金魚

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


金魚


或る晩󠄁君は君の小さい世かい

さかさまに見えるのでびつくりする

つまり君は仰向きにいたのだ

こいつは少々合がわるいと君は思ふ

全󠄁くさうなのさ

君の配偶が見ひに來る

どうしたんだどうしたんだと君の體に

觸つて見る

そのうち君のはいぐうは君のの先が

美味いことを發見する

何しろ長い間何も喰べなかつた

彼はすまないと思ひながら

君のひれをむしつてしまふ

夜があける

ぼくが起󠄁きて君のすまひをのぞいてみると

君はすつかりらくになつてゐる

君はもう走りまはる必要もない

えらさへ動かす必要󠄁がない

僕が石けん箱のふたで君をすくひあげると

君はもうすつかり葬ひの用も出來てゐる

もひれもなしだから

もうおひげりはいらないのだ

かうして君は麻󠄁雀の駒のやうな形で

どぶの中へはふり込󠄁まれる

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。