幸福〈B〉

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


幸福〈B〉


障󠄂子の中で

リーダを讀んでる

聲のかはつた少年が


――Winter is over.

  Spring has come.


障󠄂子にぽつと

あかりがさした

あたたかな蜜柑色に


――Spring has come.

  Flowers are out.


妹は默つて縫󠄁つてるか

お母さんは風呂を焚いてるか


――Flowers are out.

  Flowers are out.


藁屋根にぺんぺん草が生え

ごらんよ コインほどの一つ星


さう、樣は忘れません

御自分の創られた傑作の上に

かうして目印をおくことを

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。