汽車〈B〉

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


汽車〈B〉


北國から來た汽車が

私達󠄁の町に

とまつた


くさりのやうに

長い貨󠄁車で

皮をひつぺがした材木と

五十サママンチの白雪󠄁をのせて


淸烈な木の香が

はなをつき

一陣の冷氣が

肌にしみた


私達󠄁は頭をあげて

雪󠄁の降りつむ山を思ひ

木のぶちきられる

音󠄁をきいた


耳をつんざく汽笛を

鳴らし、

はげしいシビラントで

蒸氣を吐きちらすのは

ここのなまぬるいヴアルガリテイを

シン恚するのか


よし汽車よ

その氣の白雪󠄁をたもち

その怒恚のシビラントをつづけ

その情󠄁熱の木の香をふらしつつ

に南へ南へ

疲れた山野をつつきつてゆけ

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。