奇妙な手品師

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

本文[編集]

ある初夏の午後私はA公園のなかを<ぶらぶら>步いてゐた。
「藝術の革命」
「超現實主義の繪畫來る」
丁度さういふビラが公園のここかしこ<の辻>に貼られてゐて、私の足はどうやら〔それの陳列されてゐる〕その展覽會の會場の方へ向いてゐるらし〔いのであつた。
「藝術の革命――ふうむ」       <かつた。>
と私は考え〕
といふ譯は、明らかにその會場を眼がけて〔忙〕急ぐらしい人々の足並のなかに、私の病み上りのやう<にふらふらした>足並も雜つてゐるのだつた。
……だが、自分ながら自分がいかにも感じの惡い男に思へてならない〔のである。私は決して人類を愛するなどといふことは出來ない。〕若し〔そんな憎惡のときにある〕私の心のなかを人々〔に見破〔ら〕れたら、人々はきつと私に襲ひかかるだらう〕が見破つて襲ひかか〔るだらう〕つて來る〔など思ふ〕ことを想像する。〔そんなとき〕私は決して〔自分の〕非を詫びて謙遜になら〔うなどとは思はない。〕うとは考へない。彼等が私を殺すまでやけくそに戰つてやらうと思ふ。そしてそんなことを考へるとき、私の臼齒はまた嚙合はされてゐるのである。
步くと疲れるので惡道路を憎む。アスフアルトの路と小石を敷いた路とその疲勞の差は四倍や五倍ではきかない。私はなにかの機會で小石を敷いて惡い道を修理することを發明した男の名前を覺えた。<それは>スコツトランドの土木家<で>John Laudon Macadam。<といふ男だそうママである。>小石を置くだけであと〔はその路を通らなければならない人間に踏ませて自然に平坦な路を作らうとするのだ。私はその方法からその男のやり<人生觀>までを想像して、なんといふ憎むべき男だと思ふ〕は通行人に踏ませるといふやり方だ。私はその上を步きなやみながら<さうしたやり方に>悔(侮)辱を感じその男を憎〔まずにはゐられない。〕むのだ。このマカダム式のやり方にはなにか非常にいけないところがある。

この著作物は、1932年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。