︀熟​)、​メルキト​​篾兒乞惕​​シロウマ​​白馬​​クチ​​口​ ​シロ​​白​​クリゲウマ​​驑馬​ ​フタツ​​二匹​​マノアタリ​​目前​ ​タヅナ​​手綱​つけたるに​ノ​​乘​りて、​ヨル​​夜​ ​サ​​去​りて、​チンギス カガン​​成吉思 合罕​​ヨル​​夜​ ​イタ​​到​りて、​イヘ​​家​​キタ​​北​卽ち後)より​バダイ​​巴歹​ ​キシリク​​乞失里黑​ ​フタリ​​二人​ ​マウ​​申​して、​エケ チエレン​​也客 扯嗹​​イ​​言​へる​コトバ​​言​​カレ​​彼​​コ​​子​ ​ナリン ケエン​​納𡂰 客延​​ヤ​​箭​​ミガ​​磋​​ヰ​​居​​イ​​言​へること、​メルキト​​篾兒乞惕​​シロウマ​​白馬​ ​クチ​​口​ ​シロ​​白​​クリゲウマ​​驑馬​​フタツ​​二匹​​センバ​​騸馬​​ト​​取​りて​タヅナ​​手綱​つけよと​イ​​云​へる​コトバ​​言​​スベ​​都︀​てを​マウ​​申​して​ア​​上​げたり。​マタ​​又​ ​バダイ​​巴歹​ ​キシリク​​乞失里黑​ ​フタリ​​二人​ ​マウ​​申​さく「​チンギス カガン​​成吉思 合罕​ ​オンシ​​恩賜​せば、​ウタガ​​疑​​ナ​​無​くあり。​カコ​​圍​みて​トラ​​拏​へんとて​コトバ​​言​​キ​​極​​ア​​合​へり」と​イ​​云​へり。


成吉思 汗 實錄 卷の五 終り。


序論目録巻の一巻の二巻の三巻の四巻の五巻の六巻の七巻の八巻の九巻の十巻の十一-1巻の十一-2巻の十二-1巻の十二-2続編-目次続編-1続編-2[3]


  1. 明治四十一年三・四月『大阪朝日新聞』所載、「桑原隲藏全集 第二卷」岩波書店、那珂先生を憶う - 青空文庫
  2. 国立国会図書館デジタルコレクション:info:ndljp/pid/782220
  3. 3.0 3.1 テンプレート読み込みサイズが制限値を越えるので分冊化しています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。

 
翻訳文:

この作品は1929年1月1日より前に発行され、かつ著作者の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)100年以上経過しているため、全ての国や地域でパブリックドメインの状態にあります。