干鮭吊して

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


干鮭吊して


干鮭吊して

小屋に

アイヌは冬︀を

越した。


白樺林の

凍る

谷間の冬︀を

越した。


子供等 ろばたに

寢てゝ

沼のはなし

きいた。


干鮭吊した

影は

さみしく 小屋に

搖れた。


 小鳥の來る日は

 まだか……

 はやしの芽︀ぶくは

 まだか……


谷間に埋れた

小屋に

アイヌは春を

待つた。

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。