作者:新美南吉

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
作者索引: に 新美南吉
(1913年 (大正2年) 7月30日 - 1943年 (昭和17年) 3月22日)
新美南吉 (にいみ なんきち) は、大正から昭和期にかけて活躍した日本の童話作家・詩人である。本名は新美 正八。童話が有名であるが、その他にも、小説、戯曲、詩、短歌、俳句、評論なども書いている。実母を早くに亡くした他、幼少期から複雑な家族関係に見舞われた。童謡や詩、短歌、俳句などの韻文から文学活動を始めたが、童謡・詩を除くと、次第に散文へ活動が移っていった。咽頭結核により、1943年3月22日に亡くなった。代表作に「ごん狐」「手袋を買いに」「デンデンムシノカナシミ」「おぢいさんのランプ」などがある。— ウィキペディア日本語版新美南吉」より。
新美南吉

作品一覧[編集]

童謡・詩[編集]

外部リンク[編集]

この著作者の全部又は一部の著作物は、1943年に著作者が亡くなっているため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者の没後50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作者の著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。