作者:梶井基次郎

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: か 梶井 基次郎
(1901年(明治34年)2月17日 - 1932年2月17日)
梶井 基次郎(かじい もとじろう)は、日本の小説家。感覚的なものと知的なものが融合した簡潔な描写と詩情豊かな澄明な文体で、20篇余りの小品を残す。文壇に認められてまもなく、31歳の若さで肺結核で没した。死後次第に評価が高まり、今日では近代日本文学の古典のような位置を占めている。— ウィキペディア日本語版梶井基次郎」より。
梶井 基次郎

作品一覧[編集]

小説[編集]

習作[編集]

遺稿[編集]

批評・感想[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1932年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。